夕焼け

736: 名無しさん 03/12/11 01:11
山の神さま

知り合いの話。

彼のお爺さんが猟師をしていた時のことだ。
冬期で食料が乏しくなっていた頃、折りよく鹿を見つけ撃ったのだという。
鹿はよろめきながらも藪の中へ逃げ込んだ。

後を追って藪に踏み込んだ彼が見たものは、雪の上に置かれた鹿の首だった。
胴体の方はどこにも見当たらず、血の匂いがあたりに充満していた。

いつもはすぐ後をついてくる猟犬が、藪の外で恐ろしげに鼻を鳴らしている。
これは不可侵の領域で狩りをしちまったな、と悟って退散したそうだ。

 山の神さまには獲物を何回か取られたけれど、あれが一番怖かったな。
 まぁ山で獲れる物は、本来が山の神さまの物だから仕方がないか。

お爺さんはそう言って屈託無く笑っていた。

737: 名無しさん 03/12/11 01:12
人魂

知り合いの話。

町の外れの山中に、今はもう使われていない旧道が残っている。
夜中によくそこを通る知り合いが教えてくれた。

夜になると旧道途中の峠で、離れて後ろからついてくる車がいるのだという。
ヘッドライトは見えるのだが、車の車体が見える距離まで近づいてこない。

峠の出口で待っていても、いつまで経っても下りてこない。
夜釣り仲間ではわりと知られた話だが、本当に不思議だ。

それを聞いていたもう一人の知り合いが口を開いた。
彼のお爺さんが、昔その峠道で何かに追いかけられたことがあると。
お爺さんが言うには、青く燃える二つの人魂だったらしい。

彼は夜中にそこを通るのをやめることにしたそうだ。

738: 名無しさん 03/12/11 01:17


知り合いの話。

彼の祖父はかなりの偏屈で、人里離れた山中に独りで住んでいた。

人間嫌いで、彼の母が時々様子を伺いに訪れる以外には、人付き合いも無かった。
いつの頃からか猿を飼っていたらしい。

その祖父が死んだと連絡が入り、彼は久しぶりに実家に帰った。
葬式が終わり、祖父の家の片付けをしていた時のことだ。

彼が祖父の遺影を持って歩いていると、背後から嫌な笑い声がした。
振り返ってみると、猿が狭い檻の中からその遺影を見ていた。

猿は心底嬉しそうに、顔をいやらしく歪めて笑っていた。
その様はまるで人間のようだった。

爺ちゃん、一体どんな飼い方をしていたんだよ?
思わず呟いてしまったのだという。
気持ちが悪くもあり扱いにも困るので、猿は次の日に山に放したそうだ。

747: 名無しさん 03/12/11 08:19
野太い声

怖くはないんだが。
リア消5年だった時、夏休みに昆虫取りに
一人でテント担いで福井南部の山に入ったんだ。

標高800メートルぐらいのそんな高くない山で、
中腹ちょっと上ぐらいまできれいな沢があるところだった。

マイマイカブリからオニヤンマまで色々とって、
夕方飯食い終わって沢で食器洗ってたら、箸流しちゃったのね.

まあ、フォークあるしいいか、とか思いながら他のもん洗ってたら
上流からその、流しちゃった箸が流れてきたんだ。

そこの沢は高度にしてはかなりゆるい流れのなんだけど、
逆流したりループになってるような流れじゃないのね。

念のため確認しながら歩いてみたんだけど、やっぱり普通に流れてるし。
戻って木の枝とか流してみたんだがやっぱ戻ってこないんだ。

プラスチックだと静電気でも起きるんだろうか、とかひらめいて、
もう一回お箸を流してみようと思って、箸持って沢に近づいた瞬間、

「おいおい、いっかいしかかえしてやらんぞ?」

って野太いというか、チェロの音みたいな声がはっきり聞こえた。

笑い混じりで非常にフレンドリーな感じで、地元のイントネーションだった。
前は沢だし、後ろは砂利と藪と木の葉だらけの獣道だから、
少なくとも半径100メートルぐらいには人がいなかったはず。

今思えば不思議なんだが、その時は
そうか、返してもらえないんじゃ明日ラーメン食べる時困るな
とか思って素直に止めたよ。

748: 名無しさん 03/12/11 09:54
>>747
ちゃんと返してくれたり、
2度目はないぞって教えてくれたり。
優しいもののけさんでしたね。

山で無くしたものはもう山の物だから…っていう話は
ここでも色々あったのにね

750: 名無しさん 03/12/11 10:31
>>747
おもしろかったし、けっこうツボにはまる話だったけど

    沢 で 食 器 洗 う な よ ・・・

755: 名無しさん 03/12/11 17:44
>>750
ごめんなさい、リア消だったし時効で許してください。
今はちゃんとトイレットペーパーで拭いて持ち帰ってます。

ちなみにその沢の同じ場所で前の年にもテント張ってるんだけど、
でかい(?)カモシカみたりオオサンショウウオに遭遇したりしたよ。

↑これは本当に怖かったんだが微妙にスレ違いなんで。
セピア板の夏休みの思い出スレに前に書き込んだんで、万一興味のある人は。

752: 名無しさん 03/12/11 12:31
>>747
うあ~おもしれ~。
いいなあ、面白い体験したねえ。

異幻の山: 山の怪異体験集

▽注目記事

遭難者が地図とコンパス持ってないこと叩くけど

山小屋に興味あるやつおる?

山ですれ違うジジイはなぜろくに挨拶もできないのか

山で遭難する映画ない?

都心から北アルプスへバスだとホント遠いね。自宅から徒歩と電車でバス発着所まで行き…計7時間くらいかかるわ

紅葉日本一の山ってどこ?

ジオラインの上にメリノってのは意味ないですか? ジオラインで汗の戻りを抑えてメリノで保温とか・・・

掲示板を利用した山行仲間募集の危険性……

夫婦ってどこか登山みたいなところがあって、せめて一緒に「大変だけど頑張ろう」「しんどいね」って言いながら登山したいんだよ。

あの山がこんなところから見えた。

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1069829791/