cloudy mountain

652: 名無しさん 04/04/19 18:46 ID:oetm1ESC


去年の夏の終わりの事です。
一人車で明け方の朝日を浴びて林道を走っていたとき、ちょっと不思議なことがありました。

車から降りて、小用を足していると
急に霧というか、もやが出てきました。


静かです。さっきまでセミやたくさんの蜻蛉が居たのに、何も居ません。
燦々とした朝日も、どこかに消えてしまい、見えません。


こーん。

…遠くでガードレールを叩く音がしました。
霧はだんだん深くなってきます。

こーん…。

遠ざかり、近づくガードレールの振動。だんだんと近くなってきている。
耳が痛いほどの静寂の中で、それだけが、近づいてくる。ゆっくり。
もやのせいで遠くは見えません。

ガードレールに寄りかかっているのが怖くなりました。車に戻り、魔物よけに一服して
ゆっくりと発進。

一分も走らないうちに、また突然晴れました。セミがうるさいくらいです。
腕がひりひりするほどの日差し。

山中異界。ふとしたところにあるです。

スポンサーリンク
653: 名無しさん 04/04/19 18:57 ID:wW3ERg29
>>652
「魔物よけに一服」というフレーズが
やけに心に残りました。

719: 名無しさん 04/04/26 17:45 ID:7UNKwPs6
>>652
アク禁解除になったので、似たような話を一つ

一昨年の初夏の頃、静岡の山の中で小道を散策していました
斜面の下のほうに水のきらめきの様な光を見つけ、小道をはずれて斜面を降りていきました

鬱蒼とした森の中に小さな池がありました、池と言っても六畳間位の広さです
そこだけは日の光に満ちて別世界のように感じました

池のほとりには危急種と言われるヤマシャクヤク等の珍しい植物が生えています
図鑑でしか見た事の無い植物に時間を忘れて観察を続けました

ふと気がつくと池の対岸に薄っすらともやが見えます
そのもやが池の水面を滑るようにこちらに向かってきて、自分の足元にまとわりつきました

とたんに激しい寒気とうなじの毛まで逆立つような鳥肌、頭痛と軽いめまいに襲われました
爺さんからタバコは魔物を遠ざけると聞いていたので一服付けてその場所を去りました

自動車に戻るまでもやは山肌を滑りながら着いて来ました、ごめんなさいと一礼し車に乗り込むともやは消えていました

684: 名無しさん 04/04/23 12:08 ID:CMQG4ICj
山の神様

ふに落ちない話。

叔母さんの家には2人の子供がいた。
長女は、おてんば。次女は、おとなしめ。

私は、おてんばな長女(従姉)と気が合っていて、
夏休みなどは、叔母さんの家に長期滞在していたので
ふたりとも真っ黒になって裏山で遊んでいた。

おとなしい従妹のほうは、3回に1回ぐらいだけ一緒についてきていた。

あるとき叔母さんが子供部屋にはいると、私と従姉が大人しく
家の中で遊んでいた。

「今日は、山の方に行かないの?」

と、叔母さんが聞くと

「うん、今日は家でいいや」

と、いつに無く消極的な私と従姉。

その夏はずっと叔母さんの家にいるあいだ、
私と従姉は家で遊ぶか、公園で遊ぶか、近所の川で遊ぶかしていて
なぜか裏山では遊ばなかったそうだ。

不思議に思った叔母さんが
「何で、山で遊ばないの?」と聞くと、
私と従姉の返事がこれだったそう。

「えー、だって」「もう、いけないよね」

「ふられちゃったもんね」「しょうがないよ」

一緒に遊んでいた男の子とけんかでもしたのかと思ったそうだ。
でも、そんな事はない。

従姉と私は、いつも女の子同士だけで楽しく遊んでいた記憶しかない。
(…実は、上記の会話もこのまえ叔母さんの家に行ったときに、昔話として
初めて聞いた事だった)

685: 名無しさん 04/04/23 12:12 ID:CMQG4ICj
まあ、当人たちは特に意識する事も無く、それっきり私と従姉は
裏山の奥にはいり込んで遊ぶ事は二度となかった。

うちの親や伯母さんは「中学生になったんだからすこしは落ち着いたのかな~」
などと思っていたそうだけど…。

一番大人しかった従妹は、私たち3人の中では真っ先に結婚して
お婿さんが○○家に養子になり、今は二人で山や、お寺の管理をしている。
その後、私と従姉も結婚したが、ずっと山とは縁のないところに住んでいる。

…もしかして、私たちおてんば組はあの山の神様にふられたってこと?
山の神様も、やはり女らしい子が好みだったということだろうか…。

怖くない話でスマソ。

687: 名無しさん 04/04/23 19:44 ID:JQgZ2xm5
>>685
面白い話だと思いますが、
実際にはなんで山に遊びに行かなくなったの?

あと、山ノ神は女性と言われていますので、
おとなしい女の子が好みとは違うと思われ

688: 名無しさん 04/04/23 21:54 ID:7TucpSNY
>>687
山神が女性のみということはないかと。
コノハナサクヤなんかは有名な山神で女神ですが、山神が男神であるという伝承の方が数も多いように思います。
(数を数えてみたわけではないので不確かですが・・・)

山の厳しい面と優しい面が、それぞれ男神と女神の姿となって表されてるのかもしれませんね。

692: 名無しさん 04/04/23 23:24 ID:CMQG4ICj
>>687
それがねー、特に理由が無いのですよ。
ほんと。
ナニがあったとか…。アレがあったとか…(笑)
小学6年頃だったので、まあそれなりにおませになったという事かな?

それと、我が母親も山の神様にふられたクチらしいです。
大きな木の上から紐のついたざるをたらして、親におやつをねだったという
超おてんば女だったそう。

母は、○○家の長女という事で、名前まで後継ぎにふさわしく…と、
山寺のお坊さんにわざわざ名付けしてもらったのに、
なぜかおとなしめな妹の方(叔母さん)がお婿さんを迎えて
いつの間にか跡取になっていたらしいです。

母親本人は「気楽で良いわ~」と、さばさばしていますが。

686: 名無しさん 04/04/23 12:18 ID:CMQG4ICj
528と610の話も、「伯母さん」じゃなくて「叔母さん」が正しい書き方でした。
常識知らずで申し訳ないっ!

689: 名無しさん 04/04/23 22:34 ID:wMrKhd71
今では工事現場で女性が働くのはさほど珍しくありませんが、
トンネル工事なんかでは今でも女性が入れない所がほとんど(全部かも?)

なんでも山の神が女性だから女が入ると嫉妬して事故が起こったりして工事が
なかなか進まないみたいなこと昔聞いたことがありますよ。

そういや奥さんのことも山の神って云うのも聞いたことあるなぁ…

690: 名無しさん 04/04/23 22:43 ID:spYB+THH
奥さんのことは「うちの山の神が」っていうよ。
よく分からないが、「うちのかみさん」とかけてんのか?
教えて、民俗学に詳しい人。

691: 名無しさん 04/04/23 22:54 ID:n2X/Al6A
>690
・人の妻を「上様(かみさま)」と呼んでいて、それを同音の神様にかけて、山の神とふざけて呼んだ
・山の神に女性が多かったから
・山に棲む恐ろしい物が山の神で、女房が怖いと洒落で呼んだ
・同じく、山姥伝説から
諸説色々

698: 名無しさん 04/04/24 13:28 ID:9LFO7rJV
で、それを聞きつけた人がここにカキコする訳だな
「霧の中から、不気味な声が聞こえて来て…」


▽注目記事

【画像】近所の山行って植物撮影してきたから暇な奴とか植物詳しい奴は見てけ

20代で女性単独登山をしていた時に嫌だったこと→

SOS遭難事件の音声って今聴いても不気味よな・・・

【好日山荘】女物が多くて男物が割と少ない。あるものは微妙なセレクトで欲しいアイテムがない。 あとバーグハウス屋と化している。たまに買ってますけどね・・・

エジプトいってきた!

眺めの良さでいうと、磐梯山や日光白根山、蓼科山なんかが有名。

【秘境】ワイが一番好きな古座川町の風景をうpしてやんよ【清流】

妙高高原とかいうオワコン観光地・・・

昔の富士山は今と比べようもないレベルで汚かったらしい…

ジップロック財布ってあり?

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1080228330/

スポンサーリンク