赤い月

899: 名無しさん 2006/10/09(月) 20:32:20 ID:nHoH8oVY0
新鮮な筍

知り合いの話。

裏山で草刈りをしていると、背後から「おーい」と呼びかけられた。
振り向いたが誰も居ない。そんなことが何度もくり返された。

初めは気味悪がっていた彼も腹を立て、ついには
「一体何だ?俺はここに居るぞ!」と大声で怒鳴り返した。

次の瞬間。

目の前に大きな黒い物体が、ズン!と地響きを立てて落ちてきた。
驚いて腰を抜かしかけたが、何とか踏み止まる。

それは古びた黒いボストンバッグだった。
裏山から誰かが、彼目掛けて投げ落としてきたらしい。
慌てて緑成す斜面に目をやったが、誰の姿も確認できなかった。

恐る恐るバッグを確認すると、中はまだ土がこびり付いている筍で一杯だ。
どの筍も瑞々しく、実に美味しそうに見える。
一寸の間悩み、結局全部貰って帰ることにした。

「みんな持って帰っちゃうぞ~。良いんだな~?」
一応裏山に向かって、正体不明の誰かに確認してみた。

返事らしきものは一切返ってこない。
贈り主の気が変わらぬ内に、さっさとそこを後にした。

新鮮な筍は、実に美味かったそうだ。
家族がすべての筍を食い尽くすのに、一週間ほどかかったという。

スポンサーリンク
900: 名無しさん 2006/10/09(月) 20:33:09 ID:nHoH8oVY0
(続き)
それから数日後、異変が生じた。
母屋の和室に敷かれた畳が、持ち上がり始めたのだ。
何事かと畳をはぐって見ると、そこには何本もの筍が伸び上がっていた。

「どこから伸びてきたんだ? この近くには竹薮なんかないぞ!?」

訝しがりながらも片っ端から切り倒す。
しかし数日もするとまた新しい筍が、畳を突き上げ始めた。

やがて筍は和室の床下以外からも生え始め、とうとう駆除が追いつかない
ほどの速さで繁殖しだした。

抵抗を続けていた彼もついに匙を投げ、家を筍に明け渡したのだという。
家を出る時は、悔しくてならなかったそうだ。

現在、母屋があった場所には竹薮が繁っており、彼は少し離れた場所に
新しい住居を拵えている。

「あのバッグは罠だったんだな。誰が仕掛けたのかはわからんが・・・」
そう言う彼の腕には、切り出されたばかりの青竹が抱えられていた。

復讐とばかりに、今でも何本も竹を切り倒しているらしい。
残念ながら、竹薮は勢いを弱める様子など見えないそうだ。

910: 名無しさん 2006/10/10(火) 05:16:42 ID:f089ENZfO
父の帽子

知人Hの話

Hの父親は若い頃から山好きだった。

父親の写真の殆どは山で撮ったもので、全身で喜んでいるのが一目でわかるような笑顔で溢れているそうだ。写真の父親は、いつも同じ帽子を被っている。

それは彼が高校生の夏、初登山の際に知り合った同じ年の少年が、たまたま同じ物を被っていたので記念に交換した思い出の品だった。

暫くは手紙のやり取りもあったが、互いに忙しくなり途絶えてしまったという。

Hが高校に入ってすぐ父親が亡くなった。

遺影に使われたのは山で撮った素晴らしい笑顔の写真で、やはり、帽子を被っていた。

911: 名無しさん 2006/10/10(火) 05:20:09 ID:f089ENZfO
帽子は棺に納められた。形見として残したかったが、これからは思う存分、登山を楽しんで欲しいという思いを優先したのだそうだ。

火葬場に到着すると、既に別の集団が待機し、自分たちと変わらぬ年齢の母子の泣く姿が見えた。

何げなく遺影に目を向けたHは固まった。
遺影には父親と同じ帽子を被って微笑む男性が写っていたそうだ。

ありふれた帽子なので、別人でも何らおかしくはないが、20年以上の歳月を経て再会した二人が、一緒に登山してるような気がしてならないとHは笑った。

俺もこんな偶然があってもいいんじゃないかと思えた。

925: 名無しさん 2006/10/10(火) 23:00:28 ID:eenknmRG0
イノシシ

友人が山のお社に篭ったときのこと。

篭るのはいつも夜、そう高い山ではないがイノシシがいる。
経文を唱えながら歩を進めていくと、ブゴッ、ブゴゴッという荒い鼻息が間近から聞こえてくる。

藪を挟んで気配と対峙し、「ここの神さんへのお参りだよ。お前さんの邪魔はしない。」と話しかけ、
気合を高めながら経文を唱える。唱える。ひたすら唱え続ける。

急に一陣の風が合間を縫うように吹き抜ける。
と、荒かった鼻息が遠ざかっていった。
その後は何事も順調に修行を続け、神さんと語らい、朝になると共に山から下りた。

「猪突猛進されなかったん?」と尋ねると
「そらー、猪だって神さんのお山で神さんのマブの俺にゃ手、出さんよ。いや足か牙かは知らんがな。」
と相変わらず笑っていた。

…あの時、彼の靴の裏についていたのは猪の糞じゃなかったかなあと、今思い出してみたり。


▽注目記事

富士の樹海って本当にコンパスとかぐるぐる回って方角わからなくなるの?

福岡大ワンゲル部・ヒグマ襲撃事件を一緒に読まないか?

キャンプ場経営したいんやが・・・

登山初心者にオススメの山教えて

【画像】近所の山行って植物撮影してきたから暇な奴とか植物詳しい奴は見てけ

20代で女性単独登山をしていた時に嫌だったこと→

SOS遭難事件の音声って今聴いても不気味よな・・・

【好日山荘】女物が多くて男物が割と少ない。あるものは微妙なセレクトで欲しいアイテムがない。 あとバーグハウス屋と化している。たまに買ってますけどね・・・

エジプトいってきた!

眺めの良さでいうと、磐梯山や日光白根山、蓼科山なんかが有名。

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1157438374/

スポンサーリンク