忠別岳 (1)

4: 名無しさん 2020/07/07(火) 19:10:22.38 ID:arVPT3TU0
初めてウィキ読んだけどこわいですね
トムラウシ山遭難事故(トムラウシやまそうなんじこ)とは、2009年7月16日早朝から夕方にかけて北海道大雪山系トムラウシ山が悪天候に見舞われ、ツアーガイドを含む登山者8名が低体温症で死亡した事故。夏山の山岳遭難事故としては近年まれにみる数の死者を出した惨事となった。

この事件ではのちに、日本山岳ガイド協会による第三者で構成する特別委員会「トムラウシ山遭難事故調査特別委員会」が設置され、2009年8月25日から5日間にわたり、金田正樹医師をリーダーとする4名のチームが2班に分かれ、遭難事故グループの行動や事故の事実関係を調査し、有識者の意見とともに報告書にまとめられた[1]。

7: 名無しさん 2020/07/09(木) 15:07:23.94 ID:qsZmBU8Aa
十分な装備と体力と技術と慎重な行動が必要だよ。

13: 名無しさん 2020/07/12(日) 18:11:29.68 ID:L9PZfblL0
ガイド2人は最善を尽くしたとは言えないがそれでも誠実に仕事をした
自称ポーターは知らんw

15: 名無しさん 2020/07/14(火) 22:26:54.77 ID:TDrwLfw6p
>>13
ほう?
「客を安全に案内することなど考えもしないで、天気図を取って天候を予測して危険を回避するという登山の基本常識さえも全く無視して、
危険な悪天候の中に客を引き摺り込んで、案の定低体温症死者を続出させた」のが「誠実に仕事をした」ことになると?
何だそれ?


スポンサーリンク
17: 名無しさん 2020/07/15(水) 12:06:21.59 ID:9fel1Izya
「会社がー」
「リーダーがー」

18: 名無しさん 2020/07/15(水) 14:06:01.91 ID:sn/Po+tYd
そもそも山を舐めて軽装で登る事から間違えてんだよ

ガイド(?)が責められるとしたら
登る前に「そんな格好じゃ危険です!」って止めなかった事だろ

20: 名無しさん 2020/07/15(水) 20:01:28.15 ID:4y1tUXKMp
>>18
違うよ。
薄着 → 低体温症と勘違いしてるんだろうけど、トムラウシ事件と同じような状況に遭遇したことがあれば分かる通り、時期と山に応じた衣類は着ていても危険はありうる。

実際にも、無雪期に「凍死」した例は過去にいくつもあって、それらはいずれも、その時期のその山に合った衣類を着ていて、だからそこまで行き着けてる。

23: 名無しさん 2020/07/16(木) 03:52:17.09 ID:CX1FK4U0d
>>20
当時の客は、かなりの薄着だったけど?

26: 名無しさん 2020/07/19(日) 06:44:14.33 ID:fo7VyPDpa
真っ先に逃げだしたポーターが途中で客に追い付かれて激励されるとかどんな面白い冗談だよw

27: 名無しさん 2020/07/19(日) 14:23:19.51 ID:damnh+/la
>>26
彼はポーターじゃなくガイド
当のポーターは外人で、ヒサゴまで運んで仕事完了させて下りてる

で、松本ガイド「俺はポーター!」

すぐバレるという

まあ自覚あったが故のしょうもない保身

34: 名無しさん 2020/08/25(火) 20:24:28.85 ID:m+6vbKsba
ガイド含めて実力分からない同士のパーティー、この時点で半分詰んでる
登山ツアーだけじゃなくSNSで知り合った同士のオフ登山も正に同じ

しかも日本のガイド資格持っている山岳ガイドって信頼も実力も意識も欧州も山岳ガイドと比較してかなり低い

68: 名無しさん 2020/11/21(土) 16:33:54.58 ID:vTUqgpwx0
7月の北海道だもんな濡れたら終了だよな
風が吹いたら叫びたくもなるよ

8月の東京でも千メートルも登れば山の夜は寒い
正月とかに登って暑く感じるのは運動で体が火照ってるからだ

69: 名無しさん 2020/11/21(土) 17:16:37.99 ID:3ItbMyGZM
山岳ガイドって基本その山に精通してるものかと思っていたら違うんだな。その山初めてっていうのが意外だった。

70: 名無しさん 2020/11/21(土) 17:17:27.56 ID:B5zbLleV0
普段は大したことがない山だからじゃね

71: 名無しさん 2020/11/21(土) 19:49:44.23 ID:7jcy6slk0
8月と言っても北海道は涼しいからねえ。自分がツーリングで行った時は8月の昼間
でも天気悪いと15度前後で震えた記憶がある。これで2000メートルぐらいで雨
に降られたらと思うとぞっとするな、雪ならまだましだけど雨はきつい^^;

72: 名無しさん 2020/11/21(土) 20:09:10.03 ID:vTUqgpwx0
大した事はないけど45kmをシュラフ担いで15km3日は楽でもないよね
晴れてるとか空身で山小屋でぐっすり寝れれば楽勝だし
参加する側も判ってて参加してるんだろうけどね

73: 名無しさん 2020/11/21(土) 20:44:54.96 ID:B5zbLleV0
装備そのものは悪くなかったんだろ
単純に判断ミス
女が多いし高齢者を雨中で連日長距離歩かせるのはおかしい

74: 名無しさん 2020/11/23(月) 23:26:37.71 ID:ovcjzctL0
>>73
日本海にあって東進して来たかなり強い低気圧が通過するのを天気図で調べもしてなかったというのが致命的だからね。

2009年 7月 - 気象庁

85: 名無しさん 2020/11/26(木) 10:41:40.88 ID:B4Zw8yGv0
ツアーだからこそガイドの言うことには従うし従った結果がこれでしょ
北沼渡った後の濡れた体で吹きっ晒しに1時間放置されたのもガイドの判断
 
パーティーが行けるかどうか判断するのがガイドの仕事でしょ
ロックガーデンあたりで弱ってる人いたんだから引き返す判断したらよかったのでは
 
報告書で誰かが証言してたけど自分で行けるかどうか判断できるんだったらツアー使わず一人で行く

91: 名無しさん 2020/11/27(金) 12:19:32.21 ID:XsF2ZuL60
ツアーとは言え登山経験年数二桁もあれば慰安旅行じゃないくらい分かる
 
出発の判断、引き返す、自信があるやつだけ下山してパーティー分離後救助要請、装備品チェックして防寒と補給 
手段はたくさんあった
 
完全に連携と提案が出来てない

93: 名無しさん 2020/11/28(土) 00:17:12.28 ID:ZJ0cH/C70
>>91
「引き返す」というのが具体的にどういうことか分かっていってるとは思われないんだが?

引き返したら食事付きの営業小屋に戻れるとか空想してない?
「普通の営業小屋は存在してない」コースだよ?

94: 名無しさん 2020/11/28(土) 01:26:20.28 ID:Pl2b8S3E0
>>93
ひさご沼小屋以外どこがあんだ?
風雨を凌いで出来うる限り暖をとるだけで十分じゃないか

96: 名無しさん 2020/11/29(日) 00:14:44.72 ID:cDMobbAH0
>>94
いつの時点でどこから誰が引き返せば良いと?

101: 名無しさん 2020/11/29(日) 17:21:21.38 ID:G9dCly/V0
>>96
出発して遅くなった時点だな
2倍も時間がかかってるってのは体力低下に他ならん

その時点でこの後の行程を想定したら不可能なのは本人は勿論普通は分かる
行ける人は進む
ガイドは分かれる

98: 名無しさん 2020/11/29(日) 01:50:44.12 ID:SLmoiIGid
会社の想定が酷くて狭い避難小屋に次のツアー参加者が翌日には来ることになってたんだよ。

更に参加者も日程ギリギリで予備日もないし飛行機の予約もあるので行くしかなかったんだよね。
弔うしの書籍に詳しく載ってるから読んでみなよ。

99: 名無しさん 2020/11/29(日) 11:26:15.57 ID:cDMobbAH0
>>98
それがこの事件の根底にある致命的な原因なんだよね。

停滞を想定した予備日がない
停滞を想定した日程変更の対応が全くない
 
停滞時にかち合わないように前後のパーティー同士で山上で確実に連絡を取り合うための無線機も用意していない
 
それ以前に、天候を予測するために天気図を取ることをしていないどころか、気象通報を受信できるラジオさえ携行していない

それがどういう結果をもたらすかは、トムラウシ事件と中国万里の長城事件を見れば一目瞭然。

103: 名無しさん 2020/11/29(日) 17:30:57.58 ID:nNDXjAtlM
本当に避難のみに使ってるならいいが
前日は通常泊に使ってるから、
次の通常泊客のために開けなければいけないという負い目もあったろう

132: 名無しさん 2020/12/03(木) 03:08:42.14 ID:NLrgELAP0
責任問題に関しては微妙なところ
 
初めからヤバくなって中止を指示するほどの予測はできなくても仕方がない範囲内で道中の判断に任せるより他無いと思う
 
肝心なガイドが無能なもんだから決行判断をしたわけだが荒天の程度が酷いレベルなのは明らかだからその分参加者も独自の判断が求められるかと

だってさ、出発後ロックガーデンに着くまでに2倍も掛かってんだぞ

体力ってのは一度衰えを見せると一気に目に見えて落ちるわけよ
こうなる前に本人はその兆候が分かってるわけでなんでリタイアしなかったんだよ

俺は自分の体力コントロールは分かってるから行程を考えて自信が無かったら絶対にやらない
 
体力の落ち方とか睡眠の具合や会話してても疲れてるとか人間なら感覚で分かるじゃん
 
無理矢理連れて行ったようなわけでもないし出発前に進言すべきかと

子供じゃないんだからトイレの確認みたいなことしなくても提案して下山組と避難組で分かれるとかあるのが普通かと思うんだけどね

137: 名無しさん 2020/12/03(木) 14:13:43.16 ID:FfqFV8Xrp
>>132
似たような状況を経験してりゃ、稜線に出たところで「こりゃ危ない」と分かる。
烈風雨の追風だぞ?

進み出したら引き返せないから危なすぎる。

133: 名無しさん 2020/12/03(木) 04:55:05.86 ID:4hyfKlzN0
ガイドがいても自己判断で散り散りになるべきってこと?んなわけない
ガイド、その中でもリーダーが方針を決めてそれに従うのがパーティーでしょ

134: 名無しさん 2020/12/03(木) 09:15:02.25 ID:NLrgELAP0
>>133
散り散りというかガイドが1人付いて別行動だな
グループについて行けないのが明らかだろ
その時に再度話し合って進む組と戻る組で再編成する

138: 名無しさん 2020/12/06(日) 04:21:14.39 ID:h2zImyW20
木道の時点なら引き返せるんじゃね
追い風より向かい風の方が安全だし姿勢は保てる

基本歩行時は前傾姿勢だしな
雨が降ってない暴風域の中で河川敷を歩いたことがあるけどなんてことないよ

20mって言ったって常にその強さじゃないしな

139: 名無しさん 2020/12/06(日) 10:43:10.87 ID:Ele14xMI0
>>138
谷底と、急峻ではないとはいえ稜線はまるで別だよ。

吹きさらしの尾根で低気圧がかすめてるんだから、笠雲の中にいるのと似たようなものだぞ?

どういう状況か高山の稜線で遭遇したことがあるのか?
しかも0度近い低温だから体感温度はマイナス十何度だろ。

トドメに、戻る必要があるのは「既に体力を消耗して進むのもままならなくなってる人」だぞ?

151: 名無しさん 2021/02/03(水) 18:33:20.54 ID:XozBSkypr
まあツアー登山のダメなところがことごとく出た事故だね

客は
ガイド任せで自分の工程も把握していない人までいた
体調が悪くても周りに気を使って言い出しにくい

ガイドが大丈夫といえば大丈夫と思い切ってしまった

肝心なガイドもしょぼかった
会社もガイドとの非常時の対応について教育しているようには思えない
同じ時期に同じようなルートを何度もツアーを行なっていたんだからマニュアル化出来たと思うんだがなあ

152: 名無しさん 2021/02/04(木) 01:18:21.79 ID:jgmV/xATp
>>151
キチンとしたマニュアル自体存在してないのが結果で明白。何しろ累犯だから言い逃れの余地はない。

175: 名無しさん 2021/04/01(木) 06:50:19.28 ID:gXZim1k70
会社はガイドが安全管理を怠ったと責めたい
ガイドは会社の利益最優先体質を訴えたいだろう

ブラックだったし日本の会社なんてこんなんばっかり

ガイドは全員まともな力量も他人の話を聞く耳もなかったがのは確かだが、
そんな彼らを配置したのは会社なわけでまともな判断を阻害する原因を利益優先の会社が作っているから、生き残ったガイド個人を責められない

日本人に登山ツアーを企画することは日本人の性質的に向いてないんで企画するのも参加するのもやめるべき

167: 名無しさん 2021/03/30(火) 22:29:09.75 ID:nXD9jIXj0
日本人は会や社会を重んじるからツアーはダメよね

友達がアフリカの高山に登った時現地のツアーだったが
天候理由の日程変更にはこっちの旅程と合わなくてもシビアに対応して、めっちゃ頼りになって判断力あったって言ってたよ

まあたまたまかもしれないけどちょっとでもダメな時は絶対ダメって言えるよね海外の人は

トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか

▽注目記事

出典:https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/out/1593962936/

スポンサーリンク