1: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:09:54.38 ID:YcfyAKkj9
0

「日本一過酷」と称される山岳レース、「トランスジャパンアルプスレース(以下、TJAR)」をご存じだろうか。

日本海の富山湾から、北・中央・南アルプスを縦断し、太平洋の駿河湾にいたる約415㎞(累積標高差は富士山の登山7回分)をほぼノンサポート、自らの足で8日間以内に踏破する、隔年開催の超長距離レースだ。

このレースは、愛知県の岩瀬幹生さん(現・愛知県山岳連盟副理事長)の「仲間と日本海から日本アルプスを越えて太平洋まで駆け抜けたい」という思いが始まりだ(2002年の第1回の出場者は5人で、岩瀬さんただ1人が7日5時間7分で完走)。

知る人ぞ知る草レースだったが、徐々に参加者が増え、2012年大会の模様がNHKの番組で放映されたことで認知度が高まった。

コロナ禍による1年の延期を経て今夏に開催されたTJAR2020は、台風の影響で残念ながら2日目に中止となったが、選考会など厳しい関門を突破した30人がそれぞれのアルプスに挑んだ。

このレースの基本的な理念は「自己責任」「自己完結」。選手には走力、体力のほか、3000m級の山中で長時間活動するための知識や経験が求められる。マラソンやトレイルランニングのレースのように途中のエイドステーションはなく、レース中の宿泊はツエルト(簡易テント)などを使用した露営のみ。8日以内の完走を目指し、選手たちは睡眠時間を大幅に削り、補給や休息のタイミングを考え、身体のケアをしながら進む。

過去最速記録は、静岡県の消防士・望月将悟さんが2016年に樹立した4日23時間52分。望月さんは山岳救助隊員として静岡県の南アルプス山域で活動する “山のスペシャリスト”だ。2018年にはすべての食料を背負う「無補給」に挑戦し、6日16時間7分で完走を果たした。

「僕の場合、レースも山行も、失敗をしに行く、みたいな面がある。山行計画を立てて実行して、その結果を踏まえて次はこうしよう、と考えるのが楽しい。

例えば、家にいたらエアコンで室温を調節できるけど、山にいたら、ほかの人と同じ服を着ても、暑さや寒さの体感は違う。自然の中では、思いもよらない事態に遭遇することもある。トライ&エラーの繰り返し。ザックなど装備をいろいろ試すのも好きですね。計画して実行して、精査して次に活かすのは仕事にも通じる。そういうところに面白さを感じます」

家族は妻と娘3人。娘たちは中学生になり手がかかる時期ではないが、家を空けることが多いのは、やはり気が引けるという。そんな夫について妻の早紀さんは「登山で家にいないことが多いから迷惑な面もある。でも尊敬しているし、かっこいいと思う。半々ですね」と話す。

2018年大会は「自分の冷静なところが出て、(力を)出し切れなかったという悔いが残った」と片野さん。今夏は「前回と違うワクワク感を持って挑んだ」という。「1回完走したからこそ、経験を活かして、どのくらい短縮できるか見えていた。仕事の状況が来年、再来年とどうなるかわからない。出るなら、40歳の今がチャンスかなと」。

前記のようにTJAR2020は2日目に中止になり、不完全燃焼に終わったが、TJARは「つらさも含めて楽しい」と片野さんは言う。

「つらいことは覚悟の上。楽しさとつらさ、両方あるのがTJAR。大会中は、ほかのハイカーさんや小屋の方が声をかけてくれるのもうれしい。僕にとっては楽しいほうが大きいです」

日本にいて実現できる「最大の挑戦」

過去に5回選手として出場し4回完走している実行委員会代表の飯島浩さんは、選手がTJARに挑む理由について次のように話す。

「本質的には、ほかのマラソンやトレイルランのレースと何も変わらないと思います。ただ、TJARはあまりに長時間、壮大なレース。思い立って『出たい』と思って出られるものではないし、ただお金を出せば参加できるレースでもない。体力面はもちろん、参加要件など、こちら(主催側)が課している条件を満たすためには、相当の努力が必要。目指すとなれば、数年前から準備しないと出場は叶わない。

目指す人たちにとっては、日々の忙しい中で、目標を持ち続けることは、日々の生活の中で張り合いになると思う。お金も時間もかかるが、国内のレースだから、海外レースに比べると少しハードルが低いのかな。日本にいて実現できる、最大の挑戦という意味合いは強いと思います」

国内で実現可能な、最大かつ壮大な挑戦であるTJAR。次回は、来年2022年に開催される予定だ。
https://toyokeizai.net/articles/-/462436

スポンサーリンク
18: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:24:43.82 ID:NDG5zEwh0
行動力も体力も計画性も必要。
挑戦する人は凄いと思うわ。

22: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:26:19.71 ID:SMh50sQI0
最速記録すげーな人間じゃないわ

26: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:28:04.13 ID:o69OvdiE0
>過去最速記録は、静岡県の消防士・望月将悟さんが2016年に樹立した4日23時間52分。

バケモンみたいな体力だな。

83: 名無しさん 2021/10/19(火) 23:23:12.39 ID:T9eYgedu0
>>26
この人大会4連覇したんだぜ

27: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:30:53.95 ID:DzxpC7aA0
剱岳はカニのヨコバイ通るのかな。イヤン。

28: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:33:32.33 ID:0ZWxwSv40
>>27
いきなり早月尾根で劔岳だからな
一般登山者からするといつかは踏破してみたいという憧れのルートなのに

37: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:43:36.68 ID:DzxpC7aA0
>>28
いきなり標高差2000超えの登りかあ

40: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:49:56.25 ID:jupB8bPC0
先週BSでやってたな。

42: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:53:47.86 ID:PbXPYq0U0
つまり山好きはドMってこと?

43: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:55:09.59 ID:4fvTNCj/0
>>1
望月将悟さんかっこいいな


45: 名無しさん 2021/10/19(火) 20:56:52.89 ID:jupB8bPC0
絶景の稜線をひたすら走る。
最高じゃないか。

52: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:04:09.02 ID:KEDvxmEm0
金かかるから金持ってないと参加できんだろ

55: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:12:33.12 ID:5DROk7XY0
いいな
ゆっくり時間をかけてのんびり縦断してみたい

58: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:20:08.13 ID:2VGpsAM80
NHKみたけど選手紹介がくどい

60: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:26:27.97 ID:aYJrpwfu0
最低でも木曽谷と伊那谷で下界まで降りるけど、補給や装備の交換はできないのか?

65: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:39:28.06 ID:a9I72QVE0
>>60
補給は出来るはず
ちなみに記事の望月さんはただ勝つだけでは飽き足らず補給を絶って食料全運び
30キロくらい背負って完走したという伝説がある

62: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:32:41.76 ID:pXmXPsQO0
確か弁護士も参加してたな

63: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:35:07.98 ID:V9qN2paG0
レース後半になると極度の疲労で幻覚が見え出すやつだよな
完走するだけでも凄いレースだわ

68: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:43:52.43 ID:DwEoASt/0
仮に全部平地だとしても8日間で列島横断とかできる気がしない

69: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:46:25.28 ID:j/Fjw+1g0
寝ないやつが勝てるってのはつまらんね

70: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:46:29.40 ID:wj3U9xtf0
何の意味があんの?これ

71: 名無しさん 2021/10/19(火) 21:52:01.09 ID:V9qN2paG0
>>70
登山やる奴はどMだから、気持ち良いのよ

85: 名無しさん 2021/10/20(水) 01:14:42.00 ID:iZAjyZsK0
4連覇した人ってトレーニングで富士山を1日3往復するバケモノだったな

82: 名無しさん 2021/10/19(火) 23:12:29.06 ID:2nFeJjJ60
こないだNHKでやってたな
コースを見ただけでうんざりするやら呆れるやら尊敬するやら

激走! 日本アルプス大縦断 密着、トランスジャパンアルプスレース 富山~静岡415km

▽注目記事

冬装備は、気づいたらアイゼンとピッケル以外はモンベルだった

キャンプブームでふもとっぱらも行きにくくなったなぁ

上司とキャンプ行くことになったんだが大丈夫なのか?

山ガールだけど登山に関してのクイズ出すからみんなおいでー( ^ω^)

ヒロシのぼっちキャンプ見てんだけどソロキャンプって疑似ホームレス体験だよな

諏訪行ってきたから写真貼る

事故で両足失ったロシアの登山家 腕の力だけでマナスル標高8163mに登頂成功!

登山中に人目に付かないように用足しするのは結構大変です。

【縮地】って走り方で山の中を暴走したことがある

「山の男」「熊みたいな男」って感じの見た目になりたいんだけど

【山小屋】おばさんが夕食を食べ終わった後おにぎり握り始めた

ワイ、山梨県が住むのに最強であることに気付いてしまう・・・

出典:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634641794/

スポンサーリンク