navi-1CLZRlXGaso-unsplash (1)

200: 名無しさん 04/08/01 21:28 ID:0sULfpPD


それは、私が小学校4、5年の頃の体験です。
私の実家は、山の中の田舎です。
有名な山はないのですが、周りをぐるりと低い山に幾重も取り囲まれています。
小学校には歩いて1時間ほどかかるので、夏休みなどはほとんど同じ集落の友
達と遊んでいました。

私の同級生は女子男子2人ずつでした、でも、いつもは年齢は関係なく、中学生に
面倒を見られつつ、皆で遊ぶのです。
でも、その日集まったのは同級生4人だけでした、何して遊ぼうかと相談してい
るうちに、誰が言い出したのか、海を見たいということになりました。

いつも、皆と上って歩く山のもう一つ先の山へ登ったら、絶対海が見えるはずだ。
何の根拠もないのに、皆そう思い込んでおにぎりとお菓子、水筒を持って出発し
ました。

山は、杉の木を植えてる場所と、雑木の森にキレイに別れていて、その境目が道に
なっていて、迷うことなく歩けます。

途中何度もよったことのある、水のわき出ている昔水晶が取れたという洞穴の近く
の小さな祠に手を合わせて、先にどんどん歩いていきました。
遠足くらいしか、海に行ったことがなかったので、皆わくわくしながら、海の話を
しながら歩きます。

スポンサーリンク
201: 名無しさん 04/08/01 21:30 ID:0sULfpPD
続きです。

やっと着いたときには、お昼はとうにすぎていました。
そして、山の上からきらきらと光る海が見えます、見晴らし台などないので、木に
登っておにぎりを食べながら、夏の日差しに輝く海を十分楽しみました。

そして、またてくてくと歩いて帰りました。
帰って、両親や祖父母に言うと、何馬鹿なこつ言っちょる、と笑われました。
兄などは、地図帳を持ってきて、絶対海など見えないことを、説明してくれました。

ただ、その頃はまだ生きていた、曽祖母だけが、「よかもんを見せっもろてよかった
ね。」とにこにこと笑ってくれました。
もちろんその後に、皆で行ったときは、海などなく次の山が見えるだけでした。

現在、私だけが県外へ嫁に行き、時々帰ってくると、同級生同士で結婚した友人宅によば
れます。
色んな話をしながら、時々ふと誰かが海奇麗だったよね、と口に出すと、あの木々の間か
ら見た海を思いだします。

ここの話を読んだら、つい書きたくなりました。
でも、全然怖くない、、すみません

202: 名無しさん 04/08/01 21:58 ID:j9fON/1w
>>200
素敵な話です

207: 名無しさん 04/08/01 22:40 ID:GOrERCBr
>>200
面白い話だね

222: 名無しさん 04/08/02 13:09 ID:CK6fEzLr
淡水海綿

山で見た変な生き物の話が旬みたいなので、漏れの見たのを一つ。

親父の田舎の隠し田(神社の御神酒作る為の米とか作る山奥の田んぼ)のわきに、
サンショウウオがいる清流があった。小学生の時、よくそこでサンショウウオを捕まえたり、
セリを摘んだりして遊んでいたんだが、ある時とても変な物を見付けた。

それはセリの茂みの根本の辺りにあって、オレンジ色で半透明のぶよぶよした
固まりだった。ゼリーっぽい感じといえば分かってもらえるだろうか。大きさは様々で
大きいのは40cmくらいの楕円形、小さいのは野球のボールくらいだった。

初めて見る物なので、バケツに小さいのを数個入れて持って帰った。
親に見せたところ、何だろう? と首を捻るばかり。おじさんらに聞いても
なんだか分からないという。

翌日、親戚の子二人とそこに行った時には、既に跡形もなくなっていた。
バケツに入れて持って帰っていた分も、山から戻ってきたら消えていた。
大人は何もしてないといったが、なぜ消えたのか分からない。

今にして思えば、淡水海綿? の一種かもしれないと思うのだけど、
消えてしまったのが謎だ。

223: 名無しさん 04/08/02 13:53 ID:br3cuIg7
>>222
それって多分、粘菌。
フタでもしておかないと逃げられる。
移動して迷路の最短コースとか選んで通る知恵もあるそうな……

http://www.hokudai.ac.jp/bureau/populi/edition16/toku7.html

225: 名無しさん 04/08/02 14:17 ID:CK6fEzLr
>>223
㌧クス。ほー、粘菌って頭良いのね。色は似てるけど、もっとまるまっちい球体に近いものだったよ。
粘菌って、いろんな形になるんかな。いなくなった理由はそういう分けか。

284: 名無しさん 04/08/05 02:36 ID:TFOqGU6L
生首

友人の話。

フィールドワークのため、山に一人こもっていた時のこと。
夕食後に水場で食器を洗っていると、何かが激しく後頭部に激突した。

 ガンッ!

目から星が出た。溜まらず膝をつく。続けて重い物が水に落ちる音がした。
何だ、何が飛んできたんだ? 頭を振りながら水に手をいれ、拾い上げる。

目の前にあったのは、髷を落としたざんばら髪の生首だった。
生首は舌を出してにんまりと笑い、空に飛び上がる。
固まっている彼の頭上を何度か旋回し、尾根の方へ向けて飛び去った。
まるで現実感が感じられず、夢かと疑ったそうだ。

285: 名無しさん 04/08/05 02:37 ID:TFOqGU6L
(続き)
翌日は別の場所で野営したのだが、夕刻を過ぎると彼は落ち着かなくなった。
警戒が功を奏したか、やがて夕焼けの中を飛んでくる物体を見つけたという。
遠目では生首かどうかはっきりわからない。
強気な彼は、正体を確認してやろうと、杖を握り締めて立ち上がった。
しかし、彼はすぐに杖を取り落とすことになる。

生首は二つに増えていた。

もう正体を確かめるどころの話ではない。一目散にテントの中に逃げ込んだ。
とても外を見る勇気はなく、そのまま夜が明けるのを待ったそうだ。
時々、含み笑いのような声が聞こえ、生きた心地もしなかった。

286: 名無しさん 04/08/05 02:38 ID:TFOqGU6L
(続き)
その地点から山を下りるのに、さらに二日かかった。
最終日、飛んできた生首は五つになっていたそうだ。

最初の激突以外には直接の被害はなかったが、無事に帰還できるかどうか不安で
心細く、冗談抜きで発狂するかと思ったという。
帰ってから知ったのだが、彼が野営した地は、その昔刑場だった場所らしい。
しかも彼が食器を洗ったのは、斬り落とした首を洗っていた水場だとも聞いた。

「他の人たちは何事もなくあの場所を利用しているのに、何で俺だけ・・・」
彼はいまだに、そう愚痴をこぼしている。

「山の不思議」発見

▽注目記事

トレランシューズだと楽だが岩場が多いと足の裏にダメージが入る

八ヶ岳や燕岳行くと、山と道やハイパーライトみたいな奴らばっかりだな

上高地ライブカメラ見たら雪が降ってきたな

身長174cmなのですが、リッジレストソーライトとZライトソルで悩んでます…

初テントとしてVB-21かVL-27を考えています

一人暮らしって寝袋でもイケる?

クマの恐怖があって登山する勇気がでない・・・

山へ鳥を見にいくから鳥ならいっぱい見るけど、哺乳類ってなかなか出てこないね

尾瀬にいるけど北アルプスから富士山までパーフェクトに見える

ランタン買ったったwwwwwwwwwwwwwww

救助隊の人とか要救助者のウエアの色がアースカラーだと露骨に嫌がるって言うよな

ところで皆んなはザック何個持ってる?日帰りしかしないのにどんどん増えてく…

出典:http://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1090772011/

スポンサーリンク