annie-spratt-pu9fmAAKW08-unsplash (1)

163: 名無しさん 2010/12/04(土) 22:08:45 ID:1t3Sd4RO0
雲水

昔馴染みの話。

まだ小さな頃、故郷の山にある畦道を歩いていると、小さな祠があった。
背の高い誰かがその前に立って祈りを捧げている。
黒い着物で編み笠を目深に被っていた。雲水のようだ。

足を止めて見ていると、やがて祈り終わったのかこちらに向きを変え歩き始めた。
「こんにちは」軽く頭を下げて挨拶すると、渋い声で「こんにちは」と返答があった。
会釈した際、編み笠の下の顔が見える。
普通の鼻口のすぐ上、額の真ん中に大きな目が一つだけ瞬いていた。

ビックリしている彼女を残し、平然とした様子で雲水は山を上っていったという。



スポンサーリンク
173: 名無しさん 2010/12/05(日) 12:31:21 ID:do+rz28uP
>>163
うわ、妖怪っぽい。
最近は托鉢の雲水(坊さん)も見当たらなくなって風情なくなったね。

165: 名無しさん 2010/12/04(土) 22:12:23 ID:1t3Sd4RO0
鍋頭

知り合いの話。

彼の祖父が猟師をしていた頃、奇妙な動物が出ていたのだそうだ。
繁みの中で動く影を首尾よく撃ってみると、カンと硬い音がする。
確かに当たった筈なのに、ザッと走り去る音が聞こえ、繁みには何も残っていない。
ただ潰れた鉛の玉が、地面にポツリと落ちているだけ。

そういうことが何度かあった後、遂にその生き物の姿を拝むことに成功した。
薄い笹藪から出て来た物、そいつはヨタヨタと二本足で立つ、鼬のような動物だった。
異様なのはその頭部だった。黒い鉄鍋を被っていたのだ。

そいつはしばらく明後日の方を見つめるように立ち竦んでから、パッと四つ足になり
山奥へ奔り消えた。鍋を被ったままで。

「先達の猟師に聞いたところ、どうやらアレはナベカブリというものらしい。
 “鍋頭”と書いてそう読むんだと。
 名前と姿が伝えられてるってことは、昔から出没してたってことなんだろうな」

祖父さんはそう言ってから「化かされたような気分だったよ」とボヤいていた。

167: 名無しさん 2010/12/04(土) 23:39:46 ID:CSIpJBycO
>>165
そういや化け猫の話で、飼い主の猟師を襲うために鍋をかぶって防御して、猟銃が弾切れになったから襲いかかったら、
猫の見ていないところで猟師が用意していたお守りの弾で斃されたって昔話あるよね
それ思い出した
襲うためじゃなくて自分を守るために鍋をかぶるように進化したのかw

188: 名無しさん 2010/12/06(月) 04:06:43 ID:+sDBg1sWO
赤い布

小学生のとき、祖父と従兄弟と私で登山に行きました。
といっても標高はそこまで高くなく、登山というより散歩みたいな感じで、
他の登山客もたくさんいて、祖父と従兄弟と話しながらすぐ頂上に着きました。

頂上で弁当を食べて、少し休憩した後、下山する前に簡易トイレに用を足しに行きました。
終わった後、何を気になったのか、トイレの裏側はどうなってるのかな?と見に行きました。

裏側は少しだけスペースがあって、鉄のサクがあり、その向こうは樹木だらけの急な斜面になっていました。
それで、その斜面全体に、信じられないぐらい大きな赤い布が被さっていたのです。
本気で縦・横1Kmぐらいあるんじゃないかと思うほどの真っ赤な布。

何だあれ?としばらく見ていましたが、布は風にはためいているだけ。
その後、気になりながらも祖父と従兄弟の所へ戻り、今見た物を説明しました。
しかしあまり本気にされず、天気もぐずついて来たので急いで下山しました。

下山後、駐車場に向かう時、麓に救急車と警察が大勢来ていました。
近くの木にはブルーシートが掛けられ、担架が用意され、誰が見ても死人が出たのは明らかでした。
2時間ほど前登る前には何もなかったので、その間に亡くなったようでした。

話はこれで終わりです。
亡くなったその人と、私が見た巨大な赤い布との関連性は分かりません。
ただ、あれは不吉なものだったのかな、とは今になって思います。
本当に、赤い色が斜面一帯を覆うほどでしたから・・・。

定本 山小屋主人の炉端話

▽注目記事

【キャンプ場】朝起きたらコールマンの120周年ランタンがなくなってた

北アルプスの麓に移住して3ヶ月ほど経ったので感想とか近況を書いてみる

登山で「周りがこう判断しているから自分もそうしよう」はマジで危険

入山禁止期間中の男体山で遭難した奴がダメすぎる・・・

キャンプ場は赤ちゃん連れて行く必要ない場所だよね

濡れたレインウェアをリュックにしまう時ってどうしてます?

【テント】シングルの快適さを知ってしまうとダブルには戻れないね

【高山病】薬なんて、基本的には使わないほうがいいに決まってる

デイパックで登ったけど、やっぱりヒップベルトのないザックは肩が痛くなるね

なぜ山に若者が少ないのか?

偏光サングラスにする場合、色ってどうすれば良いですかね?

ボトルはナルゲンが非常に評判が良いようだけれど、そんなに他社と違うものなのかな?

出典:http://toki.5ch.net/test/read.cgi/occult/1290092361/

スポンサーリンク