登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 車

    ホンダCR-Vキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    1: 名無しさん 2018/07/06(金) 22:14:52.25 ID:mJjWJKxq0 BE:232392284-PLT(12000)
    本田技研工業は7月6日、新型SUV「CR-V」のティザーサイトを更新した。

     ティザーサイトでは新しくエクステリアやインテリアの詳細画像が公開されたほか、
    CR-Vとして初めての搭載となる2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」の3モードパワートレーンについて説明。


     また、標準装備アイテムやボディカラーについてアナウンスするとともに、前後トルクの配分を制御する新システムを採用した「リアルタイムAWD」を紹介する雪道の走行動画を見ることができる。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1131618.html

    1
    2
    3
    4

    ホンダCR-Vきたーーーーーー!!

    (この記事の続きを読む)

    山道走ってて鹿と激突した…しかも車両保険入ってない

    scott-jackson-648221-unsplash

    山道走ってて鹿と激突した

    1: 名無しさん 2018/07/04(水)20:03:08 ID:jvS
    車両保険入ってないんやが、今から車両保険入って1ヶ月後くらいに事故ったって言って使うことできる?

    2: 名無しさん 2018/07/04(水)20:03:36 ID:Meg
    できるで

    3: 名無しさん 2018/07/04(水)20:03:47 ID:jvS
    >>2
    ホンマかいな

    4: 名無しさん 2018/07/04(水)20:04:17 ID:jvS
    色々と調べられたりしないの?

    6: 名無しさん 2018/07/04(水)20:05:48 ID:f4c
    何でちょっとでも調べられないかもしれないとと思ったのか
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【スズキ】ジムニー、20年ぶりに新型発売! 四輪駆動車としての性能進化 お値段145万円から

    1: 名無しさん 2018/07/05(木) 17:08:07.77 ID:CAP_USER9
    スズキは、軽四輪駆動車『ジムニー』および、ジムニーをベースに小型車規格とした『ジムニーシエラ』を20年ぶりに全面改良し、7月5日より販売を開始する。

    新型ジムニー/ジムニーシエラは、半世紀におよぶジムニーならではのこだわりと技術を継承しつつ、ジムニーに求められる本格的な四輪駆動車としての性能をさらに進化させた。

    新設計のラダーフレームは、Xメンバーと前後にクロスメンバーを加えたことで、ねじり剛性を先代モデル比で約1.5倍向上させた。また、車体とラダーフレームをつなぐボディマウントゴムを新設計。乗り心地を改善し、優れた操縦安定性を実現した。

    エンジンを縦置きに配したFRレイアウトを継承し、悪路走破性に優れる機械式副変速機付きパートタイム4WDを採用。路面状況に合わせて2WDと4WDを任意に切替えでき、さらに4WDは4H(高速)、4L(低速)のモードに切替可能。4Lは通常の約2倍の駆動力を発揮し、急な登坂路や悪路の走破性を高める。

    足回りには、ジムニー伝統の3リンクリジッドアクスル式サスペンションを採用し、凹凸路で優れた接地性と大きな対地クリアランスを確保。また、電子制御のブレーキLSDトラクションコントロールを全車に標準装備し、4Lモード走行時、空転した車輪にだけブレーキをかけることでもう一方の車輪の駆動力を確保し、高い脱出性能を実現する。

    パワーユニットは、ジムニーが専用チューニングのR06A型ターボエンジンを、ジムニーシエラは軽量・コンパクトで燃費に優れ、出力・トルクともに向上した1.5リットルの新開発K15B型エンジンを採用。動力性能を進化させるとともに、被水や雪、飛び石などへの対策を施し、信頼性を向上させた。

    エクスエリアは、車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアボディに、面の剛性を高める造形、降雪時に雪がたまりにくい凹凸が少ないボディ形状、走破性・積載性を高める細部の工夫など、機能に徹したこだわりの造形とした。また、丸型ヘッドランプ、5スロットグリル、クラムシェルボンネットフードなどの、ジムニーの伝統を継承するデザインアイコンを随所に取り入れた。

    インテリアは、オフロードなど過酷な環境下での、運転のしやすさや各部の操作性にこだわった、機能に徹したデザインとした。車両の姿勢・状況を把握しやすい、水平基調で力強い基本骨格のインストルメントパネルや、ドアミラー付近の視界を拡大する形状のベルトラインを採用。前席のヒップポイントを30mm後方に下げながら、前後乗員間距離を40mm拡大して居住性を向上させた。

    さらに予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を搭載。衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能、さらに各標識をメーター内に表示させドライバーに通知する「標識認識機能」を採用した。

    新型ジムニー/ジムニーシエラは、今回の全面改良にあわせて、初めて湖西工場(静岡県湖西市)で生産し世界に供給する。価格はジムニーが145万8000円から184万1400円、ジムニーシエラが176万0400円から201万9600円。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8

    2018年7月5日(木) 12時15分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2018/07/05/311580.html?from=tprt

    【車】スズキ ジムニー、20年ぶりに新型発売 四輪駆動車としての性能進化 お値段145万円から

    (この記事の続きを読む)

    新型ジムニー乗り出し200万円wwwwwwww

    4

    新型ジムニー乗り出し200万円wwwwwwww


    1: 名無しさん 2018/07/01(日) 13:31:59.23
    軽なのに…

    【価格】(すべて税込に統一)
    ジムニー
    XG MT 1,458,000円
      AT 1,555,200円
    XL MT 1,582,200円
    AT 1,679,400円
    XC MT 1,744,200円
    AT 1,841,400円

    ジムニーシエラ
    JL MT 1,760,400円
      AT 1,857,600円
    JC MT 1,922,400円
    AT 2,019,600円

    【グレード情報】
     
    1

    ●運転席・助手席SRSエアバッグ
    ●SRSカーテンエアバッグ
    ●フロントシートSRSサイドエアバッグ
    ●マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ
    ●エアコン
    ●フロント2スピーカー
    ●16インチスチールホイール 
    など

      2

    (XGにプラス)
    ●フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
    ●フルオートエアコン
    ●キーレスプッシュスタートシステム
    ●電動格納式リモコンドアミラー
    ●スモークガラス
    ●運転席・助手席シートヒーター など

      3

    (XLにプラス)
    ●デュアルセンサーブレーキサポート
    ●LEDヘッドランプ
    ●ヘッドランプウォッシャー
    ●クルーズコントロールシステム
    ●LEDサイドターンランプ付ドアミラー
    ●16インチアルミホイール
    ●革巻きステアリングホイール など

    *スズキ セーフティ サポート(デュアルセンサーブレーキサポート等)装着車はXL・XGにメーカーオプション設定

    http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

    2: 名無しさん 2018/07/01(日) 13:32:46.08
    最近、軽で200万とか普通ですから

    152: 名無しさん 2018/07/02(月) 05:23:46.08
    >>2
    そうなの?もう車は無理だわ

    9: 名無しさん 2018/07/01(日) 13:40:14.97
    このグリルなんとかなんないの?

    72: 名無しさん 2018/07/01(日) 15:34:04.14
    >>9
    つオプション
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【ホンダ】N-VANの発売日は7月13日! 車両価格は126万7920円から

    1: 名無しさん 2018/07/02(月) 20:49:37.92 ID:/ym/aSys0● BE:423476805-2BP(4000)
    no title

    ホンダの新型軽自動車、N-VANが2018年7月12日発表、翌13日に発売されるスケジュールとなっている。既に発売前予約を受け付けている。
    ホンダセンシング標準装備モデルの価格は、ベースグレードのGが、FF 126万7920円、4WD 139万8600円。装備充実のLは、FF 134万1360円、4WD 147万2040円に設定される。

    +style FUN(ハイルーフ)と+style COOL(ロールーフ)は、いずれも車両価格がFF 156万0600円、4WD 169万1280円。ターボエンジン搭載モデルが10万8000円高で設定される。

    https://car-research.jp/tag/n-van

    ホンダ・N-VANの発売日は7月13日、車両価格は126万7920円から

    (この記事の続きを読む)

    登山のアプローチ用バイクでおすすめってある?

    taras-chernus-647693-unsplash


    278: 名無しさん 2016/12/18(日) 12:49:26.61 ID:x3TX9mKb
    タイヤ太いほうが走破性はいいんじゃないの?
    TWの後輪も走破性のためだった気がするけど
    セローなんて道がないようなとこ突っ込んで行くのにいいんであって林道ならバンバンで何も困らないんじゃないかと思うんだが

    1

    279: 名無しさん 2016/12/18(日) 13:45:30.91 ID:T+BQOBwK
    スーパーカブ用のオフロードタイヤがあって、
    それを履けば林道ぐらいは余裕で走れるよ。

    2

    281: 名無しさん 2016/12/19(月) 04:16:56.90 ID:9/+imyYk
    カブはタイヤがチューブだからパンクしたらひどい目にあうので
    オススメしないと見たことがある
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    車中泊に興味があるんだけど軽自動車でもできるの?

    yoal-desurmont-536810-unsplash

    車中泊に興味があるんだけど軽自動車でもできるの?

    1: 名無しさん 2018/06/29(金) 21:10:28.92 0
    大阪から東京に遠征すると交通費3万宿泊費二日分で2万ぐらい掛かるから全部で5万は使う
    軽自動車で遠征すると休日割引で高速とガソリン2万
    道の駅に止めて寝る宿泊費無料で3万円も浮く
    どう思う?

    2: 名無しさん 2018/06/29(金) 21:11:39.68 0
    できるけどこの時期暑い

    6: 名無しさん 2018/06/29(金) 21:20:01.22 0
    車中泊とか道の駅みたいな所でエンジンかけたまんまシートを倒して休んだり寝てたらいいじゃないか難しいもんでもないぞ

    24: 名無しさん 2018/06/29(金) 21:42:21.51 0
    >>6
    エンジンかけたままは危険だぞ

    10: 名無しさん 2018/06/29(金) 21:27:53.66 0
    若いならどうってことない
    年寄りなら素直に宿をとれ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【ホンダ】「スーパーカブC125」 9月14日発売! より上質に 初代を彷彿とさせるデザイン お値段39万9600円

    1: 名無しさん 2018/06/28(木) 19:38:47.34 ID:CAP_USER9
    上質感を高めた「スーパーカブC125」
     
    1

     ホンダは6月28日、原付二種の二輪車「スーパーカブC125」を9月14日に発売すると発表した。スーパーカブのデザインを受け継ぎながら、より上質に仕立てたパーソナルコミューターになっている。価格は39万9600円(税込)。

     スーパーカブのシンボルとも言えるデザインに、発売60周年を迎えた初代「スーパーカブC100」を彷彿(ほうふつ)とさせる「鳥が翼を広げたような形のハンドル」部からフロントフォークまで一体とした「ユニットステア」を採用。「普遍的で気品のあるスタイリング」にした。

     車体はスーパーカブ110をベースに、パーツの剛性を高めて125ccエンジンに対応。前後サスペンションのストローク量を最適化することで快適性も向上させた。2人乗りに対応するタンデムステップも備えた。ボディーサイズは1915(全長)×720(全幅)×1000(全高)ミリ、シート高は780ミリ。

     エンジンは空冷4ストロークOHC125cc単気筒。外観に高級感をもたせたほか、各部を最適化し、静粛で変速ショックの少ないスムーズな変速フィーリングを実現しているという。

     LEDライトやスマートキーといった最新装備を採用した上、クロームメッキパーツを配したメーターなどで上質感も追求している。

     スーパーカブは1958年に初代「C100」が誕生。4ストロークエンジンや乗り降りしやすいフレーム、自動遠心式クラッチの採用などで業務からパーソナルユースまで幅広く愛されている。

    2
    3
    4
    5
    6

    2018年06月28日 12時38分
    ITmedia
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1806/28/news098.html

    ★1が立った時間 2018/06/28(木) 15:35:07.49
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530167707/

    【ホンダ】「スーパーカブC125」 9月14日発売 より上質に 初代を彷彿とさせるデザイン お値段39万9600円★2

    (この記事の続きを読む)

    貧乏ながら軽ワゴン買ったぜー! 外遊びが捗りますわ

    alex-gorham-318292-unsplash


    162: 名無しさん 2018/03/29(木) 08:14:34.52 ID:WoXxwyKm
    貧乏ながら軽ワゴン買ったぜー!
    外遊びが捗りますわ

    163: 名無しさん 2018/03/29(木) 14:00:47.36 ID:Z88oFq19
    >>162
    おめ!いい色買ったな!

    168: 名無しさん 2018/03/29(木) 18:42:00.24 ID:WoXxwyKm
    >>163
    ありがとう、良い色だろ
    パン屋お下がりの爽やかグリーンだぜ
    なんか掃除しても良い匂いがするよ

    貨物登録で運転席、助手席の他は外してフラットにパイプ通して隙間にバッテリーや電源仕込まれててまんまキャンプ仕様に出来そう
    乗り心地と燃費は酷いけどな!
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【トヨタ】カローラ スポーツ 発表、12年ぶりハッチバック復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    1: 名無しさん 2018/06/26(火) 18:38:15.75 ID:CAP_USER9
    トヨタ自動車が6月26日に発売した『カローラスポーツ』は、カローラシリーズとして12年ぶりのハッチバックスタイル復活となる。しかも5年ぶりの全面改良で12代目に切り替わる同シリーズの口火を切る役目も担っている。

    小西良樹チーフエンジニア(CE)は「若い人たちにも響くような商品したいという思いでカローラスポーツの開発を進めてきた」と語る。というのも「(セダンタイプの)アクシオのお客様の平均年齢が70歳。(ワゴンタイプの)フィルダーは若い方にももちろん乗って頂いているが平均年齢が実は60歳で、比較的年配の方々にご愛顧頂いている」からだ。

    しかも「初代カローラは、とにかくスポーティなクルマということで打ち出し、その後『レビン』や『トレノ』、そして実は『86』もこのカローラファミリーから生まれていった。当初はスポーティーで若者に乗って頂きたいということでやってきたが、それぞれのクルマがそれぞれの役目に分かれていって、最終的にカローラという名前のクルマは年を追うごとに、その時その時のユーザーの方と一緒に成長させてもらい、競合他車と比べてもユーザーの平均年齢が少しやはり高めにきている」との危機感から12年ぶりのハッチバック復活となったわけだ。

    そこで「もう一回若い人たちに乗ってもらうために、クルマ本来の楽しさであるデザインと走り、乗っていて楽し、ワクワクドキドキする、エモーショナルな部分も兼ね備えたクルマを目指した」と小西CEは話す。

    まずデザインは「ワイド&ロー、それからスポーティーなクルマにしたいということで開発を進めてきた」とした上で、「フロントはフードがラウンディッシュな造形、ヘッドランプは比較的薄型の目でシャープな印象を打ち出し、グリルは大型台形を用いて低重心感を出す工夫をしている。リアは、ラグビーボールみたいな塊感のある意匠にしたいということでやってきた」と解説。

    走りに関しては「ずっと走っていたくなるような気持ちの良い走りにしたいということで、このクルマは世界5大陸で100万kmを走行して、走りの熟成をしてきた。いろんな路面でいろんなスピードで、我が意の走りができるか確認しながら造り込んでいる」という。

    このほか「コーナリングの時にフロントタイヤのブレーキをちょっとつまむことによってコーナリングをアシストしてくれる」というACA(アクティブコーナリングアシスト)の採用や、「シフトダウンの際にECUでエンジン回転数を合わせていく制御をすることでショックのないものすごく楽しいMT車も用意している」とも付け加えた。

    またカローラ スポーツには同時に発売された新型『クラウン』と同様に、コネクティッド(つながる)機能が初採用されている。「スマホを若い人たちがどんどん使っている世の中なので、そういったものがつながっていくようなクルマにしたいということで今回取り入れた」と小西CEは語る。

    その上で「人とクルマがつながる、それからクルマ同士がつながる、クルマと社会がつながっていくことによって今まで以上に安全、安心。それから快適、便利な世の中がどんどん加速していく。このカローラスポーツがコネクティッドカーのファーストバッターになる」と強調した。

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7

    2018年6月26日(火) 16時15分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2018/06/26/311245.html

    【車】トヨタ カローラ スポーツ 発表、12年ぶりハッチバック復活 ユーザーの若返り図る 「もう一回若い人たちに乗ってもらいたい」

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top