登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > 遭難・滑落・雪崩

    遭難・滑落・雪崩

    【群馬】沢登りで不明の女子大学生か…遺体発見 中之条町

    1: 名無しさん 2020/07/10(金) 19:26:32.52 ID:Si5b4XDZ9
    3646462_s (1)

    8日、群馬県中之条町の川で沢登りをしていて流され、行方がわからなくなっている横浜市の女子大学生について警察が捜索した結果、現場の川の下流で女性の遺体が見つかり、警察は女子大学生とみて確認を進めています。

    8日午前9時50分ごろ、群馬県中之条町にある四万川ダムに注ぐ川で沢登りをしていた男女4人のうち、横浜市に住む21歳の女子大学生が流されて行方がわからなくなりました。

    警察は10日も川の中に入って周辺の捜索を行った結果、午後5時前、現場より下流の川の中で女性の遺体が見つかりました。
    警察は女子大学生とみて身元の確認を進めています。

    警察によりますと、女子大学生は川を歩いて対岸に渡ろうとして流されたとみられ、当時、中之条町には大雨警報が出され、川は大人の腰ほどの高さまで増水していたということです。

    以下ソース:NHK 07月10日 18時28分
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20200710/1060007206.html

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    【群馬】沢登りで流され女性不明…中之条町四万の四万川

    1: 名無しさん 2020/07/08(水) 18:07:44.60 ID:b8oODeJP9
    river (1)

    8日午前9時ごろ、群馬県中之条町四万の四万川で、沢登りをしていた30代男性と20代女性が流され、女性が行方不明になった。
    吾妻署が捜索している。
    男性は救助され、命に別条はない。

    署によると、2人を含めて男女4人で沢登りをしていた。
    同日午前、中之条町では強い雨が降り、大雨警報が出ていた。
    現場付近は大人の腰の辺りまで増水していたという。

    以下ソース:共同通信 2020/7/8 17:26 (JST) 7/8 17:38 (JST)updated
    https://this.kiji.is/653512985179997281

    (この記事の続きを読む)

    富士山で滑落死したニコ生主、完全に忘れられる

    1: 名無しさん 2020/07/04(土) 22:11:32.93 ID:UmHM4f3l0
    なんJだけは覚えといてやろうや 

    0 (1)

    3: 名無しさん 2020/07/04(土) 22:12:09.41 ID:28AKyMm40
    受賞してたぞ

    4: 名無しさん 2020/07/04(土) 22:12:32.50 ID:MdxWkd/f0
    定期的に忘れられるな


    10: 名無しさん 2020/07/04(土) 22:13:43.68 ID:UqJA6FAxa
    途中で配信切れる無能
    滑落して当然の無能

    13: 名無しさん 2020/07/04(土) 22:14:25.12 ID:UmHM4f3l0
    >>10
    言うほど阿鼻叫喚しながらすり身になるところ見たいか?

    (この記事の続きを読む)

    【北アルプス】「新型コロナ疑い」の遭難者 防護服やマスク着け、背負って下山

    白馬岳

    北アルプスで「新型コロナ疑い」の遭難者 防護服やマスク着け、背負って下山 県警「感染警戒の救助難しい...」/長野 fnn.jp/articles/-/579…
    警察によりますと、今月18日午前9時過ぎ、白馬岳に向かっていた県内在住の30代男性から「40~50メートル滑落した、身動きがとれない」などと通報がありました。

    男性は、標高2500メートルの小雪渓付近で滑落し、行動不能となり救助を求めました。


    県警は電話で男性に体温や体調などを確認しましたが、感染していないか見極めが難しかったため、救助現場で男性に防護服やマスク、手袋などをつけ男性を背負って下山し、午後5時前に登山口で消防に引き継ぎ、大町市内の病院に搬送しました。

    男性は鎖骨を折るなど大きなけがを負いましたが、その後、感染していないことが判明しました。

    4月には八ヶ岳連峰の阿弥陀岳で感染が疑われる遭難者の救助にあたった隊員が一時自宅待機した事例もありました。

    県警は感染有無の確認作業などに時間を要し、例年に比べ、救助を始めるまでに時間がかかるとしています。また、感染を警戒しながらの救助の難しさを痛感しています。


    https://www.fnn.jp/articles/-/57910

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】山菜採りで遭難相次ぐ…2カ月で59件、死亡・不明10人 入山届けなく捜索も困難

    1: 名無しさん 2020/06/28(日) 10:01:50.69 ID:NLmhYG379 BE:533378861-2BP(0)
    6/28(日) 9:57
    毎日新聞

    山菜採りで遭難相次ぐ 北海道・2カ月で59件、死亡・不明10人 入山届けなく捜索も困難

    八雲町の雲石峠に設置された山菜採りでの遭難注意を呼び掛ける看板=八雲町雲石峠で2020年6月18日午後1時10分、真貝恒平撮影

    0 (1)

     北海道内で山菜採りに行って遭難する事故が相次いでいる。道警によると4月から6月16日までに59件発生し、死亡・行方不明も10人に上る。特に道南では件数が昨年の2倍に増えており、警察や専門家が注意を呼び掛けている。【真貝恒平、菊地美彩】

     5月31日、今金町内の山林で、タケノコ採りに入って行方不明になっていた千歳市の80代男性が岩の上にいるのを、捜索していた道の防災ヘリコプターが発見。一緒に山に行った妻と知人男性が消防に連絡してから53時間ぶりに救助された。病院に搬送されたが、大きなけがなどはなかった。

     せたな署などによると、男性は29日午前6時ごろ3人で入山し、個別にタケノコ採りをしていた。夢中になって奥に進むうち、方向感覚を失ったらしい。水や食料は持っておらず「川の水を飲み、採ったタケノコを食べていた」と説明しているという。道警函館方面本部地域課の担当者は「当時は7月並みに気温が高かったのが生存できた要因では」と話す。

     渡島・檜山地方と後志地方の一部を管轄する道警函館方面本部管内では、山菜採りでの遭難が今年度既に21件発生し、昨年同期の10件から倍増している。理由ははっきりしないが「雪解けが早かったため山に入る人が増えた」とみる警察関係者もいる。

     山菜採りは登山と比べておおむね軽装で、決まったルートがなく入山届も出さないため、遭難リスクが高く捜索も難しい。落として紛失するのを避けようと携帯電話を持たない人も多く、今金町で遭難した男性も車の中に置きっぱなしにしていた。高齢者が多いのも特徴で、今年度の道内の遭難者64人のうち9割近い56人が60代以上だ。

     遭難を防ぐには、どうすればいいか。道警によると、タケノコ採りの場合はやぶの中で地面を見続けて探すため道に迷わないよう注意が必要で、斜面に生えることが多いギョウジャニンニクを採る時は滑落事故に気をつけるべきだという。家族に行き先と戻る時間を伝え、天候が悪い時は入山しない。目立つ服を着て、防寒着、水と食料、携帯電話、鈴、ホイッスルを携行するよう求めている。

     ◇熱中症のほか低体温症も

     国際山岳医として活動する北海道大野記念病院(札幌市)の大城和恵医師に、入山時の注意点を聞いた。【真貝恒平】

     これから暑くなるので、山菜採りや登山は脱水と熱中症の予防が必要です。特に脱水は心臓発作など致命的な病気を起こし、夏の遭難死の原因になります。熱中症は気温が25度を超えると発生しやすくなります。最近は天気予報で、気温、湿度、日差しの強さから計算した「暑さ指数」が示されるので、気温や暑さ指数の低い時間帯を選んでください。

     道内の夏山は朝夕の寒暖差が激しいため、低体温症への警戒も必要。同じ日に熱中症と低体温症を起こすケースもあります。熱中症では発汗により体力を消耗し、低体温症では体温を生み出すエネルギーを使うので、いずれもしっかりしたカロリー摂取が大事です。

     多くの人が行き交う登山の場合は、新型コロナウイルス感染対策も求められます。札幌市の藻岩山(標高531メートル)に2回登って調べたところ、すれ違いやあいさつ時にマスクを着用していたのは1回目が16%、2回目が9・8%でした。すれ違う際には、マスクを着用したり、タオルで鼻と口を押さえたりして、飛沫(ひまつ)が広がらないよう思いやりのある登山を心掛けましょう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200628-00000011-mai-soci

    (この記事の続きを読む)

    【北アルプス】白馬岳の雪渓で滑落…32歳男性を救助

    no title

    北アルプス白馬岳の雪渓で滑落 32歳男性を救助 鎖骨骨折などの重傷 救助隊が背負って下山/長野 fnn.jp/articles/-/542…
    北アルプス白馬岳の小雪渓付近で18日、登山をしていた32歳の男性が滑落しました。救助隊員によって救助され病院に搬送されましたが、鎖骨を骨折するなど重傷です。

    救助されたのは、長野県千曲市の32歳会社員の男性です。警察によりますと、18日午前9時半ごろ、男性から「40から50メートル滑落した。けがをして身動きが取れない」と警察に通報がありました。

    天候が悪くヘリコプターでの捜索ができなかったため、県警などの救助隊が地上から救助へ向かい男性を発見。

    背負ってふもとまで搬送し、午後5時前に救急隊に引き継ぎました。男性は病院で手当てを受けていますが、鼻の骨や鎖骨を骨折するなどの重傷だということです。

    男性は日帰りの予定で1人で猿倉登山口から入山し、白馬岳に向けて登山中に雪渓上で滑落し、けがを負い行動不能になったとみられています。

    https://www.fnn.jp/articles/-/54213

    (この記事の続きを読む)

    山で遭難の男性、10日後に無事救助される「水と尿で命つないだ」

    救助された人

    山で遭難の男性、10日後に無事救助される「水と尿で命つないだ」/台湾japan.cna.com.tw/news/asoc/2020…
    (屏東中央社)南部・屏東県中部の山中で遭難し、6日から行方が分からなくなっていた男性が16日、無事に救出された。

    男性は頭部に外傷を負い、胸部を骨折していたが意識ははっきりしており、「10日間食べ物を口にしておらず、水と尿に頼って命をつないだ」とメディアに語った。

    救出されたのは、県内の屏安医院で行政副院長を務める楊欣正さん。同医院の院長によると、楊さんは院内の登山サークルのメンバー。

    6日は昼には下山する予定で朝早く出発したが、歩く速度が速かった楊さんは隊列から離脱。携帯電話を通じて道に迷ったと明かしつつ、自分を待たず帰るよう同僚に伝えていた。

    食糧は持っていなかったという。その後連絡が途絶えたのを受け、消防や民間の救助隊などが連日、捜索を続けていた。

    楊さんは16日午前10時ごろ、登山道から約20メートル下の谷間で発見された。足を滑らせて落下し、動けなくなったとみられる。

    通報を受けて現地に向かったヘリコプターに救助され、午後2時半までに救急車が待機する平地に到着した。

    楊さんと親しい同県県議が友人の無事を祈って懸賞金をかけていたため、楊さんを発見した民間の救助隊員2人には200万台湾元(約720万円)が支払われる見通し。

    http://japan.cna.com.tw/news/asoc/202006170004.aspx

    (この記事の続きを読む)

    【宮城】山岳救難、宮城で急増…山菜採りの高齢者が7割

    1: 名無しさん 2020/06/07(日) 10:42:02.88 ID:FCrXSHdE9
    遭難件数 (1)

     宮城県内で5月、山岳遭難が急増した。東北の隣県が軒並み減る中で、1カ月で13件と、昨年5月(5件)の倍以上に達した。山菜採りで山に入った高齢者が7割近くを占め、県警は「単独行動を避け、迷う前に山を下りてほしい」と注意を促している。

     宮城県加美町宮崎の山林で5月27日、仙台市青葉区の無職男性(82)と無職の妻(76)が行方不明になった。翌28日夜に2人を発見し、男性は死亡。死因は低体温症とみられる。

     16日には同町の無職男性(76)が「船形山に山菜採りに行く」と告げて出掛け、行方不明となっている。

     県警加美署によると、管内では5月に4件の山岳遭難事故があった。多くは立ち入り禁止や通行不可の看板を無視し、帰る方向が分からなくなったとみられる。山菜採りの場合、入山者は家族らに採取場所を伝えないことが多く、捜索は困難を極めるという。

     宮城県山岳遭難防止対策協議会加美支部の古内公雄捜索救助隊長は「高齢者が多く、昔取ったきねづかで、山奥に進んでしまうのではないか」と分析する。

     対照的に、宮城に隣接する岩手、秋田、山形、福島の各県では5月、山岳遭難が減少した。福島県警によると、5月は2件で、前年の16件から9割近く減った。山形も5月は10件で、昨年の20件から半減。うち9件は山菜採りだった。

     宮城県警によると、県内であった山岳遭難の件数はグラフの通り。今年5月の13件は過去5年で最も多い。県警地域課の佐藤雅彦管理官は携帯電話や非常食、非常灯、防寒具などを持ち歩くよう勧め「装備を十分に調えて出掛けてほしい」と呼び掛ける。

    河北新報 2020年06月07日 日曜日
    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202006/20200607_13017.html

    (この記事の続きを読む)

    【北アルプス】爺ヶ岳で遭難した中国籍の男女をヘリで救助

    爺ヶ岳 (1)

    北アルプスで遭難 中国籍の男女をヘリで救助 滑落の女性は軽傷 別の一人も負傷 雪山の装備確認できず/長野 fnn.jp/articles/-/499…
    北アルプスの爺ヶ岳で中国籍の男女が遭難し、7日朝、ヘリ救助されました。救助されたのは都内に住む中国籍の男女2人です。

    警察によりますと、6日午後6時前、女性(45)が雪の上で足を滑らせて滑落したため、男性(56)から救助要請があったということです。

    2人は7日午前8時過ぎ、ヘリで救助され、女性は軽いけがをしていました。

    一行はきのう4人で入山していて、別の一人も手にけがをしており、隊員に付き添われて下山することにしています。


    警察によりますと、救助時、ピッケルなどは所持しておらず、雪山の装備をしていたかは確認できなかったということです。


    https://www.fnn.jp/articles/-/49963

    (この記事の続きを読む)

    北アで遭難の男性「コロナ影響で救助大変と知らず……」

    登山口

    「コロナ影響で救助大変と知らず」北アで遭難の男性反省/長野 chunichi.co.jp/article/67950
    大町市の北アルプス爺(じい)ケ岳で四日、登山中に道に迷った名古屋市千種区の七十代男性が大町署山岳遭難救助隊に救助された。

    男性は本紙の取材に応じ「引き返す判断が遅かった。新型コロナウイルスの影響で救助する側が大変だということを知らなかった」と反省した。(日下部弘太)

    男性は三日午前四時ごろ、同市の柏原新道登山口から登り始めた。北アを含め登山経験は豊富という。

    爺ケ岳(二、六七〇メートル)の先にある日本百名山の鹿島槍ケ岳(二、八八九メートル)まで日帰りで往復するつもりだった。

    十二〜十三時間かかるルートで「自分の体力の限界ぎりぎりかな」と考えていた。 事前に会員制交流サイト(SNS)で確認した「登山道は夏と変わらず、上の方も雪はない」との情報を基に、冬山装備のアイゼンは持たず、厚着もしなかった。

    https://www.chunichi.co.jp/article/67950

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top