登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 遭難・滑落・雪崩

    遭難・滑落・雪崩

    【朗報】タイ洞窟の少年達、ついに救出開始で助かる模様

    9

    【朗報】タイ洞窟のガキ君、ついに救出開始で助かる模様

    1: 名無しさん 2018/07/08(日) 13:13:09.58 ID:xprQI6+c0
    こういう感じで運び出すらしい

    no title


    2: 名無しさん 2018/07/08(日) 13:13:49.52 ID:M3vzfwGn0
    嫌な予感しかしない

    6: 名無しさん 2018/07/08(日) 13:14:14.31 ID:Nv668vLb0
    これ大丈夫なん

    13: 名無しさん 2018/07/08(日) 13:14:45.44 ID:xprQI6+c0
    >>6
    正直安全性は不透明や
    パニック起こしたら詰む

    20: 名無しさん 2018/07/08(日) 13:15:16.37 ID:Nv668vLb0
    >>13
    こえーなあ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【タイ洞窟】洞窟の少年を救出活動中のダイバーが死亡 ((((;゚Д゚))))

    1: 名無しさん 2018/07/06(金) 12:06:52.85 ID:CAP_USER9
    3

    タイ北部の洞窟で少年など13人の救出活動を指揮している責任者は救出活動中のダイバー1人が死亡したと発表しました。

    このダイバーは、洞窟の奥へ空気ボンベを運んだあと、洞窟の入り口からおよそ1.5キロの地点にある拠点に戻る途中、呼吸困難に陥ったということです。ダイバーは、洞窟内の拠点で救命措置を受けたあと病院に搬送されましたが、現地時間の6日午前2時ごろ、死亡が確認されました。ダイバーは以前、海軍に所属していて、今回はボランティアとして救出活動に参加していました。

    地元のサッカーチームに所属する少年12人とコーチの合わせて13人は、洞窟の入り口から5キロ奥で救出を待っています。救出方法については、少年1人につき2人のダイバーを補助につけ、水につかった場所は潜水して洞窟の外に出ることが検討されていますが、ダイバーの死亡は洞窟内の厳しい環境をうかがわせ、今後の救出活動にも影響するものとみられます。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180706/k10011514761000.html

    【タイ洞窟】洞窟の少年を救出活動中のダイバーが死亡

    (この記事の続きを読む)

    【タイ洞窟】少年ら潜水訓練開始「100%確信まで準備」救出方法は、浸水した洞窟を伝って外に連れ出すやり方に絞られつつある

    1: 名無しさん 2018/07/04(水) 21:01:07.00 ID:CAP_USER9
    no title

    タイ洞窟、少年ら潜水訓練開始「100%確信まで準備」
    2018年7月4日20時08分
    https://www.asahi.com/articles/ASL745KC3L74UHBI01H.html?iref=comtop_8_02

     タイ北部チェンライ郊外のタムルアン洞窟に大雨による増水で閉じ込められた少年たちが4日、タイ海軍の特殊部隊の指導で、脱出のための潜水訓練を始めた。潜水での脱出には技術や体力が求められる。海軍幹部は「百%無事に帰れると確信できるまで準備を続ける」として、救出時期の明言は避けている。

     タイ海軍によると、少年らはゼリー状の栄養剤を口にし、体力は徐々に回復している。3人が軽傷を負っているが、医師による手当てを受けた。暗い中での生活が続いていることから、心理的ケアが必要といい、臨床心理学の専門家を派遣する予定だ。

     4日、海軍特殊部隊が少年らに、潜水マスクの付け方や酸素ボンベを使った呼吸の仕方を指導した。少年らの救出方法は、浸水した洞窟を伝って外に連れ出すやり方に絞られつつある。外からドリルで岩盤に穴を開ける方法について、県幹部は「洞窟が崩落するなどの危険を避ける必要がある」と否定的だ。

     だが、少年らのいる場所から洞窟入り口までの約5キロの半分以上は浸水しており、ポンプでの水の排出作業でも水位が徐々にしか下がらない。大人でも足のつかない地点や、水流が強い場所もあり、一定の潜水技術が必要だという。

     3日に少年らを手当てした医師は特殊部隊に潜水訓練を受けていたが、洞窟入り口から約2キロの救助拠点から少年らのいる場所までの約3キロの移動に約6時間かかった。泳げない少年もいるといい、海軍幹部は取材に、「万が一の危険を考えれば、急いで脱出させる必要はない」と話した。

     6月末までは連日大雨が降った…

    残り:426文字/全文:1062文字

    【タイ洞窟】少年ら潜水訓練開始「100%確信まで準備」救出方法は、浸水した洞窟を伝って外に連れ出すやり方に絞られつつある[07/04]

    (この記事の続きを読む)

    【豪】有名な巨大一枚岩「ウルル」で3日、登山中の日本人観光客が死亡…

    4

    BBCニュース - 豪ウルルで日本人観光客が死亡 登山中に bbc.com/japanese/44707…
    オーストラリア中部の有名な巨大一枚岩「ウルル」で3日、登山中の日本人観光客が死亡した。 

    ノーザン・テリトリーの警察によると男性は76歳で、ウルルを登っている途中で倒れた。ヘリコプターによって近くの医療センターに運ばれたものの、そこで死亡が確認された。男性の死に事件性はないという。 

    1950年代以降、少なくとも37人がウルルの登山中に亡くなっている。最近では2010年に死亡事故が発生していた。 
    かつて英語名「エアーズロック」で呼ばれていたウルルには、毎年25万人以上が訪れるが、オーストラリアの先住民族アボリジニは長年、ウルルは自分たちにとって聖地なので、登らないよう観光客に呼びかけていた。 

    ウルル登山は2019年10月から禁止される予定。

    https://www.bbc.com/japanese/44707082


    (この記事の続きを読む)

    【タイ洞窟】知事「食料を4ヶ月分運び入れたい。すぐに救出できるとは思わない」救出には相当な時間がかかる見通し示す

    1: 名無しさん 2018/07/03(火) 12:16:51.58 ID:CAP_USER9
    7

    タイ北部の洞窟に入ったあと行方が分からなくなっていた少年ら13人は、10日目の2日夜、全員の生存が確認され、地元知事は命に別状はないという見方を示すとともに、軍のダイバーが食料をすでに送り届けたことを明らかにしました。

    タイ北部チェンライ県で先月23日から洞窟に入ったまま行方が分からなくなっていた
    地元サッカーチームの11歳から16歳までの少年12人と25歳のコーチについて、地元知事は2日夜、日本時間の3日未明、記者会見し、洞窟の入り口から5キロ余り入った所にある水を避けられる小高い場所で全員が生存していたことをイギリス人のダイバーらが確認したと発表しました。

    知事は3日午前、改めて記者会見し、このなかで少年らの体調について「われわれが考えていたより体力はあるとの報告を受けた」と述べ、命に別状はないという見方を示しました。そして、海軍のダイバーがすでに食料を13人のもとに届けたことを明らかにするとともに、4か月分の食料を13人がいる場所に運び入れたいという考えを示しました。

    また、今後の救出について、知事は「いま分析しているところだが、すぐに救出できるとは思わない」と述べて、相当な時間がかかるという見通しを示しました。


    そのうえで「少年たちの体力を見極め、判断したい」と述べて、医薬品を携行した医師を13人のもとに派遣して体調や体力を回復させたうえで、ダイバーが補助しながら洞窟の外へと連れ出す方法を検討していることを明らかにしました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180703/k10011506401000.html

    【タイ洞窟】知事「食料を4ヶ月分運び入れたい。すぐに救出できるとは思わない」救出には相当な時間がかかる見通し示す

    (この記事の続きを読む)

    【タイ】洞窟で行方不明の少年12人とコーチ、13人全員奇跡の生存確認!!9日間を耐える

    1: 名無しさん 2018/07/03(火) 01:34:26.88 ID:CAP_USER9
    http://www.news24.jp/sp/articles/2018/07/03/10397499.html

    タイ洞窟で不明の少年ら13人 生存確認
    2018年7月3日 01:04

    タイ北部の洞窟で先月23日から行方不明となっていた少年ら13人が発見された。全員の生存が確認されたという。

    タイ北部のチェンライで、地元のサッカーチームの少年ら13人が、洞窟内で先月23日から行方不明になっていたが、地元の知事によると、さきほど全員が洞窟内で発見されたという。

    全員が生存しているということだが、健康状態など詳しいことはまだ分かっていない。

    タイ北部・チェンライのサッカーチームに所属する11歳から16歳までの少年12人とコーチは、先月23日、サッカーの練習の後に洞窟に入り、行方が分からなくなっていた。

    降り続く雨の影響で、洞窟の中に大量の雨水が流れ込むなどして捜索が難航していたが、現地時間の2日夜、13人全員を洞窟内で発見したという。13人の健康状態など詳しいことは分かっていない。

    捜索は、タイ軍などを中心としたタイの救助チーム約1000人のほか、アメリカ軍や日本からの専門家も加わって行われてきた。


    BBCニュース
    https://www.bbc.com/news/world-asia-44688909

    8 minutes ago
    All 12 boys and their football coach have been found alive after nine days missing in caves in Thailand, the regional governor says.
    All of them are safe, Narongsak Osottanakorn confirmed, speaking after a mammoth search operation in the Tham Luang caves in Chiang Rai.
    They were discovered by naval special forces, he said.
    The challenge now will be to extract the party safely, with rising water and mud impeding access.
    Rescuers had hoped they would find safety on a mound in an underground chamber.
    The group's plight gripped the country and led to an outpouring of support.

    The boys aged 11 to 16 and their coach went to explore the caves on 23 June.

    The 12 boys are members of the Moo Pa - or Wild Boar - football team.
    Their 25-year-old assistant coach, Ekkapol Janthawong, is known to have occasionally taken them out on day trips - including a trip to the same cave two years ago.
    The youngest member, Chanin "Titan" Wibrunrungrueang, is 11 - he started playing football aged seven.
    Duangpet "Dom" Promtep, 13, is the team captain and said to be the motivator of the group.
    The club's head coach Nopparat Kantawong who did not join the group on their excursion, says he believes the boys, who dream of becoming professional football players in the future, will stick together.
    "I believe they won't abandon each other," he told media outlets. "They will take care of each other."
    "They are all safe but the mission is not completed," the Chiang Rai governor told a press conference at the command centre at the cave entrance.
    "Our mission is to search, rescue and return. So far we just found them. Next mission is to bring them out from the cave and send them home."
    The governor said they would continue to drain water out of the cave while sending doctors and nurses to dive into the cave to check the health of the boys and their coach.
    "If the doctors say their physical condition is strong enough to be moved, they will take them out from the cave," he said.
    "We will look after them until they can return to school."

    洞窟の全容

    1

    サッカークラブの少年たち

    2

    洞窟探索の様子
     
    3
    4

    ★1のたった時間
    2018/07/03(火) 00:51:07.52

    前スレ
    【タイ】洞窟で行方不明の少年12人とコーチ、奇跡の生存確認!!9日間を耐える
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530546667/

    【タイ】洞窟で行方不明の少年12人とコーチ、13人全員奇跡の生存確認!!9日間を耐える   ★2

    (この記事の続きを読む)

    【松阪の高滝近く】道幅が狭いところでは20㌢程の登山道から50㍍滑落…女性2人と登山していた男性心肺停止

    1: 名無しさん 2018/07/02(月) 00:13:05.63 ID:CAP_USER9
    buddika-eranda-554128-unsplash

    75歳男性が沢に滑落 心肺停止

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/3076504491.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    1日午前、三重県松阪市の登山道で75歳の男性が沢に滑落し、消防によりますと意識がなく心肺停止の状態だということです。

    1日午前11時半頃、松阪市飯高町蓮で登山をしていた男性が滑落したと消防に通報がありました。
    消防と警察が現場に向かったところ、京都府宇治市の野上素洋さん(75)が登山道下の沢で倒れているのが見つかりました。
    消防が野上さんを救助しましたが意識がなく、心肺停止の状態だということです。

    警察によりますと野上さんは、知り合いの女性2人と登山中、登山道を踏み外して少なくとも50メートルほど下の沢に転落したということです。
    現場の登山道は高滝という滝の近くで、道幅が狭いところでは20センチメートルほどしかないということです。


    警察は、一緒に登山していた2人に当時の事情を聞くなどして、事故の詳しい状況を調べています。

    07/01 18:59

    【山】道幅が狭いところでは20㌢程の登山道から50㍍滑落 女性2人と登山していた男性心肺停止・松阪の高滝近く

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】タイ洞窟遭難の少年13人、1週間で居場所すら掴めず

    ruslan-valeev-402159-unsplash

    【悲報】 タイ洞窟遭難の少年13人、1週間で居場所すら掴めず

    1: 名無しさん 2018/07/01(日) 07:06:01.69 ID:5qlTWdbt0
    悲報

    2: 名無しさん 2018/07/01(日) 07:06:18.47 ID:yQ2OqCoX0
    えぇ…

    3: 名無しさん 2018/07/01(日) 07:06:52.44 ID:+8HFE/dD0
    危険地帯にはうかつに捜索隊も入れないからな

    4: 名無しさん 2018/07/01(日) 07:07:16.23 ID:v0CBoS/e0
    こわ

    5: 名無しさん 2018/07/01(日) 07:07:23.91 ID:5qlTWdbt0
    どうしようもないから、繋がってると思われる(希望的観測)竪穴に
    支援物資を放り込みまくっている模様
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    地下洞窟で起きた事故の事例を貼っていく

    norbert-von-niman-372598-unsplash

    地下洞窟で起きた事故の事例を貼っていく

    1: 名無しさん 2018/06/29(金)19:12:08 ID:KIn
    コピペに加筆と参考を入れた程度のもんやけど暇つぶしに読んでや

    2: 名無しさん 2018/06/29(金)19:13:05 ID:KIn
    1.モスデール洞窟

     1967年、ジョン・オグデンと5人の仲間たちは、イギリスのモスデール洞窟の地図にもない地域の地下3.2キロを潜っていた。そのとき地上では、雨が降り始めていた。

     オグデンたちは何時間も暗闇の中、曲がりくねった洞窟のトンネルをはいまわり、誰も足を踏み入れたことのない場所を探索していた。だがこの岩の迷宮の奥深くにいては、これから起きることを知るよしもなかった。

     土砂降りの雨で、地上の川の水位が上がり氾濫した。洞窟の入り口にも水が押し寄せ、地下の迷路という迷路に一気に流れ込んできた。狭いトンネルを慎重に移動していたオグデンたちは、背後に押し寄せるものすごい水の音を聞いた。最初は足首までだった水位がたちまち首までいっぱいになった。

     唯一の望みは、頭上にある岩の小さな割れ目だった。オグデンはなんとか体を持ち上げて、岩の上の空気だまりに顔を出すことができたが、全員分のスペースはなかった。

     下にいたほかのメンバーは、トンネルが水でいっぱいになって、皆死んでしまった。オグデンだけが水の上に頭を出したまま、狭いクレバスにとらわれた状態になった。

     オグデンが発見されたのは、それから数日たってからだったが、狭い割れ目にはさまったまま彼は絶命していた。最後の空気を求めて必死にもがいたことだろう。

    参考

    1

    https://youtu.be/JPmXdgHJIi8


    3: 名無しさん 2018/06/29(金)19:14:03 ID:xKL
    >>2
    ヒエッ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【捜索打ち切りのお知らせ】一週間/五日経ちましたが手掛かり見つからず…鳥海山の登山者&葉山のたけのこ採り翁

    1: 名無しさん 2018/06/28(木) 00:52:27.59 ID:CAP_USER9
    1

    山で遭難の2人 捜索打ち切り

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20180627/6020000985.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    今月下旬以降、鳥海山などに登山や山菜採りに出かけたまま行方が分からなくなっていた
    60代と80代の男性は、その後の警察などの捜索でも見つからず、いずれも捜索は打ち切られました。

    このうち、東京・立川市の会社員、牧野裕さん(69)は、今月20日、山形県と秋田県にまたがる鳥海山に登山に出かけたまま帰宅せず、26日もおよそ20人態勢でヘリコプターを使って捜索が行われましたが、行方が分かっていません。

    また、今月22日には、寒河江市南町に住む佐藤晧さん(82)が寒河江市と村山市などにまたがる葉山にたけのこを採りに出かけたまま行方がわからなくなっています。


    警察によりますと、2人の所在を示す手がかりは見つかっておらず、27日までに捜索を打ち切ったということです。

    県警察本部によりますと、ことしに入ってから26日までに山で遭難した人は34人で、去年の同じ時期より10人増えているということです。
    警察は、「山に入る際は入念に準備をしたうえで、遭難に十分に注意して臨んでほしい」
    と呼びかけています。

    06/27 13:01

    【捜索打ち切りのお知らせ】一週間/五日経ちましたが手掛かり見つからず ヘリまで出した鳥海山の登山者&葉山のたけのこ採り翁・山形

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top