登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    遭難・滑落・雪崩

    【月山】75歳遭難か!?家族が「連絡が取れない」と通報…1時間後に本人が電話掛けてくるも家族は出られず、その後は繋がらない状態

    1: 名無しさん 2017/08/29(火) 16:13:57.11 ID:CAP_USER9
    2

    月山登山の男性 依然行方不明

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6023400561.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    27日、月山で山登り中に連絡が取れなくなった75歳の男性は、今も行方がわかっておらず、警察などは、29日も朝から捜索することにしています。

    行方がわからなくなっているのは新庄市の自営業、男性(75)です。
    警察などによりますと、男性は、27日、月山に1人で山登りに出かけましたが、28日朝7時すぎに、家族から「連絡が取れない」と通報がありました。

    男性は、27日夕方に、携帯電話で「山頂付近にいて山小屋に宿泊する」と家族に連絡してきましたが、午後5時ごろに、「まだ山小屋につかない」と知らせてきたのを最後に、連絡が途絶えたということです。

    8合目にある駐車場では、男性の車が見つかり、警察や地元の人でつくる山岳捜索隊などが、山頂までの登山道の周辺を捜索していますが、今も行方はわかっていません。

    警察によりますと、28日朝8時すぎに、家族の携帯電話に男性からの着信が残っていましたが、家族は出られず、その後は、つながらない状態が続いているということです。

    警察や消防は、28日は日没とともにいったん捜索を打ち切り、29日朝から捜索を再開することにしています。

    08/28 18:39

    (この記事の続きを読む)

    【今日の物議】「何様なの?」「酷い対応」山で遭難の30代女性、救助の警官にブチ切れ…ブログの投稿にネットで物議

    1: 名無しさん 2017/08/29(火) 15:16:46.42 ID:CAP_USER9
    no title

    遭難女性が救助の警官にブチ切れ ブログで「何様なの?」「酷い対応」

     三重県内の山で遭難し、警察に救助されたという30代の女性ブロガーが、自分を救助した警官の対応を批判するブログ記事を投稿したことが、インターネット上で物議を醸している。

     ブログによれば、女性は一人で標高約1200メートルの山に登った。
     地図は持ち歩いていなかったほか、登山届も「下山のルートを決めていなかったので書きませんでした」としている。

    ■「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」

     遭難の経緯と警官への不満をつづったブログは2017年8月28日に投稿された。
     記事での冒頭では、トラブルの詳細について「批判されるのを覚悟で書こうかと思います」と宣言している。

     女性が遭難したのは下山中のこと。初心者向けだというコースで下山していた際、誤ったルートを進んで道に迷ってしまったという。
     ブログでは「これはもうだめだな、これ以上進んだら死ぬ」と当時の心境を振り返っている。

     その後、女性は携帯電話で警察に救助を依頼。
     近くを通るロープウェイの職員の助けを受けて安全な場所に移動したうえで、救助のために駆け付けた警官と合流したという。

     ロープウェイ職員の対応については「なんて素晴らしい人なんでしょうか」「本当に、ありがとうございました」と感謝の言葉をブログに並べた女性。
     だが、警官の態度については、3000字以上の長文で不満を爆発させている。

     ブログによれば、女性は警官から「単独で登山するとこうゆうことになるんだ」(原文ママ)などと説教を受けた後、詳しい事情を聞くために近くの警察署に移動することを求められたという。

     こうした対応について、女性は「(警官が)なんだかすごく感じ悪かった」「何様なの?」との不満を漏らした上で、

     「登山で道に迷って遭難して救助を要請するなんて、本当に申し訳ないと思っているし、多大なご迷惑をおかけしたと思っているし、来ていただいて本当に感謝してます。でも、でも、それでもやっぱり物申したい気持ちになるような、酷い対応だった」

    と振り返っている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    J-CASTニュース 2017/8/29 15:07
    https://www.j-cast.com/2017/08/29307023.html?p=all

    (この記事の続きを読む)

    【八甲田雪中行軍遭難事件】<災を忘れず>死者199人…世界最大級の山岳遭難、遺品が語る冬山の惨劇

    1: 名無しさん 2017/08/23(水) 15:38:55.79 ID:CAP_USER9
    7

    2017年08月23日 水曜日

     地震や風水害などの天災、戦争や市街地の火事といった人災。生死を左右しかねない惨事の発生は人々に大きな衝撃を与えるが、その爪痕や傷痕が歳月の中で癒えるにつれ、風化は進む。「大切な記憶を継承する」。熱い願いが込められた東北各地の施設や地域を紹介する。

    ◎東北の施設・地域巡り(5)八甲田山雪中行軍遭難資料館(青森市)

     青森市の南に広がる八甲田山麓。1902年1月23日、旧日本陸軍青森歩兵第5連隊の雪中訓練中、惨劇は起きた。死者199人に上る世界最大級の山岳遭難の発生。「八甲田山雪中行軍遭難資料館」は、当時のルートだった県道沿いに立ち、教訓を語り継ぐ。

     展示室にはミニシアターがあり、77年公開の映画「八甲田山」の映像を交え、行軍の計画概要や気象状況、遭難の要因を解説する。遭難現場を模したジオラマは、行軍がたどった経路や、散り散りになった兵士の遺体発見場所を示す。

     奇跡的に助かった生存者の証言が展示パネルで紹介されている。「将校兵士は指が凍り、ズボンのボタンを外すことができず、そのまま便をなした」。倉石一太尉が語った言葉が過酷な状況をうかがわせる。

     当時、犠牲者や遺品を捜索するため、雪山に慣れているアイヌ民族の7人が北海道から派遣された。あまり知られていない史実を伝えるコーナーもある。

     展示室にある資料は犠牲者の軍服やかばん、日誌などの展示品を含め、1300点超。全てデータベース化され、公開されていない資料は専用の端末で見ることができる。

     年間約1万2000人が見学に訪れる。資料館の奥瀬俊文さん(59)は「県外から来る人が約8割。あまりの惨状に涙する人もいる」と話す。

     遭難から115年。当時は日本とロシアの関係が緊迫しており、ロシア軍の八戸上陸を想定した訓練だった。冬山を行軍するには、装備や食料が不十分だったと言われる。

     奥瀬さんは「これだけ大きな山岳遭難を忘れてはいけない。冬山の厳しさや自然の脅威を多くの人に理解してほしい」と訴える。

    [メモ]入館料は一般260円、高校生・大学生130円、中学生以下と70歳以上は無料。開館時間は4~10月が午前9時~午後6時、それ以外は午前9時~午後4時半。敷地内に第5連隊の210人が眠る幸畑陸軍墓地がある。多行松が周囲を囲み、市の史跡天然記念物に指定されている。

    http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201708/20170823_23002.html

    (この記事の続きを読む)

    【トムラウシ山遭難事故】登山は自己責任が原則なのに、ガイド登山だと主体性がなくなり頼りっきりになるのが問題なのでは?

    pawel-nolbert-343663


    90: 名無しさん 2017/04/26(水) 21:20:05.84 ID:WtJYeSow
    雨降ったら避難考えないとね。
    今の時期も大量に汗かくほどだけど、霧雨食らって休憩入れたら歯がガタガタ言うよ。
    多少寒くても、なんて考えてたらアッというまに体が動かなくなるからな。
    意識がハッキリしているだけに怖いよ。

    92: 名無しさん 2017/05/05(金) 08:16:35.34 ID:XkKfINRN
    ヒサゴ沼非難小屋って今でも雨漏りガンガンのボロ小屋なのか
    この小屋がちゃんとした雨漏りのしない小屋だったら結構生き残ってたかも
    もっと頑丈な小屋作っとけよ北海道はそんなのばっかりなのかよ

    93: 名無しさん 2017/05/05(金) 12:21:30.91 ID:18TJtxFT
    人が来すぎると環境が悪くなるから余り整備しすぎるのも考えもんだし
    大自然を味わえるのが魅力なんだからせめて登山する人が気を付けるしかないな

    94: 名無しさん 2017/05/29(月) 15:15:52.82 ID:TVnTRK8d
    整備された山小屋があるのが当然というのは、本州の人の典型的な考え方だね。
    俺は山の中に人工物があるというだけで萎えるわ。
    関連記事
    【閲覧注意】トムラウシ山遭難事故調査報告書を一緒に読まないか

    (この記事の続きを読む)

    【滋賀】ハイキングの母娘4人、山道から滑落し軽傷…高島市の比良山系岳山

    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 19:22:21.32 ID:CAP_USER9
    7

    20日午後1時45分ごろ、滋賀県高島市音羽の比良山系岳山の山中で女児3人とともに山道から滑落したと、同市安曇川町青柳、看護師の女性(37)が携帯電話で110番した。
    滋賀県警高島署員らが現場に向かい、県の防災ヘリコプターで救助した。
    4人はいずれも軽傷だった。

    同署によると、女性は三女(1)をおんぶして長女(8)と次女(5)を連れてハイキングをしていた。
    次女が山道で足を滑らし、約10メートル下に落ちたため、女性と長女が助けようとしたが、2人とも滑落してしまったという。

    以下ソース:産経west 2017.8.20 19:02
    http://www.sankei.com/west/news/170820/wst1708200048-n1.html

    (この記事の続きを読む)

    【富山】北アルプスで1週間前に滑落の男性救助…命に別条なし!沢の水やチョコでしのぐ

    1: 名無しさん 2017/08/20(日) 15:32:37.96 ID:CAP_USER9
    mj-tangonan-344073

    富山県警は20日、富山・長野県境の北アルプスで1週間前に滑落し連絡が取れなくなっていた広島市の男性(74)を発見、救助した。

    衰弱しているが命に別条はない。

    県警によると、男性は13日午後4時ごろ、富山県黒部市の標高約千メートルの登山道で足を滑らせ、約10メートル下の沢に滑落。急斜面を上れなかったため、雨がっぱで寒さをしのぎ、沢の水を飲み、持っていたチョコレートを小分けにして食べ、救助を待っていたという。


     男性は10日に1人で新潟県から白馬岳に入山。長野、富山県にまたがる唐松岳を通り、黒部市へ向かった。


    以下ソース:共同通信 2017/8/20 14:45
    https://this.kiji.is/271877981286973447

    (この記事の続きを読む)

    【福井市・標高260mの山】行方不明の男性、一夜明け発見…捜索は60人態勢、ヘリも出動

    1: 名無しさん 2017/08/13(日) 22:59:44.22 ID:CAP_USER9
    oliver-hihn-337833

    260mの山で不明、一夜明け発見
    油断禁物「電話や食料携行して」
    2017年8月13日 午前7時10分
    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/226471

     11日午後に福井市下市町の下市山(標高260メートル)の山頂に向かい、行方不明になっていた同市内の60代男性が、12日午前9時40分ごろ、入山地点から北方に数キロ離れた同市高屋町の道路で見つかった。男性は自力で下山したとみられる。

     男性の家族によると、男性は「道に迷い、歩き回っていた」と話しており、軽い脱水症状のほかは、けがはないという。

     男性は11日午前中に家族と登山。いったん下山したが、同日午後3時15分ごろ、忘れ物を取りに再び1人で登山道に入り行方が分からなくなっていた。
    携帯電話や水、食料などは持たなかった。

     捜索は11日に引き続き12日も行われた。午前6時ごろから福井市中消防署や県警福井署、県警山岳救助隊などの約60人態勢で始め、県防災ヘリ、県警ヘリも出動した。

     同消防署の加藤正一警備第2課長は「低い山でも油断は禁物。携帯電話や食料、飲料などは万一に備えて携行し、遅い時間に入山しないなど十分に注意してほしい」と話している。

    (この記事の続きを読む)

    【山の事故】北アルプス七倉岳…76歳男性が下山中に滑落し死亡

    1: 名無しさん 2017/08/06(日) 02:08:33.11 ID:CAP_USER9
    17

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170806/k10011089281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    5日午後、北アルプスの七倉岳で、下山途中だった兵庫県の76歳の男性が尾根から滑落して死亡しました。

    5日午後2時20分ごろ、北アルプス七倉岳の七倉尾根の標高およそ1200メートルの地点で、兵庫県西宮市のパート従業員男性(76)が滑落した、と一緒にいた男性が近くの山小屋に助けを求めました。

    山小屋に常駐していたパトロール隊員からの通報で警察が捜索したところ、尾根から100メートルほど下の沢沿いで男性を見つけ、午後4時すぎに救助しましたが、男性は全身を強く打っていてその後、死亡が確認されました。

    警察によりますと、男性は友人の男性と2人で今月3日から4泊5日の日程で扇沢登山口から北アルプスを縦走する計画でしたが、七倉岳に登頂したあと計画を変更し、七倉登山口に向けて下山する途中だったということです。

    警察は一緒に登山をしていた男性から話を聞くなどして当時の状況を詳しく調べています。

    8月6日 1時48分

    (この記事の続きを読む)

    【群馬】妙義山(標高1103メートル)登山の男性…鎖場で滑落し死亡

    1: 名無しさん 2017/08/05(土) 22:31:30.04 ID:CAP_USER9
    1

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170805/k10011089051000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014

    5日、群馬県富岡市の妙義山で、東京の55歳の男性が登山用の鎖が張られた急な斜面の下で倒れているのが見つかり死亡しました。警察は登山中に滑落したと見て詳しい状況を調べています。

    5日午前9時半ごろ、富岡市の妙義山(標高1103メートル)で、登山者から「人が転落した」と消防に通報がありました。

    警察と消防で捜索したところ、5日昼前に妙義神社の近くの登山道の入り口から600メートルほど登った場所で東京・世田谷区の会社役員男性(55)が倒れているのを見つけ、ヘリコプターで病院に搬送しましたが、全身を強く打っていて死亡が確認されました。

    現場は上級者向けコースの登山用の鎖が張られている急な斜面の下で、警察は斜面を登っている途中に誤って滑落したと見て当時の詳しい状況を調べています。

    男性は10年ほど前から登山を始め5日朝は家族に登山に行くといって1人で家を出たということです。

    8月5日 20時30分

    (この記事の続きを読む)

    【京都】小倉山(標高296M) 遭難の可能性がある不明者捜索中に白骨遺体発見

    1: 名無しさん 2017/08/03(木) 12:03:28.36 ID:CAP_USER9
    spencer-watson-327587

    京都府警右京署は2日、京都市右京区の小倉山で、白骨化した遺体が見つかった、と発表した。同署が身元を調べている。

    同署によると、遺体は山の斜面に建てられた小屋の中で、布団に横たわった状態で見つかった。骨に目立った損傷はなく、男性とみられる。

    別の行方不明者を捜索していた右京署員が同日朝、発見した。

    配信 2017年08月03日 09時59分
    京都新聞
    http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170803000036

    関連記事
    【京都】小倉山で男性遭難か 連絡取れず捜索 (標高296メートル)
    http://tozanchannel.blog.jp/archives/1067165192.html

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ 最新コメント (*゚∀゚)
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top