登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    遭難・滑落・雪崩

    【悲報】米の公園で遭難したカップル、にっちもさっちもどうにもいかなくなり抱き合ったまま自らを銃で撃ち死ぬ…

    1: 名無しさん 2017/10/23(月) 22:49:44.54 ID:Q1nyy8GO0● BE:372989558-2BP(2000)
    2

    行方不明のカップルを遺体で発見、状況に悲観して自殺か 米

    (CNN) 米カリフォルニア州当局は23日までに、3カ月前に行方不明になったカップルが同州内にあるジョシュア・ツリー国立公園で、遺体で見つかったと明らかにした。2人とも銃で撃たれて死亡しており、抱き合った状態だったという。当局は、状況に悲観して自殺した可能性があるとみている。

    見つかったのは、レイチェル・グエンさん(20)とジョセフ・オルベソさん(22)。サンバーナーディーノ郡の保安官事務所の声明によれば、警察は現場で発見された証拠から、オルベソさんがグエンさんを撃ち、その後、自分を撃ったとみているという。

    遺体のそばで見つかった銃の登録者はオルベソさんだった。公園近くにある宿泊施設のオーナーが7月28日、2人がチェックアウトしなかったため、行方不明になったと通報した。オーナーは当局に、カップルがジョシュア・ツリー国立公園に向かった可能性があると伝えていた。

    2人の遺体は先週、公園の人里離れた渓谷で発見された。CNNの系列局KABCによれば、水のボトルや食べ物の包みが遺体の発見につながった。

    保安官事務所の広報担当がKABCに語ったところによると、警察はカップルが、にっちもさっちもいかない状況に陥ったと考えた可能性があるとみている。

    広報担当は「オルベソさんがグエンさんに対して危害を加える意図があったことを示すものはなにもない。ただ、自分たちがとても悲惨な状況にあると認識したのではないか」と述べた。2人は衣服で体の一部を隠して太陽を避けようとしていた。食べ物の食べる量を一定に制限していたようだが、水はなかったという。

    https://www.cnn.co.jp/usa/35109201-2.html

    (この記事の続きを読む)

    【朗報】旭岳で不明の4人発見!命に別状なしキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    1: 名無しさん 2017/10/18(水) 18:32:34.23 ID:CAP_USER9
    3

    警察に入った連絡によりますと、北海道の大雪山系旭岳で17日夜に道に迷い、下山できなくなっていた横浜市の夫婦など男女4人が、捜索の結果、18日午後5時45分ごろ、山の中で見つかったということです。警察によりますと、4人はいずれも意識があり、命に別状はないということで、この後、救助することにしています。

    10月18日 18時24分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181891000.html

    関連スレ
    【北海道】大雪山系旭岳…下山中の4人が救助求める

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】大雪山系旭岳…下山中の4人が救助求める

    1: 名無しさん 2017/10/18(水) 00:29:50.98 ID:CAP_USER9
    6

    17日午後7時35分ごろ、北海道最高峰の大雪山系旭岳(2291メートル)を登山で訪れていた70代男性から「旭岳を下山中にルートから外れた」と110番があった。
    現場に男女4人がおり、道警の山岳遭難救助隊が現地に向かっている。

    道警旭川東署によると、4人は連絡した男性と60代の妻、途中で合流した外国籍とみられる男女。
    夫婦は8合目付近で天候が悪化し、下山しようとしたが7合目付近でルートを外れたという。
    現在は7合目近くの沢にいるとみられるが、その後、連絡が取れなくなった。
    夫婦は雨具は持っているが軽装とみられる。

    札幌管区気象台によると北海道はこの日午後、気圧の谷が通過して上空に寒気が流れ込み、大気の状態が不安定になっていた。

    大雪山旭岳ロープウェイのホームページによると、標高約1600メートルの姿見駅は午後5時現在の気温が氷点下3度だった。

    以下ソース:毎日新聞 2017年10月18日 00時04分(最終更新 10月18日 00時04分)
    http://mainichi.jp/articles/20171018/k00/00m/040/149000c

    (この記事の続きを読む)

    【埼玉:秩父】1週間も山で遭難、動けぬ男性を釣り人2人が救助!釣った魚で食事、コーヒー飲ませ一緒に野宿。

    1: 名無しさん 2017/10/14(土) 20:40:02.25 ID:CAP_USER9
    3

    埼玉県秩父市大滝で約1週間にわたって山岳遭難していた東京都練馬区の無職男性(77)を救助したとして、秩父署は13日、いずれも同市在住の会社員新井一彦さん(48)と織物業新井教央さん(49)に感謝状を贈呈した。
    愛敬進署長から感謝状を受け取った2人は「当然のことをしただけ」と口をそろえた。

    同署によると、9月29日正午ごろ、2人は滝川へ渓流釣りで訪れた際、笛の音を聞いた後、河原で動けなくなっていた男性を発見。あめと水しか持っていなかった男性に食事を与え、一緒に野宿した。翌日に携帯電話がつながる出会いの丘まで下山し、同署へ救助要請を行い、県の防災ヘリで男性は無事救助された。

    男性は9月20日に山梨県側の西沢渓谷から入山し、日本百名山の甲武信ケ岳から雲取山までを3泊4日で縦走する計画だった。22日に唐松尾山付近で道に迷ったとみられ、帰宅予定の23日に戻らなかったため、男性の妻が同署に連絡。山岳救助隊が捜索していたが、発見できていなかった。

    2人は中学校と高校の同級生。寒がっていた男性にコーヒーを飲ませ、釣ったイワナの塩焼きも与えた。「動かないで」と言ってから下山し、食料も残していったという。
    男性の登山歴は約50年だが、軽装で宿泊予定の山小屋が営業していないことも知らなかった。

    同署地域課の坂田浩課長は「登山届が提出されていなかったが、場所を的確に教えてくれたおかげですぐに救助できた」と語った。新井一彦さんは「誰でも助けると思うし、普通のこと」、新井教央さんも「助けない人はいない」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00010003-saitama-l11

    (この記事の続きを読む)

    富士山で救助ヘリコプターに収容中に落下し死亡。遺族が約1億円の損害賠償

    1: 名無しさん 2017/10/08(日) 10:24:11.09 ID:V2lOF1kR0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    no title

    静岡市消防航空隊の救助活動を巡る訴訟が、大詰めを迎えている。

     救助ヘリコプターから落下して死亡した男性の遺族が、静岡市を相手取り約9170万円の損害賠償を求めたが、同市は真っ向から反論。
    双方の主張はほぼ出そろい、12日の次回口頭弁論で結審する見通しだ。

     事故は、2013年12月に発生。京都市の男性(当時55歳)は、計4人のグループで富士山御殿場口登山道を下山中、標高約3500メートル付近で滑落した。
    男性は静岡市消防航空隊のヘリの機内に収容される際、救助器具が外れて落下し、翌日に死亡が確認された。

     同市は事故調査委員会を設置。ヘリをホバリング(空中停止)させて再現実験を行ったうえで、「ミスは認められない」と結論付けたが、男性の遺族は納得できないとして、15年12月に京都地裁に提訴した。

     原告側は、訴状や口頭弁論で、〈1〉男性が滑り落ちる可能性がありながら、消防航空隊は縦につり上げて救助するDSV(デラックスサバイバースリング)と呼ばれる器具を使った、と指摘した。

     また、〈2〉落下防止のために下半身に「股下シート」を着けるべきだったが、着けていなかった
    〈3〉県警の山岳警備隊が地上から救助に向かえるよう、消防航空隊が男性の正確な位置を伝えなかった――などと主張してきた。

     一方、静岡市側は、〈1〉取り付けにかかる時間などを考慮し、DSV以外の器具は選択できなかった〈2〉股下シートの使用は必要不可欠なものではなく、現場の気流も不安定で装着は困難だった
    〈3〉県警側には男性の位置情報を伝えていた――などと反論していた。

     男性が落下した高さについても、原告側が地表約5メートル、市側は約2メートルなどと主張が分かれている。

    ヘリ救助中に落下し死亡、損害賠償訴訟が結審へ
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171007-OYT1T50055.html

    (この記事の続きを読む)

    【宝満山】夫婦が40分間遭難…「下山中に迷い、一緒にいた15歳の息子ともはぐれた」と消防に通報 息子は先に下山していました

    1: 名無しさん 2017/10/05(木) 22:36:14.36 ID:CAP_USER9
    chris-barbalis-402772

    宝満山で夫婦が一時道に迷う

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukuoka/5014561711.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    5日、太宰府市と筑紫野市にまたがる宝満山で、登山をしていた夫婦が下山中一時、道に迷い、警察などが捜索した結果、まもなく見つかり無事下山しました。
    秋の登山シーズンを迎え、警察などは登山者にあらためて注意を呼びかけています。

    警察や消防によりますと5日午後3時すぎ、太宰府市と筑紫野市にまたがる標高829メートルの「宝満山」で、登山していた40代の夫婦から「下山中に道に迷い、一緒にいた15歳の息子ともはぐれた」と消防に通報がありました。

    警察と消防がヘリコプターを出すなどして捜索した結果、約40分後の午後4時前に、夫婦は登山道から100メートルほど離れた場所で見つかり、無事下山しました。
    また、15歳の息子は先に下山していたことがわかり、午後4時半前に見つかりました。
    3人にけがはないということです。

    秋の登山シーズンを迎え、警察などは、登山者にあらためて注意を呼びかけています。

    10/05 18:51

    (この記事の続きを読む)

    中高年に人気の登山…「山岳保険」に注目!救助や捜索の高額費用に対応

    1: 名無しさん 2017/10/02(月) 14:06:28.68 ID:CAP_USER9
    5

    秋のさわやかな登山シーズンを迎え、万一の事故に備えた「山登り保険」が注目されている。ヘリコプターやボランティアによる救助、捜索で多額の費用が掛かった場合に補償対応しているのが特徴だ。中高年層を中心に登山者の裾野が広がる中で関係者は保険への加入を呼び掛けている。

    日山協山岳共済会が契約者の「山岳遭難・捜索保険」は、登山など野外活動中に事故に遭った場合、遭難や救助にかかった費用が支払われる。引受保険会社は三井住友海上火災保険だ。

     団体契約で、利用者は共済会に入り、年会費千円(19歳未満は500円)を払う必要があるが、保険料は個人契約に比べて半分程度に抑えられている。

     登山用具を使う本格タイプの基本契約の保険料は、年間6900円のコースで、遭難者の捜索などの実費が100万円、個人の賠償責任は1億円まで補償する内容だ。

     アウトドア用品大手のモンベル(大阪市)は、グループ会社が代理店となって「モンベル山岳保険」を販売している。インターネットのサイトで複数のプランから選んで加入でき、申し込みの翌日午後から補償を受けられる。富士火災海上保険が引受保険会社となっている。

     遭難者の捜索などの実費を最大500万円まで補償、個人の賠償責任は1億円まで対応する。基本的なプランだと保険期間1年で8450円だ。

     保険ではないが、日本山岳救助機構合同会社(東京)が運営する「日本山岳救助機構会員制度」もある。会員の誰かが遭難した場合、その費用を会員全員で負担するというシステムだ。

     捜索や救助の実費を330万円まで補填(ほてん)する。入会金(2160円)や年会費(2160円)のほか、事後分担金がかかる。

     山岳遭難で、警察などの公的機関による捜索は税金で賄われるが、民間ヘリコプターに出動を要請したり、地元の山岳会に依頼したりすると、個人に費用負担が発生する。関係者は「ヘリコプターは1分当たり1万円、山岳会などのボランティアは1人1日数万円の実費になる」と指摘する。

     日本山岳・スポーツクライミング協会の幹部は「知識や技術を取得して計画書を周到に準備するとともに、万が一のため、保険への加入を勧めていきたい」と語っている。

    警察庁によると、平成28年の山岳遭難事故は2495件、遭難者は2929人で、統計が残る昭和36年以降では、平成27年に次ぎ2番目の高水準。死者・行方不明者は300人を上回り、負傷者も1100人を超えた。

     目的別にみると、ハイキング、スキー登山、沢登り、岩登りを含む「登山」が72%と最も多く、次いで山菜・キノコ採りが13%だった。遭難の理由は、道迷いが38%と最多で、次いで滑落17%、転倒16%だった。

     年齢別では、遭難者のうち40歳以上が2269人と78%、60歳以上が1482人と全体の51%を占める。死者・行方不明者は、40歳以上が289人と91%、60歳以上が215人と67%に上り、中高年の登山ブームが遭難者数にも反映されている。

     遭難者救助の費用負担をめぐっては、埼玉県が全国に先駆けて県防災ヘリコプターによる山岳遭難救助を有料化する改正条例を来年1月から施行。山梨県富士吉田市が県へ遭難者救助の防災ヘリ有料化を強く求めるなど議論が広がっている。

    6

    http://www.sankei.com/smp/life/news/171002/lif1710020012-s1.html

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】剱岳、早月尾根を下山中に70歳女性が滑落し死亡…

    1: 名無しさん 2017/09/30(土) 12:53:23.48 ID:CAP_USER9
    no title

    剱岳で70歳女性が滑落し死亡
    09月30日 12時26分
    http://www3.nhk.or.jp/lnews/toyama/3064410241.html

    29日午後、北アルプスの剱岳で、登山していた70歳の女性が滑落し、ヘリコプターで救助されましたが30日朝、死亡が確認されました。
    29日午後3時ごろ、北アルプス剱岳の標高2600メートル付近の早月尾根の登山道で、「女性が滑落した」と一緒に登山していた人から警察に通報がありました。

    天候が悪かったため、警察の山岳警備隊員が徒歩で現場周辺に向かい、29日夜11時ごろ、登山道から80メートルほど下の斜面で倒れている女性を見つけました。
    警察によりますと、女性は埼玉県皆野町の無職、女性(70)で、30日午前7時すぎ、県の消防防災ヘリコプターで救助されましたが、全身を強く打っていてまもなく死亡が確認されました。

    女性は29日、友人3人とともに山に入り、下山する途中で滑落したということで、当時、現場はガスがかかって視界が悪かったということです。
    警察は、女性が誤って滑落したとみて当時の詳しい状況を調べています。

    (この記事の続きを読む)

    【北アルプス】山岳遭難相次ぐ…前穂高岳、五竜岳で男女2人が心肺停止

    1: 名無しさん 2017/09/29(金) 20:33:01.38 ID:CAP_USER9
    2

    北アルプスで山岳遭難が相次ぎ、男女2人が心肺停止となっています。

    このうち、前穂高岳では午後1時ごろ、標高2400メートルの登山道から50代の女性が滑落したと一緒にいた仲間から警察に通報がありました。

    女性は、およそ1時間後に県警のヘリで松本市内の病院に運ばれましたが、心肺停止の状態だということです。

    女性は仲間3人と前穂高岳から上高地方面へ、下山中だったということです。

    また、けさ9時ごろには五竜岳で登山道に倒れている男性が見つかりました。

    午後2時ごろ、富山県の防災ヘリで救助されましたが、心肺停止の状態です。

    警察が男性の身元などを調べています。

    配信29日19時33分
    SBC
    http://sbc21.co.jp/news/index.cgi?page=seventop&date=20170929&id=0314152&action=details

    (この記事の続きを読む)

    【北アルプス:剱岳】愛知県の69歳男性が転落死亡…前剱から一服剱方面に下山中、50メートル下の岩場に転落

    1: 名無しさん 2017/09/26(火) 18:40:16.75 ID:CAP_USER9
    1

     26日午前、北アルプス剱岳を登山していた愛知県の69歳の男性が登山道から転落し、頭を強く打って死亡しました。

    上市警察署によりますと26日午前9時25分ごろ、剱岳の標高およそ2700メートル前剱大岩付近の登山道で愛知県刈谷市の無職男性69歳がおよそ50メートル下の岩場に転落しました。

    男性は、事故を目撃した別の男性登山者が現場近くで活動中だった県警山岳警備隊員に届け出、その後、県の消防防災ヘリで救助されましたが頭を強く打っていて搬送先の病院で死亡が確認されました。

    男性は1人で剱岳の前剱から一服剱方面に下山する途中だったということです。

    配信2017/09/26 15:43
    KNBニュース
    http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=16178

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ 最新コメント (*゚∀゚)
    ■ tozanchannelに関するツイート
    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top