登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

 2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

遭難・滑落・雪崩

【那須雪崩事故】2班を引率していた教諭…「嫌な風感じ」訓練中止の判断 直後に雪崩

1: 名無しさん 2017/04/29(土) 14:27:33.40 ID:CAP_USER9
9

栃木県那須町の雪崩事故で、雪をかき分けて進むラッセルの訓練中、県立真岡高校の生徒らの2班の引率教諭が風の異変に気づき、訓練を中止して戻る判断をしたと、県教育委員会に話したことが学校関係者への取材で分かった。

訓練は県高校体育連盟登山部が主催する「春山安全登山講習会」の一環として、7校の生徒と教諭が5班に分かれて参加していた。各班がどのコースを進むかは、それぞれの引率教諭が決めていた。
2班は1年生5人、2年生3人、引率教諭1人の計9人。県立大田原高校の1班よりやや北側の斜面で訓練を行っていた。

複数の関係者によると、2班を引率していた教諭は、県教委の聞き取り調査に対し、「風が嫌な感じになっているから訓練を打ち切り、引き返すことを決めた。戻り始めたとき、雪崩に巻き込まれた」と話したという。
もっとも、聞き取り調査に対し、「風はそれほど強くなかった」などと話す参加者もいるため、県教委は引き続き、当時の状況把握に努めている。

配信 2017年04月29日 14時07分

YOMIURI ONLINE ニュースサイトで読む
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170428-OYT1T50054.html

(この記事の続きを読む)

【北アルプス白馬岳】白馬大雪渓で雪崩に1人巻き込まれたと通報…

1: 名無しさん 2017/04/28(金) 14:18:19.37 ID:CAP_USER9
30

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170428/k10010964911000.html
 
雪崩に1人巻き込まれたと通報 北アルプス白馬岳

28日午後、長野県の北アルプスの白馬岳で雪崩が起きて、登山中の男性2人が巻き込まれ、このうち1人は自力で脱出しましたが、1人の行方が分からなくなっています。警察はヘリコプターを出して救助活動にあたるとともに、雪崩が起きた詳しい状況を調べています。


28日午後0時半すぎ、長野県の北アルプスの白馬岳で、「雪崩が起きて1人が巻き込まれた」と近くにいた登山者から警察に通報がありました。警察によりますと、雪崩が起きたのは標高2932メートルある白馬岳の「白馬大雪渓」の上部付近で、登山をしていた男性2人が下山途中に雪崩に巻き込まれました。

このうち、20代の男性は自力で脱出しましたが、30代の男性の行方が分からなくなっているということです。

2人が提出した登山届では、日帰りの予定だったということです。「白馬大雪渓」は、夏でも雪の上を歩いて登山ができるコースとして人気があり、付近の山小屋を利用して年間4万人以上が訪れるということです。


(この記事の続きを読む)

【立山】雷鳥荘に宿泊予定の香港人2人「雪で宿泊先の場所がわからない」というメールのあと連絡取れなくなる → 金沢の宿にいました

1: 名無しさん 2017/04/28(金) 11:19:05.66 ID:CAP_USER9
no title

香港からの観光客 無事を確認

http://www3.nhk.or.jp/lnews/toyama/3065996391.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

立山・室堂の山小屋に宿泊予定だった香港からの観光客2人から、「雪で宿泊先の場所がわからない」というメールが届いたあと連絡が取れなくなり、警察が捜索していましたが、27日の夜、金沢市で無事が確認されました。

無事が確認されたのは、観光のため香港から日本を訪れている34歳と31歳の女性2人です。

警察によりますと、2人は26日の夜、立山連峰の室堂にある山小屋「雷鳥荘」に宿泊する予定でしたが、日本の旅行会社に「雪で宿泊先の場所がわからない」というメールが届いたあと、連絡が取れなくなりました。

このため警察が27日、室堂周辺や立山駅などを捜索したものの見つかりませんでしたが、27日の夜になって2人から雷鳥荘に連絡が入り、居場所が分かったということで、金沢市内の宿泊施設で2人の無事が確認されました。
2人にけがはなく、「室堂の積雪が多かったので引き返した。報道で自分たちが捜索されていることを知った」などと話しているということです。

04/28 02:09

(この記事の続きを読む)

【ネパール】ヒマラヤ山脈でトレッキング中に遭難し行方不明…47日後に救出

1: 名無しさん 2017/04/28(金) 00:01:41.12 ID:CAP_USER9
19

http://www.bbc.com/japanese/39728700

ネパールのヒマラヤ山脈でトレッキング中に遭難し行方不明になった台湾出身の21歳男性が26日、47日後に救出された。同行していた恋人の19歳女性は、遺体で発見された。

遭難した2人を最初に発見したのは地元住民で、午前11時に通報を受けてヘリコプターが現場に急行した。捜索隊は、ネパール・ダディン郡ティプリン村近くにある標高約2000メートルの渓谷で、梁聖岳さんを発見。恋人の劉宸君さんは近くですでに死亡していた。

梁さんはカトマンズのグランデ国際病院で治療中で、危険な状態は脱出したという。

病院のサンジャヤ・カーキ医師はBBCネパールに対して、「ゆっくりなら会話ができるようになった。恋人は3日前に亡くなったと話している。重傷は負っていないが、ミミズに食われた傷がある」と話した。

梁さんは出発前に比べて体重を30キロ失った。医師たちは、もっぱら水と塩だけで生き延びたようだとみている。救出時、頭髪はシラミだらけで、片足にはウジが湧いていたという。

梁さんと劉さんは台湾の国立東華大学の1年生。2月にインド経由でネパールに到着した。先月9日にダディン郡で、豪雪にも関わらずトレッキングに出かけたのを最後に、消息を絶っていた。

トレッキングの行方不明者情報を扱うサイトMissingtrekker.comによると、2人はトレッキングに出かける前に荷物をなくしたり、「ささいなこと」で口論したりしていたという。

劉さんはフェイスブックに、「こんなとこ来なければ良かった」と書いていたという。
2人はランタン村にいる台湾人の友人を訪ねに行ったとみられている。

2人が打ち合わせ通り先月10日に家族に連絡しなかったことから、2人の安否を心配した家族が、5日後に捜索願を出した。

現地警察はガイド3人とヘリコプターを使って捜索。台北タイムズによると、ヒマラヤのガイドや地元メディアも2人が行方不明だと知らされていたが、降雪と断続的な雪崩のため大がかりな捜索は困難だった。

捜索に協力していたマドハフ・バスネト氏はBBCに対して、2人は「ダディンからガトラン村へ下っている途中、滑りやすい山道から滑落したようだ」と話した。

「滑り落ちて、洞窟のような形状の岩の中に閉じ込められ、自力で上って戻ることができなかったみたいだ」

(英語記事 Missing Taiwanese trekker found in Himalayas after 47 days)

2017/04/27

カトマンズのグランデ国際病院で治療を受ける梁聖岳さん(26日)Image copyrightEPA

15


(この記事の続きを読む)

【立山連峰室堂】外国人女性2人遭難か…

1: 名無しさん 2017/04/27(木) 13:38:39.01 ID:CAP_USER9
1

外国人女性2人遭難か 富山・立山連峰室堂

 26日午後9時45分ごろ、富山県の北アルプス・立山連峰の室堂(2450メートル)近くにある山荘から、宿泊予定の外国人女性2人が現れないと、富山県警に連絡があった。
 県警によると、女性が利用していた旅行会社に同日、「雪で宿泊施設にたどり着けない」とのメールが届いており、遭難した可能性もあるとみて27日朝から捜索している。

 女性2人はラン・ソ・ムイさん(34)と、ラン・ソ・リングさん。
 いずれも香港から来たとみられ、26日に山荘に宿泊予定だったが、午後9時半をすぎても現れないことから男性従業員が届け出た。

 山荘は室堂ターミナルから歩いて30~40分の距離にある。従業員によると当時は雪が降っており、視界は良くなかったという。

産経ニュース 2017.4.27 13:29
http://www.sankei.com/affairs/news/170427/afr1704270015-n1.html

(この記事の続きを読む)

【栃木雪崩事故】亡くなった高校生の母親が手記が…(´;ω;`)

1: 名無しさん 2017/04/27(木) 09:35:21.95 ID:CAP_USER9
snow mountain

雪崩事故で亡くなった大田原高校の生徒、鏑木悠輔さん(17)の母親の恵理さんがNHKに息子への思いをつづった手記を寄せました。

手記は悠輔さんに宛てた形で記され、「今でも朝起きると悠輔の部屋に行き、『おはよう!!悠輔!!』と声をかけます。
日中1人の時も『悠輔!!』『悠輔!』と1日500回位は言ってるの。聞こえてるかな?」という息子への問いかけから始められています。

そして生前の会話を振り返り、「『お母さん!また、甘い物こんなに買ってきて!!一生痩せないよ!』とたしなめてくれた」と記したうえで、「そんな風に注意してくれる悠輔が大好きだった。
天真爛漫、頼もしくて、どんな大人になるのかとても楽しみだった」と、愛する息子への思いをつづっています。

さらに「もっともっとお母さんの側にいてくれると信じていた。突然、悠輔の未来がなくなるなんて予想だにしていなかったよ」、「お母さんの中では3月27日月曜日のまま時は止まっています」と、深い喪失感を書き記しています。

一方、当日の訓練については、悪天候の場合は中止するべきだったのではないかとし、「自然災害?でもなんか違うよね?防げたはずだよね?」、「真相解明しないとね。
8人の思いがうかばれないよね」と、事故の真相解明を求めています。

そして「私達夫婦のもとに生まれてきてくれて本当に本当にありがとう」、「大好きな悠輔へ」と結んでいます。

<愛用のリュックや靴>

雪崩事故で亡くなった鏑木悠輔さん(17)の自宅では、遺骨や遺影とともに、愛用していた登山用のリュックサックや、雪崩に巻き込まれた際に履いていた靴、それにスマートフォンなどが供えられています。

さらにその周りには、悠輔さんが好きだった漫画の本やお菓子、それに友人からの寄せ書きや写真が、数え切れないほど並べられていて、悠輔さんが多くの友人に囲まれて楽しく過ごしていた日々をうかがい知ることができます。

配信 4月27日 5時21分

NHK NEWS WEB ニュースサイトを読む
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170427/k10010962501000.html

(この記事の続きを読む)

【!?】栃木県代表、雪崩事故を踏まえインターハイ登山に出場しないことを決めた

1: 名無しさん 2017/04/27(木) 07:07:49.62 ID:CAP_USER9
25

栃木県高等学校体育連盟は25日までに、同県那須町の雪崩事故を踏まえ、県代表が今年の全国高校総合体育大会(インターハイ)の登山競技に出場しないことを決めた。5月に予定していた県予選を中止する。

県高体連によると、県内に山岳部があるのは約20校。県高体連と県教育委員会が協議し、中止を決定した。生徒7人と教員1人が犠牲になった県立大田原高は、インターハイに9年連続で出場し、昨年は7位だった。

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15802740X20C17A4CC1000/

(この記事の続きを読む)

【悲報】南アルプス甲斐駒ヶ岳で倒れていた男性が死亡…

1: 名無しさん 2017/04/23(日) 17:48:09.30 ID:CAP_USER9
26

23日午前、山梨県と長野県にまたがる南アルプスの甲斐駒ヶ岳で、男性が倒れているのが見つかり、その後死亡しました。
警察が身元の確認を進めています。

23日午前10時ごろ、南アルプスの甲斐駒ヶ岳の7合目にある山小屋の管理人から、「けさ5時ごろ、山頂を目指して1人で出発した登山者の男性が戻ってこない」と、警察に通報がありました。

警察がヘリコプターで捜索したところ、午前11時半ごろ、山梨県側の標高およそ2300メートルの8合目付近の沢で、心肺停止の状態で倒れている男性が見つかり、その後死亡しました。

警察によりますと、標高が3000メートル近い甲斐駒ヶ岳の山頂付近は、現在も雪に覆われ、滑りやすい状態になっていたということです。

警察は服装などから、見つかったのは23日朝早くに山頂を目指して山小屋を出発した登山者の男性と見て、身元の確認を進めています。

以下ソース:NHK 4月23日 17時13分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170423/k10010958551000.html

(この記事の続きを読む)

【悲報】栃木の高校生死亡の雪崩事故…7年前も同じ登山講習で雪崩があった模様

1: 名無しさん 2017/04/21(金) 05:54:45.64 ID:CAP_USER9
7

先月、栃木県那須町で登山の講習会に参加していた高校生らが雪崩に巻き込まれ8人が死亡した事故で、7年前にも同じ講習会で高校生が雪崩に巻き込まれていたことが学校関係者や警察への取材で新たにわかりました。

このとき引率していた教員は今回の講習会にも参加していて、警察は、雪崩が起こる危険性を予測できた可能性もあるとみて慎重に調べています。

先月27日の朝、栃木県那須町の茶臼岳で、登山の講習会に参加していた7つの高校の山岳部の生徒らが雪崩に巻き込まれ、生徒ら8人が死亡し、40人がけがをしました。

講習会は高校の山岳部向けに毎年3月に行われていて、7年前にも同じ講習会で生徒数人が雪崩に巻き込まれていたことが、学校関係者や警察への取材で新たに分かりました。
このとき雪崩があったのは、今回の雪崩が起きた場所の近くにある、「郭公沢(かっこうざわ)」という場所で、けが人はいませんでしたが、首まで雪に埋まった生徒もいたということです。
さらに、当時、生徒を引率していた教員の一部は、今回の講習会にも参加していたこともわかりました。

続きはWebで
2017/4/21 5:30 配信 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170421/k10010956091000.html

(この記事の続きを読む)

【栃木スキー場雪崩】講習会責任者、事故当時に山岳指導員資格を失効していたことが判明

1: 名無しさん 2017/04/15(土) 16:51:39.26 ID:CAP_USER9
12

講習会責任者、事故当時に指導員資格を失効
2017.4.15 16:24
http://www.sankei.com/affairs/news/170415/afr1704150014-n1.html

 栃木県那須町で登山講習中だった県立大田原高山岳部の生徒らが雪崩に巻き込まれ、8人が死亡した事故で、講習会責任者を務めた県高等学校体育連盟登山専門部の猪瀬修一委員長(50)の山岳指導員資格が、事故当時に失効していたことが15日、分かった。

 日本山岳・スポーツクライミング協会によると、資格は登山指導に当たって義務付けられたものではなく、県教育委員会も「講習会引率の要件ではない」としている。

 資格取得には同協会や日本体育協会が行う講義でスポーツ指導や安全管理について学んだ後、登録手続きが必要。有効期間は4年で、更新には義務研修を受けたり、講習会に指導者として参加したことを報告したりする方法がある。

(この記事の続きを読む)
■ About
twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
rss
follow us in feedly
2

いらっしゃいませ。(´・ω・`)
初めての方はこちらをご覧ください。
→このブログについて。
→全記事一覧

調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


■ 最新コメント (*゚∀゚)
■ はてブエントリー

■ スポンサーリンク

Back to Top