登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > クマ

    クマ

    【金沢】老人が熊に襲われました。翌日現場で猟友会が体長50センチの子熊を駆除。犯熊かどうかは不明

    1: 名無しさん 2019/04/21(日) 22:05:35.80 ID:idQF4RLH9
    ツキノワグマ

    男性が襲われた現場で子グマ駆除

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/20190421/3020001539.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    20日、山菜採りをしていた男性がクマに襲われけがをした金沢市の山間部で、パトロールをしていた後猟友会のメンバーにより子グマ1頭が駆除されました。

    子グマが駆除されたのは金沢市北袋町の山間部で、21日午前10時すぎ、体長50センチほどの子グマ1頭が猟友会のメンバーにより猟銃で駆除されたということです。
    現場では、20日午後6時ごろ、山菜採りをしていた70代の男性がクマに襲われ、左足と顔にけがをして金沢市内の病院に運ばれ手当を受けたことから、猟友会のメンバーなどがパトロールを行っていました。

    金沢市によりますと、けがをした男性は「小さなクマに襲われた」と話していますが、駆除された子グマが男性を襲ったクマと同じか分からないということです。

    金沢市では、22日、クマが出た場合の対応を確認する会議を開くことにしています。

    県内では、4月18日にも、小松市の山林で山菜採りの70代の男性が体長1メートルほどのクマに襲われ、けがをしています。

    04/21 21:12

    (この記事の続きを読む)

    【石川】体長1m程の成獣か…71歳男性がクマに襲われケガ 山菜採りの最中に顔など負傷し搬送

    1: 名無しさん 2019/04/18(木) 14:43:27.04 ID:xiIiorke9
    クマ出没注意看板

    18日朝、石川県小松市内の山間部で71歳の男性がクマに襲われ、顔や胸にけがをしました。男性の命に別条はなく警察や市は周囲のパトロールを行い、注意を呼びかけています。

     クマが出没したのは、石川県小松市大杉町の山中です。

     18日午前7時ごろ、小松市内に住む71歳の男性が山菜採りをしていたところ、クマに襲われ、顔や胸、腕などにケガをしました。

     男性は自力で下山した後、病院に搬送されましたが、命に別条はないということです。

     男性を襲ったクマは体長1メートルほどの成獣とみられています。


     小松市によりますと、今年に入ってから現場周辺でクマの目撃情報は無いということです。現在、警察と地元猟友会がクマの捜索にあたっています。

    石川テレビ 4/18(木) 14:40
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000950-ishikawa-l17

    (この記事の続きを読む)

    クマ「撃たれたフリ。そしてうかつに近づいた所を襲うクマ」

    1: 名無しさん 2019/04/17(水) 20:11:57.95 ID:E7VdMaE10 BE:155743237-PLT(12000)
    クマと人

    クマに襲われ男性けが 北海道斜里町
    2019.4.16 22:31

    16日午後0時45分ごろ、北海道斜里町峰浜の山林で、地元猟友会の会員で無職、坂本幸一さん(74)=斜里町豊倉=がクマを駆除する際に襲われ、顔や両腕にけがを負った。
    斜里署によると、命に別条はない。

    クマは雄で体長約1メートル。坂本さんは猟友会が行う訓練の下見のために1人で山林を訪れていたところ、クマを見つけ、ライフル銃で発砲。
    倒れたクマに近づくと襲われ、顔や腕をひっかかれた。
    坂本さんが再び発砲し、クマを射殺した。


    https://www.sankei.com/affairs/news/190416/afr1904160031-n1.html

    (この記事の続きを読む)

    【山にまつわる怖い・不思議な話】道北にある母方の実家で聞いたヒグマの話

    ヒグマ

    61: 名無しさん 2011/08/21(日) 01:12:47.94 ID:jckwYxTc0
    流れ豚義理スマソ
    霊的でも、不思議でもないのだけど・・・
    俺的にかなり怖かった話

    札幌にて母が妹を出産するために当時7歳だった俺は道北にある母方の実家に預けられていた

    祖父母宅では酪農を営んでいて仕事合間の子供の面倒は手に余ったらしく
    そこで登場したのが父方の姉夫婦、俺にとっては伯父伯母なのだが、この伯父さんが絵に描いたような山男で
    職業もまさにマタギ、なにより見た目が本当に山に捨てられてしまうと覚悟するくらい怖かった

    祖父母宅を放逐され伯父さん宅に行くのだがこれがまた道北の山の中の小さな村で
    戸数も30戸あるか無いかのさびれた村だった(当時)

    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    お前らこのヒグマに勝てる自信ある?

    見上げるヒグマ

    1: 名無しさん 2019/03/26(火) 08:59:24.32 0
    体長2.6m体重580kgだけど勝てそう?

    ヒグマ


    40: 名無しさん 2019/03/26(火) 09:44:46.44 0
    >>1
    目が怖い

    79: 名無しさん 2019/03/26(火) 10:35:40.91 0
    >>1
    いかにも怒ったら怖そうな人と同じ目してるわこいつ
    俺だったらこんなやつとはかかわりあいになりたくない

    191: 名無しさん 2019/03/26(火) 12:13:44.43 0
    >>1
    虎はこんなゴリラみたいな奴に勝つらしいな

    220: 名無しさん 2019/03/26(火) 12:43:52.44 0
    >>191
    やはり戦闘経験が段違いだからな
    熊は食えればなんでも良いわけで
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    (´・(ェ)・`) 岩手県がツキノワグマ注意報発令…2年ぶり、少雪で早期出没警戒

    1: 名無しさん 2019/03/21(木) 10:48:09.95 ID:5P1DVTYz9
    ツキノワグマ

    2019.03.21
    岩手県がクマ注意報発令 2年ぶり、少雪で早期出没警戒

     県は20日、ツキノワグマの出没に関する注意報を発令した。発令は2年ぶり。今年は降雪量が少なく、例年よりも冬ごもり明けが早まることが予想される。餌不足の年にも当たることから人里での出没が懸念され、注意が必要だ。

     クマの出没はブナの豊凶と関係があるとされる。県によると、今年は不作予想。不作の年は餌を求めるクマの人里での出没が多い傾向にある。

     県は入山時の鈴やラジオの携行、複数人での行動を呼び掛け。
    県自然保護課の高橋一志総括課長は「耕作放棄地が増え、手入れをしていないやぶにクマが潜みやすくなっている。子連れの母グマは子を守ろうと特に危険なので、油断しないでほしい」と語る。

    https://www.iwate-np.co.jp/article/2019/3/21/50071

    (この記事の続きを読む)

    【東京五輪】五輪球場周辺でクマ目撃情報47件。福島県

    1: 名無しさん 2019/03/16(土) 05:14:28.10 ID:K+93sV/29
    ツキノワグマ

    2020年東京五輪で野球・ソフトボールの試合が行われる福島県営あづま球場(福島市)周辺で、16年度以降の3年間に目撃されたクマの情報が47件に上ることが16日、分かった。
    開幕戦が予定される7月にも目撃されており、国内外から訪れる観戦者の安全確保に向け、対策が求められそうだ。

    あづま球場は体育館や陸上競技場なども備えた「あづま総合運動公園」内にあり、山が近い市南西部に位置する。
    南側は河川敷が広がり、動物が隠れやすいやぶが生え、移動経路に使われやすい。県の担当者は
    「公園が山と市街地の境界にあり、餌を求めてさまよううちに出没しているのではないか」と話している。

    https://this.kiji.is/479381530247316577?c=39550187727945729

    (この記事の続きを読む)

    秋田県のクマ生息数6割増加 推定3700頭 19年度は狩猟期間2週間長く設定の方向

    1: 名無しさん 2019/03/10(日) 10:04:21.17 ID:hXiVMooE9
    毎日新聞 2019年3月10日 08時09分(最終更新 3月10日 08時10分)
    https://mainichi.jp/articles/20190310/k00/00m/040/034000c

    ツキノワグマの親子

    北秋田市森吉の道路を歩くツキノワグマの親子=秋田県自然保護課提供

     秋田県は2018年度のツキノワグマの県内推定生息数を前年度比約6割増の3700頭とする方針だ。調査の精度を向上させたことに加え、捕獲数を繁殖数が上回ったとみられることなどが主な要因。
    県は19年度の狩猟期間を従来よりも2週間長く設定し、人里に出てくるクマを減らしたい考えだ。県自然保護課の担当者は「間もなく冬眠シーズンが終わるので、クマが人里や山林に出没する可能性が高くなる」と警戒を呼び掛けている。【中村聡也】

     県は2月20日にあった野生鳥獣の保護管理対策検討委員会で、18年度の推定生息数を3700頭とみていることを報告した。17年度から3年計画で進めている小型ビデオカメラの映像に基づき、推定生息数を3400頭と仮定。
    それに、猟友会の目視調査結果や、18年度の捕獲数(429頭)、推定繁殖数(686頭)などで調整した数字という。19日に行われる環境審議会の自然環境部会で最終決定する。

     県は1985年からクマの生息エリアを約180地区選んで猟友会による目視調査を実施してきた。推定生息数は長年1000頭前後で推移してきたが、2016年春に山菜採りなどで山林に入った人が襲われる被害が相次ぎ、捕獲を進めたところ、16年度だけで捕獲数が476頭に。
    推定生息数を大きく上回るクマが実際には県内に生息している可能性が高まり、17年度から山林部でカメラを使った個体数調査を始めた。

     この調査は17年度は北秋田市などで、18年度は仙北市の田沢湖周辺や大仙市などで実施した。19年度は藤里町の白神山地周辺や鹿角市などに60台を設置する予定だ。

     また、県は19年度は狩猟期間を11月1日~2月15日と例年に比べて2週間延ばす計画だ。従来の開始時期は11月15日だったが、銃声や人の声をクマに聞かせることで、クマが人里に下りるリスクを減らす狙いという。

     県内の猟友会メンバーは約1600人。うち、約7割が60歳以上で高齢化が進んでいる。
    09~16年まで8年連続禁猟だったことで射撃能力の低下も懸念されているといい、県自然保護課の担当者は「猟友会のメンバーが少なくなれば、捕獲されるクマが減り、個体数が増える恐れがある」と指摘する。

    秋田県のクマ生息数6割増加 推定3700頭 19年度は狩猟期間2週間長く設定の方向

    (この記事の続きを読む)

    三毛別羆事件で大暴れした人食いヒグマのサイズwwww

    三毛別羆事件復元現地に再現された巨羆

    三毛別羆事件で大暴れした人食いヒグマのサイズwwww

    1: 名無しさん 2019/02/15(金) 20:24:47.52 ID:Zad7B3Wcp
    三毛別羆事件のヒグマと記念撮影
    三毛別羆事件

    赤カブトかよ
    三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村三毛別(現:苫前町三渓)六線沢[注釈 1]で発生した、クマの獣害としては日本史上最悪の被害を出した事件。六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれる。 
    エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事態は終息した。

    2: 名無しさん 2019/02/15(金) 20:25:14.00 ID:eYBdF2zy0
    サイズで草

    4: 名無しさん 2019/02/15(金) 20:25:46.36 ID:XBgkLavpM
    掘ったら死体の一部でてくる場面嫌い

    5: 名無しさん 2019/02/15(金) 20:27:10.43 ID:IIJVWPUU0
    サバサキの兄ィ呼ばなきゃ

    7: 名無しさん 2019/02/15(金) 20:27:28.64 ID:ouXMeCdX0
    軍でさえ勝てなかった敵を伝説のハンターが討伐する流れ好き
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【ロシア】どう猛なシロクマ6~10頭が常にうろうろ…ノバヤゼムリャで非常事態宣言発令

    1: 名無しさん 2019/02/10(日) 22:13:48.85 ID:hrbUr2Wy0 BE:155743237-PLT(12000)
    2

    どう猛なホッキョクグマが多数うろうろ…ロシアの島で非常事態宣言
    2019年2月10日 17:56

    【2月10日 AFP】北極圏に位置するロシア北東部のノバヤゼムリャ(Novaya Zemlya)列島で9日、どう猛なホッキョググマ数十頭が住居や公共施設に立ち入るなどの事例が相次いでいることを受け、非常事態宣言が発令された。

    地元当局幹部の報告によると、ノバヤゼムリャ列島の主要な定住地であるベルーシヤグバ
    (Belushya Guba)では、昨年12月以降にホッキョクグマ52頭が相次いで出没しているという。

    自治体の副首長の話によると、中には「人々を襲ったり、住居や公共施設に侵入したり」するなど、「攻撃的な振る舞い」をみせるクマがいるとし、6~10頭が常に集落内にいる状態だという。

    副首長は、「人々はおびえ、外出を怖がっている……親は子どもを学校や幼稚園に行かせることさえ恐れている」と語っている。

    3000人程度の人口を抱えるノバヤゼムリャ列島には、ロシア空軍や防空部隊が拠点を置いているが、ホッキョクグマは駐屯地内にも常に姿を現し、文字通り人を追い掛け回したり、住宅地の入り口に足を踏み入れたりしているという。

    地元当局によると、車両や犬を使ったパトロールなどの措置に対してホッキョクグマが怖がらなくなり、もはや反応しなくなったので、効果がないという。
    ロシアでは、ホッキョクグマは絶滅の危機に瀕(ひん)しているとして狩猟が禁じられている。


    また、地球温暖化により北極の氷が解け出すことで、餌を追い求めるホッキョクグマはその影響を受け、陸上での活動時間が以前よりも長くなっている。

    国防省の当局者は今年1月、使われなくなったノバヤゼムリャの軍事施設にホッキョクグマが住み着くようになったとして、建物数百棟を取り壊したことを明らかにしていた。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3210504?cx_part=top_topstory&cx_position=4

    52頭の獰猛なシロクマにロシア軍基地内の建物が侵入され人々が襲われ非常事態宣言発令

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top