登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > クマ

    クマ

    【福岡大ワンゲル部ヒグマ襲撃】北海学園グループの元メンバー「今でも思い出すと眠れなくなるんです」

    1: 名無しさん 2020/11/22(日) 16:32:06.04 ID:LFkITWnD9
    2

    伊藤 秀倫 10時間前
    source : 週刊文春 2020年10月29日号

     いま全国でクマの襲撃が増えているが、史上最悪といわれる事件が起こったのは昭和45年。北海道で若き3人の岳人がヒグマの牙に斃れた。なぜ惨劇は起きたのか。その謎を解く鍵を握る人物が初めて口を開いた。50年前の夏、あの山で「生死の天秤」が揺れていた。

    「今でも何かの拍子に思い出すと眠れなくなるんです」

    「あのときのことは自分の中で、この50年間、封印してきました」

     自宅のリビングで筆者と向き合った吉田博光氏(87・仮名・以下すべて)は、ぼそりと切り出した。半ば予想していた言葉だったが、はっきりとそう告げられるとやや動転した。それに構わず、吉田氏は続けた。

    「今でも何かの拍子に(事件のことを)思い出すと、もういけない。夜も眠れなくなるんです」

     その言葉が何よりも雄弁に50年前に起きた事件の本質を物語っていた。


    「日高山脈山岳センター」に展示されている加害グマの剥製(頭部を除く)

    1 (1)

    この記事の画像(6枚)
    https://bunshun.jp/articles/-/41275


    異彩を放つ加害グマの異様な執着心と攻撃性

    〈クマに襲われ三人不明 ――日高山系縦走の福岡大パーティー〉

     1970年7月28日、北海道新聞に衝撃的な見出しが躍った。リードはこう続く。

    【日高山系を縦走中の福岡大学ワンダーフォーゲル部のパーティー五人がクマに襲われた。二十五日午後から二十七日朝まで、逃げる学生たちに執拗につきまとい、次々と鋭いツメを振るってうち三人が行方不明となっているが、身のたけ二メートルという凶暴な大グマだけに、その安否が気づかわれている】

     だが学生たちの家族や関係者の祈りも空しく、事態は最悪の結末を迎える。

    〈クマに食い殺されていた 無残 全身にツメ跡〉(1970年7月30日付西日本新聞)

     3人の命を奪ったヒグマは、捜索隊に同行していたハンターたちの一斉射撃により、射殺された――。

     これが昭和・平成を通じて史上最悪のヒグマによる獣害事件として知られる「福岡大学ワンダーフォーゲル部事件」の顛末である。

     悲劇の舞台となった山の名は、「カムイエクウチカウシ山(以下カムエク山)」。アイヌの言葉で、「カムイ(神=熊)」が崖から転がり落ちるところ、という意味があるという。

     数あるクマによる獣害事件の中でも、この事件が異彩を放つのは、加害グマの異様な執着心と攻撃性である。そもそも、この当時、日高山系でヒグマが人を襲うということは、まず考えられなかったという。事件から15年後、当時捜索に加わった地元山岳会のメンバーは、こう証言している。

    〈(当時はクマについて)問い合わせがあれば、日高のクマは声を出したり、ラジオを鳴らしたりすれば、逃げると案内を出していましたからね〉(「ヒグマ」№18「座談会 福岡大学遭難事件を語る」より)

    次のページ 他にもヒグマの襲撃を受けたグループが……明暗を分けたものは?
    https://bunshun.jp/articles/-/41275?page=2

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    【石川県加賀市】住宅地で犬の散歩をしていたらクマ ((((;゚Д゚))))

    1: 名無しさん 2020/11/18(水) 13:41:18.82 ID:R772cnWZ9
    4

    18日朝、石川県加賀市の住宅地で犬の散歩をしていた60代の男性がクマに襲われて腕や顔などにけがをしました。
    男性を襲ったクマは見つかっていないということで、警察などが警戒を呼びかけています。

    加賀市や警察によりますと、18日午前6時すぎ、加賀市動橋町で、住民の60代の男性がクマに襲われたと家族から通報がありました。

    男性は犬の散歩中にクマに襲われ、自宅に自力で戻った後、病院に搬送されたということです。

    消防によりますと、男性は腕や顔などにけがをしましたが、命に別状はないということです。

    現場は住宅地を流れる川沿いの土手で、加賀市の職員や警察官などが警戒に当たり、ドローンを使った捜索活動も行われましたが、男性を襲ったクマは見つかっていないということです。

    現場近くにある福祉施設の女性職員は「施設に誰もいない時間帯でよかったです。最近、加賀市内でクマが出たという話をよく聞きますが、まさかこんな場所に現れるとは思いませんでした」と話していました。

    また、現場近くに住む男性は「近所にクマが出て驚いています。クマを引き寄せる柿の木は切りましたが、夜間は出歩かないようにするなど注意しようと思います」と話していました。

    石川県内でことし、クマに襲われてけがをした人はこれで15人目で、石川県は引き続きクマの「出没警戒情報」を出して警戒を呼びかけています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201118/k10012718311000.html

    (この記事の続きを読む)

    アホ「日本のクマの事件で一番やばいのは三毛別のやつ」

    bear

    1: 名無しさん 20/11/16(月)23:25:29 ID:0lq
    どう考えてもワンゲル同好会なんだぢょなあ
    八ノ沢カール (1)
    福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件(ふくおかだいがくワンダーフォーゲルぶヒグマじけん)は1970年(昭和45年)7月に北海道静内郡静内町(現・日高郡新ひだか町静内高見)の日高山脈カムイエクウチカウシ山で発生した獣害事件。
    若い雌のヒグマが登山中の福岡大学ワンダーフォーゲル同好会(のちにワンダーフォーゲル部へ昇格)会員を襲撃し、3名の死者を出した。福岡大学ワンダーフォーゲル同好会ヒグマ襲撃事件、福岡大学ワンゲル部員日高山系遭難事件とも呼ばれる。

    2: 名無しさん 20/11/16(月)23:26:01 ID:ywc
    ハタ坊おって草

    3: 名無しさん 20/11/16(月)23:27:48 ID:0lq
    100年も前の話なんやから誇張されまくっとるやろそもそも

    4: 名無しさん 20/11/16(月)23:27:48 ID:4A2
    一番は喰われながら電話する娘だぢょ

    5: 名無しさん 20/11/16(月)23:28:01 ID:0lq
    >>4
    それロシアやんけ

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】クマさん、ヒトに気づいてもらえない…

    bear (1)

    1: 名無しさん 2020/11/15(日) 07:11:04.36 ID:RYhUdx+1r
    1

    かなc

    2: 名無しさん 2020/11/15(日) 07:11:44.62 ID:GiudplWkM
    可愛すぎるだろ

    3: 名無しさん 2020/11/15(日) 07:11:56.54 ID:NNciWJ97d
    熊も気配消すんやな

    7: 名無しさん 2020/11/15(日) 07:13:30.81 ID:Hby7jogtp
    置物やと思うわな

    (この記事の続きを読む)

    神「三毛別羆事件に戻って村人全員を救え」

    5 (1)

    1: 名無しさん 2020/11/12(木) 19:19:30.29 ID:AjKfFHFQ0
    神「現代のものを一つ持っていっていいこととすゆ」
    1 (1)
    三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村三毛別(現:苫前町三渓)六線沢[注釈 1]で発生した、クマの獣害としては日本史上最悪の被害を出した事件。三毛別事件や六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれる[1]。
    エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事態は終息した。

    2: 名無しさん 2020/11/12(木) 19:20:14.68 ID:e4q4lwon0
    噛み神やん

    6: 名無しさん 2020/11/12(木) 19:20:58.56 ID:7A4QZwRjM
    1兆円持って戻って
    村人に金ばらまいて引っ越しさせる

    458: 名無しさん 2020/11/12(木) 19:59:34.94 ID:x+teztySd
    >>6
    三毛別偽札事件やないか

    8: 名無しさん 2020/11/12(木) 19:21:34.06 ID:zSJZYWkRa
    水爆でオーバーキル余裕

    (この記事の続きを読む)

    【広島】イノシシを捕獲するため仕掛けた罠にクマ…近づいた70代男性が襲われ怪我。クマは山へ逃げ去る

    1: 名無しさん 2020/11/12(木) 13:13:28.32 ID:xklNpYS89
    1

    12日朝、広島県安芸高田市の山中で70代の男性がわなにかかっていたクマに襲われけがをしました。
    クマは山へ逃げ去り、警察や市がパトロールして警戒に当たっています。

    12日午前7時半ごろ、広島県安芸高田市美土里町の山中で、近くに住む70代の男性が、イノシシを捕獲するためのわなにかかっていたクマに近づいたところ襲われました。

    安芸高田市などによりますと、男性はクマにひっかかれて頭や胸などにけがをしましたが、命に別状はないということです。

    男性は病院に搬送され手当てを受けていて、2週間ほど入院するということです。

    クマはその後、山へ逃げ去ったということです。

    警察や市は付近をパトロールして警戒に当たっていて、クマを見つけた場合、絶対に近づかず、すぐに警察などに通報するよう呼びかけています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201112/k10012707821000.html
    (この記事の続きを読む)

    【北海道】乗用車がヒグマと衝突し女性が軽いけが…車は大破

    1: 名無しさん 2020/11/12(木) 07:41:39.12 ID:a5P/8PaP9
    7 (1)

     11月11日未明、北海道苫小牧市で乗用車がヒグマと衝突し、運転していた20代の女性が軽いけがをしました。

     クマと衝突した乗用車です。

     右の前方部分が大きく壊れ、車体にはクマのものとみられる黒い毛も挟まっています。

     事故があったのは、苫小牧市植苗の道道です。

     11日午前0時15分ごろ、苫小牧方向に走行していた乗用車が道路を右から横断してきたクマと衝突しました。

     運転していた20代の女性が顔に軽傷を負いました。同乗していた別の女性にけがはありません。


     猟友会のハンター:「ドングリとかエサが全然ないから(クマが)エサ探しに躍起になっている。(周囲に)注意喚起をする」

     クマは体長2メートルほどで、事故のあと姿が見えなくなったという

    https://www.uhb.jp/news/single.html?id=16100

    (この記事の続きを読む)

    【石川】市街地に出没のクマ 胃の内容物などの大半が柿の実

    1: 名無しさん 2020/11/12(木) 20:32:52.12 ID:D83aMINH9
    K10012707911_2011121419_2011121428_01_02

    2020年11月12日 14時36分

    10月、石川県の市街地に出没したクマの胃の内容物などを専門家が調査したところ、大半が柿の実だったことが分かりました。専門家はこうした木の実がクマを市街地に引き寄せる要因になっているとして、庭木などの木の実を速やかに取り除くよう呼びかけています。

    2

    石川県加賀市では10月19日、JR加賀温泉駅の近くのショッピングセンターにクマが侵入し、店が営業できなくなりました。

    3

    クマの生態を研究している石川県立大学の大井徹教授は、このクマと白山市の市街地で駆除されたクマの胃の内容物や現場で採取されたふんを詳しく調べました。

    4

    その結果、胃の内容物などに含まれていたのは、いずれも大半が柿の実で、ほかに街路樹として見かける「マテバシイ」とみられる木の実などがありました。

    大井教授は、集落や市街地に植えられた木の実がクマを強く引き寄せたことを示す証拠だとしています。

    大井教授は「イチョウやシイノキの実などもクマを引き寄せる原因となる。今月いっぱいはクマが頻繁に出没する可能性があり、実の摘み取りや伐採などを速やかに進めてほしい」と話しています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201112/k10012707911000.html

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】ヒグマがドアを破って侵入「初めてだ」住民恐怖

    1: 名無しさん 2020/11/12(木) 16:08:44.20 ID:D83aMINH9
    bear

    未明に作業小屋を訪れたのは招かれざる客でした。北海道積丹町の民家の作業小屋にヒグマが侵入しサケなどを食い荒らす被害がありました。

    ガラスが無残に割れてしまった扉。その中では、サケなどが食い荒らされていました。犯人は、ヒグマです。後志の積丹町で7日未明、ヒグマが住宅街の作業小屋に侵入し、中に置いてあったサケの切り身やホッケが食べられる被害がありました。隣の民家に住む小屋の所有者は、体長1メートルほどのヒグマを目撃したと言います。

    (被害に遭った住民)「ここの家の前に(ヒグマが)いて、横に進んだのが見えた。(このあたりでは)聞いたことないって。初めてかもしれない」

    付近では2日深夜から3日未明にかけても民家の庭に干してあったサケトバが食べられる被害がありました。積丹町役場によると、町内でのヒグマの目撃件数は4月以降44件で、昨年の29件の1.5倍にのぼっていて、夜間の外出を控えるよう注意を呼びかけています。

    https://www.news24.jp/nnn/news88115947.html

    (この記事の続きを読む)

    熊ガチ勢「会ったら逃げるな! 目を会わせるな! 背を向けるな!」

    bear (1)

    1: 名無しさん 20/11/08(日)23:42:55 ID:iG3
    どうせえと...

    2: 名無しさん 20/11/08(日)23:43:16 ID:R5o
    祈るしかないんちゃう

    3: 名無しさん 20/11/08(日)23:43:31 ID:LBf
    運よかったら離れてくれるが正解や

    4: 名無しさん 20/11/08(日)23:43:38 ID:InE
    お祈りゲーとか糞ゲーかよ…

    6: 名無しさん 20/11/08(日)23:45:19 ID:GSg
    目は合わせたほうがいいって聞いたんだけど

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top