登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > クマ

    クマ

    【注意喚起】神奈川県内でクマ出没急増…厚木市内8件、相模原市内5件等。家畜が襲撃される事件も

    1: 名無しさん 2019/06/14(金) 19:11:23.83 ID:E+LU6d640 BE:155743237-PLT(12000)
    クマ出没注意看板

    クマ目撃相次ぐ、2カ月で20件 半数人里、県が注意喚起
    2019年06月13日 20:59

    (中略)
    県自然環境保全課によると、2019年度の目撃情報は5月末現在で20件(うち1件は痕跡)。
    自治体別では厚木市内が8件で最も多く、相模原市緑区5件、秦野市4件と続き、伊勢原市、松田町、清川村はいずれも1件だった。


    目撃場所は登山道や道路沿いで、山中・人里の区分は半々だった。
    元来ツキノワグマは臆病な性格で人を避けるが、母グマが子を守るために攻撃的になるとされる親子の姿が目撃されたのも6件あった。
    昨年度同期間の情報提供は13件で、イノシシ用のわなに掛かってしまった錯誤捕獲が1件だった。目撃が多かった地域傾向はほぼ同じになっている。

    昨年度の目撃などの情報提供は年間80件と過去5年間で2番目に多かった。
    6月に入り、観光地でもある伊勢原市の大山周辺に度々姿を見せたため、1頭が捕殺された。


    また、今年2月には南足柄市矢倉沢で家畜が襲われる異例の事案も発生。
    県が被害調査を実施し、センサーカメラを設置するなど監視活動を継続中だが、個体識別を含めてクマの被害かどうかは、現段階で特定に至っていないという。

    県内に生息するクマは40頭前後と推定されている。
    その詳しい分布域や行動範囲、生態などは分かっていない。

    https://www.kanaloco.jp/article/entry-174432.html

    (この記事の続きを読む)

    【北海道クマ化】大学構内にクマ 逃げる学生「パニックになった」 江別市 北海道情報大学

    1: 名無しさん 2019/06/13(木) 23:54:42.76 ID:M2iGkoLZ9
    ヒグマ

    大学構内にクマ 逃げる学生「パニックになった」
    2019/06/13(木) 23:43 掲載

     今月10日に78年ぶりにクマが出没した江別市で、13日もクマの目撃が相次ぎました。

     キャンパスを横切るクマを目撃した直後の映像には学生たちの「くまだ!」「逃げろ」という声が響いていました。

    13日午後6時40分ごろ、江別市の北海道情報大学で、グランドを横切るクマが目撃されました。クマはその1時間ほど前に近くの野幌総合運動公園でも目撃されていて、大学が屋外で活動中の学生に避難を呼びかけた直後のことでした。

    学生は「クマだ!逃げろって感じでした」「パニックになってみんな大学に避難した」と話しています。大学のすぐ東側には中学校があり、現場の北側にはJR野幌駅や住宅街が広がっています。江別市は住民に注意を呼び掛けています。


    https://www.htb.co.jp/news/archives_4693.html

    動画
    https://youtu.be/47B8JOuBqRU


    (この記事の続きを読む)

    市役所・警察「あのヒグマを駆除して」 猟友会員「はい(バーン」 警察「はいあんた起訴&剥奪ね」

    1: 名無しさん 2019/06/13(木) 22:57:06.11 ID:z062W9EU0 BE:155743237-PLT(12000)

    猟師

     2018年、砂川市で市や警察の立会いのもと要請に応じてクマを駆除したハンターが、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、その後不起訴になったものの、銃の所持許可が取り消されるというトラブルがありました。


     住民の命を守るためのハンターの行動がなぜ問題視されてしまったのでしょうか。


     田中うた乃記者:「このあたりには果樹園も多くあり、たびたびクマが目撃されていました。男性は市の要請を受け警察立会いのもと10数メートル先にいた子グマを駆除しました」


     北海道猟友会 池上治男砂川支部長:「ハンターに頼んでいると片方で言っておきながら撃ったらダメみたいなことを言ったら、何を信用してやればいいのか。おかしいんですよ」


     こう話すのは、北海道猟友会砂川支部長の池上治男さん。池上さんは2018年8月、砂川市からの連絡を受け砂川市宮城の沢のクマの出没現場に出動し、1頭のクマを駆除しました。


     池上さんによりますと、市の担当者や警察官が周辺住民に注意を促し、現場で安全を確認した後、市が依頼する形で駆除したということです。


     しかし、池上さんはその後、公安委員会の許可なしに発砲したなどとして、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検されました。


     不起訴にはなりましたが建物の近くで発砲したことが問題視されライフル銃の所持許可が取り消されてしまいました。


     北海道猟友会 池上治男支部長:「何がなんだかわからない、市の要請で駆け付け駆除するだけの話しですから、じゃあクマが出たら、人を襲うまで対応できないのか。私たちは、市民のためにクマを駆除して警察官もよかったよかったと言っていた」


     今回の件について警察は、現場で発砲を同意した事実はないとコメントしています。


     住民の命を守るためのハンターの行動が、問題視されてしまった今回のケース。


     クマの出没が相次ぐなか、道内のハンター達に動揺が広がっています。


    ソースに動画報道
    https://www.fnn.jp/posts/2019061300000007UHB

    (この記事の続きを読む)

    「いやああああああ、動物園内にクマが居るうううう!!怖いいい!!」動物園閉鎖へ 広島市

    1: 名無しさん 2019/06/12(水) 22:20:00.45 ID:zMCQnzJX0 BE:155743237-PLT(12000)
    安佐動物園

    野生のツキノワグマ 動物園内で目撃 一部閉鎖 広島
    2019年6月12日 12時54分

    11日夜、広島市の安佐動物公園で野生のツキノワグマが目撃され、動物公園は安全が確認できていないとして一部のエリアを閉鎖しています。

    11日午後8時15分ごろ、広島市安佐北区の安佐動物公園で職員が象を飼育している建物とインコを飼育している建物の間で体長1m近いツキノワグマ1頭がいるのを目撃しました。

    動物公園は付近を捜索しましたがツキノワグマは見つからず、園内のうち木の茂みが多い「西園」は捜索しきれていない部分があり、安全が確認できていないとして12日朝から閉鎖しています。

    安佐動物公園は山に囲まれていて、外から野生の動物が入ったり飼育している動物が外に逃げたりしないよう周囲を柵で囲っていますが、クマのような大型の野生の動物が目撃されたのは初めてで注意を呼びかけています。

    安佐動物公園管理課の嶋田浩明係長は「周辺は高さ2mの柵で囲われているが、クマは木を登る習性があり、もしかしたら柵を登ったのかもしれない。
    安全であることがしっかり確認されてから来場される方に楽しんでほしい」と話しています。


    広島市佐伯区から家族で訪れていた女性は「クマが出たと聞いて驚きました。
    ツキノワグマは大きいので、早く安全が確認されればと思います」と話していました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190612/k10011949591000.html

    (この記事の続きを読む)

    【ロシア】男性がクマに襲われ、クマの舌に噛みつく ((((;゚Д゚))))

    1: 名無しさん 2019/06/11(火) 02:27:45.73 ID:+mUHD6ns9
    クマ

    ロシア人男性がクマに襲われ、クマの舌に噛みつく
    災害・事故・事件
    2019年06月10日 23:13

    ロシアのトゥヴァ共和国に住む男性が2日、クマに襲われた。男性はクマの舌に噛みつき、逃れることができた。トゥヴァ共和国内務省が発表した。
    スプートニク日本

    男性3人が森に集まり、焚火で食事を作った後、鹿の角を集めるため、それぞれ別の方向に出かけた。

    タイガの中で1人の男性がクマに出会い、男性はクマを驚かせようと大きな声で叫んだが、クマは男性に襲い掛かった。男性はクマを撃退しながらクマの舌を噛んだ。その後、クマは逃げていったという。
    仲間の男性たちが救急車を呼び、男性は病院に搬送された。男性は顔、頭部、腕、腹部に傷を負い、入院した。


    モスクワ・ボリショイ・サーカスの調教師、アスコルド・ザパシニィイ氏は「危機的状況における動物の反応は、人間と同じように予測不可能だ」と述べ、「人間が命をかけて戦い、動物的本能を発揮して逃げることができたというこの絶体絶命の出来事についてだが、このような状況を滑稽に感じる人もいるかもしれないが、私はこの出来事のすべての危険度を理解できる。実際の状況は恐ろしいものだ」と指摘した。

    https://jp.sputniknews.com/incidents/201906106345117/

    (この記事の続きを読む)

    【クマ列島】クマと車衝突、由利本荘の国道7号 県内、目撃相次ぐ 秋田

    1: 名無しさん 2019/06/08(土) 07:52:37.01 ID:ergXeCtQ9
    ツキノワグマ

    クマと車衝突、由利本荘の国道7号 県内、目撃相次ぐ
    2019年6月8日 7時37分 掲載

     秋田県内で7日、クマの目撃が相次いだ。被害は確認されていない。

     由利本荘市西目町出戸字猿田の国道7号では午後7時半ごろ、にかほ市の60代男性の乗用車が体長1メートルのクマと衝突した。男性にけがはなかった。

     由利本荘署によると、男性がにかほ市方向から由利本荘市方向に走行中、左側から横断してきたクマと衝突した。クマは山中に逃げた。
    (全文 327 文字 / 残り 162 文字)
    全文を読む(ログイン)
    https://www.sakigake.jp/news/article/20190608AK0004/

    (この記事の続きを読む)

    【福島】遊歩道を散策していた親子が熊に襲われる アメリカ国籍の15歳の少女がけが クマは山中に逃走/会津若松

    1: 名無しさん 2019/06/07(金) 23:46:44.65 ID:A50LkwoD9
    登山道

    7日午後、福島県会津若松市の山林で遊歩道を散策していた親子が熊に襲われ、15歳の少女がけがをした。

    現場は、会津若松市東山町の山林で、7日午後3時すぎ、遊歩道を散策していた親子がクマ2頭と遭遇した。クマは、アメリカ国籍の15歳の少女に襲い掛かり、その後、山の中へ逃げたという。

    親子は、近くの旅館へと助けを求め、少女は病院へ搬送された。警察によると少女のケガは軽く、命に別状はないという。

    現場は、東山温泉から背あぶり山へ続く遊歩道で、市は立ち入りを当面、禁止して警戒に当たっている。

    2019年6月7日 22:41 日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2019/06/07/07447890.html

    (この記事の続きを読む)

    北海道でパンダのようなヒグマが見つかり話題に!

    1: 名無しさん 2019/06/06(木) 22:51:47.69 ID:UmNngBS40 BE:844481327-PLT(12345)
    ヒグマ

    世界自然遺産の北海道・知床で6日までに、頭部が白っぽく、目の周りが黒いパンダのようなヒグマ1頭が撮影された。
    ほかのヒグマと顔を寄せ合ったり、キスをするように口元をもう一方の頬に寄せてじゃれ合ったりしている様子を、旭川市の公務員中瀬泰広さん(51)が写真に収めた。

    中瀬さんは5月31日午前10時ごろ、知床半島の岸辺のヒグマを沖合から見学するツアーで撮影した。「まるでパンダのようでかわいかった」と話した。

    自然環境保全に取り組む知床財団によると、写真のヒグマ2頭はオスとメスとみられ、白っぽい毛のヒグマが知床で見られるのは珍しいという。

    https://www.sankei.com/life/news/190606/lif1906060048-n1.html

    (この記事の続きを読む)

    【くま】勝山恐竜クロカンマラソン、相次ぐクマ出没で中止に。福井県勝山市

    1: 名無しさん 2019/06/04(火) 19:56:08.03 ID:HVHlkTau9
    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/867891

    福井県の勝山市は6月4日、市内で9日に開催を予定していた第15回勝山恐竜クロカンマラソン(市、市教委、実行委員会主催、福井新聞社共催)を中止すると発表した。メイン会場のかつやま恐竜の森(長尾山総合公園)にクマが出没したことが理由。参加者の安全を第一に判断した。

    中止は秋開催だった第6回大会以来、9年ぶり2度目。この時もクマの出没情報で中止となった。 

    勝山市内では6月2日、クマの出没情報が4件相次いだ。このうち1件は村岡町黒原のかつやま恐竜の森(長尾山総合公園)での出没で、市内男性が午前7時半ごろ幼獣1頭を目撃した。市は恐竜の森の一部区域を立ち入り禁止とし、看板の設置や注意喚起を行っていた。

    勝山恐竜クロカンマラソンは、市内で化石発掘が盛んな恐竜を大会名に冠したマラソン大会で、起伏に富んだ林間、田園コースが特徴。毎年1000人以上の参加がある。今年も令和時代最初の大会に向け、準備が進められていた。メイン会場のかつやま恐竜の森は、年間90万人以上が訪れる福井県立恐竜博物館のすぐ近く。

    クマの出没で一部区域が閉鎖されているかつやま恐竜の森。6月9日の勝山恐竜クロカンマラソンは中止が決まった
    =6月4日、福井県勝山市村岡町滝波

    クマ注意

    (この記事の続きを読む)

    札幌市(人口195万人)春のヒグマ出没、09年以降で最多

    1: 名無しさん 2019/06/02(日) 17:41:25.93 ID:ZpfUB5Pt9
    熊出没注意

     札幌市で今春、ヒグマの目撃や足跡の発見などが相次いでいる。4~5月の出没情報は56件に上り、記録がある2009年以降で最多。住民がヒグマと遭遇して襲われる恐れもあるため、人口約195万人を抱える札幌市は注意を呼び掛ける看板を設置し、出没直後に現場周辺の小中学校で集団下校を実施するなど警戒を強めている。

     「子どもの頃からこの辺りに住んでいるが、クマが出たことはなかった」。1972年札幌冬季五輪の競技場があることで知られる札幌市南区の真駒内公園を散歩中の女性はこう話し、眉をひそめた。付近では目撃情報が続いており、市は目撃日などを記した看板を設置している。(共同)

    毎日新聞 2019年6月2日 15時06分(最終更新 6月2日 15時06分)
    https://mainichi.jp/articles/20190602/k00/00m/040/063000c

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top