登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    クマ

    大阪でクマ 駅から400m 2017年09月14日 20:00

    背中が痒いカナダのグリズリー2頭が可愛すぎると話題にwwwwwwwwwwwwwwww

    1: 名無しさん 2017/10/18(水) 19:17:57.68 ID:CAP_USER9
    背中が痒い2頭のグリズリーが、道路脇のポールを仲良くシェアして、背中を掻く様子が撮影された。カナダ・ユーコン準州の州立公園内で。撮影日不明、10月16日配信。

    10/18(水) 12:54配信 Aflo
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171018-00000003-storyfulp-n_ame.view-000

    背中が痒い2頭のグリズリー

    1
    2
    3
    4
    5

    (この記事の続きを読む)

    教員「学校に熊が!子供達を守って!」 猟友会「パァン!!」 部外者「!」シュババ

    no title


    1: 名無しさん 2017/10/14(土)08:24:04 ID:M2l
    部外者「熊が可哀相!!子供の前で殺すな!!!子供には動物愛護の精神を教えろ!!」

    職員「いや普通に子供襲われるし安全第一やろ。安全な場所で好き勝手言ってんなよ頭お花畑共が」

    部外者「日本の教育は間違ってる!!!!」

    http://news.livedoor.com/article/detail/13744119/

    3: 名無しさん 2017/10/14(土)08:25:04 ID:9cG
    猟友会は有能やったやろ

    4: 名無しさん 2017/10/14(土)08:26:08 ID:cjz
    あともうちょっとで学校が血祭りになってたかもしれへんのに
    そしたらこんな事言えへんやろなぉ

    5: 名無しさん 2017/10/14(土)08:26:21 ID:IJ4
    お前それサバンナでも同じこと言えんの?

    6: 名無しさん 2017/10/14(土)08:26:40 ID:EmV
    部外者の頭どないなってんねん

    13: 名無しさん 2017/10/14(土)08:28:19 ID:mbu
    なお熊を殺さずに子供が死んだ場合はもっと批判する模様
    関連記事
    「クマを殺さないで可哀想」小学校周辺にに出没したヒグマを射殺した猟友会に全国から苦情が殺到

    (この記事の続きを読む)

    【岐阜】「小学校庭で侵入グマ射殺」がなぜ非難される…児童の安全優先「やむを得ない判断」に“第3者”から反発の声

    1: 名無しさん 2017/10/12(木) 20:33:34.68 ID:CAP_USER9
    クマが出た栃尾小。市内ではクマの被害が相次いでいた=岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾
     
    no title

    パーン、パーン。自然豊かな山間の校庭に銃声が鳴り響いた。岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月、ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺したのだ。当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。

    ■校庭に迷い込んだクマ

     校庭でクマが見つかったのは9月6日午前11時半ごろだった。職員室の教職員が校庭を走る黒い動物を発見。周辺でもクマの目撃情報はあったが、学校の敷地に入ったことは一度もなく、松井健治教頭は「動きがとても速く、初めは黒い犬が入ってきたと思った」という。

     しかし、よく見るとクマだったため、すぐに110番通報し、教職員が手分けして校舎1階と体育館の全てのドアや窓を施錠。児童らを教室で待機させ、西隣の市立栃尾保育園にも事態を伝え、警戒を促した。

     通報の約10分後に県警高山署員や市職員、飛騨猟友会高山支部のハンターらが到着。一時、クマを見失ったが、その後、校庭南側の木に登り、高さ約3メートルの枝の上で何かを食べているのを発見。最初は爆竹で追い払うおうとした。

     「爆竹が鳴りますが、驚かないように」。学校は校内放送を流し児童らに知らせるとともに、保護者へも「クマが校庭に侵入し、警察の指導で校舎内に避難しています。安全は確保されています」とメール配信した。

     ところが約10分後、署員から連絡があった。「爆竹で威嚇するとクマが驚いて校舎の方へ逃げたり、隣の保育園や宅地へ向かう恐れがある。子供たちの安全を最優先し、射殺します」。署の判断だった。

     発見から約1時間後、猟友会のハンターが木に登っているクマに2発を発砲。息絶えて途中の枝でひっかかったクマを脚立を使って署員と猟友会員らが下ろした。クマは体長約1メートル、体重約100キロで、雄のツキノワグマの成獣だった。

    ■学校での射殺、県外から批判が

     クマは射殺されたが、学校の対応はその後も続いた。射殺から約30分後の午後1時過ぎ、保護者へ児童全員の無事をメール配信。緊急の全校集会も開いて小谷校長が児童らに「尊い命が失われてしまいましたが、自然の脅威がみなさんの身近にある」と語りかけた。児童は皆一様に黙ったままじっと耳を傾けていたという。

     集会前に小谷校長が教職員らと協議し、「子供たちに嘘をつけない。安全を最優先して射殺された事実を伝えるべきだ」と判断したという。児童らはこの日、教職員が付き添って下校した。

     翌日も学校は児童の心のケアに細心の注意を払った。登校前に小谷校長は不測の事態も想定して職員室で待機し、松井教頭は徒歩通学の校区内を車で巡り安全を確認。他の教職員らは通学路に立ち、登校の児童を見守った。市教委もスクールカウンセラーの派遣の用意を伝えた。

     児童らに大きな動揺はなかったものの、今回の一件が報道やネットで伝わったため、学校や市にはクマを射殺したことに対する批判の電話が相次いだ。「麻酔銃を使う選択肢はなかったのか」「子供の目の前で射殺するなんて」「学校で射殺はいかがなものか」。こうした声だ。

     これに対し、警察官職務執行法に基づいて射殺を判断した高山署の田口秀樹副署長は「人命、特に子供たちに危害を及ぼす事態には即座に対応しなければならない。校舎に入り込む危険や地理的条件など、やむを得ない状況が重なっていた以上、射殺は正当な判断だった」と話す。

     市の担当者も「ご意見は理解できるが、市民の生命、財産を守るのも行政の責務。できれば殺したくなかったが、子供に被害が出ることは絶対に避けなければならなかった」と理解を求めた。

    >>2以降に続く

    配信2017.10.12 15:30
    産経WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120004-n1.html

    (この記事の続きを読む)

    【福島:喜多方】「クマ」に襲われ69歳男性重傷、顔に爪痕も…山林でキノコ採り中

    1: 名無しさん 2017/10/06(金) 12:30:54.08 ID:CAP_USER9
    bear_asiablack_roar_jup

    5日午前6時15分、喜多方市山都町の山林でキノコ採りをしていた同市の男性(69)から「クマに襲われてけがをした」と119番通報があった。
    男性は腕や脇腹をかまれるなどして重傷。命に別条はないという。

    喜多方署によると、男性は1人で山林に入ったところ、体長約1メートルのクマに遭遇したという。
    現場から逃げて携帯電話で助けを求め、会津若松市の病院に運ばれた。
    顔にも爪傷を負ったという。

    同署などが付近住民らに注意を呼び掛けている。
     
    1

    以下ソース:福島民友新聞 2017年10月06日 08時50分
    http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171006-209928.php

    (この記事の続きを読む)

    【北海道白糠町】またもやヒグマ被害…シカ猟をしていたハンターが噛まれる。

    1: 名無しさん 2017/10/06(金) 15:45:35.50 ID:CAP_USER9
    3

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171006/k10011170181000.html

    4日、キノコ採りの男性がヒグマに襲われて死亡した北海道白糠町で、6日もシカ猟をしていたハンターの男性が遭遇したクマにかまれ、手や足に軽いけがをしました。クマはその場で仲間のハンターに駆除されましたが、警察は引き続き、入山する際は十分注意するよう呼びかけています。

    6日昼前、白糠町庶路基線の山中でエゾシカ猟をしていたハンターの男性が遭遇したヒグマにかまれて手や足に軽いけがをしました。
    クマは一緒にいた仲間のハンターがその場で駆除したということです。

    白糠町では4日、今回の現場からおよそ9キロ離れたやぶの中でキノコ採りをしていた男性がクマに襲われて死亡しているのが見つかったばかりで、地元の猟友会などが見回りを強化していました。

    この時期は冬眠前のクマが栄養を蓄えようと活動的になるため、警察は引き続き、付近の山に立ち入る際は十分注意するとともにクマを見つけても決して近づかないよう呼びかけています。

    (この記事の続きを読む)

    【北海道:白糠町】首や太もも“えぐられたような“爪痕…ヒグマに襲われ73歳男性死亡 ((((;゚Д゚))))

    1: 名無しさん 2017/10/04(水) 16:13:24.16 ID:CAP_USER9
    hans-veth-397720

    10/4(水) 14:13配信

     4日午前10時ごろ、白糠町茶路基線で、男性がうつ伏せで倒れているのが見つかりました。

     男性は、白糠町に住むアルバイト、松山浩さん(73)で、3日午前6時ごろから、1人でキノコ採りに出かけたまま、行方がわからなくなっていました。

     松山さんが見つかったのはデントコーン畑近くで、その場で死亡が確認されました。

     松山さんの遺体には、首や後頭部、と太ももに大きな爪痕があり、えぐられたようになっているということです。

     また、現場近くにクマの足跡や糞があるということです。

     警察は、松山さんが、クマに襲われたものとみて、詳しい状況を調べるとともに、地元ハンターが、松山さんを襲ったクマを探しています。

     現場はデントコーン畑で、白糠町内では、2017年の春先に、手負いとなったクマが逃げているということです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171004-00010000-hokkaibunv-hok

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】函館市の山中で撮影…見た目は「パンダ」正体は…?

    1: 名無しさん 2017/09/25(月) 20:40:36.54 ID:CAP_USER9
    パンダ?
     
    7

     北海道函館市で見た目がパンダのような野生の動物の映像が撮影された。

     今月21日に北海道函館市の山中で撮影された映像には、耳と両目のまわりが黒く、一見するとパンダのように見える動物が映っていて、木にしがみつきこちらを伺っている様子が分かる。

     突然現れたこのパンダの様な外見の動物を撮影した男性は-。

     「見た目めっちゃパンダっぽかった。襲ってくる感じではなくて かわいかったですね。普通に」

     映像を見た専門家は-。

     道総研環境科学研究センター、間野勉自然環境部長「ヒグマで間違いありません。(見た目から)2歳~3歳くらいの個体か雌の成獣。パンダのように見えるかもしれないですけど、(こういう配色は)北海道のヒグマでは一般的です」

     なおヒグマは人を襲うこともあるため近づくのは危険。

    配信2017年9月25日 19:46
    日テレニュース ※ソース先に動画あります
    http://www.news24.jp/articles/2017/09/25/07373519.html

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】ワイ登山者、遂にヒグマと鬼ごっこをしてしまう…

    roaring-brown-bear-15969-1920x1200


    1: 名無しさん 2017/09/18(月) 21:57:15.95 ID:X5g+uMlI0
    後方2km程度の稜線付近にヒグマ確認。距離があったので「ま、大丈夫かな」と考え先に進む

    20分程度してふと後ろを振り返ると距離がおよそ500mぐらいにまで縮まってる

    「ちょっとヤバイかも」と思い小走りで下山を始める

    あとはジワジワ距離詰められたってだけ。最終的には気付いたら消えてたけどな
    あー、怖かった。もう北海道での登山なんてやーめよ

    4: 名無しさん 2017/09/18(月) 21:57:57.07 ID:o/x+lnIa0
    f96ede74b1730d105e7606a8726e4950


    7: 名無しさん 2017/09/18(月) 21:58:47.88 ID:sUwkabsJ0
    歌えば追い払えるってマジ?

    8: 名無しさん 2017/09/18(月) 21:59:11.60
    今家にいるのか

    12: 名無しさん 2017/09/18(月) 21:59:39.88 ID:X5g+uMlI0
    >>8
    マックで飯食ってるわ
    関連記事
    北海道でクマと追いかけっこしたったwwwwwwwwwwwwww

    (この記事の続きを読む)

    大阪でクマ 駅から400m

    1: 名無しさん 2017/09/14(木) 11:20:27.63 ID:cuTnoVeG0 BE:155743237-PLT(12000) ポイント特典
    大阪でツキノワグマ目撃 付近に住宅街、小学校や大学も
    2017年9月13日 21時42分

    1

    大阪府は13日、同府箕面市彩都粟生南(さいとあおみなみ)3丁目の水路沿いでツキノワグマが目撃された、と発表した。けが人の情報は無いが、付近には住宅街が広がり、大阪大学箕面キャンパスや小学校も近くにあることから、府は注意を呼びかけている。

    府動物愛護畜産課によると、ツキノワグマは12日午後1時半ごろに目撃され、13日になって動画とともに府や箕面市に情報提供があったという。
    1日と5日にも、今回の発見場所から5~8キロ離れた大阪府茨木市内で、体長1メートルほどとみられるツキノワグマの目撃情報があった。
    府は動画を確認し、体の大きさなどから同じツキノワグマだった可能性が高いとみている。

    府によると、ツキノワグマは京都や兵庫、和歌山など近隣府県に生息。
    大阪府は生息地域ではないが、全国的に出没地域が拡大しており、夏から秋にかけて行動が活発になるという。
    発見場所は大阪モノレール彩都西駅の南西約400メートル。

    府内では2014年6月に箕面市と同じ府北部の豊能町で初めて野生のツキノワグマを捕獲。同年以降この地域で目撃情報が府に寄せられるようになり、京都や兵庫など近隣府県のクマの生息地域の南下が指摘されていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13608725/

    (この記事の続きを読む)

    三毛別羆事件の熊の大きさwwwwwwwwwwww

    1: 名無しさん 2017/09/06(水) 23:26:16.87 ID:+t7rVLFz0
    no title

    古代の生き物かな?
    三毛別羆事件 - Wikipedia
    三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村三毛別(現:苫前町三渓)六線沢[注釈 1]で発生した、クマの獣害(じゅうがい)としては記録的な被害を出した事件。六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれる。 
    エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事態は終息した。


    2: 名無しさん 2017/09/06(水) 23:26:43.11 ID:gEzyujdz0
    吉村昭の本おもしろい?

    9: 名無しさん 2017/09/06(水) 23:27:57.44 ID:V98/eAEHK
    >>2
    これと黒部ダムの話は読むべき

    10: 名無しさん 2017/09/06(水) 23:28:01.10 ID:Z7ov8o9i0
    >>2
    面白い。高熱隧道がおすすめ

    65: 名無しさん 2017/09/06(水) 23:34:40.27 ID:agYlM9/Xd
    >>2
    古本屋で100円で買えるわ

    186: 名無しさん 2017/09/06(水) 23:46:41.62 ID:oGbettB2x
    >>2
    漂流が熱い
    関連記事
    でも三毛別羆事件より凄惨な事件ってあったの?

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ 最新コメント (*゚∀゚)
    ■ tozanchannelに関するツイート
    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top