登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    クマ

    【シロクマ】「真っ白」のヒグマ目撃相次ぐ…危険性は普通のクマと同じ

    1: 名無しさん 2017/08/11(金) 20:59:52.92 ID:CAP_USER9
    真っ白のヒグマ 
     
    1

     北海道の下川町で、全身が真っ白のヒグマが目撃された。専門家は普通のヒグマと危険性は変わらないとして注意を呼びかけている。

     9日朝、全身が真っ白のクマが北海道・下川町の中学校で撮影された。この日の夕方には、ジャンプ台などが設置されたスキー場近くの牧草地でも再び目撃されている。

     なぜ体が真っ白なのか?ヒグマの生態に詳しい専門家は─

     佐藤喜和教授「いわゆる“アルビノ”と言われる、メラニンをまったく合成できないような遺伝子を持つのだと思う。道内でここまで真っ白い”アルビノ”は、2012年以来初めてなので」

     実は、5年前にも下川町の隣の西興部村で白い子グマが見つかっている。専門家は、このときの子グマが成長して、再び現れた可能性を指摘する。

     佐藤喜和教授「当時1歳くらいの小さなクマだったが、それに比べると大きくて、体のバランスを見ても成獣のような大人のクマの形をしているので、もしかしたらあのクマがまだ生きていてここに現れた気がしないでもない」

     色は真っ白だが、危険性は普通のクマと同じ。下川町や警察などは、周囲の見回りを強化するとともに、もし見かけても近づかないように注意を呼びかけている。

    配信2017年8月11日 19:20
    日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2017/08/11/07369640.html

    (この記事の続きを読む)

    【スウェーデン】囲いの中を清掃していた動物園飼育員、若いヒグマに襲われ死亡…クマは殺処分

    1: 名無しさん 2017/08/05(土) 19:51:49.84 ID:CAP_USER9
    動物園飼育員、クマに襲われ死亡 スウェーデン
    2017/08/05 19:41(ストックホルム/スウェーデン)
    http://www.afpbb.com/articles/-/3138244
     
    img_1d458ef05fd2addcc50589c391591d61227083

    【8月5日 AFP】スウェーデン中部ダーラルナ(Dalarna)にあるオーシャ肉食動物園(Orsa Predator Park)で4日、飼育員の男性(19)がクマに襲われて死亡した。

     警察当局の声明によると、飼育員は囲いの中を清掃していた際に、「フェンスの下を掘って抜け出したとみられるクマに襲われた」という。飼育員はその後、襲われた際のけがが原因で死亡した。

     飼育員を襲ったのは若いヒグマで、公共放送スウェーデン・テレビ(SVT)によると、このクマは殺処分されたという。

     オーシャ肉食動物園はホッキョクグマをはじめとする北半球の肉食動物を飼育しており、その多くは絶滅危惧種だという。

     スウェーデンでは2012年にも、北欧最大級のコールモーデン動物園(Kolmarden Zoo)で飼育員の女性(30)がオオカミに襲われて死亡している。(c)AFP

    (この記事の続きを読む)

    【※閲覧注意】タイの寺院で男性がクマに襲われる動画がヤバすぎる ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    1: 名無しさん 2017/08/05(土) 03:13:47.01 ID:1tcwisLl0
    6

    【閲覧注意】タイの寺院でクマに男性が襲われるも、奇跡的に命を取り留める

    その出来事が起きたのは、北部のペッチャブーン県にあるWat Luang Phor Lamai 寺院とされている。

    被害者の男性、Naiphum Promrateeさん(36)は4、5人のグループでその寺院を訪れ、囲いの中で飼育されているクマにエサを与えようと、ロープでぶら下げていたという。

     

    しかし突然、クマは後ろ足で立ち上がると、Promrateeさんを囲いの中へと引きずり込んだそうだ。

    その衝撃でPromrateeさんは意識不明に。しかしクマは鋭い爪で彼の体を引き裂き、口にくわえ続けた。


    ソース
    http://switch-news.com/%E4%BA%8B%E4%

    動画
    【※閲覧注意】
    https://youtu.be/LCXVLhw1H84

    【※閲覧注意】
    http://livedoor.blogimg.jp/tozanch/imgs/c/c/cc21d39d.jpg

    http://livedoor.blogimg.jp/tozanch/imgs/8/8/88ace0f8.jpg

    http://livedoor.blogimg.jp/tozanch/imgs/6/4/648a2c9a.jpg

    http://livedoor.blogimg.jp/tozanch/imgs/6/c/6cd8682a.jpg

    別ソース
    http://www.dailymail.co.uk/news/article-4754042/Man-teased-bear-dangling-food-jaws-gored.html

    (この記事の続きを読む)

    【山形】クマにかまれ男性けが おりにかかった2頭のうち、駆除許可がなく放した1頭にその場で襲われる…

    1: 名無しさん 2017/08/01(火) 12:02:10.37 ID:CAP_USER9
    unnamed

    1日午前7時20分ごろ、山形県尾花沢市鶴子の御所の水公園近くで、地元猟友会の男性(68)がクマに右腕を複数回かまれて負傷した。命に別条はないという。
    おりにかかった2頭のうち1頭しか有害駆除の許可が出ていなかったため、放した1頭にその場で襲われた。

    尾花沢署などによると、市内でクマの目撃情報が相次いだため、4日前から駆除用のおりを公園付近の林に設置。1日朝、市職員と猟友会メンバーが確認すると、2頭のクマが約50メートル離れた別々のおりにかかっていた。

     だが駆除の許可は1頭分だけだったため、小さい雌のクマを放したところ、おりを開ける作業をしていた男性を襲った。その後、2頭とも射殺した。

     尾花沢市によると、駆除の許可は被害が確認されていない場合、1頭ずつしか出さないという。

    配信 2017.8.1 11:42更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/170801/afr1708010008-n1.html

    (この記事の続きを読む)

    【山梨:笛吹市】68歳空手家がクマと死闘 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    1: 名無しさん 2017/08/01(火) 12:58:07.41 ID:CAP_USER9
    畑で、農作業中にクマに遭遇した68歳の空手家の男性が、けりなどの空手技で、クマを撃退した。

    7月31日午後5時ごろ、山梨・笛吹市の自宅近くのワサビ田で、農作業をしていた宮川博人さん(68)が、体長1.6メートルのクマに襲われた。

    宮川さんは
    「この辺で異様な違和感を感じたので、何だろうと振り向いた瞬間に、ここで(クマが)仁王立ちになっていた」と話した。
    宮川さんは、空手道場の館長を務めていて、突きやけりなどの技で応戦したところ、クマは山に逃げていったという。

    宮川さんは
    「おなかが、がっとこっち向いていた。結構効いたような気はしたが、顔がおりてきたので。これは効いたと思う」と話した。
    宮川さんは、クマの爪で頭などをひっかかれ、軽傷。

    山梨県によると、4月以降、31日までに、県内でクマの目撃情報が83件あり、注意を呼びかけている。
     
    2

    以下ソース:フジテレビ 08/01 12:33
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00365970.html

    (この記事の続きを読む)

    【長野県松本市】山で釣りをしていた男性二人がクマに襲われ怪我…

    1: 名無しさん 2017/07/28(金) 15:26:05.27 ID:CAP_USER9
    6

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170728/k10011078281000.html

    28日午前、長野県松本市で、釣りのために山に入った男性2人がクマに襲われてけがをしました。

    28日午前9時20分ごろ、松本市安曇の県道158号線の清水トンネル近くで、川釣りのために山に入った60代と70代の男性2人がクマに襲われました。

    警察によりますと、2人はクマにかまれたり引っかかれたりしたということで、額にけがをしている70代の男性は病院に搬送され手当てを受けているということです。

    松本市によりますと、2人を襲ったクマは子グマと見られるということで、警察は周辺をパトロールして警戒を呼びかけています。

    長野県内では、今月18日に山ノ内町の山林で60代の男性がクマに襲われてけがをしています。
    クマはこれから来月にかけて繁殖期に入り行動範囲が広がることから、長野県では、山に入る場合はクマが活発に動く朝と夕方の時間帯を避け、鈴やラジオなど音が出るものを身につけるよう呼びかけています。

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】ものすごい勢いで駆けるヒグマ、網走で撮影…「でかい」「速すぎる」と驚き(動画あり)

    1: 名無しさん 2017/07/28(金) 18:41:05.23 ID:CAP_USER9
    32

    網走市北浜のジャガイモ畑や農道を駆ける2頭のヒグマを、同市の農業堀田泰広さん(68)、昌子さん(65)夫妻が軽トラックからスマートフォン(スマホ)で撮影した。
    動画は北海道新聞に提供し、どうしん電子版で公開したところ、「でかい」「速すぎる」とSNSで拡散した。

    7月14日午後5時10分ごろ、運転していた泰広さんが見つけ、助手席から昌子さんが撮影した。

     現場は、オホーツク網走農協の澱粉(でんぷん)工場に隣接する畑作地帯で、農家も点在している。
    オホーツク海側にあり、周囲に森が多い濤沸湖から1キロ弱。春からクマの目撃情報が相次いでいた。

     泰広さんは、地元の猟友会に長年所属していたハンターで、クマとの遭遇には慣れているものの、「ここまで大きなクマは珍しい。貴重な映像だ」と興奮ぎみに説明する。

     クマは子と母親と思われる2頭で、先行する子を追うように母親が白い花が咲いたジャガイモ畑を横切り、農道でいったん減速して、ビール大麦畑で加速する。海を泳ぐイルカのように麦の穂の波間を上下しながら駆けている。

     泰広さんは「人に気付いて駆けだしたのか。むやみに刺激せず、車内にとどまるべきだ」とクマに遭遇した際の注意を語る。
    撮影した昌子さんは「驚いたが、とっさにスマホで撮影しようと思い夢中で操作した。
    多くのひとにこの映像を見てもらい、クマの注意喚起にも役立ててほしい」と話している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170728-00010003-doshin-hok

    <動画>ヒグマ2頭。網走市北浜で撮影
    https://www.hokkaido-np.co.jp/movies/detail/5521714417001

    (この記事の続きを読む)

    7000万円もらえるけど三毛別羆事件のあった当日の村に飛ばされる

    2


    1: 名無しさん 2017/06/18(日)09:13:10 ID:kAe
    やる?
    村民を守り切れたらOK
    問題の羆が死んだ時点で現代へ帰れるとする
    なお自分が死んだり1人でも死者が出たら二度と帰れない
    1
    三毛別羆事件 - Wikipedia
    三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年(大正4年)12月9日から12月14日にかけて、北海道苫前郡苫前村三毛別(現:苫前町三渓)六線沢[注釈 1]で発生した、クマの獣害(じゅうがい)としては記録的な被害を出した事件。六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれる。 
    エゾヒグマが数度にわたり民家を襲い、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った。事件を受けて討伐隊が組織され、問題の熊が射殺されたことで事態は終息した。


    2: 名無しさん 2017/06/18(日)09:14:34 ID:1iv
    安すぎる

    3: 名無しさん 2017/06/18(日)09:16:22 ID:e0z
    無理やろな。知らん人が熊出るから逃げろっていって誰が信じるか

    4: 名無しさん 2017/06/18(日)09:16:50 ID:dS6
    無理ゲー杉内

    5: 名無しさん 2017/06/18(日)09:17:27 ID:WqI
    無理
    完全に経路把握してても無理

    6: 名無しさん 2017/06/18(日)09:17:57 ID:7xI
    死んだフリしたらええやん(適当)

    7: 名無しさん 2017/06/18(日)09:18:05 ID:7Ez
    二度と帰れないとかハイリスクやね
    関連記事
    でも三毛別羆事件より凄惨な事件ってあったの?

    (この記事の続きを読む)

    【フランス:ピレネー】ヒグマに追われ? ヒツジ209頭、渓谷に転落して死ぬ…

    1: 名無しさん 2017/07/25(火) 15:38:52.92 ID:CAP_USER9
    4

    【7月25日 AFP】フランスとスペインの国境を走るピレネー山脈(Pyrenees)で、209匹のヒツジが渓谷に転落して死んだことが分かった。ヒグマに追い掛けられたとみられている。当局が24日、明らかにした。
    ヒツジの死骸が見つかったのはピレネー山脈のフランス側のクーフラン(Couflens)。ピレネー山脈では20年前、絶滅の危機から救うためにヒグマが野生に放されたが、昨年も家畜が襲われる被害が相次いでいた。

    地元当局は声明で、ヒグマの襲撃によって残念にもヒツジ209匹が死んだとし、「真夏の時期にも、ヒグマがいることでヒツジや牛、馬の群れに重大な損害をもたらし得ることが改めて分かった」と述べている。
    調査を進めており、ヒツジの所有者には補償が行われるという。

    スペインのカタルーニャ(Catalonia)当局はAFPの取材に、スペイン北部のヒグマは全頭、衛星利用測位システム(GPS)で追跡できる発信機が装着されているとして、襲ったヒグマはフランスで生まれた個体だとの見方を示した。
    ピレネー地方では昨年10月、一部の羊がヒグマに襲われたことを受けて牧羊業者およそ70人が抗議行動を行った。

    ヒグマは大型のものだと体重250キロ、体長2メートルにも成長する。しかし当局はピレネー一帯のヒグマについて、生息数は増加しているものの、家畜の被害に顕著な増加はみられないとしている。

    配信 2017年07月25日 13:52
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3136883

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】胆汁目的で飼育されたクマ1000頭超を救出へ…

    1: 名無しさん 2017/07/20(木) 23:35:27.06 ID:CAP_USER9
    ベトナム・ビンフック省の保護施設に収容されたツキノワグマ(2017年7月19日撮影)
     
    5

    【7月20日 AFP】ベトナム当局は19日、伝統薬として珍重されるクマの胆汁の取引を廃絶する取り組みの一環として、違法に運営されている全国各地の牧場からクマ1000頭以上を救出することで合意したと発表した。

    ベトナムでは1992年以降、胆汁採取目的でクマを飼育することは禁止されている。
    だが今もペットとして飼育することは認められているため、法の抜け穴を利用し、クマの捕獲および違法な施設での収容が続いており、痛ましい方法での胆汁採取が現在も行われている。

    ベトナム森林総局(VNFOREST)と動物愛護団体「アニマルズ・アジア(Animals Asia)」は、胆汁取引の廃絶、および全ての施設の閉鎖を5年以内に達成するよう義務付けるとともに、既存の施設全てからクマを救出することで合意したと発表した。

    アニマルズ・アジアのジル・ロビンソン(Jill Robinson)代表は、首都ハノイ(Hanoi)で行われた署名の席で「本当に歴史的な日だ」と語り、今回の決定が「ここベトナムで胆汁採取目的のクマの飼育を決定的に終わらせることにつながる」と強調した。

    ベトナムでは現在も、全国各地にある400超の施設で、およそ1200頭のクマが収容されているという。
    アニマルズ・アジアの推計によると、クマの救出、および適切に収容することが可能な保護区の設置に最大2000万ドル(約22億円)かかる見込みで、同団体は篤志家や企業、政府に資金援助を呼び掛けている。

    クマの胆汁には肝臓や胆のうの疾患の治療に役立つ酸が含まれているが、代用できる効果のある植物も存在するという。

    配信 2017年07月20日 22:38 
    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3136457?pid=19213898

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ 最新コメント (*゚∀゚)
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top