登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > クマ

    クマ

    【北海道】クマ牧場跡地に「1頭が悪環境で放置されている」写真が話題! 札幌市が「誤解」と否定…健康状態も良好

    1: 名無しさん 2018/08/24(金) 00:00:37.49 ID:CAP_USER9
     2004年に閉園した北海道のクマ牧場「定山渓熊牧場」(北海道札幌市)の跡地において、今なお1頭のクマが劣悪な環境で放置されたままになっているといううわさが、Twitterで注目を集めています。

     管轄の札幌市保健福祉局保健所動物管理センターに取材したところ「情報は誤解です」と否定。現在は施設でクマ2頭を飼養している状況ですが、市が年に複数回の立入検査をしており、管理者が1日1回のエサを与えているため健康状態も良好だと説明しました。

    1

     「定山渓熊牧場」は1969年に定山渓グランドホテルが開園。その後クマの健康や衛生面の問題、施設の老朽化から2004年に閉園しました。しかし2011年に動物保護団体への情報提供をきっかけに、衛生状態の悪い中で総計13頭のクマが雌雄混在で飼養されていることが発覚。床にごみが散乱し、死後放置されたと思しきクマの骨が散見されるなど深刻な状況で、NPO法人の地球生物会議ALIVEが管理者に飼養の改善を指導するとともに、行政にも定期的に立入検査をするよう要望しました。

    2011年当時の要望書
     
    2

     しかし2018年8月18日にTwitterであるユーザーが、定山渓熊牧場跡がずっと気になっていたためドローンで空撮したという写真を投稿。コンクリートの構築物内に1頭のクマが写っており、「閉園後も残されたクマたちがまともな食べ物も与えられない劣悪な飼育環境で急速に数を減らし、2013年に確認された雄2、雌6頭以降の情報が全く皆無でした。2018年8月、結果は最後に1頭を残すのみとなっているようです」と報告しました。

     ツイートは1万回以上リツイートされるなど話題に。「辛い気持ちになりました」「とてもショックをうけました」とクマの状況に心を痛める声が相次いであがっています。

     本当にクマは放置されている状況なのか――担当している動物管理センターに取材したところ、行政では年に複数回の立入検査を実施し、飼育状況の確認と必要な指導を継続していると説明しました。直近では2018年7月26日に実施し、今回のツイートをきっかけに問い合わせが複数来たため、8月22日にも立ち入ったといいます。

    冒頭の写真とは別のクマの現在
     
    3

     現在管理はハマノホテルズが行っており、メス2頭を個別の飼育スペースで飼育。2004年の閉園時からいるヒグマで、推定30歳近くと高齢ですが、施設では給水設備や日陰が確保され清掃もされており、熊はのんびりと生活している様子が確認できるとのこと。食事は1日1回野菜やパンなどを中心に与えており、飼育責任者がクマの体調をみてエサの量を調整しているそうです。

     健康状態は動物管理センターの獣医師が確認したところ、野生の個体と比べて毛並や肉付きが良く、リラックスした様子が見られ良好な健康状態と考えられると診断。管理記録でも異常がないことが確認でき、「Twitterにあるような“まともな食べ物も与えられない劣悪な飼育環境”には現在ありません」と否定しました。

    7月26日の様子
     
    4

     2011年当時にいた13頭が2頭にまで減っている理由については「ヒグマの平均寿命は30歳で、当時15~20歳のクマが多かったことから、病気や老衰で死亡したのではないでしょうか」と推測。2頭を現在も飼育している理由については、「クマをどうするかは基本的に管理者の判断となるのですが、これまで他の受け入れ先を探し続けてきたもののなかなか見つからず、移動は難しいと聞いています」と説明しました。

     札幌市としては施設には今後も定期的に立入検査を実施していくとのこと。「専門家や道内の動物園などの助言や協力を得ながら、適正な飼育が継続されるよう状況の確認及び指導を行っていきます。管理者にも協力して、クマの飼育環境の向上に取り組んでいく予定です」(動物管理センター担当者)

    2018年08月23日 19時50分
    ねとらぼ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1808/23/news123.html

    【北海道】クマ牧場跡地に「1頭が悪環境で放置されている」写真が話題 札幌市が「誤解」と否定 健康状態も良好

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】人慣れクマ出没30件超 問題長期化、住民疲弊 「賢い、人を恐れない」「追い払ってもすぐ戻ってくる」

    1: 名無しさん 2018/08/19(日) 09:45:07.87 ID:CAP_USER9
    ヒグマ

     建物の一部を壊したり畑を荒らしたりとクマによる被害や目撃が止まらない北海道島牧村で、7月29日以降の出没件数が30件を超えた。今回のクマの最大の特徴は、人を恐れないこと。警察や地元猟友会が警戒を続け村も一部地区で異例の夜間外出自粛を呼びかけているが、長期化に地域住民には疲労の色がにじむ。【野原寛史】

     14日午後7時50分ごろ、同村の原歌地区で警戒中の道猟友会島牧分会長、高島紀彦さん(61)に「近くの住宅の裏でクマらしき物音がしたという通報があった」と連絡が入った。

     ただちに車で現場へ急行。仲間2人と暗闇を懐中電灯などで照らして慎重に探した。結局クマの姿を確認できなかったが「昨日も出た場所。まだ近くにいる可能性がある」と判断し、駆けつけた警察官らと深夜まで探索やパトロールを続けた。付近の住宅の窓から、不安そうに外の様子を見る住民の姿も見られた。

       ◇  ◇   

     クマの出没が止まらず、目撃地域の広さや特徴から、地元では「複数のクマが人里に姿を見せているのでは」との見方も。一方で、これまでに駆除・捕獲には至っていない。

     村や寿都署によると、人命の危険にさらされている場合など例外を除くと夜間や住宅地近辺での発砲は禁じられている。村、道後志振興局、警察、猟友会による13日の対策会議で猟銃使用の規制緩和が話題に上ったが、結論は出なかった。捕獲用のおりを4カ所に設置したが、クマが近づく様子はない。

     高島さんは「賢いうえに人を恐れない。爆竹を使ってもすぐに別の場所に現れたことも。このようなクマは、今後被害がさらに大きくなる可能性がある」と危機感を抱く。

     ◇  ◇ 

     目撃数の半分以上を占め被害も出ている原歌地区は、海岸沿いの国道に面して家一軒ずつが並び、そのすぐ後ろには広大な山林が広がっている。

     自宅裏に13、14日と続けてクマが現れた田中トミ子さん(74)によると、地域では昔から親子のクマが出没していた。「代々人里に出てくることで、人を恐れないクマが育ったのではないか」と推測。夕方以降は玄関に侵入を防ぐ板を置き、絶対に外に出ないようにしている。

     村内の猟友会のメンバー13人は7月末以降、分担して深夜・早朝のパトロールを継続。目撃情報があれば徹夜の活動になることもある。お盆で墓参をする人たちに付き添い、昼も警戒に当たった。日中は仕事をしている会員も多く疲労が蓄積しているが、先が見えない状況が続く。小中学校の始業式を前に、町などは登下校時の付き添いなど子供たちの安全対策について協議している。

     地区会長の大西敏夫さん(64)は「一時的に追い払ってもすぐ戻ってきて、問題は解決しない。不安で熟睡できないという声も上がっている。行政には捕獲など踏み込んだ対応をお願いしたい」と強調した。

    毎日新聞2018年8月19日 09時32分(最終更新 8月19日 09時32分)
    https://mainichi.jp/articles/20180819/k00/00e/040/149000c

    【北海道】人慣れクマ出没30件超 問題長期化、住民疲弊 「賢い、人を恐れない」「追い払ってもすぐ戻ってくる」

    (この記事の続きを読む)

    ヒグマが車のドア開け侵入か。米で映像を公開し注意呼びかけ ((((;゚Д゚))))

    1: 名無しさん 2018/08/17(金) 09:40:03.48 ID:CAP_USER9
    eberhard-grossgasteiger-726807-unsplash

    アメリカ西部カリフォルニア州で、食べ物を求めて乗用車のドアを開け、車内に侵入していたとみられるヒグマが、窓ガラスから飛び出してくる映像を地元の保安官事務所が公開し、「クマは車のドアを開けられるので必ず鍵をかけてほしい」と注意を呼びかけています。

    アメリカ西部カリフォルニア州のエルドラド郡を管轄する保安官事務所は14日、山あいにあるコテージの近くに止めた乗用車に先月、ヒグマ1頭が潜んでいた際の映像をネット上に公開しました。

    映像には、通報を受けて駆けつけた保安官事務所の職員が殺傷力の低い銃弾を乗用車めがけて撃ち込むと、車内に潜んでいたヒグマが窓ガラスから飛び出し、いちもくさんに逃げていく様子が写されています。

    ヒグマが潜んでいた乗用車はドアが閉まっていましたが、鍵がかかっていなかったため、食べ物を探していたヒグマがドアを開けて、車内に侵入したとみられています。

    保安官事務所は同じような被害が相次いでいるとして「クマは車のドアを開けられるので、必ず鍵をかけるとともに、車内に食べ物を放置しないようにしてほしい」と呼びかけています。



    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180817/k10011580311000.html

    【クマ】ヒグマが車のドア開け侵入か。米で映像を公開し注意呼びかけ

    (この記事の続きを読む)

    【フランス】政府「絶滅危惧種のクマを輸入して放獣するよ」 農家「クマいなくなっても誰も困らない」

    1: 名無しさん 2018/08/14(火) 19:22:42.02 ID:CAP_USER9
    vincent-van-zalinge-398111-unsplash

     ◇「クマいなくなっても誰も困らない」に政府「クマと共生を」

     【パリ賀有勇】スペインとの国境に連なるフランス南部ピレネー山脈に生息するヒグマを絶滅から救うために、仏政府が国外から輸入したメスのヒグマ2頭を放獣する方針を打ち出し、クマによる家畜被害を恐れる農家との間で摩擦が生じている。

     仏政府の計画では、今秋にスロベニアからメスのヒグマ2頭を譲り受け、3000メートル級の山々からなるピレネーに放す。フランス狩猟・野生動物事務局などによると、ピレネーのヒグマは乱獲の末、1940年ごろに150頭まで減少。密猟などにより95年には5頭にまでなった。

     対策として96年から計8頭がスロベニアから輸入され放獣された。専門家は絶滅を回避する最低頭数を50頭と試算しているが、現在では43頭まで回復。だが、メスがいない地域があるために新たなメスのヒグマの放獣計画を打ち出した。

     世論調査では7割の地元住民が計画を容認するものの、羊の放牧農家らの猛反発を招いている。ピレネーでは羊乳を用いたチーズが特産品だが、クマに捕食されるなどして年間200頭程度の羊が犠牲に。クマの犠牲になったケースでは政府が損失補填(ほてん)している。インターネット上には、羊飼いとみられる男性らが、覆面姿でライフルを持ち新たな放獣を警告する過激な動画も投稿されている。放牧農家のフェレイさん(65)は「クマがいなくなっても誰も困らない。被害があるのになぜ頭数を増やすのか」と語気を強める。

     「絶滅による影響の有無ではなく、われわれに種を絶滅に追い込む権利があるのか。倫理的な問題として考えてほしい」。放獣推進派のNGO「熊の地」のアラン・レネス代表は、ピレネーのクマが25万年前から生息していたことを説明し、クマと共生する意義を説く。異国のクマとの交雑が進むことへの疑問の声もあるが、「同種のヨーロッパヒグマであり、遺伝的に大きな相違はなく、生息環境や生態の類似性などあらゆる調査結果が考慮された」と理解を求める。クマなどの生息は生態系や豊かな環境が保たれていることの証しと力説し、「生物多様性と人間生活の営みの両立は簡単ではないが不可能ではない」と訴える。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000062-mai-int

    【フランス】政府「絶滅危惧種のクマを輸入して放獣するよ」農家「クマいなくなっても誰も困らない」

    (この記事の続きを読む)

    【岩手県紫波町】罠にかかった子グマを見に行った男性、後ろから親グマに襲われ大怪我。親グマと子グマは逃走中。

    1: 名無しさん 2018/08/10(金) 12:49:08.25 ID:CAP_USER9
    1

    10日朝、岩手県紫波町で、69歳の男性が桃畑のわなにかかった子グマを見に行ったところ、親グマに襲われて大けがをしました。

    10日午前5時半ごろ、岩手県紫波町山屋で、農業を営む平舘一見さん(69)が桃畑のわなにかかった子グマを見に行ったところ、後ろから親グマに襲われました。

    平舘さんは頭や顔などに大けがをして病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。

    警察などによりますと畑が荒らされる被害があったため、ハクビシン用のわなを仕掛けていたということで、親グマと子グマは逃げて、地元の猟友会などが警戒にあたっています。

    平舘さんの長女は「3、4日前に畑の桃が食べられた跡がありました。新たにクマ用のわなを仕掛けてもらったので捕獲を待つしかありませんが、怖いので当分は近づかないようにしたい」と話していました。

    岩手県によりますと、県内では、ことしになってから先月までにクマの目撃情報が1688件寄せられ、9人がけがをしていて、注意を呼びかけています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180810/k10011571931000.html

    【クマ】罠にかかった子グマを見に行った男性、後ろから親グマに襲われ大怪我。親グマと子グマは逃走中。岩手県紫波町

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】ヒグマが飼い犬を襲い、死骸を穴に埋め林に逃げる ((((;゚Д゚))))

    1: 名無しさん 2018/08/10(金) 08:45:13.87 ID:CAP_USER9
    4

     北海道羅臼町で先月から今月にかけ、ヒグマが飼い犬や飼育していたヤギを襲う被害が相次いでいる。現場はいずれも住宅や人が出入りする場所で、同町などはわなを仕掛けたり、パトロールを行ったりして警戒を強めている。

     1日昼、羅臼町海岸町の女性(92)宅の倉庫で、藤本さんの孫の男性(47)が、飼い犬の死骸を穴に埋めているヒグマを見つけた。近くにはもう1匹の飼い犬の死骸があり、いずれもヒグマに殺されたとみられる。男性が声を上げるとヒグマは林の中へ逃げていったという。

     7月23日早朝には、同町峯浜町の酪農業の男性(38)が自宅敷地内で飼育していたヤギが血痕を残したままいなくなり、男性はヒグマに襲われたとして町に通報した。男性の牧場近辺ではヒグマが何度も目撃されていたという。

     知床財団によると、同町内でのヒグマの目撃件数は、今年は8月までに約220件に上り、昨年同期の倍近くに達している。

    2018年08月10日 08時05分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180810-OYT1T50004.html

    【北海道】ヒグマが飼い犬を襲い、死骸を穴に埋め林に逃げる/羅臼町

    (この記事の続きを読む)

    【お盆】"お供え物は持ち帰って!" クマ出没島牧村 お盆控え 墓参りも注意呼びかけ 北海道

    1: 名無しさん 2018/08/09(木) 12:59:43.17 ID:CAP_USER9
    墓

     人里へのクマの出没が相次いでいる北海道の島牧村では、お盆を前に墓参りする人たちにもクマへの注意を呼び掛けています。

     鎌田祐輔記者:「村や猟友会によりますと、墓地にもクマが寄りつく危険性があるといいます」

     お盆を控えて島牧村では、特にクマの出没が多い原歌町や元町で墓参りをする際は、付近にクマがいないか注意するよう呼びかけています。

     またほかの地区も含め、墓地にクマが寄り付くのを防ぐため、供物を持ち帰るよう求めています。

     このほか、島牧村では3か所あるキャンプ地でクマ出没の恐れがあるとしてキャンプを禁止するなど観光にも影響が出ています。

     2夜連続でクマの出没はありませんでしたが、依然として警戒が続いています。

    8/9(木) 12:02
    北海道ニュースUHB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000003-hokkaibunv-hok

    【お盆】"お供え物は持ち帰って!" クマ出没島牧村 お盆控え 墓参りも注意呼びかけ 北海道

    (この記事の続きを読む)

    【アメリカ】クマ…堂々とプールで涼む

    1: 名無しさん 2018/08/08(水) 11:11:11.35 ID:CAP_USER9
    世界各地で猛暑に見舞われています。

    こんな暑い日は、冷たいプールに入れたら気持ち良いですよね。

    プールで豪快に涼むクマの動画をご紹介します。

    アメリカ・オレゴン州にあるオレゴン動物園で暮らすタコダくん。

    激しく水しぶきを上げて、プールをひとり占めしています。

    ボールで遊んでみたり……。

    ぷかぷかと浮かんでみたり。

    プールをすっかり気に入っているようでした。

    言葉はなくても、タコダくんの楽しい気持ちがよく伝わってきますね。

    2018年8月7日 22時0分 らばQ
    http://news.livedoor.com/article/detail/15126939/

    動画



    画像

    9
    10

    【アメリカ】クマ…堂々とプールで涼む

    (この記事の続きを読む)

    【熊出没注意】4年に1度の「クマ大量出没年」…警戒呼びかけ 木の実が凶作で人の生活圏に

    1: 名無しさん 2018/08/08(水) 11:01:26.08 ID:CAP_USER9
    1

    長野県内でツキノワグマの目撃情報が急増している。食料となるブナやコナラなどの木の実が凶作で、山を下りてきているとみられる。5日には木曽町で83歳の男性が子グマを連れた成獣のクマに襲われ、頭や顔に重傷を負った。県はクマの通り道となりそうな林の木を伐採し、人の生活圏に近づけないようにするなど警戒を強めている。

     県鳥獣対策・ジビエ振興室によると、4~6月の目撃件数は計296件で、過去最多だった2006年度を上回るハイペースとなっている。県内では06年度は3362件、10年度は1591件、14年度に1575件と、4年ごとにクマが大量出没。今年度もその可能性が指摘されていた。

     雄グマは自分の子孫を残そうと雌が連れている子グマを襲う習性がある。餌が比較的とりやすく、人が立ち入ることの少ない山奥に生息するとされ、子連れの雌グマは雄グマを避ける傾向があるという。

     クマは9月以降、冬眠に備えて主な餌となるドングリを食べ脂肪を蓄積するが、山に十分な食料がない場合は、人里に下りてくる可能性がある。NPO法人「信州ツキノワグマ研究会」の浜口あかり理事(34)は「クマは臆病な性格。草を刈り、生ゴミをきちんと処理するなど、人間がいることをアピールすることが大切」と話す。

     クマは川沿いに山から人里に下りてきているとみられることから、県は市町村と協力して河川周辺の「河畔林」に生い茂った木を伐採。見通しをよくすることで、クマの行動を制限する対策を取っている。

     県鳥獣対策・ジビエ振興室は「目撃情報が多い年は人的被害も多い。あくまでデータ上の予測だが警戒してほしい」とする。千曲市では看板を設置し、飯山市では目撃情報が相次いだ6月に広報車で市内を巡回して、田畑や山村に行く時はラジオや鈴を携帯するよう注意喚起。6日にクマによる負傷者が出た栄村でも住民に警戒を呼びかけている。

    2

    2018年08月08日 09時21分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20180808-OYT1T50025.html

    【熊出没注意】4年に1度の「クマ大量出没年」…警戒呼びかけ 木の実が凶作で人の生活圏に

    (この記事の続きを読む)

    ヒグマのおやつ、ヒグマに食べられる…

    1: 名無しさん 2018/08/06(月) 12:46:29.44 ID:A9WDB0P80
    8

    <北海道>富良野市でクマに「ヒグマのおやつ」食べられる(HTB北海道テレビ放送) https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000003-htbv-hok

    富良野市で、「ヒグマのおやつ」というブランドのスイカが、クマに食べられる被害が見つかりました。農園では電気柵を張るなど、対策をとることにしています。

     被害に遭ったのは富良野市のスイカ畑で、5日、クマに荒らされているのを農園の男性が発見し、警察に通報しました。
    「ヒグマのおやつ」というブランド名のスイカ十数玉が食べられていました。
    被害に遭った農家の天間幸博さんは「ちょっと残念。実際になってしまいましたね。ヒグマのおやつに」と話していました。収穫は先週から始まっていて、農園ではパトロールや電気柵を張るなど対策をとることにしています。

    「ヒグマのおやつ」は小ぶりで、シャリシャリとした食感と甘さが人気です。

    ヒグマのおやつ、ヒグマに食べられる

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top