登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

 2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

シカ

【悲報】シカ、増えすぎ… 2017年02月06日 10:00
シカがサッカーゴールに刺さる 2016年08月07日 23:15

【獣肉】海外では「ジビエ料理」が普通なのに日本では何で色物扱いなの?

1: 名無しさん 2017/02/19(日) 22:08:48.27 ID:CAP_USER9
 
13

森林に入り、高い狩猟技術のもと、野生動物を増やさず絶やさず生態系を保ってきたハンター。
この猟銃を持ったハンターそのものが“絶滅”の危機に瀕している。

1970年代には、狩猟免許の保持者が50万人を超えていた。だが、いまやその人数は十数万人しかいない。
年齢比率を見ても、1970年代には60歳以上が約5%しかいなかったが、時代とともに高齢化が進み現在では70%以上に達している。
逆に20代は15%から1%に激減。シカやイノシシの獣害が目立つようになってきたことには、ハンターの減少も影響している。

「『有害鳥獣対策費』は毎年100億円前後が予算に計上されていますが、農作物被害はそれを上回る200億円前後に達しています。
獣害で農家が疲弊し、農地を手放すような深刻な状況に陥っているケースもあるのです。
シカが樹皮を食い荒らす森林被害も深刻で、国はシカとイノシシを半減させる目標を掲げていますが、現実は繁殖が駆除をはるかに上回っています」(農林水産省鳥獣対策室)

そんな折りに、JR東日本の駅構内商業施設『エキナカ』に展開するファストフード店『ベッカーズ』が、鹿肉バーガーを昨年11月から先月までのキャンペーンにおいて、前回より3割増しの2万食を準備し、これがすべて完売するほどの人気を博した。

鹿肉の味は、牛肉ほど主張がない控えめなあっさり系だという。
同店のミートパティは、野生鳥獣被害対策で捕獲された長野の鹿肉を使用しているという。
この鹿肉バーガーは、1個720円と牛肉バーガーのおよそ2倍もする価格だが、農作物を食い荒らすシカがおいしい料理に変わるのならば、まさに一石二鳥である。

このような野生動物の問題は、海外ではどう対処しているのだろうか。
ヨーロッパなどでは野生鳥獣の肉を『ジビエ』と呼び、貴重な高級食材として珍重されている。
日本ではなぜビジネスの対象にならないのだろうか。

「実際に、ハンターが捕獲した肉が利用されるのはまれで、9割以上が廃棄されています。銃で駆除すると食用として使えないのです。
それに加えて、全国的に獣肉の処理施設が未整備で、捕獲しても持っていく施設がありません。
牛や豚、鶏に比べ、日本の消費者の抵抗感は根強いこともあります」(グルメライター)

戦前は旧帝大に狩猟学が存在していたというが、現在は消滅している。
一方で、欧州では狩猟学が確立され、生息域や個体数の管理から人道的な捕獲、食肉利用まで担う専門の職業人が存在している。
また、英国営林署の職員の1割は野生シカの捕獲係だという。

日本でも狩猟学講座を復活させ、ジビエ料理として活用してこそ、鳥獣の命は全うされるのではないだろうか。

http://myjitsu.jp/archives/17217

(この記事の続きを読む)

【悲報】シカ、増えすぎ…

1: 名無しさん 2017/02/05(日) 11:51:47.19 ID:CAP_USER9
13

シカを観光資源や天然記念物として保護してきた自治体が、増えすぎたシカの対応に困るケースが増えてきた。

 厳島神社(広島県廿日市市)のある宮島や春日山原始林(奈良市)などの世界遺産の地では、観光客が弁当などを食べられたり、山林が食害にあったりと被害が続出。餌やりの制限や捕獲によって頭数を抑える動きも出ているが〈観光シンボル〉として親しまれてきたこともあり、解決は容易ではない。


◆宮島 超音波で侵入防止


 3日、宮島のフェリーターミナルから外に出ると放送が聞こえてきた。

 「シカは野生動物です。貴重品、手荷物の管理にご注意ください」。厳島神社の参道周辺ではあちこちにシカがいて、観光客がカメラを向けていた。


 一方で、人が食べるお菓子を持つ観光客に1頭が近づき、袋を奪って数頭が群がったことも。弁当をシカにとられないよう立って食べていた男性(63)は「シカがしつこいので驚いた」。


 宮島は大半が原生林で、北東部に市街地がある。住民らによると、戦後数十頭だったシカを島の観光資源にしようと捕獲。柵内で飼育した結果、急増し、その後、台風で柵が壊れて市街地に定着した経緯がある。


*+*+ YOMIURI ONLINE +*+*
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170204-OYT1T50091.html

(この記事の続きを読む)

【青森】シカ目撃急増、若手ハンター獲得目指し「狩猟体感バスツアー」実施

1: 名無しさん 2017/01/10(火) 08:35:50.54 ID:CAP_USER9
1

青森県内でニホンジカの目撃が急増し、農作物などの食害が懸念される一方、ハンターの高齢化による駆除の担い手不足が深刻だ。

県は若手ハンター獲得を目指し、昨年から「狩猟体感バスツアー」を実施。

猟の実演や銃砲店の見学、野生鳥獣肉を使ったジビエ料理の試食などを通し市民に狩猟を身近に感じてもらう取り組みを進める。
過去4回は毎回、定員30人を超える希望者があり、狩猟免許取得のきっかけになったケースも出ている。(以下省略)

全文はリンク先をご覧ください。
Yahoo(河北新報1/9(月) 12:24配信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000003-khks-soci

(この記事の続きを読む)

【屋久島】シカと交*を試みるサルを確認 (ノ∀`)

1: 名無しさん 2017/01/11(水) 06:52:05.86 ID:CAP_USER9
no title

鹿児島県屋久島で、雄のサルが雌のシカと交*を試みるという「極めて珍しい」場面を撮影したとする論文が10日、学術誌プリマーテス(Primates)に発表された。

異種間交*はごくまれな現象で、研究チームによると報告例は今回がわずか2件目。ただ、主に飼育されたり捕獲されたりした動物間で例外的に確認されることはあるという。

*+*+ AFPBB News +*+*
http://www.afpbb.com/articles/-/3113660

(この記事の続きを読む)

【立山・室堂周辺】高山地帯にニホンジカ…富山・北アルプスで初確認

1: 名無しさん 2017/01/10(火) 07:05:14.07 ID:CAP_USER9
28

北アルプス・立山の標高2000メートル以上の地点で、本来は高山地帯には生息しないニホンジカの姿が初めて撮影されました。生態系への影響が懸念されます。

富山県が設置した無人カメラに去年10月、オスのニホンジカ1頭が写っていました。撮影された地点は、立山・室堂周辺の標高2350メートル。本来は、ニホンジカが生息していない高山地帯です。

ニホンジカは繁殖力が強く、さまざまな植物を食べることから、絶滅が危惧されている国の特別天然記念物・ニホンライチョウへの影響が懸念されます。実際に南アルプスでは、ライチョウのエサや、すみかとなる高山植物を食い荒らし、ライチョウが減少する一因になったとみられます。   

立山の室堂周辺もライチョウの一大生息地で、関係者は今後ニホンジカが群れで進出しないよう対策を強める方針です。(10日04:05)

*+*+ TBS News i +*+*
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2956393.html

(この記事の続きを読む)

【北海道】「シカの宿泊お断り」JR稚内駅近くのサンホテル、ネットで反響

1: 名無しさん 2016/12/10(土) 12:03:41.42 ID:CAP_USER
JR稚内駅近くの稚内サンホテルがホテル前に出没したエゾシカの写真を短文投稿サイト「ツイッター」に投稿し、話題を呼んでいる。
9日現在、1万5千回以上のリツイート(共有)があり、ツイッター利用者たちは市街地にエゾシカが現れることに驚きと関心を見せている。

ツイッター投稿は6日付。
稚内サンホテルによると、同日午後1時ごろ、
ふぶいているホテルの駐車場に現れた雄のエゾシカを従業員が見つけて撮影し、「本日のご宿泊をお断りしたお客様」と投稿した。
インターネット上では「シカたないね」「野宿のプロなのに」といったコメントが寄せられた。

同ホテルの担当者は
「市内でシカを見るのは慣れていたので、予想外の反響に驚いた。
 シカが出るくらい自然を満喫できる稚内にぜひ遊びに来てほしい」と話している。

写真:「シカの宿泊お断り」で話題を呼んでいる稚内サンホテルのツイッター投稿
 
1

以下ソース:北海道新聞 12/10 07:00、12/10 09:14 更新
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/dohoku/1-0346972.html

(この記事の続きを読む)

【悲報】シカと間違えられ? 狩猟中の誤射また米国で 29歳女性、交際相手とその父親に撃たれ死亡

1: 名無しさん 2016/11/30(水) 21:12:12.57 ID:CAP_USER9
4

家族連れで狩猟に出かけた20代の父親が、誤射により幼いわが子2人に大怪我を負わせるという事故が米オレゴン州で発生したことをお伝えしたばかりだが、22日にはアーカンソー州でも似たような事故が起きたもよう。
犠牲になったのは20代の女性。鹿と間違えられたものとみられている。

アーカンソー州サーシー郡の保安官事務所が発表したところによれば、交際中の男性およびその父親という2人のハンターに次々と撃たれて死亡したのは、ステファニー・ボナインさん(29)。
現場はオザーク国立森林公園にも近いマーシャル西側の森林エリアで、ステファニーさんはその日、趣味の狩猟に出かける2人に同行していた。

遺体は司法解剖が行われ、ボーイフレンドとその父親が取り調べを受けたが、ステファニーさんが誤認防止のためのオレンジ色の上着を着用していなかったことが誤射の最大の原因であると判明。
この件は「事故」として扱われ2人は釈放されている。

しかしステファニーさんの家族はそれに納得していない。
兄は「彼らは『太陽が当たらず暗くてよく見えなかった』などと話したようですが、朝9時ごろの事故ですから二足歩行の人間と四足歩行の鹿を見間違えるなんてあり得ません」と話し、姉のキャンディさんも「説明内容がその都度ころころと変わり、正確なところがつかめません」と話すなど怒りをあらわにしている。

調査はまだ終了しておらず、州警察および州漁業狩猟委員会も加わっているという。

http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20161129/Techinsight_20161129_322522.html

(この記事の続きを読む)

【埼玉】基準値超すセシウム、秩父のシカ肉から検出 県、販売などの自粛要請

1: 名無しさん 2016/10/13(木) 00:03:18.62 ID:CAP_USER9
11

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00010004-saitama-l11
 
 埼玉県は11日、秩父市浦山で4日に捕獲したニホンジカ2頭の肉から、基準値を上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。

 県みどり自然課によると、2頭のシカから検出されたセシウムはそれぞれ1キロ当たり360ベクレルと130ベクレルで、一般食品の基準値である100ベクレルを上回った。
県はニホンジカの食肉を取り扱う事業者に対し、出荷・販売の自粛を要請するとともに、県民に対する注意喚起を行っている。

 小鹿野町と秩父市の二つの食肉処理業者が処理するシカ肉は、業者と県が二重の検査を行って安全性を確認しており、基準値を上回るシカ肉が出荷、販売されることはない。

 県は2011年の東京電力福島第1原発事故を受け、県猟友会などと協力して放射性物質による野生のイノシシやニホンジカへの影響調査を行っている。

(この記事の続きを読む)

なんでおまえらはもっと鹿肉食べないの?

1: 名無しさん 2016/09/16(金) 00:59:08.15 ID:CAP_USER9
9

鹿肉の消費拡大へ試験販売

*ソース元にニュース画像あり*

http://www.nhk.or.jp/lnews/tottori/4045640121.html?t=1473954451000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

有害鳥獣として捕獲された鹿の肉を、家庭でもっと味わってもらって消費の拡大につなげようと、鳥取市のスーパーマーケットで15日、試験販売が始まりました。

県内で捕獲された野生のシカの肉が試験販売されているのは、鳥取市のサンマート湖山店と、北園店の2店舗です。
このうち湖山店では、もも肉のブロックやミンチなどが、100グラムあたり100円から300円で販売され、早速買い求める客もいました。

県によりますと、昨年度1年間に県の東部で、有害鳥獣として捕獲された鹿は、およそ5700頭に上りますが、解体処理をして肉が販売されたのは、全体の20%程度だということです。
消費拡大につなげようと行われている今回の試験販売では、シカ肉の調理にあまり馴染みがない一般の家庭向けに、シカ肉を使ったハンバーグやパスタなどのレシピが売り場に並べられ、シカ肉のメンチカツの試食も行われています。

試食をした35歳の女性は、「思っていたよりもあっさりしていて、臭みもなくおいしいです。
手軽に買えるのはいいと思います」と話していました。

このスーパーでは、試験販売を今月いっぱい行う予定で、売れ行きを見ながら販売方法などを検討したいとしています。

09月15日 12時33分

(この記事の続きを読む)

シカがサッカーゴールに刺さる

1: 名無しさん 2016/08/05(金) 21:39:42.02 ID:meFfRpy70 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
函館市街地にシカ サッカーゴールに突っ込む
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0300960.html

11

4日午前、函館市中心部に雄のエゾシカ1頭が迷い込んだ。函館中央署員や猟友会のハンターら約50人が住宅街を逃げ回るシカを約2時間追いかけ、函館工業高グラウンドで捕獲した。
現場は観光名所の五稜郭公園の南側の一帯で、一時騒然となった。

函館中央署によると、シカは体長約1・5メートル。3、4歳とみられる。

最初の目撃情報は午前10時5分ごろで、「道路をシカが歩いている」と住民から通報があった。
シカは高さ約2メートルの塀を跳び越え、走行中の軽乗用車に接触しながら逃げた。けが人はいなかった。

シカは正午前に、最初の目撃場所から約1・1キロ離れた夏休み中の函館工業高に逃げ込み、自らサッカーゴールに突っ込んで捕まった。
その後、函館市郊外で放された。ハンターらは「どこから迷い込んだのか分からない」と首をかしげている。

(この記事の続きを読む)
■ About
twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
rss
follow us in feedly
2

いらっしゃいませ。(´・ω・`)
初めての方はこちらをご覧ください。
→このブログについて。
→全記事一覧

調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


■ 最新コメント (*゚∀゚)
■ はてブエントリー

■ スポンサーリンク

Back to Top