登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 鳥類・猛禽類

    鳥類・猛禽類

    スズメ、ガチで害鳥だった・・・ 2019年12月31日 16:00
    鳥の寿命は意外と長い・・・ 2019年12月22日 16:00

    【問題】もう1羽はどこ... この写真にはメジロが「2羽」隠れています

    1: 名無しさん 2020/02/18(火) 21:21:21.21 ID:RwUfWxRX9
    no title

    突然だが、クエスチョン。この画像に、メジロが潜んでいる。さて、一体どこにいるかお分かりだろうか。

    こちらはツイッターユーザーの宮本桂さんが投稿したもの。黄緑色の葉っぱの中にメジロがいるのだ。「とても秀逸な擬態だと思います」と呟く宮本さんは、

     「ちなみに2羽います」

    と自身の投稿にリプライする。1羽は発見できるだろう。画面中央に、目の周りが白いメジロがちょこんと留まっている。ただ、もう1羽はどこにいるのだろうか...。宮本さんの投稿にも、

     「1羽はわかりましたがもう1羽がわかんない」
     「2羽目見つけるのに2分くらい掛かりました」
     「これは...全然見つかりませんね。凄い」

    といった反応が寄せられ、メジロの完璧な擬態にいいねは5万件以上押されている(17日18時時点)。


    ■正解はこちら

    発見できただろうか。画像に丸マークを記してみた。正解はこちらである。

    右方向を向いたメジロがいるのである。もはや葉っぱの一部である。

    ところで、宮本さんは2羽目の存在に始めから気づいていたのだろうか。17日、Jタウンネットが聞いてみると、

     「撮影時に存在は気づいていましたが、1枚に収まったのは偶然です」

    と話す。また探すことが難しかったという声に対して、見つけるコツを教えてくれた。

     「写真の中から探す場合は、手前と奥を意識することがコツです。また、日常の観察であれば、枝葉の揺れや鳴き声の移動に気を配ります。こちらからは近づかないということもコツです」

    ジーっと静かに、葉っぱに溶け込んだメジロを探すのは、写真の中から探すことより難しそうだ。

    2020年2月18日 11時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/17834052/

    画像
    (答え)

    1

    (この記事の続きを読む)

    【雪の妖精】シマエナガ市街地にひょっこり…丸くて愛くるしい姿は冬場限定 (画像)

    1: 名無しさん 2020/02/15(土) 22:54:23.21 ID:sw/xElT/9
    シマエナガ

    北海道帯広市内の公園で「雪の妖精」とも呼ばれるシマエナガが姿を現した。気温が高くなる日中、木から染み出た樹液を吸う様子が見られる。

    シマエナガは北海道に生息するエナガの亜種で、体長は14センチほどで尾羽が長いのが特徴。ふわふわの冬毛とかわいらしい表情で「雪だるま」「雪の妖精」などの愛称がある。
     
    2016年、名古屋市の動物写真家小原玲さんが発売した写真集「シマエナガちゃん」でブームとなった。「かわいすぎる鳥」としてSNSで話題となった。

    帯広市内の公園では群れをつくり、「ジュルリ」という声で鳴いている。カラスなどの天敵が現れると一斉に逃げ、公園樹を飛び回っている。樹液を吸いに来た鳥同士で争う様子も見られる。

    シマエナガの丸くて愛くるしい姿は冬場限定。夏場には短毛に生え替わり、ほっそりとした姿に変化する。(塩原真)

    2/15(土) 16:42
    十勝毎日新聞 電子版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00010000-kachimai-hok

    (この記事の続きを読む)

    【動画】消防車のマネするカササギwwwwwwwwwwwww

    1: 名無しさん 2020/02/11(火) 17:09:11.59 ID:1sO0tyqd9
    カササギ

    動画





    オーストラリアを襲った大規模な山火事。消防隊員たちが怖ろしい山火事と戦っている中、オーストラリアのカササギが消防車のサイレンをまねるというユニークな映像が公開されました。しかしこの背景には数カ月にわたって森林を焼き尽くしている悲しい出来事があります。ネットでは「多くのことを聞いて学んだに違いない」という声があがっています。

    《CNN》によると、絶滅危惧種担当の元コミッショナー、グレゴリー・アンドリューズ氏(グレゴリー・アンドリュース)が《オーストラリアの野鳥》のフェイスブックに動画を投稿。多くのネット利用者の関心を集め、その後、ツイッター(Twitter)でも1万件以上のリツイートがありました。

    「これまでで最もクールなことの1つだ。今日、ニューサウスウェールズ州ニューカッスルで、消防車や救急車の音をマネするオーストラリアカササギに会った」とアンドリューズは書いています。

    ニューサウスウェールズ州政府によると、カササギは35種類以上の鳥類の鳴き声を真似することができ、犬、馬、人の声など他の動物の声も真似する能力を持っているようです。オーストラリアの博物館は、オーストラリアのカササギはニューサウスウェールズ州で法律により保護されており、世界で最も複雑な鳥の鳴き声を持つ鳥のひとつとしています。

    《不確実な未来 危険なオーストラリアの鳥》を書いたジェフ・マズレン(Geoff Maslen)はCNNに、語学の天才だけでなくオーストラリアのカササギも賢いということを教えています。

    「魅力的な鳥です」とマズレン氏は言います。「彼らは非常に魅力的で、聡明で、よく人間と仲良くなり、特に自分に食べ物をくれる人間と交流しているね」と述べています。

    カササギは非常に人気のある鳥類であるだけでなく、ウィキ資料によると、カササギは東アジア文化の中でも幸運と福を象徴し、中国伝統の詩歌や中国の伝承にも登場していて、七夕に織姫と彦星が出会うために天川に鵲橋を架けているのは実はカササギなのです。

    非常に器用で頭の良いオーストラリアのカササギは様々な鳥の鳴き声を真似ることができますが、消防車や救急車の音を真似るなんて誰も聞いたことがなく、この一羽の鳥からオーストラリアの未曾有の火災の惨禍を垣間見ることができます。

    この大火は野生動植物や環境にも広く破壊をもたらし、ニューサウスウェールズ州だけで360万ヘクタール(台湾1つ分の面積)の土地が焼失しました。オーストラリア全体で見てみると、1月7日のメディアの統計によると、4カ月連続で焼かれた野火の面積は台湾の国土の面積に相当し、5億匹以上の動物の命が失われました。

    ニューサウスウェールズ州(New South Wales)は早くから非常事態を迎えた。1月初め、農村消防局によると、全州では火災シーズンを通して住宅1300棟あまりが破壊され、500棟あまりが破壊されました。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17800544/

    (この記事の続きを読む)

    【山口】梅にメジロがやってきました (◉Θ◉) 宇部市

    1: 名無しさん 2020/02/03(月) 21:31:02.00 ID:5NlutXuq9
    【山口】梅にメジロがやってきました(◉Θ◉) 宇部市

    2020/02/03

    片柳司祭



    梅の枝にやって来たメジロたち。艶やかな緑色の羽が、梅の花によく似合っています。梅にメジロは春の定番ですね(◉Θ◉)

    2
    3

    (この記事の続きを読む)

    ネズミを食べ過ぎて飛べなくなったデブフクロウを保護

    1: 名無しさん 2020/01/30(木) 12:01:09.99 ID:X9sw4p9U0 BE:754019341-PLT(12346)
    no title

    ネズミ食べすぎた肥満フクロウ、飛べなくなって保護 英国
    https://www.cnn.co.jp/fringe/35148689.html

    英イングランド東部サフォークで、飛べなくなったフクロウが通行人に見つかって保護された。
    調べた結果、このフクロウはネズミを大量に食べて太り過ぎになっていたことが分かり、保護施設でダイエットさせられる羽目になった。

    保護されたのは小型のフクロウの仲間、コキンメフクロウのメスで、排水路の中でずぶ濡れになって動けなくなっているのを通りがかった人が見つけ、今月3日、フクロウ保護施設に救助された。

    同施設は当初、飛べないのはけがをしているか、体が濡れたためだと思っていたという。

    ところが体が乾き、けががないことが確認されてもまだ、うまく飛べない様子だった。

    ペットとして飼われていた可能性も考えたものの、ペットのフクロウに与えられる一般的な餌よりも、野生のフクロウが捕食する餌を好んで食べたことから、飼育されていた可能性は低いと判断した。

    「徹底的に調べた結果、何も問題はないことが分かった。ただし異常に太り過ぎだったことを除けばの話だが。
    このフクロウはものすごいぽっちゃり系だった」。施設長のルーファス・サムキン氏はそう語る。

    このフクロウは、同施設にいる平均的なメスのフクロウに比べても体が相当大きく、特に大腿部や腹部の周りに大量の脂肪が堆積(たいせき)していた。

    発見された場所を調べたところ、野生のネズミが大量に繁殖していたことが判明。
    「つまり、彼女は過度な暴食にふけり過ぎて丸々と太ったところで体が濡れ、肥満のあまり飛べなくなったのだと思う」(サムキン氏)

    同施設はこのフクロウに2週間のダイエットをさせて健康な体重に戻し、発見された場所で27日に野生に戻した。
    「ダイエットが教訓になればいいのだが」とサムキン氏は話している。

    (この記事の続きを読む)

    【国の天然記念物】うずくまっているところ保護も死亡 「イヌワシ」幼鳥を剝製に…伊吹山で15年ぶり誕生確認の個体

    1: 名無しさん 2020/01/25(土) 23:31:02.79 ID:FGflOqyL9
    イヌワシ

    滋賀県米原市は、国の天然記念物イヌワシの幼鳥の剝製の作製を進めている。昨年7月に伊吹山で衰弱しているのが見つかり保護したが、2日後に死んだ。幼鳥の?製は全国的に珍しいという。今年3月末までに完成させ、伊吹山文化資料館(米原市春照)で展示する。
     
    イヌワシの全国の推定個体は約500羽。伊吹山には現在、雌雄1組が生息しているがほとんど繁殖に成功しておらず、昨年、約15年ぶりに誕生が確認されたのが今回の幼鳥だった。
     
    通常、イヌワシの幼鳥は5月末~6月に巣立ちをするが、米原市によると、剝製にする幼鳥は7月に巣立って親鳥と飛んでいるのが目撃されていた。約2週間後に伊吹山中でうずくまっているところを保護された。
     
    イヌワシの剝製は、福井県や石川県の博物館など全国6カ所で展示されているが、幼鳥の剝製はほとんどなく調査研究資料としても貴重だという。

     
    伊吹山文化資料館では常設展示を予定しており、市は「地元小学校などの学習に役立ててもらい、市内外の人に伊吹山の豊かな自然を知ってほしい」としている。

    1/25(土) 18:27
    京都新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00237771-kyt-soci

    (この記事の続きを読む)

    真っ白なスズメ 突然変異か……神奈川 藤沢

    1: 名無しさん 2020/01/23(木) 20:28:41.63 ID:RQl/Styf9
    全国的にも珍しい体が真っ白なスズメが神奈川県藤沢市で見つかり、観察に訪れる愛鳥家たちを楽しませています。

    no title

    地元の愛鳥家でつくる「藤沢探鳥クラブ」によりますと、先月から藤沢市の引地川沿いにある田んぼ付近で白いスズメが見られるようになったということです。

    no title

    22日、NHKのカメラが捉えた映像からは、大きさは通常の個体と変わらないものの、体は真っ白な羽毛に覆われくちばしが薄いピンク色になっているのがわかります。

    白いスズメは群れに混じって稲穂をついばんだり、木や電線にとまって羽を休めたりしていました。

    1

    周辺には白いスズメを観察しようと愛鳥家たちも訪れていて、野鳥の写真を撮るのが趣味だという近所の野地七郎さんは白いスズメの写真を100枚以上撮影しています。

    2

    このうち白いスズメが羽ばたく瞬間をとらえた写真では羽の1枚1枚が白いのが確認できるほか、水辺などで撮られた写真では周囲の茶色のスズメとの違いが鮮明にわかります。

    野地さんは「去年の12月に初めて撮影できたときは『やった!』と思ってうれしかったです」と話していました。

    また、散歩で訪れた男性は「とまっている時より飛んだときや降りる時に白が目立ちます。今まで見たことのない白いスズメなので、気になって毎日見ています」と話していました。

    写真を確認した鳥類の生態に詳しい東京大学名誉教授の樋口広芳さんは「一部に茶色の羽毛が見られるものの真っ白な羽が全体を覆い、くちばしや足の色も薄いことから、突然変異により生まれつき色素が少ない『アルビノ』と呼ばれる白化個体のスズメとみられる。全国的にも極めて珍しい」と話しています。

    藤沢探鳥クラブでは「鳥の生息環境を考えて静かに見守っていきたい」と話しています。

    2020年1月23日 16時52分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200123/k10012256361000.html

    (この記事の続きを読む)

    スズメ、ガチで害鳥だった・・・

    スズメ

    1: 名無しさん 2019/12/21(土) 19:28:10.76 ID:VOtdkm++0.net
    4

    滅ぼそう

    8: 名無しさん 2019/12/21(土) 19:28:54.59 ID:VKgxXX4tr.net
    スズメよりも鳩のほうがタチわるいわ

    12: 名無しさん 2019/12/21(土) 19:29:22.62 ID:bGz9igHl0.net
    毛沢東…

    19: 名無しさん 2019/12/21(土) 19:30:04.21 ID:hDP5sJkA0.net
    かわいいからセーフ

    56: 名無しさん 2019/12/21(土) 19:33:44.31 ID:/Xvw4s7R0.net
    台風の日に結構な数が死んでるの知って衝撃やったわ
    強く生きろよ…

    (この記事の続きを読む)

    鳥の寿命は意外と長い・・・

    野鳥

    1: 名無しさん 2019/12/22(日) 11:11:23.69 ID:0xilLI/C0● BE:452963298-2BP(2000)
    白鳥70年
    鳩30年
    雀20年

    no title


    3: 名無しさん 2019/12/22(日) 11:13:05.57 ID:Q8I1/AJ00
    雀も20年も生きるんか

    4: 名無しさん 2019/12/22(日) 11:13:37.70 ID:iLhU/gJV0
    まあかつて地上を支配した恐竜の末裔だからなあ

    8: 名無しさん 2019/12/22(日) 11:14:57.13 ID:mK2h0OEs0
    フクロウ凄いな
    飼い主の方が先に死ぬかも

    157: 名無しさん 2019/12/22(日) 13:19:20.04 ID:zmTLBRzn0
    >>8
    おじいちゃんから譲り受けたフクロウがいまだに生きているからな
    マジ夜中に枕元で鳴くし
    かわいいけどな

    (この記事の続きを読む)

    郵便局の入り口で「シマエナガ」を発見!これもう飛ぶぬいぐるみと話題 北海道

    1: 名無しさん 2019/12/21(土) 19:13:07.55 ID:P1fNTyva9
    Dr.ツクールさんのTweet

    郵便局の入り口にエナガさんいた。

    2
    3
    4

    https://twitter.com/tskuuru/status/1207452622216499205/photo/1
    郵便局の入り口にエナガさんいた。
    9:08 - 2019年12月19日

    ネット上のコメント

    あーーめちゃめちゃ可愛いですね…??
    生で見てみたいです

    妖精さんや~!

    ぬいぐるみ….じゃない….!?

    え、こんな可愛い生き物見たことない。どうしよう)))

    羨ましい

    ジュルリ、鳴き声も可愛いシマエナガ Long-tailed Tit 
    https://www.youtube.com/watch?v=Y64jxO3u8ho&feature=emb_title



    https://break-time.net/archives/13283

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top