登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 鳥類・猛禽類

    鳥類・猛禽類

    猛禽類で一番かっこいい鳥 2018年09月21日 16:00
    ハシビロコウって人気あるのな 2018年09月20日 23:00

    ひな鳥「お!マッマかな?口開けたろ!」

    4

    ひな鳥「お!マッマかな?口開けたろ!」

    1: 名無しさん 2018/10/19(金) 02:11:36.04 ID:8I9kNgJy0
    ああああああああああああああああああああ


    2: 名無しさん 2018/10/19(金) 02:13:53.53 ID:oxyvCIfmF
    かなしい

    3: 名無しさん 2018/10/19(金) 02:14:01.04 ID:8ojdT+oZ0
    すばやい

    4: 名無しさん 2018/10/19(金) 02:15:09.09 ID:ubiXYXZM0
    なんやこいつ

    5: 名無しさん 2018/10/19(金) 02:15:51.03 ID:8I9kNgJy0
    助かったのは真ん中
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【特別天然記念物】「人の助けが必要です」 火打山のライチョウ、過去最低の15羽に 新潟・妙高市でライチョウ会議 開幕

    1: 名無しさん 2018/10/19(金) 21:31:14.45 ID:CAP_USER9
    7

    国の特別天然記念物で絶滅が心配されている火打山のライチョウの保護について考える「ライチョウ会議」が、19日に妙高市で開幕した。

    この会議は、ライチョウの研究者や行政関係者が集まり保護の対策などを話し合うもので、妙高市で開かれるのは初めて。初日のきょうは、シンポジウムが開かれライチョウ研究者で信州大学名誉教授の中村浩志さんから「火打山のライチョウの現状と保護の課題」と題した基調講演があった。

    このなかで中村さんは、火打山のライチョウの生息数が年々減少していて今年は過去最低の15羽になったと報告した。

    その原因として標高の高い場所にいなかったシカやイノシシが侵入しライチョウのエサ場を荒らしていること、さらに温暖化の影響で背の高いイネ科の植物が山頂近くで増え、ライチョウの食べる植物に悪影響が出ているということ。その上で、ライチョウ保護のためには人が手を加える必要があると訴えた。「これからは人の手で高山の国立公園を積極的に守っていくことが必要。自然に手を付けずそっとしておく時代ではなくなった」と。

    中村さんは具体的な方法としてイネ科の植物の除去やヒナの保護をあげ、市民や行政へ協力を求めた。

    この他にも、世界規模で鳥類の保護活動に取り組まれている高円宮妃久子様の特別講演があった。

    あす20日(土)は新井ふれあい会館でライチョウ保護をテーマにしたワークショップが開かれる。参加費は無料で事前申し込みもいらない。

    2018年10月19日 17:52
    https://www.joetsu.ne.jp/60495

    【特別天然記念物】「人の助けが必要です」 火打山のライチョウ、過去最低の15羽に 新潟・妙高市でライチョウ会議 開幕

    (この記事の続きを読む)

    観光客で賑わう街の並木を野鳥が占拠!糞だらけの無残な光景→役所「これも自然との共生。我慢して」

    1: 名無しさん 2018/10/19(金) 12:50:26.30 ID:VwIN+sTi0 BE:373518844-PLT(14931)
    4

    (略)
    大勢の観光客で賑わう、東京都渋谷区神宮前。近辺には表参道ヒルズやラフォーレ原宿をはじめ、多くの大型施設があることでも知られている。このたび、神宮前の企業に勤務する読者から情報が寄せられた。クリスマスのイルミネーションで有名な並木の一部が、ムクドリの集団に占拠されているというのだ。

    当該の場所にムクドリの大群が戻ってくるのは、夕方であるという。その時間帯に現地へ向かうと、けたたましい鳴き声が響いていた。大量のムクドリが各方面から次々に飛来してきて、樹上に止まる。周辺でしばらく撮影していると、観光に来ていたと思われる外国人が悲鳴を上げた。木の上から突然、目の前にフンが落ちてきたのだ。
     
    3

    ムクドリが集まっている木の下を見ると、道路には大量のフンが。情報提供者は言う、「以前からこういう状態なんです。
    ずっと放置されていて、解決の見込みもありません」。「美しい並木道」としてガイドブックなどにも紹介され、多くの観光客が集まる街として、このままでよいのかと疑問に思っているという。
     
    1
    2

    (略)
    当サイトでは、渋谷区役所に本件を尋ねた。区の担当者曰く、カラスによる各種の被害には対策を立てているが、その他の野鳥について扱う部署は存在しないとのこと。そこで区から紹介されたのが、東京都の自然環境部計画課の鳥獣保護担当だった。
    だが、神宮前のムクドリについては把握していないそうで、これまでに対応もとられていなかった。

    都の担当者によると、他の地域の事例を見ても、このような問題に根本的な対策は存在しないという。樹木にネットをかけたり剪定したりしても、鳥たちは付近の木に移るだけだ。鳥が嫌う音を流して追い払っても、今度は集団の移動先で同じ問題が起きる。
    人間の側に一定の我慢が必要であり、これも自然との「共生」の一部であると、担当者は語った。

    (略)
    駆除は、様々な被害対策を講じても解決できない場合の最終手段であるという。
    (略)

    記事全文とそのほかの画像一覧 
    https://tanteifile.com/archives/11204

    観光客で賑わう街の並木を野鳥が占拠!糞だらけの無残な光景→役所「これも自然との共生。我慢して」

    (この記事の続きを読む)

    【謎】なぜ電線に止まった鳥たちは感電して焼鳥にならないのか?

    48b9e59642d845b0a8ee6f86b05df001_s

    【謎】なぜ電線に止まった鳥たちは感電して焼鳥にならないのか?

    1: 名無しさん 2018/10/14(日) 07:42:47.55 ID:YHAsD1cw0
    謎すぎる

    6: 名無しさん 2018/10/14(日) 07:44:52.41 ID:rHYthWKZ0
    電線は被覆されているから

    10: 名無しさん 2018/10/14(日) 07:45:41.29 ID:8Uha2W/f0
    電気が右足から入って左足から逃げてるんや

    28: 名無しさん 2018/10/14(日) 07:48:16.56 ID:PdpM90U+a
    >>10
    足ピリピリやん

    14: 名無しさん 2018/10/14(日) 07:46:17.78 ID:IQdoz/9J0
    地面に足が着いてないから仕方ないね
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    木曽駒ヶ岳で半世紀ぶりにライチョウ発見キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    1

    駒ヶ岳で半世紀ぶりにライチョウ発見/長野 sankei.com/life/news/1810…

     半世紀ぶりに中央アルプスの長野県の駒ケ岳(2956メートル)で確認された国特別天然記念物のニホンライチョウが、北アルプスか乗鞍岳から飛来した個体であることが16日、環境省信越自然環境事務所(長野市)の調べで分かった。同事務所や県などは12月にも会合を開き、駒ケ岳でのニホンライチョウの生息の定着に向けた事業について協議する。


     ニホンライチョウ1羽が、7月20日に駒ケ岳で登山者によって写真撮影された。同事務所などが現地調査を行った結果、昨年産んだ卵や巣が確認され、少なくとも雌の1羽が1年以上にわたって中央アルプスの山域に定着していることが分かった。


    https://www.sankei.com/life/news/181016/lif1810160025-n1.html


    (この記事の続きを読む)

    【画像】御嶽山のライチョウが秋色に衣替え!

    13

    ライチョウ秋色に衣替え 御嶽山/岐阜・長野 gifu-np.co.jp/news/20181002/…

    10

     岐阜・長野県境の御嶽山(3067メートル)に生息する国の特別天然記念物「ライチョウ」が、紅葉を背景に登山者を出迎えている。

     ライチョウの羽毛は年3回、季節に応じた色に生え替わる。現在は秋羽と呼ばれる茶褐色の状態で、初冠雪の時季には白い羽毛に変わっていく。

     2014年の噴火を受けて岐阜県は16年、継子岳からサイノ河原にかけて生息状況を調査。県側は降灰の影響がほぼ無かったとして「生息数に大きな減少はない」と結論付けた。

    https://www.gifu-np.co.jp/news/20181002/20181002-78362.html


    (この記事の続きを読む)

    猛禽類で一番かっこいい鳥

    alex-makarov-689746-unsplash

    猛禽類で一番かっこいい鳥

    1: 名無しさん 2018/09/18(火)10:44:22 ID:oqU
    隼説

    1

    2: 名無しさん 2018/09/18(火)10:45:50 ID:27m
    ノスリ

    2


    3: 名無しさん 2018/09/18(火)10:48:16 ID:aqn
    ヨタカ定期

    4: 名無しさん 2018/09/18(火)10:49:03 ID:OxR
    ワイインキャ鷹でも鷲でもなくフクロウを選ぶ

    5: 名無しさん 2018/09/18(火)10:49:29 ID:oqU
    >>4
    かわいいよ梟
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    ハシビロコウって人気あるのな

    1

    ハシビロコウって人気あるのな

    5: 名無しさん 2018/09/17(月) 20:51:08.57 ID:iogYYvH/0
    近くの動物園にハシビロさんいるけど可愛いよ

    6: 名無しさん 2018/09/17(月) 20:51:21.88 ID:ygl34PFl0
    可愛いよ

    6


    9: 名無しさん 2018/09/17(月) 20:54:36.18 ID:duROVwXW0
    >>6
    キモカワ

    94: 名無しさん 2018/09/18(火) 00:58:39.98 ID:ImdBLync0
    >>6
    足の付け根辺りが貧相だな
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【鴉】ニートのカラスを女子高生9人が3年間観察し学会で報告・・・花見客から唐揚げを奪ったり頭の良い面も

    1: 名無しさん 2018/09/16(日) 02:37:11.65 ID:CAP_USER9
    amarnath-tade-759958-unsplash

    「ニート」のカラスを3年間観察 和洋高、あす学会で報告
    2018年9月15日 掲載

     秋田市千秋明徳町の秋田和洋女子高校の自然科学部員9人が、学校近くの千秋公園周辺にすみ、親鳥に依存した生活を送るハシボソガラスを3年間観察した内容をまとめた。
    通常は生後3カ月ほどで親離れするが、3年も依存したままでいるのは珍しいとして、16日に新潟市の新潟大学で開かれる日本鳥学会で研究報告を行う。

     同部の顧問は、秋田大大学院でカラスの研究を行っていた武藤幹生教諭(44)。親離れしないカラスの観察は、武藤教諭がそのカラスの父に注目したのがきっかけ。
    千秋公園の花見客から唐揚げを奪ったり、通行人に近づいて餌をもらったりするなど、非常に頭が良かったという。部員に提案し、2014年から父ガラスの観察が始まった。


     15年春に子ガラスが誕生。武藤教諭によると、通常の子ガラスは生後20~25日で巣立ち、親と2~3カ月ほど行動を共にして餌の取り方などを教わった後に親離れする。
    しかし、この子ガラスは一向に親離れする気配を見せなかったことから、観察対象の中心が子ガラスに移った。


    https://www.sakigake.jp/news/article/20180915AK0007/

    【鴉】ニートのカラスを女子高生9人が3年間観察し学会で報告・・・花見客から唐揚げを奪ったり頭の良い面も

    (この記事の続きを読む)

    モズの激しい首振り、大きな獲物を仕留める「技」

    1: 名無しさん 2018/09/07(金) 02:00:58.54 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3188623?cx_part=latest

    モズの激しい首振り、大きな獲物を仕留める「技」 研究
    2018年9月6日 12:50 
    発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]

    【9月6日 AFP】モズは小さな鳴き鳥だが、そのかみそりのような鋭いくちばしで獲物を攻撃する肉食性の鳥であることは広く知られている。しかし、自分よりもはるかに大きな獲物を仕留める方法をめぐっては、専門家らの間で長年の謎となっていた。

     最新の研究論文によると、モズはその力強いくちばしで獲物をくわえて激しく揺さぶり、むち打ち症に似た外傷を生じさせるほどの早さで振り回すのだという。

     5日の英国王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に掲載された論文の主執筆者、ディエゴ・サステイタ(Diego Sustaita)博士は「モズが体の大きさの割には驚くほど大型の動物を殺せることはすでに知られていたが、その具体的な方法については不明だった」と話す。

     モズのくちばしはタカのように鋭いかぎ状となっている。これで獲物の頭や首を狙って攻撃し、部分的にまひさせる。だが、他の猛禽類は獲物にとどめを刺す助けになる大型のかぎ爪を持つが、モズにはこのかぎ爪がない。

     サステイタ博士によると、米カリフォルニア州のサンクレメンテ(San Clemente)島にあるサンディエゴ動物園保全研究所(San Diego Zoo Institute for Conservation Research)の研究チームは今回、獲物の体重を巧妙に使った動きで激しい揺さぶりが行われていることを確認したという。

     AFPの取材に同博士は、「この揺さぶりで獲物を動けなくしていると考えられる。獲物の首を中心とした運動で生じる加速度によって、その首を折ったり損傷させたりするような力が生じるため、仕留める上では重要(なプロセス)となる」と説明。「モズが自身の頭を振る速度は驚異的だった。比較的大型の動物をくわえている場合は特に」と続けた。

     この運動では、約6G(重力加速度の約6倍)に相当する加速度が生じると、論文は示唆している。

    ■猛禽のように

     チームは今回の研究で、アメリカオオモズ37羽が生きたハツカネズミや他の動物を襲う様子を記録した映像を詳しく調べた。このうち28のケースで、獲物を揺さぶる行動が観察された。観察結果は、モズが自分より大きな動物をどのように仕留めているかを明確に示していた。

    「これらの結果は、小さな鳴き鳥がタカなどの大型猛禽類とは異なる方法で、比較的大きな動物を殺傷することがいかにして可能かを説明する助けとなる。鋭いかぎ状のくちばしはあってもかぎ爪はないなど、モズは『道具』の一部を持っているだけで、すべてを備えているわけではない。そのため、獲物にとどめを刺すための別の方法を見つけたのだと思われる」

     モズは体の大きさの割に不釣り合いなほど力が強い。しかし、その殺傷能力により大きく関わっているのはスピードだ。サステイタ博士は指摘する。

    「その体の大きさや『種類』から想像されるよりも、モズは大きな獲物を捕らえることができる。種類に関して忘れてはならないのは、モズが鳴き鳥であることだ。例えばコマドリが、ネズミを殺す力を持っているとは思えないし、実際にコマドリにその力はない」と博士は話した。

    「この特殊な行動は、獲物の体重を巧みに利用するための加速度を生み出すスピードに大きく依存しているため、見かけほど大きな力を必要としないのかもしれない」 (c)AFP

    モズ(2009年12月3日提供、資料写真)。(c)AFP PHOTO / Fengshan Township / Fengshan Township

    3

    【鳥】モズの激しい首振り、大きな獲物を仕留める「技」 研究

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top