登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > 鳥類・猛禽類

    鳥類・猛禽類

    ワイの家に来るスズメが可愛い 2020年12月27日 22:00

    【話題】入浴?修行?ゴイサギが水の中で「座り込む」写真が話題

    1: 名無しさん 2021/01/21(木) 23:23:23.32 ID:kMB1jmG19
    ゴイサギ

    片足立ちで眠るフラミンゴや、逆さまにぶら下がるコウモリをはじめ、自然界にはユニークな生態をしている動物が数多くいる。

    その一例であるのか、動物園で撮影されたとある鳥の不思議な行動がツイッターで話題になっている。それがこちらだ。

    話題になっているのは、ツイッターユーザーの旨みとコク(@3OtbRJWUWX71c8H)さんが2021年1月9日に投稿した写真。写っているのは、「ゴイサギ」というサギの仲間にあたる鳥だ。

    水の中に下半身を浸からせ、まるで水中に座っているかのような姿だ。これは一体、何をしているところなのだろうか。

    不可思議な姿のこのゴイサギの写真に、ツイッター上では、

     「疲れたのかな....?」
     「修行...ですかね......」
     「めちゃくちゃ深いこと考えてるか本当に何も考えてないかの二択」

    といった声が寄せられている。

    ■理由はわからないらしい


    Jタウンネットは2021年1月18日、投稿主の旨みとコクさんに詳しい話を聞いた。件のゴイサギの写真は2020年9月末に、大阪市にある天王寺動物園の「鳥の楽園」内で撮影したという。

     「Youtube用に動画を撮影していると他の鳥は普通に水浴びをしている中、面白い体勢で座っているゴイサギが何羽も居たため写真も撮影しました」(旨みとコクさん)

    実際に水中に「座る」ゴイサギを見た時の感想について、旨みとコクさんは、

     「普通の鳥の水浴びと違い、座ると言うよりはのんびり入浴しているようにも見えました。何回見ても面白く興味深い。コメントでハシビロコウも同じような水浴びをすると教えてもらいましたがそちらも見てみたいです」

    と述べた。

    それにしても、ゴイサギのこの行動にはどういった意味があるのだろうか。1月20日、Jタウンネットは天王寺動物園にも取材。すると担当者いわく、

     「結論から申し上げますと、なぜ座っているのかは分からない、です。飼育スタッフにも確認しましたが、写真のような姿は見たことがない、ということでしたので、珍しい姿ではあると思いますが」

    とのことだった。

    2021年1月20日 20時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/19565224/

    画像 

    0 (1)
    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    【ほのぼの】電車の椅子にメジロが座っている

    1: 名無しさん 2021/01/20(水) 20:59:04.03 ID:bbUUdH7o0● BE:896590257-PLT(21003)
    1

    電車の座席にメジロが座ってた…駅員が安全に対応
    2021/01/20 19:48 テレ朝news

    列車に乗ったら座席に小鳥が座っていました。撮影した人は最初、置き物かと思ったそうですが、動いたので驚いたと話しています。

    撮影した人によりますと、鳥は野生のメジロで、迷い込んできたものとみられます。
    しばらくすると、メジロは車内を飛び回り始めました。スマートフォンで撮影するなど多くの乗客がメジロを優しく見守っていたということです。

    最後は駆け付けた駅員が追い払う形でメジロは外へと飛び去ったそうです。
    駅員が安全に対応してくれたことで、車内には安堵の空気が広がったということです。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000204634.html

    https://www.youtube.com/watch?v=P_AiVLOydXo


    (この記事の続きを読む)

    【沖縄】「どうしよう…。歩道で寝てる…。」路上で眠るメジロをジョギング男性が救出!

    1: 名無しさん 2021/01/14(木) 22:58:23.70 ID:38rGTwsV9

    6
    5

     豊見城市内の路上で撮影された、ある写真がツイッター上で話題となっている。写真に写るのは、道ばたで身を縮めた1羽のメジロ。写真には「どうしよう…。歩道で寝てる…。あとめっちゃかわいい」との言葉も添えられた。投稿したのは、那覇市在住の「国場のポッチャ」さん(37)。10日午後3時ごろに撮影し、投稿。翌11日午前11時ごろには、スマートフォンの通知が鳴りやまないほど、ツイッター上で拡散された。


     「ONLINE2021おきなわマラソン」にチャレンジするため、豊見城市内をジョギングしていたというポッチャさん。10日は、県内各地で今季最低を記録した9日に続き、冷え込んだ。気象庁の記録によると、この日の那覇市の平均気温は13.4度。ポッチャさんが走っている間、汗もかかないほど寒かったという。

     豊見城嘉数の歩道を南部農林高校向けに走っている最中、鮮やかな黄緑色の物体に目が止まった。「おもちゃかな?」。近づいて見てみると、1羽のメジロが体を丸めていた。巣から落ちたと思い、周辺の街路樹を見回したが、それらしきものは見つけられず。「自転車や歩行者に踏まれてしまうかもしれない」とメジロの身を案じ、肩に乗せながら巣を探し始めた。

     ポッチャさんの肩に乗ったメジロは、振り落とされないように、しっかりとしがみついていたという。約200~300メートルほど歩いたところで、突如、飛び立った。「あのまま放っておいたら大変な目に遭ったかもしれない。元気になってよかった」。こう思いながら、快晴の空を見上げた。鳥と散歩するのが長年の夢だったとか。「いつかまた会える日を楽しみにしている」と話した。

     心和む話題は、大きな反響を呼んだ。14日午後2時時点で、約6万6千のリツイートがあり、「いいね」は40万7千を超えた。テレビ局やネットニュースの取材も受け、ポッチャさんは時の人に。FM沖縄「ゴールデンアワー」のヘビーリスナーでもあり、普段はラジオの話題を中心につぶやいている。フォロワーも120人近く増えたという。「思った以上の反応に戸惑っています」とはにかんだ。

     「沖縄野鳥の会」の会長・山城正邦さん(58)は、メジロが人通りのある道路でとどまることは不自然だとして、「車にぶつかって脳振とうを起こしていた可能性がある。体調が悪い状態で、体が冷えていたのではないか。体調が回復するまで羽を膨らませて体温を維持しようとしたのだろう」と推察する。メジロは冬になると、エサを求めて活動し、街中で飛び回ることも多いという。路上などで見つけた際には、(1)安全な場所に移動させる(2)猫などが近づかないよう体力が回復するまで見守る(3)回復しない場合は県の自然保護課に連絡する―ことを呼び掛けた。

    1/14(木) 16:51 琉球新報
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b81e6af8894cd1ee414fc2125e5acd98dae3f5d4

    (この記事の続きを読む)

    【中央アルプス】12羽は順調に成長中!ニホンライチョウ復活計画

    1: 名無しさん 2021/01/11(月) 10:55:58.07 ID:B9nWeIop9
    1

     絶滅のおそれがあるニホンライチョウについて、環境省は、中央アルプスに別の場所から連れてきた親子を放鳥するなどして復活計画を進めていて、今後、順調に数が増えることが期待されています。

     国の特別天然記念物で絶滅のおそれがあるニホンライチョウは、中央アルプスではおよそ半世紀前に絶滅したとされていましたが、3年前にメス1羽が見つかり、環境省が復活計画を進めています。

     去年7月には、中央アルプスで見つかったメスにライチョウの人工繁殖を行っている施設から提供された卵8つを温めさせましたが、ふ化したひな5羽の全滅が確認されました。

     その後、8月には比較的生息数の多い北アルプスから中央アルプスに19羽の親子をヘリコプターで移して放し、少なくとも12羽は順調に成長しているとみられるということです。

    …続きはソースで。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210111/k10012807991000.html
    2021年1月11日 7時48分

    (この記事の続きを読む)

    【画像】家にくる鳥について名前教えて

    4254174_s (1)

    1: 名無しさん 2021/01/08(金) 14:02:01.024 ID:+1DNXT0yM
    0 (1)

    新しいのが来た

    2: 名無しさん 2021/01/08(金) 14:02:28.524 ID:V63+TlGxM
    モズだな

    4: 名無しさん 2021/01/08(金) 14:02:50.694 ID:+1DNXT0yM
    >>2
    ありがとー

    7: 名無しさん 2021/01/08(金) 14:03:14.387 ID:V63+TlGxM
    >>4
    いいってことよ!

    (この記事の続きを読む)

    ワイの家に来るスズメが可愛い

    雀

    1: 名無しさん 2020/12/26(土) 07:46:04.51 ID:ix28Guc40
    1-1
    1-2


    (この記事の続きを読む)

    カナダガンはなぜ「渡り」をやめてしまったのか?

    1: 名無しさん 2020/12/21(月) 10:57:01.54 ID:CAP_USER
    カナダガン  (1)

    「渡り」をやめて都会に暮らすカナダグースたち、なぜ?

    ■事情は複雑、定住する個体が増える一方、突然渡りを再開する例も

     カナダガン(Branta canadensis、英名カナダグース)はV字編隊で飛ぶ渡り鳥として知られ、24時間で2400kmもの距離を飛ぶことができる。

     体重は4kgほど。

     北米では、オフィスパークを延々と歩き回る姿もおなじみだ。

     だが近年の米国とカナダでは、冬になっても南へ渡らず、ゴルフコースや芝生など緑のある場所に定住するカナダガンが増え始めた。

     黒い首と白い頬をもつこの騒々しい鳥は、温暖な冬や郊外での快適な暮らしが気に入って、もはや越冬のために南へ飛ぶのをやめたのだろうか?

     多くの場合ではそうだ。しかし、事情はもっと複雑だ。

     典型的なカナダガンは米国南部で越冬し、春になると北上して、繁殖と営巣のために北極または亜北極地域の同じ場所に戻っていく。

     9月か10月になると、群れは新しく生まれた世代を連れて再び南下する。

     カナダガンの平均寿命は24年なので、一生の間にそれだけの回数の渡りをするが、毎回同じ「休憩地」を通る決まった経路を利用する。

     だが例外もある。

     実のところ、1600年代にヨーロッパ人が北米大陸に定住するようになる前から、カナダガンの中には一度も渡りをしないものがいた。

     ちなみに、1758年に初めてこの鳥について記述したのは、近代分類学の父カール・フォン・リンネだ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    ナショナル ジオグラフィック日本版 12/21(月) 7:11
    https://news.yahoo.co.jp/articles/465b651eec9e96914f681e3584122b2d42a60277

    (この記事の続きを読む)

    【!?】カラスは生後4ヶ月で、大人のチンパンジーと同等の知能レベルに達することが判明

    1: 名無しさん 2020/12/17(木) 12:16:52.40 ID:+Zf5USe29
    crow

    カラスは、非常に高い知能をもつ動物として有名です。

    今回の最新調査で、ワタリガラスは生後4ヶ月で、大人のチンパンジーやオランウータンと同等の認知レベルに達することが新たに判明しました。

    研究は、12月10日付けでドイツ・オスナブリュック大学により、『Scientific Reports』に掲載されています。

    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    「霊長類認知試験バッテリー (PCTB)」テストの様子の動画もありまぁす。
    https://nazology.net/archives/76020

    (この記事の続きを読む)

    【カラスの恩返し】「アルビノ」のカラスを駆除できず…“飼養”を決意した狩猟者

    1: 名無しさん 2020/12/09(水) 22:24:28.53 ID:raqlylIt9
    1 (1)

    「アルビノ」のカラスを駆除できず…“飼養”を決意した狩猟者 思わぬ才能が「カラスの恩返し」と話題

     いま、鶴の恩返しならぬ、美しいカラスの恩返しがネットで話題を呼んでいる。

     その主人公である“全身真っ白”なハシボソガラスと飼い主の出会いは、偶然だった。動画の投稿者は狩猟免許を持った男性。今年の狩猟者登録を済ませ、カラスの駆除を行っていたところ、この白いカラスに出会ったという。本来なら駆除の対象となるはずが、先天的にメラニン色素が欠乏したアルビノであるこのカラスをどうしても駆除することができず、飼養していくことを決めたそうだ。

     アルビノであるために日光にあまり当たることはできず、目もよくない。しかし、一緒に生活を始めてみると、いたずら好きで甘えん坊など意外な一面も。さらに、大きなくちばしを器用に使って洗濯物を畳むという妙技を披露し始めた。

     カラスの生態を研究する東京大学の樋口広芳名誉教授によると、カラスはとても人懐っこく、人のやることを真似することがあるという。



    ※以下略、全文はソースからご覧ください。

    【映像】白いカラスの「恩返し」
    https://abema.tv/video/episode/89-106_s1_p189

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2b303878c3a94af1a8ee56eee931812e4ba1c2a9
    12/9(水) 19:50配信 ABEMA TIMES

    (この記事の続きを読む)

    展望台に訪れたワイ「さて、おにぎり食うか」カラス「じーーーーっ」(30メートル先から)

    crow

    1: 名無しさん 2020/12/04(金) 12:51:29.12 ID:FSiCFjr00
    ワイ(ずっとこっち見てるな)モグモグ

    🦅~(近くの隠れた茂みに移動)

    ワイ「・・・」

    ワイ(もしかして欲しいのか?)

    🍙👋(ベンチにおにぎり半分置いてその場を去る)

    🍙🦅シュババババ







    そのあと離れたベンチに移動して昼飯食ってたら、そのカラスがおにぎり加えて近くにやってきた
    そしてお互い完食して解散した
    嘘じゃないで、これまじやで

    2: 名無しさん 2020/12/04(金) 12:51:50.02 ID:ebAHGgII0
    かわよ

    3: 名無しさん 2020/12/04(金) 12:51:50.07 ID:FSiCFjr00
    カラスの賢さは異常
    ほぼ幼児と変わらない

    4: 名無しさん 2020/12/04(金) 12:51:56.02 ID:2l3fLzds0
    ええやんか

    5: 名無しさん 2020/12/04(金) 12:52:25.00 ID:FSiCFjr00
    カラスって仲間の葬式開くらしい

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top