登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 昆虫・虫

    昆虫・虫

    タガメの売買禁止を閣議決定…2月施行、乱獲で生息地激減

    1: 名無しさん 2020/01/17(金) 11:14:27.69 ID:+J1TxawE9
    タガメ

    タガメの売買禁止を閣議決定 2月施行、乱獲で生息地激減
    https://this.kiji.is/590690989080855649
    2020/1/17 08:57 (JST)1/17 09:09 (JST)updated
    ©一般社団法人共同通信社

     政府は17日、里山に生息する水生昆虫タガメを「特定第2種国内希少野生動植物種」に指定し、インターネットや店頭での売買、販売目的の捕獲を禁止するとした種の保存法の政令を閣議決定した。
    施行は2月10日。研究目的や趣味での採集・譲渡は規制の対象外とする。

     タガメは国内最大級の水生昆虫として人気があり愛好家も多いが、近年は水田の水質汚濁や池沼の開発、マニアによる乱獲などで生息地が激減。
    環境省によると、販売目的の大量捕獲が続けば、絶滅の恐れが高まると判断した。
    現在は1匹3千円ほどで取引されているという

    (この記事の続きを読む)

    【石川】臭くなく青リンゴのにおい出してる!! 県内初 珍カメムシ発見

    1: 名無しさん 2020/01/16(木) 17:16:09.37 ID:Bw4NSwsV9
    no title

    本多君(能美湯野小)県昆虫館屋上で

    学芸員が論文、専門誌に掲載

     白山市の県ふれあい昆虫館で、青リンゴのような甘い香りを出すカメムシ「マツヘリカメムシ」が、県内で初めて採集された。見つけたのは、昨秋同館を訪れた能美市湯野小学校四年生の本多柚音(ゆうね)君(9つ)と友人。発見の経緯などをまとめた専門誌の論文にも発見者として名前が載った本多君は「うれしい。もっとたくさんの珍しい昆虫を見つけたい」と喜びを語った。(都沙羅)

     本多君らは昨年十月下旬、同館屋上の展望台の壁に張り付く一匹のマツヘリカメムシを見つけた。「臭いはずなのに、青リンゴのようなにおいがする」と不思議に思い、すぐ渡部晃平学芸員に見せた。展望台で新たにもう一匹が見つかり、こちらも採集。県内で初めて標本として記録される昆虫と判明した。

     マツヘリカメムシは体長約二センチで、体は黒褐色。後ろ足が葉のような形をしている。マツの害虫として主に北米で生息するが、国内では二〇〇八年、東京で初めて見つかった。今では秋田県から九州地方まで分布し、県内では輪島市沖北約五十キロにある舳倉島(へぐらじま)で、写真記録が残されている。

     発見を受け、渡部学芸員が論文を執筆した。発見者として本多君らの名前を盛り込み、一日に出版された専門誌「月刊むし」に掲載された。渡部学芸員は「本多君たちがいなければ、見つからないままだった。こうした発見はどこにでも眠っている」と話した。

     三歳ごろから昆虫採集が趣味の本多君。「発見して触った時は手が震えた」と笑顔で振り返った。 

    2020年1月14日
    https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20200114/CK2020011402000034.html

    (この記事の続きを読む)

    西之島「火山活動でどんどん大きくなるで!」 ??「!?」カサカサカサカサカサ

    1: 名無しさん 2020/01/11(土) 06:39:04.58 ID:EL4IGsun0
    調査員

    噴火活動で面積が拡大した小笠原諸島の西之島で、ゴキブリが繁殖しているのが確認され、環境省は対応を検討することにしています。

    小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある無人島、西之島では、平成25年に活発な噴火活動が始まり海上保安庁などによりますと、島の面積はおよそ10倍に広がっています。

    環境省が去年9月、生態系の変化を調べるため3年ぶりに上陸調査を行ったところ、「ワモンゴキブリ」が大量に確認されました。

    ゴキブリは活発な噴火活動が始まる前から島にいて、漁業者の船などから入り込んだとみられていましたが噴火後も生き残っていたうえ数百匹に増えている可能性があるということです。


    成虫は体長およそ4センチと、島で見つかったほかの昆虫と比べて大きいことなどから、生態系への影響が懸念されるということです。

    ゴキブリが繁殖した理由はまだよく分かっていないということで、環境省は専門家と協力して分析を進めるとともに、駆除を検討することにしていますが、繁殖力の強いゴキブリを駆除する過程でほかの生物も死んでしまったり、生態系のバランスが崩れてしまったりするおそれもあることから、「状況を観察しながら対応を考えていきたい」としています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200111/k10012242071000.html

    (この記事の続きを読む)

    【画像】そんなことよりワイのクワガタ見てよ

    ジュダイクス

    1: 名無しさん 2020/01/05(日) 03:10:19.26 ID:b8f2YVd9a
    1


    (この記事の続きを読む)

    夏頃にノコギリクワガタ拾ったんだが・・・

    ノコギリクワガタ

    1: 名無しさん 2019/12/20(金) 17:04:30.957 ID:P51T5itn0
    まだ死ぬ気配が無い

    3: 名無しさん 2019/12/20(金) 17:04:58.935 ID:80XkKHZE0
    みせてよ

    6: 名無しさん 2019/12/20(金) 17:07:06.608 ID:P51T5itn0
    >>3

    クワガタ
     
    捕まえたときは無傷だったのに気付いたら結構脚取れてる

    11: 名無しさん 2019/12/20(金) 17:08:44.762 ID:80XkKHZE0
    >>6
    可愛いけどくさそう

    (この記事の続きを読む)

    ガラパゴス諸島でとんでもないカブトムシが発見される・・・

    カブトムシ

    1: 名無しさん 2019/11/15(金) 22:20:12.56 ID:QseMwvQK0
    no title

    うおおおおおおおおおおおお

    (この記事の続きを読む)

    【画像】そんなことより我が家のオウゴンオニクワガタ見てよ

    オウゴンオニクワガタ

    1: 名無しさん 2019/12/22(日) 01:43:18.049 ID:oQ5LpxbY0
    1

    この黄金の輝きを見よ

    (この記事の続きを読む)

    タガメの売買を禁止へ…趣味や研究用の採集はOK

    1: 名無しさん 2019/12/25(水) 23:21:17.79 ID:t0EhlQ+09
    タガメ

    環境省は25日、里山に生息する水生昆虫タガメを「特定第2種国内希少野生動植物種」に指定し、インターネットや店頭での売買、販売目的の捕獲を禁止する方針を明らかにした。同日開かれた専門家会合で説明した。研究目的や趣味での採集・譲渡は規制の対象外とする。早ければ来年2月にも売買が禁止される。

     タガメは国内最大級の水生昆虫として人気があり愛好家も多いが、近年は水田の水質汚濁や池沼の開発、販売目的の大量捕獲などで生息数が減っている。山形など8都県では既に絶滅したとされる。

     環境省によると、販売目的の大量捕獲が続けば、絶滅の恐れが高まると判断した。

    12/25(水) 19:16配信
    KYODO
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191225-00000169-kyodonews-soci

    (この記事の続きを読む)

    「虫」に関するクソどうでもいい知識上げてけ

    トンボ

    1: 名無しさん 2019/12/16(月) 00:28:50.91 ID:zc/Lxaa20
    アリは黒マーカーの塗りたてのインクを嫌うため
    紙の上にアリを乗せて、アリの周りをマーカーの線で囲むと
    インクが乾くまでの間アリを線の中に閉じ込めることが出来る

    2: 名無しさん 2019/12/16(月) 00:29:18.22 ID:zc/Lxaa20
    オスの蜂は刺さない
    というかそもそも針がない(常識?)

    78: 名無しさん 2019/12/16(月) 00:42:25.00 ID:arA5bPUa0
    >>2
    卵管が発達した器官やからな

    85: 名無しさん 2019/12/16(月) 00:43:35.77 ID:zc/Lxaa20
    >>78
    ワイは最近某生物観察の鬼系Youtuberの動画でそれを知ったわ

    (この記事の続きを読む)

    ガガンボとかいう地球最弱の生き物

    ガガンボ

    1: 名無しさん 19/08/11(日)08:39:52 ID:haY
    どうやって絶滅を免れてきたのか
    ガガンボ - Wikipedia
    世界中に分布する昆虫であり、日本でもかなりの数の種類を目にすることができる。 
    成虫の形態はカ(蚊)を一回り大きくしたような感じの種類が多い。ただしカと違い人を刺したり吸血したりすることは無い。また体も貧弱で死骸もつつけばすぐバラバラになってしまう。飛行速度についても決して敏速ではないが、人口密度の高い地域では身を守るため機敏な場合がある。とはいえ、実際はあまり強い虫ではない。


    3: 名無しさん 19/08/11(日)08:40:35 ID:Np6
    虫の中で一番嫌いや あの姿が気持ち悪くて

    4: 名無しさん 19/08/11(日)08:42:21 ID:haY
    蚊の親玉みたいな見た目して実は人畜無害なところすき

    9: 名無しさん 19/08/11(日)08:44:09 ID:f8z
    刺さないけど見た目が刺しそうやから駆除してまう

    11: 名無しさん 19/08/11(日)08:44:17 ID:haY
    ガガンボの特徴
    ・動きが鈍い
    ・パニックになると円を描くように地面を旋回
    ・手足がすぐもげる耐久性

    こんなんすぐ絶滅するやろ...


    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top