登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題
を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト!

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    昆虫・虫

    イナゴ食べたことある? 2018年03月28日 00:00
    人類はもっと虫食おうや 2018年03月06日 21:00

    【※虫注意】イケアさん、食用昆虫でオシャレな食事を作ってしまう

    1: 名無しさん 2018/04/04(水) 17:38:37.46 ID:NlQZmmdiM0404

    食用昆虫で作る、未来のファストフード。イケアが挑む食糧危機問題

    世界の諸問題の中でも、最もわかりやすく人々を苦しめているものの一つが食糧問題である。お腹が空いて死んでしまうことほど、苦しく悲しいことはあるだろうか。そのための解決方法はさまざまあるが、一つは私たちが食べられるものの種類を増やすことだ。


    肉や魚、野菜や穀物に加えて、私たちが日常的に安価で入手できる栄養源があることはご存知だろうか。日本でも一部の地域では積極的に食されている未来の食べ物、昆虫である。


    安価で魅力的な家具を販売していることでよく知られるイケアは、なんと食用昆虫のミートボールや昆虫バーガーによってその名をさらに轟かすつもりでいるようだ。


    一度でもイケアの店舗に入ったことのある人は、店内にスウェーデン料理のカフェテリアがあることをご存知だろう。ジャムをつけて食べるミートボールは、その中でも特にポピュラーな料理だ。


    いま、イケアはデンマーク、コペンハーゲンにあるサステナブルイノベーション施設「SPACE10」で未来のファストフードの実験をしており、実験対象にはそのミートボールも当然含まれている。


    1
    2
    3
    4
    5

    https://ideasforgood.jp/2018/04/02/space-10/

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】クワガタ乱獲、再生の森が無残・・・滋賀・野洲「いなくなるかも」

    1: 名無しさん 2018/03/30(金) 12:25:46.17 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000005-kyt-soci

    滋賀県野洲市市三宅の河辺林「野洲川北流跡自然の森」で、カブトムシの幼虫やクワガタの乱獲被害が多発している。
    放置竹林をボランティア団体「やす緑のひろば」が10年間かけて整備して豊かな生態系を取り戻した場所で、ボランティアらは「今後も被害が続けば、カブトムシやクワガタがいなくなるかも」と心配している。
     
    自然の森は、野洲川沿いの約4ヘクタールで主に県有地。竹が生い茂り、大量のごみが放置されている現状に心を痛めた市内の定年退職者ら約10人が「身近な自然を後世に残したい」と整備に取り組んだ。
    活動の輪は徐々に広がり、現在は約50人のメンバーがいる。
     
    竹を伐採して散策道を整備し、広場を設けて手作りの遊具を置いた。自生していたクヌギやケヤキの芽も守り育てた。
    春はタケノコ採り、夏はカブトムシやクワガタ探し、秋はドングリ拾いが楽しめる森へと再生し、地元の園児や児童も遊びに来るようになった。
     
    数年前からカブトムシの幼虫が持ち去られる被害はあったが、昨年11月ごろから一気に被害が拡大した。
    越冬のためクワガタが身を潜める樹木を無残に削り取り、土を掘り起こしてカブトムシの幼虫を根こそぎ持ち去るなど、森のあちこちで荒らした跡が目立つようになったという。
     
    熊本正幸代表(69)=同市久野部=は「ここまでひどいのは初めて」と悲しむ。広い森をメンバーだけで見守ることは難しく「森の存在を地域の人にもっと知ってほしい。遊びに来る人が増えれば、見守る目も増えるはず」と話す。


    クワガタが冬眠していた樹木。幹が削られ、根こそぎ持ち去られた(野洲市市三宅)

    3

    (この記事の続きを読む)

    ゴキブリは頭を切断されても、胴体は5~6日間動く。これ豆な

    1: 名無しさん 2018/03/27(火) 22:46:11.13 ID:5TYwACn50 BE:416336462-PLT(12000)
    no title

    昆虫学・テクノロジー研究所の中国の学者らは、通常医療や美容術でゴキブリを使用することを提案している。学者らは、チャバネゴキブリを研究した。
    一方、中国の学者の関心を引いたのは米国のゴキブリだった。学者らによると、ゴキブリには522個の味覚受容体があり、うち329個が有毒食品の苦味を認識する受容体に属している。

    新華社通信によると、ゴキブリはほぼ何でも食べる。ゴキブリは、体内に有害なものが入った場合には、体から独力で毒素を排除することができる。
    学者らによると、仮にゴキブリの頭部を切断したとしても、胴体は5~6日間動く。また足あるいは触角を切ったとしても、数日で生えるという。
    これらすべてが、ゴキブリには特別な再生メカニズムがあるのではないかと考えるきっかけを学者らに与えた。

    同メカニズムは、傷を治したり、組織を再生するのを可能とする。そして恐らくこの知識を人間のために役立てることが可能。なおゴキブリは昔から中国の伝統的な民間療法に使用されている。
    ゴキブリを用いた薬で口の中や胃腸管の潰瘍の治療が行われている。理論的には、ゴキブリを使った薬を美容術に用いて画期的な若返り薬とすることが可能だ。

    https://jp.sputniknews.com/science/201803274719533/

    (この記事の続きを読む)

    イナゴ食べたことある?

    73a829de8637cb7f0b372189f20561f4_m


    1: 名無しさん 2018/03/21(水) 19:28:18.96 0
    わりと虫の中では普通に食べられてるイメージがあるんだが美味いの?

    2: 名無しさん 2018/03/21(水) 19:29:19.05 0
    佃煮にすりゃ味なんて身のスカスカのエビみたいなもんだ

    3: 名無しさん 2018/03/21(水) 19:31:30.48 0
    エビ系なのか

    5: 名無しさん 2018/03/21(水) 19:40:02.23 0
    昔食った記憶があるけど味の記憶無いから美味くも不味くも無かったんだろうな

    6: 名無しさん 2018/03/21(水) 19:43:33.60 0
    あるよ普通にうまい
    関連記事
    夏になるとセミの唐揚げ食うやつwwwwwwwwwwwwwww


    (この記事の続きを読む)

    【※虫注意】ムカデマニアワイが世界のオオムカデを紹介していくスレ

    bug_mukade


    1: 名無しさん 2018/03/22(木) 00:31:41.18 ID:51wkUcC00
    落ちたけどまだまだあるから全部終わらせるぞ😡

    2: 名無しさん 2018/03/22(木) 00:31:58.78 ID:51wkUcC00
    トビズムカデ
    Scolopendra subspinipes mutilans

    東アジアに分布するポピュラーな種
    地域によって脚の色が黄色や赤に変わる
    mutilansという亜種は基亜種に統合されたから現在の正しい和名はオオムカデだけど正直納得いかないからトビズムカデにした

    2

    513: 名無しさん 2018/03/22(木) 01:20:10.85 ID:fu+RW3Yw0
    >>2
    かわe
    関連記事
    ワイ「お、ムカデやんけ!殺したろ!!」


    (この記事の続きを読む)

    【昆虫食はすでに日常!?】カナダの大手スーパー「コオロギ粉」全国販売開始!

    1: 名無しさん 2018/03/13(火) 19:47:27.11 ID:CAP_USER9
    no title

    ◆昆虫食はすでに日常 カナダの大手スーパー「コオロギ粉」全国販売開始

    <カナダの食品流通最大手で、コオロギの粉末を全国の店舗で販売開始。すでにコオロギは日常的食材として浸透している>

    カナダの食品流通最大手のロブロウズがこのほど、コオロギを砕いた粉末を自社ブランドに加え、全国の店舗での販売を開始した。
    全国に2000以上あるロブロウズではこれまで、トロントの1店舗の小さな「代替プロテインコーナー」でのみ昆虫の取り扱いがあったが、自社ブランドでの昆虫製品はこれが初めて。

    ■昆虫食の土壌はすでにできていた

    カナダはオンタリオを本拠地とするロブロウズは、比較的廉価な自社ブランド「プレジデント・チョイス」でよく知られている。
    これまでもカナダではミールワーム(甲虫の幼虫の総称)やコオロギのミートソースや、ハニーマスタード味のコオロギの丸焼きスナックなどが商品化されているが、全国レベルのスーパーでコオロギ製品が常備されるのは初めてという。

    外食産業でも、数年前にすでにバンクーバーでコオロギピザや、トロントでタランチュラのてんぷらやコオロギの串焼きを供する店が登場している(globalnews)。
    そのような動きを踏まえてロブロウズは、自宅で日常的に使うほど、コオロギはカナダ人のあいだに浸透したと判断したようだ。
    「業界のリーダーとして、コオロギ粉を簡単でアクセスしやすい形でカナダ人に届ける先駆者になりたかった」と、スポークスウーマンのキャサリン・トーマスは語る(CBC)。

    ■どんな料理にも使える

    プレジデント・チョイスのためのコオロギを生産するのはオンタリオ州を拠点とするエントモ・ファームで、コオロギやミールワームを使用したオリジナル製品も生産している。
    コオロギ100%のコオロギ粉は、単純に小麦粉の代用品として、どんな料理に使っても相性がいいようだ。
    プレジデント・チョイスのウェブサイトでは、コオロギ粉を使ったカレーやチョコレートバーなどのレシピも紹介している。

    エントモ・ファームの共同創始者ジャロッド・ゴールディンは、ヨーグルトに振りかけて食べるという。
    少量ならほとんど邪魔をしない味だが、多めに使うと「とても素敵な、土のような、ナッツのような、マッシュルームのようなフレーバーがある」そうだ。

    ■単なる代用プロテインではない

    Entomophagy「昆虫食」はこの2、3年で急激に注目されるようになった。
    ヨーロッパでも、何ともいえない表情でコオロギを試食する市民の様子がニュースで紹介されるようになってきた。
    本誌米国版でも昨年、フィンランドの食品大手が売り出したコオロギパンを紹介している。

    カルシウム、鉄分、ビタミンB12などが豊富といわれるコオロギ、ひいては昆虫全般だが、単なる代替プロテインとして注目されているわけではない。
    食肉用家畜に比べ、その飼育には必要とされる水、餌、土地が少なく、また温室効果ガスの放出が少ない。

    また、国際連合世界食糧計画(WFP)の2015年のレポートスによると、世界の約8億人が、健康で活動的な生活を維持するのに必要な栄養を補える食料を得られていない。
    一方で世界の人口は2050年までに90億人にまで膨れ上がると予想されている。
    食料問題の解決策としても、昆虫食は注目を浴び、研究され始めている。

    2013年の国連食糧農業機関(FAO)の報告書によると、人類はこれまで1900種類以上の昆虫を食してきたという。
    たとえば、日本も含め、イナゴやその他の昆虫類は世界の多くの地域で古くから食されてきた。

    昆虫食というとまだ抵抗を感じてしまう場合もあるだろうが、姿形はエビなどの甲殻類と大差ない。
    ここまで実際に浸透してきた以上、マインドセッティングを変える必要があるのかもしれない。

    写真:

    2

    ニューズウイーク 2018年3月13日(火)17時40分
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9727.php
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9727_2.php

    (この記事の続きを読む)

    ハッカ油で虫除けスプレー自作してみたけどいまいち効果が実感できない…

    9bc78f4805e8fca1e0fb5f7055fed683_m


    369: 名無しさん 2017/06/26(月) 20:56:04.21 ID:Z3H/ZV8Q
    ハッカ油で虫除けスプレー自作してみたけどいまいち効果が実感できない
    ハエもシマ蚊も寄ってくる。
    作り方は、無水エタノール5cc+ハッカ油20滴+水45cc

    371: 名無しさん 2017/06/27(火) 02:20:54.26 ID:6ztNWxJw
    >>369
    ハッカ油多いな
    それでダメなら諦めて虫除けスプレーのほうがいいのかもしれんな

    372: 名無しさん 2017/06/27(火) 06:23:47.34 ID:6ztNWxJw
    検索したら蚊はレモンバーム レモングラス ラベンダー ローズマリー シトロネラ ゼラニウムも
    嫌うそうなのでこれらの精油をブレンドすればいいのかもしれない(?)

    なお、頻繁に付ける必要があるようだな
    関連記事
    【登山】虫除けでハッカ油使ってる人いる? 実際効くんだろうか?


    (この記事の続きを読む)

    人類はもっと虫食おうや

    no title


    1: 名無しさん 2018/03/02(金)13:15:59 ID:DGw
    もっと言えば駆除された害獣も勿体無いからもっと食おう

    2: 名無しさん 2018/03/02(金)13:16:49 ID:6iW
    都会では食ってるで

    45: 名無しさん 2018/03/02(金)14:39:44 ID:Aa8
    >>2
    ワイの住んでる長野は都会やったんやな

    3: 名無しさん 2018/03/02(金)13:17:21 ID:8L3
    狩猟鳥獣ならオッジ達からもらって食っとるで
    虫はハチのこくらいなら食うわ

    4: 名無しさん 2018/03/02(金)13:17:45 ID:DGw
    ザリガニも実はクッソうまいから食おう
    割り箸と糸だけで釣れる
    数増えすぎて大変らしいから
    関連記事
    虫食に挑戦してみようと思うんやが、 最初は何がええかな?


    (この記事の続きを読む)

    ワイのペットのフナムシくん、かわいい

    bug_funamushi


    1: 名無しさん 2018/02/24(土)20:21:08 ID:3eJ
    葛西海浜公園産のキタフナムシや

    2: 名無しさん 2018/02/24(土)20:21:35 ID:QjJ
    ハラデイ

    3: 名無しさん 2018/02/24(土)20:21:51 ID:3eJ
    撮ってくるからちょっとまっててや

    4: 名無しさん 2018/02/24(土)20:23:23 ID:3eJ
    4


    5: 名無しさん 2018/02/24(土)20:24:56 ID:SvR
    釣り行ったらフナムシクソほどおるやろ?
    そいつらに殺虫剤ぶっかけて1000匹は殺してるで
    関連記事
    【急募】フナムシに自信ニキ

    (この記事の続きを読む)

    【!?】蚊は外してもいいからよく狙え…攻撃した人を匂いで覚え近づかなくなる

    1: 名無しさん 2018/02/26(月) 16:27:42.15 ID:CAP_USER9
    20180226-00000502-san-000-1-view

     あなたは蚊をたたき潰すのが得意だろうか。苦手でも結構。外してもいいから、よく狙うことが大事だそうだ。

     デング熱やジカ熱などの感染症を媒介するネッタイシマカが、攻撃されたときの匂いを覚えていることを、米ワシントン大のジェフリー・リッフェル准教授らが実験で明らかにし、論文が米専門誌カレントバイオロジーに掲載された。

     ■特定人物を認識

     研究チームは、試験管の内容物を撹拌(かくはん)するのに使われるミキサーで、パチンと手をたたいて攻撃されたときに似た刺激を雌の蚊に与え、同時に特定の人や、ラット、ニワトリの匂いにさらすという学習実験を行った。
    その後に、匂いに対しての反応を調べると、本来は引きつけられるはずの人やラットの匂いに近づかなくなった。
    一方、ニワトリに対しては影響がみられなかった。

     さらに、蚊の脳で起きている生理現象についても探った。ミツバチから人間まで幅広い動物において、記憶は脳内の神経伝達物質ドーパミンが関わっていることが知られている。
    チームは、薬剤の投与などでドーパミンをとらえる受容体というタンパク質が作れないように操作した場合は、学習前後での匂いへの反応の差が小さくなることを突き止めた。
     このことから蚊は攻撃されたときの匂いを覚えて危険から身を守っているとみられる。

     ■効果は虫除けスプレーに匹敵

     蚊が忌避する成分として、第二次世界大戦末期に米国農務省の研究者が開発した化学物質のディートが70年以上にわたって使われている。しかし最近では、ディートが効かない蚊が現れているという報告もあり、同じ薬剤を使い続けることによる耐性獲得が懸念される。

     ワシントン大の研究チームの実験で、強く学習効果に関係する成分は、ニワトリが持たず、哺乳類の頭部で多く分泌される「オクテノール」だった。この成分で学習させたところ、24時間後の忌避反応は、40%濃度のディートに匹敵した。
    既存の虫除け剤に代わる、新たな忌避剤開発が期待される。

     ただ、匂いは濃ければ濃いほど、記憶が強くなるというわけではなかった。また、ネッタイシマカ以外の蚊が匂いに対して同様の記憶力を持つかどうかは今のところ不明だという。

     ■犬のように芸も

     昆虫の脳は非常に小さいが、より高等な動物と同様に、生存において記憶を活用していることはよく知られている。

     理化学研究所のチームは昨年9月、羽ばたきに応じて見える景色が変化する昆虫用のバーチャルリアリティー(VR)装置を作成して、キイロショウジョウバエの脳の活動を観測し、ハエが実際にみている景色だけでなく数秒前に見た景色の記憶を使って飛ぶ方向を決めていることを見つけ、科学誌に論文が掲載されている。

     また、英ロンドン大クイーン・メアリー校の研究チームは、欧州原産で日本でも外来種として定着しているマルハナバチが持つさまざまな学習能力を明らかにしている。
    昨年2月には、サッカーに似たゲームを作り、ゴールにボールを運べば褒美の砂糖水を与えるようにすることで、まるで、犬に芸を仕込むようにハチを調教することに成功したという論文が米科学誌サイエンスに掲載された。
    しかもゲームを覚えたハチは、仲間のハチにそのやり方を教えていた。

     蚊は夏から秋に大発生するが、日本には地下鉄などで通年で活動するチカイエカもいる。
    今度見つけたら、どうせ外すからと適当に追っ払うのではなく、真剣に“教育”してやってはいかが?

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000502-san-sctch

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top