登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > キノコ

    キノコ

    美味いきのこで打線組んだ 2020年06月30日 23:00

    【朗報】絶滅危惧種 『土用マツタケ』長雨の影響で豊作!

    1: 名無しさん 2020/07/31(金) 07:12:52.97 ID:2IgGfDVp9
    土用マツタケ

    今年は「土用マツタケ」と呼ばれる、夏に生えるマツタケがこのところの長雨で豊作です。一方、絶滅危惧種に指定されたことで、関係者から心配の声があがっています。

    (記者リポート)
    「伊那市の産直に並んでいるのはマツタケ。今年はこの時期に採れるものは豊作だということです」

    伊那市の産直市場グリーンファームには、この時期に生える「土用マツタケ」およそ3キロが店頭に並んでいます。

    客:
    「今年はたくさんある。昨年はそんなになかった。いつもこの時期になると楽しみで」

    今年は例年より1週間ほど早く7月上旬から並びはじめました。量も多く、例年の3倍ほど採れているということです。その理由は、このところの天候です。

    産直市場グリーンファーム青果部・宮下道久部長:
    「雨が続いて水分が山にたっぷりあって、なおかつそんなに気温が上がらずに長い間きているので、今年は例年に比べて非常に多い」

    「土用マツタケ」は、秋のマツタケに比べると香りは少ないものの、多くの消費者が、毎年この時期を楽しみにしています。

    一方、こちらはマツタケを特産品として売り出している辰野町。30日、マツタケの自然発生を促そうと、町の職員や信大農学部の学生ら20人が参加し、町が所有する林の手入れを行いました。

    辰野町職員:
    「5年、10年先を踏まえた上で、私たちの地道な作業が未来につながっていくと思うので、これからどんどん(マツタケが)増えていってもらいたい」

    町では、マツタケをふるさと納税の返礼品として採用していて、将来の収穫量増加を目指しています。

    しかし、近年、松枯れの報告もあり、収穫への影響が危惧されています。そのうえ、先日、国際自然保護連合公表のレッドリストでマツタケが絶滅危惧種に指定されたことで、買い控えや価格の高騰など今後への影響を関係者は懸念しています。

    辰野町産業振興課・両角哲也課長補佐:
    「(マツタケが)採れる場所が限られてくるのはとても危惧している。今後、流通とかに影響しなければうれしい。今後、どんなことがあってもマツタケの増産を目指して流通量を増やしていきたい」

    町は、今後も地道な手入れなどを行い、町の特産品を育てていきたいとしています。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/aad1ae6cadb0263137a708e54f8694fd09c94ebf

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    【キノコ前線異常あり】早くも秋の味覚が登場! 長雨で生育早まる? 道の駅「びっくりしている」長野

    1: 名無しさん 2020/07/29(水) 21:20:25.71 ID:HfHMd9Q/9
    キノコ (1)

    『キノコ前線異常あり』 早くも秋の味覚が登場 長雨で生育早まる? 道の駅「びっくりしている」
    7/29(水) 21:09
    配信 NBS長野放送

    長い梅雨の影響です。天候不順の影響で野菜価格が高騰する一方、長野市の道の駅には早くも「秋の味覚」が登場しています。

    長野市の「道の駅信州新町」では…。

    (記者リポート)
    「見てください。今年はもうすでに大小さまざまなキノコが並んでいます」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1c152765f2a79029f6ce935a4cf7b6d649fd5e8a

    (この記事の続きを読む)

    【絶滅危惧種】松茸がこの先生きのこるには…山を痩せた土地にする

    1: 名無しさん 2020/07/11(土) 16:35:08.27 ID:pdYo9PZu9
    マツタケ

     マツタケが絶滅危惧種に指定される……このニュースが世間を駆け回った。

     指定したのは、野生生物の専門家などで組織されるIUCN(国際自然保護連合)だ。絶滅の恐れのある野生の動植物を記載したレッドリスト最新版で、マツタケを世界的に生育量が減少していることから絶滅危惧種に加えたのだ。もっとも、正確には絶滅危惧2類(危急)への分類であり、危険度から言えば、上から三番目。「絶滅の危険が増大している」種という位置づけだ。

     このため、もうマツタケは採れない?食べられない?と日本のマスコミは大騒ぎである。そしてマツタケが減った理由を、取りすぎたか、森が荒れたからか、という声が広がっている。

     だが、IUCNがわざわざ日本のマツタケ生産状況を心配して指定したわけではない。マツタケは世界的に分布している(だから日本の食卓に上がるマツタケも、多くが中国産やカナダ産、ときにモロッコ産、ブータン産などだ)が、世界的にマツタケが育つマツ林が減っていることを勘案して指定したものだ。
     一体、世界の森で何が起きているのか。

     まず知ってほしいのは、採り過ぎということはない。キノコは地中に広く菌糸が広げていて、地上に出てくる子実体は一部にすぎない。ここを採取したからと言って絶滅するものではないし、そもそもマツタケを狂奔して採って食べるのは日本人ぐらいのものだ。

     そこで報道では「健全なマツ林が減っているため」と解説している。

     が、これも誤解を招きかねない表現だ。どんな状態を「健全なマツ林」と呼ぶのか。

     まずマツという樹種は、痩せた土地に生える。戦前マツばかり生えている日本の山を見て「赤松亡国論」という言葉流行った(アカマツばかり生えているのは山が荒れている証拠で国力を失っている、という意味。林学者の本多清六の意見に対してつけられた言葉)ことがある。

     なぜ、日本の山が痩せていたのか。それは江戸時代から過度な草木の搾取が続いたからである。

     当時は建物だけでなく多くの道具の素材を木材に頼り、またエネルギー源もほとんどが木質だった。大量の薪や木炭を消費したのだ。日々の煮炊きや暖房から産業に供する燃料まで、何もかも木々に頼っていたのである。大坂の町で使われる薪は、遠く四国や九州から運ばれていた記録もある。江戸も同じく東北・関東一円からエネルギー源として薪や木炭を集めていた。

     さらに農業でも、落葉だけでなく草や枝葉を切り取って堆肥にした。むしろ草の方が堆肥に向いていると、木々を切り払って草山にするほどだった。

     かくして山の土壌は栄養分を失い、末期的状況に陥った。そこに生えられるのはマツぐらいしかなかったのである。

     そしてマツタケ菌は、生きたマツの根に菌糸を伸ばして生育する菌根菌の一種である。非常に繊細で弱いため、ライバルとなるほかの菌がいない土地を好む。マツ林の中でも、常に地表の落葉が取り除かれて貧栄養状態にならないと、生育できない。

     つまり「亡国」とさえ言われた荒れた山の状態が、マツタケの生育にぴったりだったのだ。おかげで昭和初期までの日本の山には多くのマツが生え、マツタケが大量に育ったわけだ。

     だが、戦後の日本は、化石燃料に頼るようになり薪や木炭の需要は激減した。

    続きはソース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20200711-00187648/

    (この記事の続きを読む)

    マツタケ、絶滅危惧種に…栽培困難、山の環境悪化 国際レッドリスト「危急」に

    1: 名無しさん 2020/07/09(木) 21:08:16.49 ID:nO0FV/oU9
    マツタケ (1)

     国際自然保護連合(IUCN、本部・スイス)は9日公表した最新のレッドリストで、高級キノコとして知られるマツタケや、沖縄などで食用にされているヤシガニを新たに絶滅危惧種に認定した。

    ランクはいずれも、絶滅のリスクが増大している「絶滅危惧Ⅱ類(危急)」で、3段階の中では最も低い。

    2014年にリスクが2番目に高い「絶滅危惧ⅠB類(危機)」に分類されたニホンウナギは、再評価した結果、絶滅に近づいているとはいえないとして据え置かれた。

     日本の環境省のレッドリストでマツタケは「準絶滅危惧」に分類されている。IUCNによると、日本、中国、韓国で生息地が深刻に減少しており、日本での主な脅威は共生するアカマツの病気や森林管理の慣習の変化だとしている。

     マツタケは、アカマツの根から養分を得て育つ。人工栽培は難しく、成功例はまだない。…(以下有料版で、
    残り993文字)

    毎日新聞 2020年7月9日 21時00分(最終更新 7月9日 21時00分)
    https://mainichi.jp/articles/20200709/k00/00m/040/154000c

    (この記事の続きを読む)

    美味いきのこで打線組んだ

    mushroom (1)

    1: 名無しさん 20/06/23(火)19:36:30 ID:Vv4
    1:二 ヒラタケ
    2:右 ヤマナメコ
    3:左 ブナシメジ
    4:一 ホンシメジ
    5:遊 シイタケ
    6:中 エノキタケ
    7:三 ウラベニイグチ
    8:投 マイタケ
    9:補 エリンギ

    結局商業栽培されるようなきのこはクセがないし美味い

    2: 名無しさん 20/06/23(火)19:36:45 ID:rrl
    毒キノコあるやん!

    8: 名無しさん 20/06/23(火)19:38:22 ID:Vv4
    >>2
    7番か?大丈夫やったで美味やで

    7: 名無しさん 20/06/23(火)19:38:18 ID:tsc
    ポルチーニやろ

    10: 名無しさん 20/06/23(火)19:38:48 ID:Vv4
    >>7
    海外きのこは詳しくないけどうまいらしいなポルチーニ

    (この記事の続きを読む)

    【画像】闇夜で光るキノコ「ヤコウタケ」が幻想的・・・

    1: 名無しさん 2020/06/26(金) 06:57:01.25 ID:QTZ+gDUh0● BE:844481327-PLT(13345)
    1

    福岡市南部の油山で光るキノコ「ヤコウタケ」が緑色に淡く輝き、幻想的な光景を醸し出している。

     「油山市民の森」職員でキノコに詳しい岩間杏美さん(26)によると、ヤコウタケは白色で高さ約1センチ。梅雨時期を中心に枯れ木などに生える。昼夜光っているが、理由は分かっていないという。

     油山には複数の光るキノコが自生するが、保全のため場所は公表していない。岩間さんは「菌類はとても小さいが、自然界の中で重要な役割を担う。これからも見守っていきたい」と話している。

    2

    (柿森英典)
    https://www.nishinippon.co.jp/item/n/620280/ 
    (この記事の続きを読む)

    彡(。)(。)「旅館に飾ってあるこのキノコ、凄いビジュアルやなぁ」

    カエンタケ (1)

    1: 名無しさん 2020/06/22(月) 16:57:25.93 ID:d7SUpjW/0
    彡(^)(^)彡(^)(^)「食ったろ!」

    「毒キノコ『カエンタケ』に注意 見附の旅館で2人中毒/新潟

    県福祉本部に五日入った連絡によると、見附市の旅館で三日、ロビーに置いてあった毒キノコ『カエンタケ』を食べた中之島町の男性二人(ともに五十八歳)がおう吐や手足のしびれなどを訴え、見附市の成人病センター病院で治療を受けた。

    一人は快方に向かっているが、もう一人は状態が悪化して四日に同病院に入院、一時は心肺機能が停止する重症に陥った。長岡中央総合病院に転院し、引き続き治療を受けている。

    県によると、二人は食事をするために旅館に行き、午後二時半ごろロビーに置いてあった『カエンタケ』三本のうち一本づつを酒に浸して食べたらしい。

    約三十分後に手足のしびれなどの症状を訴えた。『カエンタケ』は旅館の従業員が九月下旬に裏山から取ってきたもので、従業員は捨てた、と話しているという。

    だれがロビーに置いたかはわかっていない。また、残りの一本の行方がわからないため、県は「持ち帰った人がいたら食べないように」と呼びかけている。

    『カエンタケ』は所収に全国の山林などに見られるが、数は少なく珍しい種類という。火炎のような形状で赤色から橙色にみえる。

    食べると下痢、おう吐、手足のしびれなどの症状が出て、運動障害や言語障害につながる。

    心肺機能に影響が出て重症になる場合もあり、後遺症が残るという」(1999年10月6日 朝日新聞朝刊新潟版)

    (この記事の続きを読む)

    【熊本】春採りシイタケの収穫期来る「肉厚で栄養満点、若い人にも食べてほしい」

    1: 名無しさん 2020/04/08(水) 14:26:09.50 ID:m96SW5jv9
    シイタケ

    熊本県内のシイタケ生産量の3割を占める小国地域で、乾物用の春採りシイタケの収穫期を迎え、栽培農家が汗を流している。

    小国町西里の今永公昭さん(55)の栽培場(約1・5ヘクタール)には、シイタケの菌を打ち込んだ原木約5万本が並ぶ。今月中旬までに約800キロの収量を見込み、機械で乾燥した後、出荷している。

    7日も作業した今永さんは「春のシイタケは肉厚で栄養も満点。若い人にたくさん食べてほしい」と話した。

    県椎茸[しいたけ]農協(熊本市)によると、県内の干しシイタケ生産量は大分、宮崎県に次ぎ全国3位。小国地域は約50戸が栽培し、大都市圏や県内に出荷している。今年は暖冬の影響で収量が少ないが、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で料理需要が高まっているという。

    https://this.kiji.is/620205233101374561

    (この記事の続きを読む)

    アメリカ人さん、エノキタケをサラダ感覚で生で食って死亡

    1: 名無しさん 2020/03/19(木) 22:09:56.91 0

    エノキタケ

    韓国農林畜産食品部(農林水産省に相当)が最近、米国で韓国産のエノキダケを食べて
    4人が死亡した事件と関連し、「韓国はエノキダケを加熱処理して摂取するが、米国はサラダとして(加熱せず)摂取するため食中毒が発生したと推定される」と述べた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200313-00253606-wow-int

    (この記事の続きを読む)

    日本の毒キノコ、症状が陰湿すぎて炎上

    1: 名無しさん 2019/12/05(木) 23:08:03.86 ID:KRijnKW50
    ドクササコ

    ドクササコ(毒笹子、学名: Paralepistopsis acromelalga)は担子菌門のハラタケ綱 ハラタケ目に属し、キシメジ科のParalepistopsis属に分類される 毒キノコの一種である。

    ドクササコ - Wikipedia

    主要な症状として、目の異物感や軽い吐き気、あるいは皮膚の知覚亢進などを経て、
    四肢の末端(指先)・鼻端・陰 など、身体の末梢部分が発赤するとともに火傷を起こしたように腫れ上がり、その部分に赤焼した鉄片を押し当てられるような激痛が生じ、いわゆる肢端紅痛症(末端紅痛症とも、Acromelalgia)をきたす。

    症状が著しいケースでは、膝・肘の関節部あるいは耳たぶにまで及ぶこともあるという[。

    発赤と腫脹および疼痛は昼夜の別なく、長期間(しばしば1か月以上)にわたって続く。


    https://livedoor.blogimg.jp/tozanch/imgs/e/a/eaafc79e.jpg

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top