登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > 山菜・野草・木の実

    山菜・野草・木の実

    どんぐりで打線組んだ 2020年10月11日 23:00
    山菜採るぞ 2020年05月25日 22:00
    (´・ω・`)山菜を探すスレ 2020年05月16日 19:00

    どんぐりで打線組んだ

    ドングリ

    1: 名無しさん 20/10/11(日)14:10:28 ID:Cai
    1右 コナラ

       アク抜き必須でデンプン粒子は粗め、 甘みは薄く木の香り強い、バターと相性○、北海道をのぞくほぼ全国

    1


    2三 クヌギ

       アク抜き必須でコナラよりも難度が高い。 デンプン粒子は中程度で木の香りも弱め、片栗粉と混ぜて団子状にし、みそ味の汁物に入れてもいける。秋田、岩手以南に分布。

    2


    3遊 シリブカガシ

       アクをほとんど含まず炒るだけで食用にできる。わずかに甘みがあり常食してもよい。愛知以西に分布。

    3


    4投 スダジイ

       どんぐり類の中で最も美味。でんぷん粒子が細かく甘みもある。
    一本の木から大量に実る性質があり食料生産の観点からみても優れたどんぐり。
    福島以南と言われていたがさかんに植樹されるため現在北限不明。

    4


    5補 マテバシイ

       味、生産量ともに優れるドングリ、今でも常食する地域がある。炒ったときの香ばしさはドングリの中でも群を抜く。紀伊半島以南に分布。

    5


    6左 ツブラジイ

       アク抜き不要のどんぐりで甘みもあり、美味。小さいので調理には非常に手間がかかる。植物性油脂に富みコクのある味わい。神奈川以南。

    6


    7中 イチイガシ

       炒ったどんぐりのうまさはマテバシイにも匹敵する。縄文時代にはもっとも一般的に利用されたどんぐりであるらしい。アク抜きも不要。茨城県南部~九州。

    7


    8ニ シラカシ

       関東では一般に庭木として植えられるドングリ。渋みが大変強く丁寧なアク抜き作業を要する。手間はかかるが残ったデンプン質を葛餅のように加工すると美味しく食べられる。栃木県以南。

    8


    9一 オキナワウラジロガシ

       日本最大のドングリで一粒の大きさが20gにも達する超大型ドングリ。
    渋抜きの手間はドングリの中でも随一で、ゆでこぼしを3度行っても食用に適さない。
    粉末にして重曹を用いてアク抜きする。独特の風味を持ちクッキーに加工すると常食できる程度の味になる。沖縄県のみ。


    9

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    【北海道】山菜採りで遭難相次ぐ…2カ月で59件、死亡・不明10人 入山届けなく捜索も困難

    1: 名無しさん 2020/06/28(日) 10:01:50.69 ID:NLmhYG379 BE:533378861-2BP(0)
    6/28(日) 9:57
    毎日新聞

    山菜採りで遭難相次ぐ 北海道・2カ月で59件、死亡・不明10人 入山届けなく捜索も困難

    八雲町の雲石峠に設置された山菜採りでの遭難注意を呼び掛ける看板=八雲町雲石峠で2020年6月18日午後1時10分、真貝恒平撮影

    0 (1)

     北海道内で山菜採りに行って遭難する事故が相次いでいる。道警によると4月から6月16日までに59件発生し、死亡・行方不明も10人に上る。特に道南では件数が昨年の2倍に増えており、警察や専門家が注意を呼び掛けている。【真貝恒平、菊地美彩】

     5月31日、今金町内の山林で、タケノコ採りに入って行方不明になっていた千歳市の80代男性が岩の上にいるのを、捜索していた道の防災ヘリコプターが発見。一緒に山に行った妻と知人男性が消防に連絡してから53時間ぶりに救助された。病院に搬送されたが、大きなけがなどはなかった。

     せたな署などによると、男性は29日午前6時ごろ3人で入山し、個別にタケノコ採りをしていた。夢中になって奥に進むうち、方向感覚を失ったらしい。水や食料は持っておらず「川の水を飲み、採ったタケノコを食べていた」と説明しているという。道警函館方面本部地域課の担当者は「当時は7月並みに気温が高かったのが生存できた要因では」と話す。

     渡島・檜山地方と後志地方の一部を管轄する道警函館方面本部管内では、山菜採りでの遭難が今年度既に21件発生し、昨年同期の10件から倍増している。理由ははっきりしないが「雪解けが早かったため山に入る人が増えた」とみる警察関係者もいる。

     山菜採りは登山と比べておおむね軽装で、決まったルートがなく入山届も出さないため、遭難リスクが高く捜索も難しい。落として紛失するのを避けようと携帯電話を持たない人も多く、今金町で遭難した男性も車の中に置きっぱなしにしていた。高齢者が多いのも特徴で、今年度の道内の遭難者64人のうち9割近い56人が60代以上だ。

     遭難を防ぐには、どうすればいいか。道警によると、タケノコ採りの場合はやぶの中で地面を見続けて探すため道に迷わないよう注意が必要で、斜面に生えることが多いギョウジャニンニクを採る時は滑落事故に気をつけるべきだという。家族に行き先と戻る時間を伝え、天候が悪い時は入山しない。目立つ服を着て、防寒着、水と食料、携帯電話、鈴、ホイッスルを携行するよう求めている。

     ◇熱中症のほか低体温症も

     国際山岳医として活動する北海道大野記念病院(札幌市)の大城和恵医師に、入山時の注意点を聞いた。【真貝恒平】

     これから暑くなるので、山菜採りや登山は脱水と熱中症の予防が必要です。特に脱水は心臓発作など致命的な病気を起こし、夏の遭難死の原因になります。熱中症は気温が25度を超えると発生しやすくなります。最近は天気予報で、気温、湿度、日差しの強さから計算した「暑さ指数」が示されるので、気温や暑さ指数の低い時間帯を選んでください。

     道内の夏山は朝夕の寒暖差が激しいため、低体温症への警戒も必要。同じ日に熱中症と低体温症を起こすケースもあります。熱中症では発汗により体力を消耗し、低体温症では体温を生み出すエネルギーを使うので、いずれもしっかりしたカロリー摂取が大事です。

     多くの人が行き交う登山の場合は、新型コロナウイルス感染対策も求められます。札幌市の藻岩山(標高531メートル)に2回登って調べたところ、すれ違いやあいさつ時にマスクを着用していたのは1回目が16%、2回目が9・8%でした。すれ違う際には、マスクを着用したり、タオルで鼻と口を押さえたりして、飛沫(ひまつ)が広がらないよう思いやりのある登山を心掛けましょう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200628-00000011-mai-soci

    (この記事の続きを読む)

    【岡山】スイセンの球根を食べて食中毒 井原の家族3人 ニンニクと間違え

    1: 名無しさん 2020/06/24(水) 07:19:23.00 ID:1HqjJUCx9
    スイセン (1)

     岡山県は23日、スイセンの球根をニンニクと間違えて食べた井原市の60代男性と50代の妻、20代の息子の家族3人が、嘔吐(おうと)などの食中毒症状を訴えたと発表した。いずれも入院はせず、快方に向かっているという。

     県生活衛生課によると、3人は21日昼すぎ、自宅近くの畑で収穫したニンニクに、自生のスイセンの球根が交ざっていたことに気付かず、調理して食べたという。

     スイセンはアルカロイドなどの有毒成分を含み、食後30分以内で嘔吐や頭痛を引き起こす可能性がある。葉はニラやノビル、球根はタマネギやニンニクと間違えやすく、県が注意を呼び掛けている。
    (2020年06月23日 18時48分 更新)

    https://www.sanyonews.jp/article/1024244?rct=syuyo

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】ワイの家庭菜園、大葉に占領される

    大葉 (1)

    1: 名無しさん 2020/06/04(木) 13:55:39.32 ID:zJhRtZk0a
    お前去年植えた時はダンゴムシに全滅させられたやんけ… 

    1

    (この記事の続きを読む)

    馬鹿だから山で魚とか山菜採ってご飯のオカズにしてる

    0 (1)

    1: 名無しさん 2020/06/03(水) 15:57:40.098 ID:WllOHNNU0
    (´・ω・`)昨日はヤマメとニリンソウとって食べた
    うまかった

    1
    1-2


    (この記事の続きを読む)

    山菜採るぞ

    山菜 (1)

    1: 名無しさん 2020/05/23(土) 16:02:02.489 ID:7PyWZgZmM
    狙いはウド 

    1

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】小遣い稼ぎの山菜採り、いいの? メルカリなどで道内産出品相次ぐ 道や林野庁は「想定外」

    1: 名無しさん 2020/05/20(水) 12:39:37.35 ID:SHQinL259
    こごみ (1)

    小遣い稼ぎのために山菜を採るのは、問題なし?

    道有林などで採った山菜が、フリーマーケット(フリマ)アプリで販売されている実態が浮かび上がった。

    お金をかけず、採ろうと思えばいくらでも採れる山菜だが、「自分で食べられる分だけ採るのがルール」という声は根強い。

    道などは「想定外」と驚くが、手の打ちようがないのが実情だ。

    (高田晃太郎)

    5月上旬ごろに道東地域でシーズンとなる行者ニンニク...

    以下ソース:十勝毎日新聞 2020/05/20 9:47
    https://kachimai.jp/article/index.php?no=504602

    (この記事の続きを読む)

    グラウンドに生えてる謎のワカメwwwwwwwwwwwwwww

    イシクラゲ (1)

    1: 名無しさん 20/05/16(土)17:24:24 ID:u6p
    1

    みんな見覚えあるやろ

    2: 名無しさん 20/05/16(土)17:25:53 ID:uF2
    雨降った日に生えてたわ

    3: 名無しさん 20/05/16(土)17:25:59 ID:wcw
    庭にも生えてる

    4: 名無しさん 20/05/16(土)17:26:21 ID:u6p
    4

    5: 名無しさん 20/05/16(土)17:26:33 ID:fdJ
    グラウンドにはない
    川辺にあった

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】「タケノコ採りに行く」妻に手紙残し山へ入ったか…71歳男性行方不明に…山中から長靴発見

    1: 名無しさん 2020/05/16(土) 15:30:12.31 ID:hyOHnipj9
    チシマザサ

     5月15日午後から山に山菜採りに行ったとみられる71歳の男性が行方不明になっていて、警察や消防が捜索しています。

     行方不明になっているのは北海道古平町浜町の無職の71歳の男性です。

     男性は5月15日午後、仕事で外出していた妻に「午後タケノコ採りに行く」と手紙を残し自宅周辺の山に入ったとみられます。

     妻が帰宅した夕方になっても戻らなかったため警察に通報しました。

     男性は青色のつなぎを着用し、携帯電話を持っているということですが、応答はなく、山の周辺からは男性の車が発見されています。

     16日午前5時から警察と消防など24名体制で捜索し、山の中から男性のものとみられる長靴が新たに見つかりましたが、現在も見つかっていません。


    5/16(土) 12:35
    北海道ニュースUHB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200516-00000007-hokkaibunv-hok

    (この記事の続きを読む)

    (´・ω・`)山菜を探すスレ

    山菜 (1)

    1: 名無しさん 2020/05/16(土) 14:27:35.973 ID:qQX2H0Nvd
    (´・ω・`)川沿い来た

    2: 名無しさん 2020/05/16(土) 14:28:02.396 ID:qQX2H0Nvd
    (´・ω・`)まずはノビルを探したい

    3: 名無しさん 2020/05/16(土) 14:28:12.226 ID:SBoVuzQy0
    (´・ω・`)川沿いリバーサイド

    5: 名無しさん 2020/05/16(土) 14:29:38.061 ID:qQX2H0Nvd
    (´・ω・`)これね
    ネギ科で生で食べられるらしい 

    5

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top