登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 狩猟

    狩猟

    68歳男性、サルの頭にクロスボウを撃ち込む「庭を荒らされ、追い払うため」

    1: 名無しさん 2018/09/19(水) 15:52:36.59 ID:WDXK/wNn0 BE:135853815-PLT(12000)
    1

    サルの頭に矢、書類送検=男性「庭荒らされ」-滋賀県警

     滋賀県彦根市で6月、頭に矢の刺さった野生のサルが見つかった事件で、県警彦根署は19日までに、クロスボウ(洋弓銃)でサルを撃ったとして、鳥獣保護法違反容疑で市内の無職の男性(68)を書類送検した。
    「庭を荒らされ、追い払うために撃った」と容疑を認めているという。

     捜査関係者によると、送検容疑は5月下旬、男性宅の庭にいたサルにクロスボウで矢を放ち、捕獲しようとした疑い。

     サルは、約35センチの矢が頭を貫通した状態で見つかり、捕獲後に衰弱したため、県が安楽死させた。(2018/09/19-14:30)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018091900704

    68歳男性、サルの頭にクロスボウを撃ち込む「庭を荒らされ、追い払うため」 この世代の凶暴性は異常

    (この記事の続きを読む)

    愛護団体「クマをころすなー!」 お前ら「愛誤しねwクマなんかころしゃ良いんだよ!w」

    hans-veth-385498-unsplash

    愛護団体「クマをころすなー!」お前ら「愛誤しねwクマなんかころしゃ良いんだよ!w」

    1: 名無しさん 2018/09/15(土) 19:22:02.141 ID:GTXsNrKOp
    ハンターぼく「そんな簡単に頃せとか言うなよ」

    2: 名無しさん 2018/09/15(土) 19:22:25.289 ID:QMvD1uEL0
    くまー

    7: 名無しさん 2018/09/15(土) 19:27:21.739 ID:GTXsNrKOp
    ハンターぼく「クマさん可哀想でしょ!」

    8: 名無しさん 2018/09/15(土) 19:28:55.684 ID:Zy4EEuRlr
    こええからな生活圏も近くなってるし

    9: 名無しさん 2018/09/15(土) 19:29:21.174 ID:GTXsNrKOp
    >>8
    まあ増えてるしね
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【米国】「家族との絆」のため、8歳息子を狩猟に連れて行く両親 「家族で動物殺して絆もなにもないでしょ」

    1: 名無しさん 2018/09/14(金) 18:45:31.15 ID:CAP_USER9
    8歳息子を連れて狩猟をする家族(画像は『Metro 2018年9月11日付「Mum lets son, 8, shoot wild animals because it’s great for ‘family bonding’ 」(Picture: PA Real Life/Collect)』のスクリーンショット)
     
    1

    野生生物を撃ち殺すハンティングについては賛否両論あるが、このほどアメリカに住む夫妻が息子を連れて家族で狩猟に参加しているニュースが『Metro』などで伝えられた。母親は狩猟について批判する人々に対して、「家族の絆が深まる」と反論している。

    ノースカロライナ州バーンズヴィルに住むアシュリー・マーフィーさん(31歳)は、父親と祖父が狩猟に熱心という家庭で育ったが、自身はまるで興味がなかった。しかし高校時代に出会ったブランドンさん(33歳)の影響で、狩猟についての考え方が大きく変わった。

    4年の交際を経て結婚11年になる夫ブランドンさんは狩猟ブローカー事業を営んでおり、年中カナダやアルゼンチンなどを訪れ、狩猟に参加している。息子ブライソン君が生まれてからは、一緒に狩猟をすることが彼の夢でもあった。そして現在、8歳になったブライソン君は昨年から父親と一緒に狩猟に参加し、実際に銃を手にして野生動物をハンティングしている。

    「これまで既に4頭もの獲物を倒した息子は、今や射撃の名手です。」

    そう語るアシュリーさんは歯科助手の仕事をする傍ら、仕事がない時は夫や息子と一緒に狩猟に参加し、先月には家族で初めて南アフリカに行き、自分の手で獲物となるブラック・スプリングボックを仕留めた。普段からハイキングや釣りなどのアウトドアが大好きなアシュリーさんは、狩猟に対して世間の意見が賛否両論あることを十分理解したうえで、このように話している。

    息子は、エンターテインメントをコンピュータやソーシャルメディアに頼ってはいません。父親と一緒に狩猟に参加して、お金では買えない貴重な経験をしています。狩猟は、保全と自給自足を学ぶとても大切な授業です。土地を守るために必要なことや私たちが持っているものを尊重することの大切さを教えてくれるからです。息子には狩猟時に注意すべきことを父親がしっかりと教えています。狩猟をすることで、銃の安全な使い方を身につけさせることもできるし、もちろん野生動物へのリスペクトも学ぶことができます。そして何より、狩猟を通して私たちは家族の絆を深めています。」

    アシュリーさん自身も、

    狩猟を通して得たことは大きいという。

    「私たちは、ただ動物を殺しているというだけではありません。狩猟にはもっと大きな意味があります。狩猟から得た獲物を、食糧として必要とする人々に寄付することができます。そうした団体があることを知った時、私も協力したいと思いました。世界の飢えをなくすために、狩猟がいかに大切なのかを私は学びました。ハンターの中には何でも撃ち殺してしまう人がいますが、そういう人たちは真のハンターではないし、私たちの印象を悪くしています。私たちはあくまでも食糧のために狩猟を行い、土地や動物を敬っています。狩猟に反対する人がいるのは理解できますが、狩猟で得た獲物を食べることで子供たちが空腹にならずに済み、獲物を寄付することで他人を助けているのです。ただの楽しみのためにやっているのではありません。

    ブライソン君は、今では異なる動物の鳴き声を聞き分けることもでき、森の中に入ることも恐怖を感じないそうだ。幼い頃から狩猟の経験をし、自然を敬い命に感謝することを学んでいるブライソン君を誇りに思うアシュリーさんは、自身も狩猟が大好きになり、野生生物についてもっと学ぶことができることを喜びに感じているという。最近ではその様子をInstagramでも公開しているそうだ。

    このニュースを知った人からは「野生生物について本当に敬う気持ちがあるのなら、動物を殺さなくても他に学ぶべき方法はあるはず。狩猟が家族の絆を深めると言っているけど、狩猟だけが家族の絆を深めるというのも問題なのでは?」「家族で動物殺して絆もなにもないでしょ」「いや、この家族はしっかりした考えをもって狩猟をしているから、別にいいのでは?」「こういうことで絆を育んでいる家族って、殺す動物がいなくなったらどうなるんだろう」「生きるための狩猟は理解できるけど、それ以外は反対だな」「別に誇りに思うことでもないでしょ」「撃ち殺した動物と一緒に笑顔で写真に写る人を見たら吐き気がする」といった声があがっている。

    2018.09.13 20:30
    http://japan.techinsight.jp/2018/09/ellis13570911.html

    【米国】「家族との絆」のため、8歳息子を狩猟に連れて行く両親 「家族で動物殺して絆もなにもないでしょ」

    (この記事の続きを読む)

    女やけど、猟銃免許取りたいんやが…

    vidar-nordli-mathisen-601174-unsplash

    【緊急】まんの者やけど、猟銃免許取りたいんやが…

    1: 名無しさん 2018/09/13(木) 04:21:54.94 ID:w2WVHr3a0
    かっこいいから取りたいんやが、あれってやっぱり難しいんか?

    6: 名無しさん 2018/09/13(木) 04:25:52.11 ID:eoeLGwRO0
    人は頃したらいかんのやで

    9: 名無しさん 2018/09/13(木) 04:26:44.52 ID:w2WVHr3a0
    >>6
    イノシシ駆って食べたい

    捌けないけど

    8: 名無しさん 2018/09/13(木) 04:26:33.03 ID:R5c3JJoP0
    難しくはないが知り合いに免許持ってる奴おるか?
    半分弟子入りみたいな世界やで

    11: 名無しさん 2018/09/13(木) 04:27:59.32 ID:w2WVHr3a0
    >>8
    おらんわ


    つーかググったら講習やら許可申請やらで30万くらいかかるのな
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    中国人「日本は猟銃や空気銃を所持できるのに、なぜ銃による犯罪がほとんどないのか?」

    1: 名無しさん 2018/08/21(火) 14:40:09.80 ID:3FDVzvr80● BE:512899213-PLT(27000)
    christopher-burns-360256-unsplash

     日本では銃を使った犯罪はほとんど発生しない。中国も銃規制は存在するものの、その一方では銃が違法に製造されるといったケースも多く、銃の不法所持も増えているとされる。

     中国メディアの快資訊は16日、日本は世界で見ても銃を使った犯罪が少ない国の1つであると伝え、猟銃は条件を満たせば所持できるにもかかわらず、なぜ日本では銃犯罪がほとんど起きないのかと疑問を投げかけた。

     記事は、米国と違って日本はほとんど銃による犯罪や事件は発生しないと紹介。確かに日本は米国ほど簡単に銃を所持できるものではないが、猟銃や空気銃は一定の条件を満たした場合において許可証を取得することができるとし、それでも日本で銃による犯罪が起きないのは不思議だと論じた。

     一方、日本の銃規制の法律は「世界的に見ても非常に厳しい」ものだとし、たとえ猟銃などの所持が可能であっても日本の100人あたりの銃所持数は0.6丁にとどまり、米国の88.8丁を大きく下回っていると紹介。銃が社会に流通すれば、銃による事件が起きるのは必然的だとしながらも、日本は流通する量を厳しく統制しているがゆえに銃による犯罪が少ないのではないかと論じた。

     また記事は、日本では警察官が犯人と対峙した場面であっても、容易に発砲することは許されない風潮があるとしたほか、自衛隊が射撃訓練を行っても空の薬莢と発砲数が一致している必要があるなど、銃や銃弾に対して非常に神経質な社会であることを伝え、こうした風潮も銃の犯罪抑制に繋がっているのではないかとの見方を示した。

    いかそ
    http://news.searchina.net/id/1665635?page=1

    中国人「日本は猟銃や空気銃を所持できるのに、なぜ銃による犯罪がほとんどないのか?」

    (この記事の続きを読む)

    週四で手取り15万の猟師だけど質問ある?

    juliane-liebermann-547444-unsplash

    週四で手取り15万の猟師だけど質問ある?

    1: 名無しさん 2018/07/18(水)18:44:38 ID:yzg
    扱いは非常勤の公務員

    3: 名無しさん 2018/07/18(水)18:46:11 ID:tEI
    猟師って絶滅したはずなんだけどな

    4: 名無しさん 2018/07/18(水)18:48:43 ID:yzg
    >>3
    猟師だけで食ってる奴はほぼいない
    というか俺は見たことがない

    5: 名無しさん 2018/07/18(水)18:49:20 ID:yzg
    有害鳥獣駆除ってやつな
    わかりやすく猟師と書いたが少し違う
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    狩猟免許試験受けてきたけど質問ある?

    9

    狩猟免許試験受けてきたけど質問ある?

    1: 名無しさん 2018/07/07(土) 10:30:53.604 ID:ZguExxhd00707
    答えられる範囲で

    2: 名無しさん 2018/07/07(土) 10:31:22.527 ID:R5LAedhB00707
    どんな試験なの?

    9: 名無しさん 2018/07/07(土) 10:36:41.464 ID:ZguExxhd00707
    >>2
    銃を解体したら組み立てたり獲れる鳥の種類判別したりする

    3: 名無しさん 2018/07/07(土) 10:31:25.287 ID:xNtoEYvH00707
    罠?

    10: 名無しさん 2018/07/07(土) 10:36:53.361 ID:ZguExxhd00707
    >>3
    罠も
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    猟銃持ちワイ、害獣駆除でカラスを撃つ

    2

    猟銃持ちワイ、害獣駆除でカラスを撃つ

    1: 名無しさん 2018/07/04(水)15:31:46 ID:YZV
    たのC

    2: 名無しさん 2018/07/04(水)15:31:57 ID:PGC
    通報

    6: 名無しさん 2018/07/04(水)15:33:03 ID:YZV
    >>2
    ちゃんと猟友会からの許可取ってるやでー

    8: 名無しさん 2018/07/04(水)15:33:30 ID:PGC
    >>6
    楽しいとか言いながら動物に銃乱射してるようなやつを信じられるか

    10: 名無しさん 2018/07/04(水)15:34:03 ID:YZV
    >>8
    実際楽しいからしゃーない

    そもそも趣味でやってるんやし楽しくないとできんやろ?
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【狩猟】「心無い自己中心的な殺し屋」 南アで殺したキリンとポーズ、米ハンターの投稿写真に批判殺到

    1: 名無しさん 2018/07/04(水) 22:45:16.28 ID:CAP_USER9
    5

    米ケンタッキー州の女性ハンターが、昨夏の狩猟旅行の際に南アフリカで仕留めたキリンの死体とともにポーズをとる写真がオンラインで拡散、ソーシャルメディアに怒りの投稿が相次いでいる。

    写真の主はテス・トンプソン・タリーさん(37)。USAトゥデーによると、タリーさんはフェイスブックで、「一生に一度の狩猟の夢がきょう実現した。この珍しいキリンを見つけ、しばらく追いかけた」と投稿した。投稿は現在、削除している。

    写真は先月、ウェブサイトの「アフリカランドポスト」がツイッターに再投稿したことから、最近になって拡散。
    ツイッターには、数千人がキリンを殺したことへの怒りを投稿している。

    米女優デブラ・メッシングさんはインスタグラムでタリーさんについて「胸が悪くなる、卑劣で不道徳で、心無い自己中心的な殺し屋」と酷評。

    動物保護についてしばしば投稿するコメディアンのリッキー・ジェルベさんもタリーさんを批判、絶滅が危惧されるキリンたちを哀悼した。

    タリーさんはFOXニュースへのメールで自身を擁護、射殺したのは南アフリカの亜種で希少種ではなく、個体数は増加していると反論した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000065-reut-n_ame

    【狩猟】「心無い自己中心的な殺し屋」 南アで殺したキリンとポーズ、米ハンターの投稿写真に批判殺到

    (この記事の続きを読む)

    【朗報】ハンター人口減少に歯止め! 狩猟免許を取得する若者や女性が増加中

    1: 名無しさん 2018/06/27(水) 18:53:24.51 ID:oQHhO7Dj0 BE:844481327-PLT(12345)
    4

    狩猟者の減少や高齢化が深刻な課題となる中、狩猟免許を取得する女性や若者が増加しており、狩猟者人口の減少に歯止めがかかってきた。

    大日本猟友会の会員数は2017年度に10万5700人を超え、前年度から500人以上増え、会員増はここ40年で2回目となる。
    若者らで青年部を立ち上げるなど、仲間づくりや狩猟ビジネスに挑戦。市民へ、狩猟の魅力発信にも貢献する。(猪塚麻紀子、吉本理子)

    三重県大台町の瀬古愛弥さん(28)は、父や知人とグループを組んで鹿、イノシシといった野生の獣を撃つ女性ハンターだ。解体した枝肉を販売する他、管理人を務めるキャンプ場でもジビエ(野生鳥獣の肉)を骨付きや丸焼きで提供する。

    狩猟を始めたきっかけは、地域住民の生活圏に獣が現れるようになったことだ。電車や乗用車と、増加する鹿との衝突事故が頻発していた。
    夜になると民家の庭先にも現れ、家庭菜園もままならない状況だった。
    「誰かが手を打たないと、いつか命を落とす人が出る」──。
    21歳になる年に第一種銃猟免許を取得し、猟銃所持の許可を受けて、狩猟を始めた。

    有害鳥獣駆除だけでも、イノシシと鹿を年間合わせ、約150頭に上る。「まだまだ被害はあるが、始めた頃に比べれば改善された」と実感するという。
    冬場は狩猟、夏場はキャンプ場を運営し、周年で解体した枝肉を販売して生計を立てている。


    注文があれば、キャンプ場のバーベキューでも鹿の骨付き肉やイノシシの丸焼きを提供する。
    狩猟や解体処理施設の見学会も開き、一般の人が狩猟の現場に触れ、獣害の現状を知ってもらう機会をつくっている。
    狩猟に興味を持つ人は増えているが「銃で狙いを定めたり地形を覚えたり、狩りには慣れが必要。経験が浅いと危険も多く伴い、参加のハードルは高い」と話す。

    現在の目標は、多くの人にジビエを知ってもらうこと。
    「獣肉が売れることが猟師の励みにつながる。現場に入らなくても、応援できることを知ってほしい」と話す。

    3

    https://www.agrinews.co.jp/p44458.html

    ハンター人口減少に歯止め 狩猟免許を取得する若者や女性が増加中

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top