登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題
を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト!

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    狩猟

    【※閲覧注意】鹿15000匹が犠牲になった建物が呪われまくってそうだと話題に(画像あり)

    1: 名無しさん 2017/12/03(日) 02:51:08.29 ID:4BQMMU4Q0● BE:284093282-2BP(2000)
    アメリカにて、ハンターに仕留められるなどして犠牲になった鹿15000匹の ”角” が収集された建物が、呪われまくってそうだと話題の画像。怖い…。[12]images

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12

    http://ki-topo-ka.com/impact/12495/

    (この記事の続きを読む)

    猟友会ベテラン「クマの足跡を追っていたら2、3メートル離れた木の陰から突然、熊に襲われました…」

    1: 名無しさん 2017/11/30(木) 20:35:18.03 ID:CAP_USER9
    3

    狩猟中の男性がクマに襲われけが

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/6023165901.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    30日午前、長井市の山林で、狩猟をしていた68歳の男性がクマに襲われ、などにけがをしました。
    命に別状はないということです。

    30日午前10時半ごろ、狩猟中の男性会員がクマに襲われけがをしたと、猟友会の関係者から消防に通報がありました。
    クマに襲われたのは、長井市清水町に住む男性(68)で、顔や腕などにけがをして病院で手当てを受けています。
    けがの程度は分かっていませんが、命に別状はないということです。

    警察によりますと、男性は地元の猟友会の会員で、30日朝、1人で山に入り、猟をしていたところ、突然クマに襲われたということです。
    クマは体長1メートル50センチほどで、男性を襲ったあと山の中に逃げたということです。

    猟友会の関係者によりますと、男性は40年くらい猟をしているベテランだということです。
    現場は「葉山森林公園」から300メートル余りの山林で、警察は周辺のパトロールを強化するとともに、住民にクマに警戒するよう呼びかけています。

    県内でことしに入ってクマに襲われけがをした事故は4件目で、8月以降に集中しているということです。

    事故直後に男性から携帯電話で連絡を受けた西置賜猟友会長井分会の吉田重義事務局長は「『クマの足跡を追って歩いていたら、2、3メートル離れた木の陰から突然、クマが飛びかかってきて馬乗りになられた』と話していた。
    クマが冬眠に入る前のこの時期は、特に警戒が必要だ」と話していました。

    11/30 19:45

    (この記事の続きを読む)

    【狩猟】報奨金目的で駆除のイノシシ20頭を山中に放棄…廃棄物処理法違反の容疑で男を書類送検

    1: 名無しさん 2017/11/24(金) 11:52:55.04 ID:CAP_USER9
    2

    報奨金目的で駆除のイノシシ20頭を山中に放棄
    11/24(金) 11:28配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00050033-yom-soci

     駆除したイノシシ約20頭を山中に捨てたとして、佐賀県警伊万里署が、同県伊万里市の男(69)を
    廃棄物処理法違反(不法投棄)の容疑で佐賀地検武雄支部に書類送検していたことが、捜査関係者への取材で分かった。

     男は市に対し、有害鳥獣の捕獲報奨金を申請しており、「捨てるのに適した場所がなかった」などと供述しているという。

     送検は8日付。捜査関係者らによると、男は10月、餌でおびきよせる箱わなを使って捕獲、駆除したイノシシ約20頭を、他人が所有する市内の山中に不法投棄した疑い。
    10月末に付近を巡回していた同署の警察官が異臭に気づき、発覚した。

     男はイノシシ(成獣)1頭につき1万3000円が支給される報奨金目的で駆除。
    申請に必要な死骸の写真、切断した尾、耳を市に提出していた。市の指導では、駆除したイノシシは申請者が埋葬処理することになっている。

    (この記事の続きを読む)

    【愛知】「とらばさみ」でタヌキ捕獲、岡崎市の75歳男性を鳥獣保護法違反の疑いで書類送検…食害から畑を守るために仕掛けたと供述

    1: 名無しさん 2017/11/10(金) 11:10:25.10 ID:CAP_USER9
    4

    「とらばさみ」でタヌキ捕獲、男性書類送検

    2017-11-10 09:18

    「とらばさみ」と呼ばれる禁止されているわなを使って、許可なくタヌキを捕ったとして9日、愛知県岡崎市の農業の男性(75)が書類送検された。
     
    警察によると、男性は今年9月下旬ごろから先月5日までの間、自身が所有する柿畑に「とらばさみ」を仕掛け、許可なくタヌキ1匹を捕獲した鳥獣保護法違反の疑いがもたれている。
     
    「とらばさみ」は法律で使用が禁止されているが、警察の調べに対して男性は、動物の食害から畑を守るために仕掛けたと話しているという。

    中京テレビニュース
    http://www.ctv.co.jp/newsctv/index_loc.html?id=294449

    1
    2
    3

    (この記事の続きを読む)

    【狩猟】イノシシ捕獲、尻尾と写真で証明…交付金不正でルール統一

    1: 名無しさん 2017/11/07(火) 03:38:26.76 ID:CAP_USER9
    no title

     農作物を食い荒らすイノシシなどの鳥獣捕獲数を猟師が水増しし、国の交付金をだまし取る不正が相次いだため、農林水産省は2018年4月から運用を厳しくする。
    支給の窓口となる自治体でばらつきのあった獲物の証明方法を統一し、書類申請の場合には尻尾の提出を義務付けるのが柱だ。

     農作物の被害を減らそうと、国は13年度から鳥獣駆除への交付金を始めた。イノシシやシカ、クマだと1頭当たり最大8千円を出し、これを元手に市町村が猟師へ報酬を支払う。

     支給申請は市町村などの職員による現地確認がなくても認められ、約8割の自治体が写真や個体の一部といった証拠品で確認していたが、尻尾や耳などの提出部位や撮影ルールはまちまち。
    鹿児島県霧島市では1頭のイノシシを違う角度から撮る偽装が横行し、兵庫県佐用町でも確認の緩さを突く不正が発覚した。

     そこで、現地確認を省略して証拠品で申請する際は、写真と尻尾をそろえて提出することを義務化。
    写真は頭を右向きにし、スプレーで体に日付などを入れて撮るよう統一する。
    一方、現地確認の場合は尻尾を着色するか回収し、別の獲物の証拠品に見せ掛ける「使い回し」を封じる。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2313202006112017CR0000/

    (この記事の続きを読む)

    【来春新ルール】「耳」と「尻尾」で二重取り? シカ駆除数水増し、補助金不正受給多発

    1: 名無しさん 2017/10/29(日) 16:38:59.65 ID:CAP_USER9
    1024px-Cape_Ochiishi_and_Groups_of_Ezo-deer_1

    来春新ルール、ハンターの負担増も

    有害鳥獣を駆除したハンターに交付される補助金の不正受給が全国で相次ぐ中、農林水産省は来年4月から頭数水増しを防ぐため、確認方法を厳格化した新ルールを導入する。主にエゾシカ駆除に補助金が支給されている道内でも、自治体職員が捕獲を現地確認している例は1割のみで、専門家からは「不正を見逃す可能性がある」と指摘されてきた。ただ、確認方法の厳格化は、捕獲の際に煩雑な作業を強いることになり、ハンターが敬遠して駆除が減りかねないジレンマも抱えている。

    国が有害鳥獣を駆除したハンターに支払う補助金は、各市町村や地元ハンターらでつくる各地の協議会が申請窓口となっている。

    補助金の不正受給は今年に入り、全国で相次いで発覚。鹿児島県霧島市では、同じイノシシを異なる角度から撮影して複数頭に見せるなどの手口で、不正受給が2016年度までの4年間で252件、約240万円に上ることが判明した。

    道内で不正受給は発覚していないが、札幌在住の40代の男性ハンターは「捕獲したエゾシカが1頭でも、ある自治体には耳を提出し、別の自治体に尻尾を提出することで、補助金を『二重取り』するハンターもいると聞いた」と証言する。

    今年2月、旭川市で行われたエゾシカの駆除。道内で不正受給が発覚した事例はないが、捕獲の確認の甘さを指摘する声がある
     
    16

    配信10/29(日) 6:10
    北海道新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00010000-doshin-hok

    (この記事の続きを読む)

    副業でハンターやってるんだけどさ、鹿肉って美味いのに何故普及しないんだろ?

    pedro-lastra-151875


    1: 名無しさん 2017/10/06(金)08:47:41 ID:Ew0
    不思議

    2: 名無しさん 2017/10/06(金)08:48:36 ID:HrU
    家畜に向かないとかそんな感じかね

    3: 名無しさん 2017/10/06(金)08:48:48 ID:daB
    ジビエは癖が強いからな

    16: 名無しさん 2017/10/06(金)08:56:21 ID:Ew0
    >>3
    言うほど臭みは無いと思うんだけどな

    4: 名無しさん 2017/10/06(金)08:49:33 ID:Sq8
    奈良県民の陰謀

    5: 名無しさん 2017/10/06(金)08:49:42 ID:CQR
    しかたない
    関連記事
    隣のクソジジイが鹿肉を大量にくれやがる (´;ω;`)

    (この記事の続きを読む)

    【兵庫県宍粟市】猟のため放った猟犬が住宅へ…庭に侵入、かまれた幼児ら3人けが

    1: 名無しさん 2017/10/01(日) 18:21:11.33 ID:CAP_USER9
    tobias-a-muller-325688

    1日午前兵庫県宍粟市の住宅の庭に2匹の猟犬が侵入し、この家にいた34歳の女性と3歳の息子、それに親戚の男性の3人が足などをかまれてけがをしました。いずれも命に別状はないということです。

    1日午前9時半ごろ、宍粟市山崎町大沢の住宅の庭に、体長1メートルほどの2匹の猟犬が侵入し、洗濯物を干していた34歳の女性が、足をかまれました。

    さらに近くにいたこの女性の3歳の息子が、頭などをかまれたほか、助けようとした女性の義理の兄も尻をかまれたということです。

    3人は、ヘリコプターなどで病院に搬送され、治療を受けましたが、いずれも命に別状はないということです。

    警察によりますと、当時この家の近くの山で地元の猟友会の男性が、鹿などの有害鳥獣の駆除をしていて、猟のため男性が2匹を放ったところ、山を下りて住宅のほうに向かったということです。

    2匹の猟犬は、いずれも男性がその場で捕まえたということで、警察は、男性から事情を聴くなどして当時の状況を調べることにしています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171001/k10011164201000.html

    (この記事の続きを読む)

    【ジビエ】イノシシを生ハムに…料理五輪の銅メダリストが監修・愛媛県上島町

    1: 名無しさん 2017/08/31(木) 09:56:47.56 ID:CAP_USER9
    no title

    イノシシを生ハムに

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8003359211.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    作物を荒らすやっかいものとして上島町で捕獲された野生のイノシシを活用しようとイノシシの肉を生ハムに加工した商品が開発され、今治市内で試食会が開かれました。

    瀬戸内海に浮かぶ上島町はレモンなどかんきつ類の生産が盛んですが、野生のイノシシに作物が荒らされる被害が相次ぎ、深刻な問題となっています。
    その対策の一環として町では捕獲した野生のイノシシを活用する取り組みを進めていて、このほど、県や調理師でつくる団体と協力して、イノシシの肉を生ハムに加工した商品が開発されました。

    今治市内で30日に開かれた試食会には、ホテルやレストランなどの料理人らおよそ150人が招かれ生ハムのほか、ゼラチン質で肉を固めて冷製にした料理などを試食していました。

    生ハムは、世界料理オリンピックで去年、銅メダルを獲得した今治市出身のシェフ、神原佳考さんが監修し、赤身が食べやすく濃厚な味に仕上げられているのが特徴です。
    試食した男性は「イノシシの生ハムは初めて食べたが、甘みがあっていいですね」
    と話していました。

    また、生ハムを監修した神原さんは「まだ第一段階で、これからもっとおいしいものを追求したい」と話していました。

    開発された生ハムは30日から法人向けに販売を始め、ことし11月中旬ごろからはインターネットで一般にも販売されるということです。

    08/30 19:47

    (この記事の続きを読む)

    ワイ有害鳥獣対策担当公務員、シカの多さに咽び泣く…

    natalie-thornley-148072


    1: 名無しさん 2017/07/27(木)20:21:22 ID:u91
    人里に降りてきたらアカン(アカン)

    2: 名無しさん 2017/07/27(木)20:22:51 ID:eM7
    せやかて旨いもん沢山あるし

    4: 名無しさん 2017/07/27(木)20:23:41 ID:u91
    >>2
    農家が死ぬんや やめてクレメンス

    3: 名無しさん 2017/07/27(木)20:23:13 ID:ZQb
    鹿肉美味いしもっと降りてきてええんやで
    特に子鹿や、親鹿はくさみが残る

    5: 名無しさん 2017/07/27(木)20:24:06 ID:W7c
    ライフルの所持許可出してくれれば幾らでもとってきてやるわ

    8: 名無しさん 2017/07/27(木)20:25:12 ID:u91
    >>5
    幼獣パァン!しても報償金安いで
    関連記事
    国「害獣どうにかして」ワイ「よし、狩猟免許取るわ」

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top