登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題
を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト!

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    農業・農家・酪農・林業

    【長野】若者の「花離れ」が進んでいる…県と生花商業協同組合が連携 生花の髪飾りをPR

    1: 名無しさん 2017/12/16(土) 18:04:11.24 ID:CAP_USER9
    10

     出荷量が全国トップクラスを誇る県産の生花を髪飾りに使ってもらおうと、県農政部と県生花商業協同組合が連携し、
    成人式や卒業式の時期に合わせ、花で作った「生花ヘアード(髪飾り)」を若い女性に提案する試行販売を始めた。
    「人生の節目には、造花ではなく華やかな生花こそがふさわしい」と全面にアピールし、消費拡大につなげる考えだ。 (太田浩信)

                      ◇
     平成27年の農林水産統計によると、県内はアルストロメリア、トルコギキョウ、カーネーションなどの出荷量が全国トップの「花卉(かき)王国」。しかし、近年は若者を中心に「花離れ」が進んでいるといい、県農政部の
    北原富裕部長は「新たな需要創出が課題になっている」と話す。

     そこで目を付けたのは、成人式などの式典に出席する振り袖姿の女性。きれいに結った髪にアクセントを添える髪飾りは、生花で作った場合、造花に比べてみずみずしくボリューム感がある。季節にあった花や、自分の好きな花を使うことで、オリジナルの髪飾りで華やぎを演出できる。

     ただ、生花は1回しか使えない。同組合によると、造花の髪飾りは約1万円が主流だが、生花では約5千円で購入できるという。
    同組合の山崎年起専務理事は「思い出に残るよう、晴れの日には本物の花で着飾ってほしい」としている。

     試行販売は、呉服販売・レンタルの「たちばな」(長野市)と連携し、着付けをするため長野本店に来店した女性に、生花ヘアードを提案する。当面、来年1月の成人式に向けてアピールしていくが、そこでの反応を検証した上で、卒業式シーズンには他店舗にも拡大していく考え。

     同組合などは、花がしおれないように給水処理するほか、花粉で着物が汚れないような配慮する。
    フラワーデザイナーが考案した生花ヘアードをより多くの女性に購入してもらうため、カタログ販売することも検討している。

     山崎氏は「お客さまの声を生かしながら、満足度の高いデザインを追求したい」と意気込んでいる。

    産経
    http://www.sankei.com/region/news/171216/rgn1712160006-n1.html

    (この記事の続きを読む)

    【画像】小学校で行われる「道徳」の授業がこちら…

    10


    1: 名無しさん 2017/12/10(日) 22:18:23.636 ID:B3WcMY8u0
    1
    2
    3
    4
    5

    どう思った?

    18: 名無しさん 2017/12/10(日) 22:20:34.965 ID:IK1CmuU30
    トラウマになるだけじゃん

    20: 名無しさん 2017/12/10(日) 22:20:40.747 ID:WScHIpQ20
    やったところで成長後には何の影響も出ない授業

    21: 名無しさん 2017/12/10(日) 22:20:50.312 ID:W0T1GTiH0
    さすがにこれは趣味悪すぎ

    23: 名無しさん 2017/12/10(日) 22:21:12.591 ID:XWB7vaB40
    価値観の押し付け
    子どもが可哀想
    関連記事
    ヴィーガンになって3年たつけど (´・ω・`)


    (この記事の続きを読む)

    世界にはものすごい数の動物がいるのに、家畜化された動物が15種類しかいない事実

    dean-hinnant-349985


    1: 名無しさん 2017/12/01(金)06:08:14 ID:ZfO
    ウマ
    ウシ
    ブタ
    ヒツジ
    ヤギ
    カイコ
    アヒル
    イヌ
    ネコ
    ニワトリ
    ロバ
    ラクダ
    ウズラ
    ヤク
    カイウサギ 
    の15種類しかいないし家畜化された時期はほとんど紀元前で最近になって新たに家畜化された動物は全くいない
    なぜなのか?

    5: 名無しさん 2017/12/01(金)06:14:30 ID:j7D
    ぐじら「は?カワウソもアルマジロもオオトカゲもペットやぞ」

    10: 名無しさん 2017/12/01(金)06:16:46 ID:ZfO
    >>5
    ペットは野生種を飼育してるだけで家畜化されてない
    ゾウなんかも人間の用役に使われてるけど野生種だから家畜に含まれない

    18: 名無しさん 2017/12/01(金)06:20:11 ID:j7D
    >>10
    犬はともかくネコとウサギはペットちゃうんか
    食用?

    23: 名無しさん 2017/12/01(金)06:21:57 ID:Mum
    >>18
    ネッコは一応ネズカス退治って目的がある
    関連記事
    【悲報】家畜としてのブタの運命が悲しすぎると話題に

    (この記事の続きを読む)

    【動画】例の秘密兵器「モンスターウルフ」は効果があるか? クマ、シカ、サルの映像をとくとご覧あれ!!!

    1: 名無しさん 2017/11/27(月) 21:16:59.15 ID:CAP_USER9
    prm1711260024-p1

     イノシシなど野生動物による農作物被害を抑える“秘密兵器”として、オオカミ型ロボット「スーパーモンスターウルフ」が本州以南で初めて、千葉県木更津市の山間地にある水田に試験配備されて4カ月が過ぎた。
    この間にも、千葉ウルフの“兄弟”たちは東北や甲信など千葉県境を越えて各地で活躍。
    今回のウルフ効果検証取材で、クマやシカが仰天して逃げる衝(笑)撃画像を入手した。ウルフ効果バッチリ!

    ■イノシシの出没減った

     木更津市内の水田耕作エリアの一つ、矢那地区。雑木の生い茂る小山に挟まれるように開けた田んぼの南角に、スーパーモンスターウルフが据え付けられたのが7月11日。
    8月下旬には稲刈りも終わり、9月11日からは同地区内にある栗畑に活躍の場を移していた。

     「ほぼ毎日、イノシシが田んぼで泥浴びをした跡を残していたが、ウルフの近くではなくなり、稲を倒したり稲穂を囓ったりの被害は減った。ただ、田んぼは広く、1頭で全域は守れない」と水田所有者の竹内和雄さん(70)。

     ウルフ導入をサポートしたJA木更津市(梅澤千加夫代表理事組合長)では設置以来連日、ウルフ周辺のイノシシほか野生動物の出没状況や農作物被害の有無をチェックした。
    担当者は「ウルフが動くものを感知する、中心角約60度・半径約20メートルの扇形の範囲ではイノシシ侵入が減った。
    範囲外では出没の跡がある」と話し、「ウルフの動物撃退効果はあると思うが、電気柵やわななどを組み合わせた防御策が農家には必要では」との考えを示す。

    ■衝(笑)撃!の撃退映像

     木更津市内のウルフ設置場所では、動物撃退効果を見るために夜間も撮影できる監視カメラを併置した。
    残念ながらこの4カ月間、ウルフに驚いて逃げる動物の姿を捉えられていない。

     だが今回、サル対策で青森県内の果樹園に置かれたウルフの後ろのカメラがついに、クマやシカなどが、頭を左右に振って音と真っ赤な目の色で威嚇するウルフに仰天して逃げ去る姿を収めた。

     ウルフが雄たけびをあげた途端に草むらに飛び込むクマ。
    一瞬凍り付いて後ずさりし、われに返って飛ぶように逃げるシカ、木の幹から果樹園に入ろうとするところ、ウルフに驚愕(きょうがく)して飛び退くサル。動物が恐怖する瞬間を捉えた初の映像がリアルだ。

    ■海外からも“オファー”

     ウルフの試験的導入は千葉以外でも進む。青森県のほか、栃木県足利市内のゴルフ場では、コースを掘り起こすイノシシへの抑止力としてティーグラウンド付近に1頭が置かれ、「掘り起こし被害が減った」(ゴルフ場支配人)。

     長野県王滝村では、稲作終了まで田んぼにウルフを置き、その後は赤カブ畑などに場所を移してイノシシやサル被害に備えた。
    同村担当者は「設置場所が民家や道路に近く、歩く住民から驚きの声が聞かれ、消音して置いたことも。
    目が光るだけでもイノシシが出なくなった」と話す。
    山梨県南アルプス市では「効果あり」と判断し、再来年度に向けて導入の予算取りをする方針という。

     京都や岐阜、愛媛、福岡など西日本各地からも、制作者の太田精器(北海道、太田裕治社長)に問い合わせが続々と入っている。

     さらにカナダやフランス、ベルギー、ドイツ、ブルガリアからも「現地生産できないか」との問い合わせが入り、千葉・木更津から火が付いたウルフ人気は国際的な広がりをみせる。
    太田社長は「ヨーロッパではワイン用のブドウ畑でイノシシ被害が多いようだ。日本のモノ作りへの信頼度が高いから連絡が来るのだろう」と話し、増産につなげたい考えだ。

     スーパーモンスターウルフ

     本物のオオカミそっくりの外観で体長65センチ、体高50センチ。真夜中でも赤外線センサーで動くものを感知(感知範囲は約20メートル先まで)すれば、体内に埋め込まれたスピーカーからオオカミのほえ声は無論、猟銃発砲音や猟犬の鳴き声、動物が不快に感じる金属的な音など(約90デシベル)を発し、同時に両眼にはめ込まれたLED(発光ダイオード)ランプが炎の色にらんらんと光る。
    バッテリーにソーラーパネルをつなげて電源とする。首は左右に振るが、四肢は鉄パイプで地面に固定されている。

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=2qU9tNYTpDw


    http://www.sankei.com/premium/news/171126/prm1711260024-n1.html

    (この記事の続きを読む)

    いちご農家ワイ、今年も真っ赤ないちごに大歓喜wwwwwwwwwwwwww

    no title


    1: 名無しさん 2017/11/20(月)08:39:25 ID:dfS
    1

    ぷりぷりしてて可愛いンゴねぇ

    2: 名無しさん 2017/11/20(月)08:39:37 ID:lWi
    おいしそう

    3: 名無しさん 2017/11/20(月)08:40:01 ID:dfS
    >>2
    ひとつ食ってみたらまだちょっと酸っぱかったで

    7: 名無しさん 2017/11/20(月)08:42:17 ID:dfS
    さ~これからのシーズン稼ぐで~

    9: 名無しさん 2017/11/20(月)08:44:45 ID:cRV
    やっぱケーキ用の出荷が多いんか?
    関連記事
    林業に転職した結果wwwwwww

    (この記事の続きを読む)

    嫁実家の花農家継ごうと思うんだが実際農業どうなん?

    sergei-akulich-288961


    1: 名無しさん 2017/11/16(木)11:58:01 ID:jjp
    転職するための準備してたら、
    嫁の実家の農業を継がないか?と打診があって悩んでるんだが、
    実際農業どうなん?人を雇える規模になったらイージーモード?

    2: 名無しさん 2017/11/16(木)11:59:03 ID:Xp6
    コメ専業ならよっぽど大規模にやらないと…

    3: 名無しさん 2017/11/16(木)12:00:53 ID:jjp
    >>2
    まじか、農業ど素人だから一人食っていけるのかすらわからんわ
    高齢化が進んでるから年齢武器にすればワンチャン?

    4: 名無しさん 2017/11/16(木)12:01:53 ID:wv4
    なんとかなるように指導してもらえるから大丈夫だよ
    ただ労働時間はハンパないことになるらしいが
    関連記事
    ワイ23歳梅農家、年収800万前後をキープ

    (この記事の続きを読む)

    さつまいも農家「日本中の猿を駆逐したい」

    jared-rice-388266


    1: 名無しさん 2017/11/03(金)16:29:11 ID:fBG
    猿は見つけ次第、子猿だろうが石ぶん投げてる

    2: 名無しさん 2017/11/03(金)16:30:11 ID:aZz
    石wwwwww

    5: 名無しさん 2017/11/03(金)16:31:19 ID:fBG
    >>2
    届かないわ
    肩痛いわ
    泣きたい

    3: 名無しさん 2017/11/03(金)16:30:11 ID:tw@NUKENIIIIIN
    それじゃ駆逐できないだろ

    4: 名無しさん 2017/11/03(金)16:30:34 ID:tw@NUKENIIIIIN
    最低でもスリングショット必須じゃね?

    8: 名無しさん 2017/11/03(金)16:32:09 ID:fBG
    >>4
    スリングショット考えてたけど玉回収するのが面倒だなとおもって
    関連記事
    先生「最近猿が出没しています、下校時もし遭遇しても目を合わせないように」

    (この記事の続きを読む)

    【画像】白菜の“黒いブツブツ”、実は 白菜が頑張ったしるしだった! 解説漫画が話題に

    1: 名無しさん 2017/11/11(土) 17:32:03.53 ID:HfUDvI0w0● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    3

    気になってた人必見 白菜の“黒いブツブツ”についての漫画に「知らなかった」「スッキリした」の声

    寒い時期に食べたくなるお鍋に欠かせない「白菜」の“黒いブツブツ”について説明した漫画がTwitterで話題になっています。

    1
    2

    投稿したのは、数年前に野菜卸の会社に勤めていたという祭(@hohoho09261)さん。そこで働いていたころ、冬になると多くなるのが「(白菜に)黒いブツブツがいっぱいついてんけど」というクレームで、お客からお店へ、お店から農家へとクレーム・返品が多くあるのだそうです。

    虫や病気と思われがちな“黒いブツブツ”。実は外観や切った中にたびたび見られる白菜の黒い斑点はポリフェノールで、決して病気ではなく、出荷されるまでの低温などで白菜にストレスがかかってできる「ゴマ症」だと説明しています。

    ちなみに現在は農家のみなさんがゴマ症が出ないように努力しているとのことですが、もしあっても何も問題はなく「白菜が頑張ったしるしなのでおいしく食べてください」としています。

    この白菜の“そばかす”のような「ゴマ症」は、昨年も園芸品販売の国華園(@KOKKAEN_PR)が紹介して話題に(関連記事)。他に東海漬物の公式サイトでも紹介されていて、もちろん食べても問題ないと説明されています。

    今回の分かりやすく説明した漫画で初めて知ったという人も多く、コメントでは「そういうものだったのね」「スッキリした」など、これからは気にせず食べますといった声が上がる反響となっています。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/11/news027.html

    (この記事の続きを読む)

    【巨大重機】世界最大のコンバインハーベスタ―デカすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    1: 名無しさん 2017/11/10(金)13:24:17 ID:pas
    こちらが最近まで世界最大を誇ったNew Holland CR10.90のご尊顔。

    1

    「8時間で小麦797トンを収穫する」というギネス記録を2014年に達成。
    前輪が装輪式になってるのが特徴的な、黄色いやべーやつ。

    2: 名無しさん 2017/11/10(金)13:26:04 ID:pas
    2


    3: 名無しさん 2017/11/10(金)13:28:36 ID:pas
    んで、イッチが最近見つけた超大型新人がこちら。

    3

    TRIBINE(トライバイン?)
    関連記事
    兵庫県・淡路島で走ってる”農民車”とかいう謎車を知ってるかい?

    (この記事の続きを読む)

    【朗報】うつ病になったSEを農家に預けると、なぜか1年後には元気に!!!!!

    1: 名無しさん 2017/09/05(火) 23:08:05.51 ID:CAP_USER
    nicolas-barbier-garreau-339438

    農業IoT(モノのインターネット)がもてはやされている。国の第5期科学技術基本計画がソサエティー5・0という「超スマート社会」の実現を掲げ、ロボット、人工知能(AI)など、先端産業から農業に応用しやすそうな分野予算の威勢がよいからである。

     東京大学農学部長だった生源寺眞一先生は、10年前の論文で日本農業を付加価値型(V型)と土地利用型(C型)に分類し、日本におけるC型農業の変革の重要性を論じた。その観点で言えば今の農業IoTはハウス野菜、畜産、大規模畑作などのV型に偏り、C型農業への参入は進んでいない。

     コメや小麦などの土地利用型経営は、大規模農地を持つ外国にかなわないと思われている。しかし、外からは見えないが日本の水田の地下には透水性パイプ(暗渠〈あんきょ〉)が張り巡らされ、まるで地下工場のように灌漑〈かんがい〉と排水が自由に制御できるようになっている。

     それを利用して外国ではまねのできない高品質米の生産に取り組む農家がいる。そうした農家を狙って、最近では水田水位監視サービスが出現しているが、まだまだ普通の稲作農家が導入できる価格ではない。

     現在の農業IoTは温室など屋内環境で育った技術である。屋外のフィールドでは、まず通信と電源の確保が難しい。また、気温・湿気・風雪などの気象や動植物との闘いの連続でもある。

     そんな中、C型農業のIoTを進めるには過酷なフィールドでも使えるタフな技術の開発が必要である。

     経済の論理で通信インフラの整備は人口の多い都市部が優先され、人口の少ない田舎は取り残されている。ユーザーがいないところにインターネットを導入しても民間会社の儲けにはつながらないからである。

     ♪はぁ電源もねぇ、通信もねぇ、オラこんな村イヤダぁ~。今も昔も若者は文明の利器のない田舎に魅力を感じず、都市に逃げていくことになる。でも逆に田舎に通信インフラがあったならばどうだろうか。

     先日会ったIT系会社の社長さんの話が印象的だった。「うつ病になった若いシステムエンジニア(SE)を農家に預けると、なぜか1年後に元気になって戻ってくるんだよねぇ」。

     農業には人の心を癒やす機能もあるらしい。田舎に空気のようにインターネット環境が備わっていたなら、都会では思いもよらないユニークで斬新(ざんしん)なIoT技術が生まれる可能性がある。

     超スマート社会は田舎にこそIoTインフラを整備することで早く実現できるように思う。ただし、そのインフラは日本国内でガラパゴス化しないように、世界中のどこの田舎でも利用できる規格でなければならない。
    http://newswitch.jp/p/10285

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ 最新コメント (*゚∀゚)
    ■ tozanchannelに関するツイート
    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top