登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > 農業・農家・酪農・林業

    農業・農家・酪農・林業

    【林野庁】2倍速で育つ木「コウヨウザン」や「センダン」実用化へ!

    1: 名無しさん 2021/09/10(金) 00:06:40.71 ID:CAP_USER
    センダン

    世界的に木材価格が高騰する「ウッドショック」の動きを受け、林野庁は国産材供給の体制を強化する。通常より2倍程度の速さで育ち、国産材に使える樹木を2023年度にも実用化する。樹木の育成にかかるコストや時間を減らし、国産材の供給拡大につなげる…

    続きはソース元で
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA26C630W1A820C2000000/

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    田畑や水路を「ちょっと見に行く」心理とは?

    1: 名無しさん 2021/08/30(月) 04:57:20.21 ID:414ceMun0● BE:932843582-2BP(2000)
    田んぼ

     強風や大雨のさなか、田畑や水路などの様子を「ちょっと見に行ってくる」と出掛けて、被害に遭うケースが毎年のように後を絶たない。実際に様子を見に行った経験のある人も多いのではないだろうか。危険な行動のはずなのに、外出してしまうのはなぜなのか。台風の接近しやすいシーズンが続く中、そういった災害時の行動の心理を探り、わが身を守る心構えや避難行動についてあらためて考えてみたい。

     記録的な大雨となった14日、庄原市の兼業農家の男性(69)は雨脚が弱まった昼前、裏山の農業用ため池の確認に向かった。

     地元には、2018年の西日本豪雨の土砂災害の爪痕が残る。「雨が降ったら危ないから見に行くな」と忠告する住民もいるが「危険な目に遭ったことがないし、気を付けとるけえ大丈夫よ」と出掛けたという。

     ため池に着くと、つながる水路から水があふれ、道路に流れ出していた。「こりゃ、いけん」。男性は自宅に戻るどころか、慌てて住民数人を呼び、水路に詰まった土砂などを取り除いたという。ため池の管理を10年以上担ってきた。「田畑まで土砂が流れてきたら、せっかくの実りが台無しになる。わしらが守らんと」と言い切る。

     はた目から見ると危ないのにどうして多くの人が「ちょっと見に行く」などとリスクを伴う行動をしてしまうのだろう。

     山口大の高橋征仁教授(社会心理学)は「年代や性別で違いがある」とし、とりわけ高齢の男性は自分の縄張りをチェックする「スカウティング(偵察行動)」に走りがちだと分析する。家族や地域への責任感が強く、行動によって責任を果たそうと考えてしまう。資産を守るためなら高齢の自分が犠牲になっても構わない―。そんな心理が働くとみる。

     若い男性もスカウティングをしがちで、危うい行動を取ることで自分を試そうとしたり、挑戦しようとしたりする傾向があるという。女性の場合、親や子どもを助けたいという思いの人が多いとみる。
    (略)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/fb79deba4b7b2787b07cf1f53a95a46f0658bcc7

    (この記事の続きを読む)

    ワイ、年間2万円で30㎡の畑を借りようか迷う

    農園

    1: 名無しさん 2021/08/16(月) 08:46:38.72 ID:FtfAycTy0
    市の畑で貸し出してる畑があるんやけどやってみようかと思う
    苗とかは自前で用意
    農具は貸出してる
    週末でもいいから最低週一回は畑に来れる人のみ

    素人でも楽しめるんかな

    2: 名無しさん 2021/08/16(月) 08:47:45.85 ID:r7E36dqp0
    年間2万はありやろ
    道具も借りられるならかなりローコストで始められるやん
    合わなくてもわりとすぐ辞められそうやし

    7: 名無しさん 2021/08/16(月) 08:48:42.17 ID:FtfAycTy0
    >>2
    市の所有だから結構しっかり農機具あるんや
    何も用意せんでええんよ

    108: 名無しさん 2021/08/16(月) 09:04:56.73 ID:QbfeTY7N0
    >>7
    めっちゃええやん
    全然ありやと思うで


    (この記事の続きを読む)

    『林業』ガチでヤバかった。1年働くと出産の23倍の確率で死ぬ

    林業

    1: 名無しさん 2021/07/29(木) 20:55:03.78 ID:2xd7gh1vMNIKU


    2: 名無しさん 2021/07/29(木) 20:56:07.76 ID:+v1oK6/X0NIKU
    体力あって自然が好きだから楽しいだろうなとか思って誠にごめんなさい

    6: 名無しさん 2021/07/29(木) 20:58:02.91 ID:qGu3UGiYaNIKU
    日本の話?

    9: 名無しさん 2021/07/29(木) 20:58:37.42 ID:5xUZuljeaNIKU
    林業ほどコスパが悪い職種ないよな


    10: 名無しさん 2021/07/29(木) 20:58:53.72 ID:jfwsdw7z0NIKU
    儲からない危ない

    13: 名無しさん 2021/07/29(木) 20:59:35.21 ID:MNiQ9MChdNIKU
    出産と比べるのか謎なんやが

    (この記事の続きを読む)

    【動画】最近の森林伐採wwwwwwww

    林業

    1: 名無しさん 2021/06/07(月) 13:29:20.345 ID:AvBO7RyX0

    2: 名無しさん 2021/06/07(月) 13:30:36.045 ID:/s8BkOSj0
    気持ちええわ

    3: 名無しさん 2021/06/07(月) 13:30:41.659 ID:HrPYWEH00
    かっちょいい

    6: 名無しさん 2021/06/07(月) 13:31:12.920 ID:rFBNYMqgr
    これには山の神も苦笑い

    9: 名無しさん 2021/06/07(月) 13:32:10.963 ID:1/SuXA15a
    操縦難しそう


    (この記事の続きを読む)

    林業の死因「枝が刺さる」「倒した木の下敷きになる」「チェーンソーで切って失血死」「崖から落下」

    木

    1: 名無しさん 2021/06/06(日) 05:53:13.27 ID:FcFZtvM20
    なんやこのやばすぎる職業は

    2: 名無しさん 2021/06/06(日) 05:53:50.56 ID:xBFTpOqdp
    青森の友達の叔父さんが切った木が倒れてきて死んだわ
    懐かしいな、rip

    3: 名無しさん 2021/06/06(日) 05:54:26.64 ID:jisoAA2L0
    >>2
    アメリカ人かよw

    4: 名無しさん 2021/06/06(日) 05:54:49.70 ID:bq3/uO1P0
    >>2
    なんやこいつ草

    5: 名無しさん 2021/06/06(日) 05:55:16.30 ID:KKxDl1iC0
    枝でも細かく切ってロープで落とさな下の家余裕で破壊するからな


    (この記事の続きを読む)

    日本には花粉症になるくらいスギ・ヒノキが大量にあるのになんで木材を輸入してるの?

    1: 名無しさん 2021/05/09(日) 09:16:44.82 ID:HaIHi5vH0 BE:156193805-PLT(15500)
    杉

    住宅業界に「ウッドショック」 突然始まった木材高騰
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC0647P0W1A500C2000000/

    「ウッドショック」という言葉が今、住宅業界でさかんにやり取りされている。
    住宅の柱や梁(はり)などに使う輸入木材の需給が逼迫して価格が高騰し、大きな混乱が生じている状況を指す。
    なぜ逼迫し始めたのか、いつまで続くのか、国産材は活用できないのか──。
    問題解決の道筋を探った。

    ショックは木材の輸入が滞ったことで始まった。表面化したのは3月に入ってからだ。

    世界の木材消費量は2...

    (この記事の続きを読む)

    【鳥取】若者に向け、スタイリッシュでスマートな「林業」の魅力をPR!

    1: 名無しさん 2021/02/12(金) 11:14:02.33 ID:zh2RgHNk9
    1 (1)

    ◯伐木大会や安全研修…県、新年度から

    県が林業に携わる人を増やすため、新年度から林業のイメージアップに力を入れる。樹木を切り出す技術を競う大会を開いたり、チェーンソー事故を防ぐ研修をしたりして、林業が安全で魅力ある仕事であることをPRする。約7000万円の関連費を新年度一般会計当初予算案に計上する。

    ※中略

    また19年に鳥取市で開催した木を伐採する技術を競う全国大会「日本伐木チャンピオンシップ」について、県内2回目を今年、北栄町で開くことを決定。出場選手に練習から大会当日まで密着して、林業への思いや情熱を収めたドキュメンタリー映像を初めて制作することにした。

    大会負担金や映像制作費に約500万円を確保する。県林政企画課の担当者は「スタイリッシュでスマートな林業の魅力を広めて、林業に携わる若い人をさらに増やしたい」と意気込む。

    ※中略

    県林政企画課では「チェーンソーの事故は後遺症を残す場合も多い。中堅の林業者には新人への安全面での指導もしっかり担ってもらいたい」と期待している。


    ※全文は下記よりお願いいたします。
    https://www.yomiuri.co.jp/local/tottori/news/20210211-OYTNT50056/

    (この記事の続きを読む)

    農業・畜産業・漁業・林業やるとしたらどれやりたい?

    林業

    1: 名無しさん 20/10/25(日)21:52:12 ID:zRg
    消去法で農業


    2: 名無しさん 20/10/25(日)21:52:27 ID:adi
    農業が一番楽しいやろ

    3: 名無しさん 20/10/25(日)21:52:58 ID:adi
    林業て木を切り倒すだけ?

    5: 名無しさん 20/10/25(日)21:53:38 ID:zRg

    61: 名無しさん 20/10/25(日)22:05:38 ID:adi
    >>5
    これみる限り林業てクソ大変そうやし
    仕事上の喜び少なそうや

    果物をすくすく育てて、出荷してお客さんに喜ばれる農業が一番生きがいあるな

    (この記事の続きを読む)

    日本の「林業崩壊」が止まらない…救世主を目指すスゴい会社の「正体」

    1: 名無しさん 2020/07/30(木) 21:49:31.85 ID:MjjLBL879
    林業

    日本の「林業崩壊」が止まらない…救世主を目指すスゴい会社の「正体」
    7/30(木) 7:01
    配信 現代ビジネス

    放置され、増え続ける森林

    今、日本の林業がかつてないほどの「危機的状況」に陥っていることをご存知だろうか。

    日本は国土の3分の2、およそ2500万ヘクタールという広大な面積を森林に囲まれた世界有数の森林国である。

    ところが、林業に従事する人の割合はここ数十年で急激に減っているのだ。以下のグラフは、国勢調査をもとに作成した林業従事者数の推移を示したものだ。およそ30年で、10万人もの人数が林業から離れてしまった。これは高齢化や山林売買価格の減少などが一因とされている。


    0 (1)

    その一方で、国土を覆う樹木自体は、年を追うごとに増えている。以下のグラフを参照していただきたいが、今の森林資源はおよそ52億立方メートル、年間7000万立方メートル増加している計算になる。

    7000万立方メートルというとピンとこないかもしれないが、東京ドーム実に56個ぶんの体積が増えていると計算すると、驚くほかない。


    9 (1)

    しかも、人工林の多くは、伐採に適した「主伐期」と呼ばれる樹齢50年を超えている。主伐期を過ぎた樹木は、太すぎて切り出しが難しく、用途も限られ、格安で取引されることも多い。

    そのため、伐採すればするだけ損をする可能性もゼロではなく、手を付けられないまま放置されているケースが多発しているのだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/02ace9c4f3482e367ba7a2a848fb12b55e1ced75

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top