登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 観光・土産

    観光・土産

    箱根観光あるある 2020年01月11日 16:00
    富士山観光自信ニキちょっときて 2020年01月07日 19:00
    白川郷の写真見せるで! 2019年12月26日 16:00

    【身軽に旅を】熊野古道でタクシーが荷物だけを運ぶサーヴィス開始! 十津川村から和歌山県新宮市までだと荷物ひとつで3500円~

    1: 名無しさん 2020/01/23(木) 11:10:21.29 ID:FlVvI1TJ9
    熊野古道

    熊野古道 荷物運びはタクシーで

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20200122/2050003677.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    世界遺産・熊野古道を訪れる人たちに身軽に旅行を楽しんでもらおうと、十津川村のタクシー会社が荷物の搬送サービスを始めました。

    奈良県や和歌山県などにまたがる熊野古道は、平成16年に世界遺産に登録されて以降、海外からも多くの旅行者が訪れていますが、険しい道も多く、大きな荷物を持って歩くのは難しいルートです。
    そこで、熊野古道の一部で「小辺路」というルートが通る十津川村のタクシー会社が、荷物を次の宿泊地まで運ぶサービスを始めました。

    対象となるのは、十津川村と野迫川村、それに和歌山県の新宮市などの宿泊施設から出発した旅行者で次の宿泊場所が決まっていることが条件です。
    料金は荷物の量や目的地までの距離に応じますが、例えば、十津川村から和歌山県新宮市までだと荷物ひとつで3500円からとなっています。

    タクシーは原則、荷物だけを運ぶことは認められていませんが、3年前に国の規制が緩和され、過疎化の進む地域では認可を受ければ運べるようになりました。

    事業を始めた三光タクシーは「このサービスで身軽に熊野古道を楽しんでほしい」と話しています。

    01/22 19:49

    (この記事の続きを読む)

    箱根観光あるある

    芦ノ湖と富士山

    1: 名無しさん 2020/01/10(金) 13:33:22.19 ID:DAg7UlENd
    箱根駅伝のゴール地の道が狭い

    2: 名無しさん 2020/01/10(金) 13:33:39.88 ID:psLFpv+4a
    風が強い

    4: 名無しさん 2020/01/10(金) 13:34:01.92 ID:1fxMPujya
    たまごくさい

    5: 名無しさん 2020/01/10(金) 13:34:23.35 ID:DAg7UlENd
    広くて移動がしんどい

    7: 名無しさん 2020/01/10(金) 13:34:33.83 ID:kYyyXzc/M
    『ゴーラ』でなんかテンション上がる

    (この記事の続きを読む)

    【箱根がエヴァンゲリオン化】過去最大規模のコラボキャンペーンが1月10日開始!

    1: 名無しさん 2020/01/11(土) 08:19:18.63 ID:O/pFjZby9
    小田急グループと藤田観光は映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版:』の公開を記念したキャンペーン「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」を1月10日~6月30日にかけて実施します。

    「箱根史上最大規模でエヴァンゲリオン化」と銘打って、映画の舞台ともなっている箱根エリアの全域でコラボレーションイベントが開催されます。

    ■桃源台が「第3新東京市駅」に

    エヴァンゲリオンシリーズは、人型兵器「エヴァンゲリオン」に搭乗する少年少女と謎の敵「使徒」との戦いを描いた作品。2020年6月公開予定の『シン・エヴァンゲリオン劇場版:』によって新劇場版4部作が完結することになります。

    1

    エヴァンゲリオンには第3新東京市という都市が主な舞台となりますが、ススキの名所として知られる箱根の仙石原に建造されたという設定。
    大災害により滅亡の危機に瀕した人類が建造した最後の砦として描かれており、作中では箱根の風景と都市の描写が混在するような近未来的な光景が描かれています。

    芦ノ湖の湖畔に位置する箱根ロープウェイの桃源台駅は、副駅名として「第3新東京市駅」と作中の駅名が掲げられ、駅のホールには作中に登場する特務機関NERV(ネルフ)をイメージした全面ラッピングが出現。
    さらに、駅構内には登場人物のラッピングもお目見えしています。


    2
    3
    4

    ▲桃源台駅がNERVの基地に変貌


    ■箱根のバスもエヴァ仕様に

    箱根の足となる箱根登山バスと小田急箱根高速バスにもそれぞれエヴァ仕様のラッピング車両が登場します。

    箱根登山バスでは5台の車両がエヴァンゲリオンの機体カラーにラッピングされています。さらに一部の路線では葛城ミサト(声優:三石琴乃)によるアナウンスが放送されます。

    5
    6

    東京と箱根エリアをつなぐ小田急箱根高速バスにはエヴァンゲリオンのキャラクターが勢揃いしたラッピングも施されます。

    7

    https://news.livedoor.com/article/detail/17642113/
    2020年1月9日 20時30分 Engadget 日本版



    Evangelion Opening



    THANATOS-IF I CAN'T BE YOURS-



    魂のルフラン  / 高橋洋子

    (この記事の続きを読む)

    富士山観光自信ニキちょっときて

    富士山

    1: 名無しさん 20/01/07(火)14:24:58 ID:7un
    関西から河口湖行く予定
    三島か新富士駅どっちかで降りてレンタカーで行くつもりなんやけどどっちがおすすめや?

    あと行き帰りでぐるっと富士山一周しようと思ってるけどどっち周りが富士山綺麗に見える?

    2: 名無しさん 20/01/07(火)14:25:28 ID:7un
    最後はさわやか食って帰りたい

    3: 名無しさん 20/01/07(火)14:25:34 ID:5IO
    山に登るのが一番

    5: 名無しさん 20/01/07(火)14:26:00 ID:7un
    >>3
    宿から眺めたい

    4: 名無しさん 20/01/07(火)14:25:58 ID:T6q
    こんな時期にか?

    (この記事の続きを読む)

    ゆるキャン△の聖地を巡りながら、関西まで帰るで


    24
    1: 名無しさん 20/01/02(木)05:14:55 ID:OHm
    まずは、軽い遠足から(5km)

    1

    (この記事の続きを読む)

    2020年外国人が訪れるべき日本の観光地ランキング! 1位がなぜか和歌山

    1: 名無しさん 2019/12/30(月) 22:56:15.24 ID:4Jy90Dlc0● BE:844481327-PLT(13345)
    那智滝

    外国人に日本の情報を発信する国内最大級の英字ウェブサイト「ガイジンポット」が発表した「2020年外国人が訪れるべき日本の観光地ランキング」で熊野地方が1位に選ばれた。和歌山県内の地域が1位に輝くのは初めて。

    ガイジンポットは㈱ジープラスメディア(東京)が欧米圏の外国人読者を主な対象に日本のグルメや住まい、観光、学びなどの情報を英語で発信している。利用者数は月間350万ページビュー。

    県観光交流課によると、「2020年外国人が訪れるべき日本の観光地ランキング」は、同サイトの編集部が選んだ候補地16カ所の中から読者投票で順位を決める。
    投票総数は約3000票で、1位の熊野地方は292票を獲得。2位は東京都で225票だった。
    トップ10には日光市(栃木)、横浜市(神奈川)、ニセコ町(北海道)など観光地やリゾート地として人気の高い地域が入っている。

    県は海外メディアにバナー広告を出したり、世界各地で開かれる旅行博や商談会に参加したりするなどして和歌山をPRしており、同課は「訪日外国人観光客の間で着実に和歌山が選択肢に入ってきていると感じる」と手応えをにじませる。

    仁坂吉伸知事は24日の定例記者会見で「東京より上の順位になったのは値打ちがある。だんだん人気が出てきた。実際に(和歌山へ)来てもらえるように努力したい」と話した。

    1
    2

    https://www.wakayamashimpo.co.jp/2019/12/20191229_91255.html

    (この記事の続きを読む)

    終電の次は始発って聞いた (´・ω・`)

    161-2

    1: 名無しさん 19/12/14(土)00:42:09 ID:Dql
    大月行き終電に乗れなかった。。。
    (なんか遅れてるらしいけど)
    次の電車は始発ってなるらすぃ

    AA

    そんなワケで
    日野駅からスタートゥ(´・ω・`)ノシ

    1

    (この記事の続きを読む)

    富士山の写真を撮ってきたった!!

    70

    1: 名無しさん 19/12/30(月)19:17:57 ID:BSz
    やっぱ日本人
    富士山見るだけで感動するなー

    早朝、山中湖からの富士山が一番好きです!

    1

    (この記事の続きを読む)

    茨城の魅力「7年連続最下位」は県民感覚とずれ・・・

    1: 名無しさん 2019/12/28(土) 12:38:48.32 ID:nZsOsk+P9
    茨城

    民間シンクタンクによる都道府県魅力度ランキングで7年連続最下位となった茨城県だが、不名誉な「7冠」の称号は県民の肌感覚に合致しているのか-。地域の調査や研究を手がける「ARC地域研究センター」(水戸市)が県民へのアンケートを行ったところ、ランキングが実態を反映していると考える人はおおむね4人に1人にとどまっているという結果が出た。ただし、若い人に限るとその割合は高まり、世代間の認識の差も示された。

     調査は6~13日に15歳以上の9460人を対象にインターネットで実施し、1213人から回答を得た。

     「7年連続最下位」が実態を反映しているかを尋ねる設問では、「非常にそう思う」は7・5%、「ややそう思う」は17・4%で、合わせても24・9%だった。「全くそう思わない」は13・9%、「あまりそう思わない」は27・5%で、計約4割に達した。

     年齢別でみると、「非常にそう思う」が最も高かったのは12・7%の20~29歳で、次いで12・2%の15~19歳。最も低かったのは50~59歳と60歳以上で、そろって4・8%だった。

     県外からの評価が気になるかという設問では、「全くそう思わない」(22・0%)と「あまりそう思わない」(25・5%)が半数近くに達し、「非常にそう思う」は5・1%、「ややそう思う」は19・7%にとどまった。「非常にそう思う」の割合は20~29歳(12・3%)や15~19歳(11・7%)で高く、逆に50~59歳(1・0%)や60歳以上(3・3%)は低かった。

     ARC地域研究センターの赤津一徳社長は「茨城の大きな変化を見てきた世代かどうかが影響している」と分析する。県が著しく発展した昭和50年代ごろを過ごした世代は故郷に誇りや自信を抱いており、ランキング結果と実態の乖離(かいり)を感じやすいというわけだ。赤津社長は「年配者は『魅力は十分ある』という前提で、魅力の『認知度』の向上が必要と考えているのではないか」とも指摘した。(永井大輔)

    12/27(金) 22:32配信  産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000595-san-l08

    (この記事の続きを読む)

    白川郷の写真見せるで!

    白川郷

    1: 名無しさん 2019/12/24(火) 01:46:09.68 ID:CPMLyJDf0EVE
    寝たかな?

    1
    1-2

    2: 名無しさん 2019/12/24(火) 01:46:30.43 ID:CPMLyJDf0EVE
    1枚目は祭具殿や

    4: 名無しさん 2019/12/24(火) 01:46:41.07 ID:O61ErUuH0EVE
    去年行ってきたけど良かったわ
    五平餅美味しかったで

    11: 名無しさん 2019/12/24(火) 01:47:15.35 ID:CPMLyJDf0EVE
    >>4
    風呂入ったあとご飯食べようと思ったら全部店閉まってたwww

    9: 名無しさん 2019/12/24(火) 01:47:12.80 ID:6cyRE02EdEVE
    民家なのに観光地化しててかわいそう

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top