登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > Twitter

    Twitter

    キャンプが一転、悪魔召喚の儀式に!?「ドクロ型炭」登場!

    焚火

    【地獄の業火】キャンプが一転、悪魔召喚の儀式に!?「ドクロ型炭」登場
    news.livedoor.com/article/detail…

    ドクロ型の着火剤とドクロ型の炭が、各2800円〜でクラファンサイトMakuakeに出品されています。 pic.twitter.com/NIfZZ4l53c

    焚き火
    髑髏のサイズ
    合同会社E・Iは、バーベキューや焚き火で使えるドクロ型の新素材着火剤「IGNITER」とドクロ型炭「スミー」をクラウドファンディングサイトMakuakeに出品している。本稿執筆時点の価格は「スミー」「IGNITER」各2800円~(税込)。出荷は11月中の予定。

    “焚き火”が好き、という1点からスタートした同社は、カッコ良さと不気味さ、そしてパッと見のインパクトという観点からドクロ型の炭と着火剤を開発した。

    火を付けるには、まず、ドクロ型の着火剤「IGNITER」を使用。ドクロ形状のまま約30分燃え続け、多少の雨や風では消えない。

    そしてその周囲にドクロ型炭「スミー」を並べて積み重ねて火が安定したらOKだ。


    複数個ドクロを集めて火がついている様子は、見た目はまるで悪魔召喚の儀式のよう。火までなぜか業火のように見えてくるから不思議だ。



    (この記事の続きを読む)

    浅間山噴火警戒レベル2の引下げキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    浅間山

    【浅間山噴火警戒レベル引下げについて】

    (8月19日 11:00)
    本日、気象庁から発表された浅間山噴火警戒レベル2の引下げに伴い、登山規制の緩和を行います。

    噴火警戒レベル2の場合、火口から概ね2km(賽の河原分岐)までは登山道に限り立入りが可能となります。
    city.komoro.lg.jp/official/kuras… pic.twitter.com/F3dXGMJIAU

    ハイキングマップ
    当市では、平成19年12月1日から噴火警戒レベルに合わせた登山規制を実施しており、噴火警戒レベル2の場合、火口から概ね2kmまでは登山道に限り立入りが可能となります。

     

    これにより、黒斑山コース、火山館コースともに、賽の河原分岐までの登山道の規制を緩和しました。


    https://www.city.komoro.lg.jp/official/kurashi_tetsuzuki/bosai_anzen/asamayamabosaijoho/3/7213.html



    (この記事の続きを読む)

    登山中に撮れた未知との遭遇っぽい写真 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    霧

    登山中、未知との遭遇って感じの写真が撮れました pic.twitter.com/ONKaAmXPXb

    登山者


    (この記事の続きを読む)

    山の中で一番目立つジャケットの色がどれか検証した結果→

    ハイカー

    どの色のジャケットが山でもちゃんと目立つのか、山の中で検証した結果

    やはりここでも【青】が最強か......!

    見えやすい色の秘密は「プルキニェ現象」というものによるのだそう。
    くわしくはコチラ▽
    yamahack.com/3668 pic.twitter.com/p7N80jmkTM
    警察庁が発表している「平成30年における山岳遭難の概況」によると、山での遭難件数は増加の一途をたどっています。だからこそ、地図とコンパスや登山用地図アプリを活用するなどして、現在地と目的地を確認しながらトレイルを進むことが大切です。 

    もし、遭難してしまい自分(達)の力ではリカバリーが無理だと感じたら、早めに救助を要請しましょう。その時に登山者が自分の居場所を知らせる方法として、ホイッスルやミラー、ライト等があります。そして、それらと同様に有効なのが、目立つ色のウエアを着ること。 

    今回は「救助者に早く見つけてもらうための方法」をテーマとしてある実験を行いました。

    (続きはこちら)
    (この記事の続きを読む)

    夏の立山で渋滞が深刻化…オーバーユース(過剰利用)による混雑が要因

    雄山神社と登山者

    夏の立山 渋滞深刻 ブームで登山者集中/富山 chunichi.co.jp/article/toyama…
    雄山の渋滞

     世界最高峰のエベレスト(八、八四八メートル)では今春、登山者の死亡事故が相次いだ。その要因とされるのが、オーバーユース(過剰利用)による混雑だ。登山ブームが高まる中、シーズンを迎えた富山県内の夏山でも混雑による危険が増している。(柘原由紀)

     「一人ずつ登るので二時間は待たされる」。登山歴二十年の会社員沖毅さん(62)=同県高岡市=がため息交じりにつぶやく。北アルプス立山連峰で混雑が問題となっている剣岳(二、九九九メートル)の急な岩壁「カニのタテバイ」のことだ。


     剣岳は雪が残る影響で登れる時期が限られている上、難易度が高い。順番を待っている間に集中力が切れ、事故につながる恐れもある。渋滞を避けようと夜中にヘッドライトを着けて出発する人も多いが、暗い中で岩場を登るのは危険だ。


     雄山(三、〇〇三メートル)も混雑が深刻だ。この季節、県が貸し出す小学生用のヘルメット六百個が在庫切れになるほど小学生の集団登山が集中する。立山黒部アルペンルートで室堂(標高二、四五〇メートル)まで簡単にアクセスできるため、登山ブームに乗じて、十年ほど前から一般登山者が増え、渋滞も顕著に。昨年度初めて開かれた県の安全登山検討会は、夏場の雄山を「明らかにオーバーユース状態」と指摘した。登山道の環境悪化を心配する声も出始めている。


    (続きはこちら)

    https://www.chunichi.co.jp/article/toyama/toku/tokuhou/CK2019081302100010.html



    (この記事の続きを読む)

    【雲ノ平山荘】山小屋ヘリコプター問題について:その2【経過報告】

    ヘリコプター

    7月31にアップした伊藤二朗さんの緊急リポートの第2弾です。
    是非みなさん、ご一読、そして拡散のご協力をよろしくお願いいたします。

    #拡散希望 #PEAKS #雲ノ平山荘 #伊藤二朗

    kumonodaira.com/news/helicopte…
    記事を掲載した2日後、小屋から10分ほどのところにある携帯の電波圏内に行き、世論の反応に触れることができた。正直なところ、予想を超える反響の大きさだった。

    読んでいただいた皆さんには、この場を借りて心から感謝を申し上げます。

    まずはその後のヘリコプターの状況について報告したいと思う。

    T航空は7月末の段階でヘリコプター全機が復帰し、天候に恵まれたこともあって8月初旬にはそれまでの遅延を解消した。雲ノ平山荘の物資も8月4日の段階で、ようやく全て受け取ることができた。最初のヘリコプター故障の報を受けてから、実に40日ぶりに事態はひとまずの落ち着きを取り戻した格好だ。

    また、前回の記事に対して起こった大きな世論の反響を受けて、マスコミ各社も各地でこの件を報道し、山小屋の物資輸送、国立公園のあり方に関してかつてないほど活発な議論が展開されつつある。僕としても、世論の力というものを、まざまざと感じさせられている次第だ。

    物資が全て届いたなどというと「なんだ、結局大したことではなかったのだな」と言われるかもしれない。しかし、前回書いたようにこの問題の本質は、近い将来に、多数の山小屋へのヘリコプターによる物資輸送が構造的、経済的な理由で成立しなくなる可能性や、物資輸送をT航空一社に依存しているリスクの大きさであって、それはそのまま国立公園、登山文化の存続の危機という大きな問題につながっている。

    皆さんにはどうか、継続的にこのことを議論していただきたいと願っている。

    (続きはこちら)


    (この記事の続きを読む)

    「登山は自己責任」という言葉への違和感について【山岳遭難】

    山々

    山岳遭難が起こるとすぐ出てくるのが「自己責任」の文字。
    ネットニュースやSNSで見かけますが、この言葉がもつ意味について考えたことはありますか?

    「登山は自己責任」という言葉への違和感について、山岳ライターの森山憲一さん( @kenichimoriyama )にきいてみました。
    yamahack.com/3676 pic.twitter.com/sT7JgEOPOz
    いよいよ夏山本番!全国で登山者が一気に増えるこの時期に、同じく増加するのが山岳遭難です。遭難事故が起きるとテレビやネットニュースでも度々取り上げられますが、そこでどうしても出てくるのが「自己責任」という言葉。登山は自己責任であることが望ましいのは確かですが、果たしてそんなことが可能なのでしょうか?自己責任という言葉で思考停止してしまう前に、この言葉へ抱く違和感について一度考えてみませんか?


    (続きはこちら)

    https://yamahack.com/3676



    (この記事の続きを読む)

    スーツに革靴で槍ヶ岳に登ってしまう男が現れる「これから大キレット向かいます」

    槍ヶ岳山荘より

    1: 名無しさん 2019/08/10(土) 23:10:00.40 ID:peoaeA/30● BE:842343564-2BP(2000)
    【公式】オーダースーツSADA ‏

    社長の佐田です。本日、SADAのオーダースーツで、槍ヶ岳登頂に成功しました!明日は大キレットを渡り、奥穂高岳に向かう予定です!明日も頑張ります(^ ^)

    スーツで槍ヶ岳



    (この記事の続きを読む)

    北岳の登山道で男性死亡…落雷の可能性【南アルプス】

    北岳山頂

    北岳の登山道で男性死亡 雷か/山梨 www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/201…
    南アルプスの北岳にある登山道で男性が倒れているのが7日午後、見つかり、近くの山荘に常駐する医師が駆けつけましたが、死亡が確認されました。
    警察では別の登山者の話などから雷に打たれた可能性もあるとみて調べを進めています。

    7日午後3時ごろ、南アルプス市の北岳にある標高およそ3000メートルの登山道で、通りがかった登山者が倒れている男性を見つけ、消防に「雷に打たれた人がいる」という通報がありました。

    その後、北岳の山荘に常駐する医師が現場に向かい、男性の死亡を確認しました。
    警察によりますと、男性のズボンが焦げてやぶれたような状態のうえ、複数の登山者が「当時は雷が鳴っていた」と話していることなどから男性が雷に打たれた可能性があるとみています。



    (この記事の続きを読む)

    「富士山ヒルクライム」が10月20日初開催キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    富士山

    静岡・御殿場から富士山スカイラインの富士山富士宮口五合目までを上る「富士山ヒルクライム」が10月20日(日)に初開催されます。計測区間27.1km、標高差1653m、平均勾配6.8%というたっぷりコース。申込締切は10月1日、8月20日まで早割で参加費1000円引きです。
    cyclist.sanspo.com/483328 pic.twitter.com/Rpt7oEZsph

    コースは御殿場市内の「富士山樹空の森」をスタート。富士山スカイラインを舞台に、御殿場市を発着としたヒルクライムイベントは初となる。ルーツ・スポーツ・ジャパンが主催する自転車イベントシリーズ「ツール・ド・ニッポン」の一つとして実施され、また、静岡県を中心にサイクルツーリズムの振興を進めるスルガ銀行が特別協力する。


    ゴールの富士宮口五合目は標高約2400m。天気が良ければ海抜0mの駿河湾までの眺望が広がる。また五合目付近は森林限界のため樹林が開け、天空を思わせる雄大な景色を味わうことができる。


    https://cyclist.sanspo.com/483328



    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top