登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > Twitter

    Twitter

    モンベルが「平成30年7月豪雨」災害援助金を受け付け中!

    7

    アウトドア義援隊による被災地支援のための援助金受け付けを開始します。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。
    「平成30年7月豪雨」災害援助金を受け付け中(モンベル) about.montbell.jp/release/disp.p…
    アウトドア義援隊 ご協力のお願い

    「平成30年7月豪雨」を受け、被災地の方々には謹んでお見舞い申し上げます。
    豪雨被害に対する援助協力を、以下の通りお願い申し上げます。
    阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震の折にも皆さんに呼びかけさせていただいた結果、微力ながらも被災された方々のお役に立つことができました。このたび西日本を中心とした広いエリアで発生した今回の災害につきましても、取り急ぎできることから着手させていただきたく、ご協力をお願いいたします。

    2018年7月9日
    大阪市西区新町2丁目2-2 株式会社モンベル内
    アウトドア義援隊代表 辰野 勇


    (この記事の続きを読む)

    「じゃあアンタたち生きてんの?っていつも思ってた」。サバイバル登山家が突きつけるリアルとは。

    no title

    【好きに働く覚悟】アウトサイダーの働き方改革 第1弾! #服部文祥
    news.livedoor.com/article/detail…

    「じゃあアンタたち生きてんの?っていつも思ってた」。私たちと違う人生を歩む人たちに話を聞き、働き方を考える。サバイバル登山家が突きつけるリアルとは。 pic.twitter.com/lxScUSt5zN
    誰もが二流三流。登山家・服部文祥が突きつける「人生と向き合う覚悟」

    「好きに生きるには覚悟がいる」。街を見下ろす丘の上、あちこちに動物の骨や毛皮が散らばる自宅で、サバイバル登山家・服部文祥は都市生活者に伝える。私たちにとって本当に必要なものは何か。それを知るところから働き方は変わる、とも。

    私たちと少し違った生き方をする人たちに話を聞き、これからの働き方を探る「アウトサイダーの労働白書」。第1回は、食料を現地調達し装備を極力廃した「サバイバル登山」を実践する服部に「自分らしく生きる術」を聞いた。

    (続きはこちら)

    (この記事の続きを読む)

    富士山の遭難時「明日月曜で仕事あるから帰らなきゃ」→強行下山で18人死亡、「1日くらい会社休んでもいいでしょ」テント待機組は全員生還

    3cf3d7f56747a6595ec5944f7414bf0d_m

    その昔富士山で遭難があって、「明日月曜で仕事あるから帰らなきゃ」と強行下山したチームと「1日くらい会社休んでもいいでしょ」と待機したチームに分かれた結果、前者は18人死亡、後者は全員無傷だった。
    今回の大雨の様な災害が起きたら仕事のことなんか忘れて、まずは安全を確保して下さいって話。 pic.twitter.com/OtpsS9lpiY

    1
    2
    3

    (この記事の続きを読む)

    避難所の女性トイレは男性の3倍必要! 命を守る「スフィア基準」って知ってる?

    1

    【避難所の女性トイレは男性の3倍必要~命を守る「スフィア基準」】
    避難所の国際基準があることを知っていますか?
    日本ではあまり知られておらず、この基準が満たされている避難所は少ないと言います www3.nhk.or.jp/news/web_tokus… #避難所 #西日本豪雨
    「女性のトイレは男性トイレの3倍必要」 こうした項目を集めた、避難所の国際基準があることを知っていますか? その名は「スフィア基準」。日本ではあまり知られておらず、この基準が満たされている避難所は少ないと言います。しかし、「スフィア基準」には災害時にあなたの命を守るための大切な内容が含まれています。
    (社会部記者 清木まりあ 森野周 熊本局記者 杉本宙矢)

    日本の避難所は“難民キャンプ以下?”


    2

    「スフィア基準」を国内で広めようとしている人がいます。登山家の野口健さんです。

    東日本大震災などの被災地で支援を続けてきた野口さん。「スフィア基準」を知ったきっかけは、海外の支援者から聞いた言葉でした。 

    「日本の避難所はソマリアの難民キャンプ以下だ」
    「国際的な『スフィア基準』を満たしていない」 

    多くの人が当たり前だと思っていた日本の避難所。「スフィア基準」という国際的な基準を満たしていないことが多いという言葉に、野口さんは衝撃を受けたと言います。

    (続きはこちら)

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】北アルプス唐松岳付近でライチョウの雛を手に取った人がいた模様…

    15

    先日、北ア唐松岳付近でライチョウの雛を手に取った人がいたようです

    近年、近寄りすぎてしまう登山者が多いと言われている中、ついに手を出してしまったかという感じです

    ネットに掲載し、コメントの指摘に耳を貸さないという非常に悪質な行為です
    人間が鳥達の脅威となることがあってはなりません pic.twitter.com/6GRZuHJ9N1

    11
    12

    登山記録に書かれている、ライチョウの雛を捕まえて握り親を怒らせたというのが本当なら(動画もありますが…)これは大変な虐待行為ではないでしょうか。野生動物は一度人間の臭いのついた子どもは育てないと言われています。絶対に許されない行為です。yamap.co.jp/sp/activity/20…

    13

    (この記事の続きを読む)

    【栃木】高校生8人雪崩死亡事故を教訓に…若手教員の研修会が開かれる

    1

    高校生8人雪崩死亡事故教訓 若手教員の研修会 栃木 #nhk_news www3.nhk.or.jp/news/html/2018…
    栃木県那須町で登山の訓練中の高校生らが雪崩に巻き込まれ、8人が死亡した事故を教訓に、登山の経験が浅い若手教員を対象にした研修会が宇都宮市で開かれました。この研修会は、去年3月、栃木県那須町で登山の訓練中の高校生ら8人が雪崩に巻き込まれて死亡した事故の再発防止策の一つとして栃木県教育委員会が開きました。

    ことしから山岳部の顧問になるなど登山経験の浅い若手教員が対象でおよそ20人が参加しました。

    講師に招かれた国立登山研修所の大西浩さんは、登山は何よりも計画づくりが重要で事前に生徒たちと危険な場所についての情報を共有し合い、登山中は冷静かつ慎重になることが大切だと説明しました。

    そして「登山は生徒を大きく成長させる。自然はすばらしい部分もあるが危険もあるということを生徒にきちんと教えてほしい」と呼びかけていました。


    (この記事の続きを読む)

    山で道に迷ったら絶対に沢に降りてはいけない理由とは…

    1

    山で道に迷ったら絶対に沢に降りてはいけない理由 diamond.jp/articles/-/172…
    最近、山で遭難というニュースを目にすることが多くなっているようです。そこで今回は、登山で最も多いといわれる「道迷い遭難」について、アウトドア流防災ガイド・あんどうりすさんが解説します。   

    山で遭難というニュースを目にして、遭難事故は気になるけど、うちは登山をしないから大丈夫と思っている方もいるのではないでしょうか?   

    でも、登山で最も多い遭難である「道迷い遭難」は、実は災害時の心理状態にそっくりなのです。やってはいけないとわかっているはずなのに、最悪の方向に促されるかのように判断を誤らせて行く様は、どんなミステリーよりも謎めいて怖い心理状態です。災害時に言われている正常性バイアス(※)そのものでは?と思います。そのため、防災関係の皆さんにもぜひ、この状況を知っていただきたいと思っています。


    (この記事の続きを読む)

    【北岳】台風の影響で広河原に通じる全ての林道、県道が通行止め…

    2

    北岳から追加情報。この雨で、広河原へ通じる林道がすべて通行止め、一部で土砂崩れや仮設橋流失などがあるようです。登山予定の方は、今後の情報を慎重にご確認ください。
    yamakei-online.com/mt_info/info_d…
    【7/5 11:00追加情報】
    ・10時より、広河原に通じる全ての林道、県道が通行止めとなりました。
    ・広河原~北沢峠間において土砂崩れを確認しています。
    ・大樺沢下部仮設橋流出を確認しています。
    ・白根御池小屋分岐点~大樺沢二俣間も通行止めとなりました。

    no title

    https://www.yamakei-online.com/mt_info/info_detail.php?id=27351

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】奈良の鹿さん達、慢性的に栄養失調だった…

    鹿

    【奈良の鹿 慢性的に栄養失調?】鹿せんべいを差し出せばお辞儀をして食べ、観光客を楽しませている奈良の鹿。食べ物には困らないように見えるが、識者はあきらかに栄養失調状態の個体が多いと指摘する。 yahoo.jp/amas0Z

     奈良と言えば、鹿。奈良公園には1200~1300頭の鹿がたむろしており、観光客を楽しませている。野生動物と言いながら、人が近寄っても平気どころか触ってもたいして嫌がらない。鹿せんべいを差し出せばお辞儀をして食べる。とくに外国人客には絶大な人気で、みんな鹿せんべい片手に鹿と一緒に写真に収まろうと悪戦苦闘、スマホを掲げて手を伸ばす。


     なかには、食べすぎて満腹なのか、差し出される鹿せんべいにそっぽを向く鹿だっている。


     そんな奈良の鹿(以後、ナラシカと表記)を見ていると、山奥で生きる鹿と比べて食べ物に困らないでいいなあ、と想像してしまう。だが、反対だった。ナラシカは、慢性的に栄養失調状態なのだ。


    (続きはこちら)

    https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaatsuo/20180704-00088123/


    (この記事の続きを読む)

    【豪】有名な巨大一枚岩「ウルル」で3日、登山中の日本人観光客が死亡…

    4

    BBCニュース - 豪ウルルで日本人観光客が死亡 登山中に bbc.com/japanese/44707…
    オーストラリア中部の有名な巨大一枚岩「ウルル」で3日、登山中の日本人観光客が死亡した。 

    ノーザン・テリトリーの警察によると男性は76歳で、ウルルを登っている途中で倒れた。ヘリコプターによって近くの医療センターに運ばれたものの、そこで死亡が確認された。男性の死に事件性はないという。 

    1950年代以降、少なくとも37人がウルルの登山中に亡くなっている。最近では2010年に死亡事故が発生していた。 
    かつて英語名「エアーズロック」で呼ばれていたウルルには、毎年25万人以上が訪れるが、オーストラリアの先住民族アボリジニは長年、ウルルは自分たちにとって聖地なので、登らないよう観光客に呼びかけていた。 

    ウルル登山は2019年10月から禁止される予定。

    https://www.bbc.com/japanese/44707082


    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top