登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 電車・新幹線・リニア

    電車・新幹線・リニア

    寝台列車が廃れてしまった理由ってなんなの?

    富士

    1: 名無しさん 2020/01/05(日) 21:19:55.79 ID:Z0iNi7ZN0
    めっちゃ乗りたいんやけど

    4: 名無しさん 2020/01/05(日) 21:20:13.59 ID:BuT5UUeB0
    役割を終えたから

    14: 名無しさん 2020/01/05(日) 21:21:23.28 ID:Z0iNi7ZN0
    >>4
    ワイみたいなマニアもおるやろ
    年に数回で良いから運行してくれ

    81: 名無しさん 2020/01/05(日) 21:26:01.95 ID:FX8tpCjt0
    >>14
    だからマニアと富裕層向けにサンライズと豪華寝台稼働しとるやんけ

    (この記事の続きを読む)

    【リニア】静岡県知事「リニアか南アルプスかといえば、迷わず南アルプスだ」「県民のために尽くす。これが仕事」

    1: 名無しさん 2020/01/05(日) 22:47:12.37 ID:rwTqNDtT9
    大井川

     静岡県の川勝平太知事が毎日新聞の新春インタビューに応じた。水資源や自然環境への悪影響から県が着工を認めていないリニア中央新幹線静岡工区を巡り、「県民の生命、財産を預かっている立場としては、(トンネル工事が予定されている)南アルプスの保全に尽きる。リニアか南アルプスかどちらを優先するのかとなった時、迷わず南アルプスだ」と力強く語った。【聞き手・山田英之、古川幸奈】

     ――昨年を振り返って。

     危機管理を常に最優先にしてきたが、台風15号、19号によって、これはもう、いつ起こっても想定内としなくてはいけないという思いを新たにした。常に災害から学ぶ姿勢は、今回も同じだった。一方で、ラグビー・ワールドカップ(W杯)は予想をはるかに上回る大成功に終わった。エコパスタジアムで日本がアイルランド代表に勝った「シズオカショック」は、試合に勝っただけでなく、会場の雰囲気も、ノーサイドのスポーツマンシップも素晴らしかった。ラグビーが面白いという少年、少女も増えてきた。

     ――令和最初の正月を迎えて。

     2月23日は天皇陛下の誕生日と、富士山の日が重なる。冬の富士山は真っ白な雪に覆われて清らか。清らかさが際立つ年になり、命のもとである水の清らかさが改めて認識される年になると思う。

     ――県東部も自転車競技会場になる東京五輪・パラリンピックを成功に導くには。

     サイクリストの聖地にしようという運動をしている。五輪、パラリンピック、自転車競技を通して健常者と障害者がともに喜びを分かち合い、感激を共有するきっかけにしたい。自転車はCO2(二酸化炭素)を出さず、健康にも良い。レガシー(社会的遺産)も残していく。一過性に終わらせるつもりはない。

     ――リニア中央新幹線を巡る国、県、JR東海の3者協議で大切にしている考え方は。

     南アルプスとリニアの問題は、環境をとるか経済効率をとるか二者択一になった。それが昨年末の状況。私は人類の財産を守る使命を持っている。

     ――知事のリーダーシップを求める大井川流域の期待にどう応えるか。

     農業用水、水道、工業用水など、この問題には農林水産省、厚生労働省、経済産業省、環境省が全部関わっているのではないか。国交省だけで仕切れる話ではなく、手詰まりで何もできない状態になった。水の問題があまりにも大きいので、リニアでごり押しできない状態になっている。解決するには政治的な大きな力が働かなければならないところまで来ている。

     ――来年7月に任期満了を迎える知事選について。

     1期4年間だけ負託を受けて県民のために尽くす。これが仕事。次どうしてやろうかなんて私の念頭にない。

    毎日新聞2020年1月4日 10時29分(最終更新 1月4日 10時29分)
    https://mainichi.jp/articles/20200104/k00/00m/040/045000c

    (この記事の続きを読む)

    電車の中でリュックサック、邪魔なんだよ。何が入ってんだよ

    1: 名無しさん 2019/12/20(金) 09:21:25.18 ID:JpxuBDeY0 BE:468394346-PLT(15000)
    満員電車

     電車内における迷惑行為の順位が大きく変わった。

     全国の私鉄が加盟する日本民営鉄道協会(民鉄協)は「駅と電車内の迷惑行為ランキング」を毎年発表している。
    12月19日に発表した2019年度の最新ランキングによれば、1位は「座席の座り方」。2位は「乗降時のマナー」という結果だった。

    昨年度に1位だった、背負いリュックなどの「荷物の持ち方・置き方」は3位に後退した。

     民鉄協・総務広報部次長の日高義文氏は、荷物の置き方が1位から陥落した理由について、「1位から3位までは僅差だったので、社会状況の急激な変化があったとは思わない」としつつも、「荷物の持ち方がマナーとして認識されるようになってきたのではないか」とみる。背負ったリュックは抱きかかえるよう呼びかけるなどの鉄道会社の啓蒙活動が奏功しているしるしともいえる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00320888-toyo-bus_all

    (この記事の続きを読む)

    電車のドアを閉め忘れるジジババさぁ…

    1

    1: 名無しさん 2019/12/13(金) 15:36:52.75 ID:BXbgEa/Ka
    ほんま寒いからええ加減にせえや

    2: 名無しさん 2019/12/13(金) 15:37:09.19 ID:cl8c1/4g0
    どこの田舎やねん

    3: 名無しさん 2019/12/13(金) 15:37:11.88 ID:zl8Xs/Dud
    おは田舎

    4: 名無しさん 2019/12/13(金) 15:37:14.75 ID:MKtNNGqI0
    田舎定期

    5: 名無しさん 2019/12/13(金) 15:37:34.94 ID:2SEfbyZl0
    ドア引くだけなんだからそれぐらいやれや

    (この記事の続きを読む)

    「特急あずさ」停車駅増へ! JR東日本が3月のダイヤ改正発表

    1: 名無しさん 2019/12/14(土) 00:19:01.91 ID:YzngMLd89
    あずさ

    JR東日本の来年3月のダイヤ改正で、「特急あずさ」の停車駅が増えることがわかりました。

    JR東日本によりますと来年3月のダイヤ改正で、中央東線の「特急あずさ」は下諏訪駅と富士見駅の停車が上下あわせて1日4本から9本に増えるなど朝と夕方を中心に県内4つの駅で停車する本数が増えます。

    あずさの停車数を巡っては今年3月のダイヤ改正で下諏訪駅が1日16本から4本に、富士見駅が11本から4本に減るなど、利便性が大幅に低下したとして沿線の市町村長らが見直しを求めていました。

    JR東日本は「乗客の利用のしやすさを考え、半年間の状況と地元の要望を総合的に勘案した」としています。
    この改正で松本と新宿の間の所用時間は最大で9分伸びます

    12/13(金) 19:45配信  SBC信越放送
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00366602-sbcv-l20

    (この記事の続きを読む)

    【台風19号】箱根登山電車 “来年秋ごろ全線再開目指す”

    箱根登山電車土砂

    箱根登山電車 “来年秋ごろ全線再開目指す”

    台風19号の被害で一部の区間で運休が続く箱根登山電車。土砂の撤去や壊れた陸橋をつくり直すのに時間がかかるため、来年秋ごろ全線での運転再開を目指すということです。
    www3.nhk.or.jp/news/html/2019…
    台風19号による土砂崩れなどの影響で一部の区間で運休が続く神奈川県箱根町の箱根登山電車について、運行会社は22日、来年秋ごろの全線での運転再開を目指す考えを明らかにしました。 箱根町では台風19号による総雨量が1000ミリに達し、箱根登山電車では、箱根湯本駅と強羅駅の間で土砂崩れや倒木などが相次ぎ、この区間で運休が続いています。

    特に、小涌谷駅と宮ノ下駅の間では線路が陸橋の土台ごと押し流される大きな被害を受けていて、この場所の復旧工事が最大の課題です。

    運行する箱根登山鉄道は22日会見を開き、現場の調査を進めた結果、崩れた土砂などを取り除く作業に加え、壊れた陸橋をつくり直すのに時間がかかるため、来年秋ごろの全線での運転再開を目指すという考えを明らかにしました。

    被害の総額はまだつかめていないということですが、復旧工事にかかる費用について、今後、国などに対し、支援を求めていく方針だということです。



    (この記事の続きを読む)

    【台風19号】復旧を阻む険しさ、箱根登山鉄道の「台風被害」

    1: 名無しさん 2019/11/20(水) 07:34:00.87 ID:Ye+ZsWTJ9
    がれき

    東日本に甚大な被害をもたらした台風19号の直撃から1カ月。
    箱根登山鉄道は、箱根湯本駅―強羅駅間が今も不通となっており、復旧のメドが立っていない。

    実際、どのような被害状況なのか、また復旧に向けてどのような対策が検討されているのか、同社総務部課長代理の菅原隆氏と、鉄道部の土木担当者に話を聞いた。(復旧状況などは、取材した11月11日時点)

    ■大量の岩石で埋まった橋

    箱根湯本―強羅間では、全線にわたって倒木等の被害が発生しているが、とくに大きな被害が発生しているのは、大平台駅―仙人台信号場間に位置する「大平台隧道」「大沢橋梁」と、宮ノ下駅―小涌谷駅間の「蛇骨陸橋」「小涌谷踏切」の4カ所だという。被害の状況を具体的に見ていくことにする。

    まず、大平台駅を出発した強羅行き電車が上大平台信号場でスイッチバックし、大平台隧道をくぐった先に架かる大沢橋梁は、
    「隧道上部の沢から流れ落ちてきた大量の岩石により橋梁の一部が埋まっている状況」(菅原氏)だ。

    橋脚や橋桁など橋梁自体には、目視する限り大きな被害が発生しているようには見えないが、「これだけの量の岩石が橋梁上に流入したということは、かなりの圧力がかかったはずだ。
    橋桁に歪みなどが発生している可能性があるため、まずは岩石を除去し、橋の健全性を確認しなければならない」(土木担当者)という。

    また、大沢橋梁に積み上がった岩石によって水の流れが変わった影響で、大平台隧道内に大量の水が流入し、レール下のバラスト(砂利)が流された。

    この大平台隧道、大沢橋梁周辺の被害に関しては、「行政サイドの許可が下り、これから岩石の除去作業に入る」(土木担当者)状況だという。

    より大きな被害が発生したのが、小涌谷駅の手前に架かる蛇骨陸橋だ。新聞、テレビなどで折れ曲がったレールが土砂に押し流された様子が報じられたのをご覧になった方も多いだろう。

    「蛇骨陸橋は、3つの橋脚の上に4つの橋桁が載った構造になっている。このうち、強羅方の橋脚1脚と、この橋脚に支えられていた橋桁2連が、線路脇の崖の斜面崩壊により発生した大量の土砂に巻き込まれて流出した。
    これにより陸橋上の約40mを含む、全体で約80mのレールも、枕木もろとも流出した」(土木担当者)

    そして、蛇骨陸橋と小涌谷駅の間に位置する小涌谷踏切付近の線路は、国道1号から大量の雨水が流れ込み、線路下の道床が洗掘され(えぐり取られ)、レールが半ば宙に浮いた状態になっている。

    最も被害を受けた場所では深さ約3mの洗掘が確認されている。「この場所は1991(平成3)年の台風で、今回と同じように路盤が流出し、レールが宙に浮く被害が発生した場所。
    当時の復旧作業で行った線路脇の法面部分のコンクリート補強のおかげで、今回は全体的な崩壊は免れた」(土木担当者)という。


    ■復旧を阻む難題とは

    今回、最も大きな被害が発生した蛇骨陸橋の復旧に関しては、いくつかの難しい問題があるという。

    1つは、崖崩れが発生した斜面の一部に、台風時に崩落を免れた部分があり、これがいつ崩落するかわからない状態であることだ。
    「2次災害が発生するようなことがあってはならない。まずは斜面の状態の調査と補強・防護を行い、安全を確保したうえで、陸橋の復旧作業に入る予定だ」(土木担当者)という。

    また、復旧作業を進めるうえで、大型トラックの進入経路や大きなクレーンを載せられる作業構台などを構築しなければならないが、並行する国道からアクセスしづらい蛇骨陸橋付近の地形も大きな障害となる。

    「進入経路の確保の方法としては2案ある。1案は国道から遊歩道に沿って仮設の搬入経路をつくる案だ。
    この場合、遊歩道を大型トラックが通過できる程度に拡幅する必要がある。もう1案は、小涌谷踏切から線路を経由してアクセスする方法だ。
    この場合は既設のレールや枕木などを撤去し、舗装するなどしなければならない」(土木担当者)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191120-00315056-toyo-bus_all
    11/20(水) 5:40配

    (この記事の続きを読む)

    【箱根登山電車】年内めどに復旧方針決定へ!

    箱根

    箱根登山電車 年内めどに復旧方針決定へ #nhk_news www3.nhk.or.jp/news/html/2019…
    神奈川県箱根町では台風19号の雨量が1000ミリに達し、箱根登山電車は箱根湯本駅と強羅駅の間の合わせて20か所で土砂崩れなどが起きて、この区間で運休が続いています。

    6日は100メートル以上にわたって斜面の土砂が崩れた小涌谷駅近くの現場の取材が許可され、3週間余りたったいまも大量の土砂や倒れた電柱などが残されたままになっている様子を確認することができました。

    こうした中、6日、復旧工事の方法を検討している箱根登山鉄道は、年内をめどに復旧の方針を決めることを明らかにしました。

    特に大きく崩れた斜面でのさらなる土砂崩れを防ぐ補強工事の方法や、壊れた陸橋を復旧する際の構造などについて検討するということです。


    ただ、運行再開の時期については見通しがたたない状態だということです。



    (この記事の続きを読む)

    【登山鉄道】山梨県知事「富士山は静岡だけのものでもない」。遠山元文科相の「富士山は山梨県だけのものではない」発言に対し

    1: 名無しさん 2019/10/28(月) 15:02:47.11 ID:Y3kEO3T79
    https://www.sankei.com/politics/news/191028/plt1910280007-n1.html

    山梨県が検討している「富士山登山鉄道」構想をめぐり静岡高出身の遠山敦子元文部科学相が
    「富士山は山梨県だけのものではない」と発言したことについて、同県の長崎幸太郎知事は28日の記者会見で
    「静岡だけのものでもない」と切り返し、登山鉄道は「国家プロジェクト」と述べた。

    遠山氏は静岡県富士山世界遺産センター(富士宮市)の館長で、有識者でつくる富士山世界文化遺産学術委員会の委員長。
    21日に東京都内で開かれた学術委員会で「富士山は山梨県だけのものではなく、日本国民、世界の山。
    (登山鉄道構想は)山梨県でやってるからいいということでない」と、同県の進め方にくぎを刺していた。

    長崎知事は会見で「(登山鉄道構想は)もともと国家プロジェクトという位置付け。(富士山は)山梨だけのものでもないし、静岡だけのものでもない」とした上で、「世界遺産なので人類全体のもの」と、遠山氏と同じ認識を述べた。

    富士山登山鉄道構想は富士山の山梨県側の麓と5合目を結ぶことを想定しており、
    同県の検討会が来年中に基本構想をとりまとめる方針だ。


    富士山=26日午前10時55分ごろ、甲府市から

    富士山

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】 箱根登山電車「年内復旧は困難・・・」

    箱根登山鉄道

    箱根登山電車「年内復旧は困難」ケーブルカーは運転再開

    台風19号の影響で運転を見合わせていた箱根登山ケーブルカーは16日の始発から運転を再開しました。
    一方、箱根湯本と強羅を結ぶ箱根登山電車は、少なくとも年内の復旧は難しいということです。

    www3.nhk.or.jp/news/html/2019…
    箱根登山鉄道によりますと、台風19号の影響で運転を見合わせていた箱根登山ケーブルカーは16日の始発から運転を再開しました。

    一方、箱根湯本と強羅を結ぶ箱根登山電車は、台風19号による土砂崩れで線路が押し流される被害が出ていることから、少なくとも年内の復旧は難しいということで、長期間運転を見合わせるとしています。



    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top