登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 魚・水中生物

    魚・水中生物

    【環境】琵琶湖に異変? 姿消す外来魚、駆除量は去年の4割「おらんな、ほんまおらん」

    1: 名無しさん 2018/12/09(日) 19:48:39.49 ID:CAP_USER9
    4

    琵琶湖の外来魚の駆除量が極度に減っている。

     7月末時点で前年同期比の4割程度だ。湖の生態系を乱す害魚が少なくなったのか。原因を確かめるため、滋賀県は11月から大規模な生息調査を始めた。

    ■「おらんな、ほんまおらん」

     午前0時半。琵琶湖に浮かぶ沖島(滋賀県近江八幡市)の漁港から、漁師の中村幸弘さん(64)の漁船が出航した。目的は外来魚の駆除。暗闇にぽつんと船の照明だけが浮かぶ。

     沖合約500メートルで底引き網を投げ入れた。ロープを巻くと、網の中はスジエビがぎっしり。ブルーギルやブラックバス(オオクチバスとコクチバスの総称)は重さ3キロ程度だ。午前4時ごろまでに捕れた外来魚は約20キロ。10年前の多い時と比べると10分の1という。

     スジエビは湖に放し、外来魚はケースに入れて島の漁協に持って行く。滋賀県は県漁業協同組合連合会(県漁連)と提携し、外来魚を1キロ330円で買い取っている。買い取られた魚は農作物用の肥料になる。

     中村さんは夏場から雪が降るまでの間、週6日駆除のために湖に出ている。10年ほど前までは月60万円を稼ぐこともあったが、今年は十数万円の月もあるという。「おらんな、ほんまおらん。今年は特に少ない。どこにいったんやろうか」

     県によると、7月末時点のブルーギルとオオクチバスの駆除量は計34トン。前年同期比で55%少ない。

     駆除量の減少は外来魚の8割を占めるブルーギルの影響が大きいと県はみる。ブルーギルは寒くなると動きが落ち、これから駆除量が増えるとは考えにくい。

     県は今年度約4千万円を計上し、駆除量の目標を250トンにしていたが、9月に今年度の目標値を85トンに下方修正した。

    ■県「昨年、湖で異変起きたかも」

     滋賀県は外来魚の増殖で生じた漁業被害などを改善しようと取り組んできた。外来魚を漁師から買い取る制度を2002年度から本格化させ、03年には釣り上げた外来魚を湖に戻すことを禁じる条例を制定。外来魚を入れる回収ボックスを湖畔の公園などに設けた。

     県は湖全体でブルーギルとオオクチバスの生息量を推計している。07年度は2100トン程度だったが、対策の成果もあり、16年度には半減した。それでも今年、漁師が駆除する量の減り方は激しい。県の担当者も首をひねるばかりだ。

     県水産試験場によると、4~5月に湖南部の定置網で捕獲されたブルーギルの体長を調べたところ、7センチ程度の1歳魚が大部分を占め、10センチを超える2歳魚以上が極めて少なかった。体重も前年の17・5~31・5%。県水産課の担当者は「昨年湖で異変が起きて、魚が成長できなかったのかもしれない」という。

     琵琶湖では近年、外来魚の餌のアユの漁獲量が減少しているが、水産試験場の田口貴史主任技師(31)は「ブルーギルは色んなものを食べるため、直ちに影響があるとは考えづらい」。今年の台風で土砂が湖に流れ込んだ影響や猛暑との関連にも、田口さんは「ならば1歳魚も同じように減るはずだ」という。

    ■水草が謎のカギか

     一方、昨年から南湖で水草が減少していることに田口さんは注目する。餌となる在来種が減る中、ブラックバスはブルーギルを捕食する。ブルーギルは水草に隠れて逃げる。「ブルーギルが活動する夏場の水草が昨年も今年も少ない。何らかの関係があるかもしれない」と分析を進めている。

     県は琵琶湖全域を対象に、11月上旬から漁師と連携してブルーギルの生息調査を始めた。普段漁師が駆除していないエリアで網を引くなどし、生息状況を確認する。県水産課の担当者は「どこかに固まって生息している可能性もある。本当に減っているのかをしっかり見極めたい」と話している。(山中由睦)

         ◇

     〈琵琶湖の外来魚〉 ブラックバスの一種オオクチバスが増え始めたのは1970年代後半~80年代前半、ブルーギルが大繁殖したのは90年代前半。ともに北米原産でオオクチバスは全長40~60センチ、ブルーギルは25センチほどになる。稚魚や魚卵などを捕食し、フナやアユなど在来種に大きな被害を与えている。琵琶湖岸の工事で在来種の隠れ場所だったヨシが減少したことが繁殖の一因と考えられている。

    3

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15714594/

    【環境】琵琶湖に異変? 姿消す外来魚、駆除量は去年の4割「おらんな、ほんまおらん」

    (この記事の続きを読む)

    【ウチダザリガニ】「厄介者」をおいしく駆除! 北海道・鹿追町でザリガニラーメン試食

    1: 名無しさん 2018/12/08(土) 08:39:55.73 ID:CAP_USER9
    生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物で然別湖の“悪役”だったウチダザリガニが、おいしいラーメンやおかきに変身した。
    鹿追町の「然別湖生物多様性保全協議会」(会長・吉田弘志町長)が開発した粉末状ザリガニパウダーを使ったアレンジ料理の試食会が6日、町内で開かれ、参加者から「エビやカニのように豊かな風味」と好評を得た。

    ウチダザリガニは1960年代に摩周湖(釧路管内弟子屈町)に持ち込まれ、然別湖では90年ごろから確認されるようになった。
    希少な水草群落が生育域を減らし、固有種ミヤベイワナ(オショロコマの亜種)の産卵床が荒らされる懸念があるという。

    町は2007年から「厄介者」として対策に乗り出した。
    12年には然別湖ネイチャーセンターや帯広畜産大学などで構成する同協議会を立ち上げ、昨年度は3万854匹を捕獲したこれまでは、ゆでた後に堆肥化するなどしていたが、今回は食への有効活用を考え、長期間保存ができる粉末に加工した。
    食品加工のベル食品(本社札幌)が協力した。

    試食会はピュアモルトクラブハウスで行われ、町職員やネイチャーセンターのスタッフら24人が参加。
    スープに粉末を溶かしたラーメンは塩とみそ味、おかきも塩としょうゆ味の2種類が登場し、参加者は意外な美味に驚いていた。

    町商工会の市川友和さん(30)は「厄介者をおいしく駆除できる。逆手に取り、観光資源としても活用できるのでは」と話し、吉田町長も「湖水がきれいな分、泥臭さが全くない。他の料理にも活用できる」と太鼓判を押した。

    同協議会事務局の町商工観光課によると、今後、駆除の財源を確保したり、自然環境問題に関心を持ってもらうために商品化を検討する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00010000-kachimai-hok
    12/7(金) 17:58配信

    20181207-00010000-kachimai-000-1-view
    1

    パウダー状にしたウチダザリガニの粉末をスープに使ったラーメン。「おいしく駆除できる」と好評を得た

    【地域】「厄介者」をおいしく駆除! 北海道・鹿追町でザリガニラーメン試食

    (この記事の続きを読む)

    ワイの金魚デカすぎるから見てクレメンス

    590c914ad4db0f23abc200e24bc5fe22_s

    ワイの金魚デカすぎるから見てクレメンス

    1: 名無しさん 2018/11/05(月) 03:20:54.03 ID:MEBO5c980

    1





    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    ザリガニって世界的には高級食材なのに日本ではただの害虫扱いでもったいなくね?

    7b04602753c0295341d2774f8ebf7204_s

    ザリガニって世界的には高級食材なのに日本ではただの害虫扱いでもったいなくね?

    1: 名無しさん 2018/11/02(金) 20:42:36.254 ID:xo2FNCMK0
    食べたらいいのに

    2: 名無しさん 2018/11/02(金) 20:43:19.894 ID:26BB4Hek0
    食べていいよ

    4: 名無しさん 2018/11/02(金) 20:44:56.929 ID:tAJZ+mvO0
    食べてる

    8: 名無しさん 2018/11/02(金) 20:46:50.976 ID:xo2FNCMK0
    >>4,5
    美味かった?詳しく食レポしてくれ

    6: 名無しさん 2018/11/02(金) 20:46:11.854 ID:xo2FNCMK0
    ザリガニ = ロブスター = オマール海老
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【テレ東】「池の水ぜんぶ抜く」で長崎のボラ3000匹が大量死

    1: 名無しさん 2018/10/31(水) 19:32:49.33 ID:CAP_USER9
    5

    10月14日放送のテレビ東京系「緊急SOS! 池の水ぜんぶ抜く大作戦」の最新回で取り上げられた長崎県大村市の大村公園の堀の水を抜く企画で、ボラなど約3千匹の魚が大量死した可能性が高いことがわかった。

    「続いての緊急SOSは、美しい海を望む長崎県大村市から。この海に面した池の中に絶対出るはずのないものが大量発生し困っているという」(番組ナレーション)

    海に近い大村公園の堀の水質は海水と湧き水が混じる「汽水」。そこに千匹以上のボラが大量発生し、池の水は汚れ、困った大村市の園田裕史市長が番組にSOSを出したのだという。

    番組で6台の強力なポンプで4日間かけて1万トンの水を抜いたところ、ボラをはじめ大量の海の魚が発見される。
    お笑い芸人やタレント、園田市長、大勢のボランティアが大量の魚をたも網を使って次々と掬い、手掴みでプラスチックケースへ投げ込む。
    集められたボラはすぐ近くの別の池へ移された。

    撮影は9月23日に行われたのだが、その現場を間近で見ていたのがNPO法人「おさかなポストの会」の山崎充哲代表だ。
    番組のために魚たちを乱暴に扱い、死なせている残酷な光景を目の当たりにしたという。


    「移動先の池では当日、物凄い数の魚がひしめき合っていました。ヒレが擦れて真っ白になったり、泥に頭が突き刺さったまま死んでいた魚もいた。小さなクロダイなどもみんな死んでいましたよ。
    無理やり移動させられた魚たち約3千匹は死んでしまったとみて間違いない。せめて食用なり二次利用するべきだった」(山崎氏)

    大村市に事実確認を求めると〈水抜きの主体は番組側と考えております〉と回答。一方のテレビ東京は〈番組では、自治体などの主催者と連携を取りながら、専門家の方々のアドバイス・ご指導のもと、番組制作を行っています〉と答えた。

    11月1日(木)発売の「週刊文春」では、記者が現地に飛び、徹底取材。
    番組では放送されていない、無数の魚の死骸が池に浮いている様子などの独自写真や専門家の意見も交えて報じる。
    「 週刊文春デジタル 」では傷付き変色した魚の写真や、山崎氏へのロングインタビューなどを収めた《完全版》動画を同日朝5時に公開する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00009507-bunshun-ent

    【テレビ】テレ東「池の水ぜんぶ抜く」で長崎のボラ3000匹が大量死

    (この記事の続きを読む)

    ヤマメとかイワナとか食ったことある奴ちょっと来い!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    イワナ

    ヤマメとかイワナとか食ったことある奴ちょっと来い!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    1: 名無しさん 2018/10/12(金) 20:04:40.577 ID:Hv/lUHSS0
    メッチャ憧れるんだけど美味いんか?

    3: 名無しさん 2018/10/12(金) 20:05:20.957 ID:gdQxTaik0
    塩焼きうまいよ

    9: 名無しさん 2018/10/12(金) 20:06:26.867 ID:Hv/lUHSS0
    >>3
    だろ
    あの串さして焼いてるの憧れるわ

    4: 名無しさん 2018/10/12(金) 20:05:31.599 ID:OKO7XdKm0
    焼き具合次第だな
    魚自体が特別うまいわけじゃなく食う場所や手段の結果だ

    19: 名無しさん 2018/10/12(金) 20:07:20.298 ID:Hv/lUHSS0
    >>4
    塩焼きでも刺身でも美味そうなんだけど
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    メダカ育てすぎて遂に池作ってしまった

    1

    メダカ育てすぎて遂に池作ってしまった

    1: 名無しさん 2018/09/22(土) 20:27:57.093 ID:JWOVmUI00
    正しくは復活かな
    我ながらやり過ぎだと思った

    1


    2: 名無しさん 2018/09/22(土) 20:28:46.172 ID:/Qke3jM2d
    蚊がすごそう

    8: 名無しさん 2018/09/22(土) 20:31:01.681 ID:JWOVmUI00
    >>2
    田舎はいいぞ

    106: 名無しさん 2018/09/22(土) 21:21:09.854 ID:Sd/ebkO60
    >>2
    メダカはボウフラ食うよ
    メダカがいない水辺が増えたから近年化が増えまくった
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【研究】外来種アメリカザリガニで蚊が増加、感染症拡大の恐れも 「恐怖の光景」の影響か

    1: 名無しさん 2018/08/28(火) 06:11:13.48 ID:CAP_USER9
    アメリカザリガニ

    ■侵略的外来種が公衆衛生に悪影響を及ぼす可能性、米国で確認

     米カリフォルニア州南部を含め、世界中のさまざまな場所で侵略的外来種として扱われているアメリカザリガニ(Procambarus clarkii)。
    今回、学術誌「Conservation Biology」に発表された新たな研究によって、アメリカザリガニが人間にとって有害である可能性が明らかになった。
    ザリガニが増えることで蚊が増え、蚊が媒介する病気のリスクが高まるかもしれない。

     アメリカザリガニの原産地は米国南東部の沼地だ。しかし、現在では、オーストラリアと南極を除くすべての大陸に広がり、生態系を乱し、在来種の脅威となっている。また、人間が感染する寄生虫である肺吸虫の中間宿主でもある。

    「アメリカザリガニが穴を掘ることで、土の堰堤などに被害が出ることもあります」と、米イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の生物学者エリック・ラーソン氏は話す。さらに、アメリカザリガニが水草を食べてしまい、澄んだ湖沼が濁ってしまうこともあるという。
    「その土地原産のザリガニを駆逐し、それに取って代わることも少なくありません」。なお、氏は今回の研究に関与していない。

     論文の筆頭著者で、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のゲイリー・ブッチャレッリ氏らの研究グループが、カリフォルニア州のサンタモニカ山地でザリガニを駆除していたときのこと。ザリガニがいる場所ほど蚊の幼生も多いことに氏らは気がついた。

     アメリカザリガニの悪評もあり、これは注意を引いた。
    ブッチャレッリ氏は、「ザリガニがいる場所では、ヤゴはほとんど見つかりませんでした」と言う。
    ヤゴは水中で生活するトンボの幼虫で、蚊の幼生をたくさん食べる。


     研究グループは、サンタモニカ山地で13カ所の川を調査した。そのうち5カ所は、外来種が侵入した記録がないか、近年駆除に成功した場所だ。
    残りの8カ所には、1960年代からアメリカザリガニがいたことがわかっている。アメリカザリガニは、そのころからカリフォルニア州南部で見られるようになった。
    釣り人が余った餌のザリガニを放したためではないかと考えられている。

     案の定、ザリガニのいない川にはヤゴがたくさんおり、蚊の幼生は少なかった。
    その逆も当てはまり、ザリガニのいる川では蚊の幼生が多く、ヤゴが少なかった。


    ■「恐怖の光景」に怯えるヤゴ

     ザリガニのせいで蚊が多いのかを調べるため、グループは研究室の水槽にこの3者を異なる組み合わせで入れてみた。
    ヤゴは、単独ではザリガニ以上に蚊の幼生を効率的にがつがつと食べた。しかし、ザリガニと同じ水槽に入れると、ヤゴの見事な腕前は鳴りを潜めた。

     ザリガニは、ヤゴを捕まえて食べるだけではない。体の大きいザリガニがいるだけで、ヤゴは怯えて気をとられ、蚊の幼生を食べなくなってしまうのだ。

     ヤゴは、ザリガニがいるだけで「恐怖の光景(landscape of fear)」と呼ばれる状態に陥る。
    すなわち、捕食者がいることで、怯えた獲物がおかしな行動をとり、その影響が生態系全体にまで及ぶこともある。
    たとえば、イエローストーン国立公園にオオカミが戻ってきたとき、用心深くなったシカが食事のパターンを変え、若い芽をあまり食べなくなり、植物の背丈が高くなった。

    「在来種のヤゴは、アメリカザリガニに適応する方法を知りません。そして、不適応な行動をとってしまいます」とブッチャレッリ氏は言う。
    たとえば、ザリガニのハサミなどの奇妙な場所に留まったり隠れたりして、危険な状況に身を置いてしまう。


     蚊が増えるのは人間にとっても問題だ。ロサンゼルス近郊に生息する16種類の蚊のうち、人間の病気を媒介しないのは1種類しかいない。
    ブッチャレッリ氏は、外来種のザリガニが公衆衛生に影響を与えると認めることは、未知の領域だと感じている。
    今回の研究には関与していない米ワシントン大学の病理生態学者チェルシー・ウッド氏も、同じように感じている。

    「この研究を目にして、とても興奮しました」とウッド氏は言う。
    「私は、長いこと病気の研究は医者の領分だと考えていましたが、医者は人間の患者のことしか扱いません。
    私たちは、人間の病気のリスクにも影響する生態学的な相互作用について発見しつつあるのです。非常に興味深いことです」

     人間が肉食動物を駆逐するときも同じと言える。結果的に小型の哺乳類が増加するにつれて、ライム病を媒介するマダニが増える。

    ※続きはソースでどうぞ
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180827-00010000-nknatiogeo-sctch

    【研究】外来種アメリカザリガニで蚊が増加、感染症拡大の恐れも 「恐怖の光景」の影響か

    (この記事の続きを読む)

    「昆布は植物ではない」←これ以上衝撃的事実ある?

    3

    「昆布は植物ではない」←これ以上衝撃的事実ある?

    1: 名無しさん 2018/08/06(月) 19:32:32.744 ID:HCDPtdRA0
    ないな

    2: 名無しさん 2018/08/06(月) 19:32:52.919 ID:HC+qM2sV0
    違うの?

    5: 名無しさん 2018/08/06(月) 19:33:29.948 ID:ePre2RFV0
    ググったけどまじで違うじゃん
    なんなのあいつら
    コンブ(昆布)は、不等毛植物門褐藻綱コンブ目コンブ科 (学名:Laminariaceae )に属する数種の海藻の(一般的)名称である。生物学が生まれる以前からの名称であるため、厳密な定義はできないが、葉の長細い食用のものがコンブと呼ばれる傾向がある。コンブ科に属する海藻でも、オオウキモ(ジャイアントケルプ)は通常、コンブとは呼ばれない。

    6: 名無しさん 2018/08/06(月) 19:33:35.827 ID:btFSDDCGM
    そりゃ昆布は布だろ

    9: 名無しさん 2018/08/06(月) 19:34:07.221 ID:/QSk8CzQ0
    ホヤも動物だしな
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【画像】ワイのメダカ鉢見て感想おくれ

    メダカ

    【画像】ワイのメダカ鉢見て感想おくれ

    1: 名無しさん 2018/07/31(火) 17:58:07.93 ID:olPYEZ/m0
    よろしくたのむで

    1

    関連記事

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top