登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題
を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト!

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    地震・災害・防災関連

    救急隊員だけど愚痴言ってええか 2018年01月29日 14:00

    2016年8月1日の緊急地震速報wwwwwwwwwwwwwwwww

    1: 名無しさん 2018/02/12(月)09:28:15 ID:8oC
    no title

    死ぬかと思ったなぁ……

    2: 名無しさん 2018/02/12(月)09:28:47 ID:iUC
    マ?

    3: 名無しさん 2018/02/12(月)09:29:58 ID:I9J
    誤報だったんだよな
    しかしこんなのきたら日本終わりそう

    4: 名無しさん 2018/02/12(月)09:30:24 ID:OaH
    株価ストップ安不可避

    5: 名無しさん 2018/02/12(月)09:31:14 ID:1H8
    ひどいもんだ
    関連記事
    地震のフラグが立ちまくっている件…


    (この記事の続きを読む)

    【悲報】南海トラフ地震の発生確率を「70~80%」に引き上げ…

    1: 名無しさん 2018/02/09(金) 19:30:02.63 ID:CAP_USER9
    1

    政府の地震調査委員会(委員長=平田直なおし・東京大教授)は9日、静岡県から九州の太平洋側に延びる南海トラフで
    今後30年以内にマグニチュード(M)8~9級の巨大地震が発生する確率を「70~80%」に引き上げたと発表した。

    調査委は、毎年1月1日現在の発生確率を計算して公表している。
    時間の経過に伴い、2014年に発表した「70%程度」から確率が高まった。13年までは「60~70%」だった。

    今後10年以内の発生確率もこれまでの「20~30%」から「30%程度」に引き上げた。
    50年以内の確率は「90%程度、もしくはそれ以上」に据え置いた。

    南海トラフでは、おおむね100~150年おきにM8級の海溝型地震が発生してきた。
    調査委は地震の多様性などを加味して、平均発生間隔を88・2年と仮定している。

    http://www.yomiuri.co.jp/science/20180209-OYT1T50102.html

    (この記事の続きを読む)

    【宮崎】防災ヘリから医師がワイヤーで事故現場などに降りて、いち早くけが人の治療に当たる取り組み…開始から2年で7件のみ

    1: 名無しさん 2018/02/09(金) 15:22:30.24 ID:CAP_USER9
    mel-baylon-313139

    防災ヘリからの医師の降下は7回

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/5065112861.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    宮崎県の防災ヘリコプターに乗り込んだ医師がワイヤーで山間部の事故現場などに降りて、いち早くけが人の治療に当たる取り組みが九州沖縄で初めて開始されてから今月で2年となりましたが、医師の出動は7件にとどまっていることが県のまとめでわかりました。

    この取り組みでは、宮崎大学医学部附属病院の医師が県の防災ヘリコプターに乗り込み、ワイヤーで山間部などに降りて治療を始めます。
    救急車では到着に時間がかかり、ドクターヘリでも着陸ができない山間部の現場などに出動し、治療開始までの時間を短くする狙いで、九州沖縄で初めて取り組みが開始されて今月1日で2年になりました。

    宮崎市の山中で重度の熱中症になった男性に現場で点滴を行ったケースでは、
    脳に後遺症が残らず回復につながったと見られるということです。

    一方で、県のまとめによりますと、この2年間で防災ヘリコプターが山岳遭難や事故などの際、救助のために出動したのは81件ありましたが、医師が乗り込んだのは、このうちわずか7件にとどまっているということです。

    理由について県は、山間部などでの事故では患者の容体について情報が少なく、各地の消防が医師が必要か判断が難しく要請をためらうためだとしています。

    県防災救急航空隊の湯浅憲治隊長は「もっと多くの現場で医師が活動できたと思うので、各消防本部は、医師が必要かどうか迷った場合にはためらわず要請してほしい」と話していました。

    ヘリコプターからワイヤーで現場に降りて活動できるよう訓練を積んだ医師は県内に5人いますが、県ではさらに多くの医師を確保していくことも必要だとしています。

    02/09 11:42

    (この記事の続きを読む)

    東日本大震災のときのニュースで耳を疑ったフレーズ

    5


    1: 名無しさん 2018/01/24(水)18:52:31 ID:pnI
    陸前高田壊滅

    2: 名無しさん 2018/01/24(水)18:53:46 ID:rzZ
    アナウンサーが迫真の演技しとるやんけw
    って思った瞬間津波の映像に切り替わって焦った

    5: 名無しさん 2018/01/24(水)18:56:37 ID:5xy
    原子力発電所が爆発

    6: 名無しさん 2018/01/24(水)18:56:50 ID:bKJ
    若林区海岸で200~300体の遺体

    8: 名無しさん 2018/01/24(水)18:57:08 ID:w9C
    アナウンサー「」
    ワイ「」
    関連記事
    東日本大震災での不可解な現象って何かある?


    (この記事の続きを読む)

    【“津波に耐える”ライフジャケット】 実用化向け研究へ!東北大学

    1: 名無しさん 2018/02/07(水) 04:17:39.48 ID:CAP_USER9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180206/k10011318031000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_011

    2月6日 23時42分
    東北大学は、最短で2分で津波が到達する地域があると言われる南海トラフの巨大地震に備えて、津波に耐えられるライフジャケットの実用化に向けた研究を民間企業と共同で始めることになりました。

    研究を始めるのは、東日本大震災をきっかけに設立された東北大学災害科学国際研究所で、6日に東京の民間企業と共同研究を行う協定を結びました。

    すでに民間企業で72時間以上浮き続けることができ、ヘリコプターで救助しやすいよう工夫がされたライフジャケット機能のついたリュックサックが開発されていて、東北大学は、漂流物の圧力に対する耐久性を向上させるほか、居場所を特定するGPSを取り付けAIで最適の経路で救助するシステムの構築などを検討することにしています。

    東北大学によりますと、津波対策のライフジャケットは各地で開発されていますが、有効性が十分に証明されていないことから導入は一部の自治体や企業に限られ、津波対策としてはまだ普及していません。

    東北大学災害科学国際研究所の栗山進一教授は「まずはライフジャケットが有効であることを学術的に証明し、最短で2分で津波が到達する南海トラフの巨大地震などに備えて実用化に道筋をつけたい」と話していました。

    7

    (この記事の続きを読む)

    【台湾でM6.4の地震】 2人死亡200人以上けが 建物被害も

    1: 名無しさん 2018/02/07(水) 05:58:40.15 ID:CAP_USER9
    2

    2月7日 5時50分
    日本時間の7日未明、台湾東部付近を震源とするマグニチュード6.4の地震があり、これまでに2人が死亡、200人以上がけがをし、日本人の宿泊客が多いホテルでも一部の階が押しつぶされる被害が出ていることから、「日本台湾交流協会」が日本人の被害状況について確認を急いでいます。

    日本時間の7日午前0時50分ごろ、台湾東部の花蓮県から北北東におよそ20キロを震源とする地震があり、震源の深さはおよそ10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.4と推定されています。

    震源に近い花蓮市を中心に、建物が倒壊したり傾いたりするなどの被害が出ていて、台湾当局によりますと、これまでに2人が死亡、202人がけがをしたということです。

    このうち日本人の宿泊客が多い花蓮市の「マーシャルホテル」は、建物の下の階が押しつぶされ全体が大きく傾いていて、台湾メディアによりますと、これまでに日本人を含む116人が救助されたものの、従業員3人の行方がわからなくなっているということです。

    地震発生当時、現地にいたNHKのスタッフは「ホテルの周辺には多くの日本人の姿が見られ、路上や近くの別のホテルに避難していた」と話しています。

    現地メディアによりますと、建物が大きく傾いたホテルの宿泊客の中は日本人が含まれているということですが、安否については明らかになっていません。台北にある日本の窓口機関「日本台湾交流協会」が日本人の被害状況について現在、確認を急いでいます。

    地元の気象当局は「今月4日から花蓮県付近を震源とする体に感じる地震が94回の起きており、今回の地震はそのなかでも最も大きい。地震活動は今後2週間から3週間、続くと見られる」として、警戒を呼びかけています。

    傾いたホテルは

    台湾の花蓮県で起きた地震で、一部の階が押しつぶされ大きく傾いているのは、「マーシャルホテル」というレジャーホテルです。

    日本の旅行会社の案内によりますと、部屋数は200以上あり、ジムやサウナ、屋外プールがあるほか、カラオケ施設なども完備しているということです。

    花蓮市の中心部にあって利便性もよいことから、日本人の利用も多いことで知られています。

    ホテル宿泊 日本人どうしで安否確認「おそらく全員無事」

    地震で建物が大きく傾いたマーシャルホテルの周辺には、宿泊していた日本人観光客や地元の人たちが避難していました。
    このうちツアーで花蓮県を訪れ「マーシャルホテル」に宿泊していた日本人の男性は、NHKの取材に対し、一緒に宿泊していた日本人どうしで安否の確認をしたとして、「おそらく全員無事だ」と話していました。

    また、ホテル周辺は安全確保のため警察が立ち入りを規制しており、台湾人の男性は「私の妻が兄を捜しに立ち入り禁止区域に入り、戻ってきません。建物が大きく壊れている以外、どのような状況なのか全くわかりません」と混乱した様子で話していました。

    「日本人は全員ロビーに集まっている」

    花蓮県のホテルに家族と滞在していた日本人の男子大学生は、NHKの取材にツイッターで応じ、「2秒ぐらい縦に揺れたあと、1分ほどの大きな横揺れが続き立っていられない状況だった。全員ホテルの外に避難したが、安全なのでホテルに戻るよう言われた。しかしその後も大きい余震が続き不安なので、日本人は全員ロビーに集まっている。1階が倒壊したという近くのホテルの宿泊客も自分たちのホテルに避難してきている」と話しています。

    地震発生の瞬間 映像に

    花蓮県の中心部にあるレンタルビデオ店に設置された監視カメラが、地震が発生した瞬間の様子を捉えていました。店内の棚に並べられたレンタル用のDVDなどが小刻みに揺れ出したあと、大きな横揺れが起きて棚そのものが次々と倒れ、DVDなどが床に散乱しました。
    また、店内にいたスタッフや客と見られる人たちが揺れに耐えながら慌てて逃げる様子も、映っています。

    過去にも大きな地震

    台湾では過去にも規模の大きな地震がたびたび発生しています。

    1964年1月には、台湾南部を震源とするマグニチュード6.3の地震が発生し、住宅が倒壊するなどして100人以上が死亡しました。

    また1999年9月に台湾中部で発生したマグニチュード7.7の大地震では、コンクリート製の建物などが倒壊し、2400人以上が死亡しています。

    さらにおととし2月にも、台湾南部を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生し、マンションが倒壊するなどし、110人以上が死亡しました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180207/k10011318501000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    (この記事の続きを読む)

    災害や非常時に他人のこと考えずに”まとめ買い”する人いるよね…

    igor-ovsyannykov-520422


    1: 名無しさん 2018/01/31(水)12:04:50 ID:rMh
    こういう時にその人の本質が分かるんやね

    2: 名無しさん 2018/01/31(水)12:05:18 ID:2ox
    そうしないと生き残れないからな

    3: 名無しさん 2018/01/31(水)12:05:21 ID:Xbg
    東日本大震災の時はすごかったわ

    5: 名無しさん 2018/01/31(水)12:06:09 ID:rMh
    >>3
    カップ麺とか水とか全部買い占められてなくなってたもんな

    4: 名無しさん 2018/01/31(水)12:05:33 ID:uSs
    分け合えと
    関連記事
    お前ら防災グッズ的なやつ買った?家に置いてる?


    (この記事の続きを読む)

    【朗報】ワイ、サバイバルキットの開発に着手する

    muhammad-masood-251257


    1: 名無しさん 2018/01/30(火)22:38:16 ID:Io1
    9

    とりあえずこんなもんか

    4: 名無しさん 2018/01/30(火)22:42:48 ID:uwW
    肥後守はロックついてないから薪割るような無茶な使い方できないのでオススメしない
    あとサバイバルブランケット(アルミホイルみたいな毛布)入れたい

    6: 名無しさん 2018/01/30(火)22:45:18 ID:Io1
    >>4
    サンガツ
    一応想定は地震とかで学校や職場から歩きで帰る時の装備や

    12: 名無しさん 2018/01/30(火)22:50:39 ID:uwW
    >>6
    なら余計に体温保つための道具入れた方がええ
    真冬だけやなく雨降ったらホンマに死ぬで
    関連記事
    【ピンチ缶】救急セットってどんなの用意してます?私は消毒液、ばんそうこ、テープ、常備薬、正露丸


    (この記事の続きを読む)

    【!?】科学者が警鐘! 赤道の収縮で、2018年は大地震が倍増か (;゚д゚)ゴクリ…

    1: 名無しさん 2018/01/30(火) 21:39:04.69 ID:CAP_USER9
    8

    ・地質学者たちは2018年、大きな地震が2017年の約2倍発生すると予測している。

    ・なぜなら、地球の自転速度がやや低下し、赤道を微妙に収縮させているからだという。

    ・赤道が収縮することで、構造プレートが押し合いになるため、地震が頻発しやすくなる。

    2018年に入って、世界各地で地震が相次いでいる。

    これまでで最も大きな地震は1月23日の早朝(現地時間)、アラスカ湾の沖合約174マイル(約280キロメートル)の海底で発生した。
    地震の規模はマグニチュード7.9だった。

    そのわずか3時間前には、インドネシアのビヌアンゲウン(Binuangeun)の海岸から25マイル(約40キロメートル)と離れない場所で、マグニチュード6.0の地震が発生。この地域は「環太平洋火山帯」と呼ばれる、地震と火山噴火の多発地帯だ。

    この2回だけではない。今年は大きな地震が続いている。
    1月23日現在、マグニチュード7.0以上の地震はアラスカを含め、すでに3回発生している。これほど大きな地震は、2017年には7回しか起きていない。

    科学者たちは、地球の自転速度の低下が、近年、世界で地震が増加している一因ではないかと言う。

    あなたは気づいていないかもしれないが、今、地球は少しのんびりしている。
    2011年以降、通常より数千分の1秒遅いペースで自転しているのだ。

    地球の自転周期は絶えず変化している。海流や大気の変化だけでなく、地殻の下のマントルやさらにその内部にある核の影響を受けるためだ。
    地質学者のロジャー・ビルハム(Roger Bilham)氏とレベッカ・ベンディック(Rebecca Bendick)氏によると、自転速度の低下により、2018年は少なくともマグニチュード7.0以上の地震が2017年の2倍以上発生する可能性がある。

    ■構造プレートの押し合い
    コロラド大学で地震の研究をしているビルハム氏はBusiness Insiderに対し、自転速度が数年にわたって遅れると、その間に地球の内部が収縮すると語った。それに合わせて赤道も縮むのだが、構造プレートはそうはいかない。

    収縮した赤道に合わせてスリムになるのではなく、互いに押し合うのだ。

    わたしたちがこれを地上で感じるまでには、時間がかかる。だが、高周波地震の発生が少ない状態で5年が経つと、このプレートの押し合いの影響が、世界中で感じられるようになると、ビルハム氏は言う。
    同氏は、2018年から2021年の今後4年にわたって、毎年平均20回の大地震が発生すると見ている。

    自転速度が低下するこの現象は、活動中でない地震を誘発するものではないが、一部でさらなる張力と圧力を加え、特に地震多発地帯で、地震を頻発させるとビルハム氏は言う。

    ※続きはソースでどうぞ
    https://www.businessinsider.jp/post-160796

    (この記事の続きを読む)

    救急隊員だけど愚痴言ってええか

    8


    1: 名無しさん 2018/01/18(木) 09:43:17.649 ID:Q6l4+/Cj0
    最近思うところをグチグチするで

    3: 名無しさん 2018/01/18(木) 09:44:10.419 ID:ZRQ0wOVy0
    早よやれ

    4: 名無しさん 2018/01/18(木) 09:45:27.489 ID:Q6l4+/Cj0
    ここ数年、うちの消防では救急車1台あたり年間200件ペースで出動件数が増加してる。

    その内、6割は65歳以上の高齢者。

    全体の6割くらいは、入院不要の軽傷患者さまや

    5: 名無しさん 2018/01/18(木) 09:47:35.217 ID:hvf1LpWMd
    軽傷なら輪番からあたってもらえませんかね
    何でもかんでも大病院に持ってこようとすんな

    16: 名無しさん 2018/01/18(木) 09:50:44.513 ID:Q6l4+/Cj0
    >>5
    二次輪番あたるやろ、ベッド満床や、院内処置中でおことわりされるんやで^^

    「いや、ただの風邪で歩行可能なんです、ド軽傷で自分で帰れる方なんです」

    って言っても、「むりぽ」 でお断り^^;

    本人を説得して、自己受診勧めるも、「救急車で行きたい」の一点張り
    関連記事
    山で遭難や事故の現場に遭遇したことある?


    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top