登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > スキー・スノボ・バックカントリー

    スキー・スノボ・バックカントリー

    スキー場は もうダメなのか? 2019年03月26日 09:05
    スノーボードで死にかけたwwwwwwww 2019年03月04日 12:00

    【富士山】スノーボードの男性、死亡を確認

    1: 名無しさん 2019/05/11(土) 13:48:03.33 ID:OZ1RbEJ49
    富士山

    10日、富士山の8合目付近で男性が倒れているのが見つかり、11日朝になって死亡が確認されました。
    警察は、男性がスノーボードの最中に滑落したと見て調べています。

    10日、群馬県の山岳会から「スノーボードをするため富士山に登った会員が予定を過ぎても戻らない」と山梨県警に通報がありました。
    警察がヘリコプターを出して捜索したところ、山梨県側の8合目の登山道付近でスノーボードをはいて倒れている男性を見つけ、天候が回復した11日午前7時ごろ救助しましたが、現場で死亡が確認されました。
    警察によりますと、死亡したのは群馬県みなかみ町の会社員、真庭誠さん(49)で、今月8日から1泊2日の予定で富士山に登っていたということです。
    警察は、真庭さんがスノーボードの最中に滑落したと見て調べています。

    https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190511/0029553.html

    関連スレ
    【山梨】富士山でスノボ、男性遭難か 発見も呼び掛けに応じず
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557492260/

    (この記事の続きを読む)

    【山梨】富士山でスノボ、男性遭難か 発見も呼び掛けに応じず

    1: 名無しさん 2019/05/10(金) 21:44:20.17 ID:2NY4FXT29
    富士山

    デイリースポーツ 2019.5.10(Fri)
    https://www.daily.co.jp/society/national/2019/05/10/0012318291.shtml

     10日正午ごろ、富士山にスノーボードに出掛けた群馬県沼田山岳会所属の40代男性が帰ってこないと山梨県警に通報があった。
    山梨、静岡両県警が遭難したとみて捜索し、約2時間後に静岡県警のヘリコプターが、8合目付近の山梨県側で倒れている男性を発見。
    拡声器で呼び掛けたが反応はなかった。

    山梨県警は11日朝から救助に向かう。

     山梨県警によると、男性は8日から1泊2日でスノーボードをする予定だった。
    家族から戻らないと連絡を受けた山岳会の会員が通報。
    男性は発見時、スノーボードを付けていた。富士山5合目の駐車場から、男性の車が発見された。

    (この記事の続きを読む)

    スキー場は もうダメなのか?

    1: 名無しさん 2019/03/25(月) 22:13:17.53 ID:We0m9O3T9
    スキー場

    平年より早く桜が咲き、スキーシーズンも終わろうとしています。ただでさえスキー・スノボ人口が減少するなか、ことしは暖冬で雪不足のところも多く、多くのスキー場が厳しい経営環境に置かれました。「スキー場はもうダメなのか?」と思いきや、意外にも元気なスキー場が存在することが分かりました。何が明暗を分けるのか。探っていくとビジネス全般にも通じるヒントがありました。

    ■来場者激減
    去年、日本能率協会総合研究所が行った調査では赤字経営のスキー場が63%を占めるまでにいたっています。ここでふと思ったのは黒字の36%のスキー場はどうしているのか、ということです。

    スキー、スノボー人口推移

    ■黒字のスキー場は何をしているのか?
    スキー場来場者の多くが若者、しかも女性というデータからSNS映えする場所をつくろうと今シーズンからテラスを設置したのです。レストランのメニューもSNS映えを意識したものに一新しました。新テラスとSNSによる拡散効果もあってレストランの利用者は昨シーズンの2倍に増えたそうです。
     
    サンドイッチ

    ■徹底したマーケティング
    オフィスではなにやら真剣にパソコンを見ています。WEBで販売されるリフト券の時間ごとのグラフでした。売れ行きが増加する山の少し前にフェイスブックなどでスキー場情報を発信することで、スキー・スノボに行くかどうか迷っている人たちの背中を押すことを狙っていました。

    ■キャッシュレスも
    岐阜県内の「鷲ヶ岳スキー場」では今シーズンからスキー業界で初という、ICリフト券とキャッシュレス決済が1つになったサービスを導入しました。リフト券を購入した人の属性(男性か女性か)や、どんなものをいつ何点購入したのかが分かります。将来的にはリフトの乗車回数などのデータとひも付けして、顧客の購買行動を「見える化」し、ニーズにあったサービスを見つけ出そうとしているのです。

    ■インバウンド対策の徹底
    長野県の「斑尾高原スキー場」が力を入れているのが「ツリーラン」という林の中を滑るコースの設置です。大自然のなかを滑るのが好きな欧米のスキー・スノボ客。許可なくコース外に出て遭難事故を起こされては迷惑ですが、スキー場内にこうしたコースがあれば手軽に安全に楽しんでもらえるのではないかと考えたわけです。

    斑尾とパウダースノーをかけて、海外ではmadapow(マダパウ)と呼ばれるようになり、訪れる外国人が6年間で7倍に増えました。スキー場に行くと、ここは一瞬外国かと思うぐらい、英語が飛び交っています。

    ■将来の客を呼び込む
    「雪マジ!19」とういプロジェクト。スキー場にとって最大の収益源であるリフト券を無料にするという大胆な対策に当初は反発するスキー場も多かったそうです。しかし、今シーズンは180以上のスキー場が参加。すそ野が広がっています。

    ■成功体験から抜け出せないと…
    あるスキー場経営者は取材に対して「昔はどんぶり勘定だった。例えば人工降雪機を使うとき、電気代など考えずにただ大量の人工雪をつくっていた。経営というものが分かっていなかった」としみじみ語っていました。

    バブル期は、リフトを動かせば黙っていても客が来た。その成功体験が強烈だっただけに、スキー場経営に携わる人の多くがなかなか自分の方法を変えられなかったという側面はあるのでしょう。しかし、レジャーが多様化するなか、「昔と同じ」ではうまくいきません。顧客目線にたち、変化に素早く対応すれば「スキー場はもうだめ」なのではなく、まだ、いろんな可能性が残っていることを取材を通じて感じました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190325/k10011860291000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

    (この記事の続きを読む)

    【長野県小谷村】雪崩跡があったのでもしやとビーコン使い巻き込まれた男性発見救助(意識不明の重体)

    1: 名無しさん 2019/03/09(土) 14:51:57.46 ID:qFYG8+5C9
    スキー板を担いで雪山を登る人

    山スキーの男性意識不明 雪崩か

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20190309/1010007915.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    8日午後、小谷村の栂池高原で山スキーをしていた40代の男性が雪崩に巻き込まれ、意識不明の重体となっています。

    8日午後1時半ごろ、小谷村にある栂池高原の標高1900メートル付近の斜面で、「スキーをしていた男性が雪崩に巻き込まれた」と消防に通報がありました。
    警察によりますと、男性は木曽町の49歳の会社員の男性で、1人で山スキーをしていて雪崩に巻き込まれたとみられ、救助されたあと、警察のヘリコプターで病院に運ばれましたが意識不明の重体だということです。

    現場は、栂池高原スキー場のゲレンデから離れた山の斜面で、通りかかった男性らが斜面に雪崩の跡があったため位置情報を電波で発信する装置「ビーコン」を使って周囲を探したところ、雪の中でこの男性を見つけ、助け出したということです。

    小谷村を含む地域では7日から8日にかけてまとまった雪が降り、気象台がなだれ注意報を出して、注意を呼び掛けていました。

    警察は男性の身元の確認を進めるとともに、詳しい状況を調べています。

    03/09 08:37

    【山】雪崩跡があったのでもしやとビーコン使い巻き込まれた男性発見救助(意識不明の重体)・長野県小谷村

    (この記事の続きを読む)

    スノーボードをやりに1人でスキー場にきてます

    青空のスキー場

    スノーボードをやりに1人でスキー場にきてます

    1: 名無しさん 2019/03/05(火) 14:51:06.649 ID:4TYeIqMdd
    天気よき

    スキー場からの景色


    2: 名無しさん 2019/03/05(火) 14:51:32.519 ID:qw/QK53y0
    経験者か!?

    6: 名無しさん 2019/03/05(火) 14:54:05.947 ID:4TYeIqMdd
    >>2
    いつも1人で行ってます。快適

    3: 名無しさん 2019/03/05(火) 14:51:47.556 ID:2QdH3pP4d
    長野?

    8: 名無しさん 2019/03/05(火) 14:54:17.337 ID:4TYeIqMdd
    >>3
    グンマー
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    スノーボードで死にかけたwwwwwwww

    スノーボードでジャンプ

    スノーボードで死にかけたwwwwwwww

    1: 名無しさん 2019/03/03(日)18:51:47 ID:4GD
    ヘルメットがなかったら危うく脳ミソ開示だったンゴwwwwwwwwwwww

    割れたスノーボード用ヘルメット


    2: 名無しさん 2019/03/03(日)18:51:57 ID:kAb
    あぶねー!
    よかったな!

    5: 名無しさん 2019/03/03(日)18:52:35 ID:4GD
    >>2
    良い子はヘルメットしようね!

    3: 名無しさん 2019/03/03(日)18:52:21 ID:kpx
    こわい

    4: 名無しさん 2019/03/03(日)18:52:35 ID:O9v
    良かったなしっかりヘルメットしてて
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【宮城県蔵王町】スノボ男性(26)、スキー場駐車場で滑落死…前日に無事確認も荒天で救助できず

    1: 名無しさん 2019/02/24(日) 16:01:00.17 ID:PxOPmeLe9
    mattias-olsson-160612-unsplash

    無事確認も救助できず、スキー場駐車場で滑落死

     23日午後2時50分頃、宮城県蔵王町遠刈田温泉の「みやぎ蔵王すみかわスノーパーク」で、仙台市宮城野区の会社員岡部克樹さん(26)が駐車場横の崖から滑落したと、スキー場から通報があった。いったん岡部さんの無事は確認できたものの、同日は荒天で救助できず、24日早朝にヘリコプターで救出したが、搬送先の病院で死亡が確認された。

     県警白石署の発表によると、岡部さんは友人3人とスノーボードをしにスキー場を訪れ、帰宅しようと駐車場付近を歩いていた際に滑落したとみられる。約1時間後、岡部さんから友人に「落ちて動けない」と電話があった。消防のヘリが岡部さんを発見したが、強風で救助活動を行えなかったという。
    同署が転落の原因などを調べている。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190224-OYT1T50112/

    【岳】スノボ男性(26)、スキー場駐車場で滑落死 前日に無事確認も荒天で救助できず 宮城県蔵王町

    (この記事の続きを読む)

    スキー経験者「ハの字にしろ!!」 経験者2「重心は前!!」 初めてワイ「わあああ!!」

    benton-sherman-1204049-unsplash

    スキー経験者「ハの字にしろ!!」経験者2「重心は前!!」初めてワイ「わあああ!!」

    1: 名無しさん 2019/02/18(月) 20:45:34.46 ID:4fR6rVZQa
    ワイはスキーを諦めた

    10: 名無しさん 2019/02/18(月) 20:46:39.87 ID:8DlM+vQMa
    レッスン受けたほうがよかったんか?

    16: 名無しさん 2019/02/18(月) 20:47:31.11 ID:A6KHEm0O0
    止まらなくなったらどうするんや

    20: 名無しさん 2019/02/18(月) 20:48:01.55 ID:TPBuX6wY0
    >>16
    転けるんやぞ

    17: 名無しさん 2019/02/18(月) 20:47:43.70 ID:TPBuX6wY0
    まず転け方から教えるよね
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【新潟】バックカントリースキー遭難の男性「食料を3日分、水を1リットルに加え、たくさんの着込める服やカイロを持っていた」

    1: 名無しさん 2019/02/18(月) 18:26:45.75 ID:7NhsRWKg9
    holly-mandarich-605421-unsplash

    救助の2人「互いの力過信した」

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/20190218/1030006860.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    新潟県湯沢町の山中で、整備されていない斜面を滑るバックカントリースキーをしていて
    16日から行方がわからなくなっていた男性2人は、18日午前9時前、現場近くの山中で救助されました。
    2人は警察に対し「視界が悪い中を過信して進み、道に迷ってしまった」と話しているということです。

    救助されたのは、東京・世田谷区の会社員、加藤康博さん(38)と神奈川県藤沢市の自営業、大川隆央さん(59)です。
    警察によりますと、2人は16日から1泊2日の予定で湯沢町三俣の「かぐらスキー場」を訪れ、コース外で整備されていない斜面を滑るバックカントリースキーをしていましたが、16日夕方になっても宿泊する山小屋に来ていないと、知り合いから警察に通報がありました。

    このため警察や消防などが、17日からスキー場周辺で捜索したところ、18日午前9時前、県警ヘリが、スキー場近くの山頂から南側におよそ1.4キロ離れた山中で2人を発見し、救助しました。
    2人は病院に運ばれましたが、いずれも自力で歩くことができ、命に別状はないということです。
    警察の調べに対し、2人は
    「視界が悪い中、自分たちを過信して進んで道に迷ってしまった。雪に穴を掘って寒さをしのいでいた」
    などと話しているということです。
    警察はさらに当時の詳しい状況を調べています。

    新潟県湯沢町でバックカントリースキーをしていて遭難し、18日朝、救助された大川隆央さんと加藤康博さんは18日午後、取材に応じ
    「お互いの力を過信した。多くの方々にご迷惑をかけて申し訳ありません」などと話しました。
    2人は18日午後、南魚沼警察署で遭難したときの状況を説明したあと報道関係者の取材に応じました。

    大川さんは冒頭
    「消防や警察など多くの方々にご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳ございません」とおわびのことばを述べました。
    遭難の原因については
    「下りる道に迷ってしまった。お互いの力を過信し、一緒にいればある程度の所は滑れるというお互いへの依存心があったと思う。
    そもそも天候が悪かったら、先に進むべきではなかった」と話しました。


    一方、2人とも目立ったけがはなく、自力で歩行できる状態で救助されました。
    2人は救助を待つ間、雪原に横穴を掘って雪洞を作り、服を着込んで身を寄せ合って過ごしていたということです。
    加藤さんは
    「食料を3日分、水を1リットルに加え、たくさんの着込める服やカイロを持っていた。
    体を暖めるものがあったので生き残れたのだと思う」と話していました。

    大川さんは
    「ヘリが見えたときはこれで生きて帰れると思い、本当にうれしかった。
    冬山は一歩間違えれば命を落とすということが身にしみました」と話していました。

    県警察本部によりますと、ことしに入って新潟県内の冬山で遭難した人はすでに11人に上り、このうち10人がバックカントリースキーで遭難したとみられ、注意を呼びかけています。

    県内では先月25日、妙高市のスキー場でコースの外を滑っていたフランス人の男性が、雪崩に巻き込まれて死亡しています。
    一方、去年1年間でバックカントリースキーで遭難した人は16人で、2人が死亡、5人がけがをしました。


    ことしに入って遭難件数が増えている原因について、警察は、ことしは晴れの日が多く雪が少なくて道路の状況がよいことから、雪山に向かう客が例年より多いためとみています。
    警察は、バックカントリースキーをする際は十分な装備をするとともに、事前に計画を立て必ず登山届を提出するよう呼びかけています。

    02/18 17:14

    【キリッ】「食料を3日分、水を1リットルに加え、たくさんの着込める服やカイロを持っていた」新潟県湯沢町の山中でバカンスキー遭難の男性

    (この記事の続きを読む)

    中国から日本へスキー観光客が殺到!

    1: 名無しさん 2019/02/15(金) 12:46:17.94 ID:p7oxxVN39
    no title

    ■ツアーバスの行列が…

    週末、兵庫県のとある場所にできた“ツアーバスの行列”。
    この日だけでもやってきたツアーバスは19台。

    中に乗っていたのは、台湾など中国から来た観光客だった。

    ■“爆買い”から“爆滑り”へ

    数年前、日本の家電量販店で“爆買い”していた中国人観光客が次に目をつけたのは、日本のスキー場。ゲレンデでも中国語が飛び交っていた。
    日本側にとっても、これはビジネスチャンスだ。

    どれだけスキー場に中国人観光客が来ているのか。
    番組がチェックしたゲレンデでは、画面手前が中国本土からの観光客。右側を台湾からの観光客が歩き、後ろにいるのが日本人…とご覧の通りの状況だった。

    別のゲレンデでは、17人中15人、8割以上が中国から来た人たちだった。

    さらに、スキー場だけでなく、併設のレストランも、約9割が中国から来たお客さんだった。


    神戸市の六甲山スノーパーク 営業企画・野田修太郎氏は、「(春節は)普段の3倍くらいのお客様に来ていただいている」と話す。

    https://www.fnn.jp/posts/00423170HDK

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top