登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > 昆虫食

    昆虫食

    イナゴ採って食べたい 2020年08月08日 16:00

    【画像】コオロギが入ったコオロギパン、めっちゃ美味そうな件

    mushi_koorogi (1)

    1: 名無しさん 2021/01/17(日) 17:46:17.58 ID:tVC0V5xJ0
    1 (1)
    出典:未来食Labo
    2: 名無しさん 2021/01/17(日) 17:46:58.37 ID:abNXoAsH0
    コオロギって虫で一番美味いらしいな



    45: 名無しさん 2021/01/17(日) 17:56:33.42 ID:tScrS9/Q0
    >>2
    美味いと言うか栄養価が高いんやで
    コオロギから作られたプロテインもあるぐらいや

    3: 名無しさん 2021/01/17(日) 17:47:07.37 ID:Nc5cZs140
    触覚混入してますよ

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    【伊那谷】郷土食として親しまれる小さな虫!ザザムシ漁が最盛期

    1: 名無しさん 2021/01/06(水) 15:38:04.07 ID:sbqWSwYV9
    ざざむし

    伊那谷の冬の風物詩、ザザムシ漁が最盛期を迎えた。天竜川漁業協同組合(伊那市)の漁師たちが川に入り、郷土食として親しまれる小さな虫の捕獲に励んでいる。

    https://www.chunichi.co.jp/article/181233?rct=nagano

    (この記事の続きを読む)

    【朗報】昆虫食、めちゃくちゃコスパがよかった

    Cricket

    1: 名無しさん 2021/01/01(金) 03:32:30.31 ID:8dixLkce0
    牛肉1kg食うのに飼料は8kgも必要なのに対して
    昆虫であれば、2kgの飼料で良い

    2: 名無しさん 2021/01/01(金) 03:32:51.39 ID:l0mzXKgH0
    あんなキモいの食えるわけねえだろガ ジ考えろや

    4: 名無しさん 2021/01/01(金) 03:33:41.21 ID:8dixLkce0
    >>2
    粉末とかになってればいけるか?

    11: 名無しさん 2021/01/01(金) 03:34:52.24 ID:l0mzXKgH0
    >>4
    がんばる

    (この記事の続きを読む)

    いまだに「昆虫食」してない奴wwwwwwwwwwww

    bee

    1: 名無しさん 2020/12/14(月) 05:12:24.96 ID:WALJzQDX0
    栄養価は肉とか魚より高い
    タンパク質が豊富
    何処でも無料で取れるし生で食える

    コスパ最強やんけ

    2: 名無しさん 2020/12/14(月) 05:12:53.82 ID:1J1GsfrnM
    寄生虫の知識だけ教えてくれりゃ食ってみたい

    3: 名無しさん 2020/12/14(月) 05:13:21.49 ID:6g9mG08Ua
    コスパ最強の虫教えて

    12: 名無しさん 2020/12/14(月) 05:14:36.69 ID:GkxYtMOCp
    >>3
    芋虫

    20: 名無しさん 2020/12/14(月) 05:18:34.59 ID:BdO3RvFTa
    >>3
    ミルワーム育てる

    (この記事の続きを読む)

    【昆虫食】カイコのさなぎ、ゆでたら「意外にクリーミー」 学校給食にいかが?

    1: 名無しさん 2020/11/16(月) 17:07:45.60 ID:8MLPeFj19
    セミ

     環境に優しい食事として注目が集まる「昆虫食」をテーマにした講座が15日、京都市伏見区の京エコロジーセンターであった。参加者たちはセミの幼虫を油で揚げるなど調理を体験し、昆虫食を普及させるためのアイデアを出し合った。

     家畜と比べ、調達に環境汚染や森林破壊が生じにくく低コストで口にできる昆虫食を周知しようと市環境保全活動推進協会が講座を企画。3回連続の最終回となったこの日は18人が参加した。

     参加者はアブラゼミやクマゼミの幼虫を素揚げにしたり、カイコのさなぎをゆでたりして試食。「意外にクリーミー」「メリットを知れば抵抗感は薄れる」と感想を話し、「昆虫食を学校給食で提供してはどうか」などと思い思いに提案していた。

    2020年11月16日 14:31
    https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/415324

    (この記事の続きを読む)

    昆虫食のプロ「ゴキブリを食べるなら清潔に飼育したものを食べろ。野生のゴキブリは不衛生」

    1: 名無しさん 2020/09/27(日) 11:55:08.28 ID:JqeMDacX0● BE:969416932-2BP(2000)
    7 (1)

    昆虫食。長野や山梨では蜂の子を食べるし、幼いころに田んぼで捕らえたイナゴを、佃煮にして食べた記憶のある人も多いだろう。

     最近では、食糧難を解決するスーパー食とも言われており、昆虫食の自販機が設置されたり、無印良品で「コオロギせんべい」がヒットしたり。ゲテモノ扱いと意識高い系、両者のあいだで、何だかよくわからないことになっている感も否めない。

     嫌いなもの・怖いものには、噂がつきまとう。昭和後期から平成にかけて、こんな都市伝説があった。あるテレビ番組で、少年がゴキブリを生で食べた。
    その後、腹の中でゴキブリが繁殖を始め、少年は胃を食い破られ、腹痛に苦しみながら死んでしまったというものだ。

     これを多くの人が信じ、恐怖した。ただでさえ嫌われ者のゴキブリである、噂は一気に広まった--。ここで、この話が本当なのか、事例をみてみよう。

     1971年から1982年まで日本テレビで放送されていた『TVジョッキー日曜大行進』。日曜の真っ昼間から生放送されていたこの番組は、PTAからガチ抗議が絶えない、すさまじい番組であった。令和の今なら、コンプライアンス違反で速攻打ち切り必至だ。

     なかでも「奇人・変人」コーナーは、テレビに出たい素人が全力で無茶をしており、ミミズを蕎麦のように食べたり、蛇の風呂に入ったり、体に針を突き刺したりとやりたい放題だった。そして、1976年に同コーナーに出演した少年が、実際にゴキブリを食べている。

     この少年は、1973年にも同じコーナーでゴキブリを唐揚げで食べており、3年でパワーアップして再登場、生食までいっちゃったのである。
    その後については『週刊実話』が追跡しており、東京の大学に入ったあとは、業界紙の記者になっているという。要するに、死んではいないのだ。

    「胃酸に負けずに生きていられるほど、ゴキブリは強くないですから。『核戦争でも死なないほどの生命力』なんて言われることもありますが、放射線照射実験ではほかの虫より先に死んだという記録もあります(笑)」

     そう語るのは、『スーパーフード!昆虫食最強ナビ』(タツミムック)著者のムシモアゼルギリコさん。さまざまな虫をたいらげてきた達人だ。死ぬことはないとはいえ、ゴキブリの生食は「絶対にしない」という。

    「ゴキブリは調理して食べますが、食材として使うのは、清潔に飼育したもの。何をエサとして食べているかわからない不衛生なゴキブリは、食べません。普通に雑菌の塊ですから、お腹は壊しますよね」(ムシモアゼルさん)

    (この記事の続きを読む)

    【食】えびせん?チョコの香り? 「昆虫食」に注目集まる 「おいしく高い栄養価」

    1: 名無しさん 2020/08/18(火) 17:03:28.28 ID:47B0rJRm9
    えびせん?チョコの香り? 「昆虫食」に注目集まる 「おいしく高い栄養価」

     「えびせんみたい」「チョコの香り?」-。将来の食料危機を救うかもしれない食材として「昆虫食」に注目が集まっている。高タンパク質で栄養価が高いが、問題は食べることへの抵抗感。「ゲテモノ食い」のブームで終わらせないために、さまざまな取り組みが各地で進む。(金 慶順)

     今夏、篠山東雲高校(兵庫県丹波篠山市福住)の教室に4種類の粉末が並べられた。生徒たちが恐る恐るにおいをかぐ。

     「コオロギ、カナブン、イナゴ、イモムシをすりつぶした粉です」

     東大阪大学短期大学部の実践食物学科長、松井欣也教授(62)がさらりと紹介した。「カナブンは近所で捕まえて、洗って乾かし、丸ごとつぶして粉にしました」。イモムシやコオロギ粉は市販の製品という。

     生徒はクッキー生地に薄茶色や緑がかった灰色の昆虫粉を混ぜ、オーブンで焼き上げた。いざ実食すると…。

     イモムシは「抹茶のクッキーみたい」、イナゴは「香ばしい」、カナブンとコオロギは「えびせんっぽい」。ただし「まずくはないが、進んで食べたくもない」と、微妙な感想も多かった。

     2年の男子生徒(16)は「見た目を変えると抵抗が少なくなった」という。

     本年度、専門授業の一つに初めて昆虫食を取り入れた同校。藤原直己教諭(28)が「生きている間に日本にも食料危機が訪れるかもしれない。そのときに昆虫食の体験を生かしてもらえたら」と企画した。

     講師として招かれた松井教授は管理栄養士。昆虫食の研究を始めたきっかけは東日本大震災だという。

     発生3カ月後、宮城県石巻市の避難所で栄養支援に当たり、深刻な栄養不足に直面した。「バランスの取れた災害食を作れないか」と探り、昆虫食にたどり着いた。

     昆虫はタンパク質やビタミン、鉄分などを多く含み、農作物のように肥料や水、土地も不要。ブタやウシから取れる精肉は全体重の5割以下だが、昆虫の可食部は8~10割だ。人類が数千年前から食べていた「伝統食」でもある。

     近年、全国で昆虫食を体験するイベントや教室が盛況といい、松井教授は「人口爆発や戦乱、災害による食料難を救う鍵になるかもしれない。先入観を捨て、まずは最初の一口を」と呼び掛ける。


    ※以下略、全文はソースからご覧ください。

    昆虫粉入りのクッキーを作る篠山東雲高校の生徒たち=丹波篠山市福住

    1

    コオロギの粉を使った「こおろぎだしパック」(バグモ提供)

    2

    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202008/0013613499.shtml
    2020/8/18 15:00神戸新聞NEXT

    (この記事の続きを読む)

    彡(°)(°)「ヒェッ…イナゴの佃煮やんけ…こんなん美味い訳ないやん…」ムシャ

    イナゴ

    1: 名無しさん 20/08/16(日)09:22:04 ID:QY0
    彡(^)(^)「んまぁーい!!」

    3: 名無しさん 20/08/16(日)09:23:06 ID:jAN
    イナゴがうまいんじゃなくて
    味付けがうまいんやろ

    6: 名無しさん 20/08/16(日)09:23:42 ID:QY0
    >>3
    ま、多少はね?

    4: 名無しさん 20/08/16(日)09:23:09 ID:78x
    しょっぱすぎる

    (この記事の続きを読む)

    イナゴ採って食べたい

    稲穂に乗ったイナゴ(正面) (1)

    1: 名無しさん 20/08/07(金)18:47:08 ID:qld
    あと1,2ヶ月したら時期やな

    2: 名無しさん 20/08/07(金)18:47:28 ID:0MS
    どこ住みや

    3: 名無しさん 20/08/07(金)18:47:39 ID:qld
    長野県

    4: 名無しさん 20/08/07(金)18:48:10 ID:cG8
    イナンゴ

    5: 名無しさん 20/08/07(金)18:48:53 ID:qld
    ワイエビの尻尾すきやからきっとイナゴもおいしい

    (この記事の続きを読む)

    アホ「昆虫食が未来をつくる」 バカ「うおおおコオロギせんべい食べよ!」

    コオロギ

    1: 名無しさん 20/07/17(金)16:55:20 ID:EUs
    ワイ賢者「甲殻類アレルギーが食べられないなら意味ないぞ」

    2: 名無しさん 20/07/17(金)16:56:00 ID:lnD
    当たり前のことでは...?

    4: 名無しさん 20/07/17(金)16:57:37 ID:BV8
    甲殻類アレルギーって昆虫全部ダメなんかな

    22: 名無しさん 20/07/17(金)17:02:05 ID:GXZ
    >>4
    甲殻類の殻と昆虫の殻とか羽は同じ成分やで
    よく海老の尻尾とゴキブリの羽は同じ成分って言うやん?

    38: 名無しさん 20/07/17(金)17:04:02 ID:GXZ
    >>31
    海老天エビフライやなくて
    サクラエビとかそのままパックンチョやろ

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top