登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク

    昆虫食

    国連「虫でも食ってろw」 2022年08月30日 08:00

    【画像】高級昆虫食が美味しそうだと話題に

    22460424_s

    1: 名無しさん 2022/08/29(月) 19:09:05.58 ID:80ZrDAPL0NIKU

    2: 名無しさん 2022/08/29(月) 19:09:11.46 ID:80ZrDAPL0NIKU
    おいしそう

    4: 名無しさん 2022/08/29(月) 19:09:37.49 ID:Wi04+QkS0NIKU
    せめて原型がなくなるよう粉々にすればええのに

    5: 名無しさん 2022/08/29(月) 19:09:52.55 ID:80ZrDAPL0NIKU
    >>4
    素材感味わえなくなるやろ

    11: 名無しさん 2022/08/29(月) 19:11:50.66 ID:s63VNXlw0NIKU
    >>4
    そういうのはもうあるで


    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    国連「虫でも食ってろw」

    1: 名無しさん 22/08/28(日) 23:31:39 ID:gAwQ
    KY7PWT4JSJN4XF2BZQ5BLJJLEE

    ロシアによるウクライナ侵攻を機に食料安全保障の強化が課題となる中、食用コオロギの生産を拡大する動きが広がってきた。栄養価の高いコオロギは肉の代替タンパク源として注目され、本格的な普及に向けて7月には生産のガイドラインもまとまった。食料不足を解決する切り札としてだけでなく、手軽に栄養を取得できる食品として宇宙食への利用も期待されるなど昆虫食市場拡大の機運が高まる。

    豊富なタンパク質も…安全性など課題

    コオロギは雑食で一年中飼育ができ、牛や豚などの家畜よりも少ないエサや水で豊富なタンパク質を作れる。エサは食品廃棄物などでも賄え、食品ロスや環境負荷の低減に貢献できる持続可能な食品とあって、2013年には国連食糧農業機関(FAO)が食料危機の解決に寄与するとして「昆虫食」を推奨した。

    https://www.sankei.com/article/20220828-RYXWEE5FJ5KCPASE4H2E3X4BZI/

    TQZ3DQ5US5KBDC4OAKCHPO5HRE

    (この記事の続きを読む)

    昆虫食youtuber「これはね~エビです」「食感がエビに似てる」「味はエビに近い」

    22105407_s

    1: 名無しさん 2022/08/11(木) 05:59:45.15 ID:FqzJcQNU0
    エビで草

    3: 名無しさん 2022/08/11(木) 06:00:08.33 ID:2STc8eNma
    エビデンス出せよ

    5: 名無しさん 2022/08/11(木) 06:01:21.19 ID:GCR0Wc3e0
    ほなエビ食うわ

    6: 名無しさん 2022/08/11(木) 06:01:34.18 ID:ew3nVxhz0
    つまりエビって虫の味ってコト?

    8: 名無しさん 2022/08/11(木) 06:02:23.48 ID:ew3nVxhz0
    あと昆虫食でよく聞くワードっていうとナッツ


    (この記事の続きを読む)

    浜松市の小学生、セミを食べさせられる (想像以上にセミ)

    1: 名無しさん 2022/08/09(火) 22:38:43.71 ID:M4qxynG90
    1

    静岡県浜松市で、自分たちで捕まえたあるものを食べる体験会が開かれました。
    近い未来に懸念されている食糧危機の救世主になるかもしれないその食べ物とは?

    8月7日、浜松市の中心部にある市民の憩いの場・浜松城公園に集まったのは、およそ40人の子どもたちです。
    手には虫取り網に、虫かご。公園の林に生息する、ある生き物を捕獲するというのです。それは…

    子どもたちが狙っているのはセミ。中でもメスのセミが、肉厚でおいしいというのです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0612fb7352592e94fce33278aec3deacd1742d10

    2
    3

    (この記事の続きを読む)

    【LCC】 機内食にコオロギ…ジップエアが国際4路線で提供

    1: 名無しさん 2022/07/11(月) 18:16:20.65 ID:G2bs2UiS9
    20220711-OYT1I50147-1

    2022/07/11 17:30

     成田空港を拠点とする日本航空(JAL)傘下の格安航空会社(LCC)「ジップエア トーキョー」が今月から、食用コオロギの粉末を使った機内食の予約の受け付けを始めた。
    昆虫食の機内食は国内初という。コオロギは栄養豊富で、飼育でかかる環境負荷が小さいとされる。ジップエアは環境に配慮した取り組みとしてPRしている。

     提供するメニューは、国産のフタホシコオロギの粉末をトマトソースに混ぜたスパゲティ「ペスカトーレ」と「トマトチリバーガー」の2種類(各1500円)。バーガーはバンズとパティにも練り込まれている。

    20220711-OYT1I50148-1

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20220711-OYT1T50243/

    (この記事の続きを読む)

    虫を食べる文化がある長野に昆虫食の自販機が登場!大人気で売り切れも

    1: 名無しさん 2022/06/16(木) 20:46:13.89 ID:W3oodIDE0● BE:844481327-PLT(13345)
    K10013674481_2206161350_0616142518_01_03

    昆虫を食べる文化がある長野県の高森町に、世界の食糧不足を解決する新たなたんぱく源として注目を集めている「昆虫食」の自動販売機が登場しました。

    「昆虫食」の自動販売機が設置されたのは、長野県高森町にあるグランピング施設です。

    コオロギやバッタに加え、カイコやタガメ、ゲンゴロウなどを素揚げしたり焼いたりした合わせて18種類の商品が、24時間販売されています。

    塩味のほかチョコレートで味付けされているものもあり、価格は1000円から2600円となっています。

    この自動販売機は新たなたんぱく源として注目されている昆虫を手軽に食べてもらおうと、インターネットのライブ配信などの活動をしている大澤麻実さんが(34)設置しました。

    大澤さんは先月、長野県阿智村にも昆虫食の自動販売機を設置し、売り切れになる昆虫もあったということです。

    大澤さんは「長野県にも昆虫食の文化があるので、自動販売機を通じて広めていきたいです。チョコレートなどの変わった味のものもあるので、子どもや女性にも気軽に楽しんでいただきたい」と話していました。

    この自動販売機では今後、長野県産のイナゴなども販売される予定です。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220616/k10013674481000.html
    (この記事の続きを読む)

    【食糧危機】「昆虫食」が日本でも普及するための課題とは

    1: 名無しさん 2022/06/16(木) 21:59:40.51 ID:fqnAxOIm9
    img_036a2441857dd9d06feb05863524408f1352665

    ★世界が注目している「昆虫食」が日本でも普及するための課題とは?

    世界人口の増大で近い将来に予測される食糧危機に対処するため、FAO(国連食糧農業機関)は2013年に「食用昆虫:食品と飼料の安全性の将来の見通し」と題するレポートを発表。昆虫食が従来の家畜や飼料の代替となりうること、地球環境と健康・生活に有益であることを知らしめました。

    それ以来、「フードテック」「アグリテック」が世界的に注目され、欧米ではすでに食用昆虫の“大量生産”も一部で始まっています。それでは、日本の現状はどうなのか? 昆虫食および昆虫系市場の現在と今後の課題について、6月23・24日に開催される「昆虫イノベーションセミナー」で司会を務める東京農業大学教授の佐々木豊氏にお聞きしました。

    ■みんな知らないうちに年間500gも虫を食べている!?

    「世界の各地域で、昆虫を食べる文化はもともとありました。日本でも、群馬県・長野県・岐阜県・宮崎県といった一部の地域では、いまも昆虫が食用されているそうです。イナゴの佃煮は道の駅などで売られていますし、長野県のざざ虫は最近もニュースになっていましたね」

    長野県では、ざざ虫のほかに蚕(カイコ)も食用されているそうだ。養蚕によって作られる絹糸は明治期に外貨獲得産業に位置付けられ、日本を近代化させる礎となった。絹をとったあとの蛹(さなぎ)は熱で死んでいるが、明治時代当時は鶏や鯉、鮒の餌として利用され、現在でも食品スーパーでは蛹の佃煮が売られている。

    「家畜化昆虫といって、人間が手をかけないと生きられない虫がいるのですが、蚕はその一つです。産業動物ならぬ産業昆虫として、日本の近代化に貢献した点も含めて、蚕は日本の昆虫食文化において重要なポジションを占めていました」(佐々木教授)

    世界に目を向けると、更にさまざまな昆虫が食用されている。タイのタガメ、中国のスジアカクマゼミ、オーストラリアのミツツボアリなど。ミツツボアリは名前の通り、体内(お腹)に花の蜜を溜める習性のある蟻で、漫画『美味しんぼ』ではデザートとして登場したこともあるそうだ。
    アボリジニーの人々にとっては、現代の私たちが言うところの“スイーツ”なのだろう。

    「そもそも、地球上の全ての人たちは、知らないあいだに昆虫を年間500g食べているそうです。
    食品の着色料やコーティング剤として使われているとのこと。あと、これは私もつい1年半前に知ったのですが、蚕沙(さんさ、さんしゃ)と呼ばれるカイコの幼虫が食べ残した桑葉と蚕糞の混じったものは、抹茶アイスの着色に使われているものもあるそうですよ」(佐々木教授)

    抹茶味はアイスのなかでも人気の味だが、もしかして自分が好きな商品にも使われているのか。
    「それは成分を調べてみないと……」と佐々木教授はいたって冷静だった。

    (抜粋)
    https://news.nifty.com/article/domestic/society/12301-1693344/

    (この記事の続きを読む)

    【昆虫食】トノサマバッタを食用に…ケーキ材料卸業と弘前大が養殖研究「さほどハードル高くない」

    1: 名無しさん 2022/06/04(土) 13:30:15.34 ID:hSRqZmZt9
    m_20220603-567-OYT1T50103

    >>2022
    /06/03 13:00

     弘前大は2日、気候変動や人口増に伴う食料危機に備え、「食用トノサマバッタ」を養殖する研究を始めたと発表した。研究期間は2年間。

     先進的なものづくりに取り組む事業者らに青森県が補助する2022年度の事業に、パン、ケーキ材料卸業「元木商店」(青森市)の「トノサマバッタの養殖事業」が採択された。弘大は20年から昆虫食専門企業「TAKEO」(東京)とトノサマバッタ生産技術の研究を進めており、今回、元木商店から協力要請を受け、共同で食用トノサマバッタの大量養殖や食品への応用について研究することになった。

     昆虫食は、家畜のように飼育の過程で温室効果ガスを排出することがほとんどない上、高い栄養価があり、近年、注目を集めている。弘大と元木商店はまず、トノサマバッタを寒冷地である県内で養殖可能かどうか調べる。

    続きは↓
    読売新聞オンライン: トノサマバッタを食用に…ケーキ材料卸業と弘前大が養殖研究「さほどハードル高くない」.
    https://www.yomiuri.co.jp/science/20220603-OYT1T50103/

    (この記事の続きを読む)

    【画像】ワイ、初めて昆虫食を味わう

    22376495_s

    1: 名無しさん 22/05/28(土) 22:12:33 ID:WrV1
    1

    ちなみにコオロギ

    2: 名無しさん 22/05/28(土) 22:12:51 ID:UoSh
    ええやん

    4: 名無しさん 22/05/28(土) 22:13:34 ID:lX2C
    大丈夫なやつなんか

    7: 名無しさん 22/05/28(土) 22:13:51 ID:WrV1
    昨日食ったやつなんだけどな、桜えびみたいだったわ
    見た目以外は全然イける

    8: 名無しさん 22/05/28(土) 22:13:51 ID:j94E
    海老の味するんやっけ

    9: 名無しさん 22/05/28(土) 22:14:35 ID:oGFT
    節分の豆の味


    (この記事の続きを読む)

    「オレ、今、食べてる」小泉進次郎が昆虫食

    1: 名無しさん 2022/05/25(水) 08:35:16.33 ID:AR0eFA6x0● BE:844481327-PLT(13345)
    9

    「オレ、今、食べてる」 小泉進次郎氏も関心 議員会館で昆虫食

    「次世代のスーパーフード」として近年注目が集まっている昆虫食。気候変動などの環境問題やウクライナ情勢などを受けた食料不足への懸念が高まる中、近畿地方に住む22歳の現役学生は昆虫食を手に上京した。小泉進次郎議員ら国会議員に食べてもらい、普及に協力してもらいたいとの考えからだ。小泉氏の反応は。そして学生の思いとは――。

    5月20日、東京・千代田区の衆院第1議員会館の一室。小泉氏は目の前に差し出されたカイコのサナギを口にした。満面の笑みを浮かべながらつぶやいたその感想は「オレ、今、食べてるって感じ」。どうやら口の中のカイコのコロリとした存在感をしっかりと感じたようだ。

     このカイコを差し出したのは、奈良市にある近畿大大学院・農学研究科の現役学生で、昆虫食の普及活動を行う清水和輝さん(22)らだ。環境問題や食料問題の一つの解決策として期待される昆虫食をもっと広めたいと、環境相や自民党の農林部会長を歴任した小泉氏に協力を求めるため上京。小泉氏が声をかけた国会議員5人も同席し、その場は昆虫食の試食会となった。

    https://mainichi.jp/articles/20220523/k00/00m/020/174000c

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top