登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 昆虫食

    昆虫食

    熊本にあった虫自販機ww 2018年12月21日 14:00

    昆虫食の何がいけないかと考えてたんだけど

    elegance-thika-437925-unsplash

    昆虫食の何がいけないかと考えてたんだけど

    1: 名無しさん 2019/01/21(月)07:43:59 ID:wft
    何を見ても元の姿のまま食べさせようとする所だね

    2: 名無しさん 2019/01/21(月)07:46:21 ID:wft
    せめて元の形が分からないように調理しなさいよ

    7: 名無しさん 2019/01/21(月)08:01:40 ID:aXb
    ゆうほど美味い虫って居るのかな(´・ω・`)。

    10: 名無しさん 2019/01/21(月)08:08:59 ID:L9Z
    >>7
    イナゴ乾燥したの食ってみればいい
    海老と変わらない それにごはんですよをつけて食うとうまい!
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【徳島】コオロギの粉末入りパン缶詰め販売開始! 1缶600円

    1: 名無しさん 2019/01/31(木) 07:47:50.24 ID:aOBbwyD39
    4

    コオロギの粉末入りパン販売
    01月31日 07時28分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20190131/8020003949.html

    深刻な食糧問題を解決する手段として昆虫を食材として活用することが注目される中、徳島大学の研究を基にコオロギの粉末を原料に使ったパンの販売が始まりました。

    徳島大学生物資源産業学部の三戸太郎准教授らのグループは、「フタホシコオロギ」という大型コオロギを食用として活用するため、飼育方法の研究を行っています。

    このグループと連携して商品開発を行っている鳴門市の企業がこのほど、コオロギの粉末を使ったパンの缶詰の販売を始めました。

    この缶詰には、30匹分にあたるコオロギの粉末3グラムを生地に加えたパンが2つ入っていて、食べやすいようにチョコレート味に仕上げています。

    価格は600円で、教育機関などへの販売を見込んでいるということです。


    6年前、国連の機関が、昆虫は家畜よりも必要となる餌の量が少ないうえに、栄養価が高いことから新たな栄養源として検討すべきだとする報告書を公表し、昆虫への注目が集まっています。

    パンを販売する大学シーズ研究所の岡部慎司社長は「コオロギはフリーズドライで、味があまり感じられないようになっています。日本でも食品ロスの問題が深刻となる中、食に対する意識を改革する手段になってほしいです」と話していました。

    【徳島】コオロギの粉末入りパン缶詰め販売開始    1缶600円

    (この記事の続きを読む)

    シャコとかカニって陸地走る生き物なら誰も食わねえよな、虫じゃん、あれ

    威嚇する蟹

    シャコとかカニって陸地走る生き物なら誰も食わねえよな、虫じゃん、あれ

    5: 名無しさん 2019/01/22(火) 18:03:11.33 ID:1//em6iQ0
    逆の理論だとセミとかカブトムシ
    海の生き物だったら食べるのかな

    41: 名無しさん 2019/01/22(火) 18:18:21.90 ID:YzK+0zMV0
    >>5
    食べるでしょ、クワガタなんてパキッてちゅーだろ

    6: 名無しさん 2019/01/22(火) 18:03:45.45 ID:R603VgE40
    食べる蟹でいえば沢蟹とか走り回ってるんじゃね?

    7: 名無しさん 2019/01/22(火) 18:03:51.76 ID:/eZlEt/20
    タラバカニはクモだっけ?
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【社会課題】コオロギで食料問題を解決 千葉科学大学が地元企業と養殖開発事業

    1: 名無しさん 2019/01/04(金) 17:12:40.78 ID:CAP_USER
    コオロギ

     千葉科学大学(千葉県銚子市)は、2018年12月20日、「世界的食料危機を救う、グローバル食料増産プロジェクト―未来のタンパク源としての昆虫類の養殖技術及び有効利用に関する研究(コオロギの養殖開発事業)」をテーマに、銚子市の資源再生会社、ガラスリソーシング株式会社と共同プロジェクトの契約を行った。

     本プロジェクトは、産学連携のもと1年後をめどに食用コオロギの養殖技術の完成を目指し、安全性などを検証しながら養殖魚や家畜のエサとして実用化させる計画。ガラスリソ―シング社は共同プロジェクトに研究費1,000万円を充て、昆虫を粉体加工する技術などに、自社ノウハウを応用する。

     世界の人口がこのまま増え続けると、将来的に深刻な食糧不足が予測される。タンパク源としてあまり利用されていない昆虫を手始めに、新たな代替食料の開発で食糧問題の解決に貢献を目指す。

     調印式でガラスリソ―シング社の伊藤憲一会長は、「千葉科学大学との連携で銚子発の新技術を開発し、地域活性化にも結びつけたい」と話した。

    参考:【千葉科学大学】千葉科学大学 昆虫で世界の食料危機救え 資源再生会社と共同プロジェクト契約/まずコオロギ養殖技術を確立し、魚や家畜のエサとして実用化へ
    http://www.news2u.net/releases/164035

    https://univ-journal.jp/24245/

    【社会課題】コオロギで食料問題を解決 千葉科学大学が地元企業と養殖開発事業

    (この記事の続きを読む)

    国連「将来の食料危機に備えて日本人はもっと昆虫食え」

    jacek-dylag-524362-unsplash

    国連「将来の食料危機に備えて日本人はもっと昆虫食え」

    1: 名無しさん 2018/12/23(日) 07:10:30.86 ID:9r2FiZs70
    国連昆虫委員会によるとカメムシ、ミルワーム、ハチ、コオロギ、芋虫が美味でタンパク質豊富との事

    4: 名無しさん 2018/12/23(日) 07:11:22.97 ID:SBO23qooa
    こんな散々食料捨ててる日本なら百年先でも大丈夫

    32: 名無しさん 2018/12/23(日) 07:17:23.36 ID:0YjMItmf0
    >>4
    食料自給率滅茶苦茶低いのに他人事やないやろ
    米しか食えなくなるぞ

    48: 名無しさん 2018/12/23(日) 07:20:02.87 ID:dOPNutdd0
    >>32
    カロリーベースの食料自給率だろそれ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    熊本にあった虫自販機ww

    gouthaman-raveendran-41794-unsplash

    熊本にあった虫自販機ww

    1: 名無しさん 2018/12/19(水) 00:26:36.805 ID:awlF7s1Tr
    1
    2
    3
    4
    5
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【熊本】昆虫食 はじめました 「世界初・昆虫食専門自動販売機」 バッタ、カブトムシ、コオロギ、芋虫

    1: 名無しさん 2018/12/10(月) 21:42:03.29 ID:CAP_USER9
    1

    昆虫食 はじめました
    2018年12月10日 15時42分

    「2XXX年、気候変動により、牛や豚など地表の大半の家畜が死滅、海洋汚染も広がる中、人類は新たな食糧を求めて未知の領域へ足を踏み出していく…」 SF小説のような話ですが、そんな時代の到来を予感させる「あるもの」が九州に登場しました。(熊本局記者 杉本宙矢)

    昆虫食専門自販機とは

    熊本市にある昔ながらの商店街、その一角に設置された「世界初・昆虫食専門自動販売機」。仰々しい横断幕とともに、ハチやテントウ虫のデザインがあしらわれた真っ白い大きなボックスは、商店街の玄関口にあって異彩を放っています。

    売られているのは、素揚げされたバッタやカブトムシ、それに、コオロギのプロテインバーや芋虫のチョコレート。値段は600円から1000円となっています。

    近くの学校の通学路に面し、買い物客や学生たちがその存在に気づくと、足を止め、おそるおそる近づいてきます。

    「通るたびに気になっていました。間近で見ると気持ち悪いので、自分では食べようと思いませんが…」

    どうにも無視できない存在のようです。

    誰が何のために

    いったい、どんな昆虫マニアが設置したのか。気になって、所有者の店舗を訪ねました。店内にはおしゃれでかわいらしい風船が並びます。自動販売機を設置したのは、バルーンショップの店主、友田敏之さんでした。
    (リンク先に続きあり)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181210/k10011741321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_048

    2
    3

    友田敏之さん

    4

    【��】昆虫食 はじめました  「世界初・昆虫食専門自動販売機」 バッタ、カブトムシ、コオロギ、芋虫  熊本

    (この記事の続きを読む)

    昆虫を主食にせざるを得ない食料事情になったらどうする?

    joshua-hoehne-666188-unsplash

    昆虫を主食にせざるを得ない食料事情になったらどうする?

    1: 名無しさん 2018/11/30(金) 21:51:16.03 ID:VPQWr3KtM
    死んだ方がマシやろ

    3: 名無しさん 2018/11/30(金) 21:51:58.41 ID:vH2u6xp+M
    ミキサーにかけるか粉末上にするかしたいわ

    4: 名無しさん 2018/11/30(金) 21:52:19.34 ID:/7em3cMl0
    元々霊長類は虫食ってたから

    6: 名無しさん 2018/11/30(金) 21:52:20.89 ID:duLCrGdl0
    昆虫のがコスパ悪そう
    普通にcompとかソイレント飲むわ

    7: 名無しさん 2018/11/30(金) 21:52:47.54 ID:+flr8Wco0
    昆虫とわからないように加工されます
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    「チョコバッタ」いかが? 昆虫食自販機、売れ行き好調「パリパリした食感で意外とおいしかった。羽と脚を食べている感覚はあった」

    1: 名無しさん 2018/11/10(土) 14:09:39.31 ID:CAP_USER9
    8

    チョコでくるんだバッタなど食用に加工した昆虫だけを集めた自動販売機が、熊本市中央区に登場した。宣伝効果を期待したものだが、意外にも売れ行きは好調という。

     自販機にはテントウムシやハチの絵がプリントされ、上部には「昆虫食をはじめました」のプレート。商品は缶詰の「チョコバッタ」やボトル入りの「コオロギプロテインバー」など8種類で、各600~1000円。恐る恐るチョコバッタにトライした派遣社員の女性(43)は「パリパリした食感で意外とおいしかった。羽と脚を食べている感覚はあった」と興奮気味。

    バルーンショップを経営する友田敏之さん(34)が店頭に設置した。宣伝に人目を引くものをと考えていた時、タイで勤務する友人から土産に乾燥バッタをもらった。「自販機に昆虫が入っていたら純粋に面白いと思った。せっかく費用を掛けるならエッジの利いたものを」と考え、1日から販売を開始。1週間で80個以上、約8万円を売り上げた。売り切れになった商品もある。

     チョコバッタはタイからの輸入品だが、コオロギバーは日本製。製造販売する京都市の会社の担当者は「植物園などでの設置例はあるが、店頭は世界的にも珍しいのでは」と話す。友田さんは「日本は飽食の国。世界の食糧危機を考えるきっかけにもなれば」と真剣に話している。

    9

    https://www.jiji.com/sp/article?k=2018111000185&g=soc

    「チョコバッタ」いかが?昆虫食自販機、売れ行き好調「パリパリした食感で意外とおいしかった。羽と脚を食べている感覚はあった」

    (この記事の続きを読む)

    【長野】珍味「ざざ虫」 遺伝子解析の結果、インドや南米つながっていた「ゴンドワナ大陸」起源か 「信州なじみの郷土食材のルーツ」

    1: 名無しさん 2018/08/23(木) 01:15:49.90 ID:CAP_USER9
    上伊那地方の天竜川で行われ、冬の風物詩として知られる「ざざ虫漁」
     
    1

     幼虫が伊那谷の珍味として知られる「ざざ虫」の代表種「ヒゲナガカワトビケラ」の起源は、数億年前に南極とアフリカ、南米、インド、オーストラリアがつながっていた「ゴンドワナ大陸」の可能性があることが、信州大大学院出身の斎藤梨絵・福島県環境創造センター研究員(29)らの研究で分かった。研究を指導した信大の東城幸治教授(47)=進化生物学=は「信州なじみの郷土食材のルーツが解明されていけば興味深い」としている。

     東城教授の研究室では2010年、ヒゲナガカワトビケラの新種「ヤマヒゲナガカワトビケラ」を千曲川上流の南佐久郡川上村などで発見。遺伝子解析の結果、約440万年前にヒゲナガカワトビケラと種が分化したより古い系統と分かり、アジアの近縁種を調べる研究を始めた。

     研究は、信大大学院で東城教授の指導を受けた斎藤研究員が中心となり、形態分類学を専門とする千葉県立中央博物館や、埼玉大の研究者らと共同で実施した。

     ヒゲナガカワトビケラは日本の各地に生息しているが、斎藤研究員らは、沖縄や台湾、ミャンマー、タイなどアジア各地の近縁種について遺伝子解析。遺伝子の塩基の配列を比べた結果、日本より朝鮮半島に生息する種が古く、さらに東南アジアの種がより原始的であると分かった。また西のインドにも同種が生息しており、アジアでは、インドから北東に向かって分布域を広げながら、多くの種に分化した可能性が高くなった。

     一方、ヒゲナガカワトビケラ類は、アフリカ大陸や南米チリ、オーストラリア東海岸にも近縁種がおり、アジアとアフリカ大陸の種は特に形が似ていた。このため、ヒゲナガカワトビケラ類が大陸を越えて分布しているのは、アフリカとインドが分かれる前のゴンドワナ大陸が起源だと考えると合理的な説明が付くという。

     東城教授らは今後、チリやオーストラリアの近縁種についても遺伝子解析し、「ゴンドワナ大陸起源説」を裏付けたい考えだ。

     今回の研究結果をまとめた論文は7月、米国の淡水生物学の専門誌に掲載された。9月1日には松本市の信大理学部を会場に開く信州昆虫学会で、市民に紹介される。

    信濃毎日新聞 8月22日
    https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180822/KT180818FTI090014000.php

    【長野】珍味「ざざ虫」 遺伝子解析の結果、インドや南米つながっていた「ゴンドワナ大陸」起源か 「信州なじみの郷土食材のルーツ」

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top