登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 怪我・トレーニング

    怪我・トレーニング

    スポーツジムをすぐ辞める人が改善すべき3つの特徴

    1: 名無しさん 2019/12/01(日) 04:49:47.79 ID:UBPkpgfJ9
    トレーニングする男性

    寒い時期になると、新忘年会など暴飲暴食の機会が増えてしまい体型が気になる人も多いでしょう。
    実際にスポーツジムは身体を露出する夏前と年末年始の前後は入会率が高いです。

    しかし、スポーツジは、流行りやヤル気が大きく左右するコンテンツでもあり、入会が増えると退会も増えてしまう業界でもあります。
    なるべく長く続けて良い身体をキープしていただくために、今回、すぐに「ジムを辞めちゃう人の特徴」をご紹介します。

    ① 遠くのジムに通おうとする

    某マンツーマンパーソナルトレーニングジムの流行をきっかけにスポーツジムの業態は様々となりました。
    ボクササイズ専門や暗闇バイクレッスン専用など多種多様であり、どのジムもセンセーショナルな内容ばかりです。

    しかし、どのジムもその場所へ実際に通わなければなりません。
    そこで大切になるのが立地です。

    WEBアンケート調査を行う「インターワイヤード株式会社」が2012年に調査したデータによると、スポーツジムに通う人の入会理由、決め手で最も多かったのが「通いやすい場所にある」でした。
    また、利用しなくなった人の理由も、もっとも多いのが「時間が合わなかった・時間がなかった」で5番目には「通いづらい場所だった」と出ています。

    情報コンテンツとは違い、実際に出向いて自分の体を動かさなければならないジムワークにとって生活リズムの中で通いやすい場所にある必要性はとても重要です。

    ② ルーティンが確立しない

    期間限定で予約制のパーソナルトレーニングジムが流行した現在ですが、それでも主流は月額定額制システムです。
    最近では24時間タイプが多くなり、以前よりも幅広い時間に利用することが可能になりました。
    しかし、この手軽さが落とし穴になる事もあります。

    「いつでもいける」という感情は「いつでもいいや」という感情に陥りやすく、かえって熱意が冷めてしまいやすい傾向にあります。
    時間に制限があるのに月額1万円代が当たり前だった一昔前に比べると、24時間使えて財布に優しいジムが増えたのにも関わらず、私たちのメンタルの弱さが仇となってしまうパターンも少なくありません。

    ③ 目的が明確にならない

    運動するという大前提はありながらも、トレーニングへと目的が具体的にならないパターンも多いです。
    「夏までやせる」とは言ったものの、どこをゴールにするかを具体的にせずに始めてしまうと、突き進むどころか初めから気持ちが進まずにやめてしまう人が多くみられます。
    本来ならば、「◯か月で◯kg減!」や「◯月までにウエスト◯cmダウン!」など数字という絶対的なゴールを決めるべきですが、これを無視してはじめてしまう人が多く、進む方向が無いことに甘えてしまい足が遠のく人が多いです。

    私がスポーツジムに勤めてきた中で感じてきた「ジムを辞めちゃう人の特徴」をご紹介してきました。
    恐らくこれを読んだ人のほとんどが驚きが少ないと思いますが、こんな簡単な事が続かない理由、頑張れない理由になりますし、これと真逆の事をするだけでもスポーツジムに通う習慣が身につきます。
    これから始める人、もう一度チャレンジしたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191130-00237790-bizspa-life

    (この記事の続きを読む)

    自転車乗ってると登山には役に立ってます?

    ハイカー

    198: 名無しさん 2019/07/03(水) 07:37:10.86 ID:/p6QjhN5
    休みの日には大体自転車50kmとウォーキング5km
    ジョギングは捻挫こじらせてからやってない

    230: 名無しさん 2019/07/04(木) 02:00:55.83 ID:A72Xa45c
    >>198
    自転車50kmって…車じゃないんだから。そんなこげます?

    オレは栗城さんを見習って無呼吸登山を心掛けてる。
    出来るだけ呼吸止めて呼吸しないで低山登山する。すごいキツいよ。効果ありそう。1度失神したけど。

    232: 名無しさん 2019/07/04(木) 08:27:32.69 ID:XV8OMrcL
    自転車50はやってるもんからしたらウォーミングアップと言うと言い過ぎだがちょっとぶらっとに近い

    (この記事の続きを読む)

    トレして以前よりましになったと思ってたら急登になったとたん、息はあがるわ 足に来るわで・・・

    崖の上の登山者

    527: 名無しさん 2019/05/05(日) 21:54:08.89 ID:jpfoaZEa
    トレして以前よりましになったと思ってたら
    急登になったとたん、息はあがるわ 足に来るわで・・・

    その横をジーパン履いたおじさんがひょいひょい登っていく
    根本的に基礎体力が違うのかね・・・

    529: 名無しさん 2019/05/05(日) 22:37:44.81 ID:JVnuhO+c
    >>527
    だからペース配分だってば

    530: 名無しさん 2019/05/05(日) 22:55:09.20 ID:jpfoaZEa
    あるレベルの急登になるとダメみたい
    当然角度に合わせてゆっくり登ってるんだけど

    確かに今日は初のソロでいつもよりハイペースってのはあったが・・・

    (この記事の続きを読む)

    自転車に乗ることで登山の登りと下り、どちらの筋力、持久力がつくんでしょうか?

    登山者

    367: 名無しさん 2019/04/24(水) 18:44:33.18 ID:VV4g+0/6
    自転車に乗ることで登山の登りと下り、どちらの筋力、持久力がつくんでしょうか?

    371: 名無しさん 2019/04/24(水) 19:52:20.08 ID:Z2l+Lf9s
    >>367
    下りに必要な筋肉はまったくつかない。

    373: 名無しさん 2019/04/24(水) 20:09:20.94 ID:syoh0up4
    >>367
    大腿四頭筋のコンセントリック運動がメインだから、登りはましになるけど、別の方のレス通り下にはそんなに役立たない。

    そもそも自転車は楽して移動するために作られたものだし。

    (この記事の続きを読む)

    ランニングサイト見ていたら、初心者は無理をせずまず5kmから走ってみましょう、と有ったけど走ってみたら1.5km位でヒーハーヒーハー言ってた。

    登山者

    295: 名無しさん 2019/04/17(水) 22:14:37.31 ID:sazbivuo
    ランニングサイト見ていたら、初心者は無理をせずまず5kmから走ってみましょう、と有ったけど走ってみたら1.5km位でヒーハーヒーハー言ってた。

    ウォーキングからにしました。

    297: 名無しさん 2019/04/18(木) 09:09:53.96 ID:AWlVW3Ya
    >>295
    ちんたら5km走れるペースから始めればいいじゃないか

    304: 名無しさん 2019/04/18(木) 21:07:26.63 ID:Z6ZwzD0e
    >>297
    なるほど。ペース速すぎたかな?
    アプリ使ってるから1キロ当たりの速度を見ると12分とある。

    ゆっくりのつもりだったけど1.5kmで心肺は限界だったしふくらはぎ、太もも、足の裏は激痛でした。

    今日は全身筋肉痛で死ぬかと思った。

    (この記事の続きを読む)

    ウォーキングで1時間歩けたら1000m位の山なら普通に登れますか?

    登山者

    965: 名無しさん 2019/03/24(日) 19:46:17.07 ID:aa+sUJg5
    ウォーキングで1時間歩けたら1000m位の山なら普通に登れますか?

    966: 名無しさん 2019/03/24(日) 19:58:40.48 ID:5me+M4aB
    >>965
    ウォーキングで1時間じゃ6、7キロだと思うけど、標高差で1000m上り、また下りするなら全然足りないと思う。

    個人的な感覚だけど連続で50キロくらいウォーキングできたほうが無難。

    968: 名無しさん 2019/03/24(日) 20:14:59.27 ID:CZiIFtis
    >>965
    標高1000メートルの山を海抜どのくらいの登山口から登るのかわからんけど
    三角関数わかってるなら1000メートルの登ると累計どのくらい坂道を歩くかくらいは分かると思うけどな

    1時間なら、高尾山(599m)登り80分下り70分の半分以下の運動量
    平地1時間と坂道1時間とじゃ足の負担が全く違う

    (この記事の続きを読む)

    ながらバイク漕ぎが登山時の有酸素強化という目的にかなってるかどうか。

    山ガール

    695: 名無しさん 2019/03/15(金) 01:15:04.78 ID:lUFaMexq
    自転車が良いと言うから安いクロスバイク買って乗り始めた。
    10年ぶりくらいで乗ったせいなのか30分位で太ももがパンパンになったしすげー疲れた。

    距離にして10km程度しか乗れてない。
    みんなこんなキツいことやってんの?

    子供の頃はずっと乗ってられるような感じだったのにこんなにも退化してることにも驚いた。
    足がパンパンになるのはなぜなんだろ。学生時代はこんな事無かったのにショックだ。

    696: 名無しさん 2019/03/15(金) 01:22:06.05 ID:/FcF4Fcp
    >>695
    すぐ慣れそう。
    俺もクロスバイク欲しいわ。

    702: 名無しさん 2019/03/15(金) 09:08:53.21 ID:tzWzokFi
    >>695
    それは頑張って乗ってるからだよ
    学生の頃はトレーニングだなんて意識ゼロでダラダラ乗ってただろ?
    急いでいる時も疲れたら少しペース落としたりして無意識に調整してたはず

    トレーニングだと思うとスピードメーターとにらめっこひながらスピードを維持しようとしたり、ケイデンスを保とうとしたりして簡単に限界を超えてしまう
    メーター類全部外して自分のペースで走った方が続けられるよ

    (この記事の続きを読む)

    【富士登山】膝が不安な人はどうしてますか?

    富士山

    317: 名無しさん 2019/07/15(月) 17:50:28.85 ID:h6RHWH0I0
    膝が不安な人は登るときどうしてますか?
    去年はキネシオテープで膝固定していたけど、1日半つけっぱなしだったので、皮膚がふやけて、掻いたら皮膚が剥け、跡が残っちゃった。

    今年、登山練習を兼ねたランニングの時は膝周りのだけのサポータで膝痛を防いでいるけど、1時間程度でもかなり皮膚に食い込みが発生するんですよねー。

    下半身覆うコンプレッションタイツだと、高山病を誘発するという話もあるので、まだ富士山では試したことないです。

    皆さんの経験談があれば教えてください。

    319: 名無しさん 2019/07/15(月) 18:11:25.83 ID:tKcr+JyHM
    >>317
    登りより下りの方が膝へのダメージ大きいですよ。
    サポーターに頼るのもアリですが、なるべく膝への負担が掛からない様にドスドスと下ったりしない歩き方をしてみると良いかも。
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    山ガールだけど山で怪我したから相談

    登山者

    1: 名無しさん 2019/07/30(火) 15:11:22.332 ID:Ezj5MmjL0
    足が滑って手を着いたんだけど
    たまたまそこに鉄の支柱?みたいなのがあって血が一杯出て病院で縫ってもらう羽目になった
    これって行政に治療費とか請求できる?

    6: 名無しさん 2019/07/30(火) 15:14:10.981 ID:bM3hXxX60
    その鉄柱は行政の管理だって分かってるのはなんで?

    9: 名無しさん 2019/07/30(火) 15:15:02.925 ID:Ezj5MmjL0
    >>6
    その登山道自体は行政が管理してるんだから
    そこに危険なものがあれば行政の責任じゃないの?

    7: 名無しさん 2019/07/30(火) 15:14:23.873 ID:Ezj5MmjL0
    登山道の整備上の問題だと思うんだけど
    どうなのかな
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    「プランク」で登山中にフォームを崩さず歩ける持久力をつける!

    プランク

    近年、アメリカなどで話題の「プランク」というエクササイズ、登山の持久力アップにも有効とのこと。簡単・気軽にできるので、早速、自宅に帰ったら始めてみますか!
    yamakei-online.com/yama-ya/detail…
    長時間の運動となる登山には、持久力は不可欠だ。「持久力」とひとくちに言っても、さまざまな持久力がある。今回は、フォームを崩さず歩ける持久力をつけるために、「プランク」というエクササイズを紹介する。

     

    プランクは、体幹(胸郭・脊柱・骨盤)を支える筋肉群を強化させる代表的なエクササイズです。体幹のトレーニングはバランス力を向上させるだけではなく、「長時間の山歩きが苦手で、すぐに疲れてしまう」といった持久力が不足している人にもおすすめです。

    一言で持久力といっても様々な要素があり、アプローチも異なります。今回は持久力について少し説明しておきましょう。

    https://www.yamakei-online.com/yama-ya/detail.php?id=750



    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top