登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > ニュース

    ニュース

    小島聖、15年に再婚&昨年出産していた!2歳下写真家と登山が縁で

    1: 名無しさん 2018/07/20(金) 04:54:35.63 ID:CAP_USER9
    2018.7.20 04:00
    小島聖、15年に再婚&昨年出産していた!2歳下写真家と登山が縁で

     女優、小島聖(42)が再婚し、ママになっていたことが19日、分かった。複数の関係者によると、相手は40歳の写真家で、趣味の登山などで意気投合し、2015年にゴールイン。昨年、子宝に恵まれた。大好きな山が引き合わせた縁を大切に、親子3人で登山する日を夢見ている。

     近年は登山家としても活動する小島が、幸せの頂上に到達していた。

     複数の関係者の話を総合すると、夫は世界の風景を撮り続ける有名な写真家。登山を通じて知り合い、世界の山を回るうちに互いの信頼関係が愛情に変わり、2015年に婚姻届を提出。昨年、子供を出産したという。

     小島といえば、18歳だった1994年、映画「NIGHT HEAD」で共演した豊川悦司(56)との熱愛で話題に。結婚目前とも言われたが、97年に破局が報じられた。

     2000年にはアパレルブランド「ソフ」の創設者でデザイナー、清水浩文氏と結婚したが、すれ違いなどを理由に13年6月頃に離婚。2人の間に子供はいなかった。

     仕事ではトヨエツとの破局後、99年の映画「完全なる飼育」でヌードを披露するなど演技派へと脱皮。模索しながら仕事を続ける中、30代で山と出会った。自身の名前の由来となった南アルプスの聖岳に登ったことがきっかけ。ネパールやスイスなど海外の山にも挑戦。一時は山が恋人だったが、それよりも大切な夫を見つけた。

     これまで再婚をオープンにしてこなかったが、昨年、待望のママになり、発売中の初エッセー「野生のベリージャム」で妊娠、出産に触れるなど近況を明かしている。10月4日から東京・新国立劇場で上演される舞台「誤解」(同21日まで)に出演。女優、妻、母として充実している。

     小島の所属事務所はサンケイスポーツの取材に「プライベートは本人に任せています」と否定しなかった。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    写真家と再婚し、ママになっていた小島。女優としても輝きを増しそうだ

    6

    http://www.sanspo.com/geino/news/20180720/mrg18072004000001-n1.html

    【芸能】小島聖、15年に再婚&昨年出産していた!2歳下写真家と登山が縁で

    (この記事の続きを読む)

    【魔の山】マッターホルンを登山中の67歳日本人男性が死亡。スイス

    1: 名無しさん 2018/07/20(金) 05:24:35.98 ID:CAP_USER9
    1

    アルプス山脈の1つ、スイスのマッターホルンを登山していた日本人の67歳の男性が死亡しました。

    スイスの警察によりますと、今月14日、マッターホルンの標高およそ4100メートルの尾根で、登山者の男性が倒れているのを通りがかったガイドが見つけました。

    通報を受けて、医師がヘリコプターで現地に駆けつけましたが、その場で死亡が確認されました。


    スイスの警察は19日、身元を調べた結果、死亡したのは67歳の日本人だと発表しました。
    警察は男性は1人で登山していたとみて当時の詳しい状況を調べています。

    マッターホルンは、スイスとイタリアの国境にまたがる標高4478メートルの山で、ピラミッドのようにそびえる美しさに魅了されて日本など世界各地から大勢の登山客が訪れます。

    しかし、不安定な岩場が多いうえ、天候も変わりやすくアルプス山脈の中でも登るのが難しい山だと言われています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180720/k10011540721000.html

    【魔の山】マッターホルンを登山中の67歳日本人男性が死亡。スイス

    (この記事の続きを読む)

    【スマホ】15回落ちても割れません! 米コーニングが新カバーガラス「ゴリラガラス」を開発

    1: 名無しさん 2018/07/19(木) 08:44:44.45 ID:CAP_USER9
    【シリコンバレー=佐藤浩実】米特殊ガラス大手のコーニングは18日、従来品に比べ耐久性を2倍にしたスマートフォン用のカバーガラスを開発したと発表した。1メートルの高さから15回落としても割れないという。今年後半に各社が発売するスマホから採用が始まる見通し。スマホ市場の成熟で使用期間が延びる傾向にあるため、耐久性を高めることで需要に応える。

    新しい「ゴリラガラス」は15回落としても割れないのが特徴
     
    no title

    新製品は化学薬品処理で表面の強度を高めた「ゴリラガラス」。スマホに搭載した状態で1メートルの高さからアスファルトの地面に落とした場合に、平均で15回までは割れずに済むという。2016年発売の従来品と比べて2倍の耐久性だ。コーニングによれば、スマホの利用者はポケットから取り出す時などに平均で年7回スマホを落下させている。

    18日にシリコンバレーで記者会見したジョン・ベイン副社長は「多くの競合製品は1回落としただけで壊れるが、我々には(iPhoneが発売された)07年からの蓄積がある」と話した。コーニングのガラスはアップルの「iPhone」やサムスン電子の「ギャラクシー」など、累計で60億台のスマホやタブレット端末に採用されている。

    2018/7/19 6:46
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33136830Z10C18A7000000/

    【スマホ】スマホ、15回落ちても割れません 米コーニングが新カバーガラス「ゴリラガラス」を開発

    (この記事の続きを読む)

    【猛暑】「昔はエアコンがなくても大丈夫だったのは今より気温が低かったから」は本当か。日本気象協会に訊いた

    1: 名無しさん 2018/07/19(木) 05:11:32.44 ID:CAP_USER9
    夏雲

    ここ最近SNSを中心に、学校へのエアコン設置に関する議論が盛り上がりを見せています。
    「昔はエアコンが無くても倒れる子どもはいなかったのだから必要ない」という声がある一方、「昔よりも気温が上がっているから子どもを熱中症から守るために必要である」という意見も。

    Twitterでは昔の夏と今の夏の気温を比較するツイートなどが話題になりましたが、「比較対象としている昔の夏が冷夏の年のものなのでは」という声が上がるなどし、あまりはっきりしない結果に。
    果たして、「熱中症は甘え」なのでしょうか。

    実際に、日本の夏の気温は昔よりも上がっているのか、tenki.jpなどを運営する日本気象協会に話を聞きました。

    ―― 実際に日本の気温は昔に比べて上がっているのでしょうか。
    日本気象協会:はい。気象庁が2018年6月26日に公開した「ヒートアイランド監視報告2017」によると、東京ではこの100年間の間に年間での平均気温が3.2度上がっています。特に上がっているのが最低気温の4.4度。
    最高気温は1.7度上がっています。

    ―― いつ頃から気温が上がり始めたのでしょうか。
    日本気象協会:高度成長期の1950年代後半から1970年代の間に特に上がりました。

    ―― 昔に比べて熱中症になるリスクは上がっていますか。
    日本気象協会:上がっていると思います。

    ―― 気温の上昇について「エアコン設置家庭の増加によるによる排熱が原因ではないか」という意見がありますがその影響は実際にありますか。
    日本気象協会:「ヒートアイランド監視報告2017」では、気温上昇の理由について「人工排熱」も上げられています。
    しかし、家庭のエアコンによる影響よりも、工場などの産業活動、自動車の存在などの方が大きいと考えられます。

    また、都市化によりコンクリートの建造物やアスファルトの地面が増えましたが、これらは温まりやすく冷めにくい特色を持つため夜になっても気温が落ちず、熱帯夜を引き起こす原因となっています。さらに、植物が減ったことにより、葉っぱが起こす「蒸散」(植物体内の水分が水蒸気になって外に発散すること)による気化熱も減りました。

    これら、都市化による気温の上昇を「ヒートアイランド現象」と呼びます。

    ----

    やはり昔に比べて平均気温が上がっているというのは、事実でした。特に気温が上がり始めたのが高度成長期ということで、特に現在60代以上の人の子どものころと現在では大きな差が生じているもよう。「熱中症は甘え」ではなかったようです。

    今と昔では夏の暑さが違うことを認識し、しっかりと暑さ対策をしてください。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000092-it_nlab-sci

    【猛暑】「昔はエアコンがなくても大丈夫だったのは今より気温が低かったから」は本当か。日本気象協会に訊いた

    (この記事の続きを読む)

    標高1200メートルの山で道に迷ったけど無理やり下山したら無事帰ってこれた件

    遭難

    標高1200メートルの山で道に迷ったけど無理やり下山したら無事帰ってこれた件

    1: 名無しさん 2018/07/18(水) 13:27:49.548 ID:gXksrSNY0
    登り返せみたいな話あったけどそんなことしなくても大丈夫だったぞ

    2: 名無しさん 2018/07/18(水) 13:29:12.832 ID:J3AO1tOBa
    登った方が安全で確実な場合が多いってだけで降る=死ぬとは誰も言ってない件

    3: 名無しさん 2018/07/18(水) 13:31:22.246 ID:gXksrSNY0
    思ったけど、そもそも登り返すみたいなの無理だと思ったわ
    すんげー急斜面で草木がアホみたいに生えてるのにどうやってあんな斜面を登って行くのか

    4: 名無しさん 2018/07/18(水) 13:31:49.298 ID:P1HYQvr3a
    俺も前に迷った時無理やり沢下って降りたぞ
    まあよく道なき山の沢を登ったり下ったりしてたから慣れてたけどな
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    日中に打ち水する情弱wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    1: 名無しさん 2018/07/18(水) 00:20:40.61 ID:CAP_USER9
    打ち水

     省エネで猛暑を乗り切ろうと市川市の大学では16日、浴衣姿の学生たちが日本伝統の方法で“涼”を演出しました。

     太陽が容赦なく照りつける地面に水を撒く浴衣姿の大学生たち。

    千葉商科大学では節電への取り組みの一環として「打ち水」が行われました。

    日本伝統の涼の感じ方=打ち水を通じて、省エネ意識を高めてもらおうというもので、企画した学生は通りがかる人たちに協力を呼びかけました。

    強い日差しに照らされ当初52.5度を計測した熱々の地面の温度は打ち水によって38.8度にまで下がり、参加者らは打ち水の効果を体感していました。

    参加した学生は「夏は電気を使い過ぎてしまうので、なるべく節水や節電をしたい」と話していました。

    千葉商科大学は7月20日まで毎日、打ち水を行うということです。

    千葉テレビ 2018.07.16
    http://www.chiba-tv.com/sp/info/detail/16272

    【夏】「打ち水」で暑さ吹き飛ばす 千葉商科大学

    (この記事の続きを読む)

    【USA】CH-47 チヌーク、登山遭難者救助でリア部分だけ着地![動画ニュース]

    1: 名無しさん 2018/07/15(日) 19:16:13.28 ID:CAP_USER9
    no title

    Chinook pilot lands rear section of helicopter on Oregon mountain during spectacular rescue

    The 'pinnacle landing' manoeuvre was used to bring a 27-year-old climber down from Mount Hood
    2018/07/15

    A helicopter pilot performed a spectacular "pinnacle landing" to rescue a climber from the peak of an 11,000ft mountain in Oregon.

    The manoeuvre, which is normally used during combat missions in Afghanistan, involved balancing the rear end of a CH-47 Chinook on the snowy side of Mount Hood.

    With the tandem rotors still spinning overhead, rescuers crawled out on their hands and knees to escort the 27-year-old man from Texas into the aircraft.

    "Because of the angle, we had to crawl out there just to get under the rotor blades," Joshua Kruse, with the 304th rescue squadron, told the KOIN6 TV channel.

    "It's kind of surreal but you just have to trust that the pilots know what they're doing."

    The rescue mission began on Thursday when the climber called 999 at 2.30pm to say he was on the mountain and was planning to take some medication to end his life.

    When the search and rescue team found him on Friday he was uninjured but needed assistance to get down in treacherous conditions.

    "This time of day, the mountain just starts to fall apart," said Phil Cole, also from the 304th. "Everything is melting, ice and rock are coming off the mountain. A good analogy is like a bowling alley."

    https://www.independent.co.uk/news/world/americas/chinook-rescue-spectacular-pinnacle-climber-mount-hood-oregon-a8447986.html

    動画



    【USA】CH-47 チヌーク、登山遭難者救助でリア部分だけ着地![動画ニュース]    

    (この記事の続きを読む)

    【グリーンランド】高さ100メートルの氷山、崩落で津波の恐れ 住民に避難勧告 ((((;゚Д゚))))

    1: 名無しさん 2018/07/15(日) 04:50:37.92 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3182450?cx_part=latest

    高さ100メートルの氷山、崩落で津波の恐れ 住民に避難勧告 グリーンランド
    2018年7月14日 13:58 
    発信地:ストックホルム/スウェーデン [ スウェーデン グリーンランド デンマーク ヨーロッパ ]

    【7月14日 AFP】グリーンランド沖で漂流している高さ100メートルの巨大な氷山がひび割れて崩落した場合、津波によって沿岸部が水没する可能性があるとして、同国の警察当局は岬に居住地区のあるインナースート(Innaarsuit)島の住民に対し避難勧告を行っている。

     巨大な氷山が発見されたのは12日。グリーンランド警察の治安責任者は13日、デンマークの通信社リツァウス(Ritzau)に対し、この氷山が崩落した場合、島の居住区に向かって津波が押し寄せる懸念を抱いていると述べた。

     リツァウスによると、グリーンランド北西部にある集落には現在169人が住んでいるが、これまでに避難したのは氷山に一番近い所に住むごくわずかな住民にとどまっている。

     村議会議員の一人は地元紙セルミツィアック(Sermitsiaq)に対し、インナースート島の近くで大型の氷山が確認されることは珍しくないとしながらも、「この氷山は今まで見た中では最大だ。亀裂や穴も見て取れることから、いつ崩落してもおかしくないと心配している」と述べ、集落の発電所や燃料貯蔵庫が海岸近くにあることを明らかにした。

     米ニューヨーク大学(New York University)の科学者らは先月、グリーンランド東部で巨大な氷山が氷河から切り離される様子を撮影、公開した。

     専門家の一人は、極端な大きさの氷山が分離する例は今後さらに増えるだろうと予測している。

     デンマーク・グリーンランド地質調査所(GEUS)の上級研究員ウィリアム・コルガン(William Colgan)氏はAFPに対し、「気候変動の影響が強まる中、この100年でグリーンランドにおける氷山の分離は増加している」と話した。

     氷山が増えるということは、氷山が氷河から分離する際に高波が起きて「津波災害が増える」ことにもなるという。

     昨年、グリーンランド中西部ではウマナック(Uummannaq)島の沖合を震源とするマグニチュード(M)4.0の地震が発生し、これに伴う津波で同島ヌーガーツィアク(Nuugaatsiaq)村の家屋数棟が海に流され、住民4人が死亡、11人が負傷する事例が起きている。(c)AFP/Ilgin KARLIDAG


    グリーンランド沖を漂流する氷河とインナースート島の居住地区(2018年7月13日撮影)。(c)AFP PHOTO / Ritzau Scanpix / Karl PETERSEN

    11

    【グリーンランド】高さ100メートルの氷山、崩落で津波の恐れ 住民に避難勧告

    (この記事の続きを読む)

    【無理なら無理と言ってよ】運動部の皆さん、炎天下過酷な練習させる先生や顧問に「無理」と言う勇気を!

    1: 名無しさん 2018/07/15(日) 01:30:39.46 ID:6X4RiUDq0● BE:299336179-PLT(13500)
    6e81885d3c915545f13e596ee839087b_m

    熱中症の危険が高まる季節が今年もやってきました。この記事は、主に中高の運動部員のみなさんに読んでもらいたいものです。大人の方は、周囲にいる子どもたちに危険を伝えてください。去年も書きましたが、今年も同じことを書きます。

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6289925

    【無理なら無理と言ってよ】運動部の皆さん、炎天下過酷な練習させる先生や顧問に「無理」と言う勇気を!

    (この記事の続きを読む)

    【ネパール】エベレストで横行する「不必要な救助」、ヘリ利用で保険金搾取

    1: 名無しさん 2018/07/14(土) 14:31:37.72 ID:CAP_USER
    4

    【7月14日 AFP】ネパールのヒマラヤ山脈で働く登山ガイドらは、訪れる登山客らに「問題の兆し」があるのを見つけると、すぐにヘリコプターを利用して下山するよう強く勧める──。
    その背景にあるのは、高額となるヘリコプターでの「不必要な救助」によって大金を手にすることを狙った関係業者とガイドたちとの癒着がある。
    内情に詳しい関係者らが話した。

     今回、AFPの取材で分かったのは、1回のヘリコプターの利用に対して複数回分の請求が行われていたり、若干の体調不良でも登山客らにヘリコプターを利用するよう半ば強制したりする業者が複数存在していることだ。
    このような手口を通じて、数万ドル(数百万円)が保険会社から不正に支払われているという。


     こうした行為に加担するガイドらには、登山客がヘリコプターを使って下山するたびにリベートが支払われる。
    疲れの見える登山客らにヘリコプターの利用を勧め、その一方で保険会社に対しては、それが救助目的であったと申請するという。

     こうしたケースは数多く見られ、たとえ登山客に何ら問題がない様子でも、
    ヘリコプターのパイロットはそれが「救助」であると報告するのだ。

     英国に本拠を置く「トラベラー・アシスト(Traveller Assist)」は、世界の旅行保険会社の代理で医療救助を行っている。
    同社ののジョナサン・バンクロフト(Jonathan Bancroft)氏は、「これは詐欺に等しい金儲けで、ネパール全体で大規模に行われている」と語る。

     トレッキング関連のサービスを提供する旅行会社は、トレッキングそのものよりも、
    登山客をヘリコプターで下山させることによって発生する見返りを通じて、より多くの金銭を得ている。
    こうした現状は、同国最大の観光の目玉であるヒマラヤ山脈での救助要請の急激な増加にも影響を与えている。

     トラベラー・アシストによると、ネパールへの旅行者をカバーする旅行保険会社は2017年、ヘリコプター救助が驚異的な件数に上ったことから過去最大の支払額を計上した。
    さらに今年は、それをさらに上回るペースとなっているという。

     ネパールではヘリコプターの運用を監視する中央管理センターが存在しないため、
    このような「下山」目的の利用がどれだけあるのかを正確に把握することは難しい。

     しかし過去6年間、エベレスト周辺の上空はヘリコプターの航路と化しており、業界のデータによると、その数は約6倍に増えたという。各機体の年間飛行時間は1000時間を超えるとされる。

     地域の小さな診療所で働いているタニシュワル・バンダリさんは、「以前はだいたい2、3日に1機しかヘリコプターを見かけなかったが、今は1日に10機ほど見る」と話す。

     他方で、匿名を条件にAFPの取材に応じたある外国人操縦士は、登山シーズンがピークを迎える4月と5月、今年はほぼ毎日登山客を救助したと述べたが、シーズン全体を通して本当に体調が悪そうだったのは3人くらいだと思う」と明かした。

    続きはソースで

    1
    2
    3

    AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3181423

    【ネパール】エベレストで横行する「不必要な救助」、ヘリ利用で保険金搾取[07/14]

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top