登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    ニュース

    山奥で樹齢150年の大木を発見→引っこ抜いて「世界一のクリスマスツリー」に仕立てる→大炎上中

    1: 名無しさん 2017/11/21(火) 14:05:16.70 ID:zjLmo8Po0 BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典
    1

    神戸市の樹齢150年のあすなろを使った「世界一のクリスマスツリーProject」が醜悪すぎると話題に
    https://www.excite.co.jp/News/it_g/20171120/Buzzap_46109.html

    空虚な馬鹿騒ぎのために樹齢150年の木を故郷から運んで見世物にし、バラバラにして売りさばきます。詳細は以下から。

    人間は歴史の中で、数え切れない木材を使って生きてきました。
    その中でも日本は豊かな水や森の恩恵を受け、木々の恵みを存分に用いて文化を育んできています。

    建造物から家具、身の回りの道具にまで余すところなく木材は用いられています。
    実用を離れても仏像を始めとした芸術品や工芸品として親しまれ、生きたまま植樹されて庭木や街路樹として親しまれています。
    ですが、この空虚な醜悪さはどうしたことでしょうか?

    現在神戸市では神戸開港150年記念事業の関連事業として、神戸市中央区のメリケンパークに「世界一のクリスマスツリー」を立てるプロジェクトが進行しています。
    主催は「そら植物園」となっており、オフィシャルメッセージオーナメント数でギネス世界記録に挑戦するとのこと。

    このツリーに使われるのは富山県氷見市の山中で発見された高さ30m超、直径約1m、重さ約24tの樹齢約150年のあすなろの木。
    あすなろの木は切り倒すのではなく根から掘り採りされ、新幹線やロケット輸送で用いられる特殊車両と大きな船を使って富山港から神戸まで1000km以上の距離を運ばれて植樹されます。

    この木は「世界最大級」で有名なニューヨークのロックフェラーセンター前のクリスマスツリーの過去最高記録を超えるものを探したということ。
    そら植物園代表の西畠清順さんは「今回のプロジェクトの面白いところは、ロックフェラーセンターのツリーよりも大きなクリスマスツリーを立てようというプロジェクトと見せかけて、みんなでギネス世界記録を狙うというところ」と語っています。

    (この記事の続きを読む)

    『オフィスで1人用の米が炊けるハンディ炊飯器が大ヒット!』とか絶対嘘だよ……な?

    1: 名無しさん 2017/11/19(日) 15:38:15.46 0
    お前らの会社で使ってるやついるか?
     
    3
    4
    5



    お一人様用炊飯器、ヒットの理由は? 出先でも炊きたて...「年配の方も購入」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00000000-jct-bus_all

    2: 名無しさん 2017/11/19(日) 15:39:06.78 0
    量すくなっ

    5: 名無しさん 2017/11/19(日) 15:43:33.00 0
    毎日こんなデカい荷物持ち歩くかよ

    7: 名無しさん 2017/11/19(日) 15:55:51.48 0
    一人暮らしだとこれでいいかもしれん

    8: 名無しさん 2017/11/19(日) 15:57:06.36 0
    いいなこれ

    9: 名無しさん 2017/11/19(日) 15:58:09.36 0
    一人暮らしおっさんだけど
    毎回一合炊いてる
    やはり炊きたてがうまい
    そういう人には便利なのか
    関連記事
    【朗報】サーモス 、ついに弁当箱で飯を炊く機能をつけてしまう…

    (この記事の続きを読む)

    【!?】南極はかつて森だった、古代の木の化石を発見!内部からは微生物や菌類の化石も見つかる

    1: 名無しさん 2017/11/20(月) 20:42:08.96 ID:CAP_USER9
    3

    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/111700128/
    ■2億6000万年以上前、白夜や極夜にも適応していた?

     米ウィスコンシン大学の教授、エリック・ガルブランソン氏とジョン・イズベル氏は夏の南極を探検していた。
    気温は氷点下。猛烈な風が吹き、太陽は24時間休みなく照りつける。ガルブランソン氏、イズベル氏と国際研究チームのメンバーはパーカを何枚も着込み、化石の破片を探した。

     探検隊は2016年11月から2017年1月にかけて、雪をかぶったマッキンタイア岬の斜面を登り、南極横断山脈の灰色の堆積岩を調査した。そして、13個の化石の破片を発見。
    すべて木の化石で、地球史上最大の絶滅が起きた約2億6000万年前より古いものだ。
    この発見は、世界で最も寒く乾燥した大陸に、かつて緑の森があったことを示唆している。

    ■極地に適応した木々が繁栄していた

     ガルブランソン氏は「南極大陸は今よりはるかに温暖湿潤でした」と話す。
    当時の南極大陸は深い森に覆われ、極地の過酷な環境に耐えられる限られた種が生態系を形成していた。
    現代で言えば、シベリアの針葉樹林タイガのようなものだ。

    「奇妙なことに、今回の調査現場とタイガは緯度もほぼ同じです」

     今回採取された化石は古代の木の生物学的、化学的な性質を維持しているため、高緯度の生態系についてより詳しく調べ、大量絶滅を生き延びた植物とそうでない植物の違いを解明する助けになるだろう。
    さらに、木の内部からは、微生物や菌類の化石も見つかっている。

     また、今回採取された化石の破片は米イエローストーン国立公園の化石の森とよく似ている。
    イエローストーンの森は、生きた木が火山物質の下に埋もれて化石化したものだ。

    「これらは、世界で最も保存状態の良い化石植物の一つと言っていいでしょう」とガルブランソン氏は話す。
    「木の中にいた菌類はおそらく短い期間で石化したはずです。木がまだ生きているうちに化石になったものもあるでしょう。
    とにかく、すべてが驚くほどの速さで起きました。もしその場にいたら、目撃者になることもできたはずです」

     ガルブランソン氏らによれば、今回採取した先史時代の植物たちは、季節変化に素早く対応しており、1カ月以内に対応していた可能性さえあるという。
    現代の植物は、季節の移行に数カ月かかるが、古代の木は真っ暗な冬と太陽が沈まない夏に素早く適応していたと思われる。

    「どういうわけか、これらの植物は4~5カ月の真っ暗闇だけでなく、4~5カ月の真っ昼間でも生き延びることができました」とガルブランソン氏は話す。
    「どのようにしていたのかはっきりとはわかりませんが、とにかく、ちゃんと対応していたのです」

    ■大量絶滅

     2億9900万~2億5100万年前のペルム紀は、超大陸ゴンドワナの面積が最も大きくなった時期だ。
    現在の南極、南米、アフリカ、インド、オーストラリア、アラビア半島を含むゴンドワナは当時、過酷な環境にあった。
    南の大部分は氷冠に覆われ、太陽が沈まない夏と真っ暗闇の冬が絶え間なく繰り返されていた。
    一方、北部は強烈な暑さで、季節の変化が大きかった。

     ペルム紀末に大量絶滅が起きるまで、先史時代の生物たちはこうした気候の激動に適応していた。
    ガルブランソン氏によると、大量絶滅の原因は、現在のシベリアで発生した火山活動である可能性が高いという。
    これにより、海洋生物の90%、陸生生物の70%以上が絶滅し、後の時代に恐竜が繁栄する基礎となった。

     研究チームは近いうちに再び南極を訪れ、調査を継続する予定だ。
    イズベル氏らはすでに出発しており、ガルブランソン氏も11月23日に現地で合流することになっている。

    「もちろん南極は今でも、人間が生活するには寒く過酷な場所です」とガルブランソン氏は語った。

    (この記事の続きを読む)

    【※ネタバレ注意】テレ東「池の水ぜんぶ抜く」巨大肉食魚アリゲーターガー発見!大阪・寝屋川市の山新池

    1: 名無しさん 2017/11/20(月) 10:56:05.71 ID:CAP_USER9
    no title

    テレビ東京の人気シリーズ「池の水ぜんぶ抜く」の最新作「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦5」(26日後7・54)で、大阪府寝屋川市の山新池(太秦2号公園)から北米原産の巨大肉食魚「アリゲーターガー」が見つかったことが20日までに分かった。寝屋川市が発表した。

    池の水を抜くだけの異色番組。
    外来種の駆除などを行い、池の環境改善を図る。
    今年1月15日に第1弾が放送され、第3弾(6月25日)で千葉県習志野市長から直々に依頼が舞い込むなど、放送を重ねるごとに反響を呼んでいる。
    第4弾(9月3日)は東京のド真ん中、日比谷公園の雲形池の水抜きに挑んだ。
    今回は大阪に初上陸。
    シリーズ史上最大となる10ヘクタール(東京ドーム約2個分)の面積を誇る山田池公園(枚方市)や、山新池(寝屋川市)が舞台になる。

    以前から世界最大級の淡水魚・アリゲーターガーが目撃され、懸念されていた山新池。
    9月には寝屋川再生ワークショップのメンバー約30人が地引網による捕獲を試みたが、失敗。
    そのリベンジとして、今回、番組に協力を依頼した。

    水抜きはバキューム車(10トン)や排水ポンプなどを使い、今月1日に開始。
    水位が下がった同3日、追い込み作戦を決行したが、うまくいかず。
    同4日、ボートの上から網を使い、ついに体長1メートル13のアリゲーターガーと体長約70センチのロングノーズガ-が捕獲された。

    寝屋川市まち建設部の水・みどり室は「市内には山新池をはじめ20カ所のため池があり、どのように美化・保全活動を進めていくかが課題。これを機に、さらに池の環境保全を進めていきたいと考えています」としている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13914778/
    2017年11月20日 8時0分 スポニチアネックス



    (この記事の続きを読む)

    【朗報】蚊をもって蚊を制す。細菌に感染した蚊を野に放ち一掃駆除へ!アメリカ環境保護局が承認

    1: 名無しさん 2017/11/20(月) 00:07:59.23 ID:CAP_USER9
    no title

    最も危険な虫、蚊...!

    蚊、大好き!という人はまずいませんよね。蚊にかまれた時の痒さ、夜寝ている時の耳元のプゥーンという音。嫌われている理由はたくさんありますが、マラリアなどの伝染病の媒介にもなっており間接的に毎年多くの命を奪っている害虫でもあります。

    そんな蚊に対抗するためにアメリカの環境保護局が先日承認したとあるスーパー兵器が話題となっております。それはなんとボルバキアという細菌に感染させて生殖能力を失わせた蚊を野に放つというもの。計画では20州とワシントンDCで放たれるとのことです。これによってデング熱、黄熱病、ジカ熱といった伝染病のウイルスを媒介する蚊を駆除しようとしているわけですね。

    生殖能力を失った個体を野に放って害虫を駆除するという方法は実は長い歴史があります。放射線を使って害虫の遺伝子に変異を起こし、生殖能力を失わせて、それを野生の害虫たちと生殖させることで、らせん虫のような害虫が駆除されてきました。アメリカではこの方法によって1982年までにはらせん虫の全駆除に成功しています。しかし蚊の場合、放射線を浴びてそれでも生殖行為をしようとする...ほどには強くないようです。そこで登場したのが今回のボルバキア手法なわけですね。

    ケンタッキー州にある研究室でこの蚊は育成されます。ボルバキアに感染させられた蚊のうち、人をかまないオスの蚊だけを選び、駆除地域に放つことで野生の蚊と生殖活動をさせるとのこと。その結果生まれた卵は父系染色体が正常に発達しないため、孵化しないそうです。なるほど...孵化しない卵を生むことに多くの蚊が従事することで蚊の数がどんどんと減るわけですね。この方法であれば人体や環境に悪影響のある殺虫剤などを使う必要もありません。減少数もかなり効果的な成果をあげるはず、とのことです。

    蚊からしたら悪夢ですが...科学ってすごいですね。このニュースは先日科学誌「Nature」で報じられ、米GizmodoがMosquitoMate、そして環境保護局に確認をとっています。MosquiteMateによるヒトスジシマカを新しい生体殺虫デバイスとして公式に登録したことを環境保護局は11月3日に認めました。5年間のライセンス契約で20州で販売されるとのこと。

    「来年夏にはレキシントン地域での使用を開始する」とMosquitoMateのCEOであるStephen Dobsonは米Gizmodoに語っています。その後ナッシュビルやルイスビルといった近くの都市部へと拡大していくとのこと。

    地方政府に販売していくと共に夏期限定のサブスクリプション制で一般家庭にも直接提供を考えているようです。自宅の庭の蚊をこれで一掃...なんてできたら最高ですね。

    研究室で育てられた蚊を使って害虫を駆除しようという試みはMosquitoMate以外の施設や企業も行なってきています。しかし他企業のアプローチと比べると彼らのメソッドは比較的環境に対する悪影響が少ないと捉えられているようです。

    英国のバイオテック企業Oxitecは遺伝子操作によって生殖機能を失わせた蚊を使ったアプローチに取り組んできており、同様に米国における承認を得るべく長年働きかけていますがまだ野生の蚊に対するテストは許可がおりていません。フロリダ州キーズではOxitecが開発した蚊の利用に対する反対の声が地元住民からあがり住民投票が行われた結果、テストを行なう別の地域を探さないといけなくなりました。

    その一方でMosquitoMateが行なったキーズとフレスノにおけるテストはそれほど注目を集めていません。遺伝子操作ではなく自然界で起きる現象を利用しているからでしょうか、興味深い対比です。Dobson氏が米Gizmodoに伝えたところによると、「ヒトスジシマカを全国規模で活用する展望を持っている」とのこと。

    また「蚊の中でも危険度が最も高いとされるものの一つ、ネッタイシマカを使ったテストもしたい」とのことです。どれほどの成果が見られるのか、来年の夏のニュースに注目したいと思います。

    配信11/19(日) 20:10
    ギズモード・ジャパン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00010005-giz-prod

    (この記事の続きを読む)

    実は「販売中止」になっていたと聞いて驚くお菓子ランキング発表!

    1: 名無しさん 2017/11/19(日) 03:17:13.40 ID:CAP_USER9
    no title

    お菓子は子供が食べるもの。なんて考え方はもう古い!新しいお菓子が続々と登場し、大人向けのお菓子も販売されお菓子文化は子供から大人まで老若男女幅広くなってきています。しかし新商品が販売される裏で、販売中止になるお菓子があることも事実です。今回は、『実は「販売中止」になっていたと聞いて驚くお菓子ランキング』がgooランキングより発表されたのでご紹介していきましょう。

    1位 カール

    1

    「それにつけてもおやつはカール!」の軽快な歌でもおなじみのカール。
    2017年8月生産分をもって、西日本に販売が限定されたときの東日本のカールファンのショックと言ったら・・・。
    西日本を訪れた際には大人買いしようと心に決めた方も多いのではないでしょうか。

    2位 サイコロキャラメル

    2

    食べ終わった後もさいころとして使えるエコなサイコロキャラメル。
    なくなっていたとは驚きです。
    2016年3月に販売が終了してしまったようで、残念ですね。

    3位 チューペット

    3

    いやいや、冷凍庫に常駐的にストックされているマストバイアイスですけど??
    と思っていたらあれって類似商品であって、チューペットは2009年9月に販売終了しているんですね。
    チューペットの呼び名で出身地が分かるなんて話も話題となりましたね。

    実は「販売中止」になっていたと聞いて驚くお菓子ランキング
    1位 カール
    2位 サイコロキャラメル
    3位 チューペット
    4位 ポポロン
    5位 霧の浮舟
    6位 ムギムギ
    7位 ぬ~ぼ~
    8位 メンズポッキー
    9位 5/8チップス
    10位 ドンパッチ

    掲載元 gooランキング
    画像掲載元 Amazon,イラストac
    (秒刊サンデー:マギー)

    https://news.infoseek.co.jp/article/sunday_5294024?ptadid=

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】埼玉県秩父市で開催のトレイルランニング大会中に男性死亡…バランス崩し崖から滑落か

    1: 名無しさん 2017/11/18(土) 19:19:42.26 ID:CAP_USER9
    1

    18日午前9時55分ごろ、埼玉県秩父市で開かれた山道を走るトレイルランニングの大会運営者から救助要請があり、県の防災ヘリコプターが登山道の斜面で50代ぐらいの男性を救助した。

    大会に参加して滑落したとみられ、頭を強く打って、搬送先の病院で約2時間半後に死亡が確認された。

    秩父署によると、現場は大持山(標高1294メートル)へ向かう尾根で、向かって右側に崖があった。
    目撃者の証言などから、男性はバランスを崩して崖から約100メートル滑り落ちたとみられる。
    署は身元確認を進めている。

    大会は、秩父市や同県飯能市など約100キロを走るコースで、男女約650人が参加。

    以下ソース:共同通信 2017/11/18 17:57
    https://this.kiji.is/304530201961006177

    (この記事の続きを読む)

    【香害】柔軟剤で頭痛やめまい?広がる「香害」の実態…

    1: 名無しさん 2017/11/18(土) 10:39:04.80 ID:CAP_USER9
    jason-briscoe-105340

    東洋経済オンライン2017年11月18日 6時0分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13907314/

    日本消費者連盟には「近隣の洗濯物の香り」に関する相談が相次いだ(写真:プラナ / PIXTA)

    香りに害と書いて「香害(こうがい)」――。今、香水などの香料による体調不良を訴える人が増えている。

    中でも、やり玉に挙げられているのが、衣類の柔軟剤だ。さわやかな香りがする一方で、頭痛やめまい、吐き気などに悩まされるケースが出ている。NPO法人・日本消費者連盟(日消連)が今夏に2日間限定で開設した「香害110番」には多くの“通報”が相次いだ。

    洗濯物の香りの相談が最多

    「家の窓を開けると、隣の家に干している衣服から柔軟剤のにおいがして、頭痛が長時間続いた」「電車やエレベーターに乗ると、隣の人の衣服から柔軟剤のにおいがしてせきが止まらなくなった」

    日消連にはこうした相談が213件寄せられた。その中で最も多かったのが、近隣の洗濯物の香りについてだった。日消連で香害問題に取り組む杉浦陽子氏は「今回寄せられた相談は氷山の一角にすぎない。化学物質による被害は誰にでも起こりうる」と警鐘を鳴らす。

    柔軟剤は洗濯後の繊維を柔らかく保つ仕上げ剤。もともとは微香タイプが多かったが、2000年代半ばに海外製の香り付き柔軟剤が発売されると瞬く間に人気商品となった。これをきっかけに日本のメーカーも相次いで同様の商品を投入した。

    その一方で、前述のような頭痛やめまいを訴える声が聞こえ始めた。2013年に独立行政法人の国民生活センターが柔軟剤に関する相談内容を公表したところ、同様の相談が増えていった。同年にはセンターに331件の相談があり、それ以降の相談件数も毎年100件超で推移している。

    (全文は配信先で読んでください)

    (この記事の続きを読む)

    【福井】雪化粧の刈込池…「まるで山水画」のようで絵に描いたように美しい

    1: 名無しさん 2017/11/17(金) 20:31:35.19 ID:CAP_USER9
     福井地方気象台によると福井県内は15日夜から16日にかけて、上空に寒気が入り込んだ影響で9地点で最低気温が平年を0・3~3・2度下回るなど冷え込んだ。山間部では雪が降るところもあり、大野市上打波の刈込池(標高約1090メートル)は雪化粧した木々が水面に映り込む山水画のような絶景が出現した。

     写真愛好家の加藤幸洋さん(50)=同市=が午前11時ごろから2時間ほど撮影。現地は雪が約20センチ積もり、秋の色鮮やかな景色とはがらりと雰囲気を変えた。短く晴れ間が見えたものの、雪は降ったりやんだり。「モノクロの世界でまるで山水画。絵に描いたように美しい」と白い息を吐いた。

     16日午後9時現在で県内各地の最低気温は坂井市春江5・4度、福井市5・7度、大野市4・3度などだった。

     同気象台によると、県内は18日ごろから荒れた天気となり、19日には平野部でも雪が降る可能性がある。11月下旬ごろまで気圧の谷や寒気の影響を受けやすく、平年に比べ曇りや雨、雪の日が多くなる予報。

    2017年11月17日 午前7時00分
    http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/261481

    雪化粧した刈込池

    no title

    (この記事の続きを読む)

    【つくばエクスプレス】日本の鉄道会社、定刻より20秒早く出発し謝罪…世界中でツイッターに驚きの声 (;゚Д゚)エエー

    1: 名無しさん 2017/11/18(土) 03:18:42.25 ID:CAP_USER9
    no title

    http://www.bbc.com/japanese/42023075

    日本の鉄道会社が14日、定刻より20秒早く出発したことで、謝罪した。

    東京・秋葉原と茨城県つくば市を結ぶ「つくばエクスプレス」を運営する首都圏新都市鉄道は発表文で、「お客様には大変ご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」と述べた。

    同社によると、電車の出発予定は9時44分40秒だったが、9時44分20秒に出発したという。

    同社の謝罪にソーシャルメディアでは、驚きの声が多数上がった。


    <あるユーザーは「東京の鉄道会社が20秒早く出発したことで謝罪したのは、日本で最高なことの一つだ」とツイートした>


    <ある英国人男性はツイッターで、「日本で電車に乗ったことがある人はこの話を理解できるだろう。でもなぜか、これが英国で起こるとは思えない……」と投稿した>

    同社は、「当該乗務員が、発車時刻を十分に確認せず、出発操作を行ってしまった」と述べ、間違いの原因は乗務員が時刻表を確認しなかったことだとした。

    同社は、東京のすぐ北にある南流山駅から定刻より早く出発したことに関して、乗客から苦情はなかったとも述べた。
    つくばエクスプレスは、都内東部の秋葉原駅とつくば駅間を片道45分で運行している。

    世界最高水準の信頼性を誇る日本の鉄道で、電車が定刻通り出発しないことは珍しい。

    東京から神戸市を結ぶ東海道新幹線は、利用者が世界でも群を抜いて多く、年間旅客輸送量は1億5000万人近くに上る。
    感銘を受けた世界中の鉄道利用者たちは、自分たちの地元の鉄道運営会社に向けてこの出来事をツイートした。鉄道が頻繁に遅延する英国で、こうしたツイートは特に多く見られた。

    英国のニュース・キャスター、アラステア・スチュワート氏は、「『日本の電車が20秒早く発車で謝罪』。読んだ、泣いた、また読んだ、笑った」と、英国の鉄道会社ネットワーク・レール、サウス・ウェスタン鉄道、サザン鉄道のツイッター・アカウントをメンションに入れてツイートした。
     


    英ウォーキングの副町長で自由民主党員のウィル・フォースター氏はツイッターで、「これは、サウス・ウェスタン鉄道やその他の英国鉄道会社が絶対しない謝罪だと思う!」と述べた。
     


    2007~10年にかけアジア開発銀行・米国代表理事だったカーティス・S・チン氏は、「ニューヨークのペンシルベニア駅を使うのはもうやめよう。日本の鉄道乗務員が20秒早く発車させて注意を受けたって」とツイートした。
     


    (英語記事 Apology after Japanese train departs 20 seconds early)

    2017/11/17

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ 最新コメント (*゚∀゚)
    ■ tozanchannelに関するツイート
    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top