登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 怖い話・オカルト

    怖い話・オカルト

    道迷いした時に出会った2人の女性【山にまつわる怖い話】

    山並み

    632: 名無しさん 2005/03/31(木) 07:57:33 ID:7JSn77uQ0
    Aさんが少年の頃(戦前)、罠を仕掛けては狸や狐、イタチなどの小動物を獲って
    は皮を剥いで売っていたそうです(当然、今では許されない事だと思いますが)。
    そんなある日の事。Aさんはいつものように仕掛けた罠を見回りに、山へと入りま
    した。

    「獲らぬ狸の皮算用」をしていたAさんですが、その日の収穫はゼロ。すっかり気
    落ちしたAさんは、元来た道を引き返し始めました。
    ところが。『通いなれた道、目を瞑ってでも帰れる』自信のある山道であった筈
    なのに、周囲の風景がまるで違うのです。「どこかで道を間違えたのか?いいや、
    そんな筈は無いんだが…」Aさんは見覚えのある道を探し始めました。

    が、行けども行けども知らない場所ばかり。そうこうするうちに日も暮れ始めまし
    た。「これはいよいよマズイぞ。下手をしたら、山で夜を明かさないといけない」
    何とか元の道に出ようと必死になりましたが、全ては徒労に終りました。

    すっかり暗くなった山の中でAさんは途方に暮れました。ところが…。
    耳を澄ませると、どこからか人の話し声が聞こえる。最初は幽霊か何かと思ったの
    ですが、よくよく見渡せば遠くに灯かりも見える。
    「しめた!人が居る!今日はあそこに厄介になろう」Aさんは灯かりを目指して歩
    き始めました。

    やがて、灯かりのすぐ目の前まで来たAさん。焚き火がチロチロと燃えています。
    焚き火を起した主に事情を説明しようとしたのですが、そこで言葉に詰まってしま
    いました。

    (この記事の続きを読む)

    「山の神さま」「人魂」「猿」「 野太い声」【山にまつわる怖い話】

    夕焼け

    736: 名無しさん 03/12/11 01:11
    山の神さま

    知り合いの話。

    彼のお爺さんが猟師をしていた時のことだ。
    冬期で食料が乏しくなっていた頃、折りよく鹿を見つけ撃ったのだという。
    鹿はよろめきながらも藪の中へ逃げ込んだ。

    後を追って藪に踏み込んだ彼が見たものは、雪の上に置かれた鹿の首だった。
    胴体の方はどこにも見当たらず、血の匂いがあたりに充満していた。

    いつもはすぐ後をついてくる猟犬が、藪の外で恐ろしげに鼻を鳴らしている。
    これは不可侵の領域で狩りをしちまったな、と悟って退散したそうだ。

     山の神さまには獲物を何回か取られたけれど、あれが一番怖かったな。
     まぁ山で獲れる物は、本来が山の神さまの物だから仕方がないか。

    お爺さんはそう言って屈託無く笑っていた。

    (この記事の続きを読む)

    登山コースの路上に立つ髪の長い女性【山にまつわる怖い話】

    夜空

    909: 名無しさん 03/05/04 00:13
    アタシが中学生の頃に、学校の先生が体験したお話です。
    若い男性の教師で、趣味が登山だったのだそうです。

    ある日の早朝、先生は、友人と2人で、近場の山に出掛けました。

    それ程、高さがない山なので、半日ほどで登頂・下山が出来る
    と踏んだ彼らは、山の両端から一人で登り、山頂ですれ違い、
    下山をするという方法をとる事にしました。

    そうすれば、夕方には、麓へ達する事が出来るはずでした。
    先生が早速、歩き始めた矢先、激しい雨が降り出しました。

    ぬかるんだ土に靴を取られつつ、数時間歩くうちに、
    雨は止みましたが、山頂へ達する頃には、
    陽が沈んでしまっていました。

    幸い、登山コースには、道なりにロープが渡してあります。
    暗い山道への不安はありましたが、持参したライトを点け、
    注意深く下山を試みる事にしました。

    (続く)

    (この記事の続きを読む)

    登山するのいいけど途中幽霊とかいませんか?

    湖の前の登山者

    1: 名無しさん 2015/01/04(日) 06:35:25.43 ID:jEEiYqM6
    m(-_-m)~ ウラメシヤー
    m(-_-m)~ ウラメシヤー

    4: 名無しさん 2015/01/04(日) 13:46:17.89 ID:ZuzhKAlv
    谷の方から「おーい、おーい」って呼ぶ声がする

    5: 名無しさん 2015/01/04(日) 16:35:22.53 ID:68UxlgI0
    下山してる二人組とすれ違う時に挨拶したけど、挨拶返ってこなかったんで、振り向いたらその二人組は居なかった

    27: 名無しさん 2015/05/28(木) 21:13:44.98 ID:dxYZtDga
    >>5
    なんか似たような事あったな
    前を女性が歩いてて、女性が角を曲がり、その後に自分も曲がったのよ
    そしたら前の女性はさらに次の角を曲がるのが見えた。
    自分も後を追ってその角を曲がったらその女性は消えていた
    その道は川と崖に挟まれた一直線の道で、向こうの方まで見通せるけど、女性の姿が全く見えなくなっていた

    (この記事の続きを読む)

    「滑落」「先客」「ミヤマクワガタ 」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    yama

    449: 名無しさん 2006/09/25(月) 06:28:21 ID:2IyDt2q60
    滑落

    その男とは短い言葉を交わし、
    同じ山頂を目指していることを知った。

    登りの最後は、ちょっとした岩場になる。
    昔は、修験者だけが山頂に立てる山だった。

    今ではルートに沿って鎖が張られ、誰でも
    昔の修験者と同じ景観を見ることが出来る。

    その男が鎖を掴みそこね、滑り落ちた。
    笑いながら男が身を起こしたが、立てない。
    どこかを骨折していそうだった。

    岩稜地帯に、添え木にできるようなものなど、ない。
    もっとも、添え木が見つかったところで、
    彼が歩いて下山することは不可能だったろう。

    他の登山者に彼を見てくれるよう頼み、
    俺は、最寄りの小屋へ向かった。

    最寄りといっても、片道1時間以上かかる。
    小屋に着くと事故の発生を伝え、無線で警察へ
    連絡してもらった。
    幸い、現場近くに、山岳救助隊員がいるらしい。

    現場に戻ろうと思っていたが、小屋で説明などを
    していると、意外に疲れていることに気付いた。

    やがて、救助隊員が現場に到着したことが分かった。
    男を動かすのは無理らしい。

    明日、ヘリコプターで救助すると聞かされ、その夜は
    小屋に泊まることになった。
    転落した男には、救助隊員が一晩付き添ってくれる。

    (この記事の続きを読む)

    「集落」「登ってくる人」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    ナイトハイク

    415: 名無しさん 2005/11/12(土) 01:38:47 ID:UGJhx9Mk0
    集落

    仕事の関係で横浜からS県S市にある社宅に引っ越してきた。
    こっちに来て3ヶ月、ようやく周囲の環境にも慣れ、休日もまともに取れるようになった。

    そんな土曜日の朝、身体を鍛えるのが趣味な俺は、ランニングコースにまだ足を踏み入れてない
    F山の方へ行ってみようと決め家を出た。

    緩やかとはいえ延々と続く昇り道、思っていたよりキツイ。それでも殆ど休憩をとらず2時間以上走り続けた。
    すると、前方に集落が見えてきた。小川をはさんで30軒近い家が立ち並んでいる。

    自販で飲み物でもと思い、集落の中に入ろうとしたとき、妙な悪寒に苛まれた。
    土曜日の真昼間なのに人っ子一人見えず、車も通らない。

    無音の状態が続く。かすかに水の流れる音は聞こえるが・・・
    ・・・今まで喧騒の街に暮らしていたんだ。田舎なら何も珍しくないだろう。
    でも梅雨の合間の晴れ間なのに、どの家も窓を閉めきっている。

    そして、ここは土地が安いのに、何故こんな辺鄙な場所に住んでいるんだ?という疑念が沸いてきた。

    妙な圧迫感・・・それは僅かながら恐怖感に変わっていった。
    俺は今きた道をダッシュ気味に走りだした。

    (この記事の続きを読む)

    「外道さん」「ヒヨリさん」「白い手」「呼ばれた」【山にまつわる怖い話】

    夜空

    900: 名無しさん 05/01/30 22:51:21 ID:u5hd+prZ0
    外道さん

    友人の話。

    彼女の実家は山奥深い村だ。
    今は廃村となってしまったが、そこで奇妙な物を幾度となく見たという。

    友達と二人で遊んでいた時のこと。
    村外れの山麓だったのだが、後ろの藪をガサガサと揺らして何か出てきた。

    茶色い毛並みの兎だった。しかし何かがおかしい。
    兎なのに、二本足で与太つきながら歩いている。

    口元からは血が滴っており、赤く染まった前歯が覗いていた。
    何よりも怖かったのはその目だった。完全に据わっている。兎の目ではなかった。

    兎は値踏みするように彼女らを見ていたが、すぐにこちらに向かってきた。
    悲鳴を上げて逃げ出したが、村の近くまで追いかけられたという。

    行き会った大人に泣きついたのだが、事情がわかった途端に村中大騒ぎになった。
    「外道さんが出た」大人たちは口々にそう言って駆け回っている。

    彼女たちはしつこく「噛まれなかったか?」と問い質された。
    兎一匹のために山狩りまでおこなわれたようだが、結局見つからなかったらしい。

    教えてもらったところでは、その山奥には外道さんという物の怪がいるそうだ。
    外道さんは山の生き物に取り憑く。

    憑かれた物は肉を喰らうようになり、間もなく血塗れになって死ぬ。
    外道さんに噛まれると、噛まれた者もまた外道さんに成ってしまうのだと。
    そのためか、二人はしばらく隔離されて様子を調べられた。

    彼女が言うには、兎も確かに怖かったが、それよりも村中の子供たちから「外道」
    と呼ばれて虐められたことが、子供心に何より堪えたのだそうだ。

    913: 名無しさん 05/01/31 01:03:56 ID:qsBAqFE20
    >>900
    怖っ!
    過去スレでも狂犬病を予感させる話が出てましたが、
    いくら狂犬病に罹ってもウサギが人を食べようとはしないもんなあ…。
    それより村人達は山狩りをしてどうするつもりだったんだろう。
    ヘタすると外道さんが大量発生する羽目に…。 (((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    (この記事の続きを読む)

    「木の枝」「旧道」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    登山道

    239: 名無しさん 2006/05/20(土) 18:21:30 ID:2sROl7VWO
    木の枝

    小さい頃、父親と登山した。
    山頂にはいろんな形の木の枝があり、面白いから持って帰ることにした。

    ところが、最初はキャッキャ言いながら楽しく下山していたのに、
    途中から背後にずっと人の気配を感じて、怖くて涙が出てきた。

    私は父親に大泣きしながら
    「誰か何人もついて来てる。でも振り向いても誰もいない。」と言った。

    子供ってそういうのわかるっていうし、多分本当に良くないものが後ろにいたんだと思う。

    麓に着いてから、父親が
    「きっと勝手に木の枝持って来たから山の神様が怒ってるんだよ。枝は置いて帰ろう。」
    と言った。

    枝を置いて来たら嘘みたいに気配がなくなった。
    山には絶対神様がいると思う。

    241: 名無しさん 2006/05/20(土) 21:41:13 ID:wdVoSgyu0
    いい話だ

    (この記事の続きを読む)

    「車中泊」「怪談話」「雪」「錫の音」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    霧が立ち込める山

    779: 名無しさん 2016/01/16(土) 19:08:00.17 ID:iaLno1b70.net
    車中泊


    車中泊が好きで、あちこち回ってる。
    最大のメリットは、宿泊場所を選ばないこととすぐに移動できること。
    できればSAや道の駅を利用することにしているが、
    その日は、ちょっと暑かったんだ。

    平地では寝苦しくなることが予想されたので、一夜の宿を求めて山へ向かった。
    標高の高いところならば比較的涼しいかなって、これは経験から。
    とはいえ、人家がまるでないような山中はさすがに怖い。

    20kmぐらい登ったかな?小さな集落のはずれに、公園のようなものがあった。
    街灯がないため、はっきりとは分からないが、数台分の駐車スペースがある。
    たぶん公園だろう。
    人家の灯りが見えるのは心強い。ここを宿に決めた。

    シートを倒し、カーテンを取り付け、マットを引いたら出来上がり。
    暑いのでタオルケットを被り、スマホ眺めながら横になった。
    長時間運転していたので、すぐに眠くなる。




    (この記事の続きを読む)

    「 スーツの男」「廃火葬場」【山にまつわる怖い話】

    鶏

    882: 名無しさん 03/05/03 00:00
    スーツの男

    オスタカ山の話(山の漢字忘れた)

    体験談じゃ無いけど・・・俺の部の先輩(かな?)の3年前の話

    サークルの一環でオスタカヤマに登ったとの事
    2人一組のチームで3チームに分かれて山小屋を目指す物だったらしい。

    先輩は友人と一緒にゆっくり時間を掛けて登るルートを取った為後一時間ほどで
    日没andゴールの所だった。
    ふと顔を上げると場に相応しくないスーツ姿の30代の男性が立っていた。

    おかしいなと友人と顔を見合わせその男と挨拶を交わそうとすると男の方から
    さわやかに挨拶がきた。「こんにちは、暑いですね。」と。

    確かにあたりは日が落ちたとはいえ夏場、確かに暑いがスーツ姿は大変暑そうに見えたらしい。

    だが先輩は東京出身で標準語なのでその男の姿はともかく言葉遣いに好感を持ったそうだ。

    先輩がその男に話し掛けようとしたら先輩の言葉を遮る様に「申し訳無いけど、東京ってどっちの方向?」

    となぜか照れくさそうに質問してきたと言う。先輩の相方が磁石を見て東京の方角を教えると
    「ああ、ありがとう」と丁寧に礼を述べ、その丁寧さと相反するようにすごい勢いで道も無い所を降りていったと言う。

    先輩は後で気がついてゾッとしたそうです、飛行機事故の事を思い出して。

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top