登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 怖い話・オカルト

    怖い話・オカルト

    「洞穴」「生存者」【山にまつわる怖い話】

    山並み

    247: 名無しさん 2005/06/22(水) 21:14:00 ID:XcnGeg4X0
    洞穴

    この前、大分のとある山に登ったのよ。そん時の話。

    昼ごろになって急に雨が降り出してきた。そしたらちょうど洞穴みたいなのがあって「ラッキー♪」と思いながら中に入った。

    中は結構広くて奥まで続いているようだった。ちょっとした好奇心で「奥の方に行ってみよう」と思い、明かりを灯して奥の方に行ってみた。

    しばらく進んでいると妙な事に気が付いた。「さっきから五分以上進んでいる。いくらなんでも長すぎないか?」

    その時「ゴオォー」という轟音が洞穴の中に響き渡った。驚いた俺は大急ぎでもときた道を戻り始めた。

    しばらく走ると明かりが見えて外に出た。雨は止んでいて外はいい天気だった。

    疲れた俺はその場に座り込みしばらく空を見上げボーッとしていた。洞穴の方を見る気にはなれなかった。洞穴からはまだ「ゴオォー」という音がしていたからだ。

    眠ってしまったらしく俺は見知らぬおじさんに起こされた。登っていると道端に俺が倒れていて眠っているようなので起こしたそうだ。

    俺はおじさんに事情を説明した。するとおじさんは「洞穴?そんなもの私の知っている限りじゃこの山にはないよ」

    俺は洞穴のあった所におじさんを案内したがそこにはなにもなかった。
    俺が入った洞穴は結局なんだったんだろう・・・。

    (この記事の続きを読む)

    「 落ちてきたもの」「下品な笑い声」「血の玉」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    山小屋

    97: 名無しさん 2005/12/24(土) 18:43:47 ID:p+pxP2m70
    落ちてきたもの

    知り合いの話。

    高校時代に、部の仲間と共にキャンプをした時のこと。
    夕食が終わって後片付けをしていると、何かが天より落ちてきた。

     どさっ!

    重い音を立ててテント横に落ちたそれは、白い大きな動物に見える。
    皆は慌ててキャンプ場の外れまで逃げ、恐る恐る遠巻きにした。
    ぱっと見、人体のように思えた。

    色白の坊主頭で、関節がありえない方向に曲がっている。
    そこまで見て取ると、皆はこれまた慌てて助けに駆けよった。

    落ち着いてみて気がついた。人ではない。
    マネキンだった。
    誰がやったものか、全身がずたずたに傷付いている。
    周囲の森を見回したが、投げた主はおろか何の気配も感じられない。

    一応後退で見張りを立てたが、それきり何の異変も起こらなかった。
    街から相当離れた場所だったのに、誰がマネキンなど投げ込んできた
    のか、今でも不思議に思うのだそうだ。

    (この記事の続きを読む)

    兄貴が山菜採りで会ったおじいさん【山にまつわる怖い・不思議な話】

    登山道

    211: 名無しさん 2005/10/30(日) 02:54:38 ID:slXWHTWm0
    698 :深い意味は無い :2005/10/29(土) 23:52:59 ID:uPaT+ZzA0
    山菜採り
    俺の兄貴が小学生のころの話(俺が生まれる前の)

    兄貴が小5の春ごろ、おじいちゃんと一緒に近くの山に山菜採りに入ったんだって。

    狙っていたのはタラっていう植物の芽で幹に棘が生えてるんだけど
    春頃に生えるその芽がてんぷらとかにするとすっごく美味しいんだ。

    兄貴はそこの山でよく遊んでたらしくて、山菜の種類は知らなかったけど
    おじいちゃんより山道には詳しかった。

    そんなこともあってどれがタラの芽かを知ったら
    兄貴は一人でずかずか山に入っていったんだって。

    兄貴は山菜取りに夢中になって普段は見えているけど行かない
    ような山にも入って結構な量が手に入ったのに
    満足して帰ろうとすると近くに人の気配がして振り返ったんだって。

    すると10メートルぐらい離れた大きな岩の上に
    ガリガリに痩せた汚い着物姿の白髪の爺さんが座ってたんだって。

    兄貴はちょっとビビッタらしいんだけど、足元に山菜籠があったから
    同じ山菜取りの人かと思って挨拶して帰ろうとしたんだ

    するとその爺さんが
    「坊主・・・・タラの芽探しとるのか?」
    っていいながら所々歯の抜けた口を開けてニタリって笑ったんだって。

    兄貴は気持ち悪いとは思ったんだけど
    「うん、お爺さんも山菜採ってるの?」
    って聞き返したんだって

    続く

    (この記事の続きを読む)

    「狐屋敷」「先客」「三四郎」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    登山道

    109: 名無しさん 2006/05/09(火) 23:53:30 ID:95eCRXCp0
    狐屋敷

    友人の話。

    小学生の頃、仲間数人で山中の廃屋探検に出かけたという。
    子供らの間では有名な幽霊屋敷で、不気味な噂が幾つもあった。

    侵入してからわかったのだが、普通の屋敷ではなく、どうも何か儀式を行う
    道具の保管場所でもあったらしい。

    破れ放題ではあるが、それなりに立派そうな物が無造作に転がされている。
    捨て置かれたのか、そのまま忘れ去られたか。

    喜んでお宝を漁っているうち、いきなり「痛っ!」と叫んだ者がいた。
    見れば、瓶の中に手を突っ込んだ仲間がヒィヒィと泣いている。

    中でどうかしたのか、とにかく一人では抜けない様子だ。
    慌てて皆で協力し、何とか瓶から手を引っこ抜くことが出来た。

    泣いている子供の手には、深い歯型がついていた。血が滲んでいる。
    どうにも人の歯型に見えた。鳥肌が立ったという。

    一人気が強いのがいて、そいつがエイッ!と件の瓶を叩き割った。
    中からコロンと転がり出たのは、白い狐の面一つだけ。

    口元が赤い汁で汚れていた。
    誰かが「うわぁっ!!」と叫び、皆必死に逃げ出したのだという。

    それからしばらく経つと、その廃屋は『狐屋敷』と呼ばれ始めた。
    彼らの探検談が、いつの間にか広まっていたらしい。
    「でもね“○○が狐に喰われた!”とかさ、物騒な尾鰭が付きまくっていたよ」
    彼はそう笑いながら、この話をしてくれた。

    (この記事の続きを読む)

    「 山伏のような影」「 消える餅」「地蔵」「樹上の遺体」【山にまつわる怖い話】

    夜

    484: 名無しさん 04/01/01 16:09
    山伏のような影

    友人の話。

    彼の所属する青年部では、毎年、初日の出登山というものを開催している。
    元旦の前には、山頂の小さな祠に、当日晴天に恵まれるようお参りするのだそうだ。

    一度、雲が多く天気が悪い年があった。
    どうなることかとスタッフ一同心配していた。

    日の出時間間近、彼は山頂の一番高い木に、何かが止まっているのに気がついた。
    はっきりと見えなかったが、何だか山伏のようだったという。

    それは分厚い雲に向かい、一生懸命に団扇のようなものを振っていた。
    なぜか分からないが、彼も心の中で必死に応援したそうだ。

    日の出寸前、雲の一部がぽっかりと口を開けた。
    皆の口から歓声が上がり、無事にご来光を拝むことができた。

    雲が切れたのは、ちょうど日の出の前後、十分くらいだけだったという。
    いつの間にか木上の影は見えなくなっていた。

    彼はそれ以来、年末のお参りには欠かさず参加しているそうだ。
    今のところ、六年間無事にご来光を拝めているらしい。

    (この記事の続きを読む)

    「クマ」「白っぽい足のようなもの」「 白い人影」「鹿男」【山にまつわる怖い話】

    山

    333: 名無しさん 04/04/04 12:27
    クマ

    山で会うクマほど怖いものないぞ。

    俺、とある県の林業試験場に勤めてるんだがたまたま入った山の中でクマに出会った。

    向こうは傾斜60度くらいの切り立ったがけの上。こっちは下。
    絶対目が合ってた。

    一瞬「♪ある~日~~森の中~~~クマさんに~~~出会った~~」
    という歌が浮かんだ。
    その後、その場にいた全員反対側に猛ダッシュ!!

    無事事務所に帰った後、皆森のクマさんの歌が浮かんだ、という事実が判明。
    本気で統計取って学会に提出しようかと思った。

    (この記事の続きを読む)

    「雷」「同じ夢」「迷子」【山にまつわる怖い話】

    森

    486: 名無しさん 03/03/21 03:27


    べつに心霊話でも何でもなく、下世話な現実なので恐縮だが。
    山で鉄塔に登ったとき、ちと怖い目にあったぞ。

    このスレの住人のような山歩きの方々とは違い、電気関係の仕事だ。
    鉄塔に登って作業をしていたら、だんだん周囲が霞んできた。雲が流れてきたんだ。

    おまけにやたら冷たい雨まで降り出した。手足は滑るし視界は無いしこりゃたまらん
    とか思ってたら、いきなりカカッ!と緑?黄色?みたいな光が。

    雷だ。俺の目と同じ高さで電撃が走っている。
    今から鉄塔を降りて避難しても5分はかかる。いつ直撃するのか、マジで恐怖だった。

    ホントはちゃんと気象を見ながら早めにきり上げなきゃならなかったんだけどね。

    国の規則でそう決まってる。叱られるので場所や仕事の内容は伏せるけど。
    ちょっと無理なスケジュールだったねあれは。まったく、自然には勝てねぇよな。

    (この記事の続きを読む)

    「お経」「スキー跡」「送り犬」【山にまつわる怖い話】

    夜の山

    874: 名無しさん 04/03/23 00:58
    お経

    先輩の話。

    里山でキャンプしていた時のこと。
    夜テントの中で寝ていると、どこからか微かな声が聞こえてきたという。
    その声が何を言っているのか分かった途端、眠気は冷めた。

    お経だった。

    声が聞こえなくなっても、その夜はもう一睡もできなかったそうだ。
    明朝、テントの撤収をする時になって気がついた。

    テントのすぐ横の地面に石が敷き詰めてあり、そこには人が横になれるくらいの溝穴が掘ってあった。

    明らかに火葬場の跡だった。

    テントを張る時は、周りをよくよく確認しなくちゃいけない。
    先輩はしみじみとそう教えてくれた。

    (この記事の続きを読む)

    山道に沿って続く赤い鳥居【山にまつわる怖い話】

    霧

    416: 名無しさん 2015/09/13(日) 08:54:24.77 ID:Z2x+O/sd0.net
    小学校6年生のときのことです。
    夏休み中で、その日は午後からクワガタを獲りに3年生の弟とずっと裏山に入っていました。

    裏山は高さ100mもあるんでしょうかね。
    何本か登山道はあるんですが、どれも一本道で何にもない山頂に続いているだけです。

    ほんの小さい時分から入って遊んでるんで、危険なことなんて何もない思っていたんですよ。

    それからクワガタといっても大きなのはめったに見かけなくて、
    コクワガタというんですが、朽木の中にもぐりこんでいるやつ。あれを集めてたんです。

    倒れた太い木で、すっかり乾いてくぎ抜きでほじくり返せるやつ、
    そういうのの木肌をぱきっと割ると中に通り道の溝ができてて、そこにひそんでるんです。

    オスばかり獲ってメスは捨ててましたね。

    夕方になったんで帰ろうと道を下っていると、
    林をへだてた向こうの登り道が見えるんですが、
    木の間に何か赤いものが見え隠れしている。

    何だろうと思ってちょっと高いとこから見たら、お稲荷さんにあるような小さい赤い鳥居です。
    それが何十本もずっと山道に沿って続いていました。

    「あれっ」と思いました。小さな山でほんとに隅々まで知ってるんです。
    そっちの道も何度も通ってますが、そんなものはこれまでなかったんです。

    子どもでも不思議に思いますよね。それで弟といっしょにいったん下りてから、
    あらためてそっちの道を上っていきました。

    (この記事の続きを読む)

    「冬山登山」「鐘」「山歩き大会」【山にまつわる怖い話】

    夕暮れの山

    463: 名無しさん 03/12/31 16:49
    冬山登山

    先輩の話。

    部活で冬山登山していた時のこと。

    夕方から猛烈な吹雪となり、テントから一歩も出られない状況になった。
    皆で身を寄せ合い、入り口を中からしっかりと閉めて就寝したのだという。

    翌朝目が覚めて、外の様子を見ようとして驚いた。
    テントの入り口が開かない。

    仕方なく通風孔を破り広げて、そこから外に出た。
    誰がやったのか、テントの入り口は外からしっかりと縛って止めてあった。

    幸い天候が回復したので、急いで下山したそうだ。

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top