登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

 2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

怖い話・オカルト

空飛ぶ鳥居って知ってる? 2016年06月08日 12:00

【東京・新宿区】心霊スポット検証人骨100体以上が発見されたという「戸山公園」の『箱根山』に登ってみた

1: 名無しさん 2017/02/20(月) 01:28:14.07 ID:CAP_USER9
1

あなたは幽霊を信じますか? まことしやかに語り継がれる怪談・都市伝説、全国各地での目撃談や奇妙な事故の数々……
そんな激ヤバ心霊スポットに潜入リポートするのが「心霊スポット検証」である。
今回は、大都会東京のど真中にあるにもかかわらず、霊の噂が後を絶たない公園をリポートしたい。

新宿区にあるその公園の名は「戸山公園」。広大な面積を誇るこの公園は、地元住民の憩いの場だが、深夜は数多くの怪奇現象が起こる心霊スポットとして知られている。
一体どんな恐怖が待ち受けているのだろうか……。

・100体以上の人骨
戸山公園は、東京メトロ西早稲田駅から徒歩10分ほどの住宅街を抜けた場所にある。
その昔、旧陸軍の医療施設が点在していたこの一帯からは、なんと100体以上もの人骨が発見されており、一説では関東軍第731部隊による人体実験の犠牲者とも言われている。ネットでは「ガチで “出る” 公園」として話題だ。

その中でも、公園内にある標高44.6メートルの『箱根山』山頂では男性の泣き叫ぶ声が聞こえるとの噂がある。
深夜は誰も近づかないという箱根山。
はたして声の正体は何なのか。それを確かめるため、さっそく私(りょう)は戸山公園に向かった。

・人通りが全くない
深夜0時すぎ、西早稲田駅に到着。交通量が多い明治通りを渡り、すれ違った男性に公園までの道を尋ねる。
見知らぬ街に来る度、いつも思うのだが、地図を見るより人に聞いた方が圧倒的に分かりやすい。
ついでに戸山公園の怪奇現象についても聞いてみたところ「夜中に人魂を見たことがある」と話していた……。

教えてもらった通りに進むと、住宅街に出た。この時間になると、さすがに明かりが灯る家は少ない。人の姿は皆無だ。
閑散とした様子に、若干の不安を感じつつも先を急ぐ。

すると、突然看板が目に飛び込んできた。へ? 暗くて気づかなかったが、すぐ目の前にはうっそうとした森が広がっている。
どうやら戸山公園にたどり着いたらしい。ここに噂の箱根山があるのか?

園内には数メートルおきに街灯が灯っているが、非常にうす暗い。
道は整備されていてウォーキングコースになっているものの、足元に注意しながら公園の奥へ入っていく。まるで何かに誘われるかのように……。

2

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0219/rct_170219_2576170486.html
ロケットニュース242月19日(日)21時45

(この記事の続きを読む)

【イボイボ…】霊能者も恐れる「最凶心霊スポット」関東編…60年代にワープするトンネル、死にたい気分になる公園

1: 名無しさん 2017/01/27(金) 11:30:23.66 ID:CAP_USER9
6

心霊スポットと呼ばれる場所は無数にあれど、中には霊能者でも避けて通るほどの恐ろしいスポットがある。

神仏の機敏を感じ取った上での開運法を伝授したり、会員制で心霊相談などの活動を行っている霊能者のジャスミン蓮氏がまっさきに挙げるのが、ワープや「神隠し」が起こることで有名な都内Sのトンネルだ。

人が消える、別の場所に飛ばされるなどの体験談が絶えず、ネット上でも「エンジンを切ったら『ドン』という音がして反対車線にワープしていた」という噂がまことしやかに囁かれている場所である。ジャスミン氏はここを「本当に怖い」と強調する。

「大きな水がある場所、例えば池の周辺など強い陰の力が働くというのがワープが起こる場所の条件の一つです。そして世界の境が曖昧になる時間帯である夕方の4~5時(逢魔ケ刻)や朝の4~5時であるという条件が重なるとさらに逢いやすくなる。朝の4~5時はむしろ神様に逢いやすい時間帯、陰の力が最も働くのは丑三つ時。そういう時に近所に水場があるという条件が重なるとワープが起こりやすいのです」

ダムのような貯水だと自殺に傾くという。兵庫県にも神隠しが多いが、これは「135度のレイライン」が関係しているらしい。

Sのトンネル付近には、元々水脈があり、湿度が高い。つまり、水気の多いところを埋め立てているのだ。現在は交通量が多く、それが川の水の流れと同じ作用を起こしていると思われる。

(以下省略)

全文よむ
https://nikkan-spa.jp/988541

(この記事の続きを読む)

「姥捨て山」は都市伝説…そんな歴史的事実は存在しない←これってマジ?

1: 名無しさん 2017/01/07(土) 12:08:39.84 0
9

「姥捨て」という都市伝説
池田 信夫 1/7(土) 7:10配信

世の中には、意外に根も葉もない都市伝説が受け継がれているもので、「姥捨て山」というのもその一つだ。これは深沢七郎が『楢山節考』で創作した物語であり、そんな歴史的事実はまったく存在しない。

もちろん人口問題は昔からあった。日本の人口は江戸時代に急速に増えたが、農地を開墾する余地がなくなった1700年ごろ2600万人で止まり、それ以降150年間ほとんど増えなかった。これは偶然とは考えられない。
人口問題を解決した方法は、姥捨てとは逆の子捨てである。
もっとも多い方法は「水子」、つまり乳児を捨てることだった。

これは合理的である。老人を殺すのは大変だし、捨てても村に戻ってくるが、乳児は放置するだけで死んでしまう。速水融『歴史人口学で見た日本』によると、1750年以降の記録から確認できる乳児死亡率は21%で、これが当時の日本の平均に近いと彼は推定している。これはいま世界最高のアフガニスタンより高い。

もう一つは、速水氏が都市アリ地獄説と呼んだ現象だ。
江戸時代の人口を推定すると、農村の人口が増える一方で、江戸が100万人、大坂と京都が各50万人で、ほとんど増えていない。この原因は都市の衛生環境が悪く、伝染病などによる死亡率が高かったためだと思われる。ある村の記録では、奉公人が都市に出たうち、奉公を終了した理由の3割が「死亡」だった。

人口が都市に移動したのは、伝統的な「合同家族世帯」が江戸時代に「直系家族世帯」になったためだ。
中世には兵農が分離しておらず、数十人の大家族で一つの軍団を形成していたが、江戸時代に平和になって親子3代までの小家族になり、労働意欲が強まって勤勉革命が起こった。土地を相続するのは長男だけなので、次三男や女性は都市に出て死んだのだ。

このような歴史をみると、現代との共通性がみえてくる。
江戸時代に農地が限界に達したとき、「口減らし」として行なわれたのは、既得権をもつ老人を捨てることではなく、若者や子供を捨てることだった。
その伝統は、今も日本に残っているのだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170107-00010012-agora-soci

(この記事の続きを読む)

おじろく・おばさとかいう風習が昔長野県にあったの知ってる?

3


1: 名無しさん 2016/12/13(火)22:34:40 ID:LxJ
悲しい

2: 名無しさん 2016/12/13(火)22:35:36 ID:z6z
感情なくしてたんやっけ
悲C

3: 名無しさん 2016/12/13(火)22:36:47 ID:LxJ
 長男以外の人間は、結婚もできず、世間との交流すら許されず、死ぬまで家のために奴隷のごとく働かされる......。
いったい、いつの時代の、どこの国の話だと思われるかもしれない。しかしこれは、日本に20世紀まで実在した「おじろく・おばさ」という風習なのである。

 国土の7割が山である日本。山林によって隔絶された村では、独自の文化が発生する場合が多い。昔の長野県神原村(現・下伊那郡天龍村神原)もその一つだ。

 耕地面積が少ないこの村では、家長となる長男より下の子供を養う余裕がない。そのため、家に残った下の子供は「おじろく(男)・おばさ(女)」と呼ばれ、長男のために死ぬまで無償で働かされた。

 家庭内での地位は家主の妻子よりも下で、自分の甥っ子や姪っ子からも下男として扱われる。戸籍には「厄介」とだけ記され、他家に嫁ぐか婿養子に出ない限り結婚も禁じられた。
村祭りにも参加できず、他の村人と交際することも無かったため、そのほとんどが一生童貞・処女のままだったと推測される。
将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。

 そんな奴隷的な状況が、ある種の精神障害をもたらすのだろう。おじろく・おばさは無感動のロボットのような人格となり、言いつけられたこと以外の行動は出来なくなってしまう。
いつも無表情で、他人が話しかけても挨拶すら出来ない。将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。

(この記事の続きを読む)

【山での怖い話】裏銀座でガレ場横切ってる時に足滑らせて滑落しかけた。 心臓バクバクでホッとしてたら上の藪から、「惜しい」って 声がした。 絶対に空耳ではない・・・

1


589: 名無しさん 2016/09/15(木) 21:53:29.32 ID:zoFAFLtd
登山口駐車場に前の日につき、仮眠し回りに車もなくだれもいない朝早く一番に登りはじめて、最初の小休止の時に、上の道から声が聞こえてきた。
先行者いるのか?と思いそのまま登って上に着いたが、誰もいなかった事がある。
確かに声が聞こえた。

590: 名無しさん 2016/09/15(木) 22:32:27.39 ID:Xald3wKM
山を歩いていると後ろから聞こえてくるオヤシロさまの足音的なアレは一体なんなのか・・・

591: 名無しさん 2016/09/15(木) 22:35:03.42 ID:g7lQUzks
声が聴こえたような現象はたまにあるね。
一昨年の冬、夜明け前に御池岳の冬季閉鎖された道(コグルミ谷付近)を歩いていたとき、どこからか餃子を焼く香りが漂ってきて、お腹が空いたことがあるわ。

592: 名無しさん 2016/09/16(金) 01:01:34.59 ID:ylu3KxSF
仮にそれが心霊現象だったとして
奴らは何を訴えているんだw
関連記事
丹沢の山中で遭遇した作り物の熊


(この記事の続きを読む)

登山口で車中泊って、一台だけだと怖いよな(>_<)

1


1: 名無しさん 2016/10/27(木) 22:26:02.13 ID:6pXTl/QQ
寝れないわw

2: 名無しさん 2016/10/27(木) 22:37:38.34 ID:g8VHvZ5G
霊を引き寄せるというしな

3: 名無しさん 2016/10/27(木) 22:40:33.29 ID:6pXTl/QQ
>>2
やめてええええええ

4: 名無しさん 2016/10/27(木) 22:55:34.43 ID:Yrlmaybh
本当に怖いのは人間

去年の冬、割と辺鄙なキャンプ場に行って受付はおろか周りに人っ子一人いなくて
寂しいとこだなと思ったけど、「秘密基地感」でワクワクしながら一人で焼肉して
あほみたいにアレコレはじけて焚き火相手にくつろいで大満足して就寝についた日の晩・・・・・

寝床であるキャンピングカー仕様のハイエースの窓に張り付いていた顔
マジで心臓氷ついて声も出なかった
スモークのガラス越しなのにまっすぐ俺の目を見てた

目が合って10秒くらいでかろうじて震える手で窓を一撃したら奇声をあげて飛びのいたんだけど
暗くてよく見えなくて怖すぎてその場にいることも出来ないし暗闇の中キッチン器具片付けるのも怖いから
そのまま放りっぱなしで車で下山してきて最寄りの道の駅で夜明けを待った

なんであんな場所の人がいたのか考えただけで未だに怖くてキャンプがトラウマ

5: 名無しさん 2016/10/27(木) 23:00:47.10 ID:dMIdVbD9
>>4
それ人間じゃないじゃん
てオチ?

11: 名無しさん 2016/10/28(金) 02:12:25.88 ID:hG1JwYQO
>>4

それ受付のオヤジじゃないんかい?

12: 名無しさん 2016/10/28(金) 02:40:07.37 ID:OzoacniG
>>4
霊は奇声上げて飛び退いたりしない気がする
キャンプ場に住み着いたホームレスの可能性大

13: 名無しさん 2016/10/28(金) 03:02:30.45 ID:POOgS54S
>>4
その節は驚かしてスマン
関連記事
車中泊に便利なアウトドアグッズといえば?


(この記事の続きを読む)

この登山ビデオレターよりゾッとするコピペあんの?

no title


1: 名無しさん 2016/09/26(月) 03:33:50.481 ID:UbmWE6dH0
あれ未だに何回見ても寒気するわ

3: 名無しさん 2016/09/26(月) 03:34:22.046 ID:+Dze6pqa0
確かに

4: 名無しさん 2016/09/26(月) 03:34:25.095 ID:WdFV0LlE0
どれ?

5: 名無しさん 2016/09/26(月) 03:36:03.834 ID:UbmWE6dH0
会社の同僚が亡くなった。
フリークライミングが趣味のKという奴で、俺とすごく仲がよくて
家族ぐるみ(俺の方は独身だが)での付き合いがあった。
Kのフリークライミングへの入れ込み方は本格的で
休みがあればあっちの山、こっちの崖へと常に出かけていた。

亡くなる半年くらい前だったか、急にKが俺に頼みがあるといって話してきた。
「なあ、俺がもし死んだときのために、ビデオを撮っておいてほしいんだ」

趣味が趣味だけに、いつ命を落とすかもしれないので、あらかじめ
ビデオメッセージを撮っておいて、万が一の際にはそれを家族に見せてほしい、
ということだった。俺はそんなに危険なら家族もいるんだから辞めろと
いったが、クライミングをやめることだけは絶対に考えられないとKは
きっぱり言った。いかにもKらしいなと思った俺は撮影を引き受けた。

Kの家で撮影したらバレるので、俺の部屋で撮ることになった。
白い壁をバックに、ソファーに座ったKが喋り始める

「えー、Kです。このビデオを見てるということは、僕は死んで
しまったということになります。○○(奥さんの名前)、××(娘の名前)、
今まで本当にありがとう。僕の勝手な趣味で、みんなに迷惑をかけて
本当に申し訳ないと思っています。僕を育ててくれたお父さん、お母さん、
それに友人のみんな、僕が死んで悲しんでるかもしれませんが、
どうか悲しまないでください。僕は天国で楽しくやっています。
皆さんと会えないことは残念ですが、天国から見守っています。
××(娘の名前)、お父さんはずっとお空の上から見ています。
だから泣かないで、笑って見送ってください。ではさようなら」
関連記事
【閲覧注意】山の測量とかいうクッソ怖い話wwwww


(この記事の続きを読む)

空飛ぶ鳥居って知ってる?

1: 名無しさん 2016/06/03(金) 19:04:37.20 ID:xhf+b5gF0
以前友人が旅行先で見たらしい
ネットで調べても詳細わからなかったので詳しい人がいたら教えてほしい

友人からの情報
・場所 熊野古道近く
・見た目 赤い鳥居が連続して並んで空に浮かんでた

1

2

3: 名無しさん 2016/06/03(金) 20:44:28.83 ID:kgevYzYw0
なにこれ?

4: 名無しさん 2016/06/03(金) 20:52:34.56 ID:xhf+b5gF0
>>3

何なのか全然わからないので知ってる人いないかと

宙に浮いてたらしい

5: 名無しさん 2016/06/03(金) 20:59:05.38 ID:gwWCGExi0
御神通しと呼ばれる奇跡現象と思われます。

遠方から神が飛来するときにおこると言われています。

6: 名無しさん 2016/06/03(金) 21:04:51.69 ID:xhf+b5gF0
>>5

では、これは本当の怪奇現象だった?
似たような話や画像も調べて出てこなかったけれど
関連記事
【熊野三山】熊野古道を歩いて来た


(この記事の続きを読む)

おてんぐ山の山頂で出会ったひとりの男の子

7


60: 名無しさん 投稿日:2012/02/15(水) 16:26:12.00 ID:SFQVaQqX0
子供のころ、数日間田舎にあずけられることがあった。
群馬の山間部にある、比較的大きな家で、裏には『おてんぐ山』と呼ばれているじいちゃんの持山があった。

やることがないと、その山で落ちているセミをとったり、ウロウロと歩き回ったりして時間を潰していた。
だが、絶対に山頂に向かってはいけないと言われていて、ある場所から奥へは入ったことがなかった。

61: 名無しさん 投稿日:2012/02/15(水) 16:35:40.70 ID:SFQVaQqX0
迷子になりそうだったので、それより奥に行こうとも思わなかった。

ある時、おてんぐ山で遊んでいると、不意に男の子が現れた。
僕よりいくつか年上で、多分小学四年生くらいだろうか。
せみの取り方を教えてくれて、もっといい場所があると促され、僕ははじめて山の奥に足を踏み入れた。

途中のことはあまり覚えていないが、着いたのはおてんぐ山の山頂だった。
小さく狭い山頂には、古いがわりと立派な祠のようなものが建ててあった。
関連記事
【(´Д`;)】怖い地名・良い地名【(・∀・)】血洗島 昔、氾濫する荒川の中洲で武士が返り血や自身の血を洗い流した…


(この記事の続きを読む)

遠くからの足音。 石を踏み、ざくざくと一定のテンポで進んでくる。 これから山へ入る連中だろう…

3


404: 名無しさん 投稿日:2007/11/10(土) 08:46:04 ID:Dn4afmQ00
秋、本州でも高山では雪が降り始め、11月から翌年の
6月か7月までは、山小屋さえ閉ざされる。
賑やかな声は聞かれなくなり、寡黙な連中が多くなる。
冬の手前、秋の終わり。
そんな時期の野宿というのはまた格別で、特に朝が良い。

顔の冷たさに目を開け、テント代わりに枝から吊るしたシートを
めくると、周囲が白く光っていた。
積雪というほどでもないが、雪が薄く周囲を覆っている。
空は暗く、月の明りもぼんやりしている。

朝露が草木に降る音さえ聞き取れそうなほどの、静けさ。
時計を見ようとランプに手を伸ばしたが、この暗さと静寂を
破るのは、あまりに野暮な気がした。
明るくなればそれが朝だと、もう一度横になり、身体を丸めた。

遠くからの足音。
石を踏み、ざくざくと一定のテンポで進んでくる。
これから山へ入る連中だろう。
だとすれば、もう朝は近いということになる。
そのまま起きることに決めた。
関連記事
【閲覧注意】山の測量とかいうクッソ怖い話wwwww


(この記事の続きを読む)
■ About
twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
rss
follow us in feedly
2

いらっしゃいませ。(´・ω・`)
初めての方はこちらをご覧ください。
→このブログについて。
→全記事一覧

調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


■ 最新コメント (*゚∀゚)
■ はてブエントリー

■ スポンサーリンク

Back to Top