登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    怖い話・オカルト

    俺が北の大地で試された話… 2017年07月10日 22:00

    【山の怖い話】登山記録用のスケッチブックに書き込んであった自分の遺書…

    benjaminrobyn-jespersen-438368


    101: 名無しさん 2017/10/11(水) 00:45:06.07 ID:buNs+4bt
    こんな話もある。
    場所は関東;時代は1990年代なかごろ
    (その「こと」に気づいた時点)

    オレは日記をつけている。日記とメモと登山記録(ログ)を一緒に。
    コクヨのレベルブックやスケッチブックを使っている。
    大学に入って新生活!ということで始めたのだと記憶している。
    1日分の書き込み量の長短はあるし、1週間分まとめて書いている部分もたくさんある。

    ある日、家で、使わないものを入れている段ボール箱を整理していると昔使っていた
    リュックが出てきた。上に登山用でない衣類が入っていたので気がつかなかったのだ。
    学生のころ買った懐かしいリュックだった。
    あるローカルの登山用具会社のオリジナルリュックだ。
    こんなところにあったのか!捨てたと思っていたのに。

    とりあげてみると中に一冊ノートが入っていた。日記用のスケッチブックだ。
    最初の数ページを読んでみると1985年の日記の一つだった。丁度その時期のものが
    欠けていて、紛失してしまったのだと思っていた。
    うれしくなってページをめくった。

    表紙は濡れたらしくぼこぼこになっていてページは泥がついてまとまって
    貼り付いてしまっていた。それを丁寧に剥がしながら読みすすめた。
    懐かしさにひたりながら読んでいるとノートの中ごろのページに変な記述があった。

    それは、関西のある山での登山記録だった。装備リストや日程表、交通プラン、
    詳しい時間記録、場所の記録、などが書き込んであった。それに国土地理院の
    昔の2万5千分の1の地形図の一部を切り取ったものもページに挟まって泥で
    こびりついていた。それにはルートの書き込みや時刻の書き込みもあった。
    (つづく)
    関連記事
    【怪奇】ロシアで登山をしていた男女9名が怪死を遂げた「ディアトロフ峠事件」

    (この記事の続きを読む)

    山小屋の二段ベッドで深夜に感じたゴソゴソしている気配…

    bashar-alaeddin-436039


    80: 名無しさん 2017/10/01(日)18:24:14 ID:VsH
    友人たちと3人のグループで登山旅行をしたとき、山小屋に泊まった。
    部屋には二段ベッドが2つ設置されていて、
    友人Aが片方の上段に、BがAと同じベッドの下段に、
    私はもう一方のベッドの上段に寝て
    私の方のベッドの下段には荷物を置いていた。

    翌朝早くに出発するので寝なきゃいけないのに
    その日の晩は妙に頭が冴えてなかなか寝付けなくて
    向こうのベッドのふたりの寝息が聞こえてくるから
    余計に焦って羊を数えていたら
    なんかベッドの下の方から人がいる気配がした。

    何かゴソゴソしてる気配。
    「起きちゃったの?」って小さな声で呼びかけたら気配が消えた。
    あれ?と思って反対側のベッドを見たら二人とも爆睡してる。
    気のせいだったのかなと思って、とにかく早く寝なきゃと思うと
    余計に眠れなくなって、するとまたベッドの下からゴソゴソと気配が。

    ネズミでもいるんだろうか、なんだろう、なんだろう・・・って
    怖くなって必死で目を瞑っていたら
    ベッドの下から蹴り上げるようなドンッって衝撃を背中に感じた。
    心臓が爆発したみたいに鼓動が激しくなって
    怖くて声も出なくて、ベッドの足元の方に体育座りしたまま朝を迎えた。

    結局一睡もできなくて、友達にその夜の出来事を話しても
    「怖いからやめてよー」って言われるだけ。
    幸い高山病とか心配するほどの高い山じゃなかったから
    寝不足でもちょっと疲れが酷いぐらいで済んだけど
    あの一件があってから日帰りできるトレッキングぐらいしかしなくなった。
    あと二段ベッドの上段は絶対イヤん。
    関連記事
    おてんぐ山の山頂で出会ったひとりの男の子

    (この記事の続きを読む)

    【山の怖い話】テント入り口に立つ赤いブーツを履いた女の子

    alexander-andrews-413227


    930: 名無しさん 2017/08/27(日) 13:03:08.16 ID:bbNSM8Dl
    こんな話もある
    場所は、東経89度以西のアジアの国、時は、2017年8月上旬

    安定しない天気で不安もあったが、明日登頂という事となった。
    テントをはって眠っていた深夜、目覚めた。興奮して眠りが浅かったのか。
    満月があたりを煌々と照らしている。風はないが雲が流れている。

    テントの中からジッパーを開いて空を見ていたら足音が近づいてくる。
    『こんな夜に、だれだ?何かあったか?』と思いそのまま見ていた。
    テント入り口近くに、ちいさな影が立った。
    月が逆光になって、その人物の顔は見えないが背が低い。
    子供だ。

    足元をみると赤い(朱色に見えたが)ブーツを履いていた。
    もう一度、顔を見上げると、その人物は話しかけてきた。
    「エージェーハーナウェ」声からするとやはり子供だ。
    わからない。現地の言葉だろうけど理解できない。
    「ハーナウェ」

    困った。
    「メデホ」
    こたえられずにだまっていると、その子供はジリっとテントに近づいてきた。
    『うむ!これはちょっとおかしいんじゃないか?!』
    起き上がってテントのなかで身構えた。
    (つづく)
    関連記事
    【山の怖い話】男体山で見た中学生くらいの少年…

    (この記事の続きを読む)

    【山の怖い話】山岳会で一緒だった会社員の河合さん…

    dardan-mu-373516


    776: 名無しさん 2017/07/20(木) 18:17:57.06 ID:hvuJjolS
    こんな話もある。
    場所は関西;時は30年前

    仕事の関係で知り合った登山を趣味とする人物、木村の話だ。
    彼は学生の頃、地域の山岳会に所属していた。
    しかし、別の大学の大学院に入ったのを機会に、その会の人たちとは疎遠になって
    しまい関係は絶えてしまった。若いときにはよくあることだろう。

    ある日、下山中に登山道で腰掛けて休んでいる男性から声をかけられた。
    「すみません、ああ、やっぱり、木村くんでしょう?なつかしいね!」
    その初老の男性に見覚えがあった。
    「何年ぶりかね?そう、10年くらいになるね、河合だよ、XX山の会で一緒だっ
    た。何回か一緒に登ったね」
    そうだ、会で一緒だった会社員の河合さんだった。これは奇遇だと思った。

    木村は、退会後の不義理をわび彼と近況を報告し合った。
    河合は、すでに定年退職して悠々自適だという。懐かしい、ちょっと甲高い声で
    楽しそうに喋るのは昔のままだった。

    一緒に下山して連絡先を交換して別れた。その後、何度か一緒に山に登った。木村
    は仕事を持っているし、お互い住んでいるところが離れているので、そう頻繁に
    でもなかったが。木村に電話をかけると、いつも甲高い声でこたえてくれた。
    もらった年賀状で、彼の奥さんがその後逝去されたことも知った。

    一緒に登ると、木村は河合からいろいろな助言を受けた。山歩きのことだけでは
    なく、仕事のことや恋人との付き合い方まで(w)
    父親を早くになくした木村にとって、河合に父親のイメージを重ねた。
    関連記事
    【山の怖い話】男体山で見た中学生くらいの少年…

    (この記事の続きを読む)

    心霊スポット50箇所は行った心霊マニアだけど結論として科学的に証明できる心霊現象は全く存在しなかった

    mitchell-bowser-348306


    1: 名無しさん 2017/08/21(月) 23:21:58.20 0
    人気のない真夜中の心霊スポット行けばそりゃ怖いしドキドキして周りの景色や音に敏感になる、ただそれだけなんだよな

    この場所で何人死んだとか尾ひれが付いた嘘の数字ばかりだし実際は誰も死んでなかったり
    テレビの怪談も芸人や作家の創作ばかり
    一度くらいガチっぽい現象と遭遇したかったが一度もなしまあ楽しかったから良しとしてる

    5: 名無しさん 2017/08/21(月) 23:28:20.08 0
    心霊を信じる人は経験するし信じない人は経験しない
    催眠術と同じ

    6: 名無しさん 2017/08/21(月) 23:29:51.64 0
    ここ数年の心霊映像は制作会社が作ってるから出来がいいよな

    8: 名無しさん 2017/08/21(月) 23:30:52.48 0
    薬物中毒者には小さいおじさんが見える
    これマジな

    51: 名無しさん 2017/08/22(火) 00:04:38.12 0
    >>8
    入院してた時それが見えるって大学生の女がいた
    科が関係ないし薬物ではない

    その女につられてか同室の子も見える見える言い出してその部屋は消灯時間過ぎても電気消させなかった

    その後精神科の医者が呼ばれて来たみたいだけど
    関連記事
    トンネルの上に墓地有って下に幽霊出るって良くある都市伝説……だよな?

    (この記事の続きを読む)

    【話題】お盆に出くわした心霊体験…「川で泳いでたら足を引っ張られた」「仏壇の部屋から祖父母の笑い声」

    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 13:19:32.68 ID:CAP_USER9
    no title

    今年は「山の日」を含め、お盆の夏休みをたっぷり取った人も多いのではないだろうか。
    おそらく今週は多くの社会人が、休み明けでイマイチやる気の出ない就労の日々を送っていることだろう。

    僕は休み中、2日ほど遠出したが、普段運動もせず体力もなかったこともあり、早々に体調を崩し、ろくなレジャーもしないまま、さっさと自宅に引き戻した。
    慣れないことは、しないに限る。

    さて、お盆はご先祖様が帰ってくるとされる季節。
    いつからか日本では、怪談めいた話がささやかれるようになった。

    時節柄、普段よりも多くの心霊体験が耳に入ってくる。
    みなさんにも心当たりがないだろうか?

    ■ 怖すぎる!「丑三つ時に仏壇の鈴が鳴る」

    先日、ガールズちゃんねるに「お盆に心霊体験をした人」というトピックが登場した。
    投稿者自身、不思議な体験をしたとして、こう書き残している。

    ***********
    「お盆前日、ドライヤーが勝手についたり、丑三つ時に仏壇の鈴(りん)が鳴りました」
    ***********

    こういうことがこの時期に起きると、「あれ?」と身構えてしまうのも仕方がないだろう。
    このトピックでは他にも様々な怪奇体験が寄せられているので紹介したい。

    ***********
    「お盆に川で泳いでたら足引っ張られて兄に助けてもらったけど、足に手跡がつきました。今も消えてないです」
    「墓参り行ったら、明らかに服装が昔の時代のままの小さい女の子がいて、『お水ちょうだい』って言われた」
    「幼稚園の時『お盆』の存在を知らなかったけど、お盆になると毎年誰もいない仏壇の部屋からおじいちゃんおばあちゃんの笑い声が聞こえてきた」
    ***********

    どれもこれも、コテコテの心霊体験ばかりだ。
    こういう奇妙な現象が起きてこそ「お盆」って感じがする。

    ■ 先祖に思いを馳せる素敵な風習

    僕は霊感がない人間だけど、8月半ばになるとしばしばおかしな事態に見舞われる。
    たしか20代前半の頃、終戦の日の深夜に金縛りになったことがあって、慌てて起き上がり、手元にあったインスタントカメラ(たしかチェキの一番最初のヤツ)で明るくした部屋を撮影しようとした。

    しかし、何故かシャッターが切れない。数分後、苦心して撮影には成功したものの、撮れたのは真っ白な画像。完全にフィルムをムダにさせられてしまい、非常に憤慨した記憶がある。霊感のない僕のような人間でも、こういう体験をするのがお盆という特別な時期なのだ。

    ……ここまで書いていて、ふと思い出した。
    そういえば今年の15日にも、それっぽい現象を目にしたんだった。

    といってもあんまりパンチの効いた話ではない。
    いきなりテレビの電源が落ちたり、チャンネルが勝手に切り替わったりしただけのことだ。

    普段こういうことがあったら「なんだよ、テレビ調子悪いな。買い換えるか」となってしまうのに、この時期にこういうことがあると「さてはご先祖様だな?」と、思ってしまう。
    普段ならなんともないちょっとしたことを気に留めては、自分の先祖に思いを馳せるのがお盆なのだろう。
    素敵な風習である。

    キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=39755

    (この記事の続きを読む)

    山小屋にいるんだけど夜の山怖すぎ…

    alexander-andrews-340055


    3: 名無しさん 2017/08/14(月) 20:40:09.41 ID:V+rApUg+0
    ホー ホー

    7: 名無しさん 2017/08/14(月) 20:41:46.47 ID:CksDgH620
    四隅で夜明けまでタッチするかー?

    11: 名無しさん 2017/08/14(月) 20:43:21.06 ID:6mrJLu4y0
    山ってやたら不思議な話が多いよな

    14: 名無しさん 2017/08/14(月) 20:45:24.46 ID:H3cvcFjw0
    そんな事よりも満天の星見ようぜ

    18: 名無しさん 2017/08/14(月) 20:47:35.16 ID:5dUtQB+10
    山の上でみる天の川が綺麗だった本当にミルクを夜空にこぼした様に光輝いていたな

    150: 名無しさん 2017/08/14(月) 22:05:49.18 ID:LGythxNA0
    >>18
    そんな綺麗に肉眼で見られるの?

    159: 名無しさん 2017/08/14(月) 22:09:39.11 ID:R0ghPWwy0
    >>150
    マジレスすると見れる
    1番綺麗に見えたのは小笠原諸島だったけど、今住んでる長野県の南端近くでも1時間も車を走らせれば充分綺麗だな
    関連記事
    【閲覧注意】山の測量とかいうクッソ怖い話wwwww

    (この記事の続きを読む)

    うちの爺さん、若い頃に仲間と登山して遭難した経験があったんだよ…

    5


    322: 名無しさん 2017/07/22(土) 17:21:22.48 ID:No/6YyKz0
    うちの爺さん、若い頃に仲間と登山して遭難した経験があったんだよ。
    四日くらい山の中を彷徨っててようやく救助されたらしいが助かったのは爺さんだけ。
    でもその時に仲間に肩貸してて(もう死んでたらしいが)どうにか一緒に山を下りようとしたって事で
    武勇伝というわけじゃないが一種の美談みたいな感じで親戚の間では有名だった。

    それで俺が子供の頃なんだが、ある時爺さんに俺だけ呼ばれて内緒話された。
    実は爺さんは仲間を助けようとしたわけじゃなかったらしい。
    そもそも仲間とは遭難した時点でパニックになってて言い争いを繰り返す険悪な状態で、
    食料も少なくギスギスしててとても助け合うような雰囲気じゃなかったらしい。
    なのになんで仲間を運んでたのかというと食料が無くなった時の為だったと言った。
    つまり、最悪の事態になったら仲間の死体を食うつもりだったらしい。

    爺さんは本当の事を話したら揉めて殺したんじゃないかと疑われると思ってずっと言えなかったらしい。
    本人としても早く忘れたい過去だったんだろうが、前述の通り美談みたいな扱いにされた上、
    自分で話したがらないのが逆に謙虚という事でどんどん広まってしまったという。

    そうなってしまうともう安易に訂正もできず、ずっと口を噤むしかなかったそうだ。
    俺に話したのは俺が孫の中で唯一の男で自分の話にあまり詳しくなかったから、
    真実を知ってもショックじゃないだろうと思ったからだと言った。
    関連記事
    お前らもし遭難して死にかけたら遺体を食べれるか?

    (この記事の続きを読む)

    俺が北の大地で試された話…

    2


    1: 名無しさん 2013/05/08(水) 22:14:33.86 ID:fYMmtsqi0
    誰に話しても信じてくれなさそうだが、せめてここで語らせてくれ
    質問とかにはなるべく答えるからさ

    2: 名無しさん 2013/05/08(水) 22:15:21.10 ID:JSBkQLYq0
    所詮2ちゃんねるなので話半分で聞くから大丈夫だ興味ある

    3: 名無しさん 2013/05/08(水) 22:18:55.31 ID:IltyIdDp0
    はよはよ

    4: 名無しさん 2013/05/08(水) 22:19:51.41 ID:fYMmtsqi0
    >>2 >>3
    ありがとう、一人でも読んでくれる人がいたら心強いよ
    書いてくわ、質問あったら適宜教えてね

    俺は今年で大学二年生、スレタイにもある通り北の大地のFラン大学生なんだ。
    二年生になっても俺はあまり友達もいなかったが、何とか楽しい学生生活を送っていた。

    5: 名無しさん 2013/05/08(水) 22:27:12.82 ID:fYMmtsqi0
    その大学は生物を主に取り扱うから、自然と動物や環境に興味が湧くんだよね。
    俺はせっかく北の大地に住んでるんだから、大自然の中で一日過ごしたい、あわよくば動物を観察したいと思い始めた。
    この時期はまだところどころ山に残雪があるけど、山菜採りで賑わうので、俺はある日、山で一泊する計画を立てた。
    関連記事
    北海道でクマと追いかけっこしたったwwwwwwwwwwwwww

    (この記事の続きを読む)

    山奥に骸を埋めてもバレるという風潮……

    14


    1: 名無しさん 2017/07/05(水) 07:44:03.899 ID:MdbJo9Gh0
    どうなってんの

    3: 名無しさん 2017/07/05(水) 07:44:41.255 ID:9ILkx52ba
    鹿が掘り返して食い散らかすらしい

    5: 名無しさん 2017/07/05(水) 07:46:38.100 ID:qK1UMAlN0
    >>3
    埋めが甘いだけじゃないのそれ

    7: 名無しさん 2017/07/05(水) 07:46:48.980 ID:EhSHzJ5bp
    >>3
    イノシシじゃね?

    50: 名無しさん 2017/07/05(水) 08:09:37.938 ID:A2JfMbB7M
    >>3
    なるほど

    なら最初から動物に食わしたら完全犯罪だなw

    4: 名無しさん 2017/07/05(水) 07:45:51.841 ID:mGgP0l3gd
    でも年間の行方不明者結構いるよね
    関連記事
    登山道で人間の遺体を発見したら実際どうする?

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ 最新コメント (*゚∀゚)
    ■ tozanchannelに関するツイート
    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top