登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 怖い話・オカルト

    怖い話・オカルト

    「数え歌」「山の神様」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    山のシルエット

    476: 名無しさん 2005/11/14(月) 01:34:16 ID:0NtQ4N/B0
    数え歌

    数年前、山を歩いてたら変な人に会いました。

    道の真ん中で40程の女性が震えてて、
    通りかかると「一緒に下山して下さい」って泣きながら頼むんです。
    その様子が尋常じゃないので、何か事情があるのだろうと快諾しました。

    歩きながら訳を聞いたのですが、私の言葉には反応してくれません。
    山を下りるまで私の裾を掴んでいて、
    しきりに念仏(メチャクチャですが)を唱えているようでした。

    山を下りきったとき、「大丈夫ですか?」と声をかけたら、
    恐る恐る周りを見回して「あぁーーー」といって崩れ落ちてしまいました。
    肩を貸して休憩所を兼ねてるみやげ物屋に入って話を聞いてみました。

    その女性があのあたりを通りかかったときに、
    どこからともなく、わらべ歌のような歌声が聞こえたそうです。

    見回しても誰もいなく、気のせいだと進んでいくと、
    いつの間にかまた元の場所に戻っていて、再び歌が聞こえる。

    歩くとまた戻る。だんだん歌声が近づいて来たとか。
    しかも、だんだん相手の声に歓喜が混じってきた。

    歌は数え歌らしく、近づいてくるごとに内容が聞こえるようになり、
    「よっつ、よみじはぬけだせぬ。ひがくれ、たそがれ、いのちくれ」と
    数えられたところで恐怖で動けなくなり、そこに私が通りかかったそうです。

    私の知る限り、その山は特に変な言い伝えもなく普通の観光名所です。
    そのみやげ物屋の老いた店員さんも、そんな話は知らないと言います。

    すると、一緒に下山してあげた女性は、
    「以前、同じように立ちすくんで居る人を助けてあげたことがある」とポツリと語りました。

    私はちょっと嫌だな、と思いました。それ以来、1人で山には入ってません。

    (この記事の続きを読む)

    「 散らばっている人骨」「 外れたザイル」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    雪山

    478: 名無しさん 2006/06/03(土) 07:20:20 ID:CMXV1/yz0
    散らばっている人骨

    大雨で溶けるように崩れた斜面に、人骨が散らばっていた。
    崩れた地面の元をたどれば、頭蓋骨だけで、百近くあった。
    巨大な穴を掘り、そこへまとめて埋葬したようだった。

    埋葬じゃないよ。
    彼は言う。
    あれはね、生き埋めですよ。
    しかも、まとめて一気に百人近い人間を埋めたんですよ。

    近隣ではかつて、よく分からない建物の遺構が見つかったが、
    不便すぎて調査もままならず、捨て置かれた。

    地元の有志が集まり、露出した大穴から骨を拾い集めた。
    昔は庄屋を務めた旧家の旦那が、一番熱心に拾い集めた。
    なんとなく、頭蓋骨を並べ、同じ種類の骨ごとに並べると、
    不自然な感じがしてきた。

    右足の骨が、ひとつも出てこない。
    骨盤の股関節部分、右足の付け根はどれも傷ついたり
    砕けたりしていた。

    (この記事の続きを読む)

    「良くないもの」「見舞いに来た仲間達」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    月

    281: 名無しさん 2006/05/24(水) 05:00:06 ID:sCjLjMSO0
    良くないもの

    異国の、山間の清流の畔に建つ宿に泊まった時の事。

    同行のローカルスタッフが俺に言った。
    「今夜は新月だから、外へ出ないで下さい。良くないものが出ます」
    訳をきくと、彼はこんな話を聞かせてくれた。

    ───昔、ある男が祭りで一人の娘と知り合い、恋に落ちた。
    娘の家は川向こうの山の中に会ったが、娘は毎晩のように舟を出し、対岸にある
    男の家を訪れ、二人は夜毎の逢瀬を楽しんでいた。

    娘は雨の日も風の日も、男の許を訪れた。
    男は大変心配し、無理をしてはいけないと言ったが、娘は笑って聞き入れなかった。

    ある日、強い嵐が辺りを襲った。
    山の木々は強烈な風に左右に捻られ、普段は美しく澄んだ水の流れる川は、茶色く
    濁った水がうねるように盛り上がっている。
    夜になり、多少はましになったとは言うものの、雨脚はまだまだ強い。

    これでは流石に娘も来れまい。

    男はそう思っていたのだが、その夜遅く、ずぶ濡れになった娘が男の部屋を訪れた。
    そして、いつものように愛を交わすと、男が止めるのも聞かず、激しい風雨の中を
    戻って行った。

    (この記事の続きを読む)

    為朝の見回り【山にまつわる怖い話】

    夜空

    715: 名無しさん 2005/07/07(木) 23:25:16 ID:8RPHEzdr0
    源為朝の坐像は、お堂の中で窮屈そうにしていた。
    坐像とはいえ、高さ2メートルほどはあろうかという大きさなので、
    あまり立派とはいえないお堂では、たしかに小さ過ぎるだろう。

    その中、色鮮やかな衣装と甲冑を身に着け、ぎょろりと目を剥いた
    為朝は、不思議な威厳に満ちている。
    その集落を訪れるたび、大きな源為朝象を眺めに行く。

    その身丈に見合っただけの弓矢があり、刀もある。
    すぐ近くには、甲斐武田氏ゆかりの八幡宮があり、
    すぐ脇の山は、その山頂に城跡がある。

    時に、為朝は付近を見回るという話を聞いた。
    がちゃがちゃと鳴る甲冑の音で、どこを見回っているのか
    分かるのだという。

    これまでに、為朝の見回りで住民の命が奪われた事がある。
    胸から背中にかけ、太さ20ミリほどの穴が貫通して死亡している。

    為朝の弓矢なら、ぴたり一致する直径で、屋内で死亡していた場合、
    屋根に同様の穴が開いている。

    矢(のようなもの)が発射されたのは、城跡のある山頂の
    方角からだと警察は鑑定しているが、毎度それ以上、捜査は進まない。

    左の肩口から胃袋へ向け、一直線に斬り込まれて死亡した者もいる。

    そうした事件の後、集落では窃盗事件や、変質者によると
    思われるいたずら、あるいは神隠しが絶えるという。

    (この記事の続きを読む)

    「オートキャンプ場」「五つの木」「 屋根裏の猫」【山にまつわる怖い話】

    1

    933: 名無しさん 03/12/15 23:51
    オートキャンプ場

    先輩の話。

    夏山のオートキャンプ場に家族で出かけた時のこと。
    山といっても人里にかなり近く、水道はおろか水洗トイレまで引かれていたらしい。
    小奇麗なこともあり、家族連れでにぎわっていたそうだ。

    彼が用を足そうとトイレに近づくと、個室の中から見覚えのない男が一人出てきた。
    はて、あんな人が今キャンプしていたかな?

    その男は野営地の方には戻らず、立ち入り禁止のロープを越えて森の中へ消えていった。
    少し訝しく思ったが、気にせず用を足すことにした。

    個室に入った先輩は、便器の中を覗いて腹を立てた。
    先ほどの男は、どうやら汚物を流していかなかったらしい。

    流そうと手を伸ばした時、それが汚物ではないことに気がついた。
    水面にびっしりと、薄いセロハンの欠片みたいな物が浮いていた。
    おびただしい小さな虫の羽だった。

    彼はキャンプ中、子供が立ち入り禁止地区に近寄らないよう注意したそうだ。

    (この記事の続きを読む)

    交差点のところにいた若い女【山にまつわる怖い話】

    星

    916: 名無しさん 04/01/16 19:00
    はじめまして。
    俺は山の近くの村に住んでいます。
    山は身近にあるんですが、俺はちょっと怖いと思うことが多いんです。

    まぁ本当に怖い体験は数えるほどしかないのですが、
    そんな中で、今まで一番怖いと思った事を書きます。

    ここのスレを見てて思い出したんですが、
    俺は、みなさんのように文章が上手くないし、
    なんだかまとまらずに長くなってしまいました。

    うざいと思ったらスルーして下さい。

    917: 名無しさん 04/01/16 19:02
    一昨年の9月、俺とシゲジとキイチは町に飲みに行きました。
    最初は焼き肉屋。その後スナックでカラオケやって、
    最後のラーメン屋を出たのが、たぶん1時半過ぎでした。

    俺はアルコール飲まないんで、車の運転です。
    キイチはもうベロベロで、後部座席に収まるとすぐに寝てしまいました。

    国道から県道へ入ってすぐの交差点でした。
    助手席のシゲジが「おい…おいって」と俺の腕を叩くのです。

    「さっきの交差点に女がおったやろ」

    県道のこのあたりは周囲は山ばかりで何もないし、深夜になると交通量も少ない。

    だからそんなはずはないって思ったのですが、
    シゲジは「ちょっと戻ろうぜ」と執拗に誘うのです。

    若い娘でけっこう可愛かった、とか言って。
    「お前、酔っぱらってるのに顔とかなんてわかるんか?」

    そう言いながらも車を方向転換させて、さっきの交差点に向かいました。
    すると居たんです。シゲジの言うとおり、交差点のところに若い女が。

    続きます

    (この記事の続きを読む)

    極度の疲労で少しおかしくなることはありますね…というかそうなる前に下山するか休むかすればいいんですが

    御殿場ルート

    618: 名無しさん 2019/12/06(金) 02:32:31.12 ID:q4Q7PR4Ld
    濃霧の御殿場ルートとかでこんな感じの体験したことある人いる?

    【速報】幽霊が遭難者を救出! 10日ぶりに発見された登山者「2人組の霊に助けられ、会話しながら下山…」
    https://tocana.jp/2019/11/post_125985_entry.html

    619: 名無しさん 2019/12/06(金) 09:19:46.26 ID:6JnhsjP5d
    >>618
    恐すぎて見られないわそんなの!

    620: 名無しさん 2019/12/06(金) 13:37:40.29 ID:QvgwJwXu0
    >>618
    御殿場ルートで幻覚は見た事あるな疲れのあまり
    山小屋前に人がいると思ったら誰もいなかったり
    下の駐車場でタクシーを待ってる時石がカラフルに発光して見えた

    (この記事の続きを読む)

    「好々爺」「夜釣り」「大蛇」【山にまつわる怖い話】

    山林

    789: 名無しさん 04/01/13 00:42
    好々爺

    友人の話。

    仕事で山にこもっている時に長雨に祟られた。
    雨天の中、遠くの岩山を見ていると、何か大きな影が岩壁から浮き出してきた。

    それは山ほどもある好々爺の姿をしており、彼を見てにっこりと笑った。
    仰天していると、すうっと透き通って消えたそうだ。

    親方のところに報告すると次のように言われた。
    ああ、ヒヨリさんが出たのか。じきに雨も止むな。
    確かにそれからすぐ雨は止んだのだという。

    796: 名無しさん 04/01/13 10:32
    >>789
    日和坊ですな。
    鳥山石燕『今昔画図続百鬼』晦巻に
    「常州の深山にあるよし。雨天の節は影見えず。日和なれば形あらはるると云。
     今婦人女子てるてる法師といふものを紙にてつくりて、晴をいのるは、この霊を祭れるにや。」
    とあります。
    常州(常陸国、今の茨城県北東部にあたる地域)の深山に、晴れの時のみ姿を現すもののようですね。
    てるてる坊主の起源になったなどという説も紹介されていうます。
    ちなみに、西日本のお年よりなんかは今でもてるてる坊主のことを「日和坊主」といったりするとかしないとか。

    (この記事の続きを読む)

    「スキー場」「雪女」【山にまつわる怖い・不思議な話】

    雪女

    309: 名無しさん 2006/01/04(水) 23:41:27 ID:Ro7xNvuR0
    スキー場

    一応、場所が山と言うことで!!
    友人がスキー場のパトロールをしている。

    そのスキー場は土曜日の夜オールナイトで営業していて
    土曜日の夜から朝にかけてバイトをしている。

    又、そのスキー場は山の頂上に広がり麓からの道は無い。
    要するに4人乗りのゴンドラで麓から上がるスキー場である。

    と言えば関西の人は分かると思うが。
    大阪、京都から近いこともあり土曜の夜、一杯引っかけてから
    スキー場に上がっていく人間が多い。

    オールナイトと言うこともあり、ケガ以外に病人が出ることが有るそうで
    特に、レストハウスで熱燗飲んで外に出て急な温度差で頭の血管が
    切れるなんて事もあるそうだ。

    その場合、狭いゴンドラではおろせないので物資運搬用にもう一本
    通してある荷物用のゴンドラで病人を降ろすそうである。

    その時の出来事。

    その日も、脳内出血の病人が出たそうで意識もなく急いで下に降ろすことに
    荷物用のゴンドラに病人をのせ付き添いでパトロールが乗るそうなのだが
    真っ黒けのゴンドラの中、病人がフッと光ることが有るそうだ

    下に着き救急車に乗せる頃には心配停止状態
    ふっと光った時、天国に召されるのかなって友人が言っていた。

    (この記事の続きを読む)

    鳳凰三山で歩荷のバイトをした時に聞いた男の大声【山にまつわる怖い話】

    オベリスク

    619: 名無しさん 2005/07/02(土) 13:56:11 ID:UkTCqCym0
    今は昔。
    頃は初夏。5月に南アルプス鳳凰山へ行った時の事。

    桃色2年に上がったばかりの頃、隣のクラスで山岳部の梶がやって来た。
    青色3年の時の同級生で、ある事件がきっかけで友達になったヤツだ。

    「おい、5月の連休ヒマだったら、一緒に南アの鳳凰山行かないか?ちょっと宅配便の
    バイトすりゃアゴ・足代ロハで行けるぞ」

    夢のような話だ。地蔵岳のオベリスクの美しさは話に聞いている。「行く」と即答。
    が、甘い話には裏がある。

    夜叉神峠登山口に着いた俺たちを待っていたのは“歩荷”だった。もう既に本職の
    歩荷さんと大学生のバイトの人たちが、手際よく俺たちの分も荷造してくれている。

    「か~じ~、おまえ宅配便って言ったよな?」

    「ああ、山小屋までな。おまえ山好きだろ?」

    「か~じ~、俺が山岳部でなくてハイカーだって知ってるよな?」

    一体この荷物、何キロいや何十キロ有るんだ?顔が引き攣る。合羽と着替、あと少々の
    物しか持った事のない俺に、これが背負えるのか?

    「心配すんなって。ま、40キロ弱、いつもの俺らの荷物2個分ぐらいだな。そうだ、
    女の子一人背負ってるって思やあ、軽いもんだろ?」

    「バカヤロー!女の子てのはな、ぷにぷにっとして、やーらかくて、背負うもんじゃ
    なくて抱くもんだ!」

    「はいはい、後は上の小屋で聞いてやるよ」

    しれっとした顔で梶はそう言い、手近の荷物を背負った。
    俺もここまで来たからにはどうしようもない。梶に倣って荷物を背負う。

    40キロは半端じゃない。思わず呻き声が出る。くっそぉ、おのれェ…

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top