登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > 生き物・植物

    生き物・植物

    【福島】イノシシさん、大暴れ 2021年12月05日 23:00

    「ウソだろ。まるで岩を殴ってるみてーだ…」クマに襲われた時のことをまとめました

    22500216_s (1)

    熊に襲われた時のことをまとめました。

    書くか迷いましたが僕自身、ネット上の遭難や危険体験記を見て気を引き締めて山に入っていたのでそれらに敬意を払い公開します。
    皆さんがこんな目に遭いませんように!

    『山で熊に襲われました』〜格闘&血だらけ逃走レポート~note.com/bear_attack/n/…
    #登山

    noteに詳しく書きましたが、わざわざ読まなくてもいいように以下に要点だけまとめておきます。

    熊と闘った結果
    ・全治2〜3ヶ月の大怪我で1週間入院
    ・左手は噛まれて人差し指は骨折、中指の先は肉を持っていかれてえぐれる
    ・中指は治ったけど2mmくらい短くなる
    ・全治1ヶ月以上は実名報道されるから気をつけろ
    ・生命保険以外に登山保険にも入っていたおかげで治療費払っても14万円黒字になった pic.twitter.com/gUqZolA0r2

    【熊と遭遇した状況】
    ・林道を下山中10mの近距離で遭遇
    ・熊は体長110~120cmくらい(ツキノワグマ)
    ・熊はすでに全速力で唸り声を立てながらこちらに向かってきていた
    ・遭遇して4秒後には熊との格闘開始
    ・距離を取るためキックで応戦
    ・何度か蹴っていると熊は逃げ出していった pic.twitter.com/NQZRi6HzZV

    続きはこちら
    https://note.com/bear_attack/n/nf71a79e0864f

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    香川照之「カマキリの被り物して番組やるんですか?」NHK「嫌ならいいよ」

    0

    1: 名無しさん 2021/12/06(月) 20:50:38.74 ID:fU0POefO0
    かわいそう

    2: 名無しさん 2021/12/06(月) 20:50:56.79 ID:kjITwoGP0
    ノリノリ定期

    3: 名無しさん 2021/12/06(月) 20:51:17.82 ID:spwJT2yt0
    どの番組よりも楽しそう

    8: 名無しさん 2021/12/06(月) 20:52:19.10 ID:HzPXU4/70
    カマキリとボクシングのときだけいきいきしてる

    10: 名無しさん 2021/12/06(月) 20:52:27.62 ID:lPEQQN1u0
    NHK「カマキリの被り物して番組やるんですか?」香川照之「嫌ならいいよ」

    こうやぞ


    (この記事の続きを読む)

    【画像】トナカイ狩るホッキョクグマの珍しい映像、温暖化で食性変化か

    1: 名無しさん 2021/12/03(金) 13:55:29.43 ID:p3heST1T9
    img_9a0661a78ca538b92bede1054e150882152050 (1)

    ※AFPBB News 2021年12月2日 17:00 

    【12月2日 AFP】ホッキョクグマがトナカイを水中へ追い落とし、引きずり上げて、その肉をむさぼる──衝撃的なシーンが初めて映像として捉えられた。地球温暖化で海氷が解け、北極圏の王者の食習慣も変化しているのだろうか。

     劇的な光景が繰り広げられたのは2020年8月21日、北極圏のノルウェー領スバルバル(Svalbard)諸島。夏場は海氷が後退し、ホッキョクグマの主な捕食対象であるアザラシを連れ去ってしまう。

     そうした中、現場に近いポーランドの観測所チームが、トナカイを仕留めるホッキョクグマを世界で初めてカメラに収めた。映像には、若い雌のクマが雄のトナカイを冷たい海へと追い込み、捕まえて溺れさせた後、岸辺に引き上げて食べる様子が捉えられていた。

    「まるでドキュメンタリーを見ているような、驚くべき場面でした」と、ポーランド・グダニスク大学(University of Gdansk)の生物学者イザベラ・クラシェビッチ(Izabela Kulaszewicz)氏は語った。

    ■「深読みすべきではない」との意見

     あまりにもまれな光景を目にした同氏は、他の研究者2人と論文を共同執筆し、学術誌「ポーラー・バイオロジー(Polar Biology、極地生物学)」に投稿した。今回の出来事は、アザラシを捕食する機会が限られ、ホッキョクグマが以前にも増して陸生動物を狙っていることを示す観察例だと論じている。

     北極点から1000キロ余りに位置するスバルバルでは、ホッキョクグマの出没について警告する看板を見かける。一帯には約300頭のクマと2万頭前後のトナカイが生息している。

     論文の著者らによると、ホッキョクグマがトナカイを襲う頻度は、この数十年で増えているとみられ、その背景には二つの要因があると考えられるという。

     一つは、海氷が後退したため、クマが以前より長期間にわたって陸に取り残されていること。もう一つは、1925年に禁猟になったトナカイの個体数がスバルバルで着実に増加していること。つまり、トナカイを捕食することは必然であると同時に好条件でもあるというのだ。

     しかし、あまり深読みすべきではないとする専門家もいる。

     カナダ・アルバータ大学(University of Alberta)のアンドリュー・デロシェール(Andrew Derocher)教授は、「1950年代や60年代にホッキョクグマがトナカイを殺していたら、それを目撃することはとても珍しかったに違いありません。当時、(スバルバルには)人もクマもトナカイもほとんどいなかったからです」と指摘する。

    「今ではさまざまなメディアがあり、誰もがカメラやソーシャルメディアを利用している。だから『ニュース』はたちまち広がります」

    続きは↓
    https://www.afpbb.com/articles/-/3378569?cx_amp=all&act=all

    (この記事の続きを読む)

    【福島】イノシシさん、大暴れ

    1: 名無しさん 2021/12/05(日) 12:40:12.60 ID:SSYiNI4X9
    markus-kuisma-t23Drx3DJtE-unsplash (1)

    2021/12/05 12:07

     4日午前9時50分頃、福島県本宮市本宮兼谷の県道で「車がイノシシにぶつかった」と、軽乗用車を運転していた男性から郡山北署本宮分庁舎に通報があった。

     発表によると、イノシシ(体長約1・5メートル)は、同所で車2台と衝突した後、現場から逃走。約40分後には、事故現場から北に約2キロ離れた同市本宮欠下の民家の庭に侵入し、庭の手入れをしていた70歳代男性の左太ももにかみつき、軽傷を負わせたという。
    イノシシは、さらに別の乗用車1台に衝突後、隣の大玉村まで逃走したが、同日午後0時5分頃、最初の現場から北に約5キロの同村大山の草地で猟友会に捕獲された。

    https://www.yomiuri.co.jp/national/20211205-OYT1T50048/

    (この記事の続きを読む)

    【モフモフ】冬対応のスズメ、最終形態へ!

    1: 名無しさん 2021/12/04(土) 13:31:18.22 ID:WMvZgpXE9
    0 (1)

    今年11月、冬支度のために膨らみ始めたスズメの姿を報じたところ、たくさんの反響があった。以来、毎週、スズメの様子を観察し続けてきたが、
    12月に入ってモフモフ具合が急激に進んでいる。そろそろ「最終形態」が近付いているようだ。

    スズメは寒さから身を守るため、気温が下がると脂肪を蓄えたり、羽の中に空気の層を作ることから、見た目がふっくらする。

    11月時点では「ふっくら」という印象だったものの、早朝には氷点下になることもある12月に入ると、「モフモフ」に変わった。
    まんまるな姿は、「ふくらスズメ」とも呼ばれ、「福良」「福来」など縁起物とされているそう。

    これから気温はさらに落ち込んでいくため、モフモフはさらに進む。人も鳥も厳しい季節。暖かくして乗り切りたい。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/60e4f562b838cdb220cc6527aa4ad75084655e3b
    (この記事の続きを読む)

    【北海道】「ヒグマへの接近は悪質行為」指導対象化の方針

    1: 名無しさん 2021/12/03(金) 09:10:05.63 ID:oKY5IJdr9
    brent-jones-aJ3CL8lUm34-unsplash (1)

    ※北海道新聞

    ヒグマへの接近は「悪質行為」、指導対象化の方針 知床世界遺産地域科学委WG
    https://www.hokkaido-np.co.jp/article/618455

    12/02 21:11

    【釧路】知床世界自然遺産地域科学委員会のエゾシカ・ヒグマワーキンググループ(WG)は2日、釧路市内で会合を開き、世界自然遺産地域内で写真撮影などのためヒグマに接近することや、釣った魚を放置する行為を「非常に悪質な行為」と位置づけ、行政指導の対象とすることを、次期の知床半島ヒグマ管理計画(2022~28年度)に明記する方針を確認した。

    本年度が現行計画の最終年度に当たるため、次期計画案を策定している。

    残り:190文字/全文:392文字

    (この記事の続きを読む)

    三毛別ヒグマ事件で生き残った子供のその後の人生が劇的過ぎる

    angel-luciano-kNeWMuetKrY-unsplash (1)

    1: 名無しさん 2021/12/03(金) 08:47:02.657 ID:kWr3cIEW0
    事件後犠牲者7人×10頭のヒグマを倒すことを誓い当のヒグマを仕留めた伝説のマタギに弟子入り

    マタギデビュー後10年は熊に遭遇してもビビッて撃てなかったが初討伐で覚醒

    最終的な討伐数は100頭超え

    事件後70年の同日に行われた記念式典に呼ばれ登壇、最初の一言を発した後倒れて死去
    大川春義 - Wikipedia
    大川 春義(おおかわ はるよし、1909年[1]〈明治42年[* 1]〉 - 1985年〈昭和60年〉12月9日)は、日本の猟師(マタギ)。
    北海道苫前郡苫前村三毛別(後の苫前町三渓)出身。獣害史最大の惨劇といわれた三毛別羆事件(1915年〈大正4年〉12月)の数少ない目撃者の1人[3]。同事件の犠牲者の仇を討つため猟師となり、生涯にヒグマを100頭以上仕留めてヒグマ狩猟の名人と呼ばれるとともに、北海道内のヒグマによる獣害防止に貢献した[4]。

    2: 名無しさん 2021/12/03(金) 08:48:09.692 ID:mxfUgvBNp
    熊の呪いだわ

    3: 名無しさん 2021/12/03(金) 08:48:33.406 ID:kWr3cIEW0
    >>2
    集まった人はそう思ったらしいな

    4: 名無しさん 2021/12/03(金) 08:49:07.653 ID:rX9lj2Rla
    まぁ殺された100匹の熊からしたら仇討ちなんて関係ねえしな

    7: 名無しさん 2021/12/03(金) 08:50:29.155 ID:kWr3cIEW0
    >>4
    そらそうだな
    当の熊はもう殺されてるし
    まあ本人も結局悪いのは熊の住んでるところ開墾して入って行った人間だって思想になったらしいし


    (この記事の続きを読む)

    ハチの巣をドローンで駆除してみた

    1: 名無しさん 2021/12/02(木) 15:04:02.92 ID:gU18sTTb0● BE:439992976-PLT(16000)
    iV4uLwD

    ハチの巣ドローンで駆除 バキューム取り付け高所でも楽々作業 相談数、全国屈指の兵庫で実証実験

    ドローン(小型無人機)を使って、ハチの巣を駆除する実証実験を、清掃サービス大手のダスキン(大阪府吹田市)が兵庫県内で始めた。
    バキュームクリーナーを取り付けて飛ばし、高所にある巣やハチを吸い取る。
    県内では都市部と自然が近接する地域が目立ち、ハチに関する相談も全国で際立って多く、同社は駆除が難しい高所などでのノウハウ確立を目指す。(中務庸子)

    同社のハチの駆除は、全国のフランチャイズ拠点のうち、講習や研修を受けた約200カ所が担っている。
    攻撃性の高いスズメバチ関連の依頼が多く、活動が盛んになる7~10月に集中するという。

    通常は夜間、防護服に身を包んだ作業員が巣の入り口にホースを近づけて薬剤を噴霧し、中のハチを殺して巣を取り外す。

    しかし、高所や足場が悪い現場では駆除できない▽薬剤を使うと他の生物にも害を及ぼしかねない
    ▽夏場に防護服を着る上、夜間での仕事に作業員の負担が大きい-など課題だった。

    そこで本年度、兵庫県と新産業創造研究機構(NIRO、神戸市中央区)の
    「ドローン先行的利活用事業」の採択を受け、実証実験に取り組むことにした。

    加古川市内で9月上旬に実施した実験では、1メートル四方の機体に専用のバキュームクリーナーを搭載。
    高さ約4メートルの場所にあるスズメバチの巣付近に飛ばした。

    吸い込み口にラッパ状の器具をつなぎ、巣から出てきたハチ約150匹を吸い込んだほか、プロペラにぶつかってきた50~100匹ほどを駆除した。
    日中に実施し、1時間半程度で作業を終えた。


    11月には養父市内のスキー場の小屋にできた巣でも実験。
    回転式のブラシを新たに導入し、巣を壊しながら中にいるハチを吸い取る方法を試した。

    ダスキンなどによると、日本ペストコントロール協会(東京)に寄せられるハチ類の相談件数は、兵庫が年約4千件と全国でも1、2位を争う多さといい、県内で実験したノウハウを全国に広げるという。

    ダスキンの担当者は
    「専用ドローンが実用化すれば、従来の駆除方法の課題を解決できる。安心・安全な社会生活の実現につなげたい」
    と話している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/83efc21ed20c8cce7c6cbb58fba1eaec531aeb04

    (この記事の続きを読む)

    【画像】ワイくんの晩飯 すべてイノシシの肉になる

    omar-barajas-ChOczY0mg9c-unsplash (1)

    1: 名無しさん 2021/12/02(木) 02:50:18.98 ID:xR1H433ja
    11
    12


    3: 名無しさん 2021/12/02(木) 02:51:11.90 ID:anAm5ha/0
    またぎ?

    6: 名無しさん 2021/12/02(木) 02:51:59.67 ID:xR1H433ja
    >>3
    ワイのパッパが猟師なんや

    4: 名無しさん 2021/12/02(木) 02:51:23.65 ID:mCAZHMN9d
    おいしそー🥺

    5: 名無しさん 2021/12/02(木) 02:51:31.34 ID:Wo6ooQ7m0
    イノシシとはわからんな


    (この記事の続きを読む)

    【悲報】クマ狩りハンター、渾身の一発を外し死亡

    patrick-federi-Py9paaJBXRA-unsplash (1)

    1: 名無しさん 2021/12/01(水) 13:25:40.88 ID:wp4p2H2mp

    2: 名無しさん 2021/12/01(水) 13:26:16.05 ID:br99b65k0
    🏹⤵

    3: 名無しさん 2021/12/01(水) 13:26:40.25 ID:tGpJBvwt0
    シナシナやん

    5: 名無しさん 2021/12/01(水) 13:27:05.64 ID:odnosoCQd
    弓で草

    7: 名無しさん 2021/12/01(水) 13:27:42.88 ID:CvQpF98Od
    矢なんか刺さるんか

    9: 名無しさん 2021/12/01(水) 13:28:35.76 ID:g31NRbg00
    弓のみとか舐めプにも程がある


    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top