登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題
を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト!

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

    生き物・植物

    可愛い鳥の画像ください 2018年04月18日 21:00

    【朗報】「アシナガバチの巣作りを防げる」とツイッターで話題の“ダミーの巣”がこちら →

    1: 名無しさん 2018/04/22(日) 09:46:43.27 ID:CAP_USER9
    4

    ◆“ダミーの巣”でアシナガバチの巣作り防げるとのツイートが話題に 蜂の専門家に効果聞いた
     ~新聞紙で簡単に作れちゃうダミーがまさかの効果発揮

    「蜂の巣に見立てたものをつるす」と、蜂の巣作りを防げるというツイートが話題になっています。
    新聞紙などで使って簡単に試せるこの方法は本当に効果があるのか、蜂の専門家を取材してみました。


    ツイート主は野鳥や鯨類などを愛するsakiko(@sakikob_w)さん。
    毎年ベランダにアシナガバチの巣が作られて困っていたところ、「蜂が巣作りする前に蜂の巣のダミーをつるしておく」という対策法があるとネットで知り、試してみたといいます。

    ダミーの巣は新聞紙を丸めて麻ひもなどでつるすという簡単なものでしたが、これがなぜか効果はてきめん。
    8年ほど巣作り対策に成功している他、住まいを変えても効果があったとのことでした。

    写真:ダミーの巣(画像提供:sakikoさん)
     
    3

    この情報はTwitter上で大きな話題となり、4万8000件以上の“いいね”を獲得。
    「今年はこの方法でやってみたい」「目からウロコ」などのコメントが寄せられた他、スズメバチには効果があるのかという声もあがっています。

    ダミーの巣にはどんな効果があるのか。
    ねとらぼ編集部では、蜂に詳しい奈良県の橿原市昆虫館の学芸員、中谷康弘さんにお話を伺いました。

    ■蜂博士に聞く、蜂の巣のメカニズム

    ――ダミーの巣を使ってアシナガバチの巣作りを防ぐという方法が話題になっています。

    中谷:私自身、そうした手法は初めて聞きましたが、数年間に渡りある程度の効果を発揮しているところをみるに、アシナガバチが巣作りの場所を探索する際に何らかの影響を与えたのかもしれません。

    ――影響というと。

    中谷:個人的な見解ですが、探索の時点で「先に別の蜂に巣を作られてしまった」と思い込んで、別の場所を探しに行ったのかもしれません。

    ――なぜ先約がいると巣作りを諦めるのでしょうか。

    中谷:これも個人的な見解になりますが、古い巣があるときには、そこに寄生する蛾などがいる場合があるので、基本的には避けると思います。
       ただし、蜂にとっていい場所がそこしかないという場合は仕方なく巣作りするかもしれません。正確な影響については研究してみる必要がありますね。

    ――そもそもアシナガバチはどういうところに巣を作るのでしょうか。

    中谷:アシナガバチが好むのは、日当たりが良く、清潔で、朝日が上がったら真っ先に日が差すようなところです。
       そういう場所を女王蜂がまずは視覚で探し、次に巣の素材が引っ付きやすいかどうかなどを調べて巣作りをはじめます。
       セグロアシナガバチなどは街中や平地に、フタモンアシナガバチなどは郊外の家が建て込んでいるようなところによく巣を作ります。

    ――スズメバチなど別の種の蜂でも巣のダミーは有効なんでしょうか。

    中谷:スズメバチの巣が1軒のお宅から見つかった際に、過去の巣も含めて2~3個まとめて見つかったという例もありますので、何とも言えません。

    ――もしもアシナガバチの巣を発見した場合はどうしたらいいのでしょうか。

    中谷:蜂の性質上、巣を作ってしまうのは仕方のないことですが、アシナガバチはワンシーズンで数千匹もの毛虫や芋虫などの害虫を狩る“生きた農薬”ともいわれる虫です。
       振動に敏感で、巣が揺れたりすると興奮して飛び掛かりますが、通常は人間に積極的に攻撃を加えようとしませんので、できればあたたかく見守ってあげて欲しいです。
       それでも生活に支障が出てしまう場合には、初期段階で巣を駆除する方法を考えると良いと思います。

    専門家でも初耳というこの方法ですが、sakikoさん宅では効果が出ているとのことなので、アシナガバチに困っている方は試す価値アリかもしれません。
    なお、もし蜂の巣の駆除が必要な場合には、専門家に相談したほうが安全です。
    特に蜂の巣に刺激を与えるのは大変危険なので、気を付けましょう。

    ねとらぼ 2018年04月21日 17時50分 公開
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/21/news026.html

    【ネット】“ダミーの巣”でアシナガバチの巣作りを防げるとのツイート話題に 蜂の専門家に聞いてみた

    (この記事の続きを読む)

    【ツルっ】柿、梨、キウイフルーツなど果物の皮を”つるんとむく新技術”が開発される!

    1: 名無しさん 2018/04/21(土) 21:58:00.16 ID:CAP_USER9
    10

    皮を手でむいた柿(静岡県農林技術研究所果樹研究センター提供)
     
    9

     柿、梨、キウイフルーツなどの果実の皮を、温州ミカンやバナナのように手で簡単にむける技術を、静岡県農林技術研究所果樹研究センターが開発し、特許出願した。成熟ホルモンのエチレン処理した後、95度以上の熱湯で30秒ほど熱処理して湯むきすると、皮がつるっとむける。カットフルーツなどの加工作業での利用や、家庭消費の拡大が期待される。

     酵素処理することで、簡単に皮をむく方法を和歌山県や農研機構が実用化している。だが、樹種や品種によってはむけないものがあった。

     同センターはキウイフルーツをエチレン処理すると容易に皮がむけることを確認。処理時間とエチレン濃度を検討し、多くの樹種と品種でも実用化できるようにした。酵素処理でむけなかった柿の「富有」「次郎」の他、梨、西洋梨、桃で確認した。開発した村上覚上級研究員は「トマトの湯むきのようにむける。エチレン処理で熟すタイプの果樹に利用でき、世界初の技術だ」と話している。

    4/21(土) 14:40
    日本農業新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180421-00010002-agrinews-bus_all

    【つるっ】柿、梨、キウイフルーツなど 果物の皮 つるんとむく新技術 「湯むきのよう」 世界初の技術

    (この記事の続きを読む)

    【自爆アリ】敵が巣に侵入すると自爆して毒を散乱する新種のアリ発見 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    1: 名無しさん 2018/04/21(土) 13:29:03.38 ID:NQoGpzmQ0● BE:887141976-PLT(16001)
    オーストリアのウィーン自然史博物館など国際研究チームは、マレー諸島ボルネオ島で、
    最近新たに発見された新種のアリを発表。

    このアリは変わった特徴を持っており「自爆アリ」と呼ばれている。自爆アリは自分たちの巣に蜘蛛などの敵が侵入してきた際に、自分の体を爆発し犠牲にして敵を傷付けたりまたは殺して巣を守るという特徴を持っている種類。

    今回発見された新種の自爆アリは巣に侵入者が入って来て脅威を感じたら、腹部の筋肉が著しく収縮する。
    これはこれは外皮が破れ爆発するまでの準備段階である。

    この爆発で、働きアリは即死し、このときに毒性のある性黄色体液が敵に散乱される。
    この液体はありの顎(あご)のの後ろにある分泌器官で生成される。また基本的に爆発するのは働きアリの役目で、それを処理するのは兵隊アリだという。

    研究者は、「インドのカレーを思い出すほど黄色い体液は毒性があり、敵を傷つけるか、殺すことが出来る」と言う。
    これによりこのアリを「イエロー グー(yellow goo)」とも呼ばれている。

    さらにこのアリは死ぬときに顎で敵の胴体を引っかけ動けないようにする。そして大きく角張った頭を持った兵隊アリたちが、弱っている敵と自爆したアリを木の上の巣から落として処分する。

    通常アリたちも顎の後ろに化学物質を分泌する器官があるが、この自爆アリは、この器官が大きく発達しており、そこで出る分泌物が体のほとんどを占めている。

    研究者は、このような行動をとるアリに「コロブピス・エクスプローデンス」(Colobpis explodens)という学名を付けた。

    爆発アリは1916年に初めて文献に記録され始め、1935年以来、見つからなかった。いくつかのシロアリも爆発力を備えているが、巣から遠く離れたところで一対一の状況の場合にのみ爆発するので、これらのアリとは異なっている。

    http://gogotsu.com/archives/39249

    1
    2

    敵が巣に侵入すると自爆して毒を散乱する新種のアリが発見される その名も「自爆アリ」

    (この記事の続きを読む)

    動物を轢いてしまった話 (;゚д゚)ァ....

    filip-zrnzevic-426277-unsplash


    1: 名無しさん 2013/03/02(土) 18:11:14.40 ID:???
    車を運転していると、さまざまな動物が飛び出してきます。
    このスレではどんな動物をどういう状況で何故轢いてしまったのかを
    話し合いましょう。
    いきなり飛び出る狸、狐。山道で飛ばしてると立ちすくんだままの鹿
    いきなり横切る雀、また道路わきの動物の死体を食べようと飛んでくる
    鳶、烏。
    夜間いきなり大型の蛾がぶつかりフロントガラスどろどろとか。

    2: 名無しさん 2013/03/02(土) 18:15:18.79 ID:???
    ちなみに私は猫3(死亡2、逃走1)犬1(何故か側面に体当たりしてきた)
    椋鳥1、雀1、虫沢山殺めちゃいました。
    猫はもう、いきなりなんで「あ、」と思った瞬間車体の下でごろごろごろ
    と音がしてたりでシュックですわ。

    3: 名無しさん 2013/03/04(月) 12:00:56.02 ID:rrsfNAlS
    >>2
    かなり多いなw

    去年自転車乗ってる時に蛇引いた
    ホースかなんかだと思って引いたらのたうちまわって蛇だと気づいた
    蛇の安否は不明

    4: 名無しさん 2013/03/04(月) 13:01:00.06 ID:???
    蛇はしょっちゅう。ウズラがたまに。
    関連記事
    カラスとかいう賢すぎる魅力的な動物wwwwwwwwwwww


    (この記事の続きを読む)

    【悲報】外来種”マダラコウラナメクジ”関東や東北など1道7県に拡大か

    1: 名無しさん 2018/04/20(金) 18:32:15.61 ID:CAP_USER9
     雨上がり、外に出てふと物陰を見るとのっそりはっている姿に気づきぞっとする-。ナメクジが苦手な人は少なくない。しかしそんな「日陰者」の世界に異変が起こっている。外来種が日本で生息域を広げているのだ。京都大理学研究科の宇高寛子助教は、欧州原産のマダラコウラナメクジの拡大を調べようと情報を収集。実態が白日の下にさらされつつある。

     マダラコウラナメクジは、ヒョウのようなまだら模様が特徴で体長は最大約15センチに達する。日本では2006年に初めて茨城県で生息が確認されたが、全国的な分布調査はなかった。宇高助教は16年1月から、短文投稿サイト(ツイッター)などで目撃情報を募り、分布調査を始めた。

     18年3月までに約300件の情報が集まった。論文報告と合わせ、関東や東北など1道7県で生息していることが分かった。西日本では未確認。宇高助教は「ナメクジは雑食で寒さに強い。予想より広く分布していることが分かった」と話す。攻撃性の強い種なのでほかのナメクジを駆逐している可能性があるといい、今後、全種類の分布調査も計画している。

     ナメクジの謎に挑み続ける宇高助教。さぞナメクジに愛着が深いと思いきや、「もともとはナメクジが好きなわけではないんです」。顔を近づけるのもあまり得意でなく、生態がよく分かっていない無脊椎動物の研究対象として関心があるそうだ。

    2

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180420-00000028-kyt-sctch

    【いきもの】欧州原産の巨大ナメクジ(最大15センチ)1道7県に拡大か 京大助教が目撃情報収集

    (この記事の続きを読む)

    【恐ロシア】熊がピッチに登場し審判にボールを手渡し…英動物愛護団体「危険だ!非人道的」

    1: 名無しさん 2018/04/17(火) 18:03:35.97 ID:CAP_USER9
    daniele-levis-pelusi-385076-unsplash

    ロシア3部リーグでの試合前セレモニーで、巨大な熊が主審にボールを手渡し

    海外サッカーでの目を疑うような光景が話題を集めている。ロシアのリーグ戦の試合前セレモニーで、ボールをもった熊が登場。レフェリーにボールを手渡し、会場を盛り上げた。この映像を米「FOXスポーツ」アジア版が公開すると、ファンからは「俺だったら小便をちびる」「審判、怖かったろうなぁ…」など恐怖の声が上がっている。


    【動画】「俺だったら小便ちびる」熊が主審にボールを手渡し、「FOXスポーツアジア」が公開
    https://the-ans.jp/news/21952/4/?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=21952_6

     驚きの光景だった。ボールボーイならぬ“ボールベア”の登場だ。何かの撮影か、そもそも本物なのか、これは着ぐるみじゃないのか……。そんな声が上がりそうな、世にも奇妙なシーンだった。

     なんとサッカーの試合が行われるピッチ上に熊が現れたのだ。二足歩行、2メートルを超えるような巨大な熊は、ボールを手にするとレフェリーに手渡し。レフェリーはビビりながらもしっかりとボールを受け取った。熊は見事に役目を果たしてみせた。

     14日のロシアの3部リーグでの出来事だった。しかもこの“ボールベア”はどうやら、ロシアW杯での採用が検討されているというのだ。

    熊はロシアの「国獣」、目前に迫ったW杯での採用も検討している

     “ボールベア”登場を海外メディアも続々報道。英紙「デイリー・ミラー」は「ロシアのサッカークラブがW杯に向け、試合のボールを届ける巨大グマを仰天抜擢」とのタイトルをつけて報じている。

    「ロシア3部リーグが、試合のボールを提供する役職に巨大グマを抜擢する驚きを与えた。この獰猛な動物はティムという名で、サーカスで働く熊だ。レフェリーへボールを渡すトレーニングが施されていた。ロシアは6月中旬にホスト国としてW杯を迎えるが、ロシアを象徴する動物の抜擢を見据えているようだ」

     英紙「メトロ」も「熊が試合前にボールをレフェリーへと渡す衝撃的な映像がロシアより届けられた。当然ではあるが、このレフェリーは少しビクビクし、ナーバスになっている様子が見受けられた。目の前には途方もなく巨大な猛獣がいるためだ」と報道している。

     ロシアW杯での実現へ向けて、試験的に行われたセレモニー。熊はロシアの「国獣」で、W杯を盛り上げるための“ボールベア”の役割を与えられるか、模索しているようだ。

    「FOXスポーツ」が動画を公開、ファンは「俺だったら小便をちびる」と恐怖

    「FOXスポーツ」アジア版はツイッターでこの“ボールベア”の登場シーンを「え、なにが…!?週末に行われたロシア3部の試合前にファンの前で、サーカスの熊が披露」とつづり公開。映像を目の当たりにしたファンは恐怖におののいている。

    「俺だったら小便をちびる自信がある」

    「最後の手叩きがキュートすぎる」

    「審判、怖かったろうなぁ…」

    「なにが起きているんだ?これは現実か?」

     このようなコメントが多くつけられていた。

     実際にロシアW杯で実現することはあるのだろうか。恐怖と隣り合わせの“ボールベア”。各国の代表チームと同じピッチに立つのか、注目が集まっている。

    4/17(火) 17:41配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180417-00021952-theanswer-socc

    写真

    no title

    (この記事の続きを読む)

    敵「いちごミルクの赤色って虫から抽出した色素使ってるんやでw」 ワイ「…」

    9922e383401607eaa1d79d5654d7d118_m

    ワイ「いちごミルク美味しいなあ」馬鹿「いちごミルクの赤色って虫から抽出した色素使ってるんやでw」


    1: 名無しさん 2018/04/16(月) 06:42:03.19 ID:UADSiWMf0
    もう二度といちごミルク飲めないわ
    ほんま死んで

    2: 名無しさん 2018/04/16(月) 06:42:53.44 ID:MnUzP6GS0
    別に害がないならなんでもええわ

    3: 名無しさん 2018/04/16(月) 06:42:55.76 ID:E9ZChX170
    虫食って育ったニワトリや魚食ってんやから気にするなや

    4: 名無しさん 2018/04/16(月) 06:43:35.91 ID:7WdMIb+20
    コチニールカイガラムシな
    2
    コチニールカイガラムシ - Wikipedia
    コチニールカイガラムシ(英:Cochineal、学名:Dactylopius coccus Costa)は、コチニールカイガラムシ科のカイガラムシの一種。別名、エンジムシ(臙脂虫)。 
    メスの成虫の体長は3mmほど。オスはその約半分。  ウチワサボテン属のサボテンに寄生し、アステカやインカ帝国などで古くから養殖され、染色用の染料に使われてきた。虫体に含まれる色素成分の含有量が多いため、今日色素利用されるカイガラムシの中ではもっともよく利用され、メキシコ、ペルー、南スペイン、カナリア諸島などで養殖され、染色用色素や食品着色料、化粧品などに用いられている(コチニール色素の項を参照のこと)。


    5: 名無しさん 2018/04/16(月) 06:44:02.07 ID:/5TdZKdIa
    「コチニール色素」な
    かわええやろ?

    1

    関連記事
    【フィンランド発】世界初、コオロギ入りのパン発売!…1斤につきコオロギ70匹分


    (この記事の続きを読む)

    ばあちゃんに買ってもらったミドリガメ、飼い始めてそろそろ1年

    muneeb-syed-253552-unsplash

    ワイニート、ミドリガメを飼い始めてそろそろ1年


    1: 名無しさん 2018/04/15(日) 14:08:54.51 ID:I/4taTrj0
    ばあちゃんに買ってもらった

    1

    関連記事
    彡(゚)(゚)「亀拾ったわ…飼ったろ!」


    (この記事の続きを読む)

    【Eテレ/香川照之の昆虫すごいぜ!】第6弾はクマバチ!カマキリ先生「ハチは奥が深く語ることがいっぱい」

    1: 名無しさん 2018/04/18(水) 18:26:48.84 ID:CAP_USER9
    香川照之、Eテレ昆虫番組の第6弾 テーマはクマバチ「奥が深い」
    2018.4.18(Wed)
    https://www.daily.co.jp/gossip/2018/04/18/0011175294.shtml
     
    2

     NHKが18日、俳優の香川照之が「ライフワーク」とも語るEテレの昆虫番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」の4時間目(特別編を含めると第6弾)を、5月3日午前9時20分から放送すると発表した。今回のテーマは「クマバチ」。

     香川は毎回、カマキリのかぶり物を身につけ、「カマキリ先生」として日本各地、時には世界に飛び出して昆虫採集に赴いたり、生態調査を行ったりする。
    もともと昆虫好きを公言している香川は、ドラマや舞台に負けない熱量を毎回、見せている。
     今回はクマバチの捕獲に挑戦するのと、ハチの飛ぶ仕組みを解き明かす実験に挑む。
    香川は「『え、(クマバチに)何があるの?刺されたら痛いだけでしょう?』ってネガティブに考える人もいると思うんですけど、そうじゃないんです。
    たとえば、ハチが花粉を運ぶことで築く花との関係とか、雄と雌の関係とか、姿の美しさとか。ハチは奥が深くて語ることがいっぱいあるんです」とNHKを通じてのコメントにも熱い思いを込めている。

     放送へ向けて「一見、怖いんだけど、ちゃんと安全に気をつけながら迫っていくと、すごい発見があります。これって、人生でも大事なことですよね。
    あの人怖いから嫌だとか、そうじゃなくて、ちゃんと向き合う、そうしたら何かが見える。ハチって、そういうことの象徴だと思っています」と人生訓まで織り込んでPRした。

    1

    【Eテレ/香川照之の昆虫すごいぜ!】第6弾はクマバチ 香川「ハチは奥が深く語ることがいっぱい」[5月3日 朝9:30~]

    (この記事の続きを読む)

    可愛い鳥の画像ください

    vincent-van-zalinge-44090-unsplash

    鳥の可愛い画像をお前らが貼って俺が癒されるスレ


    1: 名無しさん 2018/04/12(木) 00:43:39.336 ID:ZMTHNXgs0
    お願いします

    2: 名無しさん 2018/04/12(木) 00:44:01.989 ID:0eSfkAG7r
    俺からもお願いします

    3: 名無しさん 2018/04/12(木) 00:44:41.049 ID:nzco2Q0Y0
    オエー禁止

    4: 名無しさん 2018/04/12(木) 00:45:04.826 ID:ZMTHNXgs0
    見本画像

    4

    関連記事
    一般人でも知ってる野鳥といえば?


    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top