登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

 2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

生き物/植物

ニュース「危険外来種一位の生物が日本上陸!」 ワイ「ひぇ……」

1280px-Fire_ant_queens_3589


1: 名無しさん 2017/06/21(水) 02:06:28.85 ID:qN2vcV2TM
ワイ「なんやただのアリさんやんけ。びびらせんなや」

3: 名無しさん 2017/06/21(水) 02:07:03.83 ID:PTDHJdEEd
噛まれると死ぬで

5: 名無しさん 2017/06/21(水) 02:07:25.34 ID:qN2vcV2TM
>>3
死ぬわけ無いやろ
蟻やぞwwwお前どんだけ弱いねんwww

6: 名無しさん 2017/06/21(水) 02:07:53.11 ID:qN2vcV2TM
アリに噛まれて死ぬってじゃあ爪楊枝刺さったら死ぬんかい

12: 名無しさん 2017/06/21(水) 02:09:10.71 ID:vKxS2SVUd
>>6
そら爪楊枝に毒塗ってあったら死ぬやろ

9: 名無しさん 2017/06/21(水) 02:09:01.46 ID:Kir/K0NE0
ヒアリ大丈夫なんか?
関連記事
猛毒蟻ヒアリ、どんどん見つかる!既に手遅れか……
(この記事の続きを読む)

【悲報】ワシの車、また鳥糞投下される…

leonard-von-bibra-182214


1: 名無しさん 2017/06/22(木) 22:29:41.185 ID:2Z3/VyVCD
毎日毎日氏ねや
まーた夜洗車だよ、

2: 名無しさん 2017/06/22(木) 22:30:01.148 ID:hAf+Jnwbp
ツバメか

5: 名無しさん 2017/06/22(木) 22:31:00.114 ID:2Z3/VyVCD
>>2
知らんけどカラスの方が糞投下率高くないか?

3: 名無しさん 2017/06/22(木) 22:30:08.929 ID:sZEapB7/0
カバーかければ?

5: 名無しさん 2017/06/22(木) 22:31:00.114 ID:2Z3/VyVCD
>>3
出かける時毎回外すのが面倒すぎる
関連記事
【悲報】俺の愛車糞まみれになる (´;ω;`)

(この記事の続きを読む)

熊が突然出現し車に乗車…12分間車運転席でクラクション鳴らしたりとやりたい放題して去る

1: 名無しさん 2017/06/22(木) 20:02:47.73 ID:fWucwVCL0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
カナダのブリティッシュコロンビア州で面白い熊の映像が撮影された。

3台のバンが停車されていた近くに突如として現れた黒い熊。熊はバンに近づいてきて、前足でドライバー席を開けてそのまま乗り込みだしたのだ。

熊は運転席に乗り込みクラクションをならしたりと車内で12分間も休憩しそのまま降りて去って行った。

大きさからしてこの熊は子供の熊と推定され、どうやら餌を探してさまよった先にメルセデスのバンを発見し好奇心からドアを開けて乗り込んだという。

余りにも面白い車の中で12分間もくつろぎクラクションを鳴らしたりと遊んだ熊の子供。
結局ほかの場所に食べ物を探しに行ったようだ。

http://gogotsu.com/archives/30525

3
4
5

(この記事の続きを読む)

【鉄道】シカと列車の衝突事故が起きる原因は「鉄分」だった!

1: 名無しさん 2017/06/22(木) 07:21:14.15 ID:CAP_USER9
2

シカが線路内に侵入して鉄道会社が困っている──。国内鉄鋼メーカートップである新日鐵住金のグループ会社、日鐵住金建材で商品開発に携わる梶村典彦の目に、そんな新聞記事が飛び込んできた。

普通の人なら「ふーん、そうか」と読み流す程度の記事だろう。だが、どんな些事にも関心を抱く性分の梶村は違った。「どれほど困っているのか鉄道会社にヒアリングしたい」と即行動に移した。そして、全国で年間約5000件もシカと列車の衝突事故が起きて遅延や死骸処理など大きな損失を出し、防止柵で対策してもシカの侵入を一向に防げず、むしろ被害が拡大していたことが分かった。

これが、鉄道のシカ被害を低減する「ユクリッド」を開発することになったきっかけだった。

「社会問題を探し出し、それを解決する商品開発が使命だった」という梶村は、すぐさま研究に着手する。全国の鉄道会社や有識者の元を行脚しリサーチしたが、シカで困っているのに鉄道に出没するシカを研究する人がいない。暗中模索のスタートだった。

現場行脚で発見したシカが線路内に入る理由

当時は新入社員だった、梶村の部下の見城映(あきら)。彼が学んだ大学教授は、シカに関する研究をしていた。梶村はその研究を足掛かりに、見城と二人三脚で開発に取り組んだ。「最も苦労したのは相手が動物だったこと」と梶村は振り返る。話が通じず、人がいると警戒して姿を現さないからだ。

そこで、シカが出没すると作動するセンサー付き定点カメラで観察した。1カ月に2000~3000件ものデータを集め、見城が頭数、性別、線路に侵入してから出ていくまでの時間などで分類、数値化して分析した。(以下省略)
※以下の部分はソース元にてご確認ください。

ソース/ダイヤモンドオンライン
http://diamond.jp/articles/-/132657

(この記事の続きを読む)

クマの仕留め方が簡単すぎると話題に!!!

5


1: 名無しさん 2017/06/18(日) 15:56:26.420 ID:qk+f7ICia
竹槍で胸を突き刺して手元側を地面に立て掛けると熊は意地でも突進して串刺しになるらしい
こういうの動物愛護で広めないんだね

2: 名無しさん 2017/06/18(日) 15:56:58.783 ID:r7VdS8Gva
かっけえ

3: 名無しさん 2017/06/18(日) 15:56:58.887 ID:QP0RYGA10
抜くって発想無いんかいな

4: 名無しさん 2017/06/18(日) 15:57:01.467 ID:tJINsm+M0
竹槍の時点で積んだわ

5: 名無しさん 2017/06/18(日) 15:57:17.498 ID:3UDj9n7p0
ゴールデンカムイ?

6: 名無しさん 2017/06/18(日) 15:57:23.634 ID:8tQiEyQGM
竹折れないのか?

7: 名無しさん 2017/06/18(日) 15:57:25.336 ID:+xtn9ZCP0
最初の時点で無理やん
関連記事
熊鈴がこれほど使われているのって、日本独特ではないのかね。

(この記事の続きを読む)

もしアリが人間サイズになったら1日でアリ以外の生物が絶滅するらしい

black-perl-29236


1: 名無しさん 2017/06/19(月) 02:17:22.21 ID:DRaLj+P4p
アリ強すぎやろ

2: 名無しさん 2017/06/19(月) 02:17:48.36 ID:QUR17JAGp
そもそも関節が耐えられないぞ

3: 名無しさん 2017/06/19(月) 02:17:57.10 ID:DRaLj+P4p
握力とか1トンあるらしい

4: 名無しさん 2017/06/19(月) 02:18:00.09 ID:bDBv/Fjvd
そんなことしたらアリも絶滅するやろ

5: 名無しさん 2017/06/19(月) 02:18:15.72 ID:oi0nVTpka
数がね

6: 名無しさん 2017/06/19(月) 02:18:23.74 ID:DRaLj+P4p
銃弾とかも弾くらしい
関連記事
共謀罪や怪文書より、日本に「ヒアリ」とかいう蟻が入ってきたことの方がやばくない?

(この記事の続きを読む)

【悲報】富山市ファミリーパークでふ化したニホンライチョウのひな、逝く…

1: 名無しさん 2017/06/21(水) 19:45:09.77 ID:CAP_USER9
ライチョウのひな死ぬ|KNBニュース|北日本放送|KNB WEB
http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=15225

7

2017/06/21 18:43 現在
国の保護増殖事業による人工繁殖で初めて、今月、富山市ファミリーパークでふ化したニホンライチョウのひなの2羽のうち1羽が21日午後死にました。

生後4日目でした。

死んだひなは今月17日に富山市ファミリーパークで人工ふ化に成功したニホンライチョウで、性別などは分かっていません。

ファミリーパークによりますと、20日午後まで特に異常はありませんでした。

21日午前中もケージの中を歩き回ってえさを食べていたのが確認されていましたが、体重の増加が見られないため好物のタデ科の植物などエサの量を増やす対応をとりました。

その後、午後1時31分にひなが伏せた状態で足を投げ出したため午後2時、飼育員がビタミン剤やブドウ糖を加えた液体を与えましたが午後2時35分に死んだことが確認されたということです。

ファミリーパークは大学など研究機関に病理検査を依頼し死因を究明するとしています。

(この記事の続きを読む)

【米アラスカ州】トレイルランの大会中に少年がクマに襲われ死亡…

1: 名無しさん 2017/06/20(火) 22:03:53.63 ID:CAP_USER9
1

http://www.afpbb.com/articles/-/3132710?act=all

【6月20日 AFP】米アラスカ(Alaska)州の当局は19日、前日に開催されたトレイルランニングの大会に出場していた少年がレース中にクマに襲われ、死亡したと明らかにした。少年はクマに追われていると家族にテキストメッセージを送っていたという。

 アンカレッジ(Anchorage)在住のパトリック・クーパー(Patrick Cooper)さん(16)は18日、毎年開催されているトレイルランニングの大会に出場中、クマと遭遇したとみられている。

 報道によると、クーパーさんはクマに追われていると家族にテキストメッセージを送っていたという。

 レース主催者の話によると、クーパーさんは山を登った後、草木が生い茂る急な下り坂に入ったところでクマに襲われたという。他のランナーや救助隊がクーパーさんを助けようと現場に駆け付けたが、クマがその場にいたためすぐには近づけなかったという。

 チュガッチ州立公園(Chugach State Park)の職員によると、別の職員がクマの顔面を銃で撃ったが、クマはそのまま逃げたという。クーパーさんの遺体はコースから約450メートル離れた、木がうっそうと茂った場所で発見された。

 公園職員によるとこの地域でクマに出くわすのはまれで、クマがクーパーさんを襲った理由は不明だという。(c)AFP

2017/06/20 14:48(ロサンゼルス/米国)

(この記事の続きを読む)

【中国】虐待?ガリガリすぎてクマに見えないヒグマを発見、動物園は「痩せていますが健康です」

1: 名無しさん 2017/06/20(火) 20:02:02.12 ID:CAP_USER
2017年6月20日、中国河南省新郷市の動物園で目撃されたガリガリのヒグマが、中国のネット上で話題となっている。

4

あるネットユーザーが園側の管理不足を指摘するコメントとともに問題のヒグマの写真を投稿したことに対し、園は19日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)を通してヒグマに対する虐待疑惑を否定した。

「1歳をすぎたばかりのヒグマは骨格が急成長する時期にあり、大人のクマのように脂肪を蓄えることができない。さらに今は毛が抜け落ちる時期。口の部分が細長いため痩せて見えるが、食事はきちんと与えている」と説明し、管理科の責任者も「確かに痩せているが正常な範囲内。虐待や病気、えさの制限などといった事実はありません」とコメントしている。

ただ、ヒグマの写真を見たネットユーザーからは依然としてその健康状態を心配する声が寄せられており、

「新種の動物かと思った」
「犬より痩せている。普通の家で育てられた方が良いのではないか」
「ガリガリすぎてクマに見えない」
「きちんと飼育できないなら動物園に受け入れないでほしい」

などの声が聞かれた。

5

Record china 配信日時:2017年6月20日
http://www.recordchina.co.jp/b181722-s0-c30.html

(この記事の続きを読む)

【クマ】山中で2度に渡りクマと遭遇し、逃げているうちに遭難したタケノコ取りの男性を4日ぶりに発見。秋田県仙北市

1: 名無しさん 2017/06/20(火) 15:15:17.19 ID:CAP_USER9
American-Black-Bear

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000018-khks-soci

秋田県警仙北署は19日、仙北市の山中にタケノコ採りに入り、15日から行方が分からなくなっていた秋田県美郷町の土木作業員高橋正良さん(59)を4日ぶりに発見したと明らかにした。山中で2度にわたりクマと遭遇し「逃げて遭難した」と話している。衰弱しているが命に別条はない。

署によると、高橋さんは15日午前、仙北市田沢湖玉川の山中に入り、クマ1頭を見つけたがクマが自ら逃げた。その後、再びクマに遭遇し今度は追い掛けられたため、採ったタケノコを捨てながら逃げ、道に迷ったという。

遭難中の4日間は沢の水を飲んで過ごした。19日午前11時ごろ、山に入った地点から南西に約3.5キロの場所で、工事中の作業員が高橋さんを見つけ、119番した。

(この記事の続きを読む)
■ About
twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
rss
follow us in feedly
2

いらっしゃいませ。(´・ω・`)
初めての方はこちらをご覧ください。
→このブログについて。
→全記事一覧

調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


■ 最新コメント (*゚∀゚)
■ はてブエントリー

■ スポンサーリンク

Back to Top