登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    スポンサーリンク
    > 生き物・植物

    生き物・植物

    ビワとかいう謎の果実 2021年04月10日 22:00

    【滋賀】害獣駆除中の猟犬が山菜採りをしていた女性2人を襲う

    1: 名無しさん 2021/04/12(月) 16:25:38.78 ID:af+2XLZo9
    山菜

    ※産経新聞

    11日午後2時15分ごろ、滋賀県多賀町で、山菜採りをしていた同県在住の女性2人=いずれも(73)=が猟犬に手や足をかまれ、病院に運ばれた。滋賀県警彦根署によると、2人は命に別条はない。

    同署によると、現場付近では多賀町がイノシシなどの害獣駆除を委託した5人のグループが猟犬として雑種の中型犬3匹を連れており、うち2匹が女性2人の近くにいたという。同署が詳しい状況を調べている。

    2021.4.11 21:09
    https://www.sankei.com/affairs/news/210411/afr2104110018-n1.html

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    ヒグマと遭遇したらどうすればいいのか…北海道猟友会支部長「自らの生死をかけて戦うしかない」

    1: 名無しさん 2021/04/12(月) 12:50:35.83 ID:af+2XLZo9
    bear

    ※東スポ

     早くもヒグマによる死亡事故が発生…。山菜採りのため妻と北海道・厚岸町の山を訪れていた60代の男性がヒグマと遭遇し、もみ合いの末に死亡した。男性を襲ったヒグマは見つかっていない。冬眠から目覚めたばかりのヒグマは餌を求めて活発に動くため、人が遭遇する可能性も高まる。さらに“新世代”ともいえるタイプも出てきているとあって、専門家は警鐘を鳴らしている。

     ヒグマに襲われた男性の死因は、頭部と頸部をかまれるなどした挫滅によるものだった。男性がヒグマともみ合っているところを目撃した妻は急いで110番通報したが、男性は助からなかった。

     例年、北海道のヒグマは3月に入ると冬眠から目覚めて動きだす。今回の事故現場から遠くない浜中町では、3月上旬から道東の幹線道路である国道44号などで目撃情報が複数あった。

     北海道猟友会砂川支部長の池上治勇氏は「事故が起こらなければいいが、と思っていた矢先だった」としてこう話す。

    「今冬の北海道は雪が多かったので、冬眠から目覚めたヒグマが餌を求めてより人里に近いところまで下りてきやすい環境にあり、山菜採りの人が遭遇する可能性は例年より高い。厚岸町の隣町である浜中町で目撃情報が多かったので、もう少し注意すべきだった」

     ヒグマは冬眠から目覚めると、餌を探して活発に山林を動き回る。そのため例年、春に山菜採りの人がヒグマの犠牲になることが少なくないという。

     ヒグマとの遭遇を避けるためにクマよけの鈴を身に着ける人も多いが、池上氏は「クマ鈴は気休めでしかない」として、別のヒグマ回避法を明かす。

    「クマ鈴の音は、そう遠くまでは聞こえるものじゃない。危険を回避するためには、もっとハッキリ存在をわからせるために大声を上げながら歩くのが最も有効。それでも遭遇するときは遭遇してしまう。そうなれば自らの生死をかけて戦うしかない」

     もちろんクマ撃退スプレーを持参していたら使うに越したことはないが、突然ヒグマに遭遇したら、そう簡単に安全ピンを抜いてヒグマを引きつけて噴射、といった行動はできない可能性が高い。そのため池上氏は「ストックなど距離を取れるものを持って、襲われそうになったら目や口を目がけて突き刺すしかない」という。

    以下ソース先で

    2021年4月12日 11時15分
    https://news.livedoor.com/article/detail/20011457/
    (この記事の続きを読む)

    老人「山菜を採ろう」→熊に食われ死亡 「山菜を採ろう」→頭打ち死亡 彼らにとって山菜とは何なのか

    ギョウジャニンニク

    2: 名無しさん 2021/04/11(日) 21:42:40.43 ID:lvFoGHmy0
    売るんやで

    3: 名無しさん 2021/04/11(日) 21:42:41.19 ID:Sym4t4vBr
    生き甲斐や

    5: 名無しさん 2021/04/11(日) 21:42:59.00 ID:GpuCe0eZ0
    ロマンや

    7: 名無しさん 2021/04/11(日) 21:43:37.34 ID:UwRoyw+L0
    死亡フラグ

    12: 名無しさん 2021/04/11(日) 21:44:52.02 ID:Uzpky8S40
    んほぉ~この山菜たまんねぇ~

    (この記事の続きを読む)

    北海道で山菜採りの男性がヒグマに襲われ死んだらしい・・・

    bear

    1: 名無しさん 2021/04/10(土) 19:31:36.54 0
    今は冬眠明けだからやばいらしい
    お前らも気をつけろ


    7: 名無しさん 2021/04/10(土) 18:12:26.55 ID:jcPKvoOR0
    ヒグマによる死亡事故は年平均で1人未満だから運が悪かったな
    山菜取りなんて野生動物の餌場を荒らしに行ってるようなもの

    111: 名無しさん 2021/04/10(土) 18:25:36.91 ID:hCVGIjUQ0
    >>7
    ヒグマの記事は色々読んで人やられまくるイメージあったけど
    そんなくらいなのか
    いや1人でも十分惨事だけど

    358: 名無しさん 2021/04/10(土) 19:04:40.44 ID:Jr3dgSii0
    >>7
    しかも冬眠があける時期だしなぁ

    66: 名無しさん 2021/04/10(土) 18:19:45.60 ID:ZRUsySYl0
    なぜ危険地帯い入り込んでまで山菜を採りたがるのか。
    もう大半の山菜が栽培できるようになってるだろ?


    (この記事の続きを読む)

    【※】かわいいアオダイショウちゃん捕まえたんだが飼育してる人いる?

    snake

    1: 名無しさん 2021/04/09(金) 22:01:52.964 ID:nDUdk/EA0
    飼育環境どんな感じ?
    2日とか空けても問題ないのかな?

    1

    2: 名無しさん 2021/04/09(金) 22:02:30.866 ID:ww3gmo1D0
    あらかわいい

    3: 名無しさん 2021/04/09(金) 22:02:32.229 ID:ZFVAlR8m0
    ヘビは一週間くらい何も食べなくても平気

    4: 名無しさん 2021/04/09(金) 22:02:51.487 ID:ZFVAlR8m0
    蒲焼きにしようぜ、

    7: 名無しさん 2021/04/09(金) 22:03:17.389 ID:wTUf+2yy0
    マウスあげとけば1週間ぐらいいけるで

    (この記事の続きを読む)

    ビワとかいう謎の果実

    ビワ

    1: 名無しさん 21/04/10(土)18:06:13 ID:QqC6
    マイナーすぎる

    2: 名無しさん 21/04/10(土)18:06:26 ID:37Gq
    でもうまい

    4: 名無しさん 21/04/10(土)18:06:49 ID:QqC6
    ビワの日本一の産地、誰も知らない

    8: 名無しさん 21/04/10(土)18:07:04 ID:IIzE
    >>4
    山梨や

    10: 名無しさん 21/04/10(土)18:07:39 ID:QqC6
    >>8
    残念長崎です


    (この記事の続きを読む)

    【悲報】スズメバチさん、胴体を真っ二つに引き裂かれ、無惨な死を遂げる。

    スズメバチ

    1: 名無しさん 2021/04/05(月) 04:24:25.68 ID:YCwtwDDOM

    2: 名無しさん 2021/04/05(月) 04:25:05.97 ID:zDGZR9Hy0
    つよい

    3: 名無しさん 2021/04/05(月) 04:25:12.10 ID:8DvvcLphH
    生きてて草

    167: 名無しさん 2021/04/05(月) 05:15:05.75 ID:DTYwlH150
    >>3
    虫って血液ないし心臓ないからこの程度じゃ【死なない】で 機能は損なわれるが
    頭を潰して初めて死ぬんや

    175: 名無しさん 2021/04/05(月) 05:19:29.80 ID:I5GqMvwK0
    >>167
    うーんこの

    (この記事の続きを読む)

    「池の水全部抜く」が天下取れなかった理由は?

    井の頭公園

    1: 名無しさん 2021/04/07(水) 11:32:50.50 ID:zCtjeH2K0
    最初あんなに話題になってたのに
    なんで?


    2: 名無しさん 2021/04/07(水) 11:33:32.68 ID:XuT2FwCFp
    在来種外来種とかどうでもいいから

    3: 名無しさん 2021/04/07(水) 11:33:45.63 ID:VLYXZbHmM
    同じことの繰り返しだから

    4: 名無しさん 2021/04/07(水) 11:33:59.31 ID:U3iKXWlm0
    テレ東だから

    6: 名無しさん 2021/04/07(水) 11:34:11.46 ID:H6qEhJaHa
    まあ同じ事を繰り返すだけだしな

    (この記事の続きを読む)

    【スズメバチ対策】簡単に作れる「女王バチホイホイ」で今の時期に捕まえよう!

    1: 名無しさん 2021/04/07(水) 13:42:58.47 ID:eytN5eH59
    スズメバチ

    日本では毎年20人近くが、スズメバチに刺されて亡くなっています。
    被害を防ぐには、今の時期に対策を打っておくことが重要です。スズメバチの生態を参考に、その退治の方法をご紹介します。

    スズメバチの1年

    ハチ被害の中で日本で最も多く報告され、重症例も多いスズメバチ。毒性は非常に強力で、攻撃性の高い、凶暴な種類も多くみられます。

    女王バチは冬眠し、翌春、目を覚まして営巣を開始します。働きバチは7月頃から羽化を始め、9月から10月にかけて巣の中のハチの数は最大になります。しかし、ひとつの巣が1年を超えて活動することはなく、新しい女王バチ以外の元女王バチ・働きバチ・雄バチは基本的には冬を越せず、死んでしまいます。


    1

    種類によって活動の時期は異なりますが、攻撃性の増す時期に巣へ近づくと威嚇・攻撃を受けるので大変危険です。

    女王バチをおびき寄せる

    春は、土の中などで越冬した女王バチのみしかおらず、冬眠から目覚めた直後で、大変弱っているため、人を刺すことはまずありません。エサである樹液や蜜をなめて、体力を回復してから、女王バチは巣を作り始めます。

    そこで巣を作り始める前にこれを駆除してしまえば、スズメバチの大軍に襲われる心配もありません。
    今この時期に女王バチを1匹捕獲することは、夏に大群を全滅させることに匹敵するといわれているのです。

    そこで、簡単にできる女王バチを捕えるワナを、長年スズメバチ対策をしてきた木更津市観光ブルーベリー園協議会の江澤貞雄さんに伺いました。

    果実酢で作る”女王バチホイホイ”

    【用意するもの】
    ・ペットボトル (2L用・凸凹がない炭酸飲料用のものが、侵入したスズメバチが這い上がりにくいのでオススメ)
    ・梅酢、リンゴ酢、ブドウ酢(このうち2種類でもいいが、3種類あるとベスト)
    ・針金


    2

    https://weathernews.jp/s/topics/202104/060345/

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】クマさん、煽り運転される

    bear

    1: 名無しさん 2021/04/05(月) 16:43:13.38 ID:Raip1kBbr
    可哀想😭

    2: 名無しさん 2021/04/05(月) 16:43:52.49 ID:NR/dk3Fp0

    5: 名無しさん 2021/04/05(月) 16:44:51.67 ID:Ao+MhWFbr
    これもう虐待やろ

    6: 名無しさん 2021/04/05(月) 16:44:57.05 ID:HJhRzTjH0
    もっと速く走れるイメージあった

    7: 名無しさん 2021/04/05(月) 16:45:01.44 ID:EkltEgDj0
    なんで横に避けないんやアホやん

    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top