登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 噴火・火山

    噴火・火山

    【速報】桜島 噴火 2018年12月22日 14:00

    【火山最前線】“ノーマーク火口” 全国21の火山に…富士山も監視強化

    3

    【“ノーマーク火口” が襲う 全国21の火山に】
    去年、群馬県の草津白根山のスキー場付近で発生した噴火は気象庁が重点監視していた火口とは別の“ノーマーク火口”で起きた突然の噴火でした。21の火山には「富士山」も含まれています。www3.nhk.or.jp/news/html/2019…
    富士山にノーマーク火口

    4

    言わずと知れた日本一の山、富士山。かつては「休火山」とされていましたが、現在はれっきとした「活火山」です。

    最後の噴火は300年以上前の江戸時代。数百年程度の活動休止は、火山の寿命の中で“つかの間の眠り”だとして「過去1万年以内に噴火した火山は活火山」という考え方に変わりました。

    現在、日本には富士山を含め111の活火山があります。その「富士山」で将来、噴火の可能性が否定できない火口が新たに確認されました。

    (続きはこちら)


    (この記事の続きを読む)

    【地震】南海トラフ検討会「発生の可能性が高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」

    1: 名無しさん 2019/02/07(木) 20:24:00.98 ID:UVvhn1jn9
    a1ec81b99abb1eb3edd91b0a355a578a_s

    ◆ 南海トラフ検討会「変化なし」

    南海トラフで巨大地震が起きる可能性を評価する、専門家の定例の検討会が気象庁で開かれ、「発生の可能性が高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」とする見解をまとめました。

    7日、気象庁で開かれた会合では、東海から九州にかけての想定震源域や、その周辺で観測されたデータを専門家が詳しく分析しました。

    それによりますと、プレートの境目付近を震源とする「深部低周波地震」と呼ばれる小規模な地震が、▽四国の西部で1月11日から16日まで、▽紀伊半島中部では18日から23日まで観測されました。

    また、今月3日からは▽愛知県内で継続して観測されていて、これらに伴って複数の「ひずみ計」でわずかな地殻変動が観測されたということです。

    これは、想定震源域の深いところでプレートの境目がゆっくりずれ動く現象、「短期的ゆっくりすべり」が原因とみられ、過去にもこの領域で起きているということです。

    このほかのデータも含めて判断した結果、検討会は「巨大地震の発生の可能性が平常時と比べて相対的に高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」とする見解をまとめました。

    評価検討会の会長で、東京大学地震研究所の平田直教授は「特段の変化はないという結果だが、巨大地震が起きる可能性が高い状態が続いていることを忘れず、備えを進めてほしい」と話していました。

    NHKニュース 2019年02月07日 19時15分
    https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190207/0012426.html

    【地震】南海トラフ検討会「発生の可能性が高まったと考えられる特段の変化は観測されていない」

    (この記事の続きを読む)

    【熊本】阿蘇山で火山活動の高まりに注意

    1: 名無しさん 2019/02/06(水) 02:10:16.36 ID:QBeSiV669
    1

    熊本 阿蘇山で火山活動の高まりに注意
    2019年2月5日 20時07分

    熊本県の阿蘇山で火山性微動の振幅が次第に大きくなり、火山ガスの量も増えるなど活動がやや活発になっています。気象庁は、噴火警戒レベル1を継続したうえで、今後、活動がさらに高まる可能性があるとして注意を呼びかけています。

    気象庁によりますと、阿蘇山では、4日から地下の熱水や火山ガスの動きを示すと考えられる火山性微動の振幅が緩やかながら次第に大きくなっています。

    また、火口の直下で起きる孤立型微動と呼ばれる特有の火山性微動や、火山性地震が多い状態で推移しています。

    火山ガスの放出量も、今月1日には1日当たり2200トンと増加し、4日までの観測でも1日当たり1500トンから1700トンとやや多い状態が続いていて、火山活動がやや活発になっているということです。

    一方で、地殻変動のデータに特段の変化はなく、火口周辺に影響を及ぼす噴火の兆候はみられないということです。

    阿蘇山では去年、火口近くの立ち入り規制が解除されましたが、地元の阿蘇市などでつくる協議会は、気象庁の情報を受けて、火口からおおむね半径1キロ以内への立ち入りを自主的に規制しました。

    気象庁は「活火山であることに留意」を示す噴火警戒レベル1を継続したうえで、火口内での土砂や火山灰の噴出、火山ガスに注意するとともに、さらに活動が高まる可能性があるとして今後の情報に注意を呼びかけています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190205/k10011804911000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_023

    【熊本】阿蘇山で火山活動の高まりに注意

    (この記事の続きを読む)

    想定火口以外で噴火のリスクがある火山…全国で21

    1: 名無しさん 2019/01/23(水) 09:08:49.49 ID:bb2RsUmP9
    草津白根山の噴火

    想定火口以外で噴火のリスクがある火山 全国で21
    2019年1月23日 4時44分

    1人が死亡、11人が重軽傷を負った群馬県の草津白根山の噴火から23日で1年です。この噴火は、気象庁が重点的に監視していた火口ではなく、いわば“ノーマーク”の火口で発生しましたが、同じようなリスクを抱える火山が全国に少なくとも21あることがわかり、気象庁は監視を強化することになりました。

    去年1月23日、群馬県にある草津白根山の本白根山で噴火が発生し、自衛隊員1人が死亡したほか、スキー客など合わせて11人が重軽傷を負いました。

    この噴火は、気象庁が噴火を想定して重点的に監視していた火口ではなく、およそ2キロ離れた別の火口で突然発生し、火山防災の在り方に課題を突きつけました。

    その後、気象庁は、24時間体制で監視している全国50の火山について、過去1万年以内に噴火が起きた詳しい場所を最新の研究結果を踏まえて精査しました。

    その結果、これまで監視カメラの整備や防災計画の対象としてきた火口以外で噴火のリスクがある火山が、少なくとも全国で21あることがわかったということです。

    この中には、北海道の十勝岳、富士山、神奈川県の箱根山、それに熊本県の阿蘇山や鹿児島県の桜島などが含まれます。

    気象庁は、想定火口以外での噴火の可能性が否定できないとして、箱根山など合わせて7つの火山では新たに監視カメラを設置するほか、自治体などが設けているライブカメラなどを活用して監視を強化することにしています。

    過去の火山噴火に詳しい北海道大学の中川光弘教授は「従来想定してきた火口に比べ噴火の可能性は低いが、リスクがゼロでないかぎり注意を払っていく必要がある」と話しています。

    (リンク先に続きあり)
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190123/k10011787281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_017

    【火山】想定火口以外で噴火のリスクがある火山 全国で21

    (この記事の続きを読む)

    【原子力規制委員会】鹿児島湾内の火山「姶良(あいら)カルデラ」の「破局的噴火」を警戒、海底火山を常時観測へ

    1: 名無しさん 2019/01/07(月) 13:53:46.77 ID:Emp7KWTk
    1

     原子力規制委員会は、火山の破局的噴火による原子力発電所への影響を評価するため、2021年度から鹿児島湾内の火山「姶良あいらカルデラ」の海底での常時観測に乗り出す。地殻変動や地震などのデータを集めて破局的噴火のプロセスを解明し、原発の安全審査に生かすのが狙いだ。

     破局的噴火は、噴出物の量が100立方キロ・メートル以上の超巨大噴火で、火砕流が数十~100キロ・メートル以上の範囲に到達する。国内では1万年に1回程度起きているが、縄文時代の7300年前が最後で、科学的な観測データがないため詳細はわかっていない。

     こうした噴火によってできた巨大なくぼ地はカルデラと呼ばれ、大部分は海底や湖底にある。海底でのカルデラの常時観測は国内初。規制委は19年度から予備調査を開始し、研究を委託する機関の選定などを進め、21年度に海底に地震計や水圧計などを設置、観測を始める計画だ。

     破局的噴火の原発への影響を巡っては、広島高裁が17年12月、阿蘇カルデラ(熊本県)の破局的噴火で火砕流が到達する恐れがあるとして、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の運転差し止めを命じ、注目された。同高裁は18年9月に決定を取り消したが、この間、伊方3号機は停止した。

     九州電力の川内原発(鹿児島県)や玄海原発(佐賀県)でも、破局的噴火の懸念から運転差し止めを求める仮処分申請が相次いでいる。

    読売新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/science/20190107-OYT1T50012.html

    【原子力規制委員会】鹿児島湾内の火山「姶良(あいら)カルデラ」の「破局的噴火」を警戒、海底火山を常時観測へ

    (この記事の続きを読む)

    【イタリア】世界最大級の活火山、シチリア島・エトナ山が噴火で地震 30人がけが

    1: 名無しさん 2018/12/27(木) 20:34:48.42 ID:CAP_USER9
    8

     世界最大級の活火山で世界遺産に登録されているイタリア・シチリア島のエトナ山が噴火し、周辺の地域で26日、マグニチュード(M)4.8の地震が発生した。ロイター通信によると、約30人が負傷、約10人が病院に搬送されたという。

     エトナ山の噴火は24日に発生し、この影響で26日午前3時19分(日本時間午前11時19分)に地震が発生した。自宅から避難する際に、崩れてきた石やれんがで負傷した例が多いという。

     AP通信などによると、歴史ある教会で被害が出たほか、高速道路が閉鎖されるなどした。(共同)

    2018/12/27 19:45
    共同通信
    https://this.kiji.is/450972514053588065

    【イタリア】世界最大級の活火山、シチリア島・エトナ山が噴火で地震 30人がけが

    (この記事の続きを読む)

    【インドネシア津波】気象庁 火山活動に伴う津波 直ちに警報発表は困難

    1: 名無しさん 2018/12/27(木) 02:23:58.22 ID:CAP_USER9
    4

    気象庁によりますと、火山活動に伴う津波が起きた場合、津波の高さや被害地域を直ちに予測して津波警報などを発表し、警戒を呼びかける手法は世界的にも確立されていないということです。

    気象庁は、現在、津波が発生する可能性があるさまざまな地震について、あらかじめ10万通りのシミュレーションを行い、想定される津波の高さや影響が及ぶ地域をデータベース化しています。
    実際に地震が発生した際には、地震の規模や震源の位置を元に、データベースから最も近い予測結果を引き出すことで、地震発生から3分程度で津波警報や注意報などを発表する体制を整えています。

    一方、今回のインドネシアのケースのように、火山活動に伴う山体崩壊や海底地すべりなどで津波が発生した場合、津波の高さや影響範囲を正確に把握する手法は世界的にも確立されておらず、直ちに警報などを発表することは難しいということです。

    気象庁は、火山活動に伴う津波については沿岸部や沖合に設置された潮位計などで津波が確認された場合や、火山の監視カメラの映像をもとに津波のおそれがあると判断した場合に津波警報や注意報など出して、警戒を呼びかけるとしています。

    NHK NEWS WEB 2018年12月26日 21時07分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20181226/k10011760851000.html

    【インドネシア津波】気象庁 火山活動に伴う津波 直ちに警報発表は困難

    (この記事の続きを読む)

    【クラカタウ】インドネシア津波、死者373人に…噴火による海底地滑り

    1: 名無しさん 2018/12/25(火) 05:45:45.32 ID:CAP_USER9
    1

    インドネシア・ジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡で起きた津波で、国家災害対策庁は24日、少なくとも373人の死亡を確認したと明らかにした。
    同国気象庁は、津波はスンダ海峡にある火山「アナック・クラカタウ山」の噴火で起きた海底地滑りにより引き起こされたと確認したと明らかにした。
    噴火から津波発生まで24分しかなく、多くの人が予想外の津波から逃げ遅れたとみられる。

    行方不明者は128人、負傷者は1459人に上った。当局は25日まで同海峡付近で高波の恐れがあるとして、警戒を呼び掛けた。

    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/12/25/kiji/20181224s00042000336000c.html
    2018年12月25日 05:30

    【国際】インドネシア津波、死者373人に 噴火による海底地滑り

    (この記事の続きを読む)

    【災害】インドネシアで津波 222人死亡 火山噴火由来の津波で“津波警報”作動せず

    1: 名無しさん 2018/12/24(月) 07:13:41.44 ID:CAP_USER9
    no title

     インドネシア・ジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡で22日夜、津波が発生し、国家災害対策庁によると少なくとも222人が死亡、28人が行方不明となり、843人が負傷した。
    地震は発生しておらず、気象当局は火山の噴火による海底の土砂崩れが原因とみている。
    気象当局によると、火山噴火由来の津波のため、津波警報が作動しなかった。


     国家災害対策庁によると、少なくとも住宅約560棟とホテル9棟が被害を受けた。
    年末の休暇シーズンで、ビーチで多くの観光客が被災した。
    現段階で確認できた犠牲者に、日本人など外国人はいないという。

    ◇ インドネシアのバンテン州で、津波で流された車(AP)
     
    6

    Sponichi Annex 2018年12月24日 05:30
    https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/12/24/kiji/20181224s00042000052000c.html

    【災害】インドネシアで津波 222人死亡 火山噴火由来の津波で“津波警報”作動せず

    (この記事の続きを読む)

    【速報】桜島 噴火

    3

    【速報】桜島 噴火


    1: 名無しさん 2018/12/22(土) 11:27:48.58 ID:lqRSCo5M0
    風向きは大隅半島や

    1
    2

    2: 名無しさん 2018/12/22(土) 11:28:02.72 ID:zD4jw7XC0
    定期やろ

    4: 名無しさん 2018/12/22(土) 11:28:35.23 ID:aNxMBjoE0
    富士山が噴火してから立て直せ

    7: 名無しさん 2018/12/22(土) 11:29:11.19 ID:Os6lMl1nd
    やばい

    32: 名無しさん 2018/12/22(土) 11:31:39.58 ID:HQLPcS9C0
    >>7
    都心の電車の人身事故レベル
    またかよって感じ
    関連記事

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top