登山ちゃんねる

2chより登山・アウトドアの話題をまとめるバイラルメディア

 2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ

噴火・火山

【御嶽山噴火災害】7~8月にドローンで行方不明者5人の捜索…被災者家族らの会が決定

1: 名無しさん 2017/03/20(月) 19:32:31.03 ID:CAP_USER9
22

2014年9月の御嶽山噴火災害の被災者家族らでつくる「山びこの会」は19日、名古屋市で会合を開き、7月下旬?8月上旬に、昨年に続いて小型無人機「ドローン」による行方不明者5人の捜索を行うことを決めた。

県内外の遺族や行方不明者の家族約20人が出席。
事務局代表のシャーロック英子さん(58)=東京都=は会合後、木曽郡木曽町と王滝村が入山規制範囲で実施する遺失物収集作業に同行を要望していくことも決めたと説明。

4月下旬に両町村と予定している意見交換については、「噴火後、地元自治体の火山防災に対する意識がどう変わったのか聞きたい」とした。

会合の冒頭、出席者らは県消防防災ヘリコプター「アルプス」墜落事故の犠牲者に黙とう。
死亡した9人の中には噴火災害の際に救助や捜索に当たった消防隊員もいたことから、シャーロックさんは「また長野で多くの犠牲者が出る事故が起きて悲しい」と話し、同会として噴火災害の救助に参加した隊員の遺族に弔電を送ったと明らかにした。

配信 2017.03.20

信毎web ニュースサイトで読む
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170320/KT170319FTI090003000.php

関連記事
【長野】御嶽山噴火で亡くなった登山者5人の遺族が国と県に賠償請求

(この記事の続きを読む)

【悲報】伊エトナ山が目前で噴火、BBC取材班ら10人負傷…

1: 名無しさん 2017/03/17(金) 07:28:29.04 ID:CAP_USER9
img_46a7b30b26a4d04314c65327eb97a136147051

http://www.afpbb.com/articles/-/3121718?act=all

【3月17日 AFP】イタリア・シチリア(Sicily)島にある欧州最大の活火山、エトナ山(Mount Etna)で16日、爆発的噴火があり、飛来した岩石や溶岩に当たって10人が負傷した。山の上部斜面で恐怖の体験をした英BBC放送の記者らが明らかにした。

 同山に詳しいドイツ人火山学者のボリス・ベーンケ(Boris Behncke)氏は自身のフェイスブック(Facebook)ページで、溶岩が雪の上を流れた際に発生した水蒸気が蓄積され、爆発を引き起こしたと説明。「私も頭にあざができたが、無事だ」と投稿している。

 イタリア国立地球物理学火山学研究所(INGV)のステファノ・ブランカ(Stefano Branca)氏によると、爆発は午後12時43分(日本時間同8時43分)に発生。溶岩と山の表面の間に蓄積していた水蒸気が勢いよく噴出したために起こったという。

 近接する自治体の当局によると、当時現場付近にはBBC取材班の他、観光客15人、研究者やガイドら計35人前後がいた。10人が軽いやけどや切り傷、打撲などを負い、うち6人が病院に搬送された。

 BBCのレベッカ・モレル(Rebecca Morelle)科学担当特派員はツイッター(Twitter)への投稿で、死者が出てもおかしくない爆発だったが、けが人はいずれも軽傷だったと説明。

 BBC取材班も負傷し、恐怖によりショックを受けているという。モレル氏は「石が降り注ぐ中、燃える岩や灼熱の蒸気を避けながら、山を駆け下る──もう二度としたくない体験」と語っている。(c)AFP

2017/03/17 06:46(ローマ/イタリア)

img_57f9ce2b63677fca69df4c205b8144f3122867
img_916721d8597af2fd05b5dba4cf768bde246794
img_54429035572bf973b04729819237a554219754

(この記事の続きを読む)

【宮崎:鹿児島】新燃岳で火山性地震が急増 13日からの3日間で80回超 ((((;゚Д゚))))

1: 名無しさん 2017/03/16(木) 19:20:03.58 ID:CAP_USER9
2

2011年に大噴火した九州南部の新燃岳では、今週に入ってから火山性地震が急増しており、13日からの3日間で84回発生したと気象庁が発表した。

 新燃岳は、宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島連山の中央に位置している活火山で、2011年1月~2月にかけて爆発的噴火を繰り返した。

 気象庁によると、13日と14日に発生した火山性地震は1日あたり30回を超え、きょう(15日)も午後4時までに17回観測されている。地下のマグマや水蒸気の動きを示す火山性微動は観測されていない。

 新燃岳では、山頂の火口内と西側の斜面から弱い噴気が立ち上り、地表の熱が異常に上昇している領域が確認されていることから、気象庁は突発的に火山灰が噴出するおそれがあるとして、火口周辺への立ち入りを禁止する噴火警戒レベル「2」を発令している。

  no title

http://a.excite.co.jp/News/society_g/20170315/Hazardlab_19443.html

(この記事の続きを読む)

【長野】御嶽山噴火で亡くなった登山者5人の遺族が国と県に賠償請求

1: 名無しさん 2017/03/15(水) 17:54:03.98 ID:CAP_USER9
1

58人が死亡、5人が行方不明となった2014年9月の御嶽山噴火で、警戒レベルの引き上げを怠り、山頂付近などの地震計の故障を放置したとして、亡くなった登山者5人の遺族が国と県に対して損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が15日、長野地裁松本支部(松山昇平裁判長)であった。

遺族は「どうしてこんな大惨事になったのかきちんと検証してもらいたい」と訴えた。国と県は請求棄却を求めた。
ガラケー用↓
http://news.mobile.yahoo.co.jp/news/view/20170315-00000096-jij-soci.html
その他↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000096-jij-soci

(この記事の続きを読む)

【栃木】男体山 新たに活火山に認定へ

1: 名無しさん 2017/03/13(月) 08:29:38.49 ID:CAP_USER9
9

栃木県にある男体山について火山噴火予知連絡会は、山頂火口周辺で行われた最新の調査結果などから、過去1万年以内に噴火したと考えられるとして、新たに活火山に認定することになりました。

栃木県日光市にある標高2486メートルの男体山は、これまで最後に噴火が発生したのがおよそ1万7000年前と考えられ、「おおむね、過去1万年以内に噴火した火山」という定義に当てはまらなかったため、活火山には含まれていませんでした。

しかし、富山大学大学院の石崎泰男准教授などの研究グループが行った調査で、山頂火口周辺に火山灰などが積もった層が見つかり、中で炭になっていた木を調べたところおよそ7000年前のものとわかりました。
このため研究グループは、この時期に噴火が起きたと考えられるとする論文を3年前にまとめていて、関係者によりますと、これを火山噴火予知連絡会が検討した結果、「おおむね過去1万年以内に噴火した」という定義に当てはまるとして、男体山を新たに活火山に認定することになったということです。

ことし6月に開かれる予知連の会合で、正式に認定される見込みで、これで全国の活火山の数は111になります。
石崎准教授によりますと、男体山では、およそ7000年前に起きたと考えられる噴火以降は、新たな噴火の痕跡は見つかっておらず、今も静穏な状態が続いているということです。

NHK NEWS WEB(3月13日 4時06分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170313/k10010908721000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

(この記事の続きを読む)

【やめてくれよ・・・】最大震度7とかいう文字だけで伝わる圧倒的な絶望感……

00


1: 名無しさん 2017/02/23(木)20:47:50 ID:FY6
怖E

1


2: 名無しさん 2017/02/23(木)20:48:24 ID:GRm
やっぱ東北の時のが絶望感ある

18: 名無しさん 2017/02/23(木)20:55:42 ID:FY6
>>2
草枯れる

18


4: 名無しさん 2017/02/23(木)20:50:04 ID:Gsy
誤報だったけどもっとやばいやつあったよな

5: 名無しさん 2017/02/23(木)20:50:48 ID:GRm
>>4
東京湾震源M9.1震源の深さ10㎞最大深度8でほぼ全国で震度5弱以上あったで
関連記事
【都道府県別】1923年以降で大きな地震が多いのはどこなのか? 「気象庁の震度データベース検索」で震度別にカウントした。

(この記事の続きを読む)

【悲報】大地震、もう1ヶ月以上も起きてないんだがwwwwwwwwwwwwwww

8


1: 名無しさん 2017/02/06(月) 03:00:26.19 ID:jBZ3NsaR0
12/28の茨城6弱以降なし

6: 名無しさん 2017/02/06(月) 03:01:01.81 ID:faVXN67Qd
南海トラフ大地震 2018年説

7: 名無しさん 2017/02/06(月) 03:01:06.00 ID:w1tEEuvi0
そんな頻繁に起きてたまるか

10: 名無しさん 2017/02/06(月) 03:01:36.60 ID:NBYT6Afu0
頻繁に起きるのも怖いが沈黙したままなのも怖い

12: 名無しさん 2017/02/06(月) 03:01:59.35 ID:5v7JXR7yp
名古屋は地震もなくて安全やで~

27: 名無しさん 2017/02/06(月) 03:04:47.39 ID:jBZ3NsaR0
>>12
名古屋自体は大丈夫そうだけど貿易港としての役割が死にそうやな
関連記事
南海トラフの死者数最大32万人ってヤバくない?

(この記事の続きを読む)

【やべぇよ・・・やべぇよ・・・】浅間山「そろそろ本気出して良いか?」 火山性地震380回超

1: 名無しさん 2017/02/19(日) 00:12:56.45 ID:1DG10DoR0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
1

気象庁によると、長野と群馬にまたがる浅間山では、17日午後までの5日間に発生した火山性地震が380回を超え、火山ガスの放出量が1日あたり1900トンと多い状態が続いている。

 浅間山では、山頂の火口直下を震源とする火山性地震が相次いでいて、今月13日~17日午後3時までに発生した回数は、計387回に達した。
地下のマグマや水蒸気の動きを示す火山性微動については観測されていないものの、
13日に行った現地調査では、二酸化硫黄の放出量は1週間前の調査時を上回る1900トンだった。

 火口から立ち上る噴煙の高さは500メートル以下だが、夜間には山頂火口付近で赤く輝く火映が観測されている。

 気象庁は直ちに噴火に結びつくような火山活動は観測されていないとして、噴火警戒レベル「2」を維持している。

浅間山 火山性地震5日間で380回超 火山ガス1900トン
http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19105.html

(この記事の続きを読む)

【ピナツボ山】噴火被害の影響を受けた比の先住民「アエタ族」に古着贈る 文房具も不足しているそうです

1: 名無しさん 2017/02/08(水) 10:52:08.89 ID:CAP_USER9
5

火山被害の比先住民族に古着贈る
*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7003616781.html?t=1486518384000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

火山の噴火の影響で、生まれ育った土地を離れて暮らしているフィリピンの先住民族を支援しようと、登別市の若手経営者らが、自分たちで集めた1000着以上の古着を先住民族に寄贈しました。

フィリピンの先住民族「アエタ族」に古着を贈ったのは、登別市で運送会社を営む沼崎孝則さん(39歳)たちのグループです。
沼崎さんたちは、26年前のフィリピン・ピナツボ山の大噴火で山岳地帯に住めなくなりフィリピン政府が用意した土地に避難している「アエタ族」の子どもたちに着てもらおうと、会社の従業員らに呼びかけて、1000着以上の古着を集めました。

そしてことし1月下旬に、集めた古着を持ってフィリピンを訪れ、現地の子どもたちや子どもがいる先住民族の家族に手渡したということです。
現地では文房具なども不足しているということで、沼崎さんたちは、今後も支援を続けていくことにしています。

沼崎さんは
「太平洋戦争でアエタの方々も大変な過去を経験している。戦争を直接知らない世代も戦争を忘れてはならないという思いも込めて活動を続けていきたい」と話しています。

02月08日 08時22分

(この記事の続きを読む)

【御嶽山噴火】犠牲者遺族「二度と災害が起こらないよう恒久的防災システムを」

1: 名無しさん 2017/01/26(木) 08:16:52.22 ID:CAP_USER9
2

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000092-san-soci

犠牲者58人、行方不明者5人を出した平成26年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)噴火災害で、気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、犠牲者5人の遺族が25日、国家賠償法に基づき国と長野県に総額1億4千万円の損害賠償を求める訴えを長野地裁松本支部に起こした。遺族と弁護団は午後、横断幕を掲げて行進し、訴状を提出した。

原告側によると、今回の災害で遺族が提訴するのは初めて。気象庁が噴火前の観測データを基に下した噴火予知の判断が適切だったかどうかが検証される。

訴状によると、気象庁は噴火警戒レベルを1から2に引き上げる基準の一つとして、火山性地震の回数を「1日50回以上」としていた。しかし、同庁は噴火前の9月10日に52回、翌11日に85回の火山性地震を観測したにもかかわらず、当時は平常を示す1だった噴火警戒レベルを2に引き上げなかった。原告側は同庁が12日早朝にはレベルを2に引き上げる義務があったとし、実行していれば火口約1キロ圏内の入山が規制され、死者は出なかったとしている。

一方、長野県については、御嶽山の2地点に設けた地震計の故障を知りながら放置したと指摘。地震計が機能していれば、噴火警戒レベルを2に引き上げられたとしている。

原告の一人で、噴火災害で夫の保男さん=当時(54)=を亡くした長野県東御市の伊藤ひろ美さん(55)は「どうしてこんな大惨事になったのか、なぜ減災すらできなかったのか、検証してもらいたい。二度とこのような火山災害を起こさないよう恒久的な防災システム作りにつなげたい」と話した。

(この記事の続きを読む)
■ About
twitter
このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
rss
follow us in feedly
2

いらっしゃいませ。(´・ω・`)
初めての方はこちらをご覧ください。
→このブログについて。
→全記事一覧

調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


■ 最新コメント (*゚∀゚)
■ はてブエントリー

■ スポンサーリンク

Back to Top