登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ヌルポあんてな(゚Д゚) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | オワタ | だめぽ
    > 噴火・火山

    噴火・火山

    【福島:山形】吾妻山、警戒レベル2に引き上げ…小規模噴火も

    1: 名無しさん 2018/09/15(土) 18:30:16.63 ID:CAP_USER9
    2

     仙台管区気象台は15日午後、福島、山形両県にまたがる吾妻あづま山(吾妻連峰)で同日午前9時13分頃に火山性微動が観測されたことから、噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から「2(火口周辺規制)」に引き上げたと発表した。


     同気象台は、「今後、小規模な噴火が発生する可能性がある」として、登山者らに地元自治体の指示にしたがって危険地域に立ち入らないよう呼びかけている。大穴火口から約1・5キロの範囲で、大きな噴石が飛散する恐れがあるという。

    https://www.yomiuri.co.jp/science/20180915-OYT1T50089.html

    【山】吾妻山、警戒レベル2に引き上げ…小規模噴火も

    (この記事の続きを読む)

    吾妻山で火山性地震が増加 ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    1

    【福島と山形にまたがる吾妻山で火山性地震が増加】福島県と山形県にまたがる吾妻山で、8日夜から火山性地震が増加し、気象庁は、火山活動に高まりが見られるとして、今後の情報に注意するよう呼びかけています。 www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

    気象庁によりますと、吾妻山では8日午後8時ごろから「大穴火口」付近の直下を震源とする火山性地震が増え、9日午後3時までに合わせて50回観測されました。

    吾妻山では、ことし7月22日に地下のマグマや火山ガスなどの動きを示すとされる火山性微動が発生して以降、「浄土平」の観測点では山の火口方向が膨らむ地盤の変動が続いています。

    気象庁によりますと、9日は天候が悪く、監視カメラで「大穴火口」や周辺の状況を確認できないということで、天候の回復を待って現地調査を行うことにしています。

    気象庁は「活火山であることに留意」を示す噴火警戒レベル1を継続し、火山ガスなどの突発的な噴出に十分注意するとともに、火山活動に高まりが見られるとして、今後の情報に注意するよう呼びかけています。


    (この記事の続きを読む)

    【火山】硫黄島で火山性地震増加…1日で500回超、噴火の可能性

    1: 名無しさん 2018/09/09(日) 00:15:36.38 ID:CAP_USER9
     気象庁は8日、東京の硫黄島で火山性地震が増加し、同日午前2時ごろから午後9時までに566回観測したと発表した。
    噴火する可能性がある。

    沿岸での小規模な海底噴火にも注意が必要。
    1日の地震回数が500回を超えたのは2012年4月27日以来。
    硫黄島は現在、海上、航空両自衛隊の基地があり、民間人の上陸は制限されている。

    硫黄島=2018年6月、東京都小笠原村
     
    8

    https://www.kochinews.co.jp/article/213995
    2018.09.08 22:48

    火山列島(硫黄列島)
    東京から南へ約1,250km
    https://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/ioutou_development/

    【火山】硫黄島で火山性地震増加 1日で500回超、噴火の可能性

    (この記事の続きを読む)

    【火山】霧島山・新燃岳で継続時間の長い火山性微動 傾斜の変動も

    1: 名無しさん 2018/09/06(木) 20:24:10.32 ID:CAP_USER9
    no title

    宮崎県と鹿児島県にまたがる霧島山・新燃岳では、火口直下を震源とする火山性地震が増減を繰り返しており、昨日3日(月)は振幅の大きな低周波地震が発生しました。

    ■今日4日(火)には火山性微動や傾斜変動も

    また、今日4日(火)9時頃から地震回数が増加し、12時51分頃には火山性微動が発生しました。

    微動の継続時間は約16分間とやや長く、火山性微動の発生に伴って、高千穂河原観測点の傾斜計では新燃岳の火口方向が沈降する変動が確認されています。

    現地の天候が悪いことから、噴煙の状況は確認できていません。

    降灰も確認されていませんが、新燃岳の東側で火山ガスの臭気があったことから、火山ガスの放出量が一時的に増加したと見られます。

    2018/09/04 16:46 ウェザーニュース
    https://weathernews.jp/s/topics/201809/040325/

    【火山】霧島山・新燃岳で継続時間の長い火山性微動 傾斜の変動も

    (この記事の続きを読む)

    【速報】口永良部島に噴火警報 警戒レベル4に 火口から3キロに避難準備呼びかけ

    2

    【速報】口永良部島に噴火警報 警戒レベル4に 火口から3キロに避難準備呼びかけ(10:32)

    1: 名無しさん 2018/08/15(水) 10:34:49.62 ID:CAP_USER9

    3: 名無しさん 2018/08/15(水) 10:35:16.24 ID:ZkZATg5l0
    どこ?

    155: 名無しさん 2018/08/15(水) 10:57:26.25 ID:XeLGeW1w0
    >>3
    屋久島の近く。3年前に大噴火起こした。

    4: 名無しさん 2018/08/15(水) 10:35:35.64 ID:4CnTEy/h0
    カルデラ平気か?

    14: 名無しさん 2018/08/15(水) 10:36:35.18 ID:JqSsph330
    準備じゃなくて避難させろよ。大惨事になるぞ。
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    新郎新婦誓いの言葉の真っ最中…ドッカーン…! 軽い振動とともに桜島大噴火

    jeremy-wong-weddings-615245-unsplash


    596: 名無しさん 2009/09/28(月) 13:49:27
    ガーデンウェディングといえぱ…

    従姉の式がガーデンだった。
    篤姫様のお里、南国鹿児島、ちょうど今時分。
    暑くも寒くもなく、ちょうどよい気候でガーデンウェディング日和だったが…
    こともあろうに新郎新婦誓いの言葉の真っ最中、

    …ドッカーン…!

    軽い振動とともに桜島大噴火。
    写真やイラストみたいな見事な噴煙が上がった。

    新婦と新婦側列席者は、生まれて初めて見る噴火に大興奮。
    凄いねー!雄大だねー!桜島もお祝いしてくれてるんだねー!
    とキャッキャッ浮かれていたが、ホテル側と新郎側は騒然。
    「では続きは室内でと参りましょう」
    新郎のにこやかなアナウンスと同時に、
    ホテルスタッフと新郎側男性陣が、テーブルや椅子を運び始める。
    前もって訓練でもしてたのかと思うほど鮮やかな連携で、
    ものの15分で会場は温室風テラスハウスへ移動完了。
    移動完了直後、空が異様な暗さに被われ、サラサラ…と砂が流れ落ちる音。
    折からの南風にのり、噴煙がホテルまで到達し、市内を大量の火山灰が覆い尽くした。
    ポンペイ最後の日みたいなスペクタクルな光景に、新婦側一同度胆を抜かれた。
    その後、すし詰め状態のテラスハウスで式と披露宴はできたのだが、
    庭の飾り付けも列席者の車もみんな火山灰まみれでザラザラ。

    不幸ではないが不運な結婚式として、親戚一同の記憶に残っている。

    5

    600: 名無しさん 2009/09/28(月) 14:02:23
    >>596
    それはある意味ラッキーというか、少なくとも大変貴重な体験だったな。
    にこやかにアナウンスする新郎も男を上げたような気がする。
    関連記事

    (この記事の続きを読む)

    【火山】富士山が噴火したら都心で降灰10センチ以上。気象庁推計

    1: 名無しさん 2018/07/30(月) 11:28:41.73 ID:CAP_USER9
    7

    江戸時代に発生した富士山の大規模噴火(宝永噴火)を、現代の実際の気象状況に当てはめて降灰量を推計したところ、東京都心部でも10センチ以上積もる可能性のあることが気象庁気象研究所のシミュレーションで分かった。
    経済活動に大きな影響が予想され、政府は今秋までに中央防災会議に有識者検討会を設置し、気象研の推計も参考に富士山の降灰対策に本格的に乗り出す。

    火山灰は1ミリ以上で道路が覆われ、5ミリ積もると鉄道が運行できなくなるとされる。気象研の新堀敏基主任研究官は1707年12月に発生した宝永噴火の噴煙の高さや継続時間の推定値と、気象庁が2015~17年に解析した日々の風向きや気圧などの詳細なデータを用いて推計。1096の降灰パターンを導き出し、東京・大手町はうち3%の36パターンで降灰量が10センチを超えた。

    全パターンを重ね合わせた最大降灰量の分布図も作成し、神奈川県のほぼ全域と、静岡、山梨、東京の3都県の一部で30センチ~1メートルに達する可能性があった。千葉県のほぼ全域や茨城県と埼玉県の一部などは最大10~30センチと見積もられた。


    降灰の範囲は季節で異なり、冬は季節風の影響で東方向に集中。夏は全方位に降る傾向となった。春や秋に多い、富士山から北東方向に風が吹くケースでは、都心に厚く積もる。

    気象研は約15年前にも同様の試算を実施したが、日ごとの気象状況までは考慮せず、都心の降灰を数センチ程度と推定していた。
    実際の宝永噴火も都心の降灰は数センチだったとされる。新堀主任研究官は「各地の最大降灰量の確率を新たに見積もることができた」と話す。

    政府はこれまで大規模火山噴火に対する具体策を検討してこなかったが、大きな被害が予想される富士山をモデルケースに除灰対策などを考案する方針だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000001-mai-sctch

    「宝永」級の富士山噴火による最大降灰量の分布予想図

    6

    【火山】富士山が噴火したら都心で降灰10センチ以上。気象庁推計

    (この記事の続きを読む)

    【ハワイ島沖】キラウエア火山の噴出物が…「溶岩見物ツアー」中の船を直撃、23人が負傷

    1: 名無しさん 2018/07/17(火) 09:32:45.00 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000004-jij_afp-int

    米ハワイ(Hawaii)島沖で、キラウエア(Kilauea)火山からの噴出物が溶岩の見物客らを乗せた船を直撃し、23人が負傷した。地元消防当局が明らかにした。

    船がハワイ島の港に戻った時点で、13人は入院が必要だった。残りの人は港で手当てを受けたという。
    大腿骨を折った女性1人が重体となっている。

    キラウエア火山では5月3日に噴火が始まり、これまでに数百棟の家屋が破壊されている。

    一方、溶岩が太平洋に流れ込み、白煙状のもや(レイズ)が立ち上る様子は絶景となっている。

    船に何人乗っていたかは現時点では不明。


    米ハワイ・キラウエア火山からの噴出物が直撃し、屋根に穴が開いた船。ハワイ土地・天然資源局提供(2018年7月16日入手)。

    7

    【海外】ハワイ島沖で、キラウエア火山の噴出物が 「溶岩見物ツアー」中の船を直撃、23人が負傷

    (この記事の続きを読む)

    【小笠原】西之島で溶岩流 火口周辺警報を発表

    1: 名無しさん 2018/07/13(金) 22:17:35.73 ID:CAP_USER9
    2018年7月13日 22時11分

    8

    13日午後、小笠原諸島の西之島で溶岩が流れ出ているのが、海上保安庁の上空からの観測でわかりました。気象庁は、西之島では活発な噴火活動が続いていて、今後も噴火の規模が拡大する可能性があるとして、午後10時、入山危険を示す火口周辺警報を発表し、警戒範囲をこれまでの火口からおおむね500メートルから、1.5キロに拡大して、大きな噴石や溶岩流に警戒するよう呼びかけています。

    一方、海上保安庁は、13日未明に西之島の周辺の海域に発表した航行警報を継続し、付近を航行する船舶に引き続き注意を呼びかけています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180713/k10011532651000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    【小笠原】西之島で溶岩流 火口周辺警報を発表

    (この記事の続きを読む)

    【インドネシア】バリ島アグン山で噴火! 溶岩は半径2kmにわたって流出…

    9

    【バリ島アグン山噴火 溶岩流出】インドネシアの人気観光地バリ島のアグン山が2日午後9時(日本時間同10時)すぎ、噴火した。溶岩を伴うマグマ噴火で、溶岩は半径2kmにわたって流出。 yahoo.jp/6CMyjn
    【ジャカルタ時事】インドネシアの人気観光地バリ島のアグン山が2日午後9時(日本時間同10時)すぎ、噴火した。

     エネルギー鉱物資源省によると、溶岩を伴うマグマ噴火で、噴煙は山頂から約2000メートルの高さに達し、溶岩は半径2キロにわたって流出した。

     標高が3000メートルを超すアグン山はバリ島最高峰で、昨年11月に54年ぶりに噴火した。今年2月に警戒レベルを最高位から1段階引き下げたが、火山性地震は継続。先月28、29両日にも火山灰を大量に噴出させ、バリ国際空港が一時閉鎖された。 

    (この記事の続きを読む)
    ■ About
    twitter
    このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
    rss
    follow us in feedly
    2

    いらっしゃいませ。(´・ω・`)
    初めての方はこちらをご覧ください。
    →このブログについて。
    →全記事一覧

    調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


    ■ カテゴリー
    ■ はてブエントリー

    ■ スポンサーリンク

    Back to Top