2


127: 底名無し沼さん 02/09/08 01:02
小雨の降る中、蝶が岳から横尾へ下山していた。
うっそうとした樹林が続き、歩き始めて2時間くらいたったとき、
樹木の間に山小屋が見えた。はっきりと。
コースタイムは3時間くらいのはずだから、?とは思ったんだけど、
急いで降りたからもう着いたのかな?と思い歩くスピードをあげて急いだ。
でも歩けども歩けども山小屋には着かない。何で?どうして?と思いながら
さらに1時間くらい歩いて、やっと横尾の小屋についた。

着いてみてびっくり。それは1時間前に見た(まぼろしの)小屋そっくりだったのです。
怪奇現象?とびびりながら翌日会社に行ったら「それは自然現象だよ」、と。
雨の降る日や、湿度の高い日は、水分が光の屈折を変えて、本来見えるはずのないものが
目の前に見えたりするんですと。
ちょっと安心しました。

スポンサーリンク
128: 底名無し沼さん 02/09/08 02:02
>>127
雨の降る日や湿度の高い日に、街のビルが近くに見えるなんてことは、
経験ないなぁ

安心してる場合ではないと思われ

129: 底名無し沼さん 02/09/08 03:28
>>127
たぶん、疲労や感覚遮断状態などからの幻視と思われ。
>>128さんのいうとおり、自然現象だったらこわい(w

133: 底名無し沼さん 02/09/08 13:17
127に書き込みをした者です。
でも、下山途中に見たまぼろしの小屋は、
本当に横尾の小屋そのものだったんですよ。
屋根の色も、壁の色も、本館・別館とあるのも同じ。
横尾の小屋をそれほどまじまじ見たことは、それまでになかったし、
やはり自然現象なんだろう、と自分の中では思っているんですが。
 
目の前と行っても、2,3メートル先という感じではなくて、
50メートル位先に見えました。
砂漠の蜃気楼のしくみはよく知りませんが、
蜃気楼みたいなもんなんだろう、と思いました。
砂漠は乾燥しているから、水との関係はよく分かりませんが。。。

134: 底名無し沼さん 02/09/08 13:23
>>133
それを自然現象と信じて疑わないあなたが怖い。

135: 底名無し沼さん 02/09/08 13:37
>>133
私は怖い話と認定しまつ

146: 底名無し沼さん 02/09/10 15:37
人が聞いて怖いかどうかはわからないが、当時の私はちょっと背筋が寒くなった出来事。

あれは奥武蔵野のどこかを日帰りで歩いてきた帰りだった。
晩秋だったので、のんびりしていたら、いつの間にか夕闇が迫ってきていた。
車道に出て西部秩父線の駅までの道を歩いていた時だ。

車もほとんど通らず、他に通る人もいない沢沿いの曲がりくねった道を独り
歩いていて、ふと振り返ると十数人のグループがはるか後方から歩いて来る
のが見えた。やはりどこかの山へ登ったハイキングの人たちかと思い、はじ
めは気にも留めなかった。
ところが少しして振り返ると、その距離があまりに近づいているので驚いた。

自分がそんなにのんびり歩いていたのかと少し足を速めたが無駄だった。
やがて集団は凄い速さで近づいて来て、一人一人の姿がはっきり見えた。
60代くらいの夫婦かと思われる品の良い男女を中心に30~40位の男女
数人と小学~高校生くらいの子供数人。なんとなく、老夫婦とその子供夫婦
と孫たちという感じがした。お互いにこやかに談笑していて、それだけ見れ
ば良いファミリーのようなのだが、しかし、足だけはまるで宙を翔けるよう
にして、一糸乱れず、一団となって歩いて行くのが異様な感じだった。

不思議なのはいくらかでも登山ぽい格好をしていたのは、じいさんとばあさ
んだけだったこと。後のメンバーは旅行カバンのようなものを下げているか
と思えば、大きな魔法瓶を持った男性などがいた。

道の反対によけて呆れながら見送る私の方など見向きもせず、集団はあっと
いう間に遠ざかり、やがて見えなくなった。しばらくして駅に着いたが、
前の列車に乗ったのかどうか、すでにその人たちの姿はなかった。

五木寛之の『風の王国』を読んだのはそれから少ししてからだったと思うが、
あれを見たので、今もそういう伝統を持つ人たちがいるのかもしれないと思っている。

147: 底名無し沼さん 02/09/10 22:03

怖い。もう山行って後ろを振り返れない。。。。

200: 底名無し沼さん 02/10/12 22:43
あれは私が高校の山岳部員だった頃のことだ。小屋に着きサブリーダーだった私は
サイト料を払い、主に何処にテントを張ったらよいか聞いてみた。トイレの近くは
臭うかもしれないので、離したほうがよいとのことだった。
週末にもかかわらず他のパーティはまだいないようだった。それにしても気持ちの
いいテン場だ。多すぎず少なすぎずの林と笹の台地で安眠できそうだ。
ただ、4つのテントをマトメテはるためにはトイレの近くにならざるをえなかったが、
特にみんなからは文句はでなかった。

夕食・歓談も終わり、それぞれのシュラフに入り眠りについたが、夜半になり
「ギギギギ~、バタン。」


しばらくするとまた
「ギギギギ~、バタン。」

・・・誰だよトイレの扉を閉めなかったやつは・・・・
丁度尿意を催したこともありトイレに行き、もう安眠を妨害されないようにしっかりと
扉を閉め、再びシュラフにもぐりこんだ。

15分もたっただろうか  「ギギギギ~、バタン。」
隣で寝てる奴から文句がでた。当然だ。オレもうるさいので閉めにいったくらいだ、
しっかり閉めたさと説明したが、信じていないようだった。
私の後に外に出たものはいない・・・こういう静かな夜は他のテントのチャックの
音が聞こえる筈だからだ。
そして何より不思議なのは風が全く吹いていなかったことだ。
その後も4.5回、同じ音がしたように記憶している・・・。

201: 底名無し沼さん 02/10/12 23:04
そんなことがあってから半年も経ったころだったろうか。
ニュースでとある山小屋の主人が若い女性を殺してテント場のトイレの近くに
埋めていたということが伝えられていたのは・・・。

そしてその小屋の名前は紛れもなく私達がテントを張った富士見平小屋だった。
間違いなくそのとき女性はソコにいたことになる・・・。
また、小屋の主人がトイレのそばにテントを張らない方がよいと言ったのも
うなづけたのだった・・・。

あの音は私達に居場所を知らせたかったのだろうか。



202: 底名無し沼さん 02/10/13 07:13
>>201
居場所ったって、殺害現場&死体遺棄場所は富士見平から少し瑞牆へ登ったところだよ。
事件当日にはテン泊のパーティーがいくつかいたから、あんなところで頃すわけないし。
女性がトイレにたったとき誘い出したのは事実だが。

250: 底名無し沼さん 02/11/07 09:58
別板からの転載ですが、以下の文章を読んで下さい。

「親父の話で、たぶん20年以上前のことだと思いますが。。。
厳冬期に数人で山に(どこだったかは忘れたゴメソ)登ったが、
吹雪で進むことができなくなって山小屋に避難した。
他のグループと一緒に天候回復を待ったけれど、
数日経っても一向に回復する気配が無い。

と、別グループの一人が、自分が降りて救助を呼んでくる、
と言い出した。
もちろんみんなは止めたけれど、その人は押し切って出て行った
翌日、ようやく回復したので外に出ると、少し離れたところに
色のついたものが見える。
距離にして100Mほど。
見に行くとテントが張ってあり、中には一人で出ていった人が
冷たくなっていた。。。

そんなに近くても戻れないんだ、と子供ながら山の恐ろしさを
思い知りましたね。
そんな漏れは雪山未経験(; ´Д`)コワイ- 」


こんな事(100mでも戻れない)って実際あるんですか?
そんなに冬の山は怖いんですか?
霊よりこういう事の方が怖いんですけど・・・


251: 底名無し沼さん 02/11/07 10:03
>>250
南極でブリザードの中、犬にえさをやりに行って遭難死してる。
吹雪くとマンザラでもない。

253: 底名無し沼さん 02/11/07 10:37
>>251
マジっすか?
登山の経験が無いもんで・・・

254: 251 02/11/07 10:45
マジ。昭和基地でのこと。3年後くらいに、すぐ近くで遺体がみつかるんだが
風向きが一定なら~わからんでもないが、吹き荒れると・・・
わからなくなる。

ホワイトアウト=白・しろ・シロで方向を見失う。
こんな感じ
 
1


255: 253 02/11/07 12:00
>>254
ちなみに濃霧の場合はどうなるんですか?

もし、ホワイトアウトで方向を見失ったら
やっぱりみなさん、死を覚悟するんでしょうかねぇ・・・

素人考えですが、方位磁石は無理なんでしょうか。w
当然持ってると思うんすけど。

257: 底名無し沼さん 02/11/07 16:55
>>255
ホワイトアウトしたら死を覚悟するしかないね。

10年前に仕事の関係で北海道で生活した時の話だが、北海道に引っ越した年の冬に生まれて初めての吹雪って奴を経験したんだよ。
外が荒れてきた時に、外に繋いでいた犬が寒がってるとかわいそうだから、中に入れようと思って外に出た訳よ。
なんとか犬小屋まで辿り着いて振り返ったら玄関が見えないんだな(w
「確かこっちの方向だったはず」
と思って、数歩歩いたら完全に方向を見失ってさ、歩いても歩いても玄関につかないんだよ。
その時思ったよ…「ヤバイ、死ぬかも」って。

幸い、犬が紐を引っ張るんで、その方向に進むと玄関に戻れたから生きてるけどね。

「吹雪の時に移動しちゃいかん」って心底痛感したよ。

259: 底名無し沼さん 02/11/07 17:15
>>255
死は覚悟しないよ。ビバークの準備するだけ
…だって、雪なんか年に1度数センチも積もるかなー?って
軟弱平地に住んでるんだもーん。
磁石があっても自分の位置が確認できなきゃ無意味だ罠

んで、小屋泊りは初めてだった自分が屋久島の高塚小屋で泊った時の事
寝る前は月夜だったのに、夜中トイレに立とうと小屋の戸を開けたら
足元の雪の深さも解らないんじゃ?ってほどガスで真っ白だった。
数メートル先にあった『トイレ →』の看板なんかとても見えない。
とりあえずランタンをつけて小屋の窓辺に置いて行ったけど
僅か20m以内のトイレからでも方角を見定めて目を凝らさないと
その明りさえ分からないくらい。

夜明け前に出発する予定だったけど
結局ガスが若干ましになった8時近くまで小屋に留まってしまった。
お陰で宮之浦岳山頂付近に来た頃には気温が上がりすぎて
腐れ雪何度も踏み抜いて散々だったけど

山を降りてから同小屋で「夜中にトイレに行って遭難」つー例が
結構あるらしい(30メートル程下の水場で遺体発見、てのもあり)と聞き
ちと納得してしまった。

267: 底名無し沼さん 02/11/09 21:54
5年くらい前の冬に西穂に登ってる最中、
30mくらい先男性が木を背に座って身動きせずぐったりとしてるのを見た。
友人に確認すると、確かにあれは人だよってことで、もしかして遭難者かと
近寄って行くと、なぜかいるはずの人がそこにいない、で、ルートに帰る最中
急にホワイトアウトに見舞われて、完全に迷ってしまった覚えがあります。
仕方なく登るのを断念してやみくもに下へ下へと降りていったら、上高地温泉ホテルの
露天風呂のところに降りてきました。しかし、あの人はどうしたのでしょう。


268: 底名無し沼さん 02/11/09 22:19
>>267
あなたの後ろにいるのが見えます・・・。

269: 底名無し沼さん 02/11/09 22:27
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

272: 底名無し沼さん 02/11/09 22:55
267です。もうひとつ私の経験談です。やはりこれも5年前くらいの冬の平日月曜に
行者小屋に行ったとき、いつもはにぎわってるテント場も誰もいなくて
私一人だったんです。昼間は国定公園一人占めやん!って喜んでいたのですが
夜になってすっごい吹雪になったんです。で寝てますと、聞こえるのは吹雪の音と
テントが風でぐにゃぐにゃとまあよくここまで曲がるもんだと関心するほどだったのですが
夜中1時くらいにふと目が覚めたんです。外はあいかわらず吹雪いてるようでしたが、
なんか違う音が聞こえるんです。で、耳をすますとなぜか
山の稜線方向から女性の叫び声が聞こえたんです。助けてーって何度も繰り返し言ってました。

行者小屋はすでに閉じて誰もいないはずだし、それに聞こえる方向があきらかに山のほうから聞こえてくるんです。
幻聴かなと意識をしっかりとして聴いてみても聴こえました。
大体、こんな夜中の吹雪の最中に下山するわけないだろうし、昼間は確かに
私しかこの辺りはいなかったのも確かで、ほんとこれには背筋が凍りました。
次の日も吹雪で結局誰も登ってこないし、一人ラッセルするのも面倒だと
いうことで、結局テントたたんで下山することにしました。

30分くらい下山したところで、一人の女性単独者とすれ違ったのですが
すれ違いざまに顔をみようとしたのですがどうしても顔が確認できませんでした。
でも体系からして確かに女性でした。挨拶をしましたが返事はなく
相当疲れている様子でした。こんな吹雪の中、一人で大丈夫なのかな。
てゆうか下山してから夜のこととオーバーラップしてぞっとしました。
一人では山に行くもんじゃないですよ。
引用元:https://travel.5ch.net/test/read.cgi/out/1025116838/

スポンサーリンク