swapnil-shetty-nAwNVwpaTlk-unsplash (1)

629: 名無しさん 2006/02/06(月) 17:52:48 ID:pa3gR7al0
黒い影

知り合いの話。

冬山に入っている時、ひどい吹雪のため動けなくなってしまった。
テントの中で寒さに震えているうち、ボソボソという話し声が聞こえてきた。
ついに幻聴まで聞こえ出したかと思ったらしい。
段々はっきりと聞こえるようになる。

と、いきなり入口が開かれて黒い影が何体も忍び込んできた。
驚いている彼を取り囲んだ影は、ぼんやりとした人型に見えた。
彼を見下ろして何やらブツブツと密談しているかのよう。

そのうち、影の一体が彼の傍に身を屈め、ぐっと耳を掴んだ。
慌てて振り払おうとしたが、硬直した身体はピクリとも動けなかった。
耳を掴まれているのはわかるが、顔も動かせないので状況が見えない。
直後、耳元でゾリゾリという音が聞こえ、骨が嫌な振動を伝えてくる。
痛みはまったくないが、硬く冷たい物が、耳と顔の間に滑り込んでくる。

 ・・・俺の耳を、ナイフか何かで切り落としている!?

あまりのことに頭の中が真っ白になったという。
気がつくと、身体の他の場所でもゴリゴリと重く響く振動が感じられた。
手そして足の指が削られているような、そんな感触があった。
やがて影は一体一体ゆっくりとテントから外へ出ていく。

スポンサーリンク
630: 名無しさん 2006/02/06(月) 17:55:02 ID:pa3gR7al0
(続き)
最後の一体が雪の中へ消える寸前、何とか目を動かしてそいつを見た。

輪郭がぼんやりしているのは相変わらずだが、指先あたりに白い物が
ぶら下がっている。恐らくは、彼の耳と指。

それを見て理性が切れた。
「うわわわわっっぅぅ!」と悲鳴を上げて飛び起きる。
叫んだせいか、金縛りは解けていた。
慌てて身体を確認したが、どこも欠けている箇所はない。
耳も指も、しっかり満足なままだ。
はっとテントの入口を見る。ファスナーは確りと閉めてあり、何かが入って
きたような痕跡もなかった。

嫌な夢を見た。そう思い、残り少ない非常食を口にしてから寝た。
味などまったくわからなかった。

二日後、食料が切れることもなく無事に彼は下山した。
しかし代償としてか、片耳と手足の指を一本ずつ、凍傷で失ったのだという。
・・・本当に嫌な夢だったよ。そう彼はぼやいていた。



635: 名無しさん 2006/02/06(月) 20:19:39 ID:YmI/874+O
子供の笑い声

ちょと昔に聞いたお話

その頃いろんな事に嫌気がさした爺さんは、会社を休み山に登った
四時間位登り、少し下界を眺められる様な所で休憩をとった
おにぎりを頬張りながら美しい展望を眺め、その景色に癒されながら、ふと水筒に手を伸ばした

無い…後ろを振り替えると、自分の座っていた所から10m位先にちょこんと立っていた
首を捻ながら水筒を持ち上げると妙に軽い
試しに降って見ても液体の音がしない

がっかりしながらさっきまで座っていた所に戻ると、今度は残りのおにぎりが無い
余りの事に言葉を失っていると後ろから

クスリ

と子供の笑い声が聞こえた
振り替えってみると、ちょうど狐の尻尾が林の中に消えていくのが見えた
もう行こう…と思い荷物を片付けようとしたら
おにぎりの容器の中にこの時期には珍しい山菜が沢山入っていた
余りの量の少し後ろめたい気持ちになったが、麦茶とおにぎりのお礼として受取りその場を後にした

今でも爺さんは「おにぎりと麦茶だけで、あの量の山菜を貰うのには気が引けた。」
と目を細めて語る

637: 名無しさん 2006/02/06(月) 21:37:30 ID:oJOgUTvg0
>>635
乙。
なんだか泣けてきた。
ごんぎつねを読みたくなった。

655: 名無しさん 2006/02/07(火) 20:12:33 ID:XookZKua0
奇妙な客

知り合いの話。

彼のお祖父さんは、山奥の村で雑貨店を営んでいた。
昔はそれなりに立派な家柄だったせいか、ちょっとした金貸しや質屋のような
仕事も手懸けていたらしい。

ある年、何とも奇妙な客が来たのだという。
中肉中背の男、顔に見覚えはない。まず間違いなく村の住民ではなかった。
それなのに、どこかで出会った気がしてならない。
誰だろうと訝しく思いながら対応すると、言うことがこれまた奇妙だった。

「娘が輿入れすることになった。
 急遽まとまった額の金子が必要になったので、融通してほしい。
 しかし、自分にはこれと言って質草になるようなありがたい物はない。
 迷惑だとは思うが、一つこれで金を貸して貰えないだろうか?」
そう言って男が差し出したのは、枯れ木のように干からびた人の上腕だった。

その時初めて、男が片腕であることに気がついた。左腕がない。
正直気持ち悪いと思ったが、なぜか力になってやりたいと考えたお祖父さんは
男の言うままの額を、腕と引き替えに渡してやったのだという。
男はこちらが恐縮するくらい腰を低くして帰って行った。
帰った後で「はて、何でこんな頼みを聞き入れてしまったのやら」と自分でも
不思議に感じて仕方がなかった。

656: 名無しさん 2006/02/07(火) 20:14:20 ID:XookZKua0
(続き)
家族からも「不気味っ!」「詐欺だろ、それ」と非難されたが、かえって
意地になってしまい、責任を持って大切に保管したのだという。
もっとも、流したくとも流せるような品ではなかったのだが。

一年後、すっかり腕のことなど忘れ果てた頃。
件の男が再びお爺さんの元を訪れた。
不安そうな顔で、まだ腕はあるかと聞いてくる。
お祖父さんが油紙に包んだそれを出してくると、嬉しそうに言った。

「あぁ、ありがたい。やはり不便でな。
 仲間が都合してくれたんで、思ったより早く金が出来た。
 確認して返してほしい」
男が持ってきた額はちょっと多目だったが、まぁ利子だと思って貰って
おくことにした。金を納めて腕を返す。

と目の前で、すっぽん!と弾けるような大きな音がした。
驚いて男を見やると「世話になった」と快活に笑って店を出ていく。
健康そうに日焼けした右腕と、生白い左腕を交互に元気良く振りながら。

「いや金貸しってのは色々嫌なことも多かったがね。
 あれは何というか、良かったというか面白かった想い出だな」
お祖父さんは目を細めながら、この話をしてくれたそうだ。

山怪談

▽注目記事

【/^o^\フッジッサーン】初心者だけど今年は富士宮ルート日帰りで登りたい

奥多摩で山に入ったらおよそ150m先のとこでバキバキと結構大きな音がし木が倒れたような音もした・・・

【登山】山始めて5年ほどだが最初はセール品で揃えたな

登山予定日の翌日は必ず有休を使って休日にしてる…翌日仕事だと疲れが取れなくて大変

みんなテント盗まれないの?

駐車場代2日分とテン泊代と考えたら日帰りを考えるようになるわなあ

今度ボルダリング1人でいってみようかと思うんだけど浮かないかな?

おまえらが経験した登山やキャンプでの失敗談 \(^o^)/オワタ

今更ゆるキャン見てハマったんやがEDのシンガーソングライターが京大卒の美人だと知って一気に冷めた

ハチ対策だったら”黒ザックに全身明るい色”でザックをオトリにするって考えもあるらしい…

自称キャンプ好き「家で下味つけてきたお肉!あとは火をつける着火材は…ありました笑」クネクネ

【ザック】22,30,55リットルくらいを集めていくべき……なのか?

出典:http://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1134399217/

スポンサーリンク