登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ショボンあんてな(´・ω・`) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | だめぽ
    スポンサーリンク

    シカ

    【茨城】キョンを撮ったら2000円!目撃情報を求めて全国初の報奨金制度

    1: 名無しさん 2024/05/30(木) 20:17:24.86 ID:IoVitw0j9
    81cc4357f9d48bfd2649b4eba8395c13_1

    キョンを撮ったら2000円 茨城県が目撃情報を求めて全国初の報奨金制度 「多くの人の協力で監視強化」
    2024年5月30日 19時27分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/330549

    千葉県や伊豆大島(東京都大島町)で繁殖し農業被害などが問題となっているシカ科の特定外来生物「キョン」が、茨城県でも目撃されるようになり、茨城県は30日、キョンの目撃情報に報奨金を支払う制度を始めた。4月以降に県内で撮影された画像や動画1件当たり2000円を支払う。
    ◆隣の千葉県内には7万匹余りが生息か…利根川が「防衛線」
     県によると、キョンの情報への報奨金制度は全国初。県内の目撃事例は2017年5月が最初で、神栖市内の千葉県境の橋の上で車にひかれて死んでいる個体が見つかった。その後の確実な目撃情報は22年に1件、23年に2件あり、いずれも雄だった。

    茨城へは千葉県から移動してきているとみられる。千葉県によると、県内の生息数(推定)は22年には約7万1500匹で、野菜などの農業被害や鳴き声による苦情が多い。定着域は2004年の5市町から、20年には主に県南部の17市町まで増えた。
     茨城県は県境の利根川が防衛線になると考えているが、県の担当者は「橋を渡るケースもあるし、泳いでくる可能性もゼロではない。できるだけ多くの人の協力で監視を強化したい」と危機感を募らせている。
     茨城県内のキョンの目撃情報は県生物多様性センター=電(略)へ。狩猟者などによる捕獲に対しても、1匹当たり3万円を支払う。 (長崎高大)

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    環境省「もう半分駆逐するしかない…」日本のシカの数、7年後2倍、何もしなければ35年後8800万頭へ

    29871899_s

    1: 名無しさん 2024/05/25(土) 12:13:22.94 ID:lIqP2LkP0 BE:273999848-2BP(2250)
    現状 現在シカは360万頭、イノシシは88万頭が生息している (推定値)。
    特にシカは、7年後に2倍の700万頭になると推測されている。

    環境省は、10年後にシカ・イノシシの生息頭数を半分
    (シカ180万頭・イノシシ44万頭) にする方針を示した。

    シカ・イノシシの生息状況と捕獲数の推移
    https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000055403.pdf

    (この記事の続きを読む)

    【東京】江東区でシカの目撃情報、区が注意喚起!SNSでは「キョンかもしれない」の声も

    29848215_s

    1: 名無しさん 2024/05/23(木) 19:44:41.02 ID:oEyEEbIa9
    東京・江東区でシカの目撃情報、区が注意喚起 SNSでは「キョンかもしれない」の声も(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3393c81b37415d8e9e599e4ca8473bbbc0dad069

    5/23(木) 17:42配信

    東京都江東区で23日、シカのような動物の目撃情報が区に寄せられていたことが分かった。

     区への取材によると、23日午前10時半ごろ、東京都下水道局の「砂町水再生センター」の敷地内にシカのような動物が逃げ込んだという目撃情報が、近隣の企業から同センターに寄せられたという。この情報が同センターから区に伝えられたそうだ。

     目撃されたシカのような動物は1頭。区では、野生動物であることから現段階では状況を見守る一方で、「安心安全メール」を発出して近隣の幼稚園や小学校などに注意を呼びかけている。

     これまでに負傷者は確認されておらず、区内の企業などの施設にも影響はないという。新たな目撃情報は、23日夕までには区側には入っていない。区は引き続き、状況を見守るとしている。

     SNS上では「江東区にシカ…?」「海に近い江東区でシカ?」「どっから来たん?」「何で江東区に鹿がいるんだ? どっから来たの???」などの驚きのコメントが次々に寄せられているほか「シカなのかもしれないけど、キョンかもしれない」というコメントもあった。

     江東区は東京都の東部に位置している。(略)

    ※全文はソースで。

    (この記事の続きを読む)

    奈良公園に「シカ高せんべい安」の波…満腹のシカがせんべい無視

    1: 名無しさん 2024/05/10(金) 21:14:59.30 ID:Gs7dHu7E
    2024/5/10 12:00

     日本を取り巻く通貨安の渦、それは人間以外の世界にも……!? 大型連休の真っ只中、奈良の公園で捉えられたある光景が話題になっています。

     お腹いっぱいという表情で寝転がるシカさん。足元には無常にもバキバキに割られたシカせんべいが転がっています。

     「シカせんべいを持った観光客がシカを取り囲むように集まっていたので、私もと思ってその輪に入ったらこの状態でした!」と語るのは、
    目撃者の魅惑のなめろうフィットネスさん(@cqFv4ntcLoT6Sk6)。10年ぶりに観光で訪れた奈良公園にて、この光景を目にしたそうです。

    cqFv4ntcLoT6Sk6_01

     この連休中、押し寄せる観光客からシカせんべいを差し出され過ぎたことによって奈良公園のシカさんが次々とお腹いっぱいの状態に達し、急激な「シカ高せんべい安」の状態に。
    その結果、いくら観光客からシカせんべいを差し出されても、シカさんは完全無視を決め込んで寝転ぶのみだったそうです。

     「私がシカの前に立ったときにはこの状態だったので、私のシカせんべいは行き場を失いました……」と、悲しげに語るなめろうフィットネスさん。
    観光客を直撃する由々しき事態に、はたして何らかの“介入”はありえるのでしょうか。事態の推移を見守りたいと思います。

    https://otakei.otakuma.net/archives/2024051003.html

    (この記事の続きを読む)

    【動画】用水路に落ちたニホンジカを警察が救出!

    1: 名無しさん 24/05/10(金) 12:10:29 ID:z09V
    20240430-09815977-nnn-000-2-thumb

    富山県の住宅街で用水路に落ちたニホンジカが見つかり、警察などが出動しました。

    富山県砺波市によりますと、30日午前11時30分ごろ、用水路に落ちて脱出できなくなっている野生の二ホンジカ1頭が見つかりました。

    体長は1メートルほどで、幼いシカとみられます。

    目撃からおよそ3時間がたった午後2時30分すぎに捕獲作業が始まり、麻酔薬を注射してシカは捕獲されました。

    市によりますと、殺処分されたということです。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/cc25a2bb04c0ed91dc16575f95dfa7737875f794



    (この記事の続きを読む)

    駆除したシカを消せる装置、発売!!!🥳

    anthony-roberts-636be5vVghQ-unsplash (1) (1)

    1: 名無しさん 2024/05/02(木) 00:31:36.47 ID:w7VL9ABS0
    🦌✨✋😌

    1

    (この記事の続きを読む)

    【千葉】房総半島で「キョン」が大繁殖!北上して茨城県に迫る

    1102444_s

    1: 名無しさん 2024/03/23(土) 10:35:12.98 ID:??? TID:taylor

    (この記事の続きを読む)

    【獣害】キョン出没、茨城県内警戒!繁殖阻止へ捕獲緩和 昨年12月には栃木県境まで約6キロの場所でも

    1: 名無しさん 2024/03/04(月) 08:37:51.84 ID:unig55a09
    20240303-00000007-ibaraki-000-2-view

     千葉県で食害が深刻化するシカ科の特定外来生物「キョン」が茨城県に出没し、県内自治体に警戒感が広がっている。
    神栖市で確認後、石岡、筑西、下妻の各市でも見つかった。
    県は近く、市町村に委ねる有害鳥獣の捕獲許可権限の対象にキョンを追加する。わなにかかったキョンを逃がさず捕獲できるよう手続きを緩和し、繁殖を防ぐ。

    下妻市唐崎の県道で昨年12月28日、雄のキョンが死んでいるのが見つかった。県内で確認されたのは4件目だった。
    「これが最後であってほしい」。外来生物対策を担う市環境課の担当者は不安げに話す。

    県内で初めてキョンが確認されたのは2017年5月。神栖市の常陸川大橋で死んでいるのが見つかった。
    22年には、石岡市の山中に設置されたセンサーカメラに、歩いて移動するキョンが映り込んでいた。
    さらに昨年9月、筑西市を流れる大谷川の堤防を移動する姿が撮影された。確認されたのは、いずれも雄。繁殖している可能性を示す雌は確認されていない。
    一方、筑西市で見つかった場所は、栃木県境まで約6キロ。新たな脅威は隣県にもじわりと及ぶ。

    千葉県では爆発的に繁殖し、生息数が7万頭余りと推定されている。
    隣接する茨城県への定着が危惧される中、土浦市の県霞ケ浦環境科学センターで1月、キョンの専門家を招いた講演会が開かれた。
    環境省が主催し、県内の外来生物や農政を担当する市町村職員、狩猟関係者ら約100人が参加した。

    キョンの生態に詳しい麻布大の加瀬ちひろ講師(動物行動管理学)は実験結果を紹介。
    畑への侵入を防ぐには「高さ85センチの柵であれば基本的に越えることはない」と述べた。

    質疑応答では食害に関する質問が相次いだ。
    鉾田市農業振興課の皆藤拓也係長(39)は「5年後10年後、鉾田に入ってきてもおかしくない」と話し、隣接自治体と連携する考え。
    猟友会竜ケ崎支部の田村盛一さん(68)は「数万頭にもなったら、駆除するのは難しいだろう」と語り、警戒感を強めた。

    県も対策に乗り出した。県議会12月定例会に知事権限に関する条例の一部改正案を提案して成立。
    これを受けて今年4月、市町村に委ねている有害鳥獣の捕獲許可権限の対象にキョンを追加する。
    現在はキョンの捕獲許可は、各地域の県民センターまで行って申請しなければならないが、今後はイノシシと同様に市町村窓口で可能となる。
    イノシシのくくりわなや箱わなにかかったキョンを「錯誤捕獲」として放すことがないようにするためだ。

    定着防止へ情報収集する県自然博物館(坂東市)の副主任学芸員、後藤優介さん(42)は
    「茨城で増えてしまうと、栃木や福島を通じて本州全域に広がってしまう」と指摘。「何とか茨城で増えない状況をつくらないといけない」と危機感を示した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ff87089e77c22ad1ef98f8bdf4786d48056edbbd

    (この記事の続きを読む)

    犬、ヘラジカ(平均2.4~3.1m)4頭に立ち向かい飼い主を救う!

    1: 名無しさん 2023/12/28(木) 19:25:05.28 ID:DDth+Pdn0 BE:754019341-PLT(12346)
    stephen-crane-H-qsI1yXxdM-unsplash (1)

    飼い主襲ったヘラジカに愛犬立ち向かい、撃退 米アラスカ州

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35213332.html

    米アラスカ州の州警察は、州内の遊歩道で飼い主の男性を襲ったヘラジカに愛犬が立ち向かってほえまくり、退散させる出来事があったとこのほど報告した。

    男性はヘラジカのいきなりの突撃で地面に倒れ、数回蹴られて病院に運ばれたが、命に別条はないという。犬も無事だった。

    州警察の報道発表文によると、攻撃は今月18日午後に同州ソルドナのツアテルシ遊歩道で発生。
    男性と犬は森を抜けた際、突然襲われていた。男性が攻撃を受けた当時、付近にはヘラジカが少なくとも4頭いたという。
    (略)

    (この記事の続きを読む)

    【北海道】野生のシカ、マンション1階の部屋へ窓ガラス割り侵入…帰宅した住人と鉢合わせしパニックになったか

    1: 名無しさん 2023/12/28(木) 19:49:36.05 ID:nlii1JIa9
    20231228-90039842-hokkaibunv-000-2-view

    札幌市中央区の住宅街に野生のシカが現れ、マンションの窓ガラスを突き破り、一時建物の中に侵入しました。

     シカが現れたのは札幌市中央区北7条西24丁目です。

     警察によりますと、12月28日午後2時20分ごろ、マンション1階の住人が帰宅した際、敷地内にいるシカと鉢合わせ。

     シカはパニックになったとみられ、1階の一室の窓に飛び込み、ガラスを割って侵入しました。

     シカはすぐに出てきて、現場から立ち去りました。

     ケガをした人はいませんでした。

     逃げたのは体長約1.5メートルのオスジカとみられ、20分後、700メートル離れたところで目撃されて以降、行方は分かっていません。

     再び出没する恐れもあり、警察が注意を呼びかけています。

    北海道ニュースUHB 2023年12月28日 木曜 午後6:08
    https://www.fnn.jp/articles/-/636628
    (この記事の続きを読む)
      スポンサーリンク
      ■ About
      twitter
      このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
      rss
      follow us in feedly
      2

      いらっしゃいませ。(´・ω・`)
      初めての方はこちらをご覧ください。
      →このブログについて。
      →全記事一覧

      調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


      ■ カテゴリー
      ■ 月別アーカイブ
      ■ おすすめ
      ■ スポンサーリンク

      Back to Top