登山ちゃんねる

登山やキャンプ、アウトドアから自然にまつわる話題を中心にお届けする、2ちゃんねるまとめサイト

     2chまとめのまとめ | まとめサイト速報+ | News人 | ショボンあんてな(´・ω・`) | ワロタあんてな(・∀・) | しぃアンテナ(*゚ー゚) | だめぽ
    スポンサーリンク

    温泉・銭湯・スーパー銭湯

    ワイ 温泉に感動する 2024年06月18日 19:00
    (´・ω・`)謎の温泉にきました 2024年05月13日 22:00

    ワイ 温泉に感動する

    30094142_s

    1: 名無しさん 24/06/18(火) 00:54:54 ID:NBrq
    いま部屋で泣いとる

    スポンサーリンク
    (この記事の続きを読む)
    スポンサーリンク

    【画像】伊香保温泉にきたよ!ええなあ、この微妙に古い感じ

    40

    1: 名無しさん 2024/06/06(木) 15:07:36.398 ID:kPWZLILg00606
    伊香保

    1-1
    1-2


    (この記事の続きを読む)

    ほったらかし温泉の景色最高だよね!癒される

    4041675_s

    1: 名無しさん 2024/06/01(土) 21:07:52.555 ID:/rnU4hiZ0
    温玉揚げ🥚

    24751379_s

    (この記事の続きを読む)

    旅館の女湯に男児2人 「見たことないくらい大きい子」にあ然… 入ってきた瞬間絶句… 夫も同調「いやあの子はでかい!」

    1: 名無しさん 2024/06/05(水) 08:30:19.45 ID:kjwjGtob9
    20240604-00010002-hintpot-000-14-view

    6/4(火) 9:10配信
    Hint-Pot

     全国的に公衆浴場での混浴対象年齢が引き下げられる中、盲点になりやすいのが旅館の大浴場です。家族水入らずの雰囲気が強く、そもそも館内に混浴年齢についての掲示がないケースもあります。「Hint-Pot」が取材したのは、女湯に入浴していたところ、母親と入浴してきた男児2人に困惑したという30代女性。「今まで見たことないくらい大きい子だった」――。詳しい話を聞きました。

     ◇ ◇ ◇

    入ってきた瞬間絶句… 夫も同調「いやあの子はでかい!」
     日本人にとって旅行の楽しみの一つがお風呂です。日ごろのストレスから解放され、心身ともにリラックスできる瞬間は最高のひとときでしょう。

     ところが、女性は思わぬ事態に直面します。

    「家族で旅行に行った際に、温泉旅館に泊まりました。温泉に浸かってゆっくり楽しんでいたところ、祖母、母、男児2人の4人家族が大きい声で話しながら露天風呂に入ってきました」

     小さい子ども連れなら、よくあることかもしれません。しかし、目を疑ったのは、男児2人の大きさです。

    「上の子は女湯では今まで見たことないくらい大きい子だったので入ってきた瞬間とてもびっくりしました。いくら何でもこの子は異性の温泉に来るには大きいでしょ…と。なぜこんな大きな子が女湯に来るの? と正直、怒りが湧きました」

     体の大きさはどう見ても小学校高学年ほど。下の子も大きく、常識的な“混浴”の範囲を超えていたと言います。

    「子どもの意思なのか、親の意思なのかは分かりません。こんな大きい子女湯に連れてこないでほしいなと思いました。本人は特に恥ずかしそうとかもなく、温泉を楽しんでいた感じでした」

    続きは↓
    https://news.yahoo.co.jp/articles/470fa3122cf1a4cf145eed3d5ec5e7093faff2d4

    (この記事の続きを読む)

    最近銭湯にハマってる!気持ちええしサウナあるし最高やで

    29391364_s

    1: 名無しさん 24/05/22(水) 16:03:36 ID:6mPg
    風族行くより安いし気持ちええしサウナあるし最高やで

    (この記事の続きを読む)

    友達「えっ!?おまえ腕時計つけたまま温泉入るの!?」 俺「え?うん…」

    29488156_s

    1: 名無しさん 2024/05/19(日) 18:35:31.541 ID:GyyeQ9PSM
    俺がおかしいのか??

    (この記事の続きを読む)

    「もう限界」 老舗の銭湯、客たちの迷惑行為により閉店

    29392606_s

    1: 名無しさん 2024/05/18(土) 21:50:15.60 ID:??? TID:BUGTA
    創業約57年の神奈川・座間市にある老舗銭湯が18日までに、客の迷惑行為やルール違反が多過ぎることなどを主な理由として今月末で閉店することを発表した。公式X(旧ツイッター)アカウントで「もう限界」などと告知し、大きな反響を呼んでいる。

     閉店するのは座間市にある「亀の湯」。同銭湯は16日にXを更新。「亀の湯 閉店のお知らせ」という文書をアップした。

     そこでは「昭和42年にこの地に公衆浴場を開業し、約57年営業を続けてきました。私の祖父が建てた最後の銭湯として、少しでも長く、と励んでまいりました。大変残念ではありますが令和6年5月30日で閉店することとなりました」と記述。

     「閉店の理由は様々ありますが、何よりも、営業する中で、駐車場のルール違反、カスハラ、壊したものを何も報告されないこと、備品を盗まれること、サウナ代を支払わずに無断利用されること、店舗敷地内並びに駐車場への一般ごみ、木材や家具などの不法投棄をされること、一度注意したことをやめてくれないなど、悲しい出来事があまりにも多いことで、営業を続ける意欲が無くなったことが一番の理由になります」とした。

     そして「そういったことが一切ない、本当に亀の湯を大切に想って通い続けていただいているお客様がいることも、大変有り難く、その方達を励みに頑張ってきました。ですが、もう限界です。皆様が大切に想うお店が続けられるのは、お客様一人一人の誠意があってだと思います。これから先も他の公衆浴場や入浴施設を利用される方が多いと思います。もちろん同業以外の全てのお店でも同様です。どうか、誠意あるお客様でいてください。お願いします」と呼びかけた。

     続けて「最後に、私たちに代わってから11年間、ご迷惑をお掛けすることも多々ありましたが、何とか営業を続けることができましたのは、ひとえにご来店いただくお客様、近隣住民の方のご理解があってのことです。本当にありがとうございました 店主」と感謝もつづられた。

     Xのプロフィル欄によると、亀の湯は座間市で唯一の銭湯という。そして「井戸水を薪で沸かしたお湯が、体の芯まで温まり、疲れが取れます」「昔ながらを感じたい方是非いらして下さい!」などと書かれている。

     今回の閉店発表に対し、Xでは「迷惑行為で閉店に追い込まれるなんて悲しい」「お疲れ様でした 心中お察しいたします」「日本の文化である銭湯がなくなるのはとても寂しい思いがあります」「本当に,本当に残念でなりません」「世代を超えて道徳観が共有された古き良き銭湯の風景はもうそこにはないのでしょう」「利用者の質の低下が著しいと感じます」「うちも銭湯を経営しています。一部のお客様ですが当店もカスハラ、備品盗難、備品破壊似たような事案に悩まされています。警察に相談しても現行犯でないと動いてくれません。亀の湯様のご苦労ホントによく分かります」などとショックを受ける利用者の声を含め、まざまなコメントが寄せられている。

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/6bc03b47dc5061814063dfe7bf255561cf1206b6&preview=auto

    (この記事の続きを読む)

    【悲報】サウナブーム、ガチで終わる・・・

    29702799_s

    1: 名無しさん 2024/05/13(月) 19:00:27.37 ID:Y1qBtMLU0
    ととのうとはなんだったのか

    (この記事の続きを読む)

    (´・ω・`)素敵な温泉街にきました

    132

    1: 名無しさん 2024/05/17(金) 16:29:03.305 ID:AawyHOxo0
    (´・ω・`)天気も気温もちょうどいいですね

    11
    12
    13
    14


    (この記事の続きを読む)

    (´・ω・`)謎の温泉にきました

    21

    1: 名無しさん 2024/05/12(日) 12:38:43.704 ID:fsR/p5fA0
    (´・ω・`)こんなところにある訳…

    1-1
    1-2


    (この記事の続きを読む)
      スポンサーリンク
      ■ About
      twitter
      このエントリーをはてなブックマークに追加 fb
      rss
      follow us in feedly
      2

      いらっしゃいませ。(´・ω・`)
      初めての方はこちらをご覧ください。
      →このブログについて。
      →全記事一覧

      調べたい質問やキーワードがあれば、こちらの"ブログ内記事検索"をご利用ください。


      ■ カテゴリー
      ■ 月別アーカイブ
      ■ おすすめ
      ■ スポンサーリンク

      Back to Top